シュワちゃん主演の映画「トータルリコール」のエンディングについて、友達と言い合いになってしまいました。

トータルリコールを初めて見たのは、10年くらい前だったと思いますがドイツの映画館でした。
その後しばらくして日本に帰ってきてから、いまいちわからなかった個所があったのでビデオを借りて見たんですが、最後は火星に酸素ができて、シュワちゃんとブルネットの髪の女性が手を取り合いハッピーエンド、すべては現実のものだったと記憶しています。
友達は、シュワちゃんが最後に目が覚めて、火星での出来事全てがリコール社に見せられた夢だったと言って譲りません。

どちらが本当のエンディングですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

#7です。

幸いにして、(ネタバレ)と入れて下さっているので、この問題のエンディングの内容とこのエンディングをどこで見られるか書いておきます。

まず本当のエンディングですが、時間にして5秒ぐらいです。エンドクレジットが流れた後、トータル・リコール社の夢を見られる機械に座っているシュワルツネッガーがむくりと起き上がり、左右をきょろきょろと見て、にっこりと笑って終わりです。
まあ、「火星での出来事は全部夢でした」という説明はありませんが、そう取れるシーンです。少なくても火星が空気で満たされてよかったね、で全部終わりではないです。
続いて、このエンディングが見られる媒体ですが、なぜか日本語吹き替え版のビデオです。本編のエンドクレジット、吹き替え版のスタッフのクレジットが流れた後に出てきます。

なぜ映画館で見られなかったのかその辺の事情はわかりませんが、このシーンが映る前にフィルムを止めてしまったからではないかなーと思います。もし事情に詳しい方がいたらフォローして下さい。

この映画は、夢オチエンディングがほとんどの媒体でカットされているので、夢オチエンディングを知っている人が嘘つきか勘違い野郎だと思われるというちょっと問題のある作品です(笑)。多分、いろんな人が「おまえ、勘違いしている」って笑われているんじゃないかなぁと思います。お友達も凹んでいるかもしれません。もし、お友達と会ったら「そういうエンディングもあるらしいね」と優しく肩を叩いてあげて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく説明していただいて、ありがとうございます。
日本語吹き替え版のビデオにのみ収録されているとは、謎ですねー。
しかも本編のエンドクレジットの後の吹き替え版のスタッフのクレジットの後とは…なんか付け足したみたいな気がしてなりません。
私だったら、日本語吹き替え版を観てても見逃していたかもしれません。

きっと私の友人は日本語吹き替え版のビデオを観たんでしょうね。
すごく自信に満ちた顔して絶対に譲らなかったのです。
悪いこちしたなって今は思ってます。
友達に会ったら、この話をしてあげます!
回答ありがとうございました。

ところで、おもしろいお名前だと思ったら私と共通の趣味をお持ちのようですね。
実はさっきまで、白ウナギイヌを4回も見てきたところなんです(笑)
もちろん、勝ちました。
(何の話かわからなかった方、ごめんなさい。パチンコの話です。)

--------------------------
wanean-paradiseさんのお礼の場所ですが少しお借りします。

>#3さん
「回答ありがとうございました」を書かなくてごめんなさい。
わざとではなくて、単なる書き忘れです。
申し訳ありませんでした。

>#4さん
どうやら友達は日本語吹き替えビデオを観たようです。
友達に聞いて報告するつもりでしたが、多分そうだと思いますので、これで締め切らせていただきます。

>回答者の皆様
十分な回答をいただけたようですので、これで締め切らせていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 22:13

#8です。



はい、はい、私も明るくなっても座っているタイプですが、記憶にありません。その後ビデオでもレンタル開始と同時ぐらいに見ましたが、ここにもありませんでした。

#7さんのリンクを読ませていただき愕然としました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよね。愕然としてしまいますよねー。

当時の私は映画を吹き替えで観るなんて邪道だとまで思っていたものですから(最近は吹き替えしか借りない)当然字幕のビデオ借りて観たんです。
だから、そのシーンがなかったんですね。

監督の意向は「夢」か「現実」かどちらなんでしょうね。
スタッフのミスで字幕版にあのシーンをただ入れ忘れただけ、なんてオチじゃ・・・。
まさかね・・・。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 21:49

変ですねー。


私は映画館で観ましたが、夢オチのシーンはなかったですよ。
もちろん、エンドクレジットまで全部観る人です。

上映映画館によって違ったんですかねぇ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

#11さんの回答にもありますように、どうやら2種類あるみたいです。
私も映画館だとエンドクレジットまで全部観るんですけど、そんなの無かった記憶があります。

なぜ日本語吹き替えビデオのみにそのシーンが入っているのか?
謎ですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 21:39

実は、昔私も友人と全く同じ議論になりました。



私は前者、友人は後者、お互い譲りませんでした。

友人が自信を持っていたのは、もし火星の出来事が現実なら、あのブルネットの女性が、リコール社が用意した女性の選択肢にあったのがおかしい、ということです。

私の説明は、シュワちゃんの潜在意識の中にすでに、あの女性の顔があったからだと言ったんですが、納得してもらえませんでした。

私が「じゃあ逆に説明してくれ」と友人に言ったのが、薬を飲まされそうになったときの、手下の額の汗です。これが夢の中のことなら、元に戻してやろうというときに汗をかくのはおかしいですよね。事実、シュワちゃんはその汗を見て、ヤバイ薬だと気づいたわけですから。

従って、私は「現実」との自信を持っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

juviさんも同じ経験をされたのですね。

ご友人の説明のブルネットの女性のことは言われてみれば納得してしまいそうになります。
しかし#11さんのご回答にもありますように、日本語吹き替えを見たか見てないかで変わってきてしまうので、どちらでも正解でいいですよね。
個人的には「現実」のほうが好きです。

回答ありがとございました。

お礼日時:2003/06/26 21:32

お友達が合ってるかな。

お友達の言っているシーンが出てくるのはエンドクレジットがずらずら流れた後ですので、エンドクレジットをきっちり観るという人でもない限り気づかないでしょう。しかも、テレビでは当然のようにカットされています。
だけど、あれだけ長々観て「実は夢でした(笑)」では怒り出す人もいるかもしれませんので、カットして正解なのではと個人的に思います。

参考URL:http://jtnews.pobox.ne.jp/movie/database/treview …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

#11の回答も見させていただきました。

うーん、びっくりしました。
ただ、もう唖然…
だってずーっとずーっと現実だと思ってたのにぃ~。

>カットして正解なのでは

私も同意見です。
映画でも小説でも漫画でも、夢オチって卑怯ですよねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 21:23

あくまで噂を聞いたことがある・・・という話なんですが、


この映画をTVで放映したときに一度だけ「火星での出来事全てがリコール社に見せられた夢だった」という風に解釈できるようなシーンが(TV局の編集によって)付け加えられていた・・・らしいのです。

私は観た事はありませんし、信憑性にかける噂なのだとは思うのですが、お友達の方がそう信じていらっしゃるということは、そういうこともあったのかもしれないな~とあらためて思いましたね。

この回答への補足

「補足する」の場所の使い方がよくわからないのですが、ちょっとここに書かせてくださいね。
#11さんのお礼のところを少しお借りして書こうと思ってたのに、忘れてました。

もしかしてTVで放送されたのは吹き替え版だったのかもしれないですね。
それか字幕版をTV側で用意した声優さんに吹き替えさせて、ラストシーンだけ付け加えたとか。

補足日時:2003/06/26 22:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな噂が・・・やっぱりその可能性があるんですね。
ここは友達にどこで見たのか問いただしてみる必要がありますねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 13:05

懐かしいですね。

じっくり見ていないと混乱しますが、火星にいくことは現実でした。元々火星を統治していたコウヘイゲンの部下としていたシュワちゃんでしたが、火星の反乱軍をせん滅するため、自分で記憶を消し別人(クエイド)として地球へ行って生活したわけですが、断片的な記憶があり、それでリコール社にいってみたわけですが、記憶の旅行をするまえに、断片的な記憶が少し復活し、結局、リコール社へ行った記憶を消されてしまいました。
そのあと、夫婦(?)だった女がシュワちゃんを殺そうとしたので、自分が記憶を消されていたことがわかり、火星にいくことになったのでした。

コウヘイゲンの元々の部下 -> 記憶を消し、反乱軍へ潜入するための別人 -> 地球へいき火星での記憶を消された別人(クエイド) -> リコール社で一時的に記憶を消された -> 火星にいったあとでリコール社の人と元妻が、リコールでの火星の諜報部員だとうそをいった場面 -> ミュータントが殺されもう一度記憶を消されそうになった場面 -> エンディング

といった記憶の場面が混在しているのですが、火星にいったときから現実としてすすんでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

整理していただいて、ありがとうございます。
コウヘイゲンの部下だった時は実はシュワちゃんはワルだったんですね。
どっちだかわからなくなってしまいます。
あらすじ見ると、ほんとややこしい映画ですねー。

>火星にいったときから現実

やっぱりそうですよね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 13:00

こんにちは。



最後の最後に夢オチ。なんて事にはなってなかったと思いますが。お友達の説は間違いだと思います。
後で特別編か何かが放映され、全てが夢オチ、というカットを載せた可能性もなくはないですが、少なくとも劇場公開の時点でそんな事はなかったと思います。

火星全域に空気が生み出され、虐げられていた住人は解放される。となる事でハッピーエンド、ちゃんちゃん(笑)な訳ですから、わざわざ夢オチにしてなんだこりゃ?的に終わらせる必要は無いと思うんですけど。
お友達はどこでご覧になったのでしょうね?あるとしたら見てみたい気もします(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

>特別編か何かが放映され、全てが夢オチ、というカットを載せた可能性もなくはないですが

なるほど。
ありうるかも知れません。

>少なくとも劇場公開の時点でそんな事はなかったと思います

そうですよね。
これは私の記憶でもそうなんです。
でも私はドイツの映画館で見たので、ひょっとしてエンディングが違うのかな?って少し自信がなかったんです。

>お友達はどこでご覧になったのでしょうね?

本当ですよねー。
今度会った時に聞いて報告します。
2~3日で戻ると言って旅にでてしまって連絡がつかないんです。
それまでしばらくこの質問は締め切らないようにしておきますね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 12:50

Artemicionさんの記憶が正解です。

お友達は、ストーリーの途中での「主人公が夢を見せられる場面」と混同されているのかもしれませんね。
ラストの近く、空気の薄いところにシュワちゃんとブルネットの髪の女性が投げ出されたシーンで、目が飛び出そうになっていたのが怖かった思い出があります(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり私が正解ですよねー。

>目が飛び出そうになっていたのが怖かった

そうでしたねー。
私は偉大な指導者(お腹にいた人)の顔も怖かったです(笑)

お礼日時:2003/06/26 12:40

>最後は火星に酸素ができて、シュワちゃんとブルネットの髪の女性が手を取り合いハッピーエンド



こちらが正しいかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

賛同していただける人がいらしていただいてうれしいです。

やっぱりそうですよねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/26 12:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画トータルリコールの

映画トータルリコールのDVDを買えば、エンドロール後の最後のどんでん返しが見られるでしょうか?
それとも映画館だけの特典なのでしょうか?映画くわしい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が以前にエンドロール後のどんでん返しの噂を聞いて、検索した情報です。

参考URLの#7(#11)さんの回答が参考になると思います。
ただし、どんでん返しの内容が書かれていますから、ネタバレにはご注意ください。

回答によると、問題の映像が見られるのは日本語吹き替え版のビデオだそうです。
DVDについては書かれていないのでわかりません。

直接の回答ではありませんが、参考にしていただけると幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=585542

Qトータル・リコール: 元シュワちゃんは、悪い人の味方?

トータル・リコールを見ました。記憶を書き換えられたシュワちゃんが過去のシュワちゃんのビデオの指示により火星に行きましたが、悪い組織のボスに捕まってしまいます。そして、そのボスのオフィスで、昔のシュワちゃんがそのボスの仲間となっていたビデオを見せられるます。

質問: 昔のシュワちゃんは、本当に悪いボスの仲間だったのでしょうか?

Aベストアンサー

元々は火星を支配しようとする悪のボスであるコーヘイゲンの組織にいて、コーヘイゲンに敵対するレジスタンス組織を壊滅させる任務を遂行するスパイだったのです。
ところが、悪業に耐えられずレジスタンスに寝返りました。

これを知ったコーヘイゲンはシュワちゃんを捕えて会社の秘密が暴露されるのを防ぐのと、レジスタンスの情報を得る必要がありましたが一旦記憶を消しました。
記憶を消されてからはシャロン・ストーン扮する妻との結婚生活がありましたが、実はコーヘイゲンにとって不利になる火星の秘密を握るシュワちゃんの監視をしていたのです。

秘密とは火星の地下にあるエイリアンの遺跡が実は大量の空気を発生させるリアクターという装置であり、レジスタンスに協力した時に発見して、作動させるにはシュワちゃんの『手型』が必要になる様にセットしていたのです。
その直後にコーヘイゲンに捕まり、活動内容と秘密を漏らさなかった為に記憶を消されたのです。
バーでレジスタンスの一員であるメリーナに再会しても最初に冷たくされたのは、突然姿を消してしまい、やはりコーヘイゲンのスパイだと思われたからなのです。

元々は火星を支配しようとする悪のボスであるコーヘイゲンの組織にいて、コーヘイゲンに敵対するレジスタンス組織を壊滅させる任務を遂行するスパイだったのです。
ところが、悪業に耐えられずレジスタンスに寝返りました。

これを知ったコーヘイゲンはシュワちゃんを捕えて会社の秘密が暴露されるのを防ぐのと、レジスタンスの情報を得る必要がありましたが一旦記憶を消しました。
記憶を消されてからはシャロン・ストーン扮する妻との結婚生活がありましたが、実はコーヘイゲンにとって不利になる火星の秘...続きを読む

Qトータルリコールのエンディング(ネタバレ)

シュワちゃん主演の映画「トータルリコール」のエンディングについて、友達と言い合いになってしまいました。

トータルリコールを初めて見たのは、10年くらい前だったと思いますがドイツの映画館でした。
その後しばらくして日本に帰ってきてから、いまいちわからなかった個所があったのでビデオを借りて見たんですが、最後は火星に酸素ができて、シュワちゃんとブルネットの髪の女性が手を取り合いハッピーエンド、すべては現実のものだったと記憶しています。
友達は、シュワちゃんが最後に目が覚めて、火星での出来事全てがリコール社に見せられた夢だったと言って譲りません。

どちらが本当のエンディングですか?

Aベストアンサー

#7です。幸いにして、(ネタバレ)と入れて下さっているので、この問題のエンディングの内容とこのエンディングをどこで見られるか書いておきます。

まず本当のエンディングですが、時間にして5秒ぐらいです。エンドクレジットが流れた後、トータル・リコール社の夢を見られる機械に座っているシュワルツネッガーがむくりと起き上がり、左右をきょろきょろと見て、にっこりと笑って終わりです。
まあ、「火星での出来事は全部夢でした」という説明はありませんが、そう取れるシーンです。少なくても火星が空気で満たされてよかったね、で全部終わりではないです。
続いて、このエンディングが見られる媒体ですが、なぜか日本語吹き替え版のビデオです。本編のエンドクレジット、吹き替え版のスタッフのクレジットが流れた後に出てきます。

なぜ映画館で見られなかったのかその辺の事情はわかりませんが、このシーンが映る前にフィルムを止めてしまったからではないかなーと思います。もし事情に詳しい方がいたらフォローして下さい。

この映画は、夢オチエンディングがほとんどの媒体でカットされているので、夢オチエンディングを知っている人が嘘つきか勘違い野郎だと思われるというちょっと問題のある作品です(笑)。多分、いろんな人が「おまえ、勘違いしている」って笑われているんじゃないかなぁと思います。お友達も凹んでいるかもしれません。もし、お友達と会ったら「そういうエンディングもあるらしいね」と優しく肩を叩いてあげて下さい。

#7です。幸いにして、(ネタバレ)と入れて下さっているので、この問題のエンディングの内容とこのエンディングをどこで見られるか書いておきます。

まず本当のエンディングですが、時間にして5秒ぐらいです。エンドクレジットが流れた後、トータル・リコール社の夢を見られる機械に座っているシュワルツネッガーがむくりと起き上がり、左右をきょろきょろと見て、にっこりと笑って終わりです。
まあ、「火星での出来事は全部夢でした」という説明はありませんが、そう取れるシーンです。少なくても火星が空...続きを読む

Qトータルリコール(シュワちゃん主演)のDVDについて

みなさん、こんばんは。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の
トータル・リコールのDVDを購入しよう
と思っているのですが、
amazonで調べたら

トータル・リコール



トータル・リコールスペシャル・エディション(通常版)

の2種類ありました。

レビューをみても違いが分かりませんでした。

どう違うのか、ご存知の方、お教え願います。

Aベストアンサー

はじめまして。

ちょっと調べてみましたがNo.1さんの回答サイトからの引用になります。

4回販売されていて

1.
【DVD】 トータル・リコール
1999/09/24発売 PIBF-1126 税抜\4700 税込\4935

2.
【DVD】 トータル・リコール
2001/09/21発売 PIBF-81126 税抜\3760 税込\3948

3.
【DVD】 トータル・リコール <期間限定販売>
2002/08/23発売 PIBF-91126 税抜\2980 税込\3129

4.
【DVD】 トータル・リコール スペシャル・エディション <初回限定パッケージ>
2002/12/21発売 PIBF-1502 税抜\4700 税込\4935

<収録内容>
:本編ディスク 
:特典ディスク 

※特典ディスク付きの2枚組の豪華仕様

<本篇ディスク特別仕様>

1.16:9ニューマスター仕様
2.DTS&ドルビーデジタルの“ダブル5.1ch”サラウンド
3.アーノルド・シュワルツェネッガー&ポール・ヴァーホーヴェン監督による音声解説

<特典ディスク収録内容:ソフト初収録の貴重映像満載!(予定)>

1.バーチャル・バケーション
2.フォト・ギャラリー
3.プロダクションノート その他多数収録予定!


本篇113分+特典映像 片面2層×1+片面1層×1  カラー 
ビスタ 16:9/LB  日本語・日本語吹替え用・音声解説用字幕 
1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DTS/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)

発・販:パイオニアLDC

ということですのでスペシャルエディションの方は特典ディスクが1枚付いているようで内容は上記のとおりです。

参考になりましたらよろしいのですが・・・・

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15784

はじめまして。

ちょっと調べてみましたがNo.1さんの回答サイトからの引用になります。

4回販売されていて

1.
【DVD】 トータル・リコール
1999/09/24発売 PIBF-1126 税抜\4700 税込\4935

2.
【DVD】 トータル・リコール
2001/09/21発売 PIBF-81126 税抜\3760 税込\3948

3.
【DVD】 トータル・リコール <期間限定販売>
2002/08/23発売 PIBF-91126 税抜\2980 税込\3129

4.
【DVD】 トータル・リコール スペシャル・エディション <初回限定パッケージ>
2...続きを読む

Qトータルリコールとコブラ

シュワルツェネッガー主演の「トータルリコール」と寺沢武一の漫画「コブラ」は冒頭部分がまったく同じ設定ですよね。
前者は1989年に発表した小説が原作らしいのですが、コブラは1977年連載開始なので絶対元ネタはコブラだと思うのですが。
その辺に詳しい人がいたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

トータルリコールの原作はフィリップ・K・ディックの「追憶売ります」ですよね。
「追憶売ります」の初版は1967年です。
むしろ寺沢氏が「追憶売ります」を読んでる、という方が自然なような・・・。

コブラには随所に「他の映画」をモチーフにしたようなものが多いと思います。
(JCが家のどこかにしまってあったけど)

「追憶売ります」をきちんと読んでないので、違ってたらごめんなさい。

Qシュワの『トータルリコール』の吹き替えについて

DVD『トータルリコール』スペシャルエディションを入手しました。これでもかの弾着シーンが最高ですが、この作品のもう一つの魅力である日本語吹き替えについて質問です。

DVDに収録されている日本語吹き替えはシュワの声がTV版と違います。(TV版はスッパマンだったと思う)また、シャロン・ストーンの声も昔のショウビズ・トゥデイの女性の声の人でした。
個人的にTV版の声に愛着があるので、手に入れたいのですが、ビデオの吹き替え版もこのDVD版と同じ声なのでしょうか?

また、こういった日本語吹き替え版のデータベースなどは存在するのでしょうか?TV版とDVD版の声優キャストを知りたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

DVDの吹き替えは第一にビデオ版が使われることが圧倒的に多いです。
次にビデオ版が権利の関係で使えないときあるいはビデオ版の吹き替えが存在しないとき、テレビ音源を使ったりDVD用に新録したりします。
「トータル・リコール」の場合はビデオ版をそのまま使用しているようです。
またテレビ版の吹き替えは前記のような形でDVDに収録されているもの以外では、テレビ放送を待ってそれををビデオで録画するしか合法的な手段で手にいれる方法はありません。
吹き替えのデータベースですが
ビデオ&DVD版は下記

http://www.tora-2.com/VMKOE.HTM

テレビ版は下記

http://www.bekkoame.ne.jp/~uemura/gaiga/index.html

などがありますが吹き替えのデータそのもが膨大なためあくまでも一部しか載っていません。
なお「トータル・リコール」の吹き替えのキャストは下記の通りです。

「トータル・リコール」(ビデオ&DVD版/テレビ版)
アーノルド・シュワルツェネッガー(屋良有作/玄田哲章)
レイチェル・ティコティン(戸田恵子/弥永和子)
シャロン・ストーン(高島雅羅/小山茉美)
マイケル・アイアンサイド(内海賢二/羽佐間道夫)
ロニー・コックス(家弓家正/中村正)

DVDの吹き替えは第一にビデオ版が使われることが圧倒的に多いです。
次にビデオ版が権利の関係で使えないときあるいはビデオ版の吹き替えが存在しないとき、テレビ音源を使ったりDVD用に新録したりします。
「トータル・リコール」の場合はビデオ版をそのまま使用しているようです。
またテレビ版の吹き替えは前記のような形でDVDに収録されているもの以外では、テレビ放送を待ってそれををビデオで録画するしか合法的な手段で手にいれる方法はありません。
吹き替えのデータベースですが
ビデオ&...続きを読む

Qトータルリコールを見に行こうと思っています。

トータルリコールを見に行こうと思っています。
映画館は川崎の109シネマを予定しています。
スケジュールを見ると、 とても広いシアター1(DLP)と
狭いシアター10(SONY DigitalCinema)で上映しています。

ソニーデジタルシネマとDLPがどんなものかよくわからないのですが、
よくご存じの方にお伺いしたいのですが、
狭いシアターでもソニーデジタルシネマで見るほうが
よいでしょうか?
やはり広さを優先してシアター1のDLPで見るのがお勧めでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

トータル・リコールは3D作品ではないので、どっちで見てもほとんど違いはないです。Texas INstrumentのDLPとSony Digitalだと、Sony Digitalのほうが理論的には画質は良いのですが、実際には、元々の映像がDLP基準で作られていますから、見て区別は付かないでしょう。ですから、都合のいい時間でご観覧下さい。どちらでも良いなら、大きな劇場でご覧になることをお勧めします。

なお、14日はTOHOシネマズの日でTOHOシネマズ川崎なら1000円ですから、こっちで見た方が財布に優しいですょ。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyth/id11550/

Q「ターミネーター2」のシュワちゃんの頭の中

「ターミネーター2」で、ジョンの母親は、シュワちゃんの頭の中からチップと取り出して、金槌で叩き潰そうとするのをジョンが止めました。

質問: シュワちゃんは、ジョンの母親が、シュワちゃんの頭の中からチップと取り出すとき、積極的に協力しました。このときのシュワちゃんとジョンの母親の会話がよく理解できなかったのですが、何故、シュワチャンは、自分の頭の中から、命とも言えるチップを取り出すことに抵抗しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

一般公開された時にはカットされたシーンが、後でビデオ化された時に特別版が出てそれにはシュワちゃんが何故、人間の心を学習していったのかを詳しく描かれていました。

ジョンはシュワちゃんに何とか人間の心や、習慣、会話などを教えたかったけれど、最初に地球に来た時は何かを新しく学習出来るようにはプログラムされていなかったです。

ですが、チップを何らかの方法で変える事によって(やり方は忘れました。)学習能力が出来るプログラムになると分かったので、

体の修理をした時にその時ついでに、ジョンがチップもプログラムをやり直して学習出来るようにしょうと言って、シュワちゃんはジョンの命令に絶対服従ですから何の抵抗もしなかったのでしょう。

その後、シュワちゃんは子供に対して笑ってみたり、銃撃戦では一人も殺さなかったり、“アッサラサベイビー”と茶目っ気のあることを言ったり、

最後は涙は出ないけど泣きたい気持ちは分かるという名言を残し、指のポーズも作って消えましたが、
それらはチップのプログラムを変えたためにシュワちゃんが学習したことでしょう。

一般公開された時にはカットされたシーンが、後でビデオ化された時に特別版が出てそれにはシュワちゃんが何故、人間の心を学習していったのかを詳しく描かれていました。

ジョンはシュワちゃんに何とか人間の心や、習慣、会話などを教えたかったけれど、最初に地球に来た時は何かを新しく学習出来るようにはプログラムされていなかったです。

ですが、チップを何らかの方法で変える事によって(やり方は忘れました。)学習能力が出来るプログラムになると分かったので、

体の修理をした時にその時ついで...続きを読む

Q洋画、トータルリコール(ネタバレ注意!)

コリンファレルのリメイク版のトータルリコールを見てきたのですが、よくわかりません。
今日、トータルリコールを見てきました。 どうも旧作とはストーリーが違うようですが、イマイチわからないことがあったので教えてください。

あらすじは、

地球は汚染されていて、貧困層と裕福層の二つの地域にわかれていた。 主人公のクエイドはロボット警官を作る工場で働いていて、見知らぬ女性と病院を抜け出す夢に悩まされていて、リコール社を訪ねる。

そこで二重スパイになる記憶を取り入れようとしたが、トラブルが起きた。 突然警官が突入して、クエイドは警官たちを殺してしまい、家に戻るが妻も偽装結婚でスパイだった。

途中で友人が目を覚ませ、これは作られた記憶だと諭すが夢で見ていた女性に横で説得される。 実はクエイドというのは作られた記憶で、本当はハウザーというのが主人公の名前だった。

細かいところを覚えていないのですが、

(1)結局のところ、クエイドは記憶を買って脳に入れようとした段階ですでに記憶が追加されていたのか?(トラブルが起きたというときにはもう記憶の中の世界?)

(2)果たしてクエイドは、二重スパイという記憶を消されていたのか?

(3)二重スパイだとしたら、クエイドは何のために、なぜスパイだったのか。

(4)ラストでは一緒に行動したメリーナと二人でいたが、どうなったのか? 物語のはじめから夢だったのか?

どうか教えてください。できれば大まかなあらすじや解説もお願いします。

コリンファレルのリメイク版のトータルリコールを見てきたのですが、よくわかりません。
今日、トータルリコールを見てきました。 どうも旧作とはストーリーが違うようですが、イマイチわからないことがあったので教えてください。

あらすじは、

地球は汚染されていて、貧困層と裕福層の二つの地域にわかれていた。 主人公のクエイドはロボット警官を作る工場で働いていて、見知らぬ女性と病院を抜け出す夢に悩まされていて、リコール社を訪ねる。

そこで二重スパイになる記憶を取り入れようとしたが、トラブル...続きを読む

Aベストアンサー

ストーリーは基本的には,シュワちゃんの時と変わりません。
1.はい。
2.はい。
3.前作と同じで,レジスタンスの首魁の居場所をつかむため。
4.夢だったパージョンと,現実だったバージョンの2つがあると思われます。
前作も,両方用意していて,放映権を買い取った会社に、どちらを使うかを任せていたようです。
今回も,リコール車の広告を大きく映していたので,どちらにでもとれるように作ってあります。

Qシュワちゃんの代表作

アーノルドシュワルツェネッガーの代表作を挙げるとすれば、何を選びますか?理由なども交えて複数挙げてください。

Aベストアンサー

 絶対に「コマンドー」は外せません。
 分かりやすいストーリー、全盛期ともいえる筋肉、ド派手な爆発と銃撃戦、どれをとっても現代では再現不能な筋肉と鉛と火薬の嵐です。

 「プレデター」も良かったです。
 はっきりいって、2大怪獣が戦う「怪獣映画」でした。

 「イレイザー」
 T2以降では最高と思います。
 アクションが良かったのはこの辺までです。

 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報