はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

徳川秀忠の子、保科正之の母の静ですがウイキペディアの徳川秀忠
のページでは側室としてかかれていますが、ウイキペディアの大奥の
ページの将軍の側室一覧では側室として記載されていません。
どちらが正しいのでしょうか?
個人的には静が保科正之が誕生前から誕生後も江戸城内に住んでいませんでしたし、
正之が徳川又は松平を名乗っていませんので正之は隠し子
(正室の江与には知れていたが諸大名には内密)であったため、側室
扱いではなかったと思います。

もう一つ質問ですが、
徳川家光の正室である鷹司孝子と家光の仲が険悪であったと言う記録が
あり(様々な書物)事実と思われますが、険悪な理由はなんだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、側室については大奥にしかるべき部屋をもちお付きのものたちが配され公認されなければ、側室ではありません。

質問者さんの解釈で良いと思います。

さて、家光の夫婦仲の悪さですが、普通は朝幕関係の緊張関係が影響してと考えるのが正論でしょう。

鎌倉以降、どんどん実権を奪われつずけた朝廷は豊臣政権下では大きく影響力を回復しました。しかし、徳川政権は家康が禁中並びに公家諸法度を制定するなど朝廷を縛る動きを強めます。二代秀忠は娘の和子を強引に後水尾帝に入内させたり、紫衣事件、春日の局の無位参内など朝廷の権威を失墜させ、後水尾帝を激怒させまくっています。そうした朝廷を代表してきている正室とうまくいかないのは当たり前田のクラッカーです(藤田まことさんのご冥福をお祈りします)。

しかし、本当のところはわかりません。家光はどうも性格異常のような気配がありますし、春日の局との関係は(変な意味でなく、変な意味もあるかもしんないが)ちと異常です。幼児期の親からの虐待からかどこか変です。そのへんが実は本当の理由かもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
不仲と言うより、形だけの正室として迎えたので通常の夫婦の
様な生活はしなかった(お互い会わない)と言う事ででしょうかね?
不仲と言うより家光側からの一方的な処置ですね。

お礼日時:2010/02/23 12:24

bungetsuです。



いい記事を見つけました。

次のサイトの「側室」の項に、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A5%A5

寝間を終えた中臈は「お手つき」と呼ばれ、懐妊して女子を出産すれば「お腹様」(おはらさま)、男子を出産すれば「お部屋様」(おへやさま)となり、ようやく正式な側室となる。さらに我が子が世子となり、やがて将軍ともなれば、落飾した側室でも将軍生母として尼御台(あまみだい、落飾した御台所)をはるかに凌ぐ絶大な権威と権力を持ち得た。

と、あるように、ただ単に「お手つき」だけでは、「側室」とは呼ばれないのかもしれませんね。

しかし、旗本などでは、子どもができようとできまいと、「側室」で良いのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

側室の定義ははっきりしないようですね。
保科正之の母は子供の幸松が松平を名乗っていませんので
個人的には将軍の側室とはならないと判断致しました。
たくさんの資料ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/10 18:02

bungetsuです。



>>側室の定義ってはっきりしていないんですかね?

一応、定義は「無い」と言っても良いかもしれません。

江戸時代、旗本などは、いわゆる二号さんを抱えたりすることは、他の同僚からは「うらやましがられ」ていました。そして、「名誉なこと」とでした。

しかし、本妻と何かとトラブルが起きるため、また、屋敷が小さい場合は、部屋数も少ないため、二号さんには、町屋などの一軒家を借りて住まわせたりしました。

一介の武士(旗本など)では、妻妾同居はほとんどありません。

池波正太郎さんの著書で有名になった「鬼平」こと、長谷川平蔵・・・、平蔵の父宣雄(のぶお)は長谷川家の5代目当主伊兵衛の末弟で、部屋住の「冷や飯喰い」であった。その頃、下女として長谷川家に奉公していた巣鴨村の三沢仙右衛門の次女お園と情を通じ、生まれたのが平蔵であった。
宣雄は平蔵とともにお園の実家の巣鴨村で暮らしていたが、長谷川本家の宣安(のぶやす)が死亡し、さらには、跡を継いだ宣尹(のふただ)も若くして病死。宣尹の妹「波津」が養女となり、宣雄が本家に呼び戻された。
しかし、波津と宣雄の間に女子が生まれたが男子の誕生はなく、巣鴨村から平蔵(宣以=のぶため)が呼ばれて嫡子となる。
17歳で本家に入った平蔵であったが、義母波津にいじめられ、その反発もあってか、家を飛び出し、本所、深川界隈を根城にして放蕩三昧の生活を送る。
のち、義母波津が亡くなり、平蔵も長谷川家に入った。やがて、父宣雄が死亡して嫡子平蔵が400石の旗本・長谷川家を継ぎ、御先手弓頭となる。この時、「足高」として1100石が加えられ、1500石となる。


この「鬼平」の母・お園も「側室」と言えば「側室」でしょう。

ただし、お城あたりでは、やはり、大奥に入っていることが「側室」の条件?かも知れませんね。

大奥では、「中臈」(ちゅうろう)という主に「旗本」の家から集められた、将軍の「側室候補」がいましたが、もし、「お手つき」になると、翌日からは、部屋数室が与えられ、女中も約100人位が一挙に宛がわれ「お手つき中臈」と呼ばれ特別扱いがされました。
ちなみに、いつまでも「お手つき」にならない中臈は「お清の中臈」(おきよのちゅうろう)と呼ばれました。

将軍吉宗の時の「天一坊」事件なども、紀州での生まれではありますが、「側室」としては名前が出てきていませんね。

私の「結論」:
(1)旗本などでは、同一家屋に住んでいなくても「側室」。
(2)お城では、大奥に住んでいることが「側室」の条件。

と、まあ、こんなところではどうでしょうか・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく調べて頂きありがとうございます。
天一坊についてはご落胤ではなく真っ赤な偽物と言う事で
処刑されていますので側室どころか吉宗自身、身に覚えが
ないと言った状況でしょう。
本当に吉宗の子でも妊娠を紀州家に報告せず、出産も報告せず
20年以上たって報告してもだれも信じないでしょうね。

お礼日時:2010/03/03 09:42

bungetsuです。



>>私としては側室と言う言葉の正しい使い方を質問しているので私の選択と言うのは・・・・・

そうですねぇ。
やはり、大奥に居なかったので、「側室」とは呼べないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
側室の定義ってはっきりしていないんですかね?

お礼日時:2010/02/23 12:19

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>どちらが正しいのでしょうか?

Wikiは必ずしも1人の方が記載したり編集しているわけではなく、多くの方が「投稿?」して作り上げられています。
従って、こちらのWikiでは「側室」。あちらのWikiでは「側室ではない」とされてるのでしょう。

まず、「側室」という「概念」を、大奥に住んだ・・・とすれば、「側室」ではありません。
しかし、「お手つき」という考え方からいけば、「側室」扱いになりますよね。

あなたがどちらを選択されるかによります。


>>険悪な理由はなんだったのでしょうか?

さまざまな説が取りざたされています。
(1)家光と春日局らが対立する崇源院派(母のお江の方)が送り込んだ人物として孝子に対し憎悪と敵対心を抱いた結果とする説。
母、お江の方は、竹千代(家光)よりも弟の国千代をかわいがっていた、と、言われていますよね。家光が将軍になれたのは、乳母の「春日の局」の尽力による、とされていますよね。従って、家光は母・お江の方を好きではなかった。

(2)家光と孝子の間に子ができ朝廷の力が増大するのを恐れた春日局が作為的に不仲にしたという説。

(3)家光が男色好きであったためという説。
しかし、これはちょっと??です。
なぜなら、
「お振の方」(自証院)との間に「千代姫」。
「お楽の方」(宝樹院)との間に4代将軍「家綱」。
「お夏の方」(順性院)との間に「綱重」。
「お玉の方」(桂昌院)との間に5代将軍「綱吉」。
ほかに「亀松」「鶴松」。
などが生まれており、女性との関係があったわけですよね。

(4)姉さん女房が嫌いだったという説。
鷹司孝子は慶長7年(1602)生。
家光は慶長9年(1604)生。

(5)鷹司孝子は、家光の母「お江の方」(おごうのかた、または、お江与の方)の猶子であったため、家光と結婚した後も「鷹司孝子」と名乗って、朝廷の権威を崩さなかったため。また、朝廷を鼻にかけていたためとも。
猶子とは:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%B6%E5%AD%90

と、まあ、色々な噂がありますが、真実は・・・???です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大奥のページを再確認したら側室に()静が載っていました。
私の勘違いだったと思いますが側室ではないと思っています。

>まず、「側室」という「概念」を、大奥に住んだ・・・とすれば、>>「側室」ではありません。
>しかし、「お手つき」という考え方からいけば、「側室」扱いになり>ますよね。
>あなたがどちらを選択されるかによります。
私としては側室と言う言葉の正しい使い方を質問しているので私の選択と言うのは・・・・・

お礼日時:2010/02/22 10:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお万の方って実在するんでしょうか?

大奥2章のお万の方って実在するんですか?
町屋から春日局が女たちを側室にいれたのは分かりますが実際に尼であった女性を入れてのでしょうか?
いまさらですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

当初、家光が女性に興味を示さなかったため、男装の尼を引き合わせたところ、興味を示したので側室にした。と読んだことがあります。このエピソードが正しいかどうかはともかく、実在はします。下記ページ参照。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%85%89%E9%99%A2

Q徳川将軍の正妻は子を生んでいないのか?京都の女は身分を鼻にかけ嫌われる?

1.徳川将軍の正妻は、大概、、大大名の娘か、藤原家か内親王/女王ですが、なぜ一人も(女子すらも)子どもを産んでないのですか?子どもを産んで後継者とすれば、京と将軍家の結びつきは強固なものになったはずなのに。
そういった正妻は、一人の女性として悲しくないですか?

2、よくドラマや小説なので、公家や内親王出身の京都の妻は、「プライド高く、身分を鼻にかけ、愛嬌がなく、ツンツンとしていて夫から愛されない女」として描かれていますが、、、本当でしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。
NO3.です。

>>それならば、平安、鎌倉、室町時代の天皇家や公家に嫁いだ公家や皇家の女性たちも同様に体が弱かった(更にこの時代のほうが食料事情がもっと悪かったのでは)ということになりますが、、、平安・鎌倉・室町時代には弱そうな姫君からも子どもがちゃんと生まれて、家系を維持できているのは、なんででしょうか。道長の娘たちも男子をちゃんと産んでいますし。。

中々「するどい」ところに気付かれましたね。
平安、鎌倉、室町時代は、「幕府」は開かれていますが、朝廷を中心とした、朝廷を「敬う(うやまう)」政治体制で、「荘園」なども持っていましたので、「朝廷」や「公家」もまあまあ「裕福」でした。従って、「食事」なども、かなり、「贅沢」を極めています。
やがて、室町幕府の15代足利義昭あたりから、「武士」が世を動かすようになりました。もちろん、それ以前にも「平氏」なども「武士」ですが、「朝廷」にとりいっての天下でした。また、「足利氏」や「源氏」なども武士ではありますが、朝廷を大いに「守り立てて」の政(まつりごと)でした。
しかし、信長はご存知の通り、朝廷に頼ることをしませんでした。自らの力で、逆に、朝廷を動かそうとしていますよね。
そこで、朝廷は「官位」の「大安売り」をして生活費を賄っています。
例えば、「左京太夫(さきょうだいぶ、または、さきょうだゆう)の職は、京都の東側を統括して、司法、行政、警察権を司る役目ですが、本来は、「四職家」と呼ばれる「山名氏」「赤松氏」「一色氏」「京極氏」だけに代々継がせていましたが、多額の献金により、「大内氏」がその「職」を手に入れたことで、東北の「伊達氏」も「それでは、わしも・・・」と、「献金」と引き換えに「左京太夫」に任じられました。となると、「我も、我も」と、地方の中小大名たちも「真似」をして、実態としては、京都で活動することなく、「官職名」だけを取得するようになりました。こうした「献金」で、朝廷や公家衆は「生き延びて?」きました。
やがて、秀吉の時代になると、秀吉の「関白職」を得るため莫大な「献金」をして、再び、朝廷や公家衆は「豊か」になりました。
まあ、この頃あたりまでは、公家の姫君も「健康体」だったと思います。
次に、秀吉の後の徳川幕府になると、再び、朝廷や公家衆に対する「献金」がなくなり、ただ一つの拠り所としては、将軍家が公家の様式を取り入れたい、と、いうことで、公家の姫君を将軍家に嫁がせることで、「引き換えに」公家への「献金」がありました。将軍家と「親戚」になった公家は、まあ、そこそこに生活はできましたが、他の公家衆はというと「貧乏公家」と呼ばれ、住居の壁が壊れたり、屋根から雨漏りがしても「修繕費」さえ支払えないありさまでした。
朝廷は、と、言うと、やはり「左京太夫」などの「官職」を切り売りしての存続でした。
江戸時代は、「朝廷」や「公家衆」は大変な「貧乏」でした。
従って、姫君が将軍家や大名家に嫁ついでも、立派な「男子」を産むことができなかったのでしょう。

>>歴代の徳川将軍の正妻は子なし、というのは、単純に、将軍のお渡りが無かった、少なかったからではないでしょうか

それは言えますね。特に、元禄時代(1688~)あたりから、早くも、将軍家にしても大名家にしても、公家の姫君は「権威付け」であって、「徳川実記」などにも書かれていますが、丸顔で腰の座った「健康美人」を求めるようになり、そうした「側室」に子どもを産ませる傾向が強くなったとありますね。

余談ですが、あなたの「歴史感」は「素晴らしい!!」。
「一般的な」「常識的な」回答ではなく、その「奥」まで知りたい、と、いう姿勢には、こちらも、「覚悟して」答えなければならない、と、思っています。

こんばんわ。
NO3.です。

>>それならば、平安、鎌倉、室町時代の天皇家や公家に嫁いだ公家や皇家の女性たちも同様に体が弱かった(更にこの時代のほうが食料事情がもっと悪かったのでは)ということになりますが、、、平安・鎌倉・室町時代には弱そうな姫君からも子どもがちゃんと生まれて、家系を維持できているのは、なんででしょうか。道長の娘たちも男子をちゃんと産んでいますし。。

中々「するどい」ところに気付かれましたね。
平安、鎌倉、室町時代は、「幕府」は開かれていますが、朝廷を...続きを読む

Q鷹司信子の金網のかけられた墓

徳川綱吉の正室である御台所こと鷹司信子のお墓には
何故あのような異様な金網がかけられているのでしょうか?
映像で見た限り、そら恐ろしく違和感を感じました。
理由をご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

「徳川綱吉死去後、一ヶ月以内に鷹司信子が死去した」と幕府は発表しました。

綱吉と信子の不和は、大奥・幕府内だけでなく江戸庶民にまで有名だった様です。
そこで、二人が同時に亡くなったのでは?とのウワサが広まり「信子が綱吉を殺害。その後に自害した」との説を生みました。

幕府定めでは、墓に金網を被せるのは「罪人」の場合です。

余談ですが・・・。
徳川吉宗の享保の改革を非難した尾張徳川家藩主の徳川宗春。
彼は、隠居謹慎を命じられ69才で亡くなるまで幽閉されました。
宗春の死後75年を経て赦免させるまで、墓石には罪人を示す金網が被せられていたとの事です。
昭和の時代。
徳川将軍家の子孫によって、金網を外したお墓も存在します。

鷹司信子の場合、事実よりも幕藩体制・将軍家と天皇家の確執が影響したのでしようか?
事実は不明です。

Q徳川綱豊(徳川家宣)がいるのに徳川綱教が6代将軍候補になっていた理由は?

徳川御三家は徳川宗家の血が絶えたときに、将軍を出す役目を持っていました。
つまり、とくがわ徳川宗家の世継ぎがいる限り、その人物が将軍となることが決まっていたはずです。
5代将軍の徳川綱吉には、兄(徳川綱重)の嫡男であり、家光の孫にあたる徳川綱豊(後の徳川家宣)がいました。常識で考えれば、れっきとした徳川宗家の血をひいている徳川綱豊が6代将軍の筆頭候補になるはずです。
なぜ、徳川綱吉は甥であり、家光の孫である徳川綱豊をさしおいて、分家にあたる御三家の一つである紀州家の徳川綱教を次の将軍にと考えたのでしょうか?
血統的には誰が考えても徳川綱豊こそが次期将軍筆頭候補になるはずです。
徳川綱吉がれっきとした宗家の血をひく人物(徳川綱豊)がいるのに、御三家(分家)の徳川綱教を次期将軍にと考えた理由を教えてください。

Aベストアンサー

綱吉には徳松と言う子がいました。当初、綱吉は徳松に将軍職を譲りたいと思っていました。
水戸光圀の反対を押し切り徳松を江戸城に入れたものの、徳松は5歳で死去してしまいます。
順当に行けば綱豊が将軍継嗣となってもおかしくは無いのですが、
当時、綱吉の母(桂昌院)と兄・綱重の母(順性院)は反目していて、綱吉は綱重の子である綱豊が将軍になるのは避けたかったと言うのと、
綱吉の「自分の血筋を将軍にしたい」と言う願望から、娘婿の綱教を将軍候補に擁立しようとしたのです。

しかし宝永元年、綱吉の娘で紀伊綱教の正室の鶴姫が亡くなってしまい、
綱吉の血筋が絶えてしまった事から綱教が将軍世子になる根拠がなくなり、綱豊が綱吉の世子となり家宣と名を改め6代将軍となりました。

Q徳川家光 家綱の側室

家光 家綱の側室に養春院という同じ名前の人物がいますが
同一人物なのでしょうか?

Aベストアンサー

徳川将軍家墓碑総覧
P327には 養春院は家綱の側室で、家光の側室にはいませんね。
徳川諸家系譜 4
P109 にもそのように書いてある

つまりWIKIPEDIAの間違いかなと
http://books.google.co.jp/books?ei=3XIVSvamMobgkQTCtfnJDg&q=養春院&as_brr=3

Qチャールズがカミラさんにこれほど惚れたのは何故?

イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。
もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を
ご覧になってたんでしょうか?
いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ
さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか?
男女間のミステリーを感じます。
不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに
カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。
カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ
事があります。
"君のタンポンになりたい”という信じられない言葉を盗聴されてしまった
チャールズ。
そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観?
真面目に答えて欲しいです。

Aベストアンサー

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。

ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。
しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。

チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。
チャールズは気難しく理屈っぽい。正直さ、率直な振る舞いが特徴です。
伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。

そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。
ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。
ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。
しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。
ですから元々の性格は真逆だったと思われます。
その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。

もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。

そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。
カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。
ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。

気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。
そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。
愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。

長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか?
ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。

私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠...続きを読む

Q天皇の側室について

平成天皇、昭和天皇、大正天皇、明治天皇、、、、の中にも側室(二号さん)の子どもであった人が複数いると某雑誌に書かれていましたが、それは誰でしょうか。

 その場合、その側室である女性はどういう人だったのでしょうか。側室の人も公表されて系統図に残るのでしょうか。

Aベストアンサー

今上天皇
皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎
側室なし

昭和天皇
皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王
側室なし

大正天皇
皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝
側室なし

明治天皇
皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香
側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順
    典侍・橋本夏子…父:橋本實麗
    権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光
    権典侍?・園祥子…父:園基祥

孝明天皇
女御・九条夙子(英照皇太后)…父:従一位関白 九条尚忠
側室 典侍・中山慶子【明治天皇の生母】…父:従一位権大納言 中山忠能
    典侍・坊城伸子
    典侍・藤原(堀川)紀子

仁孝天皇
贈皇后・新皇嘉門院 藤原繁子…父:関白 鷹司政熙
女御・新朔平門院 藤原祺子…父:関白 鷹司政熙、義父:関白太政大臣従一位 鷹司政通
女院・新待賢門院 藤原雅子【孝明天皇の生母】…父:正親町実光
側室 権典侍・観行院 藤原経子《和宮 親子内親王の生母》…父:橋本実久
    典侍・藤原研子…父:甘露寺国長

光格天皇
中宮・新清和院 欣子内親王…父:後桃園天皇
女院・東京極院 藤原婧子【仁孝天皇の生母】…父:勧修寺経逸
側室 内侍:菅原(東坊城)和子
    藤中納言局 藤原(葉室)頼子
    菖蒲小路局 藤原(姉小路)聡子
    小侍従局 藤原(富小路)明子

とりあえずちょっと遡って、正妃(皇后およびそれに準じた立場の人)と子供を生んだ側室を列挙してみました。

明治天皇の側室は、典侍、権典侍という身分のある「女官」です。
御所や皇居内に局や部屋をもらい、天皇の身の回りの世話(という仕事)をしていたと思われます。
天皇の子を妊娠した女性は、実家に帰って出産することが多かったようですが(お産は「穢れ」とされていたので、宮中で出産することはできなかったようです)、その後は、また「女官」として生涯宮仕えであり、天皇の子は、実際に自分が産んでも自分の子ではない-ということで、自分の子供にも「仕える」という形だったようです。

私も蛇足ながら…。
#2さんがお答えのように、今の天皇陛下(時々、名前を使って明仁天皇-という表記をされることもありますが)のことは、「今上天皇」、「今上陛下」というのが正しいですね。
明治以降の慣習からすれば、将来、「平成天皇」と言われるのでしょうか、51代の「平城天皇(へいぜいてんのう)」と紛らわしいような気がするので、本当に「平成天皇」になるのかなぁ-と思っています。

今上天皇
皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎
側室なし

昭和天皇
皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王
側室なし

大正天皇
皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝
側室なし

明治天皇
皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香
側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順
    典侍・橋本夏子…父:橋本實麗
    権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光
 ...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q大奥第一章のあらすじ(松下由樹さん主演)

フジテレビで
大奥第一章のあらすじを

第1回から順に読んでいったのがちょっと
分からない点がありました。

第2回のあらすじなのですが

竹千代が歩み始めおふく(松下由樹)は喜んだ。
そこにお江与(高島礼子)が現れたので、おふくはそのことを報告した
だがお江与は「世継ぎは竹千代とか限らぬ」と言い放つ。
そしてお江与は笑みを浮かべ「わらわは身ごもったのじゃ」と
勝ち誇ったように続けた。

とありますが。

よく分からず
まず竹千代が誰なのかということで
調べてみたところ
幼名が竹千代というのが何人もいてよく分からなかったのですが

ここでは後の徳川家光ということでいいのでしょうか?
(一応、調べたところ家光の母はお江与でした)

後、「世継ぎは竹千代とは限らぬ」というのは
まぁ他のものが世継ぎとなる可能性もあるということで
意味は分かるのですが

その後に「わらわは身ごもったのじゃ」と笑みを浮かべて
勝ち誇ったように言うとあるのですが

ここが一番意味が分かりません。
世継ぎは竹千代とは限らぬとわらわは身ごもったのじゃは
つじつまが合ってませんよね???

竹千代の次にまた男児を身ごもったので
2人も身ごもったから世継ぎになる可能性が高くなった
とかそういう意味なのでしょうか????????

フジテレビで
大奥第一章のあらすじを

第1回から順に読んでいったのがちょっと
分からない点がありました。

第2回のあらすじなのですが

竹千代が歩み始めおふく(松下由樹)は喜んだ。
そこにお江与(高島礼子)が現れたので、おふくはそのことを報告した
だがお江与は「世継ぎは竹千代とか限らぬ」と言い放つ。
そしてお江与は笑みを浮かべ「わらわは身ごもったのじゃ」と
勝ち誇ったように続けた。

とありますが。

よく分からず
まず竹千代が誰なのかということで
調べてみたところ
幼...続きを読む

Aベストアンサー

このドラマでの竹千代はおっしゃる通りのちの家光です。

再放送もあまり見なかったので当時の記憶になってしまのですが、お江与はせっかく産んだ竹千代を抱くことも出来ずにお福に預けられてしまい、彼女になつく竹千代共々憎らしくなっていきました。
竹千代を自分の子として愛せなくなっていたので、次に出来た子供の国松こそ自分の子、次の将軍だとこの後お福と争う。

こういった流れが最初の頃の話だったと思います。

Q白味噌、赤味噌、赤だし、どう違うの!?

お味噌には、白味噌、赤味噌、赤だしとあると思うのですが、どう違うのでしょうか?
原料、製造工程や各お味噌の特徴、使い分けなどを詳しく教えてもらえるとうれしいです。
よろしくお願いします。(>_<)

Aベストアンサー

味噌は、赤でも白でも基本的に大豆と麹(米、麦、豆)で作られます。ですので、違いは製法にあります。

赤味噌に使う麹は、米、豆がもっぱらです。
作るときに大豆を蒸しますがこのとき、大豆のタンパク質が分解され、アミノ酸に変わり、糖と反応することで赤褐色になります(メイラ-ド反応)。
加えて、何度かかき混ぜて、長期間熟成させるので、いっそう反応が進み、濃い褐色になるのです。

一方、白味噌は、使う麹は、米がもっぱらです。
また、大豆を茹でて作りますが、このとき、糖がお湯の中に流出するため、反応が抑えられます。
加えて、熟成期間が短く、攪拌することもないので、大豆の色が残った、白っぽい色になるのです。

ちなみに塩分は赤が10%、白が5%ほどです(赤が高いのは長期の熟成に耐えられるようにするため)。

一方、gあたりの栄養価は赤のほうが高いです(白は茹でるときに栄養分も流れてしまう)。

赤だしは、赤味噌にカツオや昆布のだしを混ぜたものですが、米や麦麹のものをただの「赤味噌」と言う代わり、とくに豆味噌のことを「赤だし」と呼んで区別する場合もあります。

味としては、一般的に赤味噌は塩気、白味噌は甘味が強いです。ですが、赤味噌でも甘めのものもありますし、その逆も然りです。
ですので、特に使い分けと言うことはありません。あれこれ試してみて、好みに合わせて使うといいでしょう。

なお、赤だしはもっぱら味噌汁に使われます。

味噌は、赤でも白でも基本的に大豆と麹(米、麦、豆)で作られます。ですので、違いは製法にあります。

赤味噌に使う麹は、米、豆がもっぱらです。
作るときに大豆を蒸しますがこのとき、大豆のタンパク質が分解され、アミノ酸に変わり、糖と反応することで赤褐色になります(メイラ-ド反応)。
加えて、何度かかき混ぜて、長期間熟成させるので、いっそう反応が進み、濃い褐色になるのです。

一方、白味噌は、使う麹は、米がもっぱらです。
また、大豆を茹でて作りますが、このとき、糖がお湯の中に流...続きを読む


人気Q&Aランキング