ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

ラフカディオハーンは、改名するとき、どうして
小泉八雲という名前にしたのでしょう?
何か理由があるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

小泉という苗字は帰化するときに奥さんの姓からとったのではないかと。



  ⇒妻 セツ(島根県士族小泉湊の娘

八雲は住んでいたところが松江市で「出雲の国」。出雲の国の枕詞が「八雲立つ」だったので、それから拝借したのではないかと推察しています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます

お礼日時:2010/01/01 00:02

あるホームページからの抜粋です。



 小泉八雲の本名は、パトリック・ラフカディオ・ハーンという名前です。
 
 パトリックは父親の故郷アイルランドの守護聖人・聖パトリックから、ラフカディオは生まれ故郷ギリシャのレフカダ島(母親の故郷)の名前にちなんでつけられました。日本に来て、小泉セツと結婚し、長男・一雄をもうけた八雲は日本への帰化を望み始めます。
 
 日本に来て6年目の1896(明治29)年、ようやくその願いが叶い日本国籍を取得し、“小泉八雲”と改名を果たします。“小泉”は妻・セツの姓であり、“八雲”は日本最古の歴史書『古事記』の中にある、八雲が日本に来て初めて住んだ土地、松江の伝説に由来する「八雲たつ 出雲八重垣妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」の出雲にかかる枕言葉からとったものだそうです。


引用:焼津市HP(http://www.city.yaizu.lg.jp/yaizu-yakumo/kouza/0 …)

参考URL:http://www.city.yaizu.lg.jp/yaizu-yakumo/kouza/0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!

お礼日時:2010/01/01 00:02

妻の小泉セツ(節子)の姓を名乗って「小泉」、「ハーン」から転じて、→「ハウン」→(漢字に当てて)「八雲」となることからくると思っていましたが、正確には、後者は俗説で「出雲」の枕詞である「八雲」から名前を取ったようです。


参考URLに挙げたwikipediaの記事の最初の方に名前の由来がのっており、下の方の「エピソード」欄に上記俗説について書いてあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます

お礼日時:2010/01/01 00:02

小泉は奥さんの苗字ですよね。


八雲は当時彼の居住地が島根県の松江市。そこの旧国名である出雲国の枕詞に「八雲立つ」という言葉があり、そこから来てるといわれてますよね☆
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太宰治と志賀直哉の確執について

最近太宰治の「如是我聞」を読んだのですが、その中で太宰が志賀のことを名指しでけちょんけちょんにけなしていました。
ウィキペディアで調べたところ、太宰が最初に「津軽」の中で志賀を批判し、それに立腹した志賀が太宰をけなす発言をし、だんだんエスカレートして遂に「如是我聞」が発表されたということらしいのですが、この対立の経緯について詳しく知りたいのです。
参考になる書籍やHPがあったら教えてください。また、上に書いたこと以外のことをご存じであれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

太宰は「津軽」で、蟹田町に行った時に旧友達が太宰を囲んで宴を開いてくれた
時のことを書いています。その中で、当時、大作家として名を馳せていた"五十
年配の作家"(志賀直哉と名指しはしてないが「神様」と呼ばれている、と書い
たことで明白)について聞かれ、人の悪口を言って自分を誇るのは甚だいやしい
ことだが、と前置きしながらも、世間も文壇も、その大作家を畏敬に近い感情で
評価していることに、一種、腹立たしい感情を持っていたのか、彼の作風を厳し
く批判しています。きっと志賀直哉自身にというより、彼に象徴される世間の偏
った高尚趣味(と太宰は思っている)若い作家達の彼へのとりまき、へつらい、
に嫌悪感を抱いていたのかもしれません。(やっかみも少しはあったかもしれま
せん)(^^) それを読んだ志賀直哉が、座談会の席上で仕返し(?)に
太宰の作風をけなすなどしてバトルが始まったようです。

でも、私は、ことの発端は、有名な、太宰と井伏鱒二との確執のような気がします
。井伏は太宰が故郷青森から上京した時から頼っている文壇の先輩であり、私生
活でもいろいろと面倒をみてもらっていた作家です。太宰は候補になっていた第
一回芥川賞を逸したり、その後もあの手この手で受賞の依頼をするなどしても
(川端康成におねだりの手紙を書いたりしていますね)思うように行かず、また
女性問題等でもトラブルがあるなど、徐々に生活に行き詰まりを感じ、
薬物中毒に陥ったりしていきます。
井伏も当時は貧乏作家で、さほど将来を嘱望されるような作家ではありませんでした。

そんな中、井伏が「ジョン萬次郎漂流記」で直木賞を取りますが、
その作品に盗用が見られるとし(後に大傑作とされる「黒い雨」にも盗用
論争)それに嫌悪した太宰が、井伏批判、そしてその背後にある文壇、世間、そ
の象徴である"老大家"の志賀直哉批判、と日頃の不満が発展し、たまりにたまったうっぷんを
はき出すように、意を決して「如是我聞」を発
表するに至ったのではないでしょうか。
遺書には「井伏さんは悪人です」とありますね。

「如是我聞」で太宰は「その者たち(老大家)の自信の強さにあきれている。
……その確信は……家庭である、家庭のエゴイズムである」などと言ってますが、
私は、津軽の名家に生まれながら真の家庭的愛情に恵まれなかった太宰の本音が
そこに伺えるかなぁという気がしています。

「如是我聞」は、死ぬ数ヶ月前、心中した山崎富栄の部屋で、
新潮社の編集者、野平健一が口述筆記し、死後に発刊されていますね。

参考文献といえるかどうか判りませんが、「ピカレスク」(猪瀬直樹・小学館)
にはとても興味深いものがあります。

私見ですが書いてみました。

こんにちは

太宰は「津軽」で、蟹田町に行った時に旧友達が太宰を囲んで宴を開いてくれた
時のことを書いています。その中で、当時、大作家として名を馳せていた"五十
年配の作家"(志賀直哉と名指しはしてないが「神様」と呼ばれている、と書い
たことで明白)について聞かれ、人の悪口を言って自分を誇るのは甚だいやしい
ことだが、と前置きしながらも、世間も文壇も、その大作家を畏敬に近い感情で
評価していることに、一種、腹立たしい感情を持っていたのか、彼の作風を厳し
く批判しています。き...続きを読む

Q子供の名前を考え中・・(男)歴史に出てくるお坊さんのような名前 教えてください

2月に 男の子を出産予定です。今 名前を 考えているのですが、今はやりの ありきたりな名前ではなく お坊さんの様な、歴史に出てくる様な・・・そんな名前を 探しています。

ご存知の 名前が ありましたら 教えてください。 

Aベストアンサー

>2月に 男の子を出産予定です
 おめでとうございます。体に気をつけていい子を産んでください。ところで、お坊さんの名前って人名漢字に引っかかりそうな人多いので気をつけて。

仏教彫刻、仏画でよく見かける人たちを挙げてみると・・
◎インド、中国の高僧
無着(むちゃく)、世親(せしん)、玄奘(げんじょう←三蔵法師ですね。)、鑑真(がんじん)、龍猛(りゅうみょう)、龍智(りゅうち)、不空(ふくう)、恵果(けいか)、善導(ぜんどう)、達磨(だるま)、慧可(えか)、慧能(えのう)

◎日本の高僧
義淵(ぎえん)、行基(ぎょうき)、良弁(ろうべん)、空海、聖宝(しょうぼう)、最澄、円仁、円珍、良源(りょうげん)、源信、良忍(りょうにん)、良尊、智光(ちこう)、泰澄(たいちょう)、重源(ちょうげん)、叡尊(えいそん)、源空(げんくう)、親鸞(しんらん)、蓮如(れんにょ)、日蓮(にちれん)、栄西(えいさい)、道元(どうげん)、隠元(いんげん)

◎その他
円空(えんくう)、木喰(もくじき)、良寛(りょうかん)

 うーん、見にくい!!ごめんなさい。私の一押しは「空海」(スケールのでかい偉大な人になりそう。字も読みやすいし)、良寛(優しい人になってくれそう)。
 あと、上にあげた人の中で特にイメージが良い人物は、玄奘(努力家のイメージ)、鑑真(努力家のイメージ)、重源(東大寺を復興した人)です。
 反対に、人によってはイメージが悪いこともあるのですすめない人は、親鸞、蓮如、日蓮(←人によってですよ。本当はすごい人だったと思います)。前に上がっている道鏡も怪僧ってイメージが強いので、子供の名前にはあまりすすめられません。

 日本仏教人名辞典(新人物往来社)とかもあるので、こういうのも参考にしてみては?何をやった人かも分かるし・・多分図書館の宗教か、事典か、芸術のコーナーにあります。それから、自分の好きな字を選んで音読みにするだけでもぐっと僧侶っぽく・・(大学時代、義博という知人は、「ぎはく和尚」と呼ばれていました。)

>2月に 男の子を出産予定です
 おめでとうございます。体に気をつけていい子を産んでください。ところで、お坊さんの名前って人名漢字に引っかかりそうな人多いので気をつけて。

仏教彫刻、仏画でよく見かける人たちを挙げてみると・・
◎インド、中国の高僧
無着(むちゃく)、世親(せしん)、玄奘(げんじょう←三蔵法師ですね。)、鑑真(がんじん)、龍猛(りゅうみょう)、龍智(りゅうち)、不空(ふくう)、恵果(けいか)、善導(ぜんどう)、達磨(だるま)、慧可(えか)、慧能(えのう)

◎...続きを読む

Q今までで「良い!」と思った男性の名前を教えてください

順調にいけば、来年出産の予定です。
まだ少し気が早いのですが、子供の名前を考え始めています。
名付け本や姓名判断などにはあまり興味がないので、自分の頭から生み出したく、日夜ウンウンと悩んでおります。
これまで私が出会ってきた人たちの中で、良いと思える名前に、どんなものがあったかなあ?なんてことを、思い出してみたりもしています。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、ものごころついてから現在までに、皆さんが見聞きした名前の中で、お!いいな!と思った、男性の名前(下の名前)には、どんな名前がありましたか?
是非参考にさせていただきたく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私がいままで知った男性の名前で、いいなぁ と思えたのは

・ 一樹  いつき

・ 史人  ふみと

・ 時歩  ときほ

・ 涼   すずし

くらいかなぁ。
でも、名前は良かったけど 人物的に素敵さが伴ってたかと言うと・・・。

赤ちゃん楽しみですね。
旦那さんがどうしても出来ない事は母乳をあげる事です。
でもそれ以外は何でも出来るはずなので、奥さんを助けてあげて下さいね!


人気Q&Aランキング