南極観測隊の拠点、昭和基地は第一次隊がオングル島に場所を定めたとの事ですが本を読んでもわからなかった疑問があります。

・何故、近辺の大陸にも露岩域が存在するのに大陸から4kmも隔たったオングル島を選んだのでしょうか?

大陸に渡る時は海氷のクラック調査、ルート工作など手間がかかる他、
海氷の締まる冬の間でなければ大型の雪上車を渡せない、大陸の雪原にデポする必要がある、等いろいろ面倒があると知って疑問に感じました。
昭和基地が大陸に在れば危険も減少し手間も省けて良いのではと思うのは素人考えでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 戦後最初の観測船は、海上保安庁の「宗谷」でした。

戦争で大方の船舶を失った日本は、当時南極観測用の砕氷船建造の余裕がありませんでした。そこで大戦にも活躍した「宗谷」の出番となったのです。勿論砕氷船では有りませんが、可能な限り改装をして出航しました。当時は海氷も厚く、基地を設営するのには大変な苦労が必要だったのです。そして敗戦国の日本は、殆ど資料のない南極銀座のアルゼンチン側の反対を観測地点として割り当てられたのです。

 海岸線ですらはっきりしない大陸沿岸で、貧弱な装備で遥か沖合いから雪上車で荷物を運ぶのです。第一回の観測では、オングル島が目一杯の所だったのです。それが証拠に、越冬隊を収容するのに精一杯で、樺太犬を置き去りにしたり、外国の砕氷船に2度にわたり救助されたりしました。二回目からは、資材運搬にヘリの利用が始まりましたが、それでも海氷にしばしば阻まれたのです。こんな苦労を経て、「ふじ」が建造され、それから海自が観測船の運用をするようになったのです。

 「ふじ」は当時の南極観測船としては、世界水準をいくもので、それからは氷に閉じ込められる危険はなくなりました。大型ヘリの運用で資材運搬も大幅に増加し本格的な越冬観測が可能になったのです。それまでは、越冬は命がけのことだったのです。「ふじ」の代替の初代「しらせ」になり観測船の性能は「そうや」に比べ月とすっぽんのような飛躍となりました。

 「しらせ」2世がオングル島70kmの海氷の縁に到着と先日報道されていましたが、恐らく砕氷性能からして、ヘリ飛行の距離はぐんと短縮され、島の見える所までの接近が可能かと思われます。資材運搬開始時には、接岸に近い地点まで行けるかも知れません。地球温暖化の為か、オングル島の露岩は、「宗谷」の時代は僅かであったのが、近年、島の大半を見せるまでになったようです。敗戦後の「戦後は終わった」宣言の直後の未だ貧しい日本の精一杯の努力の結晶が、今では?の地点となるほど、日本は進化したのです。そして地球温暖化も進んでいるようです。

この回答への補足

これらの記事からすると確かに宗谷の砕氷能力が不足して定着氷の奥を目指すのは無茶だったみたいですね。
また、当時入手できた現地の資料ですが1929年から1935年にかけてノルウェーの探検隊が三回にわたって南極探検を行い、周辺一帯の航空写真測量を行い、
かたっぱしからノルウェー語の地名をつけたそうです。
それの資料と戦後すぐアメリカが行ったハイジャンプ作戦の資料が第一次隊の資料という事でした。
大まかな地形だけとはいえ、全くの手探りでは無かったといえるでしょうね。

しかしそれでもオングル島への接近は海氷の状態が悪くて(パドルという水溜りが一面に在った)犬ぞりも雪上車もひっくり返ったり潰れたりとさんざんな結果で
隊員の一部からは宗谷により近い弁天島にしようという声が出たそうです。
ところが実際に偵察してみると弁天島は崖が切り立っていてクレーンが無ければ荷物を上げられない、それに狭くて小屋は立てられるけど仕事も何もできないと放棄されたとありました。

オングル島は次善の場所として選ばれた印象ですが、『南極越冬記』の最後の方で西堀氏は「オングル島は、南極としてはじつに条件のよいところである。
南極広しといえども、これほどよいところは指折り数えるほどしかあるまい」と述べています。

大陸旅行には不便なところもあるものの、もっと他の面から基地の適地というものを考えれば良かった見たいですね。
地球温暖化については50年に渡る観測でも気温の上昇が観測されてないという疑問がありますが、それは別の問題ですね。
どうもありがとうございました。

補足日時:2009/12/26 00:11
    • good
    • 3
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございます。
ですが新たな資料にあたった結果、自己解決いたしました。

yot15さんの回答によりますと日本に割り当てられた観測区域は「殆ど資料のない南極銀座のアルゼンチン側の反対」「海岸線ですらはっきりしない大陸沿岸」であり、
オングル島が目一杯の場所という事でしたが、この点についてもっと知りたいと資料を探しました。

昭和38年に文部省が発刊した『南極六年史』は第一次南極地域観測から第六次南極地域観測までの詳細な総括資料です。
31ページに基地候補地を偵察するくだりがありますが当初の第一候補地は東岸だったとあります。
昭和32年1月20日、リュツォホルム湾東岸のラングホプテ山塊を望見できる定着氷縁に到着した宗谷から永田隊長がセスナ機さちかぜで候補地の偵察を行い、
68°50'Sから69°40'Sの地勢を検討したがラングホプテ山塊付近は基地建設が困難であり、地勢の平坦なオングル群島が最適であろうと結論した、とありました。
副隊長であった西堀栄三郎氏の著書『南極越冬記』(岩波新書、昭和33年第1版)ではこうあります、
「わたしはまず、飛行機で基地設定地の偵察にいった。最初ノールウェーの航空写真の上で、ここがよかろうと思っていたところを真直ぐに飛んでみた。
そこも消して悪くはないが遠い大陸の中である。長頭山の南の方だった。その帰りに、オングル島のそばを飛んでみた。わたはそのとき、実際にやるならば、
距離的にいって、基地候補地はオングル島以外には無いと思った。しかし、それは総反対をくった。そんな島はいかん、大陸にせよと言うのだ。
わたしももちろんできたら大陸にしたい。しかし、いまは成功の為に一歩退こうじゃないかということで、いちおうオングル島という事にきめた」

お礼日時:2009/12/26 00:11

あやふやな記憶ですが、当時の砕氷船では、そこまで行けなかったのだと存じます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。砕氷船の性能が問題なのでしたか。
当時は宗谷に搭載していたセスナ機で大陸側を含めた候補地を偵察して検討の結果オングル島に決定・上陸したとありましたが宗谷の問題とは知りませんでした。

お礼日時:2009/12/22 00:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング