1990年から1995年まで続いた円高で
ドル円は160円から80円まで、ポンド円は290円から130円
まで落ちました。
この円高幅は2007年から現在まで続いている相場より大きいものです。
1990年から1995年までなぜ円高が5年間も続いたでしょうか?
そのころの日本経済はどのような影響を受けていましたか?
輸出企業はリストラの嵐でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 1990年は大発会から日経平均の下落は始まっていました。

2月下旬、日経が35000円を割り、ブラックマンデーに次ぐ下落率を記録したんです。その影響を受け翌々日上海市場をはじめとする中国市場が開始早々から大暴落しました。

日経暴落を受けた国内企業は、転換社債を急遽中止せざるをえなくなり、資金調達ができなくなりました。
2月の日経暴落の日から、本格的な日経の下落トレンドが始まり、バブル崩壊の発端となりました。

住専の問題の影響で地価が下落し始めたのは翌91年以降です。
90年からの円高の影響を一番に受けたのは工業系、米国がターゲットにした輸出に関わる自動車と機械関連です。

その後数年間、欧州通貨の不安定、湾岸危機、メキシコ通貨危機等で為替の不安定な変動が続き、円高はさらに加速しました。
この頃の対円(特に対欧州通貨、対ドル)のそれぞれのチャートやIMMの枚数を見ると、マルクやポンドで円が相当数買われているのが分かります。
当時のクリントンは、日本との貿易黒字を減らす政策を推奨して政府資金の公的介入もしていました。
1995年の日米協調介入では90円をつけ、あっという間に80円台まで円高が進みました。

1月、阪神大震災を受けて一時株価も暴落しましたが、これが逆に復興の為の建築関連株や関西系列の企業を買う理由にもなってしまい、外国人のさらなる円買いを増やす結果となりました。
当時の金利は安かったので、貯蓄の金利も安いけれど、復興にかかる借金に対する金利も安く、早い復興に期待が持てたんです。

嫌な記憶もありますけど、懐かしい変動の記憶です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/17 20:51

米国はその前から前川リポート(輸出自主規制をして内需拡大)の実施を要求して円高に誘導していた。


90年に橋本大蔵大臣の時、不動産融資の総量規制でバブルを強引に弾けさせ住専が倒れだしたが、実体経済はバブルの余韻があり93年ぐらいまで仕事は減ってきたが不況感は薄かった。
もうダメと思ったところに神戸で地震があり、その復興のため景気は横ばいとなってたところ、米国から会計方式の変更を突きつけられて完全に不況に突入した  

90-95間の円高は、バブルの余韻を引きずりながらの米国の介入が影響していました。

いまの円高は、穀物、石油などを経たフローティング・マネーの行き場がなく国内金利の安定した=インフレにならない=円が安心という心理に因るものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/17 20:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円/米、豪、NZドルの円高傾向どこまで続きますか?

円/米ドル、豪ドル、NZドルが2/29から急速な円高になり、
今、円高状況が落ち着いた感じです。
今後、更に円高になりますか?
それとも、2週間前までのように2,3円円安に戻りますか?

また、米ドル、豪ドル、NZドルは円高、円安が比例しています、
何故ですか?

Aベストアンサー

No.1です。

>US、AU、NZは比例していないでしょうか?
>チャートを見ると、いつも同じグラフのように思います。

もし、USD、AUD、NZDが円に対して比例しているのであれば、これらの通貨の組み合わせ(AUD/USD、NZD/USD、AUD/NZD)が全く変化しないことになります。

(例) 仮にこの3通貨が比例していたとして、ある時点で以下のレートだとします

【1:初期】
・USD/JPY: 100円
・AUD/JPY: 80円
・NZD/JPY: 50円
⇒AUD/USD: 0.8000
⇒NZD/USD: 0.5000
⇒AUD/NZD: 1.6000

【2:USD/JPYが10%円高になった時】
・USD/JPY: 90円
・AUD/JPY: 72円
・NZD/JPY: 45円
⇒AUD/USD: 0.8000
⇒NZD/USD: 0.5000
⇒AUD/NZD: 1.6000

【3: 2から5%円安になった時】
・USD/JPY: 94.5円
・AUD/JPY: 75.6円
・NZD/JPY: 47.25円
⇒AUD/USD: 0.8000
⇒NZD/USD: 0.5000
⇒AUD/NZD: 1.6000

このように各通貨が円に対して比例していれば、その通貨間で変動しません。しかし、実際にAUD/USDなどのチャートを見てもらえば分かりますが、かなりの変化をしています。つまり比例していません。

No.1です。

>US、AU、NZは比例していないでしょうか?
>チャートを見ると、いつも同じグラフのように思います。

もし、USD、AUD、NZDが円に対して比例しているのであれば、これらの通貨の組み合わせ(AUD/USD、NZD/USD、AUD/NZD)が全く変化しないことになります。

(例) 仮にこの3通貨が比例していたとして、ある時点で以下のレートだとします

【1:初期】
・USD/JPY: 100円
・AUD/JPY: 80円
・NZD/JPY: 50円
⇒AUD/USD: 0.8000
⇒NZD/USD: 0.5000
⇒AUD/NZD: 1.6000

【2:USD/JPYが10%円...続きを読む

Qポンド/円、8月末から円高傾向になってきた理由と今後

ポンド/円について、教えてくださいませ。
ポンドを所持しており、円へ戻す時期を年単位でのんびり観察していたのですが、
今年の夏以降しばらく見ていないうちに円高傾向になっていました。
(8月には200円に届きそうな勢いでしたが、12月は180円を下回っています)
どういった理由でポンドが下がってきているのでしょうか。
また、来年以降どのような予測がされますでしょうか。
素人質問で失礼いたします。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

2016 ポンド 円 見通し で検索すると、いろいろな金融機関のレポートを見ることができます。
 例えば、クリスマスから年末年始にかけては、商いが薄く乱高下しやすいことに比べ、現在の懸念は、増大する英国の赤字懸念を挙げているところもあるので、そうした要因が、投資家の懸念材料に折り込まれていると述べる方もおられると思います。
 答えは一つではなく、どんな状況にも正反対のことですら、もっともらしくコメントをするのが、経済コメンテーターですから、どれか一つをまず読み、その中で、ご質問者様なりのご意見を以て、他の記事をお読みになり、再考され、さらに、他の意見を読んでいくということが、お考えを深め、はっきりとさせる時には、或いは役立つかもしれません。
 政治的な課題、EU連合残留問題や利上げ等、或いはEUの難民や意味問題に対する周辺国の課題等、政治的なイベントにどのように反応するのかを確認しながら、見極めていくしかないのかと思います。

Q2016年に入って以降、株価は下落を続け(株安)、円は上昇を続けて(円高)おります。

2016年に入って以降、株価は下落を続け(株安)、円は上昇を続けて(円高)おります。
この傾向は、どの程度の期間、及び値で反転すると思いますか、それとも長期に亘って株安、円高
が続くのでしょうか。ご教授のほど、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

私は、冷静に考えると、年末までに反転する可能性の方が高いと思っています。

英国の経済紙のフィナンシャルタイムズが、毎年年初にこの一年の予想をしています。
1年前に出した昨年の予想では、「原油価格の続落」や「欧州中央銀行の全面的量的緩和」等を見事に的中させて、話題になりました。

今年の予想は下記に記載されています。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO95687070R31C15A2000000/?dg=1
サッカーの欧州選手権優勝チーム等、経済や政治以外も含めていろいろ予想してますので、読んでみると面白いですよ。

ちなみに、ご質問の国内株価に影響しそうな予想としては、以下の2つがあると思います。

■アベノミクスは2016年に失敗するか。
答えはノーだ。アベノミクスの実績はまちまちだが、全体としては、日本経済に害よりも大きな利益をもたらした。この状況は2016年も続くだろう。~アベノミクスの全般的なリフレ目標は、うまくいっている。エネルギー価格を除外すると、インフレ率は約1%だ。名目国内総生産(GDP)に対する比率では、公的債務の増加は止まった。日本企業は記録的な利益を計上している。安倍氏の問題は、2017年に消費税を再び引き上げると誓ったことだ。危機的な状況が訪れかねないのは、そのときだ。

■北海ブレント原油は年末に50ドルを超えているか。
イエス。2015年の石油市場は、前年の暴落からの急反発を信じていた人にとって、ひどく厳しいものになった。~それでも、世界中の石油生産業者の財務の厳しさから、各社はプロジェクトの中止と掘削プログラムの削減を強いられ、将来の石油供給が抑え込まれており、そのインパクトが明白になるだろう。1バレル50ドルを下回るブレント原油相場は、業界が増大する世界需要を満たすために必要な投資を行うには、低すぎる。世界経済が景気後退に突入しない限り、2016年は石油価格がより持続可能な水準に持ち直す年になりそうだ。

もちろん、昨年当たったからと言って今年も当たるとは限りませんので、ご参考程度に。

私は、冷静に考えると、年末までに反転する可能性の方が高いと思っています。

英国の経済紙のフィナンシャルタイムズが、毎年年初にこの一年の予想をしています。
1年前に出した昨年の予想では、「原油価格の続落」や「欧州中央銀行の全面的量的緩和」等を見事に的中させて、話題になりました。

今年の予想は下記に記載されています。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO95687070R31C15A2000000/?dg=1
サッカーの欧州選手権優勝チーム等、経済や政治以外も含めていろいろ予想してますので、読んでみると面白...続きを読む

Q1995年、なぜ円高だったのですか?

円が買われて円高になる、つまり円の信用があるからですよね?
しかし1995年と言えばバブル崩壊真っ只中です。
なぜ円高になっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

当時、日本はかなりの低金利で、ゼロ金利時代と言われてました。金利が低いということは、預金金利も低かったわけですが、ローンの金利も低かったということです。つまり、金利の低い日本でお金を借りて、金利の高い海外の銀行でそのお金を運営することで利益を上げていました。その関係で円が買われ、円高が続いていたわけです。

Q円ドル20年の月足だと110円前後でまた円高

に 切り替えしそうですが どうですか?

Aベストアンサー

どうだろねぇ。
 エリオット波動論だと
 来週あたりから4月かけて 86~93円台に突入
 4月以降に120円と

このまま円安が40年ほど続くって見方が多いけどね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報