プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

関西出身、東京在住です。 関西では病状が良くなることを、’ましになる’と言ってました。東京でそう言うと、たまにですが聞き返されます。’ましになる’は方言ですか?

A 回答 (3件)

東京神奈川に20年近く住みました。

「まし」は東京の人も使っていました。

増し 名詞 形容動詞

  1)増えること 増やすこと 一割増し 割増料金
  2)どちらかと云えばまさっていること
    
    それよりこっちのほうがまだましよ。
    こんなものでもないよりましだ。
    もうちょっとましな物無いの?

考えられるのは病状がよくなる時に、つかうかどうかですね。
多分東京では「よくなる」を使うと思います。

関西では「おかげさんで、だいぶ痛みがましになりました。」とかいいますね。
それともアクセントが違うのかもしれません。
関西 ましになるは平板 関東 ましになる 低高高高低
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。方言とは言えなくても、使い方の頻度は違うのでしょうね。アクセントも大事ですね。

お礼日時:2010/08/17 22:25

私は、何十年も関東に住んでいますが、私も、どちらかというと、西よりの人間です。



>関西では病状が良くなることを、’ましになる’と言ってました。

病状が良くなることは、「ましになる」と言う意味は、同じだと思いますが、ネガティブなニューアンスが含まれていると思います。

「これでもないよりましだ」--完全なものがあるとは言えないが、ないわけでもない。
「子どもに用事をさせるのは、猫よりましだ」--ロクに出来ないかもしれませんけれども、子どもに用をさせる。

「痛みがましになる」--痛みはまだ続いているけれども、和らぐ。
「病がましになった」--悪かったのが、多少良くなった。
--自分から言うことはありますが、他人に対してはあまり言いません。人に対しては、親しい間柄ならともかく、そうでない人には言えない言葉です。

人に対しては、よほどの関係がないと言えませんね。医師でそういう人は、医師のモラルの問題だと思います。

ただ、関東の人で、自分からの表現でも聞き返されるとしたら、その人は、完全な江戸っ子かもしれません。彼らって、中間的な物言いが嫌う人たちがいますね。

「病がましになった」と言ったら、一体、どっちなのだ、という人がいます。「良くなったのか、良くならないのか?」ということです。だから、実際言われたことがありますが、「快気内祝」なんていうのも、ないのかもしれませんね。「快気祝」だけなのです。
    • good
    • 2

当方は関東出身の関西在住です。



「ましになる」は関東でも使いますよ。

でも、「少しは ましになる」とか「いくらかは ましになる」などのように言葉を足した方が伝わりやすいと思いますよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング