連続質問ですが、よろしくお願いします。

北米ではリアフォグについてはどういうスタンスを取っているのでしょうか?
気候のことを考えれば付いていたほうが良さそうな気がしますが・・。

これまた最近の欧州車の北米仕様の一部モデルで(確認したのはBMW現行5、7、
ニュービートル、TT)リアフォグが付いていないモデルがあるようですし、また
日本車も北米向けはリアフォグを装備してないし、米国車もほぼ付いてない。

もともと装備してない日、米車はまだ分かりますが、欧州車で、わざわざ止めているモデルがあるのはなぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

北米ではリアフォグは認可されていないようです。


北米仕様のヨーロッパ車はリアフォグ部が殺されていたり、ブレーキランプに改造されていると思います。
ただ、日本に輸入されている1部のアメリカ車のテールにリアフォグが組み込まれているものがあります。
それは欧州向け仕様車がそのまま(1部仕様の違いはあるでしょうが)日本入ってきているためだと思われます。
右ハンドル仕様車に多いのはおそらくイギリス向けが基本だからでしょう。
ニュービートルも、もともと北米市場を狙ったものでしたから、北米仕様のリアサイドマーカーランプがそのまま生かされていますし、本来バックランプでデザインされている片方を、規準を満たすためにリアフォグに加工しているのでしょう。
他の回答にもありましたが、国内でリアフォグが認可されたのは確かに'88年だったと記憶しています。それ以前の輸入車のリヤフォグはすべて球を抜かれ、スイッチも外されていたと思います。(ごく初期のフィアット・ウーノは内側から赤いペイントで塗りつぶしてありました)ただ、輸入量の多かったvwゴルフなどは、フォグ部内の反射板等が初めから無く(配線、ソケットは確認しました)、完全に日本仕様になっていたようです。認可後もそのままリアフォグは装備されず、ゴルフ3になってからようやく標準となりました。
現在、殆どの欧州車に標準装備されているリアフォグですが、実際に取り付け義務のある国はイギリスとベルギーだと聞いたことがあります。それ自体かなり前のことでしたから、今はどうなっていることやら…
長々と見難い文章で失礼しました(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今さらですが、回答ありがとうございました。
北米のリアフォグ事情はイマイチすっきりしま
せんが...(以前 中古並行の米仕様のVolvo740
に乗っていましたがリアフォグありましたし)  

 旧いウーノやゴルフの貴重な情報が読めて
良かったです。こういう法規や考え方の
違いを発見するのも一種の輸入車ならでは
の楽しみだと思います!

お礼日時:2003/12/14 20:31

>北米ではレスオプションでもあるのでしょうか?


すいません。分りません。

>ちなみにヨーロッパはどちらにお住まいだったのですか?
イタリアに2年、フランスに1年居ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。また何か分かったらぜひ教えてください。

イタリアとフランスですか!いいですね。

ところで、逆輸入車の質問されてましたが、外国在住中に
自分が乗っていた車を日本に帰るときに持ちかえると、
税金などが免除され比較的安くもってこれるらしいです。

お礼日時:2001/04/09 23:10

>どことどこの国で、そうしているかはご存知ですか?



ドイツは間違いないのですがあとの国については確実なところでは分かりません。
済みません中途半端な情報で。
    • good
    • 0

>ところでヨーロッパってそんなに霧が多いのでしょうか?



多いですよ。もちろん国や地域によりますが濃いというか重たい霧が長じ監視下も予想しない時間にでます。

そのためにヨーロッパの国によってはリアフォグを装備することを義務づけているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。やはり一部の国で、リアフォグ装着を義務づけにするだけのことは
ありそうですね。

どことどこの国で、そうしているかはご存知ですか?

お礼日時:2001/04/07 02:10

自分はヨーロッパに住んでいましたが、霧の掛かる日は多くはありません。


でも霧が掛かると10メートル先も見えなくなったりしますし、日本の様に朝だけとかそんなものではありませんでした。
道も広くスピードも出せる上、車もほとんどまばらにしか走っていないので、リアフォグを付けていないといきなり目の前に車が現れることになります。
リアフォグの付いていない欧州車があるのは、特に付けないとダメだという規則がないから、安全を考えているメーカーの車には付いているだけで、着いていない車はただ着いていないのでしょう(わざと止めているのではなくて)。
自分の知っている限りでは、現行のMercedes,BMW,AUDI,VOLVOには全車にリアフォグが標準で付いてたと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>安全を考えているメーカーの車には付いているだけで、着いていない車はただ
>着いていないのでしょう(わざと止めているのではなくて)。

と思うのですが、BMWの現行5シリーズとアウディTT(ともに北米仕様)で確かに付いていない車を見たのですが、この2車の場合欧州、日本仕様ではもちろん標準装備ですからね。北米ではレスオプションでもあるのでしょうか?

ちなみにヨーロッパはどちらにお住まいだったのですか?

補足日時:2001/04/07 01:59
    • good
    • 0

リアフォグランプは元々霧のでたときなどにのみ使用するものです。



ヨーロッパと比べてそれほど霧の多くでない日本や北米では余り必要でないのとブレーキランプと間違えるという事故例もあります。
結構津けっぱあしにして走っている人を見かけますが間違った使い方です。何せ「フォグ」ランプなのですから。
かなりまぶしいですね。

ようは使う人のスタンスの問題なんですが。

この回答への補足

>ヨーロッパと比べてそれほど霧の多くでない日本や北米では余り必要でないのと>ブレーキランプと間違えるという事故例もあります。

使う回数や頻度の問題ではない(それだったらエアバックや衝突安全ボディだった同じでは?)と思うのですが、実際私は日本国内でリアフォグ
のお陰で、追突をあやおく逃れたことが過去4年間で2回ほどあります。

昼間の雪道濃霧で、前に車が停まっていて、リアフォグの光が少々見えたのみ!

またブレーキランプとの誤認を防ぐ意味で、多くは片側だけの点灯です。(基本的に運転席側のみ)

確かに不必要に点灯している人もみられ非常に迷惑することもありますが、
>ようは使う人のスタンスの問題なんですが。結局はこれに尽きますね。

ところでヨーロッパってそんなに霧が多いのでしょうか?

補足日時:2001/04/05 01:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本車と欧州車。

ちょっと疑問に思ったのですが、日本車と欧州車は修理を抜いた基本的な維持費は変わらないのでしょうか?

例えば、ベンツとクラウンを比べた場合など・・・。


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

例えば3年全然不具合や不調が1個も出ずに乗った時の費用総額、って事っすかね。

なら、基本なんにも変らねえっす。2500ccのクルマはどこで作られようが2500ccだし、1.6tのクルマはどう転んでも1.6tっすから。

ただ燃料代で若干変わってくるっすよ。質問者様の例に出しているクラウンとメルセデス(Eクラス位が妥当なのかな)とを比較するとどっちもハイオク仕様だからそんなに変わらないけど、マークXとBMW3シリーズ5シリーズと比べると、マークXはレギュラー仕様でBMWはハイオク仕様だけどBMWの5シリーズまではオクタン価95だからレギュラーとハイオクを同じ比率で入れれば問題ねえんっすよ。1回の給油で言えば+600円位かな。

でもね、国産車はギリでアウト、って所で警告灯が点くように出来てるからじわじわと燃費が悪くなるっす。そりゃそうだよね、早く替えた方が良い、もう詰まり始めてるよ、っつーのに警告灯ひとつ点かないんだから。だけど輸入車(欧州車)の場合ちょっと風通しが悪くなっても「早く替えなよ」って警告灯が点いちゃう。だからいつまでも詰まりとかなくて燃費にそんなに変わりがないんっすよ。
大体故障だなんだって大騒ぎする人ってね、『警告灯=ご臨終』っていう国産車の常識に囚われているだけだったりするっすよ。実際国産車で警告灯点いたら終了っすから。でも輸入車(欧州車)は『警告灯=怠けんなって催促』程度のモノっすからそんなに大騒ぎする代物じゃねえんっすけど、ね。知ってると大騒ぎしてる連中が、残念な人に見えてくるっすよ。

だからね、知ると「なあんだ」って感じっす。

じゃあ蛇足的に消耗品パーツ交換を国産車と輸入車と同じ位の「交換時期」に則って交換していくと。。。今なら輸入車のほうが安いっす。何故ならユーロ安だから直接ドイツから取り寄せると笑っちゃうくらい安く仕上がるんっすよ。国産車はどう頑張っても円でしか買えねえっすから。じゃ、同じ条件でディーラーだけで頼んだらっつーっと。。。輸入車のほうが高くなるっす。国産車もディーラーはボッタくってるっすけど輸入車は民主党か、っつーくらいボッタくるっすから、ね。

例えば3年全然不具合や不調が1個も出ずに乗った時の費用総額、って事っすかね。

なら、基本なんにも変らねえっす。2500ccのクルマはどこで作られようが2500ccだし、1.6tのクルマはどう転んでも1.6tっすから。

ただ燃料代で若干変わってくるっすよ。質問者様の例に出しているクラウンとメルセデス(Eクラス位が妥当なのかな)とを比較するとどっちもハイオク仕様だからそんなに変わらないけど、マークXとBMW3シリーズ5シリーズと比べると、マークXはレギュラー仕様でBMWはハイオク仕様だけどBMWの5シリーズまでは...続きを読む

Q旧い欧州車(ゴルフ2)のネジの規格

1988年式のゴルフ2の内装に使われているタッピンネジを捜しています。
これは写真のように通常よりかなりピッチが細かく、同じ物が見つかりません。
このネジの入手方法、あるいはどういう規格のネジであるかを教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ディーラーで注文されるのがいいですよ。
そんなに高いものでもないですから。

Q欧州でお勧めの車雑誌を教えてください。

タイトルのままなんですが、親戚が今度ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、イギリス)に行きます。
その時に自動車雑誌を買ってきてもらおうと思うのですが、みなさんの欧州のお勧めの雑誌を教えてください。

Aベストアンサー

RALLYERACING(ドイツ)はいかがでしょうか?
以前デザインがおしゃれなためステッカーをフロントガラスに貼っていた車をよく見ました。

ところで海外の雑誌ですが、国内の国際空港でも良く目にします。行く機会があればご覧になればいかがでしょうか。

下は参考です。

参考URL:http://www.motortrade.co.jp/link_html/link9.html

Qこの車に、この装備は要らない行って無いですか?

いまは、フィールダーですが、そんなに無駄な、装備は、無いかと思ってます。
しかし、昔、クレスタの、昭和58年式の時にアクセルを、離してても、一定で、走れるオートクルーズ
成る、装備が、有りました、全く、使ってなかったのですが、
今御乗りの、車で、この装備は要らない
そんな、装備を、教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

そういえば昔、自動でドアロックする機能がありましたねw。
あとは、100kmくらいでキンコン鳴るアラーム。
邪魔でしたw。

Q販売店での車下取りと中古車販売どちらが高い値が付くか

新車購入のため、今使っている車を出したいと考えています。
その場合、車を購入する販売店で下取りとして出す方が得でしょうか。
それとも中古販売業者に売って、下取車無しで購入した方が良いでしょうか。
詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして!

あくまで私の経験ですが

2何前に軽自動車の同メーカー、同モデルの新型に乗り換えるため
下取り査定をしたところ15万でしたが
買い取り専門店G社に査定したところ60万、4倍の値が付いてびっくりしたことを覚えています。

次に今年アメ車を売り国産新車で乗り換えの為
国産ディーラーでは60万、
インターネットで買い取り専門店一括査定を申込Y社では80万、C社では60万、期待のG社は50万でガッカリしました。
結局アメ車なので大手アメ車販売店へ査定出したところ150万でした。

ただ下取り、買い取り業者ともに車の査定額は同じ物を見るので(オートオークションの相場)基本的には同じ価格です。

気を付けなければいけないのがディーラーで下取りに出す場合は新車の値引きを通常よりサービスしていても下取り車にプラスし低値で買い取り帳尻を合わすことがあるので御注意を。
買い取り専門業者はどこも出来るだけ安く買おうとします。
そこで買い取り専門業者の営業マンの言う高値を付けるための裏ワザとして数社の業者を同日、同時刻に呼び顔合わせをさせ一度に査定をしてもらえば高値が付くそうです。

さすがに私は根性がなく一度に呼べませんでしたが…。

私は、まずディーラで値引き交渉する前に下取り価格を聞き
その後買い取り業者と交渉します。
これがベストでは!?

はじめまして!

あくまで私の経験ですが

2何前に軽自動車の同メーカー、同モデルの新型に乗り換えるため
下取り査定をしたところ15万でしたが
買い取り専門店G社に査定したところ60万、4倍の値が付いてびっくりしたことを覚えています。

次に今年アメ車を売り国産新車で乗り換えの為
国産ディーラーでは60万、
インターネットで買い取り専門店一括査定を申込Y社では80万、C社では60万、期待のG社は50万でガッカリしました。
結局アメ車なので大手アメ車販売店へ査定出したところ150万でした。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報