ワイヤープラント(ミューレンベッキア)を育て始めましたが、育て方などを書籍で探しても見当たりません。どなたか、ワイヤープラントが記載されている書籍をご存知ありませんか?また、育て方をご存知の方教えてください!!

A 回答 (1件)

「園芸ガイド」の2000年8月(夏)号に載ってたみたいですよ。



参考URL:http://www.engei.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして、大変申し訳ありませんでした。
まだ確認しておりませんが、早速取り寄せようと思っています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアスパラガス 育て方についどなたかご存知でしたら教えていただければ思い

アスパラガス 育て方についどなたかご存知でしたら教えていただければ思います。
昨年から育てているアスパラについてです。購入は近所のスーパーで、そのまま植えると育つようなキットでした。
水はけが良い方がいいとあったので、編み目のカゴのようなものに、土が漏れないように細かいネットの用なものの中に土を入れ育てています。アスパラが育つまで2年程かかるとは聞いていたのですが、どんどん下から芽が伸びて来て現在、添付の写真のようになっています。この状態でもまだ下から芽がでてきて伸びています。実際の長さは一番長いもので50cm程はあります。この芽というか葉は切っていいいのかどうか、分からない状態です。どなたかご指導いただけると助かります。

Aベストアンサー

見た感じ普通の食用アスパラの様に感じますがどうでしょう?
アスパラは最終的に2mぐらいまで大きくなる植物です。
私も去年、種から植えて育てていますが現在50~80cmぐらいに育ってます。

質問者が種からなのか、根(株)から育てているのか解りませんが
大きさから判断して私の株とほぼ同じ状況だと思います。
育て方としては、地植えでなく鉢で育てる場合は
8号以上の鉢に1株という状況で育て、
地上の葉は、根(株)を大きく育てるために切らずにそのまま育ててください。

来年~再来年と上手に育てると、春先に食用サイズのアスパラの芽が出てくるので
食用サイズの芽が出るまではとりあえず我慢、
食べごろサイズになったら芽(アスパラ)を切っても良いですが
1株に3~4本の茎は常時保つ様にするのがベストなので
3~4本はそのまま残し、根に栄養を送れる状態にしてください。

とりあえず、50cmという大きさでは、まだまだ幼苗という状態なので
今はまだ何も手を加えず根を大きくする事に集中し、
今年の秋~冬になったら大きな鉢に1株という割合で植え替えてあげましょう。

Qカネノナルキの育て方ご存知の方

カネノナルキの下葉が落ちます。
対策、ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

「金のなる木」については、冬場は葉に霧吹きで葉水して水やりは月に一回から二回程度でそれ程水やりはしなくていいのですが、葉はある程度大きくなれば自然に落ちますし、枯れます。

takananachanさんの場合は前回のご質問で約15cm位との事ですが、条件によりポロポロと葉が退化して落ちる場合があります。

いくつかの要因が考えられますが、日光が不十分で葉っぱだけ大きくなった場合(徒長しすぎた場合)。

あるいは、先の回答者の様に根詰まりも考えられますが、そんなに頻繁に植え替えを必要としません。

ただし、明らかに鉢が小さすぎる場合は、もう少し暖かくなったら、植え替えをお勧め致します。

他の要因としては、退化現象で葉が落ちます。観葉植物も葉が大きくなれば自然に黄色くなり落ちます。そして、又春先に新しい芽吹きが始まります。

その場合、思い切って剪定した方が無難です。極端な話、葉が全部なくなっても根さえ生きていれば復活致します。

まず、根がどうなっているのか分かりませんので春先から梅雨の時期までに全ての葉がなくなるまでに、残った葉を数枚取って今ある鉢の土に葉挿しをして下さい。(根がダメな時を考えて)
https://horti.jp/9066

「金のなる木」場合はその葉からすぐ芽が出やすく失敗する事はまず、ありませんし、落ちた葉っぱから自然に芽が出て増えます。そこから増やす方法があります。

そして、植え替えですが先に述べた様に葉がなくなっても植え替えをお勧めいたします。植え替え用土は、色々なサイトにありますが、私の場合は、鉢底に少し大きめの軽石を水はけ用に敷きその上に、赤玉土と腐葉土とバーミキュライトを3:3:1位の割合で植え替えをしています。他のサイトでは「バーミキュライト」はダメとか言う人もおりますが、約30年以上これで失敗した事はありません。「バーミキュライト」がダメならば、「パーライト」でもよろしいでしょう。

「金のなる木」は、非常に乾燥に強いですし、ダメになっても復活しやすいです。
他のサイト等も検索して植え替えをお勧め致します。

最後に私の金のなる木の思い切った剪定画像を添付致します。

「金のなる木」については、冬場は葉に霧吹きで葉水して水やりは月に一回から二回程度でそれ程水やりはしなくていいのですが、葉はある程度大きくなれば自然に落ちますし、枯れます。

takananachanさんの場合は前回のご質問で約15cm位との事ですが、条件によりポロポロと葉が退化して落ちる場合があります。

いくつかの要因が考えられますが、日光が不十分で葉っぱだけ大きくなった場合(徒長しすぎた場合)。

あるいは、先の回答者の様に根詰まりも考えられますが、そんなに頻繁に植え替えを必要としませ...続きを読む

Qドリアンの育て方をご存知の方、いらっしゃいませんか?

先日、ネットオークションで憧れのドリアンの苗木を購入することができました。しかし、肝心の栽培方法(水や肥料のやり方、植え替えの際に使う土の種類など)が分からず困っています。
出品者の方は一言も教えてくれず、自分でもインターネットで調べてみたのですが、栽培方法が殆ど書かれていない観察日記のような物ばかりで参考になりませんでした。
とりあえず今の所は24時間暖房のある場所に置き、(到着時と同じように)濡れたティッシュを鉢の上に置いて水を与えています。ちなみに、鉢の中は土代わりとみられるオレンジ色の粒で満たされています。

ドリアンの栽培方法をご存知の方、宜しければご教授頂けませんでしょうか。どんな些細なことでも構いません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

bathbadyaです。私も今春入手し育苗中です。前回は勤め先からうろ覚えに書きましたが、今度は自宅で本を見ながら・・・

用土は、
1)赤玉土小~中粒7+腐葉土3
2)赤玉土小~中粒5+腐葉土2+ピートモス2+パーライト1
のいづれか。

植付け
鉢の半分にゴロ石を1/4。浅植えで支柱を立てる。

4~7月は肥料に元肥+緩効性肥料。水は表面が乾いて1日後
12~3月の冬場の水遣りは月に2~3回
9月以降は冬場に向けて徐々に水遣りを控えて苗をしめて作る。

人口受粉
開花は夜間性。
受粉は先に咲いた株のオシベから取った花粉を紙袋で包み、さらにビニールで密封すると1ヶ月ほど保存可能。

Qマルハチ(またはヘゴ)の育て方をご存知の方。

寒いところにおいていたのでかなり危なくなったマルハチに葉水をやりました。……そしたら翌日しおれてしまいました(T_T)。一応サイトで「葉水と幹にも水をやること」と書いてあったのに従ったのですが。
今葉っぱがなくなってしまっています。幹?が30センチ弱のと5センチ程度の二つ、それぞれに一つずつ、次の葉っぱが出てきそうなホヤホヤな部分があります。
今後どのように扱ったらいいでしょうか?
いいと思ったのに、葉水をやってしおれてしまったので水のやり方が不安です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

葉水が地面にしみこんで土中の根が湿り、マルハチがショックを受けたか、
あるいはそうとう弱っていて葉水の効果がなかったためしおれたのでしょう。

通気が良く土中や葉面周囲の空気が常に入れ替わり、酸素がつぎつぎと供給され、
しかも温度と湿度が高いという環境でなければ大型のシダは弱ってしまうでしょう。

葉水はもちろんですが、霧吹きで、マルハチの幹を湿潤した状態にして管理しましょう。
ヘゴはさらに湿度が必要で、水苔を湿らせて幹に巻いた方が良いようです。
でも、受け皿に水をためてはいけません。根が窒息して腐ります。

しかし私は、さらに水が多く必要なリュウビンタイを置いています。
腰水で管理し、さらに株部は毎日霧吹きで湿らせています。

また、梅雨時期には風通しが良い日陰に置きましょう。

Qこの植物の育て方をご存知の方おられますか!?

この植物の育て方をご存知の方おられますか!?

名前も育て方もわかりません。
葉っぱの周りから小さな芽がいくつか出てきました。
今はお皿に水を入れてますが、今後はどうしたら
よいのでしょうか!?

Aベストアンサー

「セイロンベンケイ」かと思います。
マダガスカル原産の多肉植物、寒さには弱く、乾燥には強いです。
これから寒くなりますので、もう少しそのままお皿においておき、本体の葉が枯れてきたら芽が外れるようになりますので、そうしたら鉢に植えてください。
温かくなったら外へ。
上手にそだてると、晩夏~秋ごろにかけて花が咲きます。
毎年咲くよという方もいれば、数年に1度しか咲かないという方もいるようです。

灯篭のような花なので、別名「灯篭草」。
もしくは、葉っぱから芽がでてくるので「ハカラメ」とも呼びます。

セイロンベンケイについて:
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/herb/db/arekore/41_50/bryophyllum_pinnatum.html

http://www.geocities.jp/kagari_maki/leaf/leaf.html

参考画像:
http://www.google.co.jp/images?client=opera&rls=ja&q=%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4&oe=utf-8&um=1&ie=UTF-8&source=univ&ei=KG-hTMeoK9ePcN6ksaoB&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=4&ved=0CDIQsAQwAw

「セイロンベンケイ」かと思います。
マダガスカル原産の多肉植物、寒さには弱く、乾燥には強いです。
これから寒くなりますので、もう少しそのままお皿においておき、本体の葉が枯れてきたら芽が外れるようになりますので、そうしたら鉢に植えてください。
温かくなったら外へ。
上手にそだてると、晩夏~秋ごろにかけて花が咲きます。
毎年咲くよという方もいれば、数年に1度しか咲かないという方もいるようです。

灯篭のような花なので、別名「灯篭草」。
もしくは、葉っぱから芽がでてくるので「ハカラメ」と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報