内野フライは、英語でなんていうのでしょうか?
それと英語でもインフィールドフライはそのままで
通じるのですか?
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

> 普通の内野フライと審判がインフィールドフライを宣告したときでは、


> 英語はちがうのでしょうか。

「The New Dickson Baseball Dictionary」には
こう書いてあります。

和訳引用----------------------------
【infield fly】
1. 内野に打ち上げられた打球
2. インフィールドフライルールが有効になったことに
 対する審判の宣告
3. (略)
------------------------------------

この辞書によれば「infield fly」は
「ただの内野フライ」という意味でも使われるようですね。
文脈によって意味が変わるということでしょう。

ただ、「infield pop」とか「infield pop-up」という
言葉がありますので、それらを使えば
混乱はないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さま、ありがとうございます。
ふと疑問に思ったことだったんですが、
大変ためになりました。
英語でメジャーリーグの中継を見ることが
あったら注意して聞いてみます。

お礼日時:2003/07/14 01:23

一番典型的なのはpop out at~という形です。


たとえばサードフライならpop out at thirdとなるわけです。
もしくはfly out at~ですね。これは外野フライのことが多いです。

インフィールドフライは、日本と同じくインフィールドフライといわれています。
    • good
    • 0

infield flyでもいいですし、



MLB中継で現地のアナウンサーの中継を聞いていると、
「pop-up in the infield!」なんて言ったりしてます。

この回答への補足

早速、回答ありがとうございます。
では、普通の内野フライと審判がインフィールドフライを宣告したときでは、英語はちがうのでしょうか。

補足日時:2003/07/13 07:33
    • good
    • 0

an infield fly


と思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Aベストアンサー

まだ1アウトだったからです。

まず、インフィールドフライでアウトになるのは打者だけ。本来、阪神の3塁ランナーは、タッチアップしなければいけないのですが、ボーンヘッドでホームまで行ってしまいました。
その時、巨人の内野手がボールを捕球しなかったので、ホームでは3塁走者に対してタッチプレーでしかアウトにできなかってのです。
なので、記録はエラーよる得点でしょう。

Qおすすめの英語の発音スクールがあったら教えてください。

首都圏で、通学制の英語の発音スクールを探しています。
どこかおすすめのスクールがあったら教えていただけませんか。

また、自分で探したところ、以下の3校に興味を持っています。

英語発音.com
http://www.eigo820.com/

ハミングバード(西新宿)
http://www.humbird.co.jp/index.html

ハミング発音スクール(代々木)
http://www.humming.co.jp/

これらの学校に通ったことがある方がいらしたら、感想をお聞かせいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答がつかないようなので。

学校に通わなくても発音は練習すれば身につきます。
たとえばネットの安い教材でもちゃんとやれば
かなりいい発音になりますよ。

一度試してみてはいかがでしょう。
以下で紹介する教材のメソッドは目からうろこでした。

参考URL:http://www.english424.com/

Q内野フライー外野フライ

打ったボールがどうなるかの質問なんですが、
内野フライ(インフィールドフライ)は打者はアウト。高く上がる球だったら内野フライなんですか?

それに対し、内野ゴロなどはアウトにならない。同じ内野に落ちた?球でもどうして内野フライの方はアウトなんですか?

外野フライ(犠牲フライと同じですか?)はアウトじゃないですよね?地面に落ちる前にキャッチされればアウトになりますが、捕球されなければヒットとなるという事ですよね?

そしてなぜ犠牲フライというのですか?何を犠牲にしているのですか?犠牲バントだと打者が自分がアウトになるかわりに走者を進塁させるんですよね。それだと犠牲の意味が分かりますが、犠牲フライだと外野の方に飛んで遠くに行くから打者が犠牲になった感じがしないのですが。

あと投手の成績で、例えば3安打1失点とかありますよね。これは投手がそのイニングで相手チームに3点ヒットを許して1点取られたという事ですか?そういう事でしたら、投手にとって安打と失点の前に付いてる数字は小さい方がいいんですよね? なぜ混乱したかというと、ある記事で安打と失点の数字が付いてるのに投手を褒めていたからです。

色々とても基本的な質問で申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いします。

打ったボールがどうなるかの質問なんですが、
内野フライ(インフィールドフライ)は打者はアウト。高く上がる球だったら内野フライなんですか?

それに対し、内野ゴロなどはアウトにならない。同じ内野に落ちた?球でもどうして内野フライの方はアウトなんですか?

外野フライ(犠牲フライと同じですか?)はアウトじゃないですよね?地面に落ちる前にキャッチされればアウトになりますが、捕球されなければヒットとなるという事ですよね?

そしてなぜ犠牲フライというのですか?何を犠牲にしているのですか?...続きを読む

Aベストアンサー

>内野フライ(インフィールドフライ)は打者はアウト。高く上がる球だったら内野フライなんですか?
まず、内野フライとインフィールドフライをきっちり区別しましょう。

ランナーがいようが、アウトカウントがいくつであろうが、打者が打った飛球をノーバウンドで内野手が取ったものは、全て「内野フライ」です。高く上がるかどうかは関係ありません。ライナーと言って、人の体と同じくらいの高さの鋭い飛球のものは、フライとは区別されますが、人が見上げるようなものであれば、例えばドーム球場の天井付近まで上がったものでも、2~3mしか上がらなかったものでもフライはフライです。

「インフィールドフライ」というのは、特殊な条件のものを言います。まずランナー1塁か、1、2塁か、満塁というふうに塁が詰まっていること。それからノーアウトか1アウトである時が、最低限の条件です。
その条件で、ただのフライならランナーがアウトにならずにすむはずのところを、内野手がわざとフライを落として(つまりワンバウンドさせることで、ゴロにして)、ダブルプレーを取ったりするという不正を行わないように考えられたルールです。
この場合は、飛球が上がった一番近くにいる審判が、状況を判断した上で、内野手がボールをキャッチする前にアウトを宣告し、ランナーはそのまま、打者だけがアウトになります。

>内野ゴロなどはアウトにならない。同じ内野に落ちた?球でもどうして内野フライの方はアウトなんですか?
「内野ゴロ」とは、一度でも地上にバウンドした球を、内野手がキャッチして送球し、フォースアウトになったものを言います。結果的にアウトになったものでないと「内野ゴロ」とは言いません。なので、内野ゴロがアウトにならないというのは、何か誤解があると思います。

>外野フライ(犠牲フライと同じですか?)はアウトじゃないですよね?地面に落ちる前にキャッチされればアウトになりますが、捕球されなければヒットとなるという事ですよね?
「外野フライ」も同じです。外野フライとは、ノーバウンドの飛球を外野手が直接キャッチしたもののことで、結果アウトになったものしか「外野フライ」とは言いません。アウトにならないのなら、「外野フライ」ではなく「センター前ヒット」とか「左中間のヒット」などと言います。

>そしてなぜ犠牲フライというのですか?何を犠牲にしているのですか?犠牲フライだと外野の方に飛んで遠くに行くから打者が犠牲になった感じがしないのですが。
ノーアウトか1アウトの場合、フライ(ルール上は外野フライとは限らない)を野手がキャッチしてからなら、ランナーはタッチアップして、次の塁に進んでいいことになっています。どこにフライが飛んだか、ランナーの足が速いかどうかで、フライの時のタッチアップをするかどうか判断します。
基本的に「犠牲フライ」と言う時は、3塁ランナーが本塁にタッチアップし、得点した時にだけ記録されます。1塁ランナーや2塁ランナーが進んだ場合は、現実的には犠牲フライなんですが、記録には残りません。
何を犠牲にしているか。それは打者がアウトになることです。外野の方に飛んで行ったから打者が犠牲になった感じがしないというのは、質問者さんの個人的な感覚で、ルール上はそのような発想にはなりません。

>投手の成績で、例えば3安打1失点とかありますよね。これは投手がそのイニングで相手チームに3点ヒットを許して1点取られたという事ですか?
「3安打1失点」というだけでは、1イニングでの話なのかどうかは判断できませんよね。
何イニング投げようと、「3安打1失点」とは、3本のヒットを打たれて、1点取られたということです。
この場合、気を付けたいのは、もし「3安打1失点で完投した」のであれば、必ずしも3本のヒットで1点取られたとは限らないということです。9イニング投げたうち、ソロホームランで1点取られ、別々の回に1本ずつヒットを打たれたのかもしれないですし、1イニングのうち3本ヒットが続いても、3本目が内野安打だったりしたら、3本のヒットで1点取れないこともあります。逆に四死球での押し出しや、相手のエラー、犠牲フライなど、ノーヒットで1点取ることもあります。

>投手にとって安打と失点の前に付いてる数字は小さい方がいいんですよね? なぜ混乱したかというと、ある記事で安打と失点の数字が付いてるのに投手を褒めていたからです。
この「投手にとって安打と失点の前に付いてる数字は小さい方がいいんですよね?」の意味がよく分からないのですが…。
いずれにしても、5イニング以上投げて3安打1失点なら、十分に褒められる成績だと思います。

>内野フライ(インフィールドフライ)は打者はアウト。高く上がる球だったら内野フライなんですか?
まず、内野フライとインフィールドフライをきっちり区別しましょう。

ランナーがいようが、アウトカウントがいくつであろうが、打者が打った飛球をノーバウンドで内野手が取ったものは、全て「内野フライ」です。高く上がるかどうかは関係ありません。ライナーと言って、人の体と同じくらいの高さの鋭い飛球のものは、フライとは区別されますが、人が見上げるようなものであれば、例えばドーム球場の天井付近ま...続きを読む

Q英語上級者の方or 英英辞書使ってる方へ

英語上級者になると英英辞書が必須になると聞いた事があります。
理由は省略します。理由を心得ている方、または英語上級者の方へ質問ですが、
実際、英語上級者になると英英辞書で辞書を引くべきなのでしょうか?

また、英検2級程度の英語力の時点でも英英辞書の既知の定義を読むことにより、
英語力を向上出来るそうですが、実際、有効な手段ですか?

Aベストアンサー

英語を仕事にしている者ですが、英和翻訳でさえ、英英辞書は欠かせません。
英和辞書というのはそれなりにできているのですが、しっくりする訳語がないことや、
ニュアンスが違っていることがあります。そういうときは、英英辞典を読んで、
しっくりする訳語を「自分で決めた方」が効率的です。

また、英和辞典の日本語を表面だけ見ていたのでは、言葉の誤用は決してわかりません。
たとえば、助動詞のshouldですが、英和辞典では「...すべき」という訳が先頭にいるので、高校生とかは機械的に「...すべき」と訳しますが、実際にはニュアンスが違っていて、話し手の提案を表す柔らかい言葉です(使用マニュアルなんかでよく出てきます)。一方のhad betterは「~した方がよい」とかが英和辞典に載っていると思いますので日本人はよく使いがちですが、実際には「~した方が身のためだ」という脅迫の意味に近いので、相手の気分を害する言い回しになることがあります。

英和辞書に載っている訳語は特定の状況下での目安的な訳で、それを金科玉条や聖書のように守っていると、文脈を正しく理解する上で大きな障害になるので、できれば英英辞書を引く回数を増やすようにしてください。

英語を仕事にしている者ですが、英和翻訳でさえ、英英辞書は欠かせません。
英和辞書というのはそれなりにできているのですが、しっくりする訳語がないことや、
ニュアンスが違っていることがあります。そういうときは、英英辞典を読んで、
しっくりする訳語を「自分で決めた方」が効率的です。

また、英和辞典の日本語を表面だけ見ていたのでは、言葉の誤用は決してわかりません。
たとえば、助動詞のshouldですが、英和辞典では「...すべき」という訳が先頭にいるので、高校生とかは機械的に「...すべき」と訳...続きを読む

Q野球のフライを内野手が取るか、外野手が取るか

野球で、内野手と外野手の中間あたりの位置にフライが飛んだときには、
そのフライは、内野手が取るべきなのでしょうか、それとも外野手が取るべきなのでしょうか。

また、そのフライを、内野手が取ると「内野フライ」と呼ばれ、外野手が取ると「外野フライ」と呼ばれるのでしょうか。

Aベストアンサー

どちらでも取れそうな打球の場合は
基本的に後ろのプレイヤーが取るべきです。
つまり、ご質問のケースの場合は外野手が取る方が自然です。
理由としては、後ろのプレイヤーの方が前進しながらの捕球となるために取りやすい点、
状況を広く見ながら打球を追えるので、その後のプレーがしやすい点などがあります。

また、記録は取った野手によって決まりますので、取った場所に関わらず、
内野手が取ると「内野フライ」と呼ばれ、外野手が取ると「外野フライ」と呼ばれます

Q誕生日に贈る英語のメッセージ

「誕生日に贈る英語のメッセージ」というと、いまいち、『Happy Birthday!』や『I wish your happiness.』みたいなありきたりな言葉しか思いつきません(^^;)
誕生日などに使える、素敵な英語のメッセージを教えてもらいたいです。

Aベストアンサー

"Happy birthday"の後にちょっとした言葉をつけるのでいかがでしょう。たとえば、、、
I hope you have a fabulous day!
I hope your birthday is filled with love

友情をアピールするというのはどうでしょう?(笑)
I can't imagine how life would be without your friendship.
I count myself lucky to be your friend.

私はこんな感じも書いたりします。
Much love to you on this happy, happy birthday!

ご参考になれば。

Q内野ゴロやフライの時に、全力で走るのが普通でしょうか?

こんばんは。

プロ野球では全力で走ってる人が少ない気がするのですが、
プロ野球と「高校野球」「メジャー」の違いは何でしょうか?

プロ野球を見ていて疑問に思ったのですが、「高校野球」「メジャー」ではゴロやフライでも全力疾走です。
「メジャー」と言いましてもイチローしか見ていませんが、とりあえず全力疾走をしている気がします。

私はほとんど野球を見ていませんので、一部のみで判断してしまっているかもしれません。
間違った判断でしたら申し訳ありません。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
イメージは、概ねそのとおりです。

ゴロやフライでも、エラーの可能性がありますから
全力疾走が基本です。
しかし日本のプロ野球では、全力で走らない選手が
少なからずいます。これは、ゴロやフライでアウトにならない(=エラーになる)確率が極めて低いからでしょう。
でも、その極めて低い確率でも全力を尽くすのが、スポーツマンシップかと思いますので、高校生やメジャーの選手が全力なのは正しいですし、普通です。

Q略式(くだけた)英語の勉強法について

ネイティブのメル友がいます。私の書く英語はいわゆる教科書などに出てくるような固い英語で、彼の書く英語はくだけた英語で、ある表現を辞書で調べてみると、『略式』と書かれています。

私は通訳の勉強も始め、人々の会話など、くだけた英語の聞き取りも必要となってきています。あまり映画は観ない人なので、できればくだけた英語について書かれている本などを読みたいのですが、何か良い・お勧めの本などをご存知ではないでしょうか?

Aベストアンサー

まさに、映画の"screen play"((スクリーンプレイ出版)で勉強してください!
超砕けてます!(とくに、いわゆるblack peopleが登場しているもの。)

Qインフィールドフライは日本語で何と言う?

 たとえば、フィルダースチョイスは「野選(野手選択)」、パスボールは「捕逸」ですよね。
 「インフィールドフライ」は日本語で何というのでしょう。
 いささか検索して中国では「内野高飛球」というらしい、というのはわかったのですが。

Aベストアンサー

内野飛だと思います。人によっては内野飛球が正しいと言うかもしれません。意味はそのまま内野フライです。
「インフィールドフライというルールの名前」と誤解されているように思えますが、内野でフライが高く上がった時点で内野手が
捕る捕らないにかかわらず「内野フライ(つまりアウト)とみなす」から、審判が「内野フライ」(英語でインフィールドフライ)と
コールする訳です。
ルールブックには「インフィールドフライ」というルール名で紹介されているのでややこしいですね。
要は、審判はただ「内野フライ」って言っているだけの事です。
こんな回答でいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング