先日、某所のフリマにてビクターのレコードプレーヤー(AL-E15)を購入しました。
あまりに格安(なんと200円!)だったので「針」の劣化に関してはほとんど期待していな
かったのですが、帰宅後、早速ラジカセ(シャープQT-77/実用最大出力15W)に接続して
作動させてみたところ意外にも針も跳ばずにキチンと聴けました。

しかし、納得できない事が一点あります。それは、ラジカセの音量を最大にしなければ
レコードの音がスピーカーから出てこないということです。
つまり最大値でちょうど良い音量が出るということです。

そこで質問なのですが、この音量の問題はなにか手段をとれば解消できるものですか?
例えば、「針」の劣化で音量に影響が出る様であれば、新品針を買おうと思っています。(ちなみに針の値段は幾ら
ぐらいなのか、教えて頂けるとありがたい・・・)
それとも、レコードプレーヤーとラジカセの相性がただ悪いだけ、あるいはこの接続手段
を採ること自体間違えでしょうか?

どなたかお知恵を頂けると助かります。宜しく御願いします。

追伸・・・「針」はやはり劣化が激しかったようで、誤ってぶつけてしまった拍子につぶれ
てしまいました;^_^A
ですので、針を交換して音量問題が解決できるようであれば、このまま家に置いておき
ますが、もし、針云々に関わらずプレーヤー自体の劣化、または接続の相性などに問題が
有るようならば、処分しようと考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 フォノイコライザーアンプをレコードプレーヤーとラジカセのAUX入力端子の間に入れてあげれば問題は解決すると思います。



 このフォノ・・・は、微弱なカートリッジ(針、コイルと磁石からなる、振動を電圧に変換する部分)の出力電圧(MM型で数ミリV。MC型では0.数ミリVで、CDプレーヤーなどでは2Vを超えていたりしますので、その微弱さが分かるでしょうか。)を大きくするとともに、RIAA特性に基づきレコード盤に小さく記録された低音を大きく、大きく記録した高音を小さく増幅することで元々の音の特性を再現します。これはレコードの狭い幅の溝の中に効率的にオーディオ信号を詰め込むために共通した規格です。
(この特性を無視してレコード盤の音をそのまま増幅すると、低音不足、高音が大きく聞こえるはずです。)

これで、ようやくCDプレーヤー等の機器の出力と同じくらいの出力電圧、特性が得られます。それをラジカセに入力してあげるのです。

お使いのカートリッジがMM・MC型か確認の上適当なフォノイコライザーアンプを買ってください。
 
 針も交換するか、カートリッジを買わないといけない状態になっているようですが・・・(^^;

ですからマイク入力を使うのは適切ではありません・・・。
一応・・・気が引けているのですが、IRAAではなくRIAAが正しく、アンプは略すときはAMPです(^^。お節介か(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有り難う御座いました。

なんだか、いろいろ買い足さなくてはならないようで・・・。
検討してみます・・・。

お礼日時:2001/04/10 07:18

 RIAA!おー!そーだった!



 昔、アイルランドで爆弾持って走り回っていたもんで・・・・・・。
    • good
    • 0

 ビクターのAL-E5の型式がよく解りませんが、基本的にはラジカセ側にフォノ端子がなければ、音量も音質も正常な物はでません。

ラジカセ側にフォノ端子がなければ、間にフォノ・イコライザーを挿入しなければなりません。

 レコードはそのままの音を刻んでいるのでは無く、IRAAと云う国際規格で歪ませています。そうしないとレコード盤の厚みでは低い音などは刻めないのです。そうして歪んで記録された音を、再生の時に戻してやる装置がフォノ・イコライザーです。又、使われる針のカートリッヂの方式がMC式になっていれば(通常はMM方式)、別のインター・フェイスも必要になってきます。

 フォノ・イコラーザーは安いものでは、ソニーから5~6千円の乾電池式のがでていますし、最近ではミニ・コンポ等用に1万円以下のフォノ・イコライザー付のレコード・プレイヤーも出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有り難う御座いました。

なんだか、いろいろ買い足さなくてはならないようで・・・。
検討してみます・・・。

お礼日時:2001/04/10 07:18

マイク入力にレコードプレイヤーを接続する時の補足です。


(抜けてました。ごめんなさい.)

マイク入力はアナログ入力になっていますので、ステレオからアナログに変換するケーブルが必要です。
(変換しないと、LcHからしか音が出ません。)

カセットデッキから出力される音は、LcHとRcHのミックスされた音として出力されます。(アナログになってしまう)

録音もアナログ録音となってしまいます。
ステレオで聞きたいならば、レコードプレイヤーとデッキの間にANPを接続するしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有り難う御座いました。

なんだか、いろいろ買い足さなくてはならないようで・・・。
検討してみます・・・。

お礼日時:2001/04/10 07:18

アンログレコードプレイヤーのライン出力レベルは、CD等と比べ非常に小さく設定されています。

(音が非常に小さく出ているということです。)
その為、カセットデッキなどのライン入力にそのまま接続しても、音のレベル(音量)は小さくなってしまいます。

カセットデッキのマイク入力に接続してみてください。これで解決出来るとおもいます。

マイク入力が無い場合は、アナログレコードプレイヤーとカセットデッキの間にANPを接続すれば、OKです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20年以上前のSONYのラジカセの修理

いまでもヘッドが擦り切れて音が割れてしまうのですが、20年以上前に購入したラジカセがあります。どうしても捨てることができずにいます。もし修理をすることができれば後生大切に使いたいと思うのですが、修理を引き受けてくれる場所を知っていたら是非教えてください。
もう一度自分のラジカセで聞いてみたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

whwnc881さん、今晩は。
家電修理専門があります、参考URLご覧ください。
6,000円(持ち込み4,800円) ラジカセ(CDなし)
8,500円(持ち込み6,800円) CDラジカセ、ミニコンポ各ユニット

参考URL:http://www.aandvtechnical.com/

Qレコードプレーヤー購入したら、針はついてる?

ネットでターンテーブルを購入しようと思います。

針はついてきますか?
別売りでしょうか?

詳細には何も書いてありません。

カテゴリ間違っていたらすみません、

Aベストアンサー

基本的に新品なら付いています。
非常に高価なもの(マニア向け)の場合、付いていない可能性もあります。

中古品の場合は、付いていない可能性が高いです。

QCDラジカセのCDプレーヤーが動かないので修理に出したいのですが。

CDラジカセのCDプレーヤーが動きません。再生を押すと01と表示されますが、動く気配がなく何度かボタンを押すとErと表示されます。約2年前に大型家電店で購入しました。
修理に出したいのですが、大型店だとすぐ見ていただけるのでしょうか。以前そこに電子辞書をお願いしたのですが時間と費用がかなりかかりました。CDラジカセと電子辞書はもちろん違うのですが、できれば大型家電店以外で修理してくださるところが良いです。
ネットで探しているのですが、なかなかうまく探せません。
どこに修理をおねがいしたら良いのでしょうか。
ちなみに神戸市在住です。

Aベストアンサー

 参考URLは全国展開している修理専門店ですが、残念ながら神戸には店舗が無いようです。
 個人経営の店も多い(大型量販店のサテライト店になるか、販売よりも修理に主力を置いて生き残りを計られている)ので、お住まいの地域の情報紙などを見られたら如何ですか?
 

参考URL:http://www.consent.jp/index2.html

Qラジカセ、それ自体の音が気になって・・・

ラジカセそれ自体の音が気になっています。
ソニーさんの1万前後の中古ラジカセをいただき、早速ラジオをヘッドホンで聞いてみたのですが、チューニングは問題ないのですがオンに
しただけでジーというかそのラジカセの音が気になります。ラジオにかかわらずカセットでもCDも同じです。
これはソニーとはいえ安物だから仕方ないのか、それともラジカセなんてそんなものなんでしょうか?
(PCで聞いていると澄んでいるのでラジカセの音に過敏になっているのかもの・・・)

Aベストアンサー

 そのラジカセは電池で動かす事が出来ますか?
 電池で動作させて雑音が出なければ電源からのノイズの混入でフイルターを使って下げられます。
 使う場所を変えて聞いてみる事は出来ますか?
 場所によってノイズの状況が変わる場合も誘導ノイズによる物です。
 (ジーと言う雑音の種類から外部からのノイズの様な気がするので)

 何れの場合も変化が無ければラジカセの故障ですね。
 因みに値段は関係無いと思います。

QMDラジカセの修理

MDラジカセが壊れてしまい、修理に出したいと思っています。
そこで、教えて頂きたいのですが安く済ませるには、どの方法が一番良いのでしょうか?

(1)メーカーに直接修理にだす。
(2)街の電気修理専門店にだす。
(3)インターネットで見つけた、チェーン系のお店にだす。
(4)その他

修理品詳細
メーカー = Victor
ジャンル = MDラジカセ
製品型番 = UX-Z11WMD
購入時期 = 5~6年前
故障状態 = 電源投入後フリーズして、動かなくなる。

Aベストアンサー

(1)は修理代+往復の送料+荷造りのてま
(2)は持ち込めれば修理代のみ
(3)は修理代+往復の送料+荷造りのてま


近くの電気屋さんに修理に出しましょう、修理代は何処も同じぐらいです。参考にして下さい。

Qレコード針交換

レコードの針を交換しようと思っているのですが、細かい音まで表現できる針ってありますか?
現在使用しているプレーヤーはvestaxのBDT-2500を使用しています、針は備え付けのVR-3Sを使用しています。

後レコードの一曲目に比べ五曲目の方が音が割れる感じがするのは針のせいですか?又は盤ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

細かい音を出すためのカートリッジを選ぶ目安として注目するべきなのはカートリッジの針先形状です 針先には丸針<楕円針<超楕円針<マイクロリッジ針とありこの順番で針がレコードに接する面積が狭くなりより細かな音まで拾う事ができるようになります VR-3Sなどの安価なカートリッジは一般に丸針を使っていますので力強い音がします マイクロリッジの方がより繊細な音がします 一概にマイクロリッジ=繊細とも言い切れませんが同じメーカーの同じシリーズで丸針とマイクロリッジがあれば丸針は力強く マイクロリッジは繊細で細かな音まで出す傾向にあります ですから細かな音まで出そうと思うとマイクロリッジのカートリッジを選ぶのが良いです 各メーカーでマイクロリッジの代表針を記載しておきます
SHURE V-15V
ortofon MC★30W MC★20W コントラプンクト-c
オーディオテクニカ AT-33R AT150MLX
デノン DL-S1(これも実質マイクロと見て良いと思います)
ごらんのように比較的高価な製品が多いです また性能を引き出すためにはより細やかな調整が必要ですから高性能なトーンアームが必要です 今のプレイヤーでは十分性能を引き出すのは難しいかもしれませんが 今使っているカートリッジよりは細かな音が出るようになると思います

内周の方が音が割れやすい原因ですが レコード盤自体にある場合もありますし オーバーハングなどカートリッジの調整が狂っている可能性もありますが 調整がきちっとされていてレコード盤によらず起こるならそれはカートリッジの針の寿命が一番疑わしいです その場合は針先を交換するかカートリッジ自体を交換するのが良いです

参考URL:http://www.dynavector.co.jp/lecture/micro_ridge.html

細かい音を出すためのカートリッジを選ぶ目安として注目するべきなのはカートリッジの針先形状です 針先には丸針<楕円針<超楕円針<マイクロリッジ針とありこの順番で針がレコードに接する面積が狭くなりより細かな音まで拾う事ができるようになります VR-3Sなどの安価なカートリッジは一般に丸針を使っていますので力強い音がします マイクロリッジの方がより繊細な音がします 一概にマイクロリッジ=繊細とも言い切れませんが同じメーカーの同じシリーズで丸針とマイクロリッジがあれば丸針は力強く マイ...続きを読む

Q古いラジカセの修理方法

古いラジカセを自分で修理したいと思います。修理内容はヘッドの交換、ベルトの交換です。これらの修理方法を解説しているサイト、部品を売っているお店の情報などを知りたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もラジカセの分解・修理は何度かやっていますが、ご希望の技術に関するサイトは
(有るのかも知れませんが)今まで見たことが有りません。
また、ラジカセの部品を売っている店も、ゴムベルトを除いては見たことが
ありません(ジャンク屋でヘッドや裸メカなどを入手したことはありますが)。

その意味ではお役に立てませんが、ご参考までに私の経験をご紹介します
(ハンダ技術など、必要な技術はお持ちという前提で・・)。

1.ヘッド
(1)ヘッドの入手方法
 a.メーカーの補充部品(古い製品の場合は在庫が無い)
 b.ジャンク屋でヘッドやヘッド付きメカを探す
 c.壊れた同型品から取る(HardOff、ジャンク屋、オークション等)
 d.他のラジカセ(メーカー・型式不問)から取る

他メーカーのラジカセから外したヘッドの場合、取付寸法が違えば使えない訳ですが、
これまで、ラジカセ、カセットデッキ(ステレオ含む)十数台を分解した限りでは、
メーカーや機種が違っても取り付け寸法は殆ど同じでした(録・再、消去それぞれで)。
従って、ラジカセのヘッドであれば、どこの製品でもほぼ問題なく使えると思いますが、
市販された全機種を調べた訳ではありませんので、絶対に保証できるとは云えません。
稀に寸法の異なるものが有るかも知れませんので、事前にご確認下さい。

また、厳密に云えば、ヘッドのインピーダンスも合わせなければいけないのでしょうが、
私の経験では、聴いても違いが分かりませんでした(何しろ、ラジカセですので)。

(2)ヘッドの交換とアジマス調整
取付寸法さえ合えば、交換自体は特に難しいことはありません。
強いて問題と云えば、交換後のアジマス(ギャップの垂直性)調整です。

調整用のテープとオシロスコープがあれば簡単ですが、無い場合は試行錯誤
(トライアル・アンド・エラー)で調整用ネジ(バネの入っている方)を少し
ずつ回しながら、最良点(高音が最も良く出る点)を探します。

ラジカセの場合、再生帯域はせいぜい10kHz位まででしょうから、それ程精度は気に
しなくても良いかも知れません。その辺は各人の「こだわり」次第かと思います。
最良点を決めたら、緩み止めにセメダインなどを塗布しておきます。

2.ゴムベルト
前の方のご紹介サイトの方法による自作が難しい場合は、ニュー秋葉原センター内の部品屋
(万世橋署並びのガード下)をお調べ下さい。ゴムベルトが何種類か置いてあります。

3.その他
古い機種の場合、メカに塗布してあるグリースが硬くなり、スムーズな動作を阻害して
いることが多いです。
出来れば、全部バラして拭き取り、グリース(プラスチック用が良い)を塗り直した方が
よろしいです。

私もラジカセの分解・修理は何度かやっていますが、ご希望の技術に関するサイトは
(有るのかも知れませんが)今まで見たことが有りません。
また、ラジカセの部品を売っている店も、ゴムベルトを除いては見たことが
ありません(ジャンク屋でヘッドや裸メカなどを入手したことはありますが)。

その意味ではお役に立てませんが、ご参考までに私の経験をご紹介します
(ハンダ技術など、必要な技術はお持ちという前提で・・)。

1.ヘッド
(1)ヘッドの入手方法
 a.メーカーの補充部品(古い製...続きを読む

Qレコードの針について

自分の家にはレコードを再生する機器があります。実は小さい頃カートリッジについている針をおってしまいました。それから針を買っていません。

それでもし針が売っているのなら買おうと思います。

型番など詳しいことがよくわからずどれがそうなのかとかちんぷんかんぷんです。一応機械に書いてあることを書きます。

メーカー → Technics

model → SH-10B4

TURNTABLE model → SP-20

アームに書いてあったこと → DOUBLE KNIFE EDGE TONE ARM WE-407/23 No.***** AUDIO ENGINEERING

カートリッジに書いてあったこと → SAEC

カートリッジのコネクタの部分は丸いです。針がちょこんと出ていたっぽいです。

情報はこれだけですが針の型番などがわかる方いらっしゃいましたら是非教えてください。あとできれば販売している場所、またはネット販売しているなどの情報も是非教えてください!!!

Aベストアンサー

 それは、かなり高級なプレイヤーシステムですね。SP-20といえば、確かSP-10(マーク2)の弟分に当たるターンテーブルでした。トーンアームも6万円を超える高級品です。アームからすると、カートリッジはC-1の可能性が高いかも知れません。これだとすれば、MCカートリッジなので、本体を交換することになりますが、SAECは、すでにトーンアーム、カートリッジ分野からは撤退していますので、別なカートリッジを購入した方がいいかと。オークションでカートリッジを購入するという手もありますが(でも、おそらくC-1は、あまり数が出ていなかったと思われるので入手は難しいかと)、大手のオーディオショップに行けば、同じMCカートリッジで、比較的簡単に入手できるものとしてDENONのDL-103というものがあります。骨太ながら、私は4個ほど使用しました。
 参考までに交換針ではナガオカが有名です。
http://www.nagaokatrd.co.jp/search/index.html
をご覧下さい。でも、C-1はサポートしていないようです。
 ご参考まで。

参考URL:http://yasshin.hp.infoseek.co.jp/saecc1.htm

 それは、かなり高級なプレイヤーシステムですね。SP-20といえば、確かSP-10(マーク2)の弟分に当たるターンテーブルでした。トーンアームも6万円を超える高級品です。アームからすると、カートリッジはC-1の可能性が高いかも知れません。これだとすれば、MCカートリッジなので、本体を交換することになりますが、SAECは、すでにトーンアーム、カートリッジ分野からは撤退していますので、別なカートリッジを購入した方がいいかと。オークションでカートリッジを購入するという手もありますが(でも、おそら...続きを読む

QMDラジカセの故障(修理代)

いま使ってるケンウッドのMDラジカセが故障してしまいました。再生はできるのですが、再生中、時々止まります。録音は完全にだめで、録音完了後、録音したものを再生してみると、(止まってしまって)再生できません。録再用クリーナーで清掃してもだめでした。 これを修理にだすといくらくらいかかるでしょうか?

Aベストアンサー

現物を見ていないので見積りは出せませんが,MDラジカセ
の修理費用は一般的に10k~15Kになると思います。

Qレコード針の針圧設定

DENONのDP-45Fを中古で買ってきたのですが、針圧調整がわかりません。だいたい2~3gだとは思うのですがカートリッジ後ろ部分にも調整するメモリがなく困っています。また「Q-DAMPING」「ANTI-SKATING」という調整メモリがあるのですがこれは何を調整するものなのでしょうか?同じプレイヤーをお持ちの方、AV関係に詳しい方、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q-dampingは針がレコードの溝を正確に拾うようにトーンアームの水平垂直方向の細かな振動を(振動という言葉が正確かはわかりませんが)制御する機能です。
DP-45FのQ-dampingは純正カートリッジですと1.8です。
針圧調整はバランスウエイトを動かしてトーンアームがターンテーブルと水平になるようにします。
DP-45Fの針圧調整はたぶんanti-skatingつまみで調整すると記憶していますが、Stylus forceとanti skatingつまみに書いてありませんか?つまりそれが針圧です。
針圧調整=アンチスケーティングアジャストメントです。
順序はまず針圧をあわせます。これも1.8です。
その次にQをあわせます。
あくまで純正カートリッジの場合です。
末永く愛用ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報