出産前後の痔にはご注意!

大鏡より
この帥殿の御一つ腹の、十七にて中納言になりなどして、世の中のさがなものといはれ給ひし殿の、御童名は阿古君ぞかし。この兄殿の御ののしりにかかりて、出雲権守になりて、但馬にこそは御座せしか。さて、帥殿の帰り給ひし折、この殿も上り給ひて、もとの中納言になりや、また兵部卿などこそは聞えさせしか。それも、いみじうたましひ御座すとぞ、世の人に思はれ給へりし。あまたの人々の下臈になりて、かたがたすさまじう思されながら歩かせ給ふに、御賀茂詣につかうまつり給へるに、むげに下りて御座するがいとほしくて、殿の御車に乗せ奉らせ給ひて、御物語こまやかなるついでに、「ひととせのことは、おのれが申し行ふとぞ、世の中にいひ侍りける。そこにもしかぞ思しけむ。されど、さもなかりしことなり。宣旨ならぬこと、一言にてもくはへて侍らましかば、この御社にかくて参りなましや。天道も見給ふらむ。いとおそろしきこと」とも、まめやかに宣はせしなむ、「なかなかにおもておかむかたなく、術なくおぼえし」とこそ、後に宣ひけれ。それも、この殿に御座すれば、さやうにも仰せらるるぞ。帥殿にはさまでもや聞えさせ給ひける。

この文をざっくりと現代語訳していただけると助かります。話の内容がわかる程度で構いません。

A 回答 (2件)

主な登場人物は3人で文中では、帥殿(伊周)、同腹の弟(童名は阿古君、実は隆家、以後隆家として説明します)、殿(実は道長)です。



隆家は、兄の帥殿の騒動に連座して出雲権守に左遷され、但馬にいらっしゃった。帥殿が許されて帰京される際、この阿古君も上京して元の位の中納言になり、兵部卿と申し上げたりもした。その上思慮分別の在るお方と世間には思われなさっていた。それで多くの人が家来になって、あちこちで、想定外の行動もなさっていたが、あるとき道長が御賀茂詣に参上なさったときに、伊周が無闇にへりくだっているのが気の毒で、道長殿が御自身の車に乗せて差し上げなさり、世間話を打ち解けてなさったついでに、去年の左遷のことはわたしが天皇に申し上げた策略であるかように世間では言っているようですが、あなたもそう思っていらっしゃるかも知れないが、しかしそうでは無いことです。天皇の命令では無いこと、わたしが一言でも嘴を挟んだことならば、どうしてこのお社にこのように参上しましょうか。天の神様もご覧になっている。そんなことをするのはとても恐ろしいことです。と誠実に仰ったことは、恥ずかしくて顔向けできないし、どうして良いやら途方に暮れたことだ。と後で伊周は仰った。それというのも、この道長様でいらっしゃればこそのことで、そのように神妙に仰ったのであったろう。帥殿ではこんな上手く相手を懐柔する話術はお持ちではあるはずがない。

敬語は訳したり訳さなかったり、ほんとにざっくりです。内容は道長の剛胆な権謀術策家としての側面を浮き彫りにし、そうした才能を持たない帥殿に対置するエピソードです。
    • good
    • 3

古文は得意ではありませんので訳しません。


大鏡で「帥殿」と来れば、これはおそらく藤原伊周です。
道長と家内の主導権争いをして破れ去った人です。大宰府に流されて後に都に戻ってくる人です。
この人には弟がいて出雲に流されましたが後に京に戻って来ています。
それを踏まえて読めば古文がある程度得意なら何となく読めてしまうのではないでしょうか。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の解読依頼

祖父/祖母の遺品ですが、漢字が読めません。どなたか教えていただきたく、よろしくお願いいたします。依頼の文字は、添付画面の内、
1.左の大正6年に書かれた葉書の差出人名。京都 ○○と書いてあると思うのですが、この2文字がわかりません。
2.中央は左端の葉書の裏面です。この左上に書いてある落款文字全て
3.上記葉書の差出人と同一人物と思われる人が描いた山水画に記載されている落款、及び、落款印

です。

Aベストアンサー

1.南生
2.丁巳 薄日 南浦生
3.丙辰孟冬
    南浦寫
すでにご存じかと思いますが、丁巳は大正6年、丙辰は大正5年に該当します。
印は右上の文字は「弘」のようですね。あとは残念ながらわかりません。

Qこの字の漢字と読み方を教えてください。

これはなんと読むか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

右からの横書きで「鶴亀」では?

Q次の文章の「ましてや」は使い方を間違っていませんか。

>俺は 今アイドル歌手で売れいる 夏瀬菜々美と凛々果の待ち合わせの日 偶然出逢った

>お互いメールアドレスを交換しラインもOKした

>その時凛々果にその現場を見られていたが 俺は 話を反らした

>凛々果との付き合いは 今年で3年になる 今は 凛々果が好きだ

>ましてや今売れている 夏瀬菜々美など高嶺の花だ

Aベストアンサー

まず話は「反らす」ではなく「逸らす」です。
反り返る様な話でもありませんので。

ご質問に関しては、「凛々果が好き」の後の文章では、「凛々果が好き」が増してませんので、あまり適切な表現とは言えません。

「まして」は「況して」と書く方が一般的ですが、意味は「増す」と同じです。
それに反語の「や」を付属して、強調している表現です。

すなわち、前文の付け足しで、「さらに」「なおさら」とか。
反語表現なので、「さらに、言うまでもないが」みたいな意味で捉えればよろしいかと。
基本的には、前文を補足,強調する様な文章が接続します。

一応、「夏瀬菜々美など高嶺の花」が、「凛々果が好き」の理由にはなっていますが、消極的な理由であって、付け足し(足し算)と言うよりは、引き算的な理由でしょ?
従い、「まして(や)」と言う接続では、違和感を生じます。

「夏瀬菜々美など高嶺の花」が、「凛々果が好き」のネガティブな理由説明なので、「なぜなら」として、「今売れている 夏瀬菜々美など高嶺の花で、オレの手が届く存在ではない」とか。
「凛々果」との対比で、「逆に」「一方」などで接続しても良いかと。

ガラっと変えて、「正直なところ、今売れている 夏瀬菜々美など高嶺の花・・と言う理由もある」みたいな感じが、最も妥当かも知れません。

まず話は「反らす」ではなく「逸らす」です。
反り返る様な話でもありませんので。

ご質問に関しては、「凛々果が好き」の後の文章では、「凛々果が好き」が増してませんので、あまり適切な表現とは言えません。

「まして」は「況して」と書く方が一般的ですが、意味は「増す」と同じです。
それに反語の「や」を付属して、強調している表現です。

すなわち、前文の付け足しで、「さらに」「なおさら」とか。
反語表現なので、「さらに、言うまでもないが」みたいな意味で捉えればよろしいかと。
基本的には、...続きを読む

Q短歌はなんで談話じゃないんですか?

短歌はなんで談話じゃないんですか?

Aベストアンサー

「談話(だんわ・だんかい)」をどういう意味で使用されているのでしょうか。「お話」「会話」と常識的に考えれば、短歌などの短詩形文学(通常、語のリズムを強調する)とはかけ離れた感じがします。「談話」を話し言葉のこと捉えれば、短歌の一部に口語体短歌(古文体を極力排除したもの)や否定形短歌(五・七・五・七・七というリズム無視した短歌)がありますが、それでも、やはり文学は「自己表出」を目的としたものであり、普通の「伝達」性の強い会話などとは違いがあるでしょう。

Qこんなコトワザ、4文字熟語ありませんか?

善い行いをすれば、善い行いが返ってきて
悪い事をすれば、悪い事が返ってくる

というような内容のコトワザや、4文字熟語は無いでしょうか?

Aベストアンサー

因果応報、でしょうか。

Q英語について、質問なのですが、スポーツは健康に良いと言われている という英文は sport is s

英語について、質問なのですが、スポーツは健康に良いと言われている
という英文は
sport is said to good for your health
っていう感じでいいんですか?

Aベストアンサー

惜しい!
to の後は動詞の原形が必要。
to 不定詞というやつね。

まず、「スポーツは健康に良い」の部分が
Sport is good for health.
「と言われている」を入れると、
Sport is said to be good for health.

your はあってもいいけど、健康にいいのは「あなたにだけ」ではないから、特に言う必要なし。
(your があっても間違いというわけではない)

Q「敬語、もうやめたら」と思った瞬間。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明するのに、
「私が父親の跡を継いで、葬儀社をさせていただいています。」

誰に対して「させていただいています」と言ってるのか、私にはわかりませんでした。
社員とか、株主総会でのあいさつならば、「(未熟者ではございますが、私が社長を)させていただいています」と言ってもいいでしょうが、テレビで自分の職業を紹介するのには、誰に対しての敬語?と思いました。

なんか、もうここまでワケも解らずに「いらっしゃる」とか「させていただいて」とか使うなら、いっそもう、敬語なんか廃止してしまっていいんじゃないか、
その方が日本語が崩れないですむんじゃないか、と思ってしまいました。

極論とは思いますが、
すでに学校の「国語の時間」に真っ当な敬語を学習させるのはムリになってしまっていて、バイトとかで「簡単便利な速習敬語」を覚えた結果が、この「混乱敬語」ではないでしょうか。

「もう、敬語、使わなくていいよ」と言いたくなりました。
ダメでしょうか?
敬語は日本語の伝統文化、なんとしても守るべきでしょうか?

でも、いったいどうやって守れるのでしょう、なんかもう絶望的気分になってしまいました。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明す...続きを読む

Aベストアンサー

>なんかもう絶望的気分になってしまいました。
 無理もありません。敬語を使い慣れている人と、そうでない人との格差が大きすぎますね。
 No.6の方があげられた「携帯電話の電源はお切りして下さい」は、「して」を取れば通用するわけです。こういう場面で「お切りする」という謙譲語を使う人が増えていると、「敬語」(講談社学術文庫)の著者、菊地康人氏は警告されています。

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Q漢詩の解読依頼(七言絶句)

私の祖父が生前に碁盤のカバーに七言絶句らしき漢詩を書き込んでおりました。が、現在生存している親戚の中には読めるものがおりません(わかるのは日付と一部の文字程度)。

添付の文字がそれですが、どなたか読める方、読む順序に並べ直し、楷書にてご教示いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

富貴槿勢不汚堂
払俗澹欲遊方丈 (澹のサンズイなし 入力できず。)
此事荒廃害五常
烏鷺丹青君子道

富貴 牡丹のこと。
五常 儒教で、常に守るべき5種の道徳。仁・義・礼・智・信など。
烏鷺 黒い石を烏、白い石を鷺に見立てて囲碁をいう語。

読み下し文は、どなたかにお願いします。

Q「最高」の意味で「最強」が使われていませんか?

「最高」の意味で「最強」が使われていませんか?
例えば次の記事です。
ニンテンドースイッチ用、最強のポータブルコントローラー(現時点では)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00010000-giz-prod

もっと難しくて分かりにくいのは、上下関係を付けにくい事に対して「最強」というような場合です。
例えばチャーハンの味で最強は何かというような文章です。
販売数で他の(味の)追随を許さない程売り上げがある(それだけの「力」を秘めている)という意味で最強という解釈も出来るかもしれませんが、少しこじつけのような気がします。
最強というと、「スーパーサイヤ人孫悟空は最強」というようなイメージが強いです。

Aベストアンサー

>「最高」の意味で「最強」が使われていませんか?

「最強」は「最も強い」ということですね。
「強い」には、色々な意味・用法があります。他より優れている/勝っているというのもその一つ。それを「最強」と表現するのは、とくに不自然な用法とはいえないかと思います。
何がどのくらい優れている/勝っているかは、それぞれです。技量・技術・能力・機能・性能・品質・味…など。

広告宣伝コピー(惹句)は消費者の気を惹いてナンボのものですから、見慣れない・聞き慣れない表現を意図的に使用することも多いですね。否定的に捉えれば「違和感」、肯定的に捉えれば「新鮮な感覚」です。

------------------
『例解国語辞典 第五版』(用例略)
最高
 ①位置や程度などが最も高いこと。②俗に、この上なく素晴らしいこと。
最強
 最も強いこと。
強い
 ①技や能力がすぐれ、他に負けない。②勢いがある。程度が甚だしい。③頑丈で耐える力がある。丈夫である。④意志が堅く、ゆるぎがない。他に屈しない。⑤ゆるみがない。堅い。
------------------
『明鏡国語辞典 第二版』 (用例略)
最高
 ①もっとも高いこと。②もっともすぐれていること。②この上なくすばらしいこと。
最強
 もっとも強いこと。
強い
 ①物理的な力が大きい。②勝負などで相手をしのぐ力を持っている。③体(の一部)が丈夫で、機能的に優れている。④外からの作用に対して、しっかりと耐える力がある。⑤その方面やそのような状況について、優れた力を持っている。⑥相互の結びつきがしっかりしている。強固だ。⑦自己を制御する力や物事に耐える力が大きい。⑥精神のあり方にきわだった特徴がある。⑨物事の与える刺激や作用が大きい。⑩人が多に与える精神的な作用が大きい。⑪(数量的な)度合いや対比の差が大きい。きつい。
------------------
『三省堂国語辞典 第七版』(用例略)
最高
 (名詞) いちばん高い/すぐれていること。
 (形容動詞) ①いちばんすばらしいようす。②〔会話ことば〕〔感動詞的に〕すばらしい。やった。
最強
 いちばん強いこと。
強い
 ①力が〈まさって/すぐれて〉いるようす。②作用をあたえる程度が大きい。③程度が大きく、はっきりしたようすだ。④〔人に対して〕きびしい。⑤じょうぶだ。がんじょうだ。⑥意志をつらぬくようすだ。くじけない。⑦よく耐えるようすだ。⑧くわしい。得意だ。
------------------

>「最高」の意味で「最強」が使われていませんか?

「最強」は「最も強い」ということですね。
「強い」には、色々な意味・用法があります。他より優れている/勝っているというのもその一つ。それを「最強」と表現するのは、とくに不自然な用法とはいえないかと思います。
何がどのくらい優れている/勝っているかは、それぞれです。技量・技術・能力・機能・性能・品質・味…など。

広告宣伝コピー(惹句)は消費者の気を惹いてナンボのものですから、見慣れない・聞き慣れない表現を意図的に使用することも多...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング