S―VHS ETのビデオデッキを使っています。でも、普通のS―VHSデッキとの違いがわかりません。この2つの相違点は何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

VHSテープでS-VHSと同等の解像度の録画ができます。

テープ代を気にせずに高画質の映像が楽しめます。

詳細は下記のページをご覧ください。

参考URL:http://www.melco.co.jp/service/vtr1/svhset.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。よくわかりました!

お礼日時:2001/04/12 10:02

普通に使っている者からすれば,特に違いはないでしょう。


あえて言うなら,S-VHS録画できるビデオテープが異なります。
S-VHSの場合 S-VHSテープか,裏側にドライバーで小さな穴を開けた普通のビデオテープにS-VHS録画可能です。
S-VHS ETの場合 S-VHSテープの他,普通のビデオテープにもS-VHS録画可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。よくわかりました!

お礼日時:2001/04/12 10:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすべて搭載しているよりキレイなS-VHSデッキ

過去に録画したVHSや、ダビングしたVHSがあり、
画像を少しでも改善して保存したいと考えています。

VHSなので、どうしようもないと思っていたのですが、
過去の質問を見ているうちに、
VHSデッキに「画像安定装置」をかますかといった手法や、
VHSデッキをTBC、DNRを搭載している「SVHS」に変える手法
があることがわかりました。

SVHSにしようと思うのですが、SVHSでもTBC、DNR等すべて搭載しているわけではないということもわかりました。
そこで、すべて搭載している画像にこだわったSVHSデッキをご紹介頂けないでしょうか?

ちなみに、録画したVHSデッキ、テープともにSONYです。
このSVHSデッキはSONYとの相性が悪い等ありましたらご教授下さい。

保存方法は、データ(.AVIとか)です。
まずは、よりきれいに再生できることが前提かなと考えています。

Aベストアンサー

はじめまして。

今時TBC、3次元YC分離、3次元DNR全て搭載して高画質のS-VHS機を入手するのはかなり困難です。
まず所有している人は、大抵が映像マニアの方々なので手離しません。
もはやロクでもないVHSしか市場に残っていない(HDD・DVD・VHS一体型機)のを知っているので余計に手離しません。
それにS-VHS機で高画質と言われた機種は大体1990年代後半~2000年頃に製造されたものが中心です。なので今から10~15年前の機種となるので、余計に入手困難です。

http://calamel.jp/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD/cat/1208?sr=1&pg=1

全部で4ページありますが、この中でTBC搭載はおそらくビクターのHR-VX8とパナソニック、日立の3機種のみ。
画質だけで言えばおそらくビクターがダントツ。
ただビクターの場合は当たり外れが激しい。当るといいけど外れると悲惨。修理修理の連続になる。当方は2機種で経験済み。
製品安定性ならパナソニックだけど画質は、安かろう悪かろうの松下なので。松下は高額な機種は故障も少なくしかも高画質なのですが、価格に従った画質で、同じTBC、3次元YC分離、3次元DNR搭載機でもこれほど違うのか! と言うくらい画質に差があるメーカーでした。ここに掲載されているのは、おそらく廉価の機種。
日立はちょっと色にクセがあって、黄色がかなり強く出るメーカーです。頑丈さは定評あり。ただこの機種がTBCを搭載していたかどうかはちょっとあやふや。このシリーズの上位機種は確実にTBCを搭載していた。

TBCなしで構わないのならば東芝のA-SB99がお薦め。かなり高性能な3次元YC分離と3次元DNRを搭載しています。
当方はA-S99と言うアナログBSなしの兄弟機を使用していますが、現役稼動中です。標準モードで相性の良いテープを使用すると、TVをそのまま見ているのと勘違いするほどです。
それに東芝の伝統である頑丈さを兼ね備えています。但し中古なので、ある程度(かなり)ヘタっているのは覚悟してください。

おそらく過去のS-VHSで最も評価が高かったのはビクターHR-X7。
でもほとんど中古市場には出回らないと思います。

>VHSデッキに「画像安定装置」をかますかといった手法や、
VHSデッキをTBC、DNRを搭載している「SVHS」に変える手法

TBC、3次元YC分離、3次元DNRの機能があってもVHSはS-VHSにはなりません。
VHSは解像度240本。S-VHSは解像度400本。
根本的に輝度信号の帯域が異なります。
VHSの240本を400本に変換する機能はありません。できません。
その逆はありますけど(SQPB)。

画質安定装置のTBC、3次元YC分離、3次元DNRはそのほとんどがデッキ専用より劣ります。
特にTBCはかなり非力です。
補正し切れないものもあります(特に3倍モードの古いテープ)。
HDD・DVDレコーダー搭載のTBCの方が強力な場合があります。
最強のTBCはNECのPCの(アナログ)スマートビジョンに搭載されていたTBCです。
他では歪みが酷くて諦めかけたテープもきちんと補正してくれました。
但し現行のNEC製PCにはアナログ入力はありません。2008年春モデルまではありました。この春に在庫処分でネット通販限定でNECのショップで販売していましたが・・・

>ちなみに、録画したVHSデッキ、テープともにSONYです。
このSVHSデッキはSONYとの相性が悪い等ありましたらご教授下さい。

相性は再生してみないと判りません。
標準モードに関しては互換性が保証されていますが、3倍モードは互換性は保証されていません。なのでどれほど手動でトラッキング調整しても再生画像にノイズが乗るものは出ます。

はじめまして。

今時TBC、3次元YC分離、3次元DNR全て搭載して高画質のS-VHS機を入手するのはかなり困難です。
まず所有している人は、大抵が映像マニアの方々なので手離しません。
もはやロクでもないVHSしか市場に残っていない(HDD・DVD・VHS一体型機)のを知っているので余計に手離しません。
それにS-VHS機で高画質と言われた機種は大体1990年代後半~2000年頃に製造されたものが中心です。なので今から10~15年前の機種となるので、余計に入手困難です。

http://calamel.jp/%E3%83%93%E3%83%87%E3%8...続きを読む

QS-VHSからBDへのダビング時の画質モード

S-VHSの素材を極力高画質でブルーレイにダビングしたいです。再生側デッキの画質モードは何を選択すればいいのでしょう?
また、現状手に入る再生側デッキのお奨め高画質機種を教えてください

現在手手元にS-VHS、VHSのビデオテープが150本ほどあります。
30年ほど前からコレクションとして撮りためた音楽物のテープです。当時からなるべく高画質で残したいと考え、ハイグレードなビデオデッキを購入しHGテープなどを使って保存してきました。

これらをブルーレイディスクにダビングして今後も残していきたいと考えているのですが、S-VHSデッキからダビングする際の画質モードは何を適応すればいいのでしょうか?

当時はビデオデッキ通しのダビングの場合、エンハンサー(輪郭を強調する回路)などが、再生側と録画側でダブルでかかってしまうと画質が低下するため、ダビング時には『ダビング』モードという画質ポジションがありました。現在HDDレコーダーなどにダビングする際にもやはり『ダビングモード』で再生した方がいいのでしょうか?それとも、再生画質がはっきり見える『通常モード』でダビングした方がいいのでしょうか?

私が所有しているデッキはビクターの『HR-X3SPT』および『HR-X1』の2機種です。画質モードは『ノーマル』『ダビング』『レンタル』の3モードがあります。
さらにダビングの際には再生デッキの『シャープネス』の調整度合いはどれくらいにすればいいのでしょうか?

長い質問で恐縮ですが、あと1点。
これだけの本数のテープがあると、ダビング中にビデオデッキが故障する可能性もあると考え、新たにS-VHSが再生できるデッキを購入しようと考えています。今生産されているものは高画質なデッキがないと思われますが、中古などで探す場合、お奨めの高画質S-VHSデッキはありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

S-VHSの素材を極力高画質でブルーレイにダビングしたいです。再生側デッキの画質モードは何を選択すればいいのでしょう?
また、現状手に入る再生側デッキのお奨め高画質機種を教えてください

現在手手元にS-VHS、VHSのビデオテープが150本ほどあります。
30年ほど前からコレクションとして撮りためた音楽物のテープです。当時からなるべく高画質で残したいと考え、ハイグレードなビデオデッキを購入しHGテープなどを使って保存してきました。

これらをブルーレイディスクにダビングして今後...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

アナログのデジタル化の場合、デジタルノイズリダクションと量子化の過程で細部情報が切り捨てられる関係上、どうしても輪郭部の描写が弱くなります。
そのために送り出し側でシャープネスを弱めにするとかなりボケた感じの絵面となります。
若干シャープネスはキツメの方がオリジナルの印象のままでのデジタル化が可能です。
レコーダー側の3次元NRがノイズ増加分はカバーします。
但し録画状態が悪い元々ノイズが多いものがマスターの場合は輪郭や細部情報を犠牲にしても、送り出し側はソフト目にした方が良い場合もあります。
シャープネスの調整度合いは画像に対する個々の嗜好の相違もあるので、試行錯誤でベストポジションを探るしかありません。

アナログのVTR同士のダビングは再生側、録画側双方で画質補正がかかるために、それを抑制する観点から「エディット」や「ダビング」のプリセットが用意されましたが、HDD・BD(DVD)レコーダーの場合は不要です。
送り出し側の補正のみが有効です。
なので送り出しの品質次第で画質が若干変動します。

画質モードなどに関しての事項はNO.1の方が詳しく紹介しているサイトのURLを記載しているので、そちらを参考にしてください。
備考として、このサイトの情報はHD(ハイビジョン)を前提としています。
S-VHSやVHSは720×480が上限です。
レコーダーではSD(標準解像度)の擬似HD化でのデジタル化は対応していません。
HDとSDでは画質モードによるダメージの度合いが異なります。

DVD化の場合は最低でもVBR4Mbpsは必要でしたが、より高圧縮、高画質のH264/AVCでは解像度が720×480の場合は2Mbps程度でもDVDのSPモードよりやや劣る程度の画質で収録が可能です。
実写ものの場合は細部描写も多いので、AVCモードでもできれば4Mbps以上のモードで記録した方が良いでしょう。
それで満足できるかどうかは個人によって異なるので、これもまた自身で試行錯誤となります。

VictorのHR-X5。
さもなければ比較的に安価な割には高画質でコストパフォーマンスの優れていた三菱か東芝の後期のS-VHSだけど、中古市場でも品薄です。
安いS-VHSならば結構出回りますし、オークションにも登場します。
高級機はマニア市場品なので手放さない人が多く、滅多に中古市場には登場しません。
X5辺りになると7万以上します。
これが3~5年ほど前でしたら結構中古市場に出回ったりしたのですが、現状は入手はかなり困難です。覚悟してください。

はじめまして。

アナログのデジタル化の場合、デジタルノイズリダクションと量子化の過程で細部情報が切り捨てられる関係上、どうしても輪郭部の描写が弱くなります。
そのために送り出し側でシャープネスを弱めにするとかなりボケた感じの絵面となります。
若干シャープネスはキツメの方がオリジナルの印象のままでのデジタル化が可能です。
レコーダー側の3次元NRがノイズ増加分はカバーします。
但し録画状態が悪い元々ノイズが多いものがマスターの場合は輪郭や細部情報を犠牲にしても、送り出し側はソフト目...続きを読む

QS-VHSテープをVHSデッキで録画

S-VHSテープをVHSデッキで録画できるのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん可能です。
S-VHSテープはやはりS-VHSで録画して初めて性能を発揮できますが、普通のVHSデッキでもVHSのHGよりはいくらか画質は良くなると思います。
もともとS-VHSテープは磁性体が普通のVHSテープより性能がいいですので、VHSデッキでもある程度が質向上は見込めるようです。

なお、S-VHSデッキでS-VHSテープをVHS録画することも可能ですが、画質を考えるとしないほうが無難です。現在のVHSデッキはS-VHSで録画されたテープを再生する機能が備わっており、画質こそVHSクラスになりますが再生はできます。
バブル期までのVHSデッキではS-VHSテープを再生することができない機種も結構ありましたが、そういったデッキで再生しない限り、S-VHSテープとS-VHSデッキがあるならS-VHSで録画するのがベストです。


人気Q&Aランキング