人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

自動車の命にかかわる問題ですが輸入つまりベンツやBMWは価格が高いのは厚い鋼板を使っているので
万が一の事故の時に命が守れて安全だと思われていますが
それにひきかえ
日本車は例えば、カローラやサニーなどの安くてぶつかると粉々になるような一般大衆車と比べると輸入車は命を守れるだけのコストの値打ちはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

鋼板の厚さが話題の中心のようですので、まじめに答えようと思うとります。



現在ベンツ2台乗っています。過去AMG・VOLVO740・クロスカントリー等のってきました、BMWとAUDIは時々試乗のみです。セールスが乗ってくれとうるさいので。

コーナリングに感動されたようですが、同感です。が鋼板の厚さによるものでありません。ボディー剛性、サスペンション・シャーシのつくりの高さです。
鋼板の厚さは、その車を支えるためには厚くつからざるを得ないのですが、国産に比べた場合それでも薄くできているほうです。最近国産車の鋼板の曲げ等の加工技術が追い付いてきたぐらいです。
ただVOLVOの740は鋼板が厚く、2度ほどぶつけられましたが、相手のほうが激しくつぶれて、警察官もびっくりしていたのを覚えています。
このVOLVOのお話も、一昔前の話でして、最近の車の前後は、つぶれるようにできています。そこでショックを吸収しないと、運転手に衝撃が来てしまうためです。エネルギーはボディーがつぶれることで吸収されることになります。
一番顕著なのが、ボンネットです。昔のベンツと今のベンツを比べてみてください。人をはねた場合、ボディの上に落ちるように設計されて、ボンネットがへこんで、衝撃を吸収するようになっています。触ってみるだけでわかりますよ。

結論は、ベンツだろうと、トヨタだらうと、ハードとソフトの融合です。ハードの足りない部分は、ソフト(ドライバー)がカバーすればよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現代の鋼板の厚さについてなんとか理解できるようになりました。
私がイメージしているボルボつまり戦車型は一昔の設計思想なのですね。

あの戦車みたいでかっこ悪いボルボでさえ衝撃吸収が衝撃時の中心技術なのですね。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

ところでやはり外国車のセールスマンてしつこいですか?

お礼日時:2010/02/05 22:37

日本人として国産車を支持したいのですが、アウディ・BMW・メルセデスベンツの3メ-カーはどのクラスも頑丈に作られているのは否定できません。

これは誰でも乗ってみるだけですぐにわかりますよ。センタピラーの太さは国産車の倍以上はありますし、鉄の壁に守られているという感覚がはっきりします。いくらLSがよくできているといっても、この安心感はどうしても超えられないのは本当に残念だと思います。もちろん足回りを含めて運転する楽しさもまったく違うので、十分価値はあると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私の大学時代の駐車場はまるで外国車の展示場のようでした。
アウディーに時々載せてもらいましたが
室内はそれほどでもないけどシャーシががっちりと堅剛な感じがしました。特にカーブで
よくわかります。

やはり高級車は安い国産車に比べると鋼板ががっちりとしている事は否めないですね。


とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 17:23

日本でベンツやBMWの価格が高いのは、ブランドづくりが成功して高くても売れるからです。


厚い鋼板とは関係ありません。

また、輸入車が高い理由として関税をあげる人が必ずいますが誤りです。

(以下、Wikipediaより)
日本では、完成車に対する輸入関税は、1978年に撤廃されており、税制上は世界で最も解放された自由市場となっている。
日本の乗用車輸入関税が0%であるのに対して、同じく自動車生産国であるアメリカ合衆国では2.5%、EUでは10.0%、韓国では8.0%の乗用車輸入関税を課しており、不公正な状態が続いている。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

価格が高い車ほど鋼板が厚いのは事実です。
だだ一昔ほどその鋼板の厚さで安全を確保する度合いは低下していると思うとります。
しかし、物理的に鋼板が厚いほど安全性が高まるというのは
もはや説明不要の常識でしょう。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 09:27

#9ですが鉄板の厚さばかり強調しているようですが、


車は丈夫なキャビンと壊れやすく衝撃吸収する前後により安全を確保していますよw
なんでもかんでも分厚くガッチガチの頑丈なのがいいと言うのは戦車や装甲車のようなもので、
これは前世代的思考で時代遅れですよw
鉄板が薄くともモノコックの設計により立体的に衝撃に十分耐えうるようにも出来るはずです。
牛乳の紙パックやダンボールでも組み合わせ方によれば大人が乗ってもビクともしない椅子やテーブルを作れるのと同様です。
ただ単純に分厚い鉄板にすると重くなるデメリットのほうが多く現実的とは言えないでしょう。
私の言う鉄板とはモノコック等車の内側のことですが、
外側のボディは逆に衝撃吸収のため潰れやすくなっていないとダメでしょうw
例えば今あなたの目の前の机の角に頭を強くぶつければ相当痛いはずですw
しかし牛乳パックの角ならつぶれてくれるのでちょっと痛いくらいで済みますw
モノコックの鉄板の薄さが何mmなのか調べての質問なのでしょうか。
でも厚さだけではない他の要因も大きく影響しますよw
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/02/04 09:29

ベンツのAクラスとSクラス、どっちが安全かって質問にした方が良いですね。


コスト(車重)の値打ちはありますね。
重いものは軽いものを弾き飛ばしますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お金持ちは貧乏の車を弾き飛ばすからお金で安心安全が手に入れる事ができるちゅうことやねぇ

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 01:09

価格の高い安いとボディーの鋼鈑が厚い薄いと言うのは、関連がありません。


レクサスISとカムリは、トヨタ製のほぼ同じ車体ですが値段がぜんぜん違います。それは、そのメーカが設定した自社に対するプレミアムだったりします。
命を守れるコストの値打ちではなく、車の「ブランド」の値打ちです。
ブランドの値打ちとしては、これまでの歴史でそうなっているので「値打ちはある!(それを認める人も認めない人もいるけど、認める人がいるから商売として成り立っているのが現実)」となります。
ベンツの方が安全性に長がある!っていうのも、もう伝説です。ベンツSクラスにはアクティブセーフティーの装備はほとんどありませんが、トヨタではレクサスLSは当然のこと、アルファードにさえアクティブセーフティー装置が装着されていますから、それらも含めて考えれば、けっしてトヨタが劣っている事にはならないと思います。
(実際にSクラスを運転していますけど…運転のしやすさはレクサスの方が上だと思います。それらの運転環境も含めば、ぶつけられた時ベンツの方が安全!なんて迷信です。でも、ブランドイメージだけは圧倒的にベンツSクラスが上だと実感できます。)

単純化して、ベンツ&BMWとカローラ&サニーのどちらが安全か?ですが、ほぼ同じだと思います。

極端な話、モンブランのボールペンも10本100円のボールペンも「モノを書く」と言う品質ではほぼ同じですけど、値段は極端に違いますよね。その価値を認めたい人は、それだけのお金を出したいのだから、ださせりゃ良いんです。値打ちなんて、主観でしかないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんでもかんでも同じという事はないと思いますよ。

ベンツの都市伝説にはそれなりの実績があると思うとります。

また、高い車ほど鋼板が厚いのは事実ですし。

また、機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2010/02/04 01:08

やはりベンツとサニー・カローラというのは変なので


ベンツの乗用車vsトヨタ・日産等の日本車の同クラスの乗用車(いずれも現行あるいは同時期)としましょう

ベンツの方が安全だと思います
鋼板の厚み云々は関係ありません。実際どっちが厚いか知りませんし

ただ、ベンツは何十年にも渡って実際の事故現場に赴き、事故の原因や形態、実際の事故で壊れた車両や人身への被害のデータを集め、それらを分析して常に設計にフィードバックしてきました

実験室レベルでの衝突安全実験の成績は日本車も世界レベルでベンツにも負けないあるいは凌駕するくらい優秀ですが、事故現場での検証までは行ってきていません(最近始めたという話は聞いたことがありますが)

実際の事故(実社会)で揉まれて鍛えられたベンツと実験の成績だけは優秀な日本車ではベンツの方い一日の長があると思います

同様にボルボも実際の事故を検証していたりするので安全性だけはベンツにも負けないと思います

BMWについては情報がない(知らない)のでわかりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりベンツですね。でもその裏づけには鋼板が丈夫というのも大きなファクターだと思うのですが?

ボルボがいい例だと思うとります。
ボルボほど走る鉄板車はないですもん。
あれは戦車の設計思想でしょう。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 01:06

>自動車の命にかかわる


自動車に命があるとは知りませんでした。

>日本車は例えば、カローラやサニーなどの安くてぶつかると粉々になるような
そんなカローラ・サニーは存在しません。

もう少し誰もがわかる日本語で質問してください。

回答 命に値段なんてありません。それを、たかがベンツやBMWのコスト値打ちの尺度では測ることは不可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/02/03 19:33

>ベンツ BMWと比べてカローラ サニーは


どちらが安全でしょうか?

こりゃまた奇妙な対比ですね

ベンツはブランド名です
小型乗用大衆車からトラック、特殊車両など色々あります

BMWは自動車メーカーの名前です

カローラ、サニーは車種です。それにサニーは現行車種ではありません

サニーが現行だった当時に、サニーと同クラスのBMW社製やベンツブランドの乗用車と比べればいいのですか?
カローラは現行なので、現代の同クラスのBMW社製やベンツブランドの乗用車と比べればいいのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/02/03 19:20

輸入車が高いのは関税とかもありますよw


輸入車でも高級車は高いでしょうし大衆車は安いでしょうしw
外車日本車の別というなら日本にはアウトバーンとかは無く高速道路も100kmくらいでしか走れないけど、
海外でアウトバーンがあったり超高速で走るのが普通だったりするので、
その走りの上限に合わせた車の安全性の違いとも言えそうですけど、
日本車だって一番のお客は外国で輸出してますからそれだけじゃないですw
最終的にはメーカーの安全への考えかた次第です!
安全にするためには当然コストがかかります。
それよりも安くしてたくさん売ることを重視するなら安全性は低下します。
逆に安全性を重視するとちょっと高くなってしまいがちなので難しい問題ですw
日本で安全性が最も高いメーカーはスバルです。
スバルはベンツやBMWと並ぶかそれ以上の安全性を保有していて、
国内外の安全性テストのランキング上位常連です。
安全性を買うためスバル車に乗る。
トヨタ車は怖くて乗れたものじゃない。
という人も実は多かったりしますw
人それぞれに車を選べばいいでしょうけど、
安全性と言うのならスバル車に乗ればいいんじゃないですかw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スバルの車はどれも重量が重たいですね。
鋼板も厚めですし。
価格も高いですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/03 19:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車の鉄板の厚さってどれくらい?

ちょっと気になったんですけど、自動車に使われている鉄板の厚さって何ミリぐらいなんですか?
・シャシー(フレーム?)では?
・ボディ(ドアとかフェンダーとか)では?
・トラックと普通乗用車と軽での違いは?

ついでに、飛行機では?船では?ロケットでは?

それと・・・
鉄って言ってるけど、正式には「何とか鋼」とかなんですよね?
むかし、ちょっとだけ習ったけど、全部忘れました。ついでに教えてください。

Aベストアンサー

・シャシーは場所によるでしょう。
 アームであれば2.9とか3.2とか
・今どきめずらしいフレームも2.6から3.2くらいでは
 サスの付け根は4とかもありますね。見た感じ
・ボディは0.6から0.8厚くても0.9
 でもドア、屋根、ボンネットなどで同じ車でもわけてます。

トラック、普通自動車、軽では軽が一番軟弱(板厚薄い)の傾向。おおむね悪路走行の多い車用は頑丈(板厚厚い)です。でも最近の車は軽もボディーの外側は普通車と変わらない(衝突対応でしょうね)
鋼板は引っ張り強さが色々選べるので、たとえば 板厚2mmで強さが400MPaでいいところを板厚1.6で強さ500MPaとかで軽量化をするんですね。性能のいい鋼板は値段もたかいです。なので板厚なんぼだから頑丈だとはいえません。
まーちまたの人が鉄板の厚さを見て、どこどこの車は鉄板薄くてヘボイなんてことをいいますが、おまえの頭がヘボイよーと思います。
また走り屋の兄ちゃんなどボデーを押してあのくるまは剛性がないなど言う人がいますがナンセンスです。もともとボデー剛性は開口部の剛性をいっているので、
操縦安定性の剛性とは別もんです。まあまったく関係ないとは言えませんが。
余談はさておき
鋼板の名前は?熱間圧延鋼板、冷間圧延鋼板、ハイテン言われている高張力鋼板
(先の軽量化に使われる)などでいいですかね~。
鋼板の種類はプレスの成形性にも影響が出ますので使う場所によっても変わります。あとサビ対策で”めっき”ありなしもありますね。

・シャシーは場所によるでしょう。
 アームであれば2.9とか3.2とか
・今どきめずらしいフレームも2.6から3.2くらいでは
 サスの付け根は4とかもありますね。見た感じ
・ボディは0.6から0.8厚くても0.9
 でもドア、屋根、ボンネットなどで同じ車でもわけてます。

トラック、普通自動車、軽では軽が一番軟弱(板厚薄い)の傾向。おおむね悪路走行の多い車用は頑丈(板厚厚い)です。でも最近の車は軽もボディーの外側は普通車と変わらない(衝突対応でしょうね)
鋼板は引っ張り強さが色々選べるので、...続きを読む

Qベンツは本当に安全ですか?

ベンツやBMW、VWなどドイツ車は安全と言う人が多いですが、確かに昔、国産車とドイツ車を比べれば
そうだったかも知れませんが、現在ではどうなのでしょうか?
今は昔と違って国際基準があるし、まぁ、同クラスの車だったらボディ剛性の強さからドイツ車に軍配があがるのかも・・・ともおもいますが、例えば、クラウンやセルシオとBMWの3シリーズ、VWゴルフでは
前者の方がぶつかった時安全のような気もするのですが・・・詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

 80年代の車に比べれば、日本車はずいぶんと安全になりました。今は、日本市場のみならず世界市場で売ることを考えているので、安全も十分に考えられています。セルシオとゴルフを比較して、ゴルフの方が安全といった話は聞いたことがありません。

 と、ここまでは日本車の安全性の向上について書きましたが、まだまだ改善点はあります。以前アウディのA6に乗っていましたが、ドアとボディのロックの部分の頑丈さが国産車と比べて、全く違うことに愕然としました。こればかりは、A6とセルシオを比較しても、A6の方がはるかに頑丈かつ高級です。アウトバーンで事故を起こした時に、内部からどれだけ圧力がかかっても、ドアが開かない(したがって運転手が外に投げ出されない)ことを重視しているのかと思います。

 こういった部分は、通常の衝突テスト等ではそれほど違いがでないのかもしれませんが、200kmぐらいの高速で走っている時には大きな違いが出ると思います。

 特に国産車の3列シート車は、事故の時にスライドドアが開いてしまい、乗員が投げ出されるケースがしばしばあるとのことです。形状からして、後ろからの衝撃で、ドアが開いてしまうのではないでしょうか?

 特に、日本市場でしか発売されていない車種は、安全基準がしょぼいかもしれません。たとえば、全く個人的な考えですが、ホンダのモビリオは、欧州市場では出ていませんが、あの形状で3列シートというのは、事故を起こした時にかなりダメージがあるのではないか思っています。

 結論。クラウン、セルシオは問題ないと思いますが、RVで日本しか売っていないような奇抜な(ちゃちな)車種は、結構危ないかも。

 80年代の車に比べれば、日本車はずいぶんと安全になりました。今は、日本市場のみならず世界市場で売ることを考えているので、安全も十分に考えられています。セルシオとゴルフを比較して、ゴルフの方が安全といった話は聞いたことがありません。

 と、ここまでは日本車の安全性の向上について書きましたが、まだまだ改善点はあります。以前アウディのA6に乗っていましたが、ドアとボディのロックの部分の頑丈さが国産車と比べて、全く違うことに愕然としました。こればかりは、A6とセルシオを比較し...続きを読む

Qドイツ車のボディは日本車より頑丈?

結婚して車の購入を検討しています。家内が「事故にあった時のことを考えると丈夫な車がいい」というので、フォルクスワーゲン・ポロを購入検討の対象に入れています。
日本車の衝突安全も近年改良されているようですが、今でもボディの頑丈さはドイツ車の方が優れているものでしょうか?また、輸入車は電装系のトラブルが多いと聞きますが、どの程度の頻度で問題が生じるものでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

頑丈とか安全とかいう言葉にはちょっと誤解があるんです。
昔は衝突したさいに運転手を守るという意味で壊れない(ボディが堅く変形しない)というのが安全とされていました。そこで仰るようにドイツ車やボルボなんかはすごく頑丈に作られていました。いわゆる頑丈=安全という意識だったのです。この当時でいえば確かに日本車よりもドイツ車やボルボは「安全で丈夫」といわれていました。
しかし今は安全の基準が変わり、衝突したときに頑丈では、運転者は守られて安全かもしれないが、堅いボディでは歩行者が危ないということもあり、今のボディは衝突安全ボディ(クラッシャブルボディ)と言って衝突したときに簡単にいうと「グシャ」とつぶれることによって衝撃を吸収するように出来ています。簡単にいうとわざとつぶれるように作っているんです。鉄の玉と卵を落としたときのように、堅くて頑丈な鉄の玉は丈夫で傷つかないかもしれませんが、衝撃で反発して跳ね上がってきますが、卵はつぶれるかわりにあまり反発せずグシャとつぶれますよね。この違いです。今はコクピットだけの守ってあとは逆に「わざとつぶれるようにできている」のです。

そのためたとえドイツ車でもいまは「頑丈で丈夫」にはできていません。ベンツでもBMWでも、またボルボでも今はこの衝突安全ボディを使っていますので、事故を起こせばグシャとつぶれるようにできているのです。

したがって今は頑丈=安全という言い方は存在しないのです。「事故にあった時のことを考えると丈夫な車がいい」ではなく、「事故にあったときにはグシャとつぶれる方が衝撃を吸収するので頑丈ではない車がいい」のです。

したがって今はみんなこの衝突安全ボディで安全基準を計っていますので頑丈な車は今はないんです。じゃあ今の基準でみてドイツ車は安全かどうかですが、このように頑丈から壊れる車に方向転換したのですが、それでもやはりドイツ車は優秀ですよ。でもはたして日本車より優秀かどうかはなんともいえません。それだけ日本車も安全になっていますので。

また当然ですが、事故の時の衝撃による「壊れやすさ」と、長年走行していて車が故障すると言う意味の「壊れやすさ」は違うものであり、故障しないといういみの「壊れやすさ」では日本車の右に出るものはいないでしょう。

頑丈とか安全とかいう言葉にはちょっと誤解があるんです。
昔は衝突したさいに運転手を守るという意味で壊れない(ボディが堅く変形しない)というのが安全とされていました。そこで仰るようにドイツ車やボルボなんかはすごく頑丈に作られていました。いわゆる頑丈=安全という意識だったのです。この当時でいえば確かに日本車よりもドイツ車やボルボは「安全で丈夫」といわれていました。
しかし今は安全の基準が変わり、衝突したときに頑丈では、運転者は守られて安全かもしれないが、堅いボディでは歩行者が...続きを読む

Qベンツってそんなにいいの?

今日の読売新聞の記事にベンツのCクラスに
乗っていて、作家の方が、500km走れば
普通は疲れるが、ベンツはむしろ疲れが取れる。
シートが天下一品。

これまで30台の車を乗り継いできたが、7,8年
前にベンツに出会ってからは、他の車に乗りたくない。

ここまで言う、いや言わせるほどベンツは凄いのでしょうか?

日本車で私はいろいろな車に乗りました。大好きで気に入った
車もたくさんありますが、新しい車が出るとやはり進化していて
他の車にも乗りたいとなってしまいます。

ベンツに乗っている方、乗ったことのある方の意見を
お聞きしたいです。何が凄いのでしょうか?

Aベストアンサー

何台か国産、外車をあちらで乗っていた知人のセリフですが、
200キロ巡航を当たり前に走るように設計された車と
そうでない車の差は200キロ以上で10分も走ればすぐにわかると。

何が違うかと言うと、ベンツなどはなんともないらしいのですが、
国産車はじわりと手に汗をかくそうです。なにかが違うのでしょう。

私も一度だけ200キロというのは乗ったことがありますが、
確かに風切り音からして違うし、車の挙動もなにげに違う。

まあ、100キロ制限の一般道ではあまり関係のない話です。
もっとも、他の車がひょひょいと「危ない人がのっているかも」と
避けてくれる快感は国産にはないですが(笑)

Q追突事故に強い車を教えてください

後方から追突された時に、乗員の生存(非受傷)率が高い
車の車名( 分かれば型式も )を教えてください。
ただし、次の条件を満たしている事とします。

1.定員5名の普通乗用車であること
2.10年(10万km)程度乗り続けられること
3.一般的な立体駐車場(幅:1800mm以下、高さ:1550mm以下)
  に駐車できること
4.輸入車・国産車、新車・中古問いません
5.予算は200万円±50万円程度

個人的には、高速域での走行が想定されている欧州車
(BMW3/x1シリーズ、メルセデスCクラス、VWゴルフ/パサート)の
中古が良いのでは?と考えています。

※私は、都下在住です。
 メンテ経験は、日常点検のほか、オイル、オイルフィルター交換、
 プラグ交換、ブレーキパット、フルード交換等の軽整備レベルです。
 ただ、今の環境ではウマ掛けするような場所がなかったり、
 廃液の処分も難しいため、整備は整備工場さんにお願いしています。

実は、先日、高速道路上の渋滞最後尾で、ハザードを点滅させて停車していたところ、
後方から普通乗用車に約80km/hの速度で追突される、玉突き事故に遭いました。

まだ、肉体的にも精神的にも運転できる状態ではない
(自分の後ろから車が近づいてくる気配を感じただけで恐怖を覚えます)のですが、
我が家には車が必須なことから、次の車は安全性能を最重視して
購入したいと考えています。

また、軽自動車やリアオーバーハングの短い車両は避けたいと考えています。
⇒今回の追突事故の衝撃は、BピラーとCピラーの間まで伝わっていました。
 一方前部は、ボンネットが「山」になっていて、
 運転席から前がほとんど見えませんました。
 もっと大きい車、もしくはもっと高速で追突されていたら、
 と思うと怖くて眠れません。
 ちなみに、乗っていた車はUSアコードワゴンです。

今回の交通事故に遭い、公道を走るすべての車両に、
スバルのアイサイトやメルセデスのレーダーセーフティパッケージのような、
衝突防止装置が装着される日が来ることを願うようになりました。

運転者の不注意や予想外の出来事が原因の交通事故で悲しむ人が、
いなくなって欲しいと思うからです。

みなさんのご回答お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

後方から追突された時に、乗員の生存(非受傷)率が高い
車の車名( 分かれば型式も )を教えてください。
ただし、次の条件を満たしている事とします。

1.定員5名の普通乗用車であること
2.10年(10万km)程度乗り続けられること
3.一般的な立体駐車場(幅:1800mm以下、高さ:1550mm以下)
  に駐車できること
4.輸入車・国産車、新車・中古問いません
5.予算は200万円±50万円程度

個人的には、高速域での走行が想定されている欧州車
(BMW3/x1シリーズ、メルセデスCクラス、VWゴルフ/パサート)の
中古が...続きを読む

Aベストアンサー

そりゃラダーフレームがある車に決まっています。
そんな高級車を買う必要はありませんし、
今時の車には、トランクルームのフルパッケージかなどが進み
余分スペースなどは皆無です。

大中古のパジェロやランクルやビッグホーン。
車幅も5ナンバーです。
ロングボディだと、
これらの車の二列目シートまでつぶすには
20トンくらいの大型トレーラーが必要です。

乗用ボディで言えば
もちろんセンチュリーですね。
やはり同様にラダーフレーム車両であり
総重量3t近いすべて溶接によって止められたボディが
ほぼ絶対の耐久性を持っています。
トランクルームも無駄に後ろに長いです。

あと、
映画などで目にすることも多いと思いますが
ラダーフレームの入ったアメ車=ハイウェイパトロールが採用するような車は
同様にラダーフレームで衝突させるようなシーンが続出しますが
全く前後方向にはつぶれませんね?ごらんの通り。

平成6年以降のバブル崩壊後の国産車において
こういう無駄な頑丈さを持った車は
絶滅しました。
欧州車はもっと昔から絶滅していますが・・・。
80年代くらいまでの欧州乗用か、
唯一ラダーが生き残ったのは90年代までの
SAABかVOLVOだけですね。

リアオーバーハングの長い車など
今時の車にはほぼ存在しません。

そりゃラダーフレームがある車に決まっています。
そんな高級車を買う必要はありませんし、
今時の車には、トランクルームのフルパッケージかなどが進み
余分スペースなどは皆無です。

大中古のパジェロやランクルやビッグホーン。
車幅も5ナンバーです。
ロングボディだと、
これらの車の二列目シートまでつぶすには
20トンくらいの大型トレーラーが必要です。

乗用ボディで言えば
もちろんセンチュリーですね。
やはり同様にラダーフレーム車両であり
総重量3t近いすべて溶接によって止められたボディが
...続きを読む

QBMW中古車の走行距離4万kmのリスクについて

BMW中古車の走行距離4万kmのリスクについてお伺いします。現在検討中のディラー認定中古車
はワンオーナーで長野県在住の為3年ちょっとで4万kmになっています。(年間12000-13000km位でしょうか)2年BPSに更に2年の延長保証を付帯した条件になっているので最低4年間は不安なく乗れるとは思いますが、実際にこの走行距離はBMWの基本仕様からすると気にする事のない走行距離でしょうか?。 ディーラーさんは「保証もしっかりついていますしちゃんとメンテすれば問題ないと思います」と
おっしゃるのですが、ちゃんとメンテすればというレベルも良くわかりません。これにも費用は掛かるのでしょうか? 
お聞きしたいのは4万KM (2007年9月初年度登録) という走行距離は中古車として特別な理由がなければ問題ない走行距離と見なせるのかという点と、どういう故障が発生するリスクがあるのか、さらにメンテにはお金がどの程度かかるものなのかという点について是非皆様の知恵をお借りしたく宜しくお願いします。

Aベストアンサー

4万kmで心配になっちゃうは、むしろ国産車位っすよ。

年式からするとチョイ走行過多気味かな?って感じっすけど、同時に小馴れた頃で「これから美味しい感じが待っている」エンジンっすわ。シートに関しても基本レカロっすから、その程度でへこたれねえっすよ。

ただね、「ちゃんとメンテ」っつーのがみんな曖昧に言ってんだけど実はすんげえ重要なんっすわ。
まずね、オイルのチェックとオイル交換。基本中の基本っすけど、3000km毎がベスト説とか5000km毎がベスト説とか10000kmまで大丈夫説って交換のタイミングと、全化学合成がベスト説とか鉱物油でも平気説とかオイルの質について皆さん必死に語るっすけど、実は気にすべきはそこじゃない。まずはオイルゲージの見方っすよ。

ホラ、オイルゲージって上限線と下限線にマークがあるでしょ?あなたならエンジンオイルをどこまで入れます?上限線ピッタリにオイル入れます?

上限線まで入れたら、BMWの場合1L多いっす。国産車だと正解だけど、欧州車は上限線と下限線の中間に来るのが正解っす。
1L足りないっつーのは皆さんどうなっちゃうか知ってるんっすよ。最悪エンジン焼き切れるっすよね。でも1L多いっつーと国産車乗りの皆さんも含めて別に大丈夫じゃね?ってタカ括っちゃう。でも鍋料理で出汁を目一杯鍋に入れている状態だからすぐに噴き出しちゃう。噴出したオイルはブローバイホースとヘッドガスケットの隙間から少しずつ漏れちゃう。漏れたオイルはただ垂れ流し、じゃなくてセンサー類のコネクターやベルト類のプーリーなんかにも侵入して悪さする。そうするとアイドル制御バルブやカムシャフトセンサーやクランク角センサーやエアフロメーターなんかに致命的な不具合が発生しちゃう。よく「欧州車は4~5万km毎にタイベルとウォーターポンプ交換」っつーっすけど、本当は欧州車でも8万km位は余裕で持つんっすよ。だけどオイル漏れてたら4万kmくらいで変な音が出始めた、5万kmで交換しといたほうがイイっすよ、なんっすよ。

だからね、エンジンオイルのレベルゲージの見方が欧州車の基準で見る必要があるし、ディーラーは必須交換部品って詭弁使ってボッタくってるけどヨーロッパでは『消耗品』として安く売ってるアイドル制御バルブとエアフロメーター、カムシャフトセンサーやクランク角センサー、それにオイル・エア・キャビン・フューエルフィルターをキッチリ管理する必要があるんっすよ。あと足周りでダンパーのトップマウントくらいっすね。
もっとも見るべきと所はそれくらいで、神経質で心配性なら5万km毎に全部替えちゃうと安心っすね。ただディーラーで頼むと気が狂うほどボッタくられるから保証範囲外だったらBOSCH提携工場とかに持ち込んでパーツもYahoo!オークションや楽天市場とかで「febi bilstein」って検索すると純正品がドイツ直輸入品で安く売ってるっすから、そういうの利用するとイイっすね。
ただね、その辺のリスクもきっちりBMW指定規定量のエンジンオイルが入っていたらほとんど問題が発生しない所っすよ。っつー事でどうしても心配ならレベルゲージを見せてもらうんっすよ。その時上限までオイルが来てたら余計な交換箇所が近日中に発生するし、ディーラーのくせにオイルの入れ方ひとつ知らねえって事になるから、俺なら買わねっす。

そういう理由がなかったら、割と買いじゃないっすかね。

4万kmで心配になっちゃうは、むしろ国産車位っすよ。

年式からするとチョイ走行過多気味かな?って感じっすけど、同時に小馴れた頃で「これから美味しい感じが待っている」エンジンっすわ。シートに関しても基本レカロっすから、その程度でへこたれねえっすよ。

ただね、「ちゃんとメンテ」っつーのがみんな曖昧に言ってんだけど実はすんげえ重要なんっすわ。
まずね、オイルのチェックとオイル交換。基本中の基本っすけど、3000km毎がベスト説とか5000km毎がベスト説とか10000kmまで大丈夫説って交換のタイミン...続きを読む

Qスバル車はボディ剛性が強いって本当ですか?

スバル車は他社の同車種に比べてボディ剛性が強いと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

Aベストアンサー

ある部分そうとも言えます。人間が感じるのは剛性「感」であって構造的な強度とはちょっと似て非なる所です。雑誌で「剛性感が高い」と書いてあっても強度試験をしたわけじゃありませんから。例えばアセスメントの星の数で表す衝突試験では今やどのメーカーでも大差はないですよね。しかし人間が体で感じるということはとても大事な所です。ただ堅くすればいい物でもなく車体のどの部分の振動を押さえるか、床や天井諸々、音、感触等で決まっていきます。それらはそのまま快適さに関わってきます。実際スバルはそこが大変得意なようです。
 ちなみにインプレッサのSTIは溶接箇所をノーマルより増やして強度を高めてあるのは事実です。

Q輸入車よりも安全性が高い国産車には何がある

輸入車よりも安全性が高い国産車には何がありますか?
とかく「国産車は安全面が弱い」と言われますがこれは今もそうなんでしょうか?

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

今の時代、どんな車もそれなりに安全性は考慮されています。
国産車だから外車より劣悪だ・・というのは迷信です。

英国の故ダイアナ妃はベンツのSクラス後席で死亡しました。
(かなりの速度だったというのは言われていますが)

で、最近気づいたのですが・・。
渦中の民主党幹事長O氏の移動の足は「アルファード」みたいでした。
政治家のセンセというと、かつては「ベンツが定番」だったと思う
のですが、昨今はほとんどその姿を見ないと思いませんか・・??

政治家のセンセというのは「分刻みのスケジュール」が求められる、
極めて多忙な方が多いと思うんです。当然、安全性も絶対条件です。
そのようなお方たちが「おベンツ様」を選ばなくなったってのが。(苦笑

おそらく真夏の首都高渋滞でエアコンの即死やら、あるいは
車そのものが動かなくなったり・・・など、貴重な体験をされた
センセたちが増殖したんじゃないかと邪推したりしてしまいます。(笑
(おいっ!このままじゃ国会に間に合わんじゃないか!・・みたく)

前述の民主党幹事長O氏がアルファードを選ばれたのは、やはり
「信頼性と安全性と快適性の調和」ではなかったかと・・・・。

そういったVIPの方々すら選ばれる国産車ですよ。
決して外国製自動車に比して安全性で劣悪であるなどとは到底思えません。

これまた突飛な意見ですみませんけど・・。

by 国産車バンザイ主義者(外車派の方すみません)

いなかのくるまやです。

今の時代、どんな車もそれなりに安全性は考慮されています。
国産車だから外車より劣悪だ・・というのは迷信です。

英国の故ダイアナ妃はベンツのSクラス後席で死亡しました。
(かなりの速度だったというのは言われていますが)

で、最近気づいたのですが・・。
渦中の民主党幹事長O氏の移動の足は「アルファード」みたいでした。
政治家のセンセというと、かつては「ベンツが定番」だったと思う
のですが、昨今はほとんどその姿を見ないと思いませんか・・??

政治...続きを読む

Qベンツかレクサスかの購入、迷っています

先日、ベンツかBMWの購入で迷って迷って、結局、ベンツC200にしました。(現行)しかし、ベンツ乗っている友人より、(現行型クラス)とにかく年間20~30万の修理がかかり、故障が多くおすすめしないよ・・・、ベンツを買うなら、レクサスの方が良いと思う。と言われました。その様に言われ、とても不安になり、ベンツ購入に踏み切れなくなりました。そして、すぐにレクサス販売店に行き、ISを試乗。
とても乗りやすく、良い車と言う感想でした・・
しかし、ベンツへの未練も捨てがたく・・
そこで、もし、車関係に詳しい方がいましたら、お教えいただきたいのですが、C200(現行)はまだ販売して間もないので、当然まだ故障も少ないとは思うのですが、4年目以降位を考えると、やはり、故障が多くなってくる可能性があるのでしょうか?C200はまだフルモデルチェンジしたばかりですので、以前のものより、メカ的な性能が上がっていて、故障の少ない国産並みという事は無いのでしょうか・・・
また、レクサスISとベンツC200エレガンス、どちらが総合的にオススメでしょうか・・
どうぞ宜しくお願いします!!

先日、ベンツかBMWの購入で迷って迷って、結局、ベンツC200にしました。(現行)しかし、ベンツ乗っている友人より、(現行型クラス)とにかく年間20~30万の修理がかかり、故障が多くおすすめしないよ・・・、ベンツを買うなら、レクサスの方が良いと思う。と言われました。その様に言われ、とても不安になり、ベンツ購入に踏み切れなくなりました。そして、すぐにレクサス販売店に行き、ISを試乗。
とても乗りやすく、良い車と言う感想でした・・
しかし、ベンツへの未練も捨てがたく・・
そこで、...続きを読む

Aベストアンサー

どのクルマにせよ「惚れた」のであれば、自分の信念を貫けば良いと思います。
その結果、故障に悩まされても「それでも好き!」といえるかもしれませんし、乗り換えを選ぶかもしれません。
でもご自身で考え、得た答えなら必要以上の悔しさを伴いません。
最近のベンツは昔ほどの「質実剛健」さは無いです。
限界域(高速域)の性能は、日常にその機会があまりありません。
ブレーキに関してはパッドの柔らかさによるところもあります。
先の方が「いつかは“ベンツ”という言葉はあるけど、いつかは“レクサス”という言葉はない」と言ってますが当たり前です。歴史が違います。そのかわりに「いつかは“クラウン”」という言葉がありましたが(笑)。
レクサスは他の国産車と同じような安心感で乗れるところがやはり捨てがたい。クルマは「道具としての役割」をまずは全うしなければ困りますので・・・。
ご自身がそのクルマに何を求めるか。それによっておのずと答えが出るでしょう。

Q現在の国産車で、一番安全性のある高級車は?

私的にはトヨタ車だと思うのですが、人にもドライバーにも安心、安全なオプションをフルで装備したと想定したら、どの車でどういうオプションがあって、いくらくらいになるでしょうか、、。

Aベストアンサー

 難しい問題ですね。

※車両の衝突安全性は、J-NCAP(ジェイ・エヌキャップと呼びます)という衝突実験で優劣が判断されていますが、この実験項目は、実際の自動車事故の8割程度しか満足してなく、どうしても『実験により証明出来ない』衝突安全性の範囲が残ります。
 これはEUの衝突安全基準EURO-NCAPや北米の安全基準FMVSSでも同様で、『路上のあらゆる衝突事故で最も安全なクルマ』というと、実は誰も証明していません。

※各地域のNCAPやFMVSSを判断基準とすると、日本のメーカのクルマはどれも大差はありません。(全ての基準を満足し、それ以上でも以下でもない、ということです。)

※先進的なカーメーカも勿論あって、そういうところでは公的な安全基準とは別に、それらよりかなり厳しい社内基準を設定しています。こういうカーメーカのクルマは、他の『公的基準+α程度しか研究していない』メーカのクルマよりも安全である可能性はあります。
 そういうメーカは、欧州であればメルセデス、オペル、ボルボなど(ドイツ車が特に多いですね)、日本ならトヨタです。
 但し、各社の社内基準は最重要機密に属する話なので、衝突安全性の全てが公開されることはありません。
 よって、そういう先進的なメーカのクルマは『他社製より安全である可能性が高い』だけであり、『他メーカ車を出し抜いて圧倒的に安全』とは言い切れない(それを証明出来ない)ということになります。

 っというワケで御質問に対しては、『多分、恐らく、トヨタでしょう』というアイマイな回答になります。
 
 最後に余談ですが、2点ばかり。

※ワタシ、一応クルマの研究で食ってる研究者なのですが、トヨタとは全く関係なく、トヨタの肩を持つイワレなどゼンゼンありません。といいつつ・・・トヨタのエンジニア達の名誉の為に。
 トヨタは確かにコスト優先の姿勢をチラ見せする事があり、一部のユーザに不信感を抱かせることもあるでしょう。それはそうですが、1件か2件の事件だけを見てトヨタの全てのクルマが『コスト優先で危ないクルマ』と考えるのは、あまりに先入観に囚われ過ぎたヒステリックで冷静さを欠いた判断である、と指摘しておきます。(ま、お気持ちはわからんでもありませんが・・・ワタシもこういう仕事をしていなかったら、トヨタさんのクルマは好きになれなかったでしょう。)
 特許や論文を調べるまでもなく、トヨタ以外のどの国産メーカも、トヨタが持つ衝突安全デバイスの技術レベルに達していないという点を認識するべきです。
 カーテンエアバッグ(特にリヤの)、パッシブなムチ打ち防止シート(こっそりと2代目プリウス以降のトヨタ車に採用されています)など、トヨタが『デファクト・スタンダード』を打ちたてたデバイスもあります。
 コスト優先だから、儲け主義だからトヨタは何もかも危険、ということはありません。

※大きなクルマ=安全、ということは、現代のクルマには(全く、ということはないにしても)必ずしも当てはまりません。
 車両のサイズよりも、設計年度の新しいクルマ=安全、という見方の方がより現実に則していると言えます。
 センチュリーの衝突実験は見たことがなく、ここからは憶測の域を出ないのですが・・・センチュリーの車体設計年度は決して新しいワケではなく、最近のクルマの方が高い衝突安全性を持っている可能性はあります。
 ただ、同レベルの設計技術が使われているなら大きい車体の方が安全なのは当然で、現状で一番安全なクルマは、恐らくレクサスの大きめのヤツではないか?と思われます。
 価格は・・・レクサスのHPで調べてみてください。決して安くはありません。

 難しい問題ですね。

※車両の衝突安全性は、J-NCAP(ジェイ・エヌキャップと呼びます)という衝突実験で優劣が判断されていますが、この実験項目は、実際の自動車事故の8割程度しか満足してなく、どうしても『実験により証明出来ない』衝突安全性の範囲が残ります。
 これはEUの衝突安全基準EURO-NCAPや北米の安全基準FMVSSでも同様で、『路上のあらゆる衝突事故で最も安全なクルマ』というと、実は誰も証明していません。

※各地域のNCAPやFMVSSを判断基準とすると、日本のメーカのクルマはどれも大差はありま...続きを読む


人気Q&Aランキング