3月は一年のうちで一番、強い風が吹く月だと気象予報士がTVで言っていたのですが、それは何故ですか?また、夏は風が吹かない(弱い)日が多いような気がするのですが、気圧が不安定な月と気圧が安定している月ということなのでしょうか?だとすると気圧が安定したり、不安定になったりする原因は何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

◆Naka◆


風は地球の自転と気温の差によって生まれます。日本付近には1年中、偏西風(ジェット気流)と呼ばれる西寄りの風が吹いていますが、この偏西風は2月~4月にかけて、気温の季節変化により強くなります。
また偏西風によって、大陸にある「揚子江気団」という高気圧の一部がちぎれて日本付近に次々と飛んできます。これは移動性高気圧と呼ばれるものですが、これががポンポンといくつも飛んでくるので、その隙間には必然的に低気圧が生まれ、それぞれ前線を引っ張ってくるため、気圧は常に不安定で、周期的に天気が変わることになります。
このタイプの気圧配置は秋にも見られますね。
夏が風が弱い、というのはだいたい正しいと思います。典型的な夏の気圧配置は「南高北低」で、日本はおおむね太平洋の小笠原気団の影響下に包まれますので、常に南寄りの高温・高湿のやわらかい風を受けています。
こんなところですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。簡潔なご説明とてもよくわかりました。どうも、強風が好きではないので、風が強いと腹が立ってしまうものですから・・・(笑)納得できる説明が読めてよかったです。

お礼日時:2001/03/23 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気象予報 「台風9号は、いつ日本へ」

いま、日本のはるか南海、赤道付近を台風9号が西に進んでいます。
天気図を見ると、台風と日本列島の間に太平洋高気圧があって、台風の北上を妨げているようです。

この台風、いつ頃日本に近づき、影響が出始めるでしょうか?

じつは7月27~28日にかけてオートバイで能登に旅行します。数人の仲間が関西や関東から個別に集合する形になります。
しかし、この台風9号が不気味で、もしかすると旅行がつぶされそうな予感がします。

予報に自信のある方もない方も、ぜひぜひお考えを聞かせてください!

Aベストアンサー

電話で週間天気予報が聞けます。
http://www.kishou.go.jp/info/public/telephon.html

参考になれば幸いです

参考URL:http://www.kishou.go.jp/info/public/telephon.html

Q最近風が強いのも異常気象ですか?

最近やけに風が強い日が多いですが、これも異常気象の一つですか?
それとも、毎年こんな感じでしょうか?

Aベストアンサー

異常と言う定義は「普通と違っている」事で、良い事でも悪い事でもなく平均値から外れると言う意味です。

つまり「50歳で虫歯ゼロ」は異常と言う事になります。

最近の風については、観測史上での最高風力であったり、観測史上2番目の春一番だったりしますので、やはり「異常気象」になりますね。

ただ温暖化に起因するかどうかは別の問題です。

Q海ってなんで塩辛い? 風はどうやって吹いてるの?

小学生のような質問ですがお願いします。
海ってなんで塩辛い? 塩の塊があるのかな・・
風はどうやって吹いてるの? 扇風機でもあるのかな?

Aベストアンサー

 
>海ってなんで塩辛い? 

海ができたのは、かなり古い時代です(地球の誕生のあと、しばらくしてできています)。海は最初、そんなに塩辛くありませんでした。無論、純粋な水ではなく、アンモニアとかが溶けていましたが、ほぼ真水だと考えてよいです。

大陸も古くからあり、太陽の光を受けて、海の水が蒸発し、それが集まって、やがて雨となり、大陸の表面の土を溶かして、海に流れ込むという過程が、何十億年と続きました。

その結果、陸地の岩や土に含まれていた色々な物質が溶けて海に流れ込み、最初のほとんど真水に近かった海の水に色々な物質が溶けこむことになったのです。

水素、酸素、炭素、窒素などは、たくさん流れ込みましたが、これらは、海のなかで分解して気体の構成分子になり、蒸発して海から消え、その結果、ナトリウム、塩素、カリウム、カルシウムなどが、主に、海に溶け込んでいる物質として残ったのです。

金や銀も、ごくごくわずかですが溶けこんでいて、その他の色々な原子も、わずかですが溶けこんでいます。ウランなども溶けこんでいます。

長い時間をかけて、色々な物質が陸から流れ込み溶けこみ、塩素やナトリウムが大量に溶けこんだので、現代の海の水を舐めると、塩辛いのです。塩素とナトリウムというのは、食塩を水に溶かすとできるイオンで、結局、塩が溶けているのと同じことになるからです。

海の水を蒸発させると後に、食塩(塩化ナトリウム)と、数%ぐらいだったか、塩化カリウムが残ります。塩化カリウムも、塩辛いですが、苦味があり、「にがり」と呼びます。海の水を蒸発して作った塩は、「粗塩」と言い、ただの食塩より、色々な物質が混じっているので、栄養としても良いのです。

陸地でも、パレスティナにある「死海」は、陸地からの色々な物質が流れ込んで、そのまま流れ出す口がなく、蒸発によって水量が維持されるので、段段、流れ込んだ物質が濃縮され、海のように、塩辛くなっています。北アメリカにある、ソルレークという湖も、塩辛い湖です(これは元々、海の一部だったのですが、それだけでなく、やはり、色々な物質が流れ込み、水の蒸発で圧縮されて、塩辛くなっているのです)。

>風はどうやって吹いてるの?

風は、地球の表面の地域で、「気圧」に違いがあると、高い気圧のところから、低い気圧のところに、空気が移動し、この空気移動が、「風」として、観察されるのです。

うちわで空気をあおぐと風が起こるのは、うちわは、平たい面で普通できていて、この面を動かすと、面で押された空気は圧縮され、密度が高くなり、圧力が大きくなって、もっと低い圧力の空気の方へ、空気が流れるためです。針金を幾ら振っても風は、ほとんど起こりません。

地球の上で、気圧に違いができるのは、風の神が大きなうちわで扇いでいるのではなく、熱帯の方が太陽からの熱が大きいので、空気が熱せられ、熱くなった空気は、膨張するので、ボイル・シャルルの法則から圧力が小さくなり、温帯の空気が熱帯に流れ込むのです。これで風が起こります。

また温帯の空気が熱帯に移動すると、温帯の空気の圧力が減るので、北極や南極の空気が温帯へと流れ込みます。

しかし、やがて、熱帯の空気の熱は、温帯の空気に伝わって、温帯の空気も、熱くなってくるので、今度は熱帯から温帯へと空気が逆流します。

こういう複雑な空気の運動が地球表面ではあり、これが、大きな意味の空気が移動する原因で、空気が移動すると、それは「風」になるのです。

もっと狭い地域でも、海と陸だと、水と土の比熱が違うので、昼間は陸地がすぐ熱くなって、なかなか温まらない海の水より空気の温度が熱くなり、陸から海へと空気が流れ、これは風です。反対に夜になると、陸はすぐに寒くなるのに対し、海の水はなかなか冷えないので、海の方が温かくなり、海から陸に空気が流れ、風が吹きます。

こういう風を、「陸風」「海風」と言います。
 

 
>海ってなんで塩辛い? 

海ができたのは、かなり古い時代です(地球の誕生のあと、しばらくしてできています)。海は最初、そんなに塩辛くありませんでした。無論、純粋な水ではなく、アンモニアとかが溶けていましたが、ほぼ真水だと考えてよいです。

大陸も古くからあり、太陽の光を受けて、海の水が蒸発し、それが集まって、やがて雨となり、大陸の表面の土を溶かして、海に流れ込むという過程が、何十億年と続きました。

その結果、陸地の岩や土に含まれていた色々な物質が溶けて海に流れ込み...続きを読む

Qアース 接地抵抗が不安定

建屋のオフィス内の分電盤(単相3線)接地抵抗を測定したのですが、試験機の数値が20Ω-40Ωの間を頻繁に行き来し、不安定な状況でした。また他のフロアの分電盤(単相3線)の接地抵抗を測定しましたが約10Ωと安定しておりました。
そこで質問があります。
(1)20Ω-40Ωの揺らぎの接地抵抗は接地がとれているという理解でよいのでしょうか?(通常なのでしょうか?)またこのような現象が起こりうる原因は考えられますでしょうか?
(2)20Ω-40Ωの接地抵抗と約10Ω接地抵抗は別系統の接地と考えられるのでしょうか?また同一の接地は考えられるのでしょうか?
お手数ですが、ご教授頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

分電盤内に接地端子があるんですか?
まさか単相3線の中性極の接地抵抗を測定してませんよね?

一般的に接地抵抗が安定しないのは一番に漏電が考えられます。
もしくは接地抵抗計の補助電極がきちんと接地されてないことも考えられます。

導電性のある構造体で繋がっていれば接地抵抗値は全く同じになるでしょうし、その場合同一接地極とみなされます。

Qインバーター発電機の負荷を掛けるとエンジンが不安定

ホンダのインバーター発電機ですが、照明機器等を接続し負荷をかけるとエンジンが不安定になり、最終的にはエンジンが完全にストップしてしまいます。原因が分かりません?
キャブレターを外しオーバーホール実施しましたが、チャンバー及びメインジェットには目詰まりや汚れはありませんでした。キャブクリーナーで清掃を施しましたが改善されませんでした。

Aベストアンサー

昔、バイクのレースをしていました。エンジンのトラブルは成績に直結しますから、
整備に明け暮れていました。

電気というよりエンジン的なカテゴリーっぽいですね。
質問者さんも悩んだと思います。。。。。

まず、原因は負荷のかけすぎとか電気的なことではありません。
電気的なら止まる事はないです。
(車だとして、パンクしたタイヤで走ってもエンジンは止まりませんよね。だからエンジンの問題です。)

失礼ですが、エンジンの不調はいくら詳しく状況を書いても、原因を特定するのは難しいです。
詳しく書けるくらいの人なら、自分で治せますからです。

とは言っても、基礎だけでも書きます。
・強い火花
・強い圧縮
・良い燃料
この3点です。

火花は点火プラグです。
圧縮は、リコイルスターター(エンジンをかけるときに引っ張る紐)の重さだけではないです。
シリンダー内で、漏れなく圧縮できるかです。
燃料ですが、空燃比のことです。最近は新鮮なガソリンと言う意味もありますね。
最近のガソリンは、添加物の関係と思っていますが、一般市販バイクでも、3ヶ月過ぎたガソリンではかからない可能性があります。冬眠明けのバイクは、新品ガソリンが減速です。
発電機でも同じです。残っているガソリンを捨て、新品ガソリンを入れてみては?

ついでに・・・キャブを分解したとの事ですが、組み間違いがないことを祈ってます。

昔、バイクのレースをしていました。エンジンのトラブルは成績に直結しますから、
整備に明け暮れていました。

電気というよりエンジン的なカテゴリーっぽいですね。
質問者さんも悩んだと思います。。。。。

まず、原因は負荷のかけすぎとか電気的なことではありません。
電気的なら止まる事はないです。
(車だとして、パンクしたタイヤで走ってもエンジンは止まりませんよね。だからエンジンの問題です。)

失礼ですが、エンジンの不調はいくら詳しく状況を書いても、原因を特定するのは難しいです。
詳しく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報