グラフィックデータの格納のしかたとして、
1.jpg
2.bmp
3.gif
4.png
5.tif
などの形式で保存されるかと思いますが、それぞれの用途
の違いを教えていただけますでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

形式といっても使う人と環境によっては、違ってくるのですが、僕の場合は…


jpg、gif、pngはWeb系で使用。ホームページで使用したり、メールに添付して送る場合はこの形式を使います。データは軽くなりますが、画質が劣化するので注意が必要です。データサイズが小さくなるからといって、形式では最終的な保存はしません。(取り返しのつかないことになります)
bmp、tifはデータ量が大きいですが、画質の劣化はないのでCG制作途中のデータ保存で使ったりしますが、bmpの32bitを他のソフトがサポートしていない場合があるのでtifを使ったりします。でも、tifよりもtgaの方がデータ量が軽いのでそっちを主に使ったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

比較がわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 19:04

実際には、この他にも画像フォーマットは色々と


あるのですが、とりあえず、この5つを大雑把に分けると、
JPEG、GIF、PNGはインターネットで多く使われる形式
です。

それぞれの違いとしては、JPEGはフルカラーを扱う事が
でき、グラデーションなどの滑らかな色調変化を表現
できる為、写真やイラストなど、色数や中間色の多い画像
に多く使われます。ただしJPEGの欠点は、非可逆性圧縮
である点で(可逆性JPEGと言うのもあるらしいですが)、
一度JPEG圧縮をしてしまうと、2度と完全な元のデータに
戻す事ができないと言う点が挙げられます。ただし、
画像の圧縮率を任意に設定できる為、キレイに見せたい
画像は圧縮率を低めにして画質をキープしたり、逆に
どうでもいい画像は画質を犠牲にしても圧縮率を高く
設定したり、と言う事が可能です(一度高圧縮した画像は
再度低圧縮しても画質は元には戻りませんので注意)。

GIFは、インターネット用として、最初に採用された画像
フォーマットです。可逆性圧縮なのですが、使用できる
色数が256色までなのが最大の弱点でしょうか。その為、
グラデーションなどを表現すると、バンディング(階調
飛び=キレイなグラデじゃなくて、段々に色が変わって
いる状態)が起きてしまったり、中間色の表現がディザ
(スプレー文字の縁みたいに、細かい色の粒が飛んで、
ザラザラした感じの色表現)になってしまうなどが起きます。
が、単色のベタなどの場合は、その色がキッチリと再現
できるのと(JPEGだと、圧縮率によっては単色ベタの
部分にも、違う色のノイズが混じってしまう事があります)、
JPEGよりも輪郭のエッジが立つ事、また、任意の1色を
透明として設定できる『透過GIF』と言うのができる為、
ロゴマークなどを表現する際には、JPEGよりもGIFの方が
優れている場合もあります。また、アニメーションGIFと
言って、パラパラマンガの様にアニメーションを表現する
事もできる為、動きのあるHP作りには便利だったりもします。

PNGはGIFに代わるフォーマットして登場しました。と
言うのは、GIFの圧縮技術を開発したグループが、最近に
なって急に、この技術の使用を有料にする、などという
事を言い出した為、小さなソフト会社ではライセンス料
が払えず、ソフトが開発できなくなってしまう事などが
その背景にあるのですが、まぁ、なにせGIFは256色ですし、
ハッキリ言って、もう古いフォーマットですから、そろそろ
新しい物が登場して来ても不思議はないでしょう。PNGは
フルカラーを扱える可逆性圧縮、と言う事なのですが、
最大の弱点は、登場してから日が浅い事ですね。これは、
ダイレクトに『対応している環境が少ない』と言う事に
繋がります。私が使っている、Mac版のネスケ4.5でも
PNG画像は表示できませんでした。と言う事で、古い環境
の人にも快適に見てもらおうと思うのであれば、PNGを
使う事はできなくなってしまいます。ちなみに、GIFの
ライセンス料は、メーカーが払う物で、ユーザーが払う
必要は無いそうなので、ライセンス料を払っているメーカー
のソフトを使っている限りは、問題になる事は無いと
思います。

BMPはWinの標準の画像フォーマットです。つまり、OS
レベルでサポートしているフォーマット、と言う事ですね。
つまり、画像を扱う可能性のあるWin用ソフトは、BMPを
サポートしていないと、話にならないと言う事になります。
同じ様に、MacにはPICTと言う標準フォーマットがあります。
通常、IEなどのブラウザーはJPEGやGIFなどしか扱えない
と言う事になっていますが、これら、OSベースでの標準
フォーマットの画像については、表示する事が可能だったり
します(ただし、自分のハードディスクにある画像の場合で
インターネットを通すとダメかも知れません)。
BMPやPICTは、圧縮したり無圧縮にしたりする事ができる
様です。

次にTIFFですが、あまり一般的ではありません。デザインの
現場で少々使われる程度だと思って差し支え無いんじゃ
ないでしょうか? デザインだと、他にEPSと言う画像
フォーマットもあり、最近ではこちらが一般的になって
いる感がありますが、TIFFにはTIFFで、EPSには無い
素晴らしい利点もあります。それは、QuarkXPressなど
を使っていると、白黒のTIFF画像に、Quark上で着色(?)
する事ができたりする点です。つまり、白い背景に、黒で
描いてある絵があると、それに対して、背景の色を変えたり
黒い絵の部分の色を変えたりする事が可能だと言う事です。
他のソフトではやった事が無いので解りませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 19:15

cockyさんの補足みたいなものですが



.jpg(24bitフルカラー/不可逆圧縮)
不可逆圧縮ではあるが、24bitカラーに対応して、かつ圧縮率が
高いのでweb上でよく使われる。プログレッシブ形式(上から順番に
表示するのではなく、粗い表示からだんだんと細かい表示になる。
ダウンロード中に全体を把握できる)に対応しているのもwebで
好まれる理由。
メーカーなどの著作権保持者的には、オリジナルより汚い絵になる
のが逆に嬉しかったり。:-)

.bmp(あらゆるカラーモード対応/可逆圧縮、たいてい無圧縮)
圧縮形式もあるが、たいていは無圧縮ベタで使われる。圧縮率は
はっきり言って悪い。無圧縮はただのベタで保存されるので
あらゆる環境、あらゆるソフトウェアが対応しているのが利点。
異機種間でデータのオリジナリティを損なわずやりとりするときに
よく利用される。

.gif(1~256色/オリジナルが256色以内なら可逆圧縮)
最高256色までしか扱えないが、使用色数を減らすことで容量を
減らせるのでやはりwebの公開で好んで使用される。jpgと違い
色のエッジが汚くならないので、ボタンなどシャープさを保ちたい
ものに向いている。オリジナルが256色以内で描かれているなら
可逆圧縮とも言える。

.png(あらゆるカラーモード対応/可逆圧縮)
フルカラーで、可逆で、圧縮率もわりと高い。と書くと夢のような
フォーマットだが、対応環境はまだ少ないと言える。ただし汎用性を
保ちつつ独自に拡張することが可能なため、macromedia社の
FIREWORKSという画像ソフトの保存形式としても使われている。
↑これどうなってるんだろうね?

.tiff
今は亡きアルダス社(Adobeに買収された)が開発したPageMaker
というDTPソフトで利用するために開発された。もともと印刷用途に
開発されたので可逆圧縮になっている。印刷の現場では現役。

つことで。
しかしこのへんは適当に検索かければ由来とか出てきますよ。
「tiff 由来」とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 19:07

 ここに挙げるURLに各フォーマットの解説があります。



 それぞれの特長・用途・読み方・関連するサイトのリンクが載っています。

# まあ、宿題でも何でも構わないと思いますが……「どうしてそれを知りたいのか」という理由があるといいかもしれません。

参考URL:http://nttcom.e-words.ne.jp/c-multimedia.htm#mul …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。e-wordsは、便利ですね。

お礼日時:2001/04/04 19:05

細かい解説は下記URLで読んでいただくとして、一般的な用途について書いていくと、



○JPG(JPEG)
 24bitRGB(フルカラー対応)、非可逆圧縮。圧縮率が高いのでWeb上での写真などの公開によく使われる。

○BMP
 Windowsの標準画像形式。ただし圧縮率が低い。

○GIF
 使える色数が256色に限定されるので、写真などには向かない。
 ここに挙げられているフォーマットの中で唯一アニメーションに対応しているので、アクセスカウンタや動きのあるアイコンなどでよく使われる。
 またアニメ絵などではJPEGよりも仕上がりがきれい。
 ただし米Unisys社の持つLZWライセンス問題の関係で、最近はWeb上での使用は減少気味。

○PNG
 元々はGIFのライセンス問題が発生したために、GIFの代替フォーマットとして作られたフォーマット。
 最大48bitRGB(約240兆色!)まで対応しているほか、可逆圧縮なので元データの画質を損なわない。
 ただしアニメーションに対応してないほか、初期の頃よくWebブラウザでの表示にバグが見られたこと、またフォーマットができてからまだ歴史が浅いことから、あまり普及は進んでいない。

○TIFF
 24bitRGB(フルカラー)に対応した可逆圧縮フォーマット。
 昔はフルカラーに対応したフォーマットというとJPEGかTIFFしか選択肢がなかったこともあり、今でも元データの画質を損ないたくない場合によく使われる。
 ただしWebブラウザでの表示ができないことなどから、最近はデザイナー間でのデータのやりとりの際に使われる程度。

てな感じですね。

参考URL:http://sites.netscape.net/siisise/format.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 19:02

参考URLで調べると詳しく分かると思いますよ。


#宿題ですか?どうもそれっぽくて(^-^; 違っていたら本当にごめんなさい。

参考URL:http://www.jisyo.com/viewer/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJPG、GIF,BMP,PNGの違いは何ですか?

JPG、GIF、BMP、PNGの違いは何ですか?

※それぞれ”何のために作られた”画像形式なんですか?

Aベストアンサー

圧縮展開の方法、扱える色の数、透明不透明の有無、擬似アニメの可・不可、などが違います。

JPG:フルカラーが表現できるので写真にも使える。高圧縮が可能で、圧縮率を上げるとファイルがとても小さくなるので、遅い回線で画像をやりとりするとか、1つの記憶媒体に大量に画像を保存する際に用いる。なお、圧縮すると劣化するので、圧縮画像を展開すると完全には元に戻らない。

GIF:圧縮にJPGとは違う元に戻る圧縮方法を使っているが、256色しか表現できないので写真には向かない。但し、透明色が使え、複数の連続した画像を次々に表示させられるので、擬似アニメが可能。透明色が使え背景を透過させられるので、背景画像のあるホームページでボタンなどに使われる事が多い。

BMP:Windowsの標準の画像形式。色数は、モノクロ2色~フルカラーまで自由。基本的に圧縮しないので、JPGのように「圧縮による劣化」は起こらない。但し、生のデータそのままに近いので、ファイルがとても巨大になる事がある。

PNG:GIFの後継。GIF画像に使われていた圧縮技術が特許として占有され、GIF画像の使用に際してライセンスが必要になってしまったので、GIFの代わりに、ライセンスフリーで使える画像形式として考案されたもの。GIFと同じ用途で使い、GIFに比べて色々と機能拡張されている。

圧縮展開の方法、扱える色の数、透明不透明の有無、擬似アニメの可・不可、などが違います。

JPG:フルカラーが表現できるので写真にも使える。高圧縮が可能で、圧縮率を上げるとファイルがとても小さくなるので、遅い回線で画像をやりとりするとか、1つの記憶媒体に大量に画像を保存する際に用いる。なお、圧縮すると劣化するので、圧縮画像を展開すると完全には元に戻らない。

GIF:圧縮にJPGとは違う元に戻る圧縮方法を使っているが、256色しか表現できないので写真には向かない。但し、透明色が使え、...続きを読む

QWordで作ったロゴを、jpg.かgif.やpng.で保存したい

Word2007の描画ツールで作ったロゴを、HPで使えるようにjpg.かgif.やpng.で保存する方法がわかりません。
ロゴは黒地に白抜き文字で周囲には曲線があります。文字は白のままで、周囲をきれいにカットしたいのです。
Photoshop Elements は持っていますが、長方形で切り抜く方法しか知りません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Wordでコピー→Photoshop Elements で新規作成でクリップボードからという選択肢がなかったでしょうか?
(バージョンで変わるかも?)
で、貼り付けをすれば、とりあえずPhotoshop Elements 上に持ってこれます。
その後の操作は以下を参考に、これはバージョンが変わっても大丈夫なはずです。
サンプルは黒ですが、今回は白ですね。
http://courier.adobe.co.jp/pse/m20028.html
    
ちなみに・・・・
Wordで保存する時、Webページで保存しファイルの種類をWebページで保存すると(選択肢がいくつかありますからわからなければ色々試して)Webページとフォルダが保存先に作成され、フォルダの中に作成したオートシェイプなどは画像としてjpgファイルが保存されます。

QPhotoshopで編集した写真を保存するのはbmpよりpngの方がいいですか?

今まで
デジタル一眼で撮ったjpgの写真は、 Photoshopなどで編集した際bmpで保存していました(画質劣化がないと思っていたので)

しかし、最近pngというものを知って
pngでも劣化がない…という情報をみたんですが

どうなんでしょうか?


bmpよりpngのほうがいいですか?

bmpだと画像のサイズが大きくなってしまうんですが、pngならbmpより軽く、画質が劣化しないで出来るんでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

png,bmpともに、フォーマットとして劣化が無い記録が可能です。また、bmpは、画像データをそのままの形で記録するのに対して、pngは圧縮して記録します。ただし、pngでは圧縮する場合でも、jpegなどとは異なり「可逆圧縮」が可能ですので、ファイルサイズは小さく、しかも劣化が無い形で保存することができますので、一般的な保存目的であれば、bmpよりもpngのほうが向いていると思います。

Q透過GIF→透過PNG 

現在、透過GIFを透過PNGに変換してくれるフリーソフトを探しています。
何か良いものがありましたら教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Jtrim
GIMP
PictBear

Qpng→jpgへの変換ソフト

.pngで作った画像を.jpgに変換したいと考えています。

シンプルなソフトが希望です。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

No1さんのツールで十分ですね。わたしも活用しています。

ただ、次にくるのが一括処理なんで、将来的に必要になるソフトをピックアップ。

XnView

http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picviewer/xnview.html

まあ、あれこれ、不思議な動作するUIもあるが、64bit対応(ネイティブではない)ということで、まっさきに飛びつきましたね(Windows7リリース時)。ビューワーだが多機能の代表だね。今のビューワーは、ほとんどがこのタイプ。なにせサムネイル表示がOSで当たり前になると、ビューワーの存在意義がなくなってくる。

操作は単純にできる。細かなオプションは別UIを出す事(ジョブを追加することになる)になるので、単純操作と、多機能を両立している。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報