お客さんの意向に添えないときの、メールの書き方について

こんばんは。
顧客へのメールの書き方で、微妙なニュアンスを伝えることが出来なくて悩んでいます。

お客さんからの注文・要望がメールで来ることが多いのですが、
何かの原因で要望に応えられない場面が多くあります。
メールで返信しようとするのですが、メールで書こうとすると添削に時間がかかって、最終的に電話をかけてしまうことが多いです。
原因として自分で思い当たるのは、下記の3点です。

(1)お客さんに対する申し訳なさ
(2)相手を怒らせるのではないかという怖さ
(3)お客さんの要望に応えられない理由が長ったらしく、読み返すと言い訳のように見える

皆さんはこんなとき、どうしてますか。
メールにはメールで返事をするのがマナーでしょうか。
うまい断りメールの書き方や法則があったら教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

no1です。


こちらに全く非のない場合でも、募集・応募などのような場合、その前提となる文章の表現が気になります。
(例えば細かくこちらの意向を伝えきれていなかった・期待を誇張しすぎたきらいがあるなど)
従って、ビジネス文書の見本書きのような結果とならざるを得ません。

しいて言えば、慎重に検討いたしました結果・・・、今回は応募者が短期間に集中したため・・・、
・・・の理由により製造の対応に少し時間がかかりますので、など、
沿えなかった方からすればその主原因も指摘されていいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

相手の要望の難易度によるかと・・・・。


どういう分野かによっても断り方は変わってくるでしょうが、自分の返信した会話を録音しておき
いくつかのパターンに分類できるようにします。

そういう「ひな型」を幾つか作ってメールに利用できないでしょうか。
しかし、紛らわしい表現や一部に期待を持たせる返信はいけませんし、今後の取引上
金額的に大きな分野を占める定型的でないものに関しては、口頭の方がいいと思います。
(しかし、ある条件の範囲でならOKとか、本来は文書で返すのが従来の商慣行です
=対法人などでは証拠として残す)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gisahannさま:

ご回答ありがとうございます。
>ある条件の範囲でならOKとか、本来は文書で返すのが従来の商慣行"
確かにそうですよね。“文章で残す”=メールでやりとりすることの大事な意義の一つですね。
しかしメールだとつい用件のみになりがちで、こちらの気持ちや温度感、気持ちが伝わりづらいというマイナス側面もあるかと思います。
用件以外の部分で気持ちを伝えられるようになりたいのですが難しいでしょうか・・・

 自分の返信した会話を録音しておきいくつかのパターンに分類
       ↓
 「ひな型」を幾つか作ってメールに利用する。

会話を録音しておいて、それを文章に起こす、ということですよね。
一度自分で電話した気持ちになって、会話を録音⇒メールを書く、というやり方にも応用できますね。
温度感を伝えるメールが書けるよう、訓練してみたいと思います。


ちょっと話の方向性が違ってくるかもしれませんが、断りメールの書き方で相手のちょっと高度な要求に対して「出来ません」「困難です」「厳しいです」を「大変残念ながら・・・」「ご要望にそえず大変申し訳ありませんが・・・」「大変不本意ながら・・・」などと書きたくなることが多々あります。
ここまで書いてしまうと、ちょっと回りくどく嫌らしくなる、というか冷たく距離感が遠くなる気がしてます。
しかしビジネス上ではこのように書くのが正解のように書いてありますよね?
こちらには全く非が無い場合でも、やはりこのように書かなければ失礼にあたるのでしょうか?? 

お礼日時:2010/09/14 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の要望に「ご要望」?(敬語、名刺交換、ほか)

私は20代のヒラ職員ですが、最近、カバン持ちとして上司に同行し、議員さんとか社長さんとか、エライ人に会う機会が増えています。そこで困っていることがあって質問しました。

【1】こちらからの要望書で「ご要望」?
たとえば、「ツキノワグマの現状についてご説明します」「ツキノワグマの保護をご要望します」という具合に、「お/ご+サ変動詞の語幹+する」は謙譲語ですよね?
これに対して、「ご説明の趣旨はわかりました」「ご要望は承りました」のように、「お/ご+サ変動詞の語幹」は、丁寧語というよりはむしろ尊敬語に近い語感だと個人的には思います。
このとき、書き言葉として、自分からの要望事項を「ご要望」とするのはおかしいでしょうか? たとえば要望書のタイトルを『ツキノワグマの保護について(ご要望)』とする場合です。たしかに「ご要望」を(丁寧語ではなく)尊敬語と解するならば、要望書のタイトルも『~について(要望)』とすべきかもしれません。しかし、個人的にはなんだか「上から目線」なカンジがして、「要望」というより「要求」に近い印象を感じてしまいます・・・。

【2】宛名としての「麻生太郎国会事務所」
たとえば議員さん宛に郵便物やFAXをお送りするとき、議員本人が封筒を開けたりFAX機から拾い上げたりすることはあまり考えられないので、取り次いでほしい秘書さんが特にいない場合は、封筒やFAX送信票の宛名に「麻生太郎国会事務所 御中」や「麻生太郎国会事務所 ご担当者様」などと記載しています。このように「呼び捨て+事務所」という表現に抵抗があるのですが、かと言って宛名でいきなり「麻生太郎様」「麻生太郎先生」というのも気が引けます。
学者さんに郵便物を送るときの「○○大学 利根川進研究室 御中」も似たようなケースだと思いますが、何か適切な言い方はないでしょうか?

【3】随行者も名刺を渡すべきか否か
私は、上司に随行しても基本的に後ろで控えているだけで、あるいは細かい補足説明を加える程度です。このため、特に相手が議員さんや社長さんなどの場合、取るに足らない人間が名刺を渡すのもいかがなものかと思い、基本的に私から名刺を差し上げていません。上司が名刺を交換したときに、相手が私にも名刺をくださる素振りをしたら、私も慌てて名刺ケースを取り出すという具合です。
初めてお目にかかるときで、私が何度も発言するような場合は、帰り際に名刺を差し出すというふうに対処できます。しかし、何度も通っているうちに議員さんに顔も名前も覚えてもらったのに、けっきょく名刺を渡しそびれている場合もあります。随行者が名刺を渡すのはどんなタイミングが良いと思いますか?

私は20代のヒラ職員ですが、最近、カバン持ちとして上司に同行し、議員さんとか社長さんとか、エライ人に会う機会が増えています。そこで困っていることがあって質問しました。

【1】こちらからの要望書で「ご要望」?
たとえば、「ツキノワグマの現状についてご説明します」「ツキノワグマの保護をご要望します」という具合に、「お/ご+サ変動詞の語幹+する」は謙譲語ですよね?
これに対して、「ご説明の趣旨はわかりました」「ご要望は承りました」のように、「お/ご+サ変動詞の語幹」は、丁寧語という...続きを読む

Aベストアンサー

1.自分が頼む時の要望については「お願い」とします。
  質問文の「ご要望」を「お願い」に代えて読んでみてください。

2.ドラッグストアのマツモトキヨシは社名ですので
  「株式会社マツモトキヨシ様 御中」にはなりません。
  「株式会社マツモトキヨシ 御中」です。
  議員事務所でも同じです。
  名前を冠した事業体については皆同じです。
  松下電器(現パナソニック)だって松下は苗字ですが、誰も「松下様電器」とは呼ばないですよ。

3.常に初回に出す。
  主たる訪問者の次に出せば良いです。
  名刺は「己が誰か明示する」事が目的です。
  挨拶の為に出すんじゃないですから、「私はこういうものです」という形で初めに出すのがマナー。
  感覚的に悩むのではなく、相手がどう受け取るかが大事です。
  

Q上司に提出する要望書の書き方

Macオペレーターをしている者です。
上司から要望書を提出するよう言われましたが、今迄そういった文書を作成した事がなく、どういう風に書けばいいかわからず、困ってます。

ビジネス文書関連のサイトは一応周りましたが、よくわかりません。
どなたか教えて下さい。お願いします。

要望書の内容は、1.自分が扱えるソフトと出来る仕事内容、2.今後勉強していきたいソフトとやりたい仕事内容、です。

それ程畏まった文書でなくても、いいと思うのですが…。

Aベストアンサー

要望書というより、(人事上の)自己評価&今後のキャリアシート といった感じでしょうか。。。

特にスタイルは無くとも良いかと思いますが、以下の点は網羅されたほうが良いでしょう;
1. ソフトウェアの扱えるレベル(何ができるか(上級/中級/初級)といったあたりを意識しつつ・・・)

2. 今後勉強していきたいソフトとやりたい仕事内容、そしてそれに伴って目指すべき、自分の仕事上の役割の変化(プロジェクトリーダーになりたい etc.)


1.については、リクナビのスキルチェックシートなども多少参考になるかと思います。

ご自分の現在能力と将来の可能性をアピールすべく、ぜひ頑張ってください!

Qお客さんへの年賀状の宛名。社長宛?いつもの担当さん宛?

個人事業でホームページ作成をしておりますが、
ホームページ作成・更新を継続してご依頼頂いているお客様あての年賀状で、
社長宛に出すか、いつも連絡を取っている担当の総務部長さん宛に出すべきなのかわかりません。
それとも○○株式会社御中で出すべきか・・・。

一般的にどちらかに出すかお教えください。

Aベストアンサー

一般的には、担当者宛に出しますが、それでも迷うなら、両方(社長宛にも)に出してもいいでしょう。

Q客先へ行った報告書の書き方

先日初めて客先、他部署の人といきました、だたついていっただけなのですが報告書を書かないといけないのですが、どういった書き方をすればよいでしょうか?
一応書いてみたら、感想文みたいで、これではちょっと・・・と思い質問させていただきました。
参考になるHPがあったら教えてください
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

                    平成14年7月○日
○○ 様(上司の職名、部長・課長など)
                      ○○部 ○○課 ○○
         7/7 ○○産業訪問(報告書)
 次の通り、○○産業を訪問しましたので、内容の要点をご報告いたします。
                  記
1.訪問日時 平成14年7月7日 14:00~15:00
2.同行者  ○○課長
3.面談者  ○○課 ○○課長
4.面談内容 (1)
       (2)
       (3)
5.備考   (1)(感想など)
       (2)
                                 以上

事実と感想は分けること。箇条書きとすること。


 

Q【水商売】伝説のキャバ嬢曰く、水商売は客に喋らせた勝ちの世界だそうです。あとは勝手に客が喋ってくれる

【水商売】伝説のキャバ嬢曰く、水商売は客に喋らせた勝ちの世界だそうです。あとは勝手に客が喋ってくれるのでこちらの手持ちの弾(話のネタ)を撃つ必要がない。

どうやって最初に客に喋らせることが出来ますか?

水商売のクラブやキャバクラ、ラウンジなど全ての女性キャスト曰く、最初に自分のことを喋った方が負けという世界だそうです。

Aベストアンサー

そうですよ。

余談ですが、私はそのことをわきまえていない女性が付くと「金払ってんだからもっと喋ろよ、商売だろ」とやってしまうので、いつも嫌われてます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報