【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

http://www.yahoo.co.jp
http://kakaku.com
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/

どうしてwwwがついたりつかなかったり、さらには数字がついたりするのでしょうか?何か違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。

「??でもわかる URL 入門」第3弾です。
昨日はどうも「ホスト(host)」と「ドメイン(domain)」という概念についての説明が
不正確だった憾みがありますので、その辺のところをクリアーにしてみましょう。

「www.yahoo.co.jp」を例に取れば、これ全体を「FQDN(Fully Qualified Domain Name,
完全修飾ドメイン名)」と申しまして、これが実は世に「URL」「(ホームページ)アドレス」
と称されている文字列の正式名称なのです。

このうち、「yahoo.co.jp」を「ドメイン名」、その前の「www」の部分を「ホスト名」といいます。
「ドメイン(domain)」とは「領分」とかいう意味ですが、早い話が「縄張り」です。
だから、イメージのよいメジャーなドメイン名をめぐって多額の金が動くのは、
インターネットの中で縄張り争いをしていることにほかならないのです。

特に「.com」とか「.net」は国に関係なく取れる一般トップレベルドメイン
(gTLD, generic Top Level Domain)ですから、インパクトのあるドメインを
勝ち取ろうとする者たちで「地獄の沙汰も金次第」の様相を呈しています。
これに対して「.jp」などは、その国限定の国別トップレベルドメイン
(ccTLD, country code ~)になります。

ccTLD の管理はその国のドメイン名管理機関が担当しています。
日本では JPNIC から移管された「日本レジストリサービス」
(JPRS, Japan Registry Service Co., Ltd.)です。

えー、脱線が長くなってしまいました。
よく URL はインターネットの中の住所にたとえられますが、
その住所に存在するドメインを一つのアパートとみなすと、
ホストはその各戸のメンバーということができます。
「yahoo.co.jp」マンションの中には「www」さんが住んでいる一方、
ハイツ「goo.ne.jp」には「mail」さんや「oshiete1」さんなどがいるわけですね。
昨日述べた「ネームサーバ」とは、このアパート名から住所を引く
電話帳の役割を果たしているわけです。

なお、ドメインの管理は JPRS などの公的機関が行っていますが、
ホストの管理はドメインの管理者が行わねばなりません。
実世界でもアパートは役所の管轄ですが、各部屋の世話は
大家の裁量に任されているのと同じですね。
余計混乱させちゃったならごめんなさいね。

参考URL:http://www.ippo.ne.jp/howto/about/03address/3.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>「yahoo.co.jp」マンションの中には「www」さんが住んでいる一方、
ハイツ「goo.ne.jp」には「mail」さんや「oshiete1」さんなどがいるわけですね。

この部分でなんとなく分かってきました!!DNSとIPの関係は大丈夫なのですが、まーだしっくりこないのです。かなりのおばかさんですね・・・。また勉強してきます。

あとちょっとした疑問の追加になるのですが、ブラウザのアドレス欄に直でyahoo.co.jpやgoogle.co.jpと打った場合、googleが「http://www.google.co.jp」に変換されるのはなぜなのでしょうか?

もしわかるようでしたら回答をお願いいたします。物分りが悪すぎで申し訳ありません。

お礼日時:2003/05/25 00:09

>ブラウザのアドレス欄に直でyahoo.co.jpやgoogle.co.jpと打った場合、


>googleが「http://www.google.co.jp」に変換されるのはなぜなのでしょうか?

先の回答ではドメインをアパートに例えましたが、実は一戸建てのドメイン(個人サーバ)も
多くあります。この場合、「www」は省略できます。「http://」を前置することで、
ウェブサーバ担当マシンへのアクセスだということがわかるのです。
ちょうど「山田」という家が世帯主の「太郎」さんの一人暮らしの場合、
「山田」さんといえば「山田太郎」さんのことだとすぐにわかるのと同じです。

ただ、Yahoo! や Google のような大規模なサイトの場合、
その時手空きのホストに誘導されるので、同じ URL を入力しても
IP アドレスの違う別のマシンへアクセスするようになっています。

また逆に、同じマシンでウェブサーバ(http)、メールサーバ、ファイルサーバ(ftp)と
一台何役もこなしている場合、URL を違えて別のホスト(バーチャルホスト)への
アクセスに見せかけることもできます。これを「バーチャルホスティング」といいます。

参考URL:http://sakaguch.com/RobotURL.html#omit
    • good
    • 0

http://www.yahoo.co.jp/
の場合で説明しますと、
yahoo.co.jp がいわゆるドメインにあたります。
その前のwwwはコンピュータの名前です。
ですので、wwwである必要はありませんし、
同じドメインにコンピュータが1台しか
なければコンピュータ名はなくてもかまいません。
要はどのコンピュータにデータがあるか特定できればいいわけですから。
wwwであることが多いのはNO.1の回答にあるように
Webサーバーであることが分かりやすいというだけです。
逆に同じドメイン内に複数のWebサーバーがあれば
そのコンピュータに対するアクセスか判定するために
それぞれ違った名前をつけなければいけません。
www2のように後ろに数字をつけてることが多いようですが、別にoshieteでも何でもかまわないわけです。
    • good
    • 1

しっくり来ません?一口にサーバといってもいろんな種類があり、


ウェブサーバもあればメールサーバもあります。

たとえば、goo のメールサーバは mail.goo.ne.jp です。
また、スペースアルクの「英辞郎」のトップページがあるのは www.alc.co.jp ですが、
検索結果は www2.alc.co.jp で始まる URL に出ます。

インターネット上のすべてのホストには「IP アドレス」という数字の住所が
割り振られていることはご存じでしょうか。例えば、「教えて!goo」など
各種サービスを提供している goo のホストのドメイン名(goo.ne.jp)
に対応するアドレスは「210.150.25.37」です。
試しにブラウザのアドレス入力欄にこの値を入れてみてください。
goo のトップページに出たでしょう。インターネットを飛び交っているのは
この IP アドレスであって、ドメイン名は人間が読むための便宜的な名称に過ぎません。
このホストの下に各種サーバがぶら下がっているわけです。
個人ではすべてを1台のサーバでまかなっているところも多いですが。

この「210.150.25.37⇔goo.ne.jp」の相互変換を行っているのが
「DNS」(Domain Name Service)と呼ばれるドメイン名解決サービスです。
このサービスを行っているのも「ネームサーバ」と呼ばれるサーバです。
    • good
    • 0

登録しているサーバの名前の違いです。


www がつくのは「World Wide Web」サーバであることを明示的に表しているだけで、
別につけなければいけないというわけではありません。
また、oshiete1.goo.ne.jp とか www2.biglobe.ne.jp などのように数字がついているのは、
サービスごとにサーバが分かれているうちの1番目、2番目を意味しているのでしょう。

同様の質問もありましたので、ご覧ください。
・No.502312 質問:アドレスの前にwwwの他にww2やww3が付いているのですが何か意味あるのですか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=502312
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございました。同じような質問があったとは、検索不足でした(^^;

なんだかしっくりこないのですが、もう少し悩んでみます。

お礼日時:2003/05/23 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwwwがないサイトって

これって海外からでも見られますか?
このGOOもwwwがないのですが、問題ないのでしょうか?

それとも日本国内ならWWWがいらなくても
サイトが開けるということなのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういうことではありません。

wwwなしでもアクセスできるように設定されているサイトは、wwwをつけないでもアクセスできますし、国内/海外という区別はないんです。

wwwというのは、慣習上ついているだけなので、最近はアドレスの短縮化のためにつけないサイトも多くなってきましたね。

本当のことを言うと、仕様書どおりのURLというのはTLDの後に.(ドット)をつけないといけないんですよ(笑)
たとえば→ http://www.goo.ne.jp./

QURLにwwwがついていないのは?

このカテゴリでの質問でないとは思いますが、
どこに質問して良いのかが不明ですので、この
カテゴリにしてしまいまいした。

たまに、URLにWWWがつかないサイトがありますが、
http://kurage.xx.com/index.html

これは、wwwに接続されていないのでしょか?
イントラネットの場合はwwwがないのは分かりますが、
インターネットで何故wwwがつかないのでしょうか?

投稿カテゴリ違いではありますが教えてください。

Aベストアンサー

「http://www.***.ne.jp」というURLがあったとします。

「http://」・・・HTTP(Web)接続をするという命令です。(接続方式を指定)
「www」・・・ホスト名(サーバの名前)です。
「***.ne.jp」・・・ドメイン名(住所)です。

別のたとえをするなら
○○市××町二丁目(***.ne.jp)に住む伊藤さん(www)に、郵便小包(http)を送る。
という感じですね。

wwwという名前についてですが、前述したようにこれは単なるサーバの名前です。ですからどんな名前でも良いわけです。例えば「www1」とか「hogehoge」というサーバ名でもOKなんです。
Webサーバには「www」という名前をつける慣習があるだけであり、必ずwwwである必要はありません。


なお同じ住所(ドメイン)に複数の人間(ホスト)が住んでることもあります。
たとえばgooなんかもそうですね。

gooのWebサイトは「http://www.goo.ne.jp」ですが、教えてgooは「http://oshiete.goo.ne.jp/」です。
どちらもwebサイトですが名前は違います。
おそらくgooのトップページが格納されているサーバと、教えてgooのサーバが物理的に違うサーバなんでしょう。だから名前も違うわけです。

参考URL:http://www.goo.ne.jp/,http://oshiete.goo.ne.jp/

「http://www.***.ne.jp」というURLがあったとします。

「http://」・・・HTTP(Web)接続をするという命令です。(接続方式を指定)
「www」・・・ホスト名(サーバの名前)です。
「***.ne.jp」・・・ドメイン名(住所)です。

別のたとえをするなら
○○市××町二丁目(***.ne.jp)に住む伊藤さん(www)に、郵便小包(http)を送る。
という感じですね。

wwwという名前についてですが、前述したようにこれは単なるサーバの名前です。ですからどんな名前でも良いわけです。例えば「www1」とか「hogeh...続きを読む

Qアドレスの前にwwwの他にww2やww3が付いているのですが何か意味あるのですか?

今晩は、すいませんが私のギモンに答えていただければと思います
内容ですが、よくするインターネットのアドレスの前にwwwの他にww2やww3が付いているのですが何か意味あるのですか?
もし何か意味があるのでしたらお教え願えないでしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

単なるサーバの名前です。
たとえば、ある会社で、「www.abc.co.xx」というURLを持っていたとします。
その会社がコンテンツを分けたり、機能で分けたりしてサーバが2台、3台となった時に、「www2.abc.co.xx」「www3.abc.co.xx」などと名前を付けていきます。
「abc」の部分は会社名でもあり、変えたくないですからね。
URLは世界でひとつ(ユニークと言う)でなければなりませんから、サーバが増えたら名前を変えなくてはなりません。

私の会社では、メインのサーバを「www.abc.co.xx」として、データベースサーバを「www2.abc.co.xx」、認証サーバを「www3.abc.co.xx」などとしています。

Qドメインにwww.がついている場合とついてない場合について質問です?

最近ドメインを取得しようかと思っているのですが、いろんなホームページを見ているうちにドメイン名の
http://のあとにwww.がつくドメインとついていないドメインがあることに気がつきました。

そこで質問なのですが、www.がドメインに含まれている場合何かメリットはあるのでしょうか?何の意味もなくついているということはないと思うのですが、ドメイン名は短いほうが覚えやすいしwww.が無くてもいいかという気もしますがどうなんでしょうか?

ドメインのwww.のについて詳しい方いらっしゃいましたら、どうか回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.3です。回答の補足です。
wwwという言葉の意味ですが、ホスト名には違いなのですが、そもそもは「wwwサーバ」であるという宣言に使われていました。wwwはNO.2さんがいわれるようにWorldWideWebの略ですが、これはHTTPプロトコルに則ってHTMLで記述された文書を公開しているサーバである、という意味になります。
インタネットが始まった当初はひとつのドメインでひとつのホストだったのでホスト名は全部wwwだったんです。しかしご存知のように現在はたくさんありますよね。なので、www1もあれば無いのもあればさまざまです。インターネットで閲覧するサイトはwwwのほかにgopherという階層構造で管理された文書もあるし、ファイル転送専門のftpサイトもあります。これらはそれぞれhttp://gopher.xxxxとかhttp://ftp.xxxxなどとします。分かりやすいからですね。今ではHTML文書のサイトがほとんどと言っても過言ではないのでこのwwwという言葉は特別の意味を持たなくなりました。なので今では単にwwwはホスト名にしか過ぎないという風に捉えて差し支えないと思います。

NO.3です。回答の補足です。
wwwという言葉の意味ですが、ホスト名には違いなのですが、そもそもは「wwwサーバ」であるという宣言に使われていました。wwwはNO.2さんがいわれるようにWorldWideWebの略ですが、これはHTTPプロトコルに則ってHTMLで記述された文書を公開しているサーバである、という意味になります。
インタネットが始まった当初はひとつのドメインでひとつのホストだったのでホスト名は全部wwwだったんです。しかしご存知のように現在はたくさんありますよね。なので、www1もあれば無いのもあれ...続きを読む

QURLには何故WWWがつくのですか

お世話になります。
URLサイトの先頭にWWWが付きます
www.goo.ne.jpのように
(付かないものもありますが・・・)
私のHPはwwwが付いていません。

そもそもWWWが付くURLは何か特別な意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

World Wide Webというのは技術の名前です。
言葉を分解して理解すると誤解しますので注意してください。

同じ画面で画像と文字が整形されて表示され,「回答します」という
文字をクリックすると回答画面に切り替わる...といった,
現在あなたが当たり前のように使っている技術(システム)をWWWと呼びます。

まだWWWがワールドワイドでなかった(少数派だった)時代に,
このサイトはWWW技術で接続できるサイトですよ~と主張するために
サイト名にWWWを付けたのが現在も生き残っているだけです。

参考URL:http://www.brl.ntt.co.jp/people/takada/docs/www-intro/

Qwww付きドメインと、www無しドメインの違い

現在私の会社では、自社サイトのサーバの監視・運営等を、外部に任せているのですが
たまにバーチャルホストの設定を依頼することがあります。

その時、【ServerName】として、www付きのドメインとwww無しのドメインを
両方書いてメールしているのですが、この『www』が付いているものと、
付いていないものではどんな違いがあるのでしょうか?
(私もとりあえず先輩に言われたとおりにやっている感じで、よく理解してないのです。)

ちなみに、ドメインの登録申請は、自社でレジストラにお願いしてます。
その後、そのドメインを元に、運営会社にバーチャルホスト設定を依頼している、といった感じです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

『www』が付いているのは従来のWebサーバーに付けられているホスト名で単なる慣習です。
最近はアドレスを簡単にする目的などでwwwをつけないサイトが多くなっています。
しかし従来の慣習でwwwをつける閲覧者がいるので両方を登録しておくのです。
あまり手間はかからないと思いますので今のままでいいのではと思います。

QURLにWWWが付くヤツと付かないヤツって?

いまさらな質問なのかも知れませんが....、
URLにWWWが付くヤツと付かないヤツがありますよね?。
何がどう違うのでしょうか?。

Aベストアンサー

こんにちは。hirasakuです。

ご質問にお答えします。
URLに使われているいわゆるアドレスは、ドメイン名が使われています。ドメイン名とはIPアドレス(例えば210.140.230.20など)では人間がわかりづらいので文字にして(例えばhogehoge.co.jpなど)表現しています。
ドットで区切られたドメイン名は右から、国識別、組織識別、組織名とだいたいなってます。
また、ドメインの中にさらにドメイン(サブドメイン)を作ることができます。
そして最後のwwwですが、これはホスト名です。
ホスト名とはつまり、コンピュータ(サーバー機)につけられた名前です。ホスト名は任意につけることができますので、サーバーを構築するときに好きな名前(といっても何でもありではないですが)をつけられます。
しかし、そのサーバーの役割をわかりやすくするために、Webサーバーならばwwwとつけるのが一般的です。
ですから、サーバーを作った人がもし、「wwwじゃ面白くないなぁ」なんて思ってほんじゃぁ、「hpにしてしまえ」としてもかまわないわけです。

参考になったでしょうか。
ドメイン名+ホスト名で完全修飾ドメイン名(FQDN)といいます。

こんにちは。hirasakuです。

ご質問にお答えします。
URLに使われているいわゆるアドレスは、ドメイン名が使われています。ドメイン名とはIPアドレス(例えば210.140.230.20など)では人間がわかりづらいので文字にして(例えばhogehoge.co.jpなど)表現しています。
ドットで区切られたドメイン名は右から、国識別、組織識別、組織名とだいたいなってます。
また、ドメインの中にさらにドメイン(サブドメイン)を作ることができます。
そして最後のwwwですが、これはホスト名です。
ホスト名とはつまり...続きを読む

Qネットサイトのアドレスの頭に www を付ける意味は何でしょうか。

ネットサイトのアドレスの頭に www を付ける意味は何でしょうか。

アドレスの頭が
http://www.
になっているネットサイトは、10年以上前から現在に至るまで多数見かけます。
www が world wid web の頭文字に由来することは知っています。
しかし、アドレスの頭に www をあえて付ける意味あるいはメリットはあるのでしょうか。
意味やメリットがあるようでしたら、教えてください。
(なければ、ご回答は不要です。)

すみませんが、推測や持論でのご回答は無しということでお願いします。

Aベストアンサー

No.4へのお礼に回答
>www でなければいけないのでしょうか。

論よりすぐにでもテストできるのでローカルDNSに登録してテストしてみました。

wwwの場合はローカルDNSに登録しても無条件に上位DNS(グローバルのDNS)を参照します。
その他の文字列の場合は、ローカルDNSに登録したものが返ってきました。ローカル内で登録使用が可能です。
ローカルDNSに登録してなければ上位DNSに照会に行きます。

よろしいでしょうか?

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qアドレスに www がある場合とない場合

ウェブを見るときにwwwがある時と、ない時がありますが、どうち違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>どう違うのでしょうか?

別に違いません。アドレスのwwwはサーバの名前を表示しているのですが、これはそのドメインの管理者が自由に名前を付けて良いことになっています。ただ、一般的にはわかりやすさを考えて、ウェブサーバにはwwwという名前を付ける事が多いのです。まあ、慣例ですね。

下記参考URLにアドレスの構造についての説明がありますから、ご覧になって下さい。
http://www.mse.co.jp/ip_domain/domain_text.html

なお、サーバ名はアクセスできるかできないかには全く関係がありません。そのドメインの管理者が他国からのアクセスを規制しようと思ったら、カントリーコード・トップレベルドメインを制限するなど、他の手段を使う事の方が多いと思います。


人気Q&Aランキング