ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

英語の熟語と連語のちがいがわかりません。
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

熟語とは、一連の語群がそれぞれの単語の元の意味から変わった意味を表すものです。

(例えば”a piece of cake”で”簡単”)

連語とは、お互いの単語が決まって使われるようなまとまりの語群を指します。
(例えば:”Commit a crime”で”罪を犯す”)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明をどうもありがとうございました。

お礼日時:2009/10/08 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熟語と群動詞についてですが

タイトルの件ですが、熟語と群動詞ってどういう違いがあるのでしょうか?

私の目からは何が違うのか分かりません。
熟語の中で、特に動詞の働きをするものが群動詞というのでしょうか?
分かる方、ご説明よろしくお願いします。

Aベストアンサー

群動詞とは、2語以上の塊が、1つの動詞の役割をするをしているもの。
主に、動詞+前置詞や、動詞+副詞です。また、動詞+副詞+前置詞や、動詞+名詞+前置詞なんてのもあります。look for~(探す)、take care of~(~の世話をする)などですね。
簡単に言うと、群動詞とは、動詞+何かの組み合わせであり、また、動詞の意味を表します。たいてい、その動詞には無い意味を、その組み合わせによって出しています。
熟語との違いですが・・・熟語は、動詞が入ってなかったり、動詞の意味でなくても熟語って言いますよね。だから、多分、熟語のうち、動詞と何かが結びついて、動詞の意味になるものを群動詞というのだと思います。

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Qgoodとwellの違いについて

こんにちは、教えてほしいことがあります。Tom's Spanish is very good.というのに対して、どうして、Your new business is going very good.といわず、very wellというのでしょうか?

Aベストアンサー

 簡潔に言うと,「よい」という形容詞と,「よく」という副詞の違いです。

 I am happy.「私はうれしい」
 She was walking happily.「彼女はうれしそうに歩いていた」
のように happy は「楽しい,幸せな」という形容詞であり,I が happy であると,主語を説明しているのに対して,happily は walk という動詞を修飾しています。

Tom's Spanish is very good.
では,Tom's Spanish が「よい」と言っているのに対して,
Your new business is going very well.
では,「うまく,いっている」という意味です。

 日本語の文法とは異なる部分がありますが,英語では
good「よい」形容詞→ well「よく」副詞
happy「楽しい」形容詞→ happily「楽しく」副詞
fast「速い」形容詞→ fast「速く」副詞
となります。

 ただし,「楽しそうに見える」は She looks happy. のように,happy という形容詞がくる動詞もありますので注意が必要です。
 

 簡潔に言うと,「よい」という形容詞と,「よく」という副詞の違いです。

 I am happy.「私はうれしい」
 She was walking happily.「彼女はうれしそうに歩いていた」
のように happy は「楽しい,幸せな」という形容詞であり,I が happy であると,主語を説明しているのに対して,happily は walk という動詞を修飾しています。

Tom's Spanish is very good.
では,Tom's Spanish が「よい」と言っているのに対して,
Your new business is going very well.
では,「うまく,いっている」という...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Qイディオム・熟語・連語・慣用表現・構文

先生や、参考書には
「イディオム・熟語・連語・慣用表現・構文」
と書いてありますが、
これらは、
どのように違うのでしょうか。

まー、覚えなければならないことには変わりないでしょうが、

どういうときに使い分けるのでしょうか。

Aベストアンサー

「go to the park」は、熟語でも慣用句でもありません。

I go to the park. というような文章の一部を示したに過ぎません。

しかし、to the park なら「公演へ」という「句」で、詳しく言えば「副詞句」です。広い意味での「連語」です。
go to も「句動詞」とも言えなくもない、連語の一種です。

「句動詞」というのは、英語でphrasal verb と言って、動詞と前置詞などが結び付いてひとつの動詞としての意味を持つもので、put on 「着る」、put off 「脱ぐ」「延期する」、get on 「(電車やバスなどに)乗る」、get off 「(電車やバスなどから)降りる」、wake up 「目を覚ます」、take off 「離陸する」「脱ぐ」など、たくさんあります。

実際の会話では長くて難しい動詞よりも、これらの「句動詞」の方がよく使われるので、いろいろな「句動詞」を覚えておくとよいでしょう。

Q~もまた・・・だ。(also, too, as well)

こんにちは。いつもお世話になっています。
「~もまた・・・だ。」という表現で「also, too, as well」は同じ意味合いですか?表現の内容によっては使い分けるのでしょうか?
また、常に「tooとas well」は文末で用い、「also」は主語のあとに置くものなんでしょうか?

例1)彼もまたそう思っていた。(=彼もまた(僕と同じように)そう思っていた。)
→(1)He was thinking it too.
 (2) He was also thinking it.
 (3)He was thinking it as well.
どれが一番きれいな英文ですか?

例2)あなたもあの映画を観たの?(=あなたも、(僕と同じ映画を)観たのですか?)
→(1)Did you watch that movie too?
 (2)Did you watch that movie as well?
 (3)Did you also watch that movie?

英語勉強中なので、分かりやすく教えて頂けると幸いです。また、文法や表現の間違いがあれば指摘して頂けると私自身勉強になりますので宜しくお願いします。

こんにちは。いつもお世話になっています。
「~もまた・・・だ。」という表現で「also, too, as well」は同じ意味合いですか?表現の内容によっては使い分けるのでしょうか?
また、常に「tooとas well」は文末で用い、「also」は主語のあとに置くものなんでしょうか?

例1)彼もまたそう思っていた。(=彼もまた(僕と同じように)そう思っていた。)
→(1)He was thinking it too.
 (2) He was also thinking it.
 (3)He was thinking it as well.
どれが一番きれいな英文ですか?

例2)あな...続きを読む

Aベストアンサー

まず、意味合いは大体同じような感じじゃないのかなぁ?、と思います。
敢えて言うならalsoは少し堅い感じがしてtooの方は口語的というか、それぐらいの違いしか意識したことはありません。
ただ、各副詞(句)の位置に関してはちょっと違いますね。
副詞というのは文全体・形容詞・動詞・一部の他の副詞などに対して修飾する語句ですので、文頭、文末、動詞の前(be動詞・助動詞がある時はその後)、修飾したい語句のそば、のようにそれだけ挿入位置に関しては幅があります。
これは別に自由に好き勝手に置いていいのではなく、何をどの部分を修飾したいのかによっても変わり得ます。

・also
通常は「動詞の前(be動詞・助動詞がある時はその後)」に挿入されます。主語の後というわけではありません。
ただ、一般的に主語のあとに動詞が来ることから「主語の後」のように見えるかも知れませんが^_^;
しかし、文頭に来て文全体を修飾して「しかも、その上」という意味になったり、強調的に文末に置くこともあります。
また、意味の違いによる誤解が生まれる文章ではアクセントの有無に頼らないと区別できないことがあります。
(例)He also went to China.
「彼"も"中国に行った」のか「彼は中国に"も"行った」のか分かりにくい。
質問者さんが示された例1でもheにかかってるのかitにかかってるのかと迷えなくもないですよね?(この場合は普通はheの方だと思うでしょうが…)
しかし、例2などはまさにyouなのかmovieなのかどちらか紛らわしいですね。
・too
文末(というか節も含むかな?)に置くことが多いが、上記のalsoの時のような意味のはき違えがおこる時には修飾したい語句の直後に置きます。
(例)He,too,went to China.とHe went to China,too.のように。
尚、カンマの有無について付けないこともあるようですが、書き言葉に於いて特に意味のはき違いを避けたい時にはつけます。次のような例では必ず付けます。
(例)He,too,often goes to China.
カンマがある場合は「彼"も"しょっちゅう中国に行く」となり、ない場合は「彼はしょっちゅう中国に行き"すぎる"」となり文意がかなり変わります。
・as wellに関してはtooに近い使い方な気がしますが詳しい方にお任せします^_^;

まず、意味合いは大体同じような感じじゃないのかなぁ?、と思います。
敢えて言うならalsoは少し堅い感じがしてtooの方は口語的というか、それぐらいの違いしか意識したことはありません。
ただ、各副詞(句)の位置に関してはちょっと違いますね。
副詞というのは文全体・形容詞・動詞・一部の他の副詞などに対して修飾する語句ですので、文頭、文末、動詞の前(be動詞・助動詞がある時はその後)、修飾したい語句のそば、のようにそれだけ挿入位置に関しては幅があります。
これは別に自由に好き勝手に置いてい...続きを読む

QThen と at that time の違いについて

 中学校英語にでてくる Then=そのとき、at that time=そのとき 
この2つの意味は同じようなのですが、違いは何かあるのでしょうか。
是非、教えてください。

Aベストアンサー

文法的にはthenは副詞、at that timeは副詞句です。その時という意味では同じ使われ方をします。しかし、thenが指し示す時間(期間)はat that timeより長く感じます(あの時とあの頃のような感じ)。at that timeはその時という意味以外に使われませんが、thenは副詞としてもっと幅ひろい意味で使われます。その時、その後、それから、さらに、従ってなど。意味と用法は辞書に出ていますよ。

Q「語句」とは何

でしょうか?
例をあげて教えていただければ幸いです

「ひとまとまりの言葉」では何のことか分かりませんでした

Aベストアンサー

「大きな森の木の下で遊ぶ」から語句を抜き出す場合、
答えは……。

 ・森
 ・下
 ・大きな森
 ・大きな森の木
 ・大きな森の木の下
 ・木の下
 ・森の木の下
 ・遊ぶ

になります。
問題として考えれば簡単だと思います。
例えば遊んでるのをK君とします。
 「K君は今どこにいますか。語句で答えよ。」
 「K君は何をしていますか。語句で答えよ。」
この2つの質問の場合は、上に書いたものしか答えになりません。

基本的に、国語として「語句」を見る場合、
 ・単語
 ・修飾・被修飾の関係でつながっている語であること。
が前提になっています。

質問者さまの「木の下で遊ぶ」と言うのは、
「木の下」と「遊ぶ」の関係は修飾・被修飾の関係ではありません。
なので、これは「語句」とは言えない、ということになります。

Qwithの意味教えてください

with(~と一緒に)と覚えてしまったためwithを見るとすぐこの意味が浮かんでしまってwithの意味がよくわからなくなってしまいました。
with a smilとかwith online とかwith our new summer shirt・・・本当にわからなくなりました。
withの意味を教えてください。よろしくお願いします(*^-^*)

Aベストアンサー

意味ではないですけれど、
並んでくっついている状態と理解していると分かりやすいと説明を受けたことがあります。
with a smil     顔にスマイルがくっついている状態
with online     回線がくっついている状態
with our new summer shirt   シャツが身体にくっついている状態

など

ちなみに
onは上に乗っかっている状態です。
そんなふうに捉えて日本語読みせず英語を感じるようにしてみると分かった気になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング