XPSスペクトル分離に使う便利なソフトはありますか?ネットからダウンロードできますか?非常に困ってます。分かる方がいたらぜひ教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

私がXPSの波形分離に用いていたソフトはCOMPROというソフトで金属材料技術研究所の方が作られたソフトです。

ダウンロードの場所を調べていてやっと見つけたのですが、このバージョンには波形分離がない?みたいです。以前のバージョンにはあったのですが。。。
データベースもありますし、とても使いやすいソフトだと思うので、一度試しに使ってみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://sekimori.nrim.go.jp/sasj/compro.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/29 02:51

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「XPS International」
このページから
「Spectral Data Processor (SDP) v2.3」
DLサイトは分かりません?

ご参考まで。

参考URL:http://www.xpsdata.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「chirinさんへのお礼」でも書きましたが、これは友人に頼まれて質問しました。彼に教えときます。有り難うございました。

お礼日時:2001/03/29 02:47

ESCAのことですよね。

スペクトルの波形分離のことでしょうか?良くわからないので、
直接の回答にならないと思うけど参考程度にしてください。
Originという、ソフトをダウンロードしてみてはどうでしょう?
これはグラフを書くソフトですけど、それ以上に解析の部分が良く出来ています。
勿論、直線回帰などはでき、多重ガウスや多重ローレンツをもちいて波形分離が出来ます。
まー回答になっていなくても便利なソフトだなーとでも思ってください。
しかし、ダウンロードしたのは使用期限が決まっており、本当に欲しかったら正規品を買わないとだめです。

参考URL:http://www.lightstone.co.jp/origin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実はこれは友人に頼まれて質問したんです。彼に聞いたところそのOriginってのはもってるらしいんです。まあ、お礼を言っといて、とのことです。有り難うございました。

お礼日時:2001/03/29 02:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛍光スペクトルと紫外可視スペクトルの違い

タイトルのとおり、違いがよくわかりません。

いろいろ調べて
電子が励起状態に遷移あうるまでは同じで、
基底状態になる過程が異なるってわかったのですが,

具体的に何が違うのかわからないので、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

励起状態云々以前に、吸収スペクトル=光を吸うのを見る、蛍光スペクトル=光を出すのを見る、という当たり前のことは分かっていますか?
これが分からずに励起状態どうこう言ってもしょうがありませんが。

まず紫外可視吸収から考えます。
分子が光を吸って、電子が一個空準位に上がります(励起される)。
分子は励起状態になりました。
この過程を見ているのが吸収スペクトルです。その後、励起状態になった分子がどうなったの?ということについては目をつむってしまっています。

では励起された分子はどうなったのでしょうか?
余計なエネルギーを持っていますから、そのままでは不安定で、エネルギーを失って元の落ち着いた状態に戻ろうとします。
いろいろな方法があります。
エネルギーを熱として放出する(熱失活)が良くありますが、その他の方法としては、エネルギーをまた光として出すことが上げられ、これが蛍光(リン光というのもあるが、これは仕組みが違ってもうちょっとややこしい)です。

分子が基底状態から光を吸って励起され、励起状態から光としてエネルギーを失って基底状態に返る、というサイクルがあるとき、前者を見ているのが吸収、後者を見ているのが蛍光スペクトルです。

励起状態云々以前に、吸収スペクトル=光を吸うのを見る、蛍光スペクトル=光を出すのを見る、という当たり前のことは分かっていますか?
これが分からずに励起状態どうこう言ってもしょうがありませんが。

まず紫外可視吸収から考えます。
分子が光を吸って、電子が一個空準位に上がります(励起される)。
分子は励起状態になりました。
この過程を見ているのが吸収スペクトルです。その後、励起状態になった分子がどうなったの?ということについては目をつむってしまっています。

では励起された分...続きを読む

Q線スペクトルと連続スペクトル

線スペクトルと連続スペクトル

いろいろな光源のスペクトルを観察すると、
線になったり、連続になったりしますが、
なぜ、線になるものもあれば、連続になるものもあるのでしょうか。
線スペクトルになるしくみ、連続スペクトルになるしくみを
どなたか簡単に説明していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

電球(白熱電球、豆電球など)は、連続スペクトルになります。
太陽もそうです。
これは、熱運動によるものだからです。
電流が流されたフィラメントは高音になり、光を出します。
熱運動では粒子1個1個の運動が確率分布になるので、エネルギーがばらばらになります。
よって、連続スペクトルを呈します。
(いわば、エネルギーがばらばらの線スペクトルの集合です。)
赤外領域の光も出しますので、熱が多く出て、エネルギー効率は悪いです。

一方、蛍光灯のスペクトルは、線スペクトルです。
赤1本、緑1本、青1本の合計3本ピーク(黄色と青の2本のタイプもある)があって、
3つの混色で、人間に「白」を認識させます。
赤、緑、青、それぞれの蛍光物質が管の内側に塗布されていて、
蛍光灯内部で発した紫外線が、3種類の蛍光物質を励起し、それが基底状態に戻るとき、
赤、緑、青になります。
液晶画面のバックライトも蛍光灯です。(最近は、蛍光灯ではなくLEDのもありますが)
必要な光以外をほとんど発しないので、エネルギー効率がよいです。

QIRスペクトルについて

IRスペクトルのところで環張力というものが出てきて、その説明に張力がかかると高波数側へシフトすると書いてあるのですが、どうしてそうなるのかが分かりません。なぜ高波数側にシフトするのでしょうか。だれか教えてください。

Aベストアンサー

要するにギターの弦を強く張ると音が高くなるというのと同じでは…

環構造をとることで結合がひずみ、結合エネルギーが小さい(ポテンシャル的には高い)状態になるため、通常より高いエネルギーで共鳴する。つまり高波数側にシフトするということです。

QArのスペクトル

実験においてArのスペクトルを観察しました。
しかし
http://www-esl.isc.chubu.ac.jp/~kkjito/spectrum.html
のサイトにあるようにはっきりと線スペクトルが
観察できませんでした。
連続(帯?)スペクトルの中に少し強いかな?と思われるような
線スペクトルはわかりました。
どのような原因が考えられるのでしょう?
もしくはそれが普通なのでしょうか?

あまりこのような分野が得意でないので、
できれば少し詳しい説明をしていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

いろいろ原因は考えられます。
まず,アルゴンの発光以外の外光が分光器に入ってませんか?(暗い部屋で実験してますよね?)
ガス放電はあまり連続スペクトルは出ないはずです。
なので,本当に放電している光だけを取り出しているか確認してください。
放電管の構造はこのサイトにあるものと同じでしょうか?

Q水素原子のスペクトル

水素原子のスペクトルと電子軌道について説明せよ。
という問題が出たのですが、何を書けばいいのかわかりません。
ボーアの原子モデルと、波動方程式以外で何を用いればよいですか。

Aベストアンサー

リューベトリ定数、パッシェン系列、バルマー系列などで
検索してください。

朝永振一郎の量子力学1にスペクトルについて詳しくでています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報