質問No.51617の周波数と情報伝送量の関係から、通信路符号化定理にまで話が発展し、定理の解釈について2つの見解があり、収束しません。
専門家の方の解説をお願いしたいと思います。

論点は、通信路符号化定理が「誤り訂正符号を前提としたものである」という見解と、「誤り訂正符号でない別の符号体系を前提としている」という見解のどちらが正かということです。よろしくお願いします。


http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=51617
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=51617
http://www.okweb.ne.jp/iwedding/kotaeru.php3?q_i …

A 回答 (3件)

おおおおおおおお昔にやったっきりなので、かなり怪しいですが....



通信路のパーフォーマンスの上限を抑える定理ですよね。
冗長性ってのは、受信できる語がN通りあって、その集合を適当にM個(M<<N)の部分集合に分類し(Shannonの証明では、たしかランダムに分類するんでした。)、M通りの送信信号に対応させるということでしょう。いわゆる「誤り訂正符号」というのはこの受信信号と送信信号の対応をいちいちコード表でlook upしなくても良いように、システマティックに簡単な計算でできるようにした、というだけのことじゃありませんでしょうか。つまり、誤り訂正符号だってlook upでデコードしても構わん訳ですし、逆にlook upを許せば、冗長な符号はどれでも(適当に低い誤り率の元で)誤り訂正ができる。従って、誤り訂正符号になっているかどうかは、議論の本質とは関わりがない、と考えますがいかが?
 しかも、おぼろげな記憶に依れば、システマティックな冗長化では、Shannon流ランダムエンコードを越えることができないんじゃありませんでしたっけ?

この回答への補足

この質問を締め切ります。最終のお礼を補足欄に書かせて頂くことをお許し下さい。
結局、最適な符号というのは冗長符号という結論です。これを誤り訂正符号というかどうかは二の次という事になりました。どうも有り難う御座いました。

補足日時:2001/03/29 23:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stomachman さん、コメントありがとう御座いました。
「目からうろこ」です。そうですね。「誤り訂正符号」かどうかではなくて「冗長性のある符号」かどうかという事が、議論されるべきなのですね。それに気がつかないものだから「広義の誤り訂正符号」なんてややこしいこと言ってました。最初から「冗長性の有る符号」といっておけばよかったと思います。いずれにしてもシャノンの基本第二定理は「広義の誤り訂正符号」じゃなかった「冗長性の有る符号体系」を前提としているという確信が持ててきました。私は、今まで「冗長性のある符号体系」=「誤り訂正符号体系」(ただし、誤り検出だけのものを除く) と勝手に理解していました。
たいていのエンコード、デコードなら、「連想記憶でなんとかなるよ」と言いたいところですがランダムエンコードになるとお手上げです。

stomachman さんの博識には舌を(尻尾を)巻きます。本当にありがとう御座いました。 

お礼日時:2001/03/20 21:53

ymmasayannさん、そしてmotsuanさんstomachmanさんこんにちは。

早速議論が進んでいますね。
stomachmanさんのご説明に私も納得しました。(「本当に分かっているのか?」と突っ込まれると困ってしまいますが・・・(笑)) この議論における本質は冗長度であり、誤り訂正符号は「第二基本定理の教える符号化法よりはさらに冗長度が必要になる場合もあるが、誤りの検出と訂正をより効率的に行える方法」と理解しました。
ランダムエンコードについては証明の中で確か、「最善の符号化法を用いた時の誤り率を評価したいが、最善の符号の何たるかが全く分からない。そこで取りあえずランダムなものでまず上界を押さえる」てな登場の仕方をしていたようです。で、「最善なやつはそれよりはマシのはず=それよりマシな符号化法が少なくとも一つ存在する」てな進め方だったと記憶しています。

なんだかまとまらないコメントになってしまい恐縮ですが、当初の問題(Shannonの第二基本定理の「最適な符号化」とは誤り訂正符号なのか?)という問題については私も大いに勉強になりまた納得しております。コメント下さったstomachmanさん、motsuanさん、そして新しい質問として提起して下さったymmasayanさん、ありがとうございました。

この回答への補足

Umadaさん、今晩は、お待ちしてました。前のところにここへの道案内を書いておいたのですが、事務局から、個人的な議論は規則違反だからと消されてしまいました。
また、お会いできて、議論できるのが嬉しいです。
ここに移って、みなさんの意見を聞いて、結局、シャノンって偉いなというのが実感です。

補足日時:2001/03/25 22:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この質問を締め切ります。
結局、最適な符号というのは冗長符号という結論です。これを誤り訂正符号というかどうかは二の次という事になりました。どうも有り難う御座いました。
いい勉強をさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/29 23:17

専門化ではないので、ごめんなさい、横槍です。


下のURLの説明を素直に読むと、
存在定理みたいなもので、(現実的な)符号の構成法は示していないみたいです。
「誤り訂正符号でない別の符号体系」というのは変調方式のようなものを考えていらっしゃるのでしょうか?
実際の伝送路に対しては変調方式によって誤り率がいくらか変わると思いますが
誤り率を限りなく下げることができるとなると訂正符号のように符号を冗長にしていくしかないと思います。

参考URL:http://www.sr3.t.u-tokyo.ac.jp/code/sh-cct.html

この回答への補足

この質問を締め切ります。最終のお礼を補足欄に書かせて頂くことをお許し下さい。
結局、最適な符号というのは冗長符号という結論です。これを誤り訂正符号というかどうかは二の次という事になりました。どうも有り難う御座いました。

補足日時:2001/03/29 23:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

motsuanさん、こんにちは。コメントありがとうございます。「横やり」だなんてとんでもありません。大歓迎です。

参考URLは既に見てはいたのですが、東邦大のHPの方が「誤り訂正符号」ライクだったので、前質問コーナーでは、あえて東邦大の方を掲載させていただきました。

おっしゃる通り、定理自体は存在定理だと思います。定理のいう「最適な符号体系」が「広義の誤り訂正符号(未知の符号体系を含める)」を前提条件にしているかどうかがこの質問コーナーの議論の焦点です。
motsuanさんのいわれるように「誤り率を限りなく下げることができるとなると訂正符号のように符号を冗長にしていくしかない」というのは私も同感です。
誤りがあれば冗長度を上げるしかない。冗長度を上げるという事はすなわち、誤り訂正符号だというのが私の考えです。シャノンさんも「最適な符号体系」といわずに「最適な誤り訂正符号体系」と言っておいてくれたら良かったのですが(笑)
先日亡くなられたそうですのでそれも・・・。 余談ですみません。
色々ありがとうございました。議論の展開によって、またご意見お聞かせ下さい。
相手の方が週末頃から、又、出てこられると思います。

お礼日時:2001/03/19 14:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窓サッシのトステムとシャノン

トステムのシンフォニーかシャノン製どちらを選ぶか迷ってます。

Aベストアンサー

性能的なことはシャノン製に関して分らないのでコメントできませんが、
トステムのシンフォニーと比べるのであれば、トステムのほうがオススメです。

シャノンはサッシ外観がホワイトなら内装もホワイトしか選べないですよね。
他の色も、サッシの色によっては内装色が限られています。
トステムはサッシが何色だろうと、内装色は何色でも選べます。
単純に内装色の種類も豊富ですし。。

窓の種類もトステムが多いのでいいかなと思います。
ルーバー窓とかはシャノンにはないみたいですし(使わないなら構わないですけど^^;)

メーカー最大手なので後々のメンテとか考えたらトステムの方が安心かな・・・とも思います。

Qhttp://www.geocities.jp/bokunimowak

http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-lna2.html#TA4020FTのサイトに詳しく地デジブースター製作が書かれていたので自分でもと思い素人ながら挑戦してみました。が、映りませんでした。
色々一つ一つの部品の性質などもしらべながら問題個所の割り出しなども試みましたが、行き詰ってしましました。
こそで、みなさんのお力をお借りしたくてご質問させて頂きます。

製作サイト(自作アンプ(2) 東芝 TA4020FT UHFブースター)と異なる部分
1.LEDは付けていない。ただ半固定は配置済み。
2.増幅回路のアンテナ入力側のインダクタ18nHが無かったので、10nH+6.8nH+1.2nHを直列配置

以上が相違点です。

動作確認状況は、
1.車のDC12Vから電源接続
2.車のアンテナから車の地デジチューナーに直接接続で受信レベルが約35前後だったものに
  自作回路を接続したところ、受信レベルが0。何かの偶然(手で触るなど)で偶に45に
  なる場合もある。が、ほとんどが0~5のレベル

そこで質問です。
1.DC12Vから入力してLEDを着けていなくても同じでしょうか?
  LEDは疎通確認のためのLEDだと思い、あまり意味がないので着けませんでした。
2.作成当初は、半固定抵抗も着けずに、DC12Vを流しました。その時にTA4020FTの4番端子とGNDで
  12Vが流れていたのですが、ICが破損してしまったのでしょうか?
  破損状況を調べるために電源供給していない状態で、ICの2番に対して1番、3番、4番と
  それぞれをテスターのダイオードVF測定機能でそれぞれ、0.93V、0.78V、0.98Vぐらいで
  大体が1.0V前後だったのでICの破損はないのかなと思っていますが。。。
3.アンテナ側入力インダクタの18nHの代わりに10nH+6.8nH+1.2nHを直列していますが
  18nHとはならないのでしょうか?全く別の動きになるのでしょうか?
4.利得や雑音、波形など測定する機器は無く、問題特定が出来そうなものは、簡易テスター
  のみですが、ブースター回路の問題を特定する方法は他にないでしょうか。
  例えば、この部分とこの部分が何Vあればほぼ正常で、ここは電源供給していないときは
  0Vだが、供給すると何Vなどの特定部分があれば。。。

素人ですみません。でも自作ブースターで今ある地デジチューナーの映りを良くしたいのです。
なんでも調べます。ただ1つのヒントでも結構です。少しのお力を頂ければと思います。よろしくお願い致します。

http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/design-lna2.html#TA4020FTのサイトに詳しく地デジブースター製作が書かれていたので自分でもと思い素人ながら挑戦してみました。が、映りませんでした。
色々一つ一つの部品の性質などもしらべながら問題個所の割り出しなども試みましたが、行き詰ってしましました。
こそで、みなさんのお力をお借りしたくてご質問させて頂きます。

製作サイト(自作アンプ(2) 東芝 TA4020FT UHFブースター)と異なる部分
1.LEDは付けていない。ただ半固定は配置済み。
2.増幅回...続きを読む

Aベストアンサー

>データシートの上の展開図は確かに右側の足が長いので

? 図では足の長さは同じですが?


>展開図を見るコツ

コツというか... 多分製図の基本的なことなんですが、
三面図は、箱のように組み立てて不自然ない形に描くのが基本です。(添付図)

基板の上の方から見た図、というのは部品が主役でなく、基板のパターン設計の為に
スルーホールのどこが何番pin かを表のが目的の図です。
まぁどちらかの情報があれば脳内変換すればいいのですが。

この場合、部品の輪郭や足の輪郭を全て実線では書いてないと思います、
部品の輪郭が「ここにこういう部品が来る予定」を表す想像線(二点鎖線)だったり、
足の輪郭が隠れて見えないけどここにある、を意味する「隠れ線」(破線)だったりします。
または図面に TopView(上から見た図)とか Bottom View(下から見た図)という注意書きがあったりします。

Qドリームウィーバーについて

自宅Macドリームウィーバー⇄会社Windowsドリームウィーバーって出来ますか?

Aベストアンサー

#1です。
>自宅でMac版ドリームウィーバーで作ったhtmlファイルなどを会社のWindows版ドリームウィーバーで作業はできますか?

同じバージョンならMacでもWinでも関係ありません。
違うバージョンの場合は新しいバージョンのデータを古いバージョンのDreamweaverで編集できない場合はあります。こちらもどっちのOS版だから~は関係ありません

Webページの基本で言えばMacだろうとWinだろうと(さらにLinuxだろうとUnixだろうと)見られるものですよね?
それと同じ事です。
ただDreamweaverの独自ファイルの場合、バージョンには左右されます。
まぁこの辺は他のアプリケーションでも同じ事で、例えばWordのtextファイル(htmlと同じで汎用ファイルです)はどのバージョンでもどのアプリでも読み込んで編集出来ます。
ですが例えばバージョンの新しいものの独自機能を組み込んだ独自ファイルは古いバージョンでは読む事すらできなくなります、それと同じ事です。

Qhttp://www.src.riken.jp/のゲノム医科学センター

http://www.src.riken.jp/のゲノム医科学センターの表紙の基盤みたいなのは、なんというものですか。

Aベストアンサー

これはみんな反応器なんです。
左にある針の沢山生えたものから原料が注入されます。
穴の一つ一つに別の順番で試薬が注入されるようにコンピュータ制御されています。
ですので、この箱のようなもの1つで数十の違った核酸がつながったゲノムの組み合わせが出来ます。
それを全て別々に微生物などに注入して生物活性をみます。

Qコペンハーゲンとアイルランド(シャノン)への行きかた

もうすぐコペンハーゲンとアイルランド(シャノン)へ出張で行く予定です。

名古屋-コペンハーゲン-アイルランド(シャノン)-名古屋

という旅程で行くのですが、どの航空会社がいいのでしょうか?
できれば成田からスカンジナビア航空は利用したくなく、マイレージのことを考えると、ユナイテッドかノースウェストの系列会社がいいのですが。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらの都市も直行便はないので、どこかで乗り継ぎですね。
名古屋発着だと、ルフトハンザがいいと思います。
ルフトハンザはユナイテッドにマイルをつけられます。
[行き] 中部 → (フランクフルト) → コペンハーゲン
[帰り] フランクフルト → 中部
これに、エアリンガス(アイルランド航空)の
・コペンハーゲン → シャノン
・シャノン → フランクフルト
の2便を追加します。これらはマイルは別グループですが、
エアリンガスは、スカンジナビア航空・ルフトハンザと提携して
いるので、ルフトハンザ便に追加で買えると思います。
そのほか、マイルは別ですが、フィンエアー(ヘルシンキ経由)
エールフランス(パリ経由)もありますが、フィンエアーは毎日では
ないので、スケジュール注意です。
また、関空発なら、ノースウェストと提携している KLM があります。

もし、出張でなく個人で安く移動するなら、安く買えないエアリンガスを
ヨーロッパ内の格安航空会社にします。
・ルフトハンザ 中部 - フランクフルト - コペンハーゲン 往復
(帰りをフランクフルトでストップオーバーして次を追加)
・ライアンエアー フランクフルト (or デュッセルドルフ) - シャノン 往復
http://www.ryanair.com/site/EN/
ただし、ライアンは、へんぴな空港(フランクフルトはハーン空港) ・決済が
クレジットカード・早朝便が多いなど、使うのに注意が必要です。

どちらの都市も直行便はないので、どこかで乗り継ぎですね。
名古屋発着だと、ルフトハンザがいいと思います。
ルフトハンザはユナイテッドにマイルをつけられます。
[行き] 中部 → (フランクフルト) → コペンハーゲン
[帰り] フランクフルト → 中部
これに、エアリンガス(アイルランド航空)の
・コペンハーゲン → シャノン
・シャノン → フランクフルト
の2便を追加します。これらはマイルは別グループですが、
エアリンガスは、スカンジナビア航空・ルフトハンザと提携して
いるので、ルフトハンザ...続きを読む

Qハフ変換により円の検出方法はhttp://a-gamyl.hp.inf

ハフ変換により円の検出方法はhttp://a-gamyl.hp.infoseek.co.jp/Clang/ip_hough.htmlなどのサイトに掲載されているので理解できます。

しかし、楕円の検出の場合にどのようなプログラムを組めば描写できるかを知りたいです。
かなり難しいとは感じています。

Aベストアンサー

たぶん, ハフ変換の「プログラム」を見るよりも「アルゴリズム」を見た方がいいと思います. もっというと, 「一般論として」ハフ変換がどのようなものであるかを理解すべきかもしれません.

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%95%E5%A4%89%E6%8F%9B

Qシャノンの情報理論の式について

シャノンの情報理論式について聞きたい事があります。

シャノンが導いた通信容量の式は
C=log2(1+S/N)ですが、
Sは信号電力で、Nは雑音電力だというのですが、単位はどちらとも[W]ですか?

ある文献では、
C=log2(1+SNR)となっています。
SNRといったら単位は[dB]のはずですよね…?

一体どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

シャノンの通信容量定理は
C=Blog2(1+S/N)ですが、このときの、SとNの単位は[W]です。

普通は、S/N比と言った場合、
SNR[dB]=10logS[W]/N[W]
としますよね。しかし、単純に、
SNR=S[W]/N[W]
として、これをS/N比という場合もあります。シャノンの定理の場合はこれですね。

この2つのS/N比は明らかに、違いますので、混同しないようにして下さい。

Qhttp://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/21000

http://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/210000

このサイトのようにコンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか? できるようになるとしたら何年後でしょうか?
また できたとしても本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?

Aベストアンサー

>コンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか?
もう出来ているかも知れませんが、結構メンドイ。
>本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?
これは簡単で天才数学者アラン・チューリングが定義した「チューリング・テスト」というのがあり、面倒ですが手続は既に決まっています。

Qドリームウィーバーをパソコンに入れるとcssファイルが

ドリームウィーバーをパソコンに入れています、
それでcssファイルを開くと勝手にドリームウィーバーが起動します。
勝手にドリームウィーバーが起動しない方法はあるのでしょうか?(ドリームウィーバーを使わずcssをいじる)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

では何で開きたいのでしょうか?メモ帳?
それなら当該cssファイルを右クリックしてプログラムから開くでメモ帳を選択すればメモ帳で開くと思います。
それ以外でも開きたいプログラムを選択すればOKです。

Q巡回符号について

以下の問題についてお解りになる方、どうかご教授お願いします。
なるべく文章で表現したつもりですが、実際には図を見て回答するため、これだけではわからない!となるかもしれません。


問題

符号長7の二元巡回(7,4)の符号器を使用する。
この時、巡回符号の生成多項式を

g(x) = x^3 + x + 1

とする。



問題1
情報桁を表す多項式が x^2 + x +1  であるとき
符号器が出力する符号多項式はどのようなものか。

問題2
この巡回符号のパリティ検査行列を求めよ。

問題3
この巡回符号の符号語を送信したとき、
受信多項式 y(x) が x^5 + x^4 + x^3 + x^2 +1
であるとする。この受信多項式y(x)の誤りを訂正せよ。

Aベストアンサー

ネット上には巡回符号のことは書かれていますが
内容が難しく書かれているわりに実際に適用する方法が明快に書かれていない。問題だけで回答例がない。検査行列の作り方が書かれていない。
誤り訂正の例題が書かれていないので実際の誤り訂正の仕方が分からない。検査行列を求める前のg(x)で割り切れれば受信データは正しい(誤りなし)。割り切れなければ誤りありと判断する。という所まで書いてあって誤り訂正可能、しかしその仕方が書いてない。といった解説が多いですね。
今回のケースを考察してまとめると

検査行列H=
[1 0 1 1 1 0 0]
[1 1 0 1 0 1 0]
[0 1 1 1 0 0 1]

送信データX=[0111001]
2ビットのエラー発生して
受信データY=[0101101]
となった場合を考えると
誤りベクトルY・H~=[0 0 1]
これは検査行列Hの7列目に一致する。
誤りがない場合は誤りベクトルは[0 0 0]となるので誤りありと判定される。
受信データYに1ビットだけの誤りが含まれるなら
誤り訂正されたY'=[0101100]は正しい送信データとして判断してよい。
しかし2ビットの誤りが含まれている今回のケースでは
訂正された復号化されたデータY'[0101100]は正しい送信データと一致して
おらず正しく訂正されません。

つまり符号長7の二元巡回(7,4)符号のパリティチェックでは
誤りベクトルから判ることは次のことです。
■[0 0 0]→誤りなしで受信データは正しい。
■[0 0 0]以外→誤りあり、1ビットの誤りは訂正できる。2ビット以上の誤りは訂正できない。

ネット上には巡回符号のことは書かれていますが
内容が難しく書かれているわりに実際に適用する方法が明快に書かれていない。問題だけで回答例がない。検査行列の作り方が書かれていない。
誤り訂正の例題が書かれていないので実際の誤り訂正の仕方が分からない。検査行列を求める前のg(x)で割り切れれば受信データは正しい(誤りなし)。割り切れなければ誤りありと判断する。という所まで書いてあって誤り訂正可能、しかしその仕方が書いてない。といった解説が多いですね。
今回のケースを考察してまとめる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報