痔になりやすい生活習慣とは?

1AZのD4エンジンの構造なのですが、ブローバイガスのホースが2本でてます。EX側からエアーフィルタとスロットの間のダクトに連結と、IN側から各シリンダーのインテークバブル付け根に1本付いてます。目的を教えてください。ISCVが無いのでアイドル安定目的と、エアーでEXバブルを冷やしクラランク室経由INバブルでブローバイガスを冷やし、油分を分離後ダイレクトにインバブルから各シリンダーへと想像しています。

A 回答 (1件)

PCVバルブが付いているのが「IN側から各シリンダーのインテークバブル付け根に1本付いてます」の方だと思います。



「EX側からエアーフィルタとスロットの間のダクトに連結」の方は圧力によって出たり入ったり。しかしPCVバルブが付いていれば一方通行なので、エアが流入する事はありません。

PCVバルブが不具合を起こすとアイドリング等が不調になります。

この回答への補足

PCVバブルが不具合を起こした場合とは、アイドリング用のエアーが双方向に流れたりして、各シリンダーのエアーが不足してアイドリング不調になるのでしょうか?私がEX側のホースを抜き、ダクトのホース穴を塞いで実験したところ、アイドリング時はEX側ホースから連続的(バキューム)に吸い込みました。アイドリング用のエアーはブローバイガスホースから流れてると思うのです。エアーダクトの中を見たらガスが付着していました。エンジン止めるとEX側からガスが出るみたいです。

補足日時:2010/06/26 12:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去のトヨタD-4エンジン(1AZ-FSE)は欠陥エンジン???

過去のトヨタD-4エンジン(1AZ-FSE)は欠陥エンジン???

ちょっと前に、私の職場に先代前期型ウィッシュ 1800 X-Sパッケージ(FFで一番売れ筋グレード)を所有している人が就職しました。
仕事上やプライベート関係の話などでは何の問題も無いんですが、車の話で、特にウィッシュの話になると人が変わったようになります。

実は、私も家族用に先代前期型ウィッシュのZ(2000)を所有しています。
昨年の今頃、こちらにも質問させてもらった経過があり、D-4エンジンの不具合(サービスキャンペーン適合車)を承知の上で購入し、現在まで何のトラブルも無く快適に乗っています。

【私の質問】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4952260.html

でもこの同僚は、私のウィッシュのD-4エンジンを「欠陥エンジン」と言い切ります。
適当に聞き流してはいたんですが、車の話題のたび(私が話を振らなくても)言われるのでいい加減嫌になります。
妬みか???って思うほど。。。

彼の言うD-4エンジン搭載車は、RAV4やヴォクシー・ウィッシュ・アベンシスなど、いわゆる人気車種にも搭載され、その販売台数も多いことが予想されます。
私個人は、ウィッシュを購入するまでこのエンジンの不具合については知りませんでしたし、当時これが原因で大騒ぎ(先日の現行プリウスのように)になった覚えもありません。

ここで質問なんですが、
(1)このD-4エンジンは欠陥エンジンなんでしょうか?
(2)実際にこのエンジン搭載車にお乗りになっていて、被害を被った方はいらっしゃいますか?いたらそのときの状況やその後のトヨタの対応など、感想をお聞きしたいです。

なんとか同僚を打ち負かしたい気分でいっぱいです(--〆)


トヨタによるサービスキャンペーン情報
http://www.netz-web.co.jp/service/canpain20070530.asp

過去のトヨタD-4エンジン(1AZ-FSE)は欠陥エンジン???

ちょっと前に、私の職場に先代前期型ウィッシュ 1800 X-Sパッケージ(FFで一番売れ筋グレード)を所有している人が就職しました。
仕事上やプライベート関係の話などでは何の問題も無いんですが、車の話で、特にウィッシュの話になると人が変わったようになります。

実は、私も家族用に先代前期型ウィッシュのZ(2000)を所有しています。
昨年の今頃、こちらにも質問させてもらった経過があり、D-4エンジンの不具合(サービスキャンペーン適合車)を...続きを読む

Aベストアンサー

完璧な設計の「完全無欠エンジン」なんてありませんよ。
そんなものが出てたらモデルチェンジなんてしません。

弱点が分かってて改善ポイントが把握できて発表されてるのだから、
むしろりっぱな「進化の過渡期にあるエンジン」ということです。

エンジンにとっての欠陥とは、
1 暴走する
2 急に止まってパワステが効かなくなる
3 発火する
被害の発生が予測できて明らかな構造の不備がある場合です。

安易に欠陥という言葉を使ってユーザーを貶めて優越感に浸る、
という性格の悪いからかいを真剣に受けることもありません。

上記欠陥の2と3は高価な輸入車でよく起こります。
弱点を知ってて愛する、というのが本当のユーザーです。

QトヨタD4エンジンの不具合について

AZR60のトヨタノアに乗っています。
このD4というエンジンはいろいろと不具合が多いらしくエンジン内部にカーボンやスラッジが溜まりやすくアイドリングが不安定になったりエンストのしたりするらしいということを中古で購入してから知りました。
この前信号待ちでブレーキを踏んで止まっていると(Dレンジ)突然エンジン回転がガクッと下がってまた上がるという体に振動が伝わるほどアイドリングがおかしい時がありました
いろいろ調べてみると2500回転くらいエンジンを回して走るとカーボンが燃焼されると言う事を知り、高速道路を100~120キロくらいで一時間位走行したのですが効果はあるのでしょうか?
また、いつもこんな走りができるわけがなく街乗り走行をしている限り常にこのようなアイドリング不調のトラブルがおきてしまうのでしょうか?
購入してまだ半年も経っていないので今のところはDラーに文句を言って直してもらえますが、保証が切れた後は実費になってしまうので、なんとか自分で予防や対策をしようとカーショップで聞いたり、ネットで調べたりしているのですが、良い方法が見つかりません。
同じような症状で
「俺はこうした、こうしてもらった、今は全然問題ない」
と言う方がいましたら教えてください
10月に購入してからしたことは
0W-30 モービル1のエンジンオイルにモリドライブのオイル添加剤
ワコーズのガソリン添加剤
ハイオクガソリンを一度だけ満タン
などをやりました
ちなみに年式は平成14年
距離は83000Kを超えています
プラグを新品に交換も考えていますが効果ないですか?
エンジニアの方の意見もお願いします。

AZR60のトヨタノアに乗っています。
このD4というエンジンはいろいろと不具合が多いらしくエンジン内部にカーボンやスラッジが溜まりやすくアイドリングが不安定になったりエンストのしたりするらしいということを中古で購入してから知りました。
この前信号待ちでブレーキを踏んで止まっていると(Dレンジ)突然エンジン回転がガクッと下がってまた上がるという体に振動が伝わるほどアイドリングがおかしい時がありました
いろいろ調べてみると2500回転くらいエンジンを回して走るとカーボンが燃焼されると言...続きを読む

Aベストアンサー

D4以外でもメーカーにかかわらず直噴になっているエンジンは
どれにも発生する症状ですね。

残念ですが
プラグを換えても効果はないんです。

ヘッド周りのそこそこ大げさな作業が必要になると思います。
チョコチョコっとした作業ではすぐに又調子悪くなってしまうんです。

やむを得ないですので
ご理解頂ければ幸いです。

Q直噴エンジンの内部にたまるカーボンの除去について

トヨタのD4エンジンを搭載した車に乗っています。
走行距離も13万km近くなり時々アイドリングの不安定やノッキングが起こります。ディラーで調べてもらったところ、エンジンの内部にカーボンがたまっている事がわかりました。
特に空気の吸い込みバルブのあたりにたまりやすいらしく、分解してカーボンを取り除くと5万円位かかると言われ、非常に悩んでいます。
普通のエンジンならインジェクション用の添加剤やスプレータイプのクリーナーを使ってカーボンを除去する事も出来ると思うのですが、D4エンジンはシリンダーに直接燃料を噴射するタイプなのであまり効果が無いような気がします。
あまりお金を掛けずにカーボンを除去する方法を教えてください。

Aベストアンサー

#1、4です。
>オイルキャッチタンクはどこで売られているのですか?またどの位するのですか?

オイルキャッチタンクは、大型カーショップ(スーパーオートバックス等)なら在庫展示してあるかと思いますが、通常のカーショップあれば在庫展示はしていないので、注文と言う形になるかと思いますね。
金額はメーカーによりけりですが、クスコ製で1万円くらいです。
クスコHP ↓
http://www.cusco.co.jp/04ctl/04_ct.html

またネットで「オイルキャッチタンク」と検索すれば自作方法などが載っていますので、工作に自身がある方なら自作しても良いのではと思いますね。

参考URL:http://www.cusco.co.jp/04ctl/04_ct.html

QVOXY ノア 1AZ-FSEのEGRについて

直噴のリーンバーンエンジン1AZ-FSEはEGRによるススなどで、エンジン不調をおこすとありました。

実際ラインのつまりや、バルブの汚れなんかもおおいみたいですね

トヨタでも、サービスキャンペーンや、延長保障などで、対応してますが・・

ならば、環境、燃費にはよくないかもしれませんが、いっそのこと、EGRラインを、めくらかなんかで、ふさいでしまってはいけないのでしょうか?

エンジンになにか不具合がでるのでしょうか?

素朴な疑問です。知識のあるかた、おしえてください~

Aベストアンサー

>>サービスキャンペーンでは、燃料を濃い設定に変更してるのですね。
>>リーンバーンではない燃焼なのですね

 元々重量の重いミニバンでは、リーンバーンではまともに走らないので、ストイキ~リッチの合間に条件が揃うとリーンバーンでした。
 サービスキャンペーンでは、ストイキ気味~リッチくらいにして、EGRを減らしたと思われます。

>>ガソリンの噴射が悪いというのは、直噴が、いまいちということなのでしょうか?

 改良後のD-4エンジンでは、燃焼室の形状を大幅に見直して、吸気の流れを変えたり、インジェクターの噴射形状を3次元的な円錐形から、2次元的な扇形に(円錐形では中心部で、ガソリンが気化する熱量が供給されないため)変えたりしていますが、サービスキャンペーンの小手先の対策ではそこまでされていません。(エンジン積み替えと等しくなりますので。)
 トヨタもリコールで施した対策では万全では無い事を十分承知しているはずです。
 直噴に対しては、コモンレールディーゼルで経験を積んでいるヨーロッパのメーカーに分が有るようです。

Q直噴エンジンのトラブル ついにエンストしてしまいました

先日、直噴エンジン(トヨタD4)のトラブル(アイドリングの不安定、ノッキング)について質問した者です。
原因はエンジン内部にカーボンがたまっている事です。
エンジン内部を洗浄する添加剤とインジェクション用のクリーナーを試してみました。しばらくは調子が良かったのですが、先日また調子が悪くなり交差点で信号待ちをしている時に4度ほどエンストしてしまいました。なんとか運転してディラーまで持っていきました。連休明けに修理する予定なのですがどのように修理するかはまだ決まっていません。
今考えられる修理方法としては、吸気口廻りとヘッドをばらして手作業でカーボンを取り除く方法、コンピューターのロムを書き換えてアクセルをオフにした時、燃料を薄くしないようにする。(燃費が悪くなるがエンストはしなくなる)が考えられます。現在走行距離は13万キロですディラーにも走行距離の長い直噴エンジンのデータがあまりないらしく大変困っています。良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

この前回答した者です。かなり頑固なカーボンですね。
しばらく調子が良かったと言う事は効果が有ったと言えるでしょう。
この場合は反復洗浄をするのも良いと思います。

直噴エンジンのカーボン発生メカニズムは、ピストンやライナーに燃料液が衝突することにより未燃焼燃料が高温でススになり発生します。

この為、直噴エンジンのインジェクターは噴射から点火までの短期間に気化させるため、高圧噴射で燃料粒子径を微細化し噴射を広く分散させ、かつピストンに衝突しないよう噴射慣性力を抑えています。

しかしこの設計上の理想状態は長く続かづ、インジェクターの汚れにより噴射バランスが崩れススが発生し始めます。やがてそれが蓄積してエンジンの調子が悪くなります。

こうしてみると直噴エンジンは新車の時から、洗浄性の高いハイオクガソリンを使用し、或いは定期的に洗浄の添加剤を用いる事で、インジェクターのコンディションを保つようにすることが効果的と言えます。

なお質問者さんのD-4エンジンですが、暖機時に発生して冷間時にはその症状は出ないのではないですか?
もしそうならスロットルバルブのバタフライ付近を徹底的に清掃してみて下さい。
カーボンでバタフライが閉じていない場合があります。
また、ロムの書き換えでアイドリング時の燃調を変えるのは初期のD-4では効果的です。

この前回答した者です。かなり頑固なカーボンですね。
しばらく調子が良かったと言う事は効果が有ったと言えるでしょう。
この場合は反復洗浄をするのも良いと思います。

直噴エンジンのカーボン発生メカニズムは、ピストンやライナーに燃料液が衝突することにより未燃焼燃料が高温でススになり発生します。

この為、直噴エンジンのインジェクターは噴射から点火までの短期間に気化させるため、高圧噴射で燃料粒子径を微細化し噴射を広く分散させ、かつピストンに衝突しないよう噴射慣性力を抑えています...続きを読む

Qトヨタのヴォクシーがエンストしたんですが・・・

トヨタのヴォクシーを2007年4月に新車で購入しました。

去年車検でした。

昨日、地下駐車場に3時間ほど止めて用を済ませて
発進し、2~3分後に信号待ちしていたら
急にエンジンが止まりました。

慌ててエンジンをかけたら普通にかかりました。

車に詳しくないので、そのままスタンドによってオイルやバッテリーなど
軽く見てもらいましたが交換しなければいけないほどではないと
言われ、そもそもオイルやバッテリーでエンジンが止まるとは
考えにくい・・・と思います。と言われました。

エンジンが止まるのは一般的には何が原因と思われますか??

ディーラーで点検受けた方がいいのでしょうか??
この状況がどの程度危険なのかわかりません。

ちなみにエンジンが止まったのは初めてです。
バッテリー上がりは2回あります。

詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>バッテリー上がりは2回あります。

ひょっとして、「Dレンジで、エアコン掛けて、ブレーキ踏んで、信号待ちしていた」のでしょうか?

であるならば、バッテリーがへたっていると思います。


オートマの場合、Dレンジでフットブレーキで停車すると、エンジン回転数が下がります。

この状態で、エアコンを付けていると、発電機の発電量が不足し、バッテリーへ負担が掛かります。

これを繰り返すと、いずれ、信号待ちなどでエンストします。

Qバッテリーターミナルの交換に伴うECUのリセット

14年式、トヨタノア AZR60のバッテリーターミナルを新品に交換しようと思います
この時、バッテリーターミナルを外すことでECUの学習機能がリセットされると思うのですが
以前、エンジンオイルを0W-30のオイルを入れて山道や高速を走ったときに運転席で少し焦げ臭いような匂いがしたような気がしました。
気のせいかもしれないですが、心配になってその後少ししてからワコーズの10Wー40に交換したところ発進時の出だしがすごく重い感じになってモワーていうように走りだし、加速も時間がかかるようになってしまいました。
エンジンオイルの影響が大きいと思うのですが、それ以前にもアイドリングの不安定などがあり、ECUをリセットすれば少しは改善されるかと思い、ターミナル交換の時にと考えています
質問なのですが、ECUのリセットをする場合、やはりスロットルボディなどの清掃をしたり、インジェクターの詰まりを少しでもよくしてからリセットしたほうがいいのでしょうか?
このようなことをしなくてもリセットをしても大丈夫であるなら、トヨタ車のECUのリセットの方法を正しく教えてもらえないでしょうか?
いろいろ検索したのですが、どうも不安があり実行出来ない状態です。
特に、パワーウインドウがうまく動かなくなるというようなことが書いてありましたので・・・
※ 以前乗っていた12年式のステップワゴンは全然気にせずにバッテリーの交換を自分でやったあと普通に問題なく走行できていました

14年式、トヨタノア AZR60のバッテリーターミナルを新品に交換しようと思います
この時、バッテリーターミナルを外すことでECUの学習機能がリセットされると思うのですが
以前、エンジンオイルを0W-30のオイルを入れて山道や高速を走ったときに運転席で少し焦げ臭いような匂いがしたような気がしました。
気のせいかもしれないですが、心配になってその後少ししてからワコーズの10Wー40に交換したところ発進時の出だしがすごく重い感じになってモワーていうように走りだし、加速も時間がかかるように...続きを読む

Aベストアンサー

(1)です。

焦げたにおいに異論がおありのようですが
私もあなたと同様な走行パターンで同じ経験があります。
いったん高温になるとなかなか冷えないのですよ、ブレーキパッドとタイヤは。
走行する限りはタイヤとブレーキは使われ続けますから冷える暇が無いのです。

繰り返しになりますがこの度のオイルの選択は間違いです。
高粘度オイルを選択するにしても10W-30までです。

バッテリー外しECUリセット以上の深いことは素人が手を出すべきではありません。
ディーラーのサービスに任せましょう。
スロットルボディやインジェクターの事前の清掃は特段の必要は無いですよ。

QAZRノア アイドリング急上昇

以前こちらでAZRノアのエンジンの不具合について質問をさせてもらった者です
その後Dラーにて燃料パイプのリコールと一緒にスロットルボディの清掃とコンピューターの書き換えを要求し、本日戻ってきました。
コンピューターをどのように書き換えたのか聞いたところ絶対にわかっているはずなのに言葉を濁して教えてくれませんでした
たぶんアイドリング回転を上げるために燃料の噴射する量を増やしたんだと思います
実際、走行中に信号待ちなどで止まったときは500~600回転位がDからNに入れると1000回転位まで上昇します
ここで質問なのですが、この回転数は正常なのでしょうか?
Dラーから帰宅してバックで駐車しようとブレーキを踏みながらクリープでゆっくり下がっていたら突然エンジン回転が上昇して勢い良く後ろに下がろうとしたのでびっくりして慌ててブレーキを強く踏んで事なきを得たのですが、後ろに止めてある車との間隔が近かったらぶつかっているところでした
以前にもコンピューターの書き換えをする前に、信号待ちで前の車に続いてクリープで動いていたら
まるでアクセルを一度踏み込んだかのように急にアイドリング回転が上がり、前車に近寄ってしまい驚いたことがありました
今回はコンピューターの書き換えをした後にこのような症状が出たので正直、Dラーで
「これで大丈夫だと思います」
と言われてすぐの出来事にかなりショックです
とりあえずDラーには言うつもりですが、このような症状になられた方がみえましたらその後、どうされたのか教えてください
少しでも予備知識を持ってDラーに文句を言うつもりですのでお願いします
仕方が無いとか、あきらめるとか、買い換えるというような回答は望んでいませんので
純粋に経験者の方の回答をお願いします。

以前こちらでAZRノアのエンジンの不具合について質問をさせてもらった者です
その後Dラーにて燃料パイプのリコールと一緒にスロットルボディの清掃とコンピューターの書き換えを要求し、本日戻ってきました。
コンピューターをどのように書き換えたのか聞いたところ絶対にわかっているはずなのに言葉を濁して教えてくれませんでした
たぶんアイドリング回転を上げるために燃料の噴射する量を増やしたんだと思います
実際、走行中に信号待ちなどで止まったときは500~600回転位がDからNに入れると1000回...続きを読む

Aベストアンサー

>走行中に信号待ちなどで止まったときは500~600回転位がDからNに入れると1000回転位まで上昇します

と言う事は、暖機運転後のアイドリング回転数が1000回転位と言う事でしょうか。
もしそうなら高過ぎますね。普通は700~750回転位と思います。

それにアクセル操作をしない時に回転数の変動も大問題ですね。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qエンジンオイルが減るんですが?

最近エンジンオイルの減りがひどくなってきたんですが?
きっとオイル上がりで燃えていると思うんですが
対策としてはどうしたらよいのでしょうか?
こまめに確認して足していくしかないんでしょうか?
一応添加剤などは入れています

ちなみに走行距離は160000kmを最近越えました・・・
(大切な車なのでまだ乗りたいと思っています!!)
良きアドバイスがあれば教えてください。
お願いいたします

Aベストアンサー

2級整備士です。

前の方も回答している通り エンジンの
オーバーホールが必要と思われます。
添加剤ぐらいでは、何の効果もないでしょう。

最も疑いのある箇所は、ピストンリングの磨耗
が考えられます。ピストンリングがシリンダー壁との
摩擦で磨耗します。
そしてオイル上がりをして オイルも
燃焼されている状態です。

しかし16万キロでは 微妙な距離数ですから
これぐらいの距離数で症状が出る車とそうでないもの
もあります。

タクシーなんかですと無故障で30万キロまで走行しますので・・
16万キロに到達するまでの過程のメンテナンス具合で
いろんな症状が出てきますよ。


オイルの減り方の頻度もわかると参考になりますね。
(1ヶ月で1リットルなど・・)

いずれにせよ お車の入院は必要です。
シリンダーヘッドからいろいろ バラさないと
なりません。
消耗交換部品と工賃がどの程度になるのか
見積もりを出すといいです。


人気Q&Aランキング