家は自営業をやっております。(製パン)
それで、パン一個あたりの原価計算などをパソコンでできないか?と、よく言われるのですが・・・。(たとえば、このパンは○個あたり×gの小麦粉と△gのジャムと□gの・・・・を使うから、一個あたりいくらである。って言うのがすぐ出るような・・・。)そのようなソフトはあるのでしょうか?
まったく無知なのもので・・・。
どなたかおしえてください。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

参考になるか解りませんが・・・・・。


原価計算は筆記すると大変なんですよね。
ひとつ、ひとつ計算しながら記帳しなくてはならないから・・・。
私も夜中までかかり筆記で原価計算帳を作ったおぼえがあります。

こちらは、どうでしょうか?
http://www2s.biglobe.ne.jp/~njtakada/


このくらいしか解りません。役に立てたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
さっそく見てみます。

お礼日時:2001/04/05 20:40

表計算で 作る 以外ないと 思います 自営業なら あと データベースソフト も 習得した ほうが いいと 思います ロータス アプローチ が 簡単なので お奨めします



参考URL:http://www.usf.co.jp/sbs/downroad/sbs.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそくみてみます。

お礼日時:2001/04/18 14:09

Excel等の表計算ソフトでもできますね。


簡単かどうかは貴方次第ですが、
「○個あたり×gの小麦粉」はかけ算ですし、
「一個あたりいくらである」は合計ですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一応エクセルでやり始めていたのですが、自信はあまりありません・・・。
(^^;)
エクセルでもできるのですね。
がんばってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/05 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直接原価計算でCVP分析を使う方法はメジャーじゃない?

問題集の解説を見ていると
直接原価計算で損益分岐点を出すときに
CVP分析の方法では解説しないで
貢献利益率をだして固定費で割る方法が書いてあるのですが
CVP分析は試験を解く上で効率の悪い計算方法なのでしょうか?

私はCVP分析を教わったので最初は解説を読んだときはちんぷんかんぷんでした。
また工簿2級でCVP分析を使用しないと解けない問題はありますでしょうか?

Aベストアンサー

CVP
Cost Volume Profit
費用 販売量 利益の関係を使って行う分析がCVP分析です。

「貢献利益率をだして固定費で割る方法」というのもCVP分析です。
したがって質問は意味が通じません。

さて、「CVP分析の方法」とやらを「損益計算書にあてはめて解く方法」とすると、「損益計算書にあてはめて解く方法」ですべてのCVP分析の問題が解けます。

損益分岐点は必ず出題されるので、「貢献利益率をだして固定費で割る方法」を覚えていれば便利な場合は多いです。
とくに貢献利益率がすでに求まっている場合は便利です。

損益分岐点は営業利益=0なので、損益計算書にあてはめて、
  売上高=固定費÷貢献利益率
を導くことが出来ます。

問題を解くだけなら式の暗記でもかまいませんが、理解を伴うのなら式を導けるようになることも大切です。

ちなみに、式の一般形は
  売上高=貢献利益÷貢献利益率
     =(固定費+営業利益)÷貢献利益率

QEXCELで上位10個のデータを平均したい

EXCELでA1セルからA100セルまで、任意の数字が入っています。
A1セルからA100セルまでの数字のうち、上位10個の数値を平均した値をB1セルに表示させたいです。
このような関数はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

10位の値が同値で複数ある場合、どうしますか?

例えば100個の数値が
1が50個、2が30個、3が15個、4が10個、5が5個
だった場合、4(6位)が10個あることになるわけですが
この場合は、10位以内、とするか?
(上記例だと、5が5個と4が10個を足して15で割る)
それともあくまで10個で考えるのか?
(上記例だと、5が5個と4が5個を足して10で割る)

前者なら
=SUMIF(A1:A100,">="&LARGE(A1:A100,10))/COUNTIF(A1:A100,">="&LARGE(A1:A100,10))
LARGE(A1:A100,10)で10位の値を求め
10位の値以上のデータを合計し、10位の値以上のデータの個数で割る

後者なら
=(SUMIF(A1:A100,">"&LARGE(A1:A100,10))+(10-COUNTIF(A1:A100,">"&LARGE(A1:A100,10)))*LARGE(A1:A100,10))/10
LARGE(A1:A100,10)で10位の値を求め
10位の値より大きいデータの合計と
10から10位の値より大きいデータの個数を引いた数に10位の値をかけた値
これを合算した後、10で割る

10位の値が同値で複数ある場合、どうしますか?

例えば100個の数値が
1が50個、2が30個、3が15個、4が10個、5が5個
だった場合、4(6位)が10個あることになるわけですが
この場合は、10位以内、とするか?
(上記例だと、5が5個と4が10個を足して15で割る)
それともあくまで10個で考えるのか?
(上記例だと、5が5個と4が5個を足して10で割る)

前者なら
=SUMIF(A1:A100,">="&LARGE(A1:A100,10))/COUNTIF(A1:A100,">="&LARGE(A1:A100,10))
LARGE(A1:A100,10)で10位の値を求め
10位の値以上のデー...続きを読む

Q永年作物の原価計算方法

永年作物(果樹など)を植えた場合、収穫された製品(果実)の原価はどのように計算されているのでしょうか?例えばリンゴなどのように植えてから、果実が収穫できるまで数年を要し、なおかつ数年間は収穫量が樹の生長とともに増加していき、ある年より(樹の生長がとまる?!)収穫量が一定(横ばい)が続き、その後収量が減少していく・・・、と毎年の原価計算の要素が一定でない場合などはどのように原価を割り出せばよいのでしょうか?
大変わかりにくい文章で申し訳ないのですが、ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

永年作物の原価は
収穫開始(前年)までに投入した「種苗費」や「肥料」「農薬」「管理費(労賃)」などを記入した『育成費』を元に計算すると良いと思います。

投入したすべての経費を育成費に分離して記入するのは面倒ですので、税務署や農業改良普及所等に問い合わせると「標準経費(育成費)」や「償却年数」を知ることができると思います。

なお、永年作物などの償却残存価は、取得価格の5%になりますので、計算方法(償却金額)を間違えないようにしてください。

Q原価計算の方法について

従業員10名で部品加工をしていますが、今回原価計算を
行なったのですが、正解・不正解の判断ができません
行なった計算法は、費用は全て1分単位で換算しました

製造品=機械加工3工程
(1)工程加工時間20分(A自動工作機使用)
(2)工程加工時間10分(A自動工作機使用)
(3)工程加工時間5分(B自動工作機使用)
人件費=A・B自動工作機担当者1名 基本給25万

担当者1分あたりの費用(月160時間勤務として26円)
電気水道代1分当たり費用(月10万/160時間で10円)
工場内作業者7名なので10/7=1.4(一人当たり1分間)
原材料費1000円

加工費
((1)工程20×26)+((2)工程10×26)+((3)工程5×26)
=910
電気水道
(1)~(3)工程合計時間35分×1.4=49
製品原価=1000(原材料)+910(加工費)+49(電気水道)
=1959
消耗品なども同じ考えで加算しています
実際は自動工作機は一人で2台は動かしています
人件費は26円ではなく13円での計算になるのでしょうか

宜しくお願い致します。


 
 

従業員10名で部品加工をしていますが、今回原価計算を
行なったのですが、正解・不正解の判断ができません
行なった計算法は、費用は全て1分単位で換算しました

製造品=機械加工3工程
(1)工程加工時間20分(A自動工作機使用)
(2)工程加工時間10分(A自動工作機使用)
(3)工程加工時間5分(B自動工作機使用)
人件費=A・B自動工作機担当者1名 基本給25万

担当者1分あたりの費用(月160時間勤務として26円)
電気水道代1分当たり費用(月10万/160時間で10円)
工場内作業者7名なので10/7...続きを読む

Aベストアンサー

実際の現場の様子がわからないし、原価計算の目的もわからないので適切な答えになっていないかもしれませんが。

原材料費は直接把握できるので問題ないでしょうから、工作機の使用時間1分あたりの費用をどう計算するかです。

koudenさんの計算方法では、担当者の勤務時間=機械稼働時間です。複数の機械を担当していれば
複数の機械の稼働時間合計>担当者勤務時間数
となり、おかしな事になります。

また、機械の稼働時間によって配賦すべき費用としては次のようなものが考えられます。
(1)工作機の減価償却費(orリース料)
(2)工作機担当者人件費(給与・賞与のほか社会保険料等の会社負担額、厚生費、退職金制度があれば退職給付費用を含みます。)
(3)機械の動力費等
(4)機械運転のための消耗品費等

上記の(1)の費用が集計されていないようです。
(2)も基本給だけでは少なすぎます。
(3)は機械毎にメーターがない場合は通常、消費電力(カタログ値)×見積稼働時間
 を工場内の主要な機械について計算し、その比で想定している電力費等を案分します。


人件費は次のような計算のほうが適切ではないでしょうか。
A工作機の有効な月稼働時間 100時間(1日5時間20日)
B工作機の有効な月稼働時間 80時間(1日4時間20日)
担当者人件費 30万円(賞与月割り額含む)×1.15(社会保険、厚生費負担分割増)=345,000
 
345,000÷(180×60)=32円/分

少なくとも(1)(3)(4)は、A加工機とB加工機で異なっているはずなので1分あたり加工単価が同金額になることはないと考えます。

実際の現場の様子がわからないし、原価計算の目的もわからないので適切な答えになっていないかもしれませんが。

原材料費は直接把握できるので問題ないでしょうから、工作機の使用時間1分あたりの費用をどう計算するかです。

koudenさんの計算方法では、担当者の勤務時間=機械稼働時間です。複数の機械を担当していれば
複数の機械の稼働時間合計>担当者勤務時間数
となり、おかしな事になります。

また、機械の稼働時間によって配賦すべき費用としては次のようなものが考えられます。
(1)工作機の...続きを読む

Q原価計算方法

教えて下さい。

原価の計算方法です。

100円のものが10%引きであれば90円ですよね?

では10%引きで90円の場合どうやったら100円という計算方法になるんですか?

例 商品Aの値段は900円 この商品はすでに30%引きです。元の値段はいくらですか?

教えて下さい・・・バカですいません。

Aベストアンサー

>10%引きで90円の場合
 ・この場合、90円は90%(100%-10%)なので
  電卓だと90÷90%=100(90÷90×100=100・・でも同じ)
>商品Aの値段は900円 この商品はすでに30%引きです
 ・900÷70%=1285.7(1286円)  1286円-30%=900.2→900円(販売の場合は端数切り落としで)
 

Q製品原価計算 減価償却費の算入方法

ある機械があり、その機械の1年間の減価償却額が100,000円だとします。その機械を使って、5,000本/年間の製品を生産するとすると、
その減価償却費の製品原価への算入方法は、単純に100,000円/5,000本=20円/本と考えて良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定予算を使うか、変動予算を使うかということになります。
固定予算は事前の生産計画と販売計画からマックスの数字を予測して稼働率を出します。この稼働率を出すのに人間の有効稼働率も考慮に入れます。人間は機械でないので就業時間を決めたり、二交替、三交替で稼動しても100%は通常えられないですから。(その理由の多くは、人間は就業時間を100%働き続けることはできないですから。例えば8時間の実労働があっても実際の作業時間は4時間程度、あとは手待ち、移動、段取り、掃除などなので有効稼働率は50%程度、頑張って働いて60%未満というところです。)
変動予算は季節的に稼働率が変わるのが事前に予測できる場合、在庫管理などの理由からも採用されるものです。機械の稼動状況によって変化する科目を計算させて、単位原価が一定になるように考えられているものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報