プロが教えるわが家の防犯対策術!

ジオ・プロダクト、使ってるかた教えてください。

よろしくお願いします。

両手鍋の購入を検討してます。
お店で見た『ジオ・プロダクト』
ステンレスの鍋が欲しかったのですがあまり高すぎるのも嫌だったので、
こちらは値段も手ごろだし、なによりその見た目のすっきり感に惹かれ欲しくなりました。

実際使用されてるかた、使い勝手はどうでしょうか?
オールステンレスですが取っ手はかなり熱くなりますか?

製造元で磨き直しなどもしていただけるようですので、購入したら出来るだけ長く使いたいなと思っています。

A 回答 (1件)

こんにちは。


ジオ鍋使っています。両手鍋と雪平大小です。取っ手は熱くはなりません。もっとも取っての手元付近はそれなりに熱くなりますが,通常の使用で手元付近は触りません。

ただ,ジオは,表面が18-8ステンなのが残念です。18-10で作って欲しかった。鍋は長く使えますから,少々高価でも18-10の鍋の方がお薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

んーやっぱり高級なお鍋に比べると耐久性がちょっと…という感じなのでしょうかねぇ…。
では小さいお鍋を買ってみて良かったら両手鍋の購入を検討してみようかな。

参考になりました。感謝いたします。

お礼日時:2010/06/22 12:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ずかしながら現在持ってる鍋は
旦那が独身中に使っていた、アルミの両手鍋(カレー、豚汁などに)・片手鍋(ちょっとした煮物に)。
500円で買ったミルクパン(みそ汁)。
私の実家に眠っていた、寸胴鍋(おでんと煮豆)と浅型両手鍋(ほとんど使わず)。
新しい鍋を買って、台所でのテンションをあげたいのも理由の一つです。


圧力鍋を買いたくてずっと悩み続け買おうとしたのですが、調理や片づけが面倒そうだし、コトコト系の料理はあまり味がよくないようなので、気持は冷めつつあります。あと、一生モノなので高くてもいいというものの、部品交換の出費が。。

無水鍋は手入れも簡単そうで、お手頃だしと思いましたが、そこまで重宝されてないような書き込みが多く、今はシャトルシェフに気持ちが移りつつあります。

実際使われている皆さん、いかがでしょうか?

とにかく面倒くさがりなので、手入れが簡単に越したことはありません。
ゴシゴシ洗えて、収納面も。

それから、今使っているIH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロで、これを機に炊飯も鍋に変えようかとも思っています。(タイマーの便利さに負けないか不安なとこですが・・)


旦那と、子供2人の4人家族です。一日1回、4合炊いています。
とりあえず、カレーサイズの鍋を一つ検討しています。
ご飯も鍋でいけそうだったら、また後日買いたすとして。

結局は、使う人の好みや性格、何に重きを置くかだと思いますが、色々検索して逆に分からなくなってきました。よきアドバイスをお願いします。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ず...続きを読む

Aベストアンサー

#4です

私が愛用しているのは16cmのKBB-1600です。
一番小型のサイズですが、お味噌汁や肉じゃがなどではぴったりのサイズですね。
カレーもディナーカレーとかザ・カリーのような小箱サイズのだと、ちょうど作れる大きさです。
ただ、お子様が食べ盛りでしたらもっと大きなのがいいでしょう。
うちの場合は保温容器の置き場所の関係上この大きさが限界でしたが。

シャトルシェフの利点は、保温加熱中に具材が動かないので
味がよく染みているのに煮崩れしていない煮物が作れるところです。
ポトフなども、綺麗な透明なスープが取れますよ。
欠点は普通に火にかけるよりも調理に時間がかかるところでしょうか。
そのあたり逆算して調理をはじめないといけないですね。

あと、炊飯器ですが、予算に余裕があれば圧力IH炊飯器にすると世界が変わります。
やすい炊飯器にありがちな、べちゃっと感がまったくなく、ふんわりしゃきっとした美味しいご飯が炊けますよ。

Qステンレス多層鍋の空焚き

ステンレスの5層鍋で蒸しものをしていたら空焚きしてしまいました。
そのあと、水の中へ入れてしまいました。調べてみたらそれをやると鍋が目に見えなくても変形して、多層機能が損なわれるとか(涙)。
また、内側は所々焦げてましたが、ジフ(クレンザー)で殆ど落とすことができたんですが、外側が焼けて、まるで銅鍋のような茶色っぽい色になってしまいました。。。
ジフでいくらこすっても、少し落ちる程度です。
2年前に大好きな姉から結婚祝いでもらった物なので、これからも大切に使いたいです。
どうすれば元に戻るでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多層鍋を空焼きすると、多層鍋の層を形作るそれぞれの金属が膨張しますが、それぞれ膨張率が違うために、ある金属はとても膨張するけれど、ある金属は膨張しない等で、それぞれの層でゆがみが生じ、多層鍋の圧着がおかしくなり、金属同士の間に空間ができたりします。
また水にいれて急冷することは、急に金属が縮みますので、さらに金属の動きが大きくなり問題が出やすくなります。

その空間が空気ならばその空間のある部分の熱伝導は普通のお鍋程度ですし、真空ならば熱伝導が非常に悪いので、せっかくの多層鍋の熱伝導が大きく損なわれます。

こういった理由で多層鍋の空焼きはダメと言われるのです。

またお鍋にジフを使ったということですが、ジフ等の廉価のクレンザーな研磨剤の粒子が粗く、鍋を傷つけます。細かい磨きキズとかついていませんか?
少々お値段は高いですが、ステンレス鍋専用の鍋磨きを使った方がいいです。

私はフィスラーというメーカーの鍋磨きの液体研磨剤を使っていますが、キズどころか、研磨剤を使ったこともわからないくらいピカピカになります。

外側も、焦げであれば普段使いしながらこの研磨剤で何回も洗っているうちに、綺麗になると思いますが、焦げではなく、金属そのものが綺麗に薄茶色に変色してしまったのであれば、それはステンレスが酸化してしまった可能性が高く、もしそうであればもうとることはできません。
(研磨剤で表面を削り取れば多少はマシになるかもしれませんが、参加が表面だけなのか表面の層全体に及んでいるのかで変わってきます)

ただ、1度か2度くらいのことであれば、多少熱伝導の悪いところがあってもまわりのきちんと圧着できているところから熱が伝わりますのでそれほど大きな影響はありませんし、変色も少々見栄えが悪いだけで、これまた使用に影響はありません。

でも、何回も空焼きを繰り返していると、どんどんお鍋の寿命が縮みます。

せっかく大好きなお姉さんからのプレゼントですので、多少見栄えが悪くなっても捨てたりせずに大切に使ってあげてくださいね。

多層鍋を空焼きすると、多層鍋の層を形作るそれぞれの金属が膨張しますが、それぞれ膨張率が違うために、ある金属はとても膨張するけれど、ある金属は膨張しない等で、それぞれの層でゆがみが生じ、多層鍋の圧着がおかしくなり、金属同士の間に空間ができたりします。
また水にいれて急冷することは、急に金属が縮みますので、さらに金属の動きが大きくなり問題が出やすくなります。

その空間が空気ならばその空間のある部分の熱伝導は普通のお鍋程度ですし、真空ならば熱伝導が非常に悪いので、せっかくの多...続きを読む

Qジオプロダクトなどの多重層のフライパンについて

アサヒ軽金属のオールパンか、ジオプロダクトかクリステル、ビタクラフトのフライパンを購入するか迷っています。

悩んでいるのは、油をつかいたくないのですが、オールパンは寿命が2~3年で再加工に出さないといけないこと、多重層フライパンはお肉類卵を使うときは多少の油が必要なのか?(くっつく)ことが疑問です。

こつをつかめば油は使わなくてもいいという意見や、逆にお肉、卵類は油が必要という意見もありよくわかりません。

実際にお使いの方の御意見を伺いたいです。

割り切ってオールパンを使っていったほうがいいのでしょうか?

ハンバーグをジューシーに焼きたいと思っていますが、これもオールパンや多重層フライパンでも可能なのでしょうか?
また、焼き魚やぎょうざもよく作りますのでぎょうざもちゃんと多重層フライパンで焼けるのか気になります。

オールパンではちゃんとおいしく焼けるようです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ジオは7層で全面金属,ビタは9層でツマミやハンドルが樹脂。通常の使用でジオは,交換部品の必要が無い。ビタは,経年変化で樹脂部品の交換が必要になるかも。

ジオ鍋を幾つか持っています。クッキングガイドなる小冊子が付属されています。その中にステーキの焼き方(無油調理)なる説明もあります。ジオ鍋予熱して,無油,無水調理が可能ですが,予熱が不十分だと食材がこびりついたり,焦げ付いたりします。私は,予熱をすると言う事に慣れるまで結構失敗しました。肉を無油で焼いたりはしません。野菜の無水調理(ゆでたり)には重宝しています。

無油調理,無水調理に関しては,ビタも同じようなもんだろうと想像できます。

> また、焼き魚やぎょうざもよく作りますのでぎょうざもちゃんと多重層フライパンで焼けるのか気になります。

小冊子によれば,魚は,クッキングシートを敷いて,無油調理できます。餃子は玉子焼きは,少油調理と書いてあります(私は,このような調理はしていません。経験ありません)。

Qカレー、シチュー等、ルー1箱分作るなら何Lの鍋?

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、やはり鍋が小さく入りきりません。
いつも途中で別の鍋に少し移すことになってしまいます。
少し食べて減ったら、また鍋に戻すという面倒なことになっています。

24cm 4.5L
26cm 5.3L
28cm 7L
30cm 7.5L

と容量があり、どのサイズを買えば、どんなときも大丈夫なのか迷っています。
大は小をかねますので、本当は大きなものを買いたいですが、
シンクが小さくて鍋を洗うのが大変なので、大きすぎず小さすぎず、
調理時に縁ギリギリより少し余裕がある大きさが欲しいです。
現在の状況で、3L入れた状態ですと縁まで1~1.5cmくらいしか余裕がなく、
かき混ぜるのが大変です。
縁から5cm前後の余裕が欲しいです。

7L~ですと、今の鍋の2倍なので大きすぎるような気もしますが、
入りきらない分を別の鍋に移したり、余裕を考えると
~5.3Lですと小さすぎてお金の無駄になってしまいそうな気もします。
どのサイズが妥当でしょうか?
値段はみんな変わらない程度なので決めかねています。
みなさんでしたらどのサイズにしますか?
アドバイスお願いします。

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、...続きを読む

Aベストアンサー

私は2.8リットルの鍋で、ルー半分です。
やはり野菜を多めに入れるので、ちょうどよいくらいです。
(たまねぎ半分とか言われても、残った半分はどうしてくれるんじゃ!と言いつつ、全部入れてしまうので)

ルー全部だと、6リットル(24cm)の鍋を使います。

6リットルの鍋でも、おでんのときは、はんぺんが膨れて蓋を押し上げられてしまいます。
入れすぎなのはわかってるんですけど、おでんだからいろいろと入れたくなっちゃって。

Q鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。
私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。
(今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。)
そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。

テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。
 ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )
 ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )

 以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。

[鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。
 テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。

フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。
 また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。

煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。
 この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)
 家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、

炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。
 https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7

ステンレス/チタン:
 鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。
 湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイ...続きを読む

Q片手鍋と両手鍋について。

片手鍋と両手鍋がありますが、用途の違いなどあるんでしょうか?
同じ大きさの片手鍋と両手鍋を持ってるのですが、
使う時いつもどちらにするか迷ってしまいます。
意味があって違うのなら使い分けようと思うので、教えてください。

Aベストアンサー

18センチ以下の中身を入れて片手で持ち上げられる大きさが片手鍋
22センチ以上の片手では持てない大きさが両手鍋
20cmぐらいの鍋は両方ありますよね。

意味は特にないんじゃないですか?
その人の使いやすい方で使い分ければ。

野菜などを茹でて、ザルにお湯をあけるのには片手鍋の方が便利ですし、シチューや煮物など時間をかけて煮込む物は取っ手が引っかかったりして邪魔になるので両手鍋が便利です。

しかし、私も20cmの鍋を買う時にはいつも悩みます。
両手鍋でパスタを茹でてあわてたり、片手鍋にカレーを入れて余ったのを鍋ごと冷蔵庫に入れようとして取っ手が邪魔になったり。
そう思うと「取っ手が取れる・・・」なんていう鍋はいいかも。

Qステンレスフライパンで焼きそばを上手に作る方法

ステンレスのフライパンで焼きそばがこびりついて上手に作れないんですが
どういう風にやるのがいいんでしょうか。

鉄のフライパンで作っても少しこびり付くんですが、ステンレスだとかなり酷くて
そばの1/3くらいはもう駄目になってしまいます。

ステンレスフライパンは高温の調理には向いてないでしょうか。

Aベストアンサー

麺にしっかり火を通したいんですね。
麺を入れるときに袋から出して,炒めながらほぐそうとしていると焦げ付くってことでしょうか?
その時は,先に麺を袋から出して水か油でも掛けてほぐして下さい。
それと多分フライパンに入れる油が少ないです。
油を少なくしたいなら樹脂加工の物を使った方が簡単です。
ステンレスは多層ですよね?
高温は家庭用コンロぐらいなら大丈夫ですが,強火は苦手です。
中火で,と説明書き無かったですか?

1、材料を全て用意していつでも投入出来るようにする。基本ですが,これを怠って冷蔵庫なんかを往復していると焦げ付きます。
2,フライパンを熱して,油を多くして(最低でも今の倍ぐらい)少し煙が出るくらいまで熱して。待ってる間に麺をほぐして。
3,肉を入れてくっつかなくなる程度火を通し,野菜を入れる。
4、キャベツ(もやしが水分多く出ますのでお勧め)を入れると水が出てきますからそこで,弱火にして具材の上に麺投入。蓋をしちゃって下さい。慣れたら蓋や水はいりません。あとは混ぜつつ調味料入れるだけ。

慣れると野菜をしゃっきりさせたい!とか欲が出るはず。
やっている内に自分なりの手際が出来るでしょうから,蓋をしなくても自然と出来るようになると思いますよ。
色々楽しんで下さい。

ところでフライパンを撫でてみて下さい。
黒い焦げが残っていたり,ザラッとしてませんか?そこから焦げ付きやすくなります。
その時は,ナイロンスポンジかスチールウールに目の細かいクレンザー使って軽く撫でるように,しっかり落として下さい。
鉄も一緒です。
意外と今時の樹脂加工が焦げ付きだしても,下地が出てなければ割と復活します。

細かい傷は平気です。
その程度で表面がどうにかなるぐらいなら,鉄のへらなんか使えません。
わざわざ油がのるように,鉄だとファイバーライン加工やエンボス加工してある物も有るぐらいですから。
ステンレスだと多層でしょうから,そういった加工は普通しませんが。
ステンレスで細かい傷が気になるなら,ピカールでも使って磨いて下さい。

なぜか樹脂加工も鉄も使った後に洗剤使うな!と良く言いますが,カスが残っていると焦げ付きやすいので普段から洗剤付けてしっかり落として下さい。
洗剤使った方がナイロンたわし使っても攻撃性が低いです。
普通,説明書きにもちゃんと書いて有りますが、都市伝説みたいな物ですかね。
その後火に掛けて水気飛ばして薄く油塗っておくと良いですよ。

麺にしっかり火を通したいんですね。
麺を入れるときに袋から出して,炒めながらほぐそうとしていると焦げ付くってことでしょうか?
その時は,先に麺を袋から出して水か油でも掛けてほぐして下さい。
それと多分フライパンに入れる油が少ないです。
油を少なくしたいなら樹脂加工の物を使った方が簡単です。
ステンレスは多層ですよね?
高温は家庭用コンロぐらいなら大丈夫ですが,強火は苦手です。
中火で,と説明書き無かったですか?

1、材料を全て用意していつでも投入出来るようにする。基本ですが,これ...続きを読む

Q鍋と同素材の持ち手は熱くないですか?

すごーく初歩的な気もしますが、検索してもわからなかったので教えてください。

フライパンとか片手鍋の柄で、本体と同素材のものがありますが、調理中熱くならないのでしょうか?
同素材はすっきりして良さそうなのですが、鍋つかみ必須では使いにくいので買ったことがありません。
持っている鍋はぜんぶ木かプラスチックの持ち手付き。

鉄のフライパンで柄の継ぎ目そばに穴を開けて「熱が柄に伝わりにくい」とうたった物も見たことがあり、
「やっぱり普通は熱くなるんだ…穴を開けただけで本当に充分なの?」と疑ってしまってます(笑)

今欲しいのはホーローのミルクパンなのですが、左右に注ぎ口があり、縁巻きが無いものを探しています。
それ自体なかなか無くて、たまにあると柄までホーローで…と手が出せずにいます。

柄が同素材の鍋をお使いの方、調理中素手で持てるか?教えてください。

Aベストアンサー

私の知っている限りでは…熱いです。

片手鍋なら、柄にスッポリかぶせるタイプのミトン?がありますよ。鍋つかみも慣れればそんなに面倒ではありません。

Q米を洗ったあと、ザルに上げるのは何故?

よくお米の洗い方(研ぎ方)でお米を洗った後にザルに15分とか30分とか上げておくようにかかれてますが、どうしてですか?お米を洗って、その後吸水させるのにどうして一旦ザルに上げて水気を切る必要があるのですか?

あるところには、一度乾燥させると吸水がしやすくなりふっくら炊ける、とかかれていましたが、もしそうならばどうして乾燥させると吸水しやすくなるのですか?
それともそれ以外の理由があるのですか?
それともザルに上げる必要などないですか?

いずれにしてもその根拠を知りたいので、理論的裏付けをください。

なおここでは「洗う」「研ぐ」のどちらが良いのか?ということは問うてはいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あーハイ、料理の本にはたいていそう書いてありますよね。っていうか書いてあった、なのかな。かつては十中八九どころか全部そうだったと思います。

最近になって水に漬けッ放しを推奨するようになったような気がします。時間も長く取るようになったようで、昔は一時間だったのが今は二時間。いろいろ変わりますね。こんな基本的なことさえ。

たしか野崎洋光だったと思いますが、ザルに上げる理由を「そうしないと米の表面が溶けるから」と書いていました。経験的にはタワゴトだと思います。漬けっぱなしと比べてみましたが、私には区別がつかなかった。

ついでに言うと野崎は、あーそうだ、間違いなく野崎だ、乾燥させ過ぎると米が割れる、とも主張していました。これまた眉唾っぽい。あの人の言うことはいろいろと信じがたいものがあるな。

さて、一つザルに上げる理由として考えられるのは水溶性の栄養分の流出を嫌ってということがあります。米が含むものとしてはビタミンB1というクルーシャルなやつが水に溶けます。でも、言うまでもないことながら、水加減をあらかじめ決めて浸漬しておいてそのまま炊いてしまえばいいわけですけど。

長時間漬けておいてザルに上げ、しかるのちに水加減をするのは、この観点からはよくなさそうだとは言えると思います。まあしかし、今はいろんな食品を食べますからね。戦前のように米ばかり食っていたときの名残の習慣じゃないでしょうか。

あーハイ、料理の本にはたいていそう書いてありますよね。っていうか書いてあった、なのかな。かつては十中八九どころか全部そうだったと思います。

最近になって水に漬けッ放しを推奨するようになったような気がします。時間も長く取るようになったようで、昔は一時間だったのが今は二時間。いろいろ変わりますね。こんな基本的なことさえ。

たしか野崎洋光だったと思いますが、ザルに上げる理由を「そうしないと米の表面が溶けるから」と書いていました。経験的にはタワゴトだと思います。漬けっぱなしと...続きを読む

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む


人気Q&Aランキング