シュワちゃん主演の映画「トータルリコール」のエンディングについて、友達と言い合いになってしまいました。

トータルリコールを初めて見たのは、10年くらい前だったと思いますがドイツの映画館でした。
その後しばらくして日本に帰ってきてから、いまいちわからなかった個所があったのでビデオを借りて見たんですが、最後は火星に酸素ができて、シュワちゃんとブルネットの髪の女性が手を取り合いハッピーエンド、すべては現実のものだったと記憶しています。
友達は、シュワちゃんが最後に目が覚めて、火星での出来事全てがリコール社に見せられた夢だったと言って譲りません。

どちらが本当のエンディングですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

#7です。

幸いにして、(ネタバレ)と入れて下さっているので、この問題のエンディングの内容とこのエンディングをどこで見られるか書いておきます。

まず本当のエンディングですが、時間にして5秒ぐらいです。エンドクレジットが流れた後、トータル・リコール社の夢を見られる機械に座っているシュワルツネッガーがむくりと起き上がり、左右をきょろきょろと見て、にっこりと笑って終わりです。
まあ、「火星での出来事は全部夢でした」という説明はありませんが、そう取れるシーンです。少なくても火星が空気で満たされてよかったね、で全部終わりではないです。
続いて、このエンディングが見られる媒体ですが、なぜか日本語吹き替え版のビデオです。本編のエンドクレジット、吹き替え版のスタッフのクレジットが流れた後に出てきます。

なぜ映画館で見られなかったのかその辺の事情はわかりませんが、このシーンが映る前にフィルムを止めてしまったからではないかなーと思います。もし事情に詳しい方がいたらフォローして下さい。

この映画は、夢オチエンディングがほとんどの媒体でカットされているので、夢オチエンディングを知っている人が嘘つきか勘違い野郎だと思われるというちょっと問題のある作品です(笑)。多分、いろんな人が「おまえ、勘違いしている」って笑われているんじゃないかなぁと思います。お友達も凹んでいるかもしれません。もし、お友達と会ったら「そういうエンディングもあるらしいね」と優しく肩を叩いてあげて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく説明していただいて、ありがとうございます。
日本語吹き替え版のビデオにのみ収録されているとは、謎ですねー。
しかも本編のエンドクレジットの後の吹き替え版のスタッフのクレジットの後とは…なんか付け足したみたいな気がしてなりません。
私だったら、日本語吹き替え版を観てても見逃していたかもしれません。

きっと私の友人は日本語吹き替え版のビデオを観たんでしょうね。
すごく自信に満ちた顔して絶対に譲らなかったのです。
悪いこちしたなって今は思ってます。
友達に会ったら、この話をしてあげます!
回答ありがとうございました。

ところで、おもしろいお名前だと思ったら私と共通の趣味をお持ちのようですね。
実はさっきまで、白ウナギイヌを4回も見てきたところなんです(笑)
もちろん、勝ちました。
(何の話かわからなかった方、ごめんなさい。パチンコの話です。)

--------------------------
wanean-paradiseさんのお礼の場所ですが少しお借りします。

>#3さん
「回答ありがとうございました」を書かなくてごめんなさい。
わざとではなくて、単なる書き忘れです。
申し訳ありませんでした。

>#4さん
どうやら友達は日本語吹き替えビデオを観たようです。
友達に聞いて報告するつもりでしたが、多分そうだと思いますので、これで締め切らせていただきます。

>回答者の皆様
十分な回答をいただけたようですので、これで締め切らせていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 22:13

#8です。



はい、はい、私も明るくなっても座っているタイプですが、記憶にありません。その後ビデオでもレンタル開始と同時ぐらいに見ましたが、ここにもありませんでした。

#7さんのリンクを読ませていただき愕然としました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよね。愕然としてしまいますよねー。

当時の私は映画を吹き替えで観るなんて邪道だとまで思っていたものですから(最近は吹き替えしか借りない)当然字幕のビデオ借りて観たんです。
だから、そのシーンがなかったんですね。

監督の意向は「夢」か「現実」かどちらなんでしょうね。
スタッフのミスで字幕版にあのシーンをただ入れ忘れただけ、なんてオチじゃ・・・。
まさかね・・・。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 21:49

変ですねー。


私は映画館で観ましたが、夢オチのシーンはなかったですよ。
もちろん、エンドクレジットまで全部観る人です。

上映映画館によって違ったんですかねぇ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

#11さんの回答にもありますように、どうやら2種類あるみたいです。
私も映画館だとエンドクレジットまで全部観るんですけど、そんなの無かった記憶があります。

なぜ日本語吹き替えビデオのみにそのシーンが入っているのか?
謎ですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 21:39

実は、昔私も友人と全く同じ議論になりました。



私は前者、友人は後者、お互い譲りませんでした。

友人が自信を持っていたのは、もし火星の出来事が現実なら、あのブルネットの女性が、リコール社が用意した女性の選択肢にあったのがおかしい、ということです。

私の説明は、シュワちゃんの潜在意識の中にすでに、あの女性の顔があったからだと言ったんですが、納得してもらえませんでした。

私が「じゃあ逆に説明してくれ」と友人に言ったのが、薬を飲まされそうになったときの、手下の額の汗です。これが夢の中のことなら、元に戻してやろうというときに汗をかくのはおかしいですよね。事実、シュワちゃんはその汗を見て、ヤバイ薬だと気づいたわけですから。

従って、私は「現実」との自信を持っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

juviさんも同じ経験をされたのですね。

ご友人の説明のブルネットの女性のことは言われてみれば納得してしまいそうになります。
しかし#11さんのご回答にもありますように、日本語吹き替えを見たか見てないかで変わってきてしまうので、どちらでも正解でいいですよね。
個人的には「現実」のほうが好きです。

回答ありがとございました。

お礼日時:2003/06/26 21:32

お友達が合ってるかな。

お友達の言っているシーンが出てくるのはエンドクレジットがずらずら流れた後ですので、エンドクレジットをきっちり観るという人でもない限り気づかないでしょう。しかも、テレビでは当然のようにカットされています。
だけど、あれだけ長々観て「実は夢でした(笑)」では怒り出す人もいるかもしれませんので、カットして正解なのではと個人的に思います。

参考URL:http://jtnews.pobox.ne.jp/movie/database/treview …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

#11の回答も見させていただきました。

うーん、びっくりしました。
ただ、もう唖然…
だってずーっとずーっと現実だと思ってたのにぃ~。

>カットして正解なのでは

私も同意見です。
映画でも小説でも漫画でも、夢オチって卑怯ですよねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 21:23

あくまで噂を聞いたことがある・・・という話なんですが、


この映画をTVで放映したときに一度だけ「火星での出来事全てがリコール社に見せられた夢だった」という風に解釈できるようなシーンが(TV局の編集によって)付け加えられていた・・・らしいのです。

私は観た事はありませんし、信憑性にかける噂なのだとは思うのですが、お友達の方がそう信じていらっしゃるということは、そういうこともあったのかもしれないな~とあらためて思いましたね。

この回答への補足

「補足する」の場所の使い方がよくわからないのですが、ちょっとここに書かせてくださいね。
#11さんのお礼のところを少しお借りして書こうと思ってたのに、忘れてました。

もしかしてTVで放送されたのは吹き替え版だったのかもしれないですね。
それか字幕版をTV側で用意した声優さんに吹き替えさせて、ラストシーンだけ付け加えたとか。

補足日時:2003/06/26 22:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな噂が・・・やっぱりその可能性があるんですね。
ここは友達にどこで見たのか問いただしてみる必要がありますねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 13:05

懐かしいですね。

じっくり見ていないと混乱しますが、火星にいくことは現実でした。元々火星を統治していたコウヘイゲンの部下としていたシュワちゃんでしたが、火星の反乱軍をせん滅するため、自分で記憶を消し別人(クエイド)として地球へ行って生活したわけですが、断片的な記憶があり、それでリコール社にいってみたわけですが、記憶の旅行をするまえに、断片的な記憶が少し復活し、結局、リコール社へ行った記憶を消されてしまいました。
そのあと、夫婦(?)だった女がシュワちゃんを殺そうとしたので、自分が記憶を消されていたことがわかり、火星にいくことになったのでした。

コウヘイゲンの元々の部下 -> 記憶を消し、反乱軍へ潜入するための別人 -> 地球へいき火星での記憶を消された別人(クエイド) -> リコール社で一時的に記憶を消された -> 火星にいったあとでリコール社の人と元妻が、リコールでの火星の諜報部員だとうそをいった場面 -> ミュータントが殺されもう一度記憶を消されそうになった場面 -> エンディング

といった記憶の場面が混在しているのですが、火星にいったときから現実としてすすんでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

整理していただいて、ありがとうございます。
コウヘイゲンの部下だった時は実はシュワちゃんはワルだったんですね。
どっちだかわからなくなってしまいます。
あらすじ見ると、ほんとややこしい映画ですねー。

>火星にいったときから現実

やっぱりそうですよね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 13:00

こんにちは。



最後の最後に夢オチ。なんて事にはなってなかったと思いますが。お友達の説は間違いだと思います。
後で特別編か何かが放映され、全てが夢オチ、というカットを載せた可能性もなくはないですが、少なくとも劇場公開の時点でそんな事はなかったと思います。

火星全域に空気が生み出され、虐げられていた住人は解放される。となる事でハッピーエンド、ちゃんちゃん(笑)な訳ですから、わざわざ夢オチにしてなんだこりゃ?的に終わらせる必要は無いと思うんですけど。
お友達はどこでご覧になったのでしょうね?あるとしたら見てみたい気もします(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

>特別編か何かが放映され、全てが夢オチ、というカットを載せた可能性もなくはないですが

なるほど。
ありうるかも知れません。

>少なくとも劇場公開の時点でそんな事はなかったと思います

そうですよね。
これは私の記憶でもそうなんです。
でも私はドイツの映画館で見たので、ひょっとしてエンディングが違うのかな?って少し自信がなかったんです。

>お友達はどこでご覧になったのでしょうね?

本当ですよねー。
今度会った時に聞いて報告します。
2~3日で戻ると言って旅にでてしまって連絡がつかないんです。
それまでしばらくこの質問は締め切らないようにしておきますね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 12:50

Artemicionさんの記憶が正解です。

お友達は、ストーリーの途中での「主人公が夢を見せられる場面」と混同されているのかもしれませんね。
ラストの近く、空気の薄いところにシュワちゃんとブルネットの髪の女性が投げ出されたシーンで、目が飛び出そうになっていたのが怖かった思い出があります(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり私が正解ですよねー。

>目が飛び出そうになっていたのが怖かった

そうでしたねー。
私は偉大な指導者(お腹にいた人)の顔も怖かったです(笑)

お礼日時:2003/06/26 12:40

>最後は火星に酸素ができて、シュワちゃんとブルネットの髪の女性が手を取り合いハッピーエンド



こちらが正しいかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

賛同していただける人がいらしていただいてうれしいです。

やっぱりそうですよねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 12:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋画、トータルリコール(ネタバレ注意!)

コリンファレルのリメイク版のトータルリコールを見てきたのですが、よくわかりません。
今日、トータルリコールを見てきました。 どうも旧作とはストーリーが違うようですが、イマイチわからないことがあったので教えてください。

あらすじは、

地球は汚染されていて、貧困層と裕福層の二つの地域にわかれていた。 主人公のクエイドはロボット警官を作る工場で働いていて、見知らぬ女性と病院を抜け出す夢に悩まされていて、リコール社を訪ねる。

そこで二重スパイになる記憶を取り入れようとしたが、トラブルが起きた。 突然警官が突入して、クエイドは警官たちを殺してしまい、家に戻るが妻も偽装結婚でスパイだった。

途中で友人が目を覚ませ、これは作られた記憶だと諭すが夢で見ていた女性に横で説得される。 実はクエイドというのは作られた記憶で、本当はハウザーというのが主人公の名前だった。

細かいところを覚えていないのですが、

(1)結局のところ、クエイドは記憶を買って脳に入れようとした段階ですでに記憶が追加されていたのか?(トラブルが起きたというときにはもう記憶の中の世界?)

(2)果たしてクエイドは、二重スパイという記憶を消されていたのか?

(3)二重スパイだとしたら、クエイドは何のために、なぜスパイだったのか。

(4)ラストでは一緒に行動したメリーナと二人でいたが、どうなったのか? 物語のはじめから夢だったのか?

どうか教えてください。できれば大まかなあらすじや解説もお願いします。

コリンファレルのリメイク版のトータルリコールを見てきたのですが、よくわかりません。
今日、トータルリコールを見てきました。 どうも旧作とはストーリーが違うようですが、イマイチわからないことがあったので教えてください。

あらすじは、

地球は汚染されていて、貧困層と裕福層の二つの地域にわかれていた。 主人公のクエイドはロボット警官を作る工場で働いていて、見知らぬ女性と病院を抜け出す夢に悩まされていて、リコール社を訪ねる。

そこで二重スパイになる記憶を取り入れようとしたが、トラブル...続きを読む

Aベストアンサー

ストーリーは基本的には,シュワちゃんの時と変わりません。
1.はい。
2.はい。
3.前作と同じで,レジスタンスの首魁の居場所をつかむため。
4.夢だったパージョンと,現実だったバージョンの2つがあると思われます。
前作も,両方用意していて,放映権を買い取った会社に、どちらを使うかを任せていたようです。
今回も,リコール車の広告を大きく映していたので,どちらにでもとれるように作ってあります。

Qマトリックスのどーしてもわからない所(レボリューションズネタバレやや有)

初歩的な事かもしれませんが、よくわかりません。
サイトや過去の質問を読みましたが??なので、質問させて頂きます。

結局、ネオやザイオンはプログラムの一部だったと考えて良いのでしょうか。とすると、現実世界といわれている場所もプログラムの一部??ザイオンと戦っている機械や機械の国もプログラムの一部??
私たちが映画で見ていて現実世界だと思っていたものが、大きく考えると全て仮想だったんだと思っていいのでしょうか。全然違います…?
もしそうだとすると、全てを悟ったネオは、仮想だと知りながら共存という結末で妥協しようと考えたわけですか?
またこれらをプログラムしているのがアーキテクトだとすると、アーキテクトが設計するように指示しているのはどこの誰なんでしょう?

わかりにくくてすみません。
つまり質問は、現実世界でのネオ、ザイオン、機械達は本当に存在しているのか、していないのかという事。アーキテクトの裏に誰がいるのかという2点です。

Aベストアンサー

リローデットでソースに行ったときネオにアーキテクトが救世主も作られたものでザイオンも何代目かというような会話がありました。
多分この辺でネオもプトグラムかと考えてします要因があると思うのですが、ネオはプログラムではありません。
リローデットの最後にネオがセンチネルに対しパワーを使って倒したので、現実世界も実は仮想かと言う様な予測をした人が大勢いたようですが、結局ネオもザイオンもリアル世界の設定でした。
もちろんマシンシティもリアル世界です。

ここからは私の解釈になります。
ちょっと誤解しやすいのですが、マトリックス(仮想現実)は人の頭の中に構成されるものです。
プラグにつないでマトリックスに行く様な表現になっていますが、マトリックスのデータのあるコンピュータにアクセスしてデータを人の頭の中にダウンロード(又はインストール)して、展開される仮想現実(夢のようなも)のです。
夢と違うのは
1.コンピュータに見せられている管理された情報である。(ここで言う情報とは見る聞くなどの五感の刺激や物理現象などすべての情報)
2.私たちが見る夢は非現実的な、例えば空を飛ぶとか一瞬に移動するなどのことが可能(そおいう夢を見たことありませんか?)だが、管理された情報のため空を飛ぶとかは出来ない。

という様な制限があります。
丁度私たちがインターネットにつないでホームページなどのデータを閲覧している状態に似ています。
(閲覧とはインターネット上にあるデータを自分のパソコンにダウンロードしてIEなどのブラウザで表示してい状態。他人とのコミュニケーションも掲示板やチャットで出来ます。)

アーキテクトはザイオンが一定期間経つとマトリックスから脱落した人が増えこの人たちを放置すると危険なので一掃する。そして救世主によってマトリックス内から21人を選び新たなザイオンを形成するというサイクルを過去に5回行ってきている。救世主はその役目を果たすために他人への愛情を抱きやすような属性が与えられている。
と言っています。
これら一連のサイクルが行われるように仕組まれているということです。
救世主もその際の仕組みの一部です。

私が思うに救世主とは、コンピュータに選択された(選択基準はわかりませんが)、上記2.で書いたような制限を解除するプログラムをインストールされた人のことを言うのだと思います。(劇中の表現で言うと属性を与えられた人)
1作目で、マトリックスでの戦闘の際トリニティーがヘリの操縦方法をインストールした様にデータなどをインストールすれば能力が備わるという設定になっています。つまり外的操作が可能ということです。
そしてマトリックスに都合がいいような選択(プラグにつながれた人の命を救う為、今のザイオンを諦め新たなザイオンを作るという選択)をするように自分よりも他人への愛情を優先させるようにしてあったと言うことのようです。
しかし、ネオはこれまでと違う選択をし、現在のザイオンを救える唯一の選択をしたのです。これがマシンシティでの取引です。

ネオが現実世界で超能力を使えたのは仮想現実が肉体にも影響するという設定の延長上にあるからと考えます。「仮想現実での死は肉体の死」です。よって、仮想現実で使える能力が現実での能力を引き出しても不思議ではありません。実際の私たちの世界でも超能力者と言われる人はいます。また、すべての人が超能力が使える可能性を秘めているが、使い方を忘れてしまっているとも言われています。
ネオがマトリックスで能力を使えるように仕組まれていたことが現実世界に反映されたと考えてもいいと思います。

アーキテクトは人類をマトリックスという仮想現実で生き続けさせる事を目的に書かれたプログラムです。
「アーキテクトが設計するように指示」という表現だとアーキテクトがもともといて別の何者かが「お前やれ」と言っている様にとれますがそうではなく、発電所に人間をつなぐと言う構想がスタートした段階から仮想現実は必要であったはずですので、アーキテクトも発電所の開発と同時に書かれたプログラム考えます。よって、答えは発電所の開発をしたマシンシティにいる機械(又はプログラム)と言えると思います。
(それが誰だと言われても困りますが・・;・)


(ちなみに、そもそもザイオンの存在そのものが私にはよくわかりませんが・・・。異常をきたした人間は溶かして栄養に変えてしまえば排除できるのに、なぜ救世主に21人を選ばせ新たなザイオンを造らせるのかが理解できません。マトリックス世界の設定上の穴かな)

リローデットでソースに行ったときネオにアーキテクトが救世主も作られたものでザイオンも何代目かというような会話がありました。
多分この辺でネオもプトグラムかと考えてします要因があると思うのですが、ネオはプログラムではありません。
リローデットの最後にネオがセンチネルに対しパワーを使って倒したので、現実世界も実は仮想かと言う様な予測をした人が大勢いたようですが、結局ネオもザイオンもリアル世界の設定でした。
もちろんマシンシティもリアル世界です。

ここからは私の解釈になります...続きを読む

Q一度もデートしたことない彼女についての質問です

はじめて質問させて頂きます~!

僕は二十代前半男子です。

会社に入った当初から付き合っている彼女がいます。
付き合って約七ヶ月です。
最初は僕の一目ぼれでした。
初めて会ったときにインスピレーション(?)を感じ、彼女も僕に好意を持つようになると確信しました。結果は・・・ビンゴ!!でした。
なぜ、そう感じたかというと彼女の好みの男性のタイプを聞くと正に僕のことを言っていると思えるような発言でした。
そこで僕は告白したんだけど、彼女は照れているのか返事をにごされてしまいましたが、拒否されてはいません。それって一般的に考えてOKってことですよね?

しかし、彼女は僕に好意があるにもかかわらず電番を教えてくれません。(メアドは会社の同僚から聞いて知っています)
メールを打っても返事がほとんど来ません。
彼女は奥手なタイプなんでしょうか?
もうすぐ彼女の誕生日が近いので僕は旅行などを考えています。
しかし、応じてくれればこれが初旅行&初デートになります。
今までも、休日にはデートの誘いを何度もしたのですが忙しいらしくまだ一度もデートしていません。

そこで、女性の皆様に質問です。
彼女のような、奥ゆかしい純情な女性を旅行に誘うときは何といって誘ったらいいのでしょうか?
プレゼントはやっぱり給料三か月分の指輪がよいと聞いたことがあります。
他に何か良いプレゼントがあれば、それも教えてください。
将来的に結婚を考えているので、多少値が張るプレゼントでも構いません。

よろしくお願いします。

はじめて質問させて頂きます~!

僕は二十代前半男子です。

会社に入った当初から付き合っている彼女がいます。
付き合って約七ヶ月です。
最初は僕の一目ぼれでした。
初めて会ったときにインスピレーション(?)を感じ、彼女も僕に好意を持つようになると確信しました。結果は・・・ビンゴ!!でした。
なぜ、そう感じたかというと彼女の好みの男性のタイプを聞くと正に僕のことを言っていると思えるような発言でした。
そこで僕は告白したんだけど、彼女は照れているのか返事をにごされてしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

補足ありがとうございました。
何も言わなかったのですが、前回の回答を覚えてくれていたんですね。
とりあえず今はいい同僚って感じじゃないんですかね。
少なくとも嫌われているということはないでしょう。
ただ電番だけは全然わかりません。
何でも聞いてみいてみないとわかりませんね。
近々彼女との関係について深く話すつもりなんですね。
彼女の事が好きであればあるほど怖いはずなのに、その勇気は本当にすごいと思います。
頑張ってくださいo(^_^)○
俺の好きな人もなかなか気持ちを表に出さないのです。
なのでなかなか深い話にもっていくことができません。
ずっと凹んでましたが、友達に励まされてまたやる気になりました。
次に会えるのはいつかわかりませんが、その時は必ずいい感じにもっていこうと思います。
そしてそれまでできるだけ自分を磨いて前とは比べないものにならないくらい輝いた姿をみせたいと思います。
cupnoodle777さんに負けるわけるにはいきませんからね。
はっきりいって俺はかなりcupnoodle777さんに刺激されています。
この質問のおかげで俺自身も成長できたと思うし、好きな人とうまくいく確率も高くなったと思います。
cupnoodle777さんからのすばらしい報告があることを願っています。
本当にうまくいってほしい。
cupnoodle777さんなら彼女を幸せにできるはず。

補足ありがとうございました。
何も言わなかったのですが、前回の回答を覚えてくれていたんですね。
とりあえず今はいい同僚って感じじゃないんですかね。
少なくとも嫌われているということはないでしょう。
ただ電番だけは全然わかりません。
何でも聞いてみいてみないとわかりませんね。
近々彼女との関係について深く話すつもりなんですね。
彼女の事が好きであればあるほど怖いはずなのに、その勇気は本当にすごいと思います。
頑張ってくださいo(^_^)○
俺の好きな人もなかなか気持ちを表に出さな...続きを読む

Qガタカ(ネタバレ注意)

レンタルビデオの店長のお薦めに惹かれて見ました。

ストーリー、映像ともに大満足です!(^^)

…なのですが、どうしても理解できないことがあります。
それはユージン(ジェード・ロウ)が最後に自殺してしまうシーンです。
なぜあの展開(ストーリー)でユージンは自殺してしまったのでしょうか?
いろいろな解釈はあると思いますが、私的にはユージンが旅に出てもう一度人生に挑むという方がスッキリしたのですが…。

みなさんの意見が聞きたいです。。

Aベストアンサー

大好きな映画で、何度も見ています。私は彼は初めから(遺伝子を売ると決心した時から)、目的を達成したときはこの世を去るつもりだったと解釈しています。その目的というのは、自分の遺伝子の勝利を見ることです。
映画のだいぶ初めの方から、黙々と自分のサンプルをとり続ける彼の姿が写されています。ヴィンセントが最後に驚くほどの一生分のサンプルは、短期間で一気にとれるはずもなく、最初からそのつもりで日々こつこつ貯め続けたからこそ残せたものでしょう。中盤、ヴィンセントがサンプルをトイレに流した時に「自分のものだ!」と激高するのは、それだけ思いを込めたものであり、自分が去る時に残す大切なものだと認識していたからでしょう。
また、酔ってベッドに運ばれるシーンでユージンは「車の前に飛び出した時も」と言いました。あれは自殺未遂の末があの体だったということを示唆したものだと解釈しています。普通の人なら死んでしまうところが、彼は死にませんでした。なぜ自殺をしようとしたのかは解りませんが、完璧であるがゆえの葛藤、周囲の期待からのプレッシャー、自信と現実の差…(金でなく銀メダルしかとれないこともある)、などが生きていくのを辛くしていたのではないでしょうか。
自殺に失敗しあの体になったとき、せめていま一度自分の遺伝子の勝利を見てから逝こうと決心し、ヴィンセントに出会い、勝利を見届けました。=ヴィンセントの勝利=宇宙への旅立ちでした。
ようやく勝利を掴んでこの世を去れたとき、首に下げた銀メダルは炎に照らされて金色に輝きます。
というのが私の解釈です。素晴らしい映画ですよね。

大好きな映画で、何度も見ています。私は彼は初めから(遺伝子を売ると決心した時から)、目的を達成したときはこの世を去るつもりだったと解釈しています。その目的というのは、自分の遺伝子の勝利を見ることです。
映画のだいぶ初めの方から、黙々と自分のサンプルをとり続ける彼の姿が写されています。ヴィンセントが最後に驚くほどの一生分のサンプルは、短期間で一気にとれるはずもなく、最初からそのつもりで日々こつこつ貯め続けたからこそ残せたものでしょう。中盤、ヴィンセントがサンプルをトイレに流...続きを読む

QLD(レーザーディスク)ってデジタルじゃないの?DVDとかと何が違うの??

こんにちは。表題の通りなのですが、LDってデジタル方式で記録されているのでは無いのでしょうか?
余り詳しくないので嘲笑されるかも知れませんが、
「デジタル=きれい」ってイメージがあって、発売当初はVHSに比べて画像がはるかに「キレイだなぁ、さすがパイオニア」って感じがしたのですが、今DVD時代になって、古い映画とかのDVD版をみてもはるかにDVDの方が画像がきれいな気がするので・・・。
画質はやはりDVDの方がはるかにイイのでしょうか?
LDはなぜDVDほど画質が良くないのでしょうか?
劣化についてはどうなのでしょうか?
どなたかご存じの方お教え下さい。よろしくお願いします。
ターミネータ2のLD買った当初は、きれいすぎてびっくりしたんだけどなぁ(笑)

Aベストアンサー

LDの発売当初から愛用しています。

私はソフトがLDとDVDの両方を同時発売していた時代も経験しており、アニメでは、「鋼鉄天使くるみ」「アキハバラ電脳組」「ターンエーガンダム」などを同時発売、同時購入しています。

デジタルマスタリングで作成された作品は、LDでもDVDでも大差ありませんでした。初めにデジタル素材として作成されたものについては、LDでも高画質で記録されているのです。

しかし、旧アナログ素材の作品だと、DVDに軍配があがりました。「ウルトラマン」など、素材がすでに著しく劣化している作品は、LD化当時も「当時最高の高画質」をアナログ補正で最大限におこなっていて、たしかに色あざやかになっていました。しかし、DVD化では、さらに進んだデジタル補正がかかったので、フィルム合成の劣化部分まで補正され、素晴らしい仕上がりになっていました。
デジタル補正は適正な使い方をして意味があると思いました。

DVD化された昔の映画をみて綺麗に見えるのは、そういう訳なのです。
LD時代の技術とは違う補正を素材に施しているからです。

現在では実現不可能ですが、同じ補正をかけた素材をつかえば、LDの方が高画質になる作品も存在します。

特に動きの速いシーンの多い作品、色、輝度の変化が大きい作品では、一コマという単位で記録できないDVDでは破綻が生じます。ここはLDの独壇場です。

「鋼鉄天使くるみ」では、初回DVDではオープニングタイトルの動きの早さにMPEG処理が間に合わず、細部がブロック化してしまい、(ディスク記録信号自体がブロック状態)1年後にニューマスター版を発売してこれを直しています。

私はLDを今も愛用し、(まだ未開封のLDが数百枚あります。)DVDだけに偏らない使い方をしています。

劣化では痛い目にあっています。
「ウルトラセブン」ではディスクを取り出したら、接着面がはがれてまっぷたつになっていました。
「きまぐれオレンジロード」は13枚、ある時期からスノーノイズが多発して見るに堪えない画像になりました。
「スーパーロボットレッドバロン」も初回購入LDはスノーノイズで早い時期に破綻したため、LDBOXを二つとDVDBOX一つを買い直しています。
半永久保存版といいながら、実際は10年から20年で破綻がはじまりましたね。

以上、ご参考になれば幸いです。

LDの発売当初から愛用しています。

私はソフトがLDとDVDの両方を同時発売していた時代も経験しており、アニメでは、「鋼鉄天使くるみ」「アキハバラ電脳組」「ターンエーガンダム」などを同時発売、同時購入しています。

デジタルマスタリングで作成された作品は、LDでもDVDでも大差ありませんでした。初めにデジタル素材として作成されたものについては、LDでも高画質で記録されているのです。

しかし、旧アナログ素材の作品だと、DVDに軍配があがりました。「ウルトラマン」など、素材がすでに著しく劣...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q映画「シェーン」の主人公は死にましたか?

映画「交渉人」の中で、ウエスタン好きの男が、
映画「シェーン」のラストシーンで、去って行く主人公はすでに死んでいる、
全く動かないのが証拠だ、と力説する場面が二度あります。
シェーンは死んでいるのでしょうか?
そもそも弾に当ったという記憶がないのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔から論争のあったネタですね。日本の映画ファンの間でだけかと思っていましたのですが、『交渉人』でも同じやりとりがあったので、“アメリカでも同じ論争があるのだな~”と思いました。

>そもそも弾に当ったという記憶がないのですが。

ウィルソン(殺し屋)もストレーカー(敵の親玉)も、まともにシェーンに向けて発砲はできていませんが、3番目の男が2階のバルコニーからショットガンで撃ったときには弾が当たった可能性があるように見えます。というか、よく見ますとアラン・ラッドは「撃たれた!」という演技をしていますよ。左の肩から脇腹あたりに痛みを感じているという動作になっています。
その後、去っていくまでずっとシェーンは左腕をぶらぶらさせたままでいます。
ジョーイ(少年)のセリフでも“シェーン、血が出てる”というのがありますので、撃たれたことに間違いはないでしょう。映像として血が出ていないのは当時の映像表現における'品'の問題だと思います。

(最大の問題は、別れ際にシェーンは'左手でジョーイの頭をなでる'んですよね。カメラアングルや演出上で仕方がないとはいえ、その後またすぐに'左手ぶらぶら状態'に戻るのでちょっと違和感がありますが、それは突っ込まないようにしましょう。)

>全く動かないのが証拠

確かに、シェーンは右手で手綱をとり左腕をぶらぶらさせたまま去っていきます。馬上でほとんど動きませんが、その身体の揺れ方は弱々しく、確かに死を感じさせますね。
日本での論争では、この際にシェーンは墓地の中を通っていきますので「明らかに死を暗示している」という説が有力でした。「あの墓場でシェーンは死のうとしているのだ」という説もありましたが、それは穿ちすぎの解釈だと思いますね。そんな身近なところで死んだら、それを知ったあの家族がみんな悲しむことになるのだから、シェーンとしてはいまにも死にそうであっても、できるだけ遠くに行こうとしているというふうに思いたいですね。

で、実際に死んだのか?
といいますと、監督としては「ガンマンの時代が終焉して農民の時代が来る」ことを暗示しているのだと思いますね。
ストレーカーとのやりとりの中にも
シ“お前たち(ガンマン)の時代は終わった”
ス“(お前もガンマンなのに)お前はどうなんだ?”
シ“俺は心得ている”
という意味深なやりとりがあり、シェーンが時代の変遷とともにガンマンとしての自身の引き際を強く感じているふしがあります。
(このあたり『七人の侍』の“勝ったのは百姓たちだ、俺たちではない”というセリフにもつながるものがありますね。)

というわけで、シェーンは滅び行くガンマンの時代の象徴として去っていったのであり、その描写として強く'死'のイメージが描かれていますが、彼個人が死んだのか、それとも負傷したまま遠くへ去っていったのかは観客の思いにゆだねられているのでしょうね。

PS:私個人としてはシェーンは「ただ、去っていったのだ」と思いたいのであります。

昔から論争のあったネタですね。日本の映画ファンの間でだけかと思っていましたのですが、『交渉人』でも同じやりとりがあったので、“アメリカでも同じ論争があるのだな~”と思いました。

>そもそも弾に当ったという記憶がないのですが。

ウィルソン(殺し屋)もストレーカー(敵の親玉)も、まともにシェーンに向けて発砲はできていませんが、3番目の男が2階のバルコニーからショットガンで撃ったときには弾が当たった可能性があるように見えます。というか、よく見ますとアラン・ラッドは「撃たれた!」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報