人生を楽しむとは何のことでしょう。

普段仕事が忙しいので、たまの休日にはスポーツを楽しむ、デートを楽しむ、友人との会話を楽しむ・・・・

なら分かります。

ならば人生を楽しむとは、あの世ではつらい目に合って来たから、人という生を楽しみましょうという意味でしょうか。

私たちは人生以外の何かを持っているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

揺りかごから、墓場まで、社会保障が整った国ほど自殺者が多いと言います。

同じ国でも平和な時代が続くほど、心を病んでしまう人が多くなると言われています。ゆとりがあって人生を楽しむ機会が増えてゆくほど人間には障害が増えてきていると言う事になります。

その訳は(自分なりの考えでは)不景気や戦争時や、発展途上国などにおいては、生きる事が、生きる目標、或いは意味をなしている気がしています。

豊かな国では今言った事が、生きる目標、或いは生きる意味にならなくなってきた事の現れと言う気がします。そこに【人生を楽しむ】と言う事のヒントがあると思います。生きる事に意味を感じなくなった時に障害が出やすくなったと言う意味になります。

その反対が、生き生きと生きている時や、生き生きと生きている人です。その時には何をやっても、辛い事でも、楽しい時でも、生きる事に意味を『自分で」作り出していると思います。やっている事、自体に意味を見つけているのか、或いは意味を作り出しているかをしている時です。

【人生を楽しむ】と言う事は結局のところ「自分」が「自分」の生を意味有るものにしている時と言う事かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

精神にとって生きるとは何かという事になりましょうか。
生きる理由がほしいのですかね。

お礼日時:2010/02/03 22:09

生きている時間もあるなら、死んでいる時間もある。



生きている間は、楽しみましょう。
生まれただけでも丸儲け。
って感じで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

儲けた気がしないのが問題なのかもしれませんね。

お礼日時:2010/02/03 20:51

外的なものを内的なものとして受け入れて深く感じるということだと思います。



つまるところ恋愛観です。

人間が一歩行動を起こすと、外部との接触がおこり、何かを感じる、そしてまた内部に戻ってくるという、内と外の繰り返しの連続性を味わうような感覚だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

深いですね。

お礼日時:2010/02/03 20:50

感覚的な言葉ですので、論理的な正解はないと思いますが、


「“生きるための必然”を自己の意志として、生きること自体
によって精神的充足を得る」というのが、「人生を楽しむ」に
つながるように思います。
(生きることと遊離した充足は、クスリやハッパにつながる訳で)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

主体的に生きるという事の方便なのでしょうか。

お礼日時:2010/02/03 20:49

>人生を楽しむとは何のことでしょう。



本来は精神的充足量の最大化を目指そう、ていう意味。
原始の時代、遊びと仕事は分かれていません。貨幣制度の応用としてのサラリーマンが誕生してから分かれたのです。それをふまえ、再び仕事と遊びが同じ意識になる場合、個人の意識により現代でもありうるから、全ての営為において人生通算の神的充足量の最大化を目指すことは可能となる。という意味だと思います。
しかし要するに、仕事と遊びが分かれた現代人特有の言葉じゃないでしょうか?今でも原始的な生活をしている部族に「人生を楽しむ(遊びも重要)」ていう意味は理解できないでしょう。「遊び」ってなに?「仕事」ってなに?と聞き返されますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やっぱり心理的には

「楽しい」→充足量の増加

という図式なるんでしょうね。

お礼日時:2010/02/03 20:46

自分が楽しいと思うことをするのではなく、


日々の生活の中で起こる事を、楽しさとして
受けとめようということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほどです。

お礼日時:2010/02/03 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉

2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉遣いが乱暴だったりする子って 何が影響していると思いますか?

Aベストアンサー

まぁでも2歳以降ってそういう時期じゃない?その悪いことを悪いと学ぶ時期じゃないかな?5歳以降で意地悪してたら家庭環境に問題があると思うけど

Q人生がつまらない。 保育園児は自分の人生がつまらないとは言わない。 幼稚園児は自分の人生はつまらない

人生がつまらない。


保育園児は自分の人生がつまらないとは言わない。

幼稚園児は自分の人生はつまらないとは言わない。

小学生は自分の人生はつまらないとは言わない。

中学生は自分の人生はつまらないと言う。

高校生は自分の人生はつまらないと言う。

大学生はつまらないことを楽しむ。

社会人になると人生はつまらないと言う。

老後に老人は人はつまらないとは言わない。

人生のつまらないって何なんでしょう?

保育園児、幼稚園児、大学生、老人は人生はつまらないとは言わない。

人生がつまらないと言うのは中学生と高校生と社会人だけです。

この2つをヒントにすると人生がつまらないのは何が原因か分かるのではないでしょうか。

そうです。勉強が人生をつまらなくしているのでは?

Aベストアンサー

「この2つをヒントにすると人生がつまらないのは何が原因か分かるのではないでしょうか」
⇒そうですね。
もちろん、原因はあります。

「そうです。勉強が人生をつまらなくしているのでは?」
⇒そうではありませんね。
原因は自分なのです。

人間社会には様々な世界そして生き方があるのですが、その中で自分がどのように生きるかが重要なのです。
自分に合わない生き方をしていれば”つまらない”のです。
自分に合った生き方をすれば”つまらなくない”のです。
学校の勉強が合っていれば楽しいでしょう。
逆に、合っていなければつまらないのです。
つまり、親や先生が言ってることが正しい生き方とは限らないのです。

さあ、あなたはどのような生き方が自分に合っているんでしょうか。
よく考えてみましょう。

Q「したりげ」はどんな意味ですか。

「したりげなセリフを吐かれる」という言葉の意味が
ちょっと理解しにくいです。手元の辞書に「したり」がないです。
これは何の品詞で、「したりげ」はどんな組み合わせですか。
「したりげなセリフを吐かれる」になると、どんな意味になりますか。
教えてください。

Aベストアンサー

私の辞書には「何気に」という言葉はありません。
「したり」
うまく成功した/やりそこなった
という両面の言い方に使われます。
「したり顔」うまくやったという顔つき。
「してやったり」→「したり」に転じたもの。

「したりげな……」という言葉は、「何気に」を真似た、若者固有の俗語(スラング)だと判断できます。
ただしくは「したり顔に言う」です。
「セリフを吐く」も下品です。知性が感じられませんね。

Qあの世この世(信じない人は見ないで下さい)

三十代主婦です。
私の両親は離婚をし、父方は近くにいますが、母方のお墓や仏壇は遠い場所にあります。
もう数十年母方の方は行っていません。
手を合わすのは結婚した主人のお墓、私の父方だけです。去年からある事がきっかけで、寝る前に必ず
○○家(父方)先祖代々、○○家(母方)先祖代々
今日も1日無事に生活できた事に感謝しますなど、1日の報告と感謝の言葉を述べ手を合わせ床についてるのですが、こういった思いはあの世のご先祖様に届いているのでしょうか?本当は仏壇の前で手を合わすのが当たり前なのでしょうが、今は行く事が出来ません。どう思いますか?

Aベストアンサー

毎日ご先祖様に感謝の祈りを捧げるとは本当に感心な方ですね。
ご先祖様方もさぞ喜んでいらっしゃることでしょう。

亡くなったご先祖様で成仏されている方は、ちゃんとそれぞれの死後の世界(霊界)に行かれたことでしょう。

墓や仏壇はむしろ生きている遺族のためにあるようです。
なぜならば、この物質界にいる限り、人は、現実に目で見たもの、耳できいたもの、手で触ったもの・・五感で確かめられるものしか実感できません。つまり、信じられないのです。

ところが、霊は物質では無く、見たり、聞いたり、触ったりすることはよっぽど条件が揃わない限り無理です。
霊界とは想念の世界です。
心で思ったことが即、実現する世界です。
ですからもしご先祖様が質問者様に会いたいと思えば、即、質問者様のところにいけるわけです。(厳密には行くというより思念が届くといった方がいいでしょうね。)
ところが、生きている人には見えないので全く気が付かないでしょう。霊感でもない限り。
生きている人にとって心の中の感情や思念とは実体の無い、あやふやな、不確定な、もしかしたら気のせいかも・・・という程度の代物です。
ですから、だからこそ、墓や仏壇が必要なのです。
しっかり思い出すために・・身近に感じるために・・確認するために。

思念が実体を伴う霊界においては、心に思うことがすべてで、思念そのものが丁度物質界の物質にあたり、同じくらい確固たるもので実感出来、実体を伴っています。

人間のあらゆる心の中の思いを、霊界側では物質を受け取るようにキャッチしているようです。

ですから質問者様のご先祖様への感謝の気持ちはすべて漏れなく伝わっているでしょう。
父方へも母方へもしっかり伝わっているはずです。

何といっても、感謝の気持ちが最もご先祖を供養します。
貴方様の感謝の気持ち(プラスのエネルギー)をご先祖様方は有難く受け取って、ご自分の霊界での活躍と向上のエネルギー源とすることができるのです。
つまり、あの世で活躍する助けとすることが出来るのです。

お墓や仏壇に成仏したご先祖がいるわけではありません。
お墓参り、位牌供養を子孫がしてくれた時に、その供養の気持ちに引き寄せられて来てくれるだけです。
時と場所は選びません。
気持ちがすべてです。
物質とは霊にとって、まるで人にとっての霊のように、あいまいで不確定なものですから、霊格の高いご先祖様ほど物質に興味を示しません。

ただ、ちゃんと成仏されていないご先祖様の場合は物質に対して未だ執着をもっているかもしれませんね。

どちらにしても、ご先祖様の活躍を助けるのも、成仏を手伝うのも、子孫の心を込めた感謝の念が一番だと思います。
質問者様がご先祖様に毎日感謝の供養ができるということは、日常から感謝と敬虔な気持ちにあふれた方とお見受けします。
その徳の高い日常の送り方そのものが未だ成仏できないご先祖様をも助ける大きな力となると思います。

どうか心からの感謝の祈りによってこれからもご先祖様とさらにご子孫の支えとなられることを心より願っております。

毎日ご先祖様に感謝の祈りを捧げるとは本当に感心な方ですね。
ご先祖様方もさぞ喜んでいらっしゃることでしょう。

亡くなったご先祖様で成仏されている方は、ちゃんとそれぞれの死後の世界(霊界)に行かれたことでしょう。

墓や仏壇はむしろ生きている遺族のためにあるようです。
なぜならば、この物質界にいる限り、人は、現実に目で見たもの、耳できいたもの、手で触ったもの・・五感で確かめられるものしか実感できません。つまり、信じられないのです。

ところが、霊は物質では無く、見たり、聞...続きを読む

Qゆったたり

「ゆったたり」という言葉は存在するのでしょうか?人に聞かれてネットで検索したところ、結構ヒットします。「ゆったたりする」とかで「ゆったりする」の誤りと思うのですが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

入力ミスの見落としでしょう。グーグルでは僅かに三十四例しかヒットしませんし。検索の仕方も間違っているのでしょう。ダブル・クオーテーション・マークで括ること、ご存知ですか。

ちなみに「”まったたり”」で検索すると105例ありました。この程度でもやはり間違いと断定できる少なさです。

Q「この世と、かの世を、ともに捨て去る。」

こんばんは。
仏教についても造詣が深いご回答者の皆様に、またご教示頂きたく。


曰く
「この世と、かの世を、ともに捨て去る。」

これって、別に「かの世(が、あるから!)」とは言っていないと思います。
そのこころは?

Aベストアンサー

「とかく不条理で生きづらい世の中に対して諦観して執着しないようにしながら、同時に来生を当てにするあまり現生を自暴自棄に生きるのではなく、今ある生を自分なりにまっとうする」ということだと思います。

Qネット用語「しゅたり」っどういう意味ですか?

こんにちは。最近、ツイッターで「しゅたり」という言葉を見かけますが、意味が分かりません。
どこかに移動して着いた後に「しゅたり。大阪駅」みたいに書いていますが・・・。
どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

着地音みたいな感じだと思います。
忍者みたいな。
どこかに着いた、というのをちょっとかわいく表現してます。

Qこの世は幻想であり私がこの世を創造しているのでは?

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22040897?via=thumb_watch

この世は幻想であり私がこの世を創造しているのでは?
上記動画、30秒後・・・女子アナ?が、発言していますが、変です。明らかに。
バグっているとしか、思えません。

つまり、この世は幻想であり、しかも、1人1人がそれぞれの現実を創造しているか、

私1人だけが神であり、創造している、この現実を、、、だということではないでしょうか?

過去、11日間だけ、携帯電話にニュースが流れていたこともありました。
他のも色々と幻覚体験?のような、謎体験多かった。
一番すごかったのは、建物幻覚。

夜・・・、存在しないはずの、マンション2棟が、赤く点滅して存在していたのです!!!
他にも、幻覚の建物の中で、熱いシャワーを浴びるとか。変ですよね?
幻覚=ただの幻のはずなのに、熱いシャワーを浴びれるなんて。
デジカメがあれば、写真が撮れたでしょうし、何か幻覚の建物から証拠品を持ってくれば良かったです。

Aベストアンサー

この世が幻想で、ひとりひとりが自分の世界を創造している。

その通りだよ。

みんな自分のフィルターを通して、物事を見ている。

好きなものしか見えない。

「赤いものを見つけて」って言うと、急に赤いものが目に入るっていう
有名な実験があるけど。

ひとは自分の見たいように見て、考えたいように考えてる。

現実が幻想ってのもさ。

あなたが認識しているっことは、しょせん脳の電気信号なわけ。

ありのままの現実じゃない。

そもそも、ありのままの現実なんてあるのか知らないけど。

昔から普通に言われたことじゃないか。

悟りや空の話だろ。

もちろん、昔から言われたから、正しいというつもりはないよ。

ただ、今みたいにカンタンに説明できる。

驚くに値しない論理だね。

まっ、実感するのは、かなり難しいが。(笑)

後半のやつはよくわからんが。

催眠術の類だろうね。

Q明るく元気な人じゃないとたりダメ?

明るく元気じゃない人は嫌われますか?

今度転職を控えている28歳、女です。私は幼い頃から人見知り、口下手で人付き合いが苦手です。
明るく元気な人はどこに行っても好かれると思いますが、私みたいに口下手で暗い人ってやっぱり嫌煙されますよね…。
一応接客業ですが、居酒屋みたいなテンションのお店ではないので、こんな自分でもなんとかやれています。

自分から頑張って話しかけたりするので、最初は人見知りとは思われなかったりする事もあるみたいですが、無理しているので続かず、無口で暗い人だというのはすぐに分かると思います。
そのせいか今まで職場で浮いてしまう事が多く、悪口を言われたり、人間関係が余計不安です。

どこに行っても浮いていたという訳ではなく、それなりに仲良くやれたり、面白い人と言ってもらえる職場もありました。今の職場でも比較的みんなと仲良くやれていて面白いと言ってもらえたりしています。

年上の方が多いと比較的良くしてもらえるのですが、同世代や年下だとなかなか上手くやれずに浮いてしまう事が多かったです。
年上の人には「落ち着いてるね」などと良い方に取ってもらえたりするのですが、若い人からするとテンションが低いと「暗くてつまらない人」になってしまうのもしれません。

今度の転職先も若い人が多そうなんですが、若い人と仲良くやるにはどうしたらいいんでしょうか。特に年下の先輩とどういう風に接すればいいのかも分かりません。

ご意見下さると嬉しいです。

転職先もお店なのですが、やはり居酒屋の様なテンションではなく、静かな空間で落ち着いた接客をする所です。求人には明るく元気な人募集、とは書いていなかったので応募し、採用していただけました。

明るく元気な人募集、とか「あの人は明るいね」とかいう言葉を聞くと本当に自己嫌悪に陥ります。明るく元気じゃない人はいらない、と言われている様で生きづらいです…。

明るく元気じゃない人は嫌われますか?

今度転職を控えている28歳、女です。私は幼い頃から人見知り、口下手で人付き合いが苦手です。
明るく元気な人はどこに行っても好かれると思いますが、私みたいに口下手で暗い人ってやっぱり嫌煙されますよね…。
一応接客業ですが、居酒屋みたいなテンションのお店ではないので、こんな自分でもなんとかやれています。

自分から頑張って話しかけたりするので、最初は人見知りとは思われなかったりする事もあるみたいですが、無理しているので続かず、無口で暗い人だとい...続きを読む

Aベストアンサー

明るく元気な人でも、全く人に嫌われないということは不可能です。人間には相性ってものがありますから、周囲の多くの人間関係の中では、必ず「好き嫌い」が出てきます。

明るく元気な人のテンションがめんどくさくて苦手、という人は結構少なくないです。

大事なことは、全ての人に好かれようと気を張ることではなく、自分と相性の良い人をしっかりと見出し、その関係を強固にすることです。

はっきり言うと運がかなり影響します。

しかし、沢山の人に、常に気楽な気持ちで、意識的に暖かい言葉や行動をかけてあげれば、必ず何人かはあなたのことを好きになります。

ときどき暗くて元気がなくても、そんなことは関係ありません。自分のことを褒めてくれたり、認めてくれたりする人間を、人はおいそれと嫌いにはなれないものです。

若い人に対しては特にそうですが、広い心を持って、ひとりひとりの小さな美点を見つけてあげることが大事です。それをさりげなく口に出せば、あなたの好感度はうっすらと上昇し続けます。

もちろん、冒頭に書いたように根本的な「相性」というのはありますから、たとえ褒めても、その人独自の思考回路から、あなたのことを嫌いになる人も出てくる可能性はあります。そういうのは、そもそもの初めから、何をやっても仲良くなれない人です。気にしなければ良いだけです。

無口で暗いと言ったって、別に人に対して悪意を持っているわけではないですよね。それなのに、そのことをあげつらって悪口を言うような人は、そもそも性格が歪んでいる人ですから、無視に限ります。

広い心を持って、広い心を持った人と出会う。そんな関係を意識して目指せば、自然体の自分のままでも、充分に幸せな社会生活を送ることができると思いますよ。

明るく元気な人でも、全く人に嫌われないということは不可能です。人間には相性ってものがありますから、周囲の多くの人間関係の中では、必ず「好き嫌い」が出てきます。

明るく元気な人のテンションがめんどくさくて苦手、という人は結構少なくないです。

大事なことは、全ての人に好かれようと気を張ることではなく、自分と相性の良い人をしっかりと見出し、その関係を強固にすることです。

はっきり言うと運がかなり影響します。

しかし、沢山の人に、常に気楽な気持ちで、意識的に暖かい言葉や行動をかけ...続きを読む

Qこの世にある地獄とあの世にある地獄どちらが恐ろしいですか?

この世にある地獄とあの世にある地獄どちらが恐ろしいですか?

Aベストアンサー

どちらも同じです。

そもそも『地獄』というものは、特定の形あるものではなく生命状態から起りうるものだからです。
生命状態が同じであれば、“生きるも地獄”、“死ぬのも地獄”となります。

一般的に『地獄』という概念は、形骸化された産物であって何処かに存在するものではありません。
自己の生命を離れて『地獄』という概念に脅かされるという状況は、『外道』の思考概念によるものです。
閻魔大王がいて鬼がいてなんて地獄は、仏教に説かれている概念を、人間が都合よく解釈し作り上げ、一般的にその部分だけが世間に広まっているにすぎません。
それよりも仏教で説かれている、肝心な『どうしたら地獄に堕ちずにすむのか?』という事を良く良く思考して実践するべきではないのでしょうか??

法華経(妙法蓮華経)において釈尊は、“正法に背く事が最大の地獄に堕ちる原因である”と言われ、無間地獄を説いています。
ということは、世の中の多くの人間は無間地獄に堕ちるという事である。

《参考キーワード》
・十界互倶
・依正不二


人気Q&Aランキング

おすすめ情報