【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

ここのカテゴリーでよいのか、心配ですが・・

合唱団で、おもに宗教曲を歌っています。(趣味です)
夫とバッハの話になり、「もとは宗教が原因で、テロや戦争が起こるのに、
信者でもない者が、無自覚にキリストを賛美するような歌を歌うのは、間違っているのではないか?」と言われました。

私は、「バッハの曲の素晴らしさに魅力を感じているのであって、音楽作品としてみている」と反論しました。

彼は、「曲がよければ、歌われている内容について考えないのか?
キリスト教(ルター以後)の普及に、バッハが一役買っている。
ドイツの知人も、バッハ=教会 であって、音楽としてはあまり評価しない。日本人がどうしてバッハを歌うのか と言っている 」と言います。

確かに、一理あるような気もしますが、理屈っぽい彼に反論できるような考えを、持ち合わせていません。
どのような、反論ができるでしょうか?
もちろん、歌うのはやめません・・・  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんにちは。


アマチュア音楽愛好家です。
キリスト教徒ではありません。

ご主人もそのドイツ人のお知り合いも,ディベート好きなだけで,特に説得する必要もないのではないですか?(笑)
・・・という冗談はさておき,反論ではないですが,


バッハのキリスト教音楽はキリスト教徒でない者に演奏されることを拒絶していないし,それを演奏することは,その他の宗教を信じる人を否定することを意味しない。


・・・と,思うのでした。

他者を尊重することはとても大切だと思うのですが,それがゆえに,質問者さまの『良心に基づく健全な』音楽活動(仮にそれが宗教的な活動であったとしても)は,尊重されてしかるべきと思います。

#本音としては,好きなものは好きで何が悪い!です(笑)。


質問者さまがバッハを歌うことに対して理解が得られますよう,お祈り(誰に?^^;)申し上げます♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

多分、お答え頂いたものが、私の心の中の思いに一番近いような気がします。 
二人でよくTVのドキュメンタリーを見ます。
民族や宗教の違いで争いが起こり、弱い立場の人が悲しむのを見て憤っていますが、
私の歌うものが宗教絡みのものなので、
彼にとっては、理解できないのだと思います。  
でも、私の本音は それはそれ、これはこれ、で まさに「好きなものは好きで何が悪い! 」です。

お礼日時:2009/09/21 00:45

Ishiwaraさん wy1です。

 私はオランダ在住の方の本で読んだのですが。他の例は知りませんね。ただ日本では大多数が信者ではありませんので、該当しないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

Ishiwara 様のお礼欄にも書きましたが、
私が以前所属していた合唱団では、演奏会でバッハの「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」を歌う時に、
プログラムに「演奏終了後の拍手はご遠慮下さい」と断り書きを入れていました。
(コンサートホールでの演奏です。)
ただ、希望通りには行かず、大拍手で終了となってしまいます。
聴きに来てくださる方は、ほとんど信者さんではないので仕方ないですね。

お礼日時:2009/10/01 00:07

#4です。


教会内で宗教音楽だから拍手禁止ということはありません。
もちろん教会の行事としてのミサや葬礼であれば拍手は慎みます。
しかし、教会を会場としたコンサートは、いくらでもあります。そのときは、ふつうのコンサートして振舞って差し支えありません。
きわめてまれですが、あらかじめ主催者から拍手を辞退したいというアナウンスがある場合があります。もちろん、それには協力すべきです。サントリーホールのコンサートでさえ、そのようなことがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

私が以前所属していた合唱団では、演奏会でバッハの「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」を歌う時に、
プログラムに「演奏終了後の拍手はご遠慮下さい」と断り書きを入れていました。
(コンサートホールでの演奏です。)
ただ、希望通りには行かず、大拍手で終了となってしまいます。
聴きに来てくださる方は、ほとんど信者さんではないので仕方ないですね。

お礼日時:2009/10/01 00:03

No.6です。

思い出したことがあました:あるオランダ在住の日本人の方が、教会で演奏されたバッハの受難曲の演奏が終わり素晴らしかったので手を叩こうとしたら、”宗教音楽でしかも教会での演奏だから、拍手
はダメ”と言われたそうです。記憶ですので、正確な言い回しではないと思いますが。
    • good
    • 0

バッハに限らず、内容とかを全く知らずに、宗教音楽を演奏/聴いたりすることはおかしいと思います。

バッハだからルッター教会の信仰を持たねばとかアヴェ マリアを歌うのにカトリック信者でないと駄目なんては、いいませんが、せめて、何がその曲の主題で、作曲者がどのような考えで作ったかぐらいはちゃんと調べて、から演奏する/聴くことが必要でしょうね。
私はキリスト教信者ではありませんが、バッハのカンタータ、またカトリックですが、幾つかのミサ曲、レクイエムなどが好きでCDやLPなどで聴きます。やはり宗教曲は単に音楽としてだけで聴くことは一寸考え物だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

演奏するときは、最低限のことは調べてから練習しています。
今の悩みは、 作られた当時とは、変わってきてしまった宗教を巡る世界の中で、
信仰を持たないものが宗教曲を歌ってよいものなのか 
ということです。
お答えによりますと、宗教曲は単に音楽としてだけで聴くことはやはりだめなのでしょうか。

お礼日時:2009/09/21 01:18

宗教と芸術を分離しても構いません。


キリスト教徒でない人は、キリスト教のすぐれた絵画の前で、お辞儀をせずに「芸術品として」鑑賞することが許されます。
なお「戦争の原因が宗教にある」とするのは誤解です。聖書(特に新約聖書)をよく読んでください。戦争を肯定する人たちは、すべて聖書の教えに反しています。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございました。

私自身は、宗教と芸術は分離して考えています。
しかし、聖書の内容やエピソード、精神から切り離しては考えられないことも理解しています。

ご指摘の「戦争を肯定する人たちは、すべて聖書の教えに反しています。」 ですが、あくまでキリスト教の信者の話ですよね。
ジハードを唱えている人々はどうなのでしょうか? 
極論ですが、そのような人の前でもキリスト教の神の賛美の歌を歌えるのかどうか?
これに答えられたら、夫に反論できると思うのですが。 

聖書を読むのは嫌いではありませんが、よく読んだとしても、答えは見つからないような気がしますが・・・

補足日時:2009/09/18 00:37
    • good
    • 0

繰り返される質問ですよね。

簡単に答えます。

宗教音楽と言われるもののほぼすべては神を賛美し感謝の気持を表すものですよね。つまり「愛の歌」にすぎないと思います。駅前で歌い叫んでいる若者たちの愛の歌と根本的には同じと考えるのはおかしいでしょうかね。

「ドイツの知人も」云々はいただけませんね。ドイツ人にもバッハに興味がない人はたくさんいるってことにすぎないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

信者ではないことと、
ドイツ語・ラテン語をあまり理解していない日本人であることを逆手に取り、
お説のように「愛の歌」を歌っているのだと言うスタンスで行こうと思います。

歌詞を聴いて不快に思うような方は、演奏会に来られないでしょうし、
社会情勢と音楽作品とは、切り離して考えようと思います。

お礼日時:2009/09/17 23:54

私も全く同じで、合唱団でおもに宗教曲を歌っている中年男性です。


団員の約70%はキリスト教信者(新旧各教派信者が混在)ですが、そうでない人もおり、普段の活動では、あまり宗教の話はしません。

私自身もカトリック信者ですが、ただ私の場合は、こちこちの信者とは明確に一線を画し、仏教や神道などの日本の伝統的宗教にも強い親近感を持っています。唯、はっきりしているのは、神の存在や宗教の必要性を絶対と信じていることです。ご主人のように、宗教が危険で、戦争やテロの原因というように、ネガティブにばかり考える人が増えている現状に、強い危惧を感じています。又、一方ではそのように多くの人を感じさせてしまっているのは、宗教関係者の責任とも考えています。

さて、私どももバッハの曲をよく演奏するのですが、バッハの良さは、
やはり強いキリスト教信仰に裏打ちされた豊かな音楽性であるということについては疑う余地がないと思います。従って、やはり、本当にバッハなどの宗教音楽の精神性を理解できるのは、キリスト教の信者か、少なくてもキリスト教への理解がある方が有利と考えられますので、信者にならないまでも、理解位はして頂けたらと思います。

といっても決して難しいことではないと思います。
一つ心に深く留めて頂きたいのは、現在の各宗教のあり方や活動が、ともすると、その創設の頃の理想を離れ、同じ教えを信じる内輪の中だけの結束を求め、己の正統性を主張したり、他教の者を見下したりするあまりの、排他性や他者への攻撃、戦争、テロなどへの発展の火種になり勝ちなことです。本来、人格を磨き、他者への愛を教えるべき宗教が、正反対の方向に走っているとすれば、全く本末転倒であります。


キリスト教は「愛」、仏教は「慈悲」というように、各宗教は、他者へ尽くすことを、本来の信仰の第一義においています。たとえ、相手が他教の人であろうと、もっとユニバーサルな愛を求めているはずです。
現に、カトリックのミサにおいて、重要な位置をしめている「聖体拝領」(「聖餐式」ともいう。キリストのからだに見立てたパンとキリストの血に見立てたワインを参列信者が頂く儀式)は、貴賎の別なく食卓をシェアすること、神の前には万民が平等だという近代民主主義の考え方の源泉になりましたし、キリストの受難も、人類全体の救いのために、キリストが神から人間になって、人間として受難を受け入れたという崇高な物語です。

是非、現代の本末転倒な宗教戦争やテロや金もうけに堕落した宗教団体の姿に目を向けず、本来の教えである「人類愛」の精神に目を向けて下さい。

又、次の本を読んで、「宗教改革」を成し遂げたルターから200年の時を超えて魂のリレーを受け継いだバッハの音楽の素晴らしさについて、感動を新たにしてください。

茂木健一郎「音楽の捧げもの ルターからバッハへ」PHP新書
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
バッハの曲は、聴いても、演奏しても本当に素晴らしいですよね。

夫は、宗教を否定しているわけでも、
バッハを否定しているわけでもありません。 
ただ、中東などでの紛争が収まらないなかで、信仰心もないのにキリスト教のみの神の歌を歌えるのか? 
どのように思って歌っているのか?と言う疑問を持っているようです。 
バッハの時代の信仰心を持った人々が歌うのと、
その後の本来の姿とは、変わってきてしまった現代で歌うのでは、
意味が違うと言うことのようです。 

私は単純に、バッハの曲のフーガの流れの中に入っているのが好きなのですが、
何も考えていない(現在の世界情勢のことなど)で歌っていると言われると、悲しくなります。 

お礼日時:2009/09/17 01:13

アメリカ人でないからアメリカの歌は歌わない、みたいな論理かもしれませんね。


バッハの曲自体は、宗教対立も戦争も関係なく、ひたすら己の心の平和の証として作られたもので、それは民族や思想を越えた領域に属するものではないでしょうか。
日本の演歌や浪曲などで渡世人(やくざ)を歌ったものもあって、好ましいものではないといえば好ましくないかもしれませんが、心意気という次元から見て、人の心をうつ面も持つのではないでしょうか。
ルター派のキリスト教徒であれば宗教的なものと受け取るかもしれませんが、異教徒にとってはあくまで美しい作品として味わい、演奏することがあっても何ら問題はないと思います。
バッハにとってはキリスト教が自分の心にかなうものであったのでそれを素材としましたが、宗教的な心というのは、特定の宗教を越えたものではあるまいか、と私は考えます。
バッハはバッハとして味わい、日本の文化は日本の文化として誇りに感じる、それは矛盾することではないと思いますが、論理で説明するのはむつかしいことかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
指導者に「言葉の意味を理解して歌え!」と日頃言われて理解していたつもりでしたが、
なにぶんドイツ語・ラテン語の世界ですので、表面だけだったと思います。
改めて考えてみたとき、信者ではないものが歌うのは、宗教音楽に関りのない人から見たら、変なのかもしれませんね。
でも、お答えいただいたように、「美しい作品として味わい、演奏すること」もやはり判って欲しいと思います。 
毎回、演奏会には、聴きに来てくれるのですが、どうしたらいいでしょうかね。

お礼日時:2009/09/17 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッハとプロテスタントの関係は?

こんばんは。

バッハとキリスト教のプロテスタントの関係が良くわかりません・・・。
私はプロテスタント系の学校を卒業しているのですが、なぜバッハとプロテスタントなのかがさっぱり判りません。ただバッハがプロテスタントの人であったというわけでもなさそうですし・・・。

ご存知の方、音楽に詳しくない私に易しく教えてください。

Aベストアンサー

バッハは学校卒業だけでなく、プロテスタントの信仰者であったようですよ。
バッハは、敬虔なプロテスタントで、その音楽も教会にも受け入れられていたようです。また、毎週休まず教会のために新しいカンタータを作り、聖歌隊を訓練して歌わせたようです。
下記ページを参照してください。

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/noguchi/Bach.html

Qコラールとカンタータの違い

コラールとカンタータは教会でそれぞれどのような時に歌うのですか?
バッハは毎週教会でカンタータを演奏していたそうです。
彼はカンタータを200曲あまり作曲したそうです。
コラールは新教の賛美歌という意味だそうです。
でもある本によればバッハの「コラール・カンタータ」というカンタータもあるそうです。

カンタータとコラールの違いがわかりません!

Aベストアンサー

引き続きこんにちは。
(mariosec様も)

まず,こちらは先ほどと同じサイトからの説明です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF

以下,多くは上記サイトやmariosec様の回答と重複しますが,私なりに。

【コラール(復習ですが,念のため)】
簡単な単旋律によるルター派の賛美歌のことです。

【カンタータ】
本来は,単に「歌われるもの」という意味ですが,一般的には,管弦楽を伴う比較的大規模な声楽曲という意味で用いられます。独唱,重唱,合唱,管弦楽だけの部分,などのいくつかの小曲が組み合わされて,大きなひとつの作品となっています。
宗教的なものかどうかは関係ありません。

詳しくはあとで述べますが,キリスト教的なカンタータの中にコラールを含む場合が多い,というのがコラールとカンタータのおおざっぱな関係です。

【教会カンタータ】
カンタータのうち,キリスト教的なものを教会カンタータと呼びます。そうでないものは,世俗カンタータと呼びます(キリスト教でない宗教的なものについてはよく分かりません)。
質問者さまがおっしゃるとおり,バッハは200曲の教会カンタータ(といくつかの世俗カンタータ)を作曲しており,教会カンタータは,それぞれ教会暦のいつ演奏されるか決まっています。
私はキリスト教徒ではありませんので,詳細はよく分かりませんが,下記サイトが参考になるかと思います。
http://homepage2.nifty.com/bachhaus/musik/kirchenjahr/kirchenjahr_idx.html

多くの教会カンタータでは,合唱の部分の旋律と歌詞が賛美歌そのまま(狭い意味でのコラール)になっており,この部分もコラールと呼ばれます。(この意味が拡大解釈されて,曲の中の合唱部分や合唱的・宗教的な響きの部分がコラールと呼ばれるようになったのだと思います)

【コラールカンタータ】
カンタータのうち,あるひとつの賛美歌の歌詞,旋律をもとにして全曲が構成された教会カンタータをコラールカンタータといいます。コラールを含んでいても,賛美歌以外の自由な言葉や旋律を用いたものは,コラールカンタータとは呼ばれません。
バッハの場合,200曲あるカンタータのうち,10曲ほどがコラールカンタータに相当するようです。
また,バッハ以外にもコラールカンタータを作曲した人はいるようです。

引き続きこんにちは。
(mariosec様も)

まず,こちらは先ほどと同じサイトからの説明です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF

以下,多くは上記サイトやmariosec様の回答と重複しますが,私なりに。

【コラール(復習ですが,念のため)】
簡単な単旋律によるルター派の賛美歌のことです。

【カンタータ】
本来は,単に「歌われるもの」という意味ですが,一般的には,管弦楽を伴う比較的大規模な声楽曲という意味で用いられます。独唱,重唱,合唱...続きを読む

Qバッハを得意とするピアニスト

「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

とりあえず評判の高いグールドのゴルドベルク変奏曲を聞いてみたんですが
バッハというよりグールドを聞いてるような気がして
どうもなじめませんでした。(なんでグールドがよく言われるのか
よくわからなかったです)

Aベストアンサー

>「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

ピアニストがバッハを弾かなくなってもう長い年月が経ちました。
もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、

 「バッハならこの人!」というオーセンティシティ
 「正統的」というオーソドキシー

以上を兼ね備えたピアニストは現代では一人もいません。

現代ではバッハの(オルガン以外の)鍵盤曲はチェンバロかひょっとしたらクラビコードで弾くのが”正統的”であると広く認識されています。


といって、”ピアノで弾くバッハ”は私自身嫌いではないです。
でも聴くとしたらどうしても「往年の名ピアニスト」になってしまいますね。
ご質問の趣旨に合いそうなピアニストとしては

 スヴャトスラフ・リヒテル
 タチアナ・ニコラーエワ
 ロザリン・テューレック

少し格が下がりますが
 アンドラーシュ・シフ

などでしょうか。
リヒテルの平均率は私も大好きです。


お勧めをチェンバロ奏者にまで広げていいなら、すでに名が挙がってますがグスタフ・レオンハルトは何をさておき聴くべきです。
リヒター、ヴァルヒャは個人的には「大好き!」ですが、さすがに古いかな?(苦笑
でも、リヒターのパルティータ、ヴァルヒャのイギリス組曲はいいですよ。一度お聴きください。

>「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

ピアニストがバッハを弾かなくなってもう長い年月が経ちました。
もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、

 「バッハならこの人!」というオーセンティシティ
 「正統的」というオーソドキシー

以上を兼ね備えたピアニストは現代では一人もいません。

現代ではバッハの(オルガン以外の)鍵盤曲はチェンバロかひょっとしたらクラビコードで弾くのが”正統的”であると広く...続きを読む

Q好きな、宗教音楽、推薦してください。

 好きな宗教音楽教えて下さい。

 バッハ以前から、最新のものまで、皆様のお好きな、推薦する、宗教音楽を教えて下さい。

 ただし、CD等で聞けるものにして下さい。

 僕の好きな宗教音楽は、ブラームスのドイツレクイエムです。

 古い話ですが、カラヤンが亡くなったニュースが流れた時は、カラヤン=BPOのドイツレクイエムを一日中聞いていました。
 当時、そのCDを持っていたくらいですから、多少はクラシックをかじっていたのですが、宗教音楽はあまり馴染みがありません。

 皆様のお薦めの宗教音楽、ぜひ、教えて下さい。

Aベストアンサー

 とても心に響くご返事に喜びを感じております。それにしても以前に出会っていた方とは気が付かず失礼を致しました。そして今回ご紹介した曲の全てが「オーヴェルニュの歌」の時に網羅されていた曲だったとはお恥ずかしい。ですが、前回ではこの曲達に対する想を述べず、単に曲のご紹介で済ましてしまった穴を埋める事が出来た様で、偶然にもこの様な機会を頂けた事が嬉しく思いました。

 この様なお方だったらと「お気楽鑑賞」とは違うスタンスの曲も書いてみたくなりました。
 ご迷惑とは存じますが、チョットだけお付き合いをお願い致します。

凍てつくツンドラの大地に営む人々の地を這いやがて湧き上がる底力・・・?
ラフマニノフ:晩祷
(試聴 1~15お好きな所を見付けられるのに役立つかと・・)http://www.youtube.com/watch?v=wm_PERitmGc&feature=results_main&playnext=1&list=PLDDB272C46596322F
(試聴可CD)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%95-%E6%99%A9%E7%A5%B7-%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AC/dp/B0030AHBHC/ref=sr_1_2?s=music&ie=UTF8&qid=1327485254&sr=1-2
(所持レコードの復刻CD)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%95-%E6%99%A9%E7%A5%B7-%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%95-%E3%82%BD%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%88%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2cho-%E3%82%AA%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4/dp/B000UUY74U/ref=sr_1_3?s=music&ie=UTF8&qid=1327485254&sr=1-3 
 偶に金縛りに遭遇します。

時には、牧歌的優しさ・・・でもストーリーテラーはそんな生ぬるい展開では許してくれないのです。
●ベルリオーズ:オラトリオ「キリストの幼時」
(所持レコードの復刻CD試聴可)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B9%BC%E6%99%82-%E3%83%91%E3%83%AA%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E9%99%A2%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3/dp/B00005GIWG/ref=pd_rhf_dp_p_img_2
(試聴もDLも=1)http://nicosound.anyap.info/sound/sm9721110
[第二部][第三部]は[第一部]ページ右側縦帯からどうぞ。
(試聴もDLも=2)http://www.nicovideo.jp/search/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B9%BC%E6%99%82


最後に、交響曲として作られていますが、私としては精神的には宗教曲?いやもっと厳しく心を抉られる曲なので、蛇足かもしれませんが、ご紹介してみたいと思います。
●ヘンリク・グレツキ:交響曲第三番「悲歌のシンフォニー」
(参考試聴)http://www.nicovideo.jp/watch/sm4720637
(所持CD試聴可)http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%84%E3%82%AD-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6-%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B00005HFBF/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1327487622&sr=8-1
 第二次大戦のポーランド…それだけでも身が竦みますが、崇高な美しさで浄化される気がします。

 如何でしょうか?

 とても心に響くご返事に喜びを感じております。それにしても以前に出会っていた方とは気が付かず失礼を致しました。そして今回ご紹介した曲の全てが「オーヴェルニュの歌」の時に網羅されていた曲だったとはお恥ずかしい。ですが、前回ではこの曲達に対する想を述べず、単に曲のご紹介で済ましてしまった穴を埋める事が出来た様で、偶然にもこの様な機会を頂けた事が嬉しく思いました。

 この様なお方だったらと「お気楽鑑賞」とは違うスタンスの曲も書いてみたくなりました。
 ご迷惑とは存じますが、チョッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較