種々の高分子膜作ることになりましたが、カタログを見ると一つの高分子でも、イソタクト型やシンジオタクト型が記載されてる物があります。これらの構造の違いは本で調べてわかりましたが、この構造の違いが高分子のいろいろな物性値に具体的にどのような影響を与えるものなのかがわかりません。ガラス転移温度が違う場合もあるようですが、その他たとえば表面張力とか耐溶液性とか違ってくるのでしょうか。数冊の高分子の教科書的本をあたってみましたが、それらの記載を見つけられませんでした。よろしくご教授ください。本などもありましたらご紹介ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

MiJunです。


質問の内容を少し深読み(単なる勘違い?)しているのかもしれませんね?

単に、高分子の物性値を知りたいのであれば「事典」類を見れば良いのではないでしょうか?

特殊なポリマーであれば、文献検索する必要があるでしょうが・・・?
=========================================
高分子データハンドブック  高分子学会∥編
出版地 :東京
出版者 :培風館
出版年月:1986.1
資料形態:2冊  27cm  全98000円
注記  : 「基礎編」「応用編」に分冊刊行
件名  : 高分子化学/ 高分子化合物
ISBN:4563041874
========================================
これ以外にも図書館等で探せばあったと思いますが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

[高分子データハンドブック ]を早速調べてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/13 09:17

rei00 です。

お礼拝見しました。

>ところで、イソタクトとシンジオタクトではどちらの構造がでこぼこしていると考えるのでしょう?
 すみません。先の回答にも書きましたが,私は高分子に関しては素人です。イソタクトとシンジオタクトがどの様な構造かを知りませんので,どちらがデコボコしているかは分かりません。
 一般的に言えば,より直線的な構造の方がデコボコしていないと思います。
 なお,デコボコという表現を使っていますが,実際に分子がデコボコしているとは限りません。ようは,高分子同士がくっつき易い構造かどうか,さらに言うと,高分子間の結合が強いか弱いかが問題なだけです。

>Tgなどは、強い結合のほうが高い温度になりそうですよね。膜の硬さや耐溶液性も、でこぼこの少ない構造のほうが強いと考えてよいのでしょうか。
 私はそう思いますが,実際の所はどうなんでしょうか。MiJun さんの回答にあった「高分子データハンドブック」ででも調べてみて下さい。
    • good
    • 0

私自身は高分子については殆ど知りませんが,低分子の化合物からの類推で,一般論を回答いたします。



高分子膜の中では分子が規則的に並んでいますが,この時,分子間には様々な相互作用が存在します。この相互作用は,分子同士が近づきやすい程強くなります。

つまり,高分子がデコボコしている場合は,高分子同士が近づき難いため,分子間の結合が弱くなります。逆に,高分子同士が近づき易ければ,強い結合が生じます。

高分子膜の物性値は,この高分子間の結合の強さに影響を受けますので,高分子の構造の違いが様々(殆ど全て?)の物性値に影響を及ぼします。

実際の高分子膜でどの程度違うかは,各高分子の構造や測定する物性値によりますので,ここに書くのは困難ですが,原則的には上記の考えで良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。みなさんのおかげでだいぶつかめてきました。
ところで、イソタクトとシンジオタクトではどちらの構造がでこぼこしていると考えるのでしょう?
Tgなどは、強い結合のほうが高い温度になりそうですよね。膜の硬さや耐溶液性も、でこぼこの少ない構造のほうが強いと考えてよいのでしょうか。

お礼日時:2001/04/13 10:43

うろ覚えで申し訳ないのですが。


確かPSかPMMAかで立体構造の違いで溶解性が変わるというのをみたことがあるのですが。MiJunさんの示されたポリマーハンドブックで確認してみてください。
キャスト膜に有機溶媒を接触させて...と言うことは表面のぬれとかを見たいのでしょうか。どんな高分子かは知りませんが、もし結晶性の高分子なら立体構造の違いで結晶化度が変わるということも考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、ありがとうございます。高分子の種類ごとのケースバイケースのことではなく、
さまざまな高分子に共通するような傾向があれば、まずはそれを知りたいと思った次第です。
1つの高分子といっても重合度やら立体規則性やら「結晶化度」やら...いろいろとあるんですねえ。

お礼日時:2001/04/13 09:23

MiJunです。


高分子膜の合成方法についてはいいのですが・・・・。
>その膜と各種有機溶液を接触させて....

その基板上で形成した膜を使って何をするのでしょうか?

有機溶媒の分離・・・・??

補足お願いします。
    • good
    • 0

MiJunです。


合成(?)しようとされているのは「固液分離膜」でしょうかあるいは「気体分離膜」でしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

基板(ガラスや金属)の上に膜を(薄膜、厚膜)を作ります。
合成ではなくて、現存のポリマーを溶媒に溶かして、キャストあるいはスピンコートで膜を形成します。
その膜と各種有機溶液を接触させて....と続きます。
それで、とりあえず高分子を選択するさい、立体規則性は一般にどのような違いを膜に与えるのか知りたいのです。
(化学屋でないので、説明がまずくてスミマセン)

補足日時:2001/04/11 17:28
    • good
    • 0

どのような分野での応用を考えてのことかわかりませんが、以下の成書から探されては如何でしょうか(一部の内容確認!)?


============================
ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム/2000/日本膜学会/〔2000〕 
食品膜技術/大矢晴彦,渡辺敦夫/光琳/1999.9 
ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム/1999/日本膜学会/〔1999〕 
膜分離の最新技術と新用途展開/桑原和夫/シーエムシー/1999.11 
日本膜学会第20年会講演要旨集/日本膜学会/1998.5 
膜処理技術/中垣正幸[他]/フジ・テクノシステム…/1998.12 
膜技術/Marcel Mul…[他]/アイピーシー/1997.5 
膜技術の動向と将来展望/化学工学会関東支部/化学工学会/1997.11 
分離の技術/木村尚史,中尾真一/大日本図書/1997.11 
図解膜形成技術用語事典/膜形成技術用語事典編…/工業調査会/1996.5 
ユーザーのための実用膜分離技術/化学工学会・膜分離技…/日刊工業新聞社/1996.4 
膜分離法による下水の超高度処理技術の開発に関する共…/日本下水道事業団/1995.3 
ニューメンブレンテクノロジーシンポジウム/1994/日本膜学会/〔1994〕 
膜分離技術の下水処理への適用性に関する調査/〔1994…/建設省都市局下水道部…/1994.3 
リン脂質膜の構造と相転移/八田一郎,雨宮慶幸/National L…/1994.6 
膜・膜技術関係文献目録/神奈川県立川崎図書館…/神奈川県立川崎図書館…/1994.3 
身近な機能膜のはなし/武井厚/日刊工業新聞社/1994.4 
膜学実験シリーズ/第2巻/日本膜学会/共立出版/1994.2 
膜分離技術の下水処理への適用性に関する調査/〔1993…/建設省都市局下水道部…/1993.3 
膜分離プロセスの理論と設計/アイピーシー/1993.9 
半導体表面の微細構造と極薄酸化膜/UCS半導体基盤技術…/UCS半導体基盤技術…/1993.6 
膜学実験シリーズ/第3巻/日本膜学会/共立出版/1993.12 
膜は生きている/日本化学会/大日本図書/1993.8
膜/滝沢章/アイピーシー/1992.1 
おもしろい膜のはなし/木村尚史/日刊工業新聞社/1992.12 
分離・輸送機能材料/高分子学会/共立出版/1992.7 
膜分離技術の応用/化学工業社/1992.6 
薄い酸化膜の制御と信頼性/UCS半導体基盤技術…/UCS半導体基盤技術…/1991.5 
食品加工と膜利用技術/〔農林水産省農林交流…/〔1991〕 
膜処理技術大系/下巻/清水博∥〔ほか〕編/フジ・テクノシステム…/1991.10 
“反応分離”シンポジウム/石油学会/〔1991〕 
農村排水処理のための高効率バイオリアクタの研究/第2報/生物系特定産業技術研…/1991.3 
膜とは何か/大矢晴彦/コロナ社/1991.10 
機能性セラミックスフィルム/永井正幸,山下仁大/技報堂出版/1991.7 
多機能フィルム・膜活用ノート/多機能フィルム・膜編…/工業調査会/1991.2 
膜処理技術大系/上巻/清水博∥〔ほか〕編/フジ・テクノシステム…/1991.3 
ポリマーフィルムと機能性膜/伊保内賢∥〔ほか〕編…/技報堂出版/1991.4 
膜分離技術マニュアル/木村尚史∥〔ほか〕編…/アイピーシー/1990.8 
機能性高分子膜/小島弥一/冬樹社/1990.8 
メンブレンリアクター応用ハンドブック/国眼孝雄,松本幹治/サイエンスフォーラム…/1990.10 
農村排水処理のための高効率バイオリアクタの研究/第1報/生物系特定産業技術研…/1990.3 
ニューフィルムと膜/化学工業日報社/1990.7 
最新・機能性分離膜の市場展望/シーエムシー/1990.6 
====================================
これらの中には膜の開発よりの応用例の解説がおおいかもしれませんが・・・?

文献検索で「膜」・「総説」・「高分子」等のキーワードをいれて検索された方が早いかもしれません。

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの本の紹介、ありがとうございます。
この中で、立体構造が膜の特性に及ぼす影響を詳しく述べているのはどれが一番でしょう....?

お礼日時:2001/04/11 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人はなぜ規則性を見出すと理解したと思うのか

科学や数学などの分野では特にそうだと思いますが
人はなぜ規則性を見出すと『理解した』と思うでしょう。
人にとって理解と規則性を見出すことは同義なんですかね。

Aベストアンサー

私も認識の問題だと思います。
「理解した=認識できた」

認識は、連続性に対しての認識もあります。
時間の流れや繋がりの認識ですね。
あらゆる認識がうまく機能している場合、関係性が明確になりますよね。

稀に障害などで認識機能に問題が出ている人は、状況が映画のフィルムのように繋がらず
写真としての捉え方であったり、何がしかの一部欠落であったりのようで
前後の流れに関係無い反応をする人もおられます。

認識は、関係性を捉えられることと大きく繋がります。
生き物は関係性が捉えられないと、生死に関わる問題になり得るので
種として生き残ると言うことは、認識を持ち得てると言えると思いますね。

人間の場合、発展や進歩に関係性の認識を大いに利用していると考えられます。
その関係性の認識に「理解」と言う名が付けてあるのかと思います。

Q生体高分子の構造と合成高分子の構造と異なる点

このたびは宜しくお願いします。
生体高分子の構造が合成高分子の構造と基本的に異なる点と言うのはなんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

構造については、#1、2の方々がご回答されている通りかと思います。
欲しい回答とは異なるとは思いますが、生体高分子と合成高分子の最大の違いは、分子量の分布です。
生体高分子は、分子量の分布はほぼないと言っていいのではないでしょうか。
それゆえに、Building Blockとしての働きが可能であると思います。
ようするに、分子の構造というより、分子集合体としての構造と働きが合成高分子とは別と考えたほうが良いかもしれません。
最近では、合成高分子でも分子量の分布を抑えたものがありますが・・・。

Q数学 規則性をみつけるためには

数学 規則性を見つけるために
規則性を見つけるためには

コツなどはあるのでしょうか

どんなことにも法則などのようなものはあるのでしょうか

具体的には
ベン図では4つの集合を表すことができないというところの説明で
平面上に異なる4個の円があり、どの2個も点で交わり、どの3個も同じ点では交わらない。
このとき、この4個の円で平面は、次のように14個の部分に分けられる。


円1個で2個、円2個で2+2*1=4個
円3個で4+2*2=8個、円4個で8+2*3=14個

一方…

と解説が進んでいくのですが、このあたりの 1個で…、なので2個では……というような規則性を見つけるにはコツのようなものはあるのでしょうか。

いつもふとしたときにこのような規則性をあつかうような事柄がでてきます

なので、
どのような事柄にも規則性のようなものは存在するのかなと
考えるようになってしまたのでお聞きしたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

見つけ方は問題によっていろいろあるのでしょうけど

その例での規則性は、ベン図が平面に描かれていることから
領域が一つの円の追加でいくつ分割されるかということを図の中から読み取るのだと思います

n個の円で分割されている領域に、もう一つ円を追加して描くことを想像して
ある一つの既存の円周上の点から始めて、最初の点を含めてn個の円に2回ずつ交差しますが
一つ交差する度に、一つの新しい領域の増加が確定するので2n個の領域が増分として追加されるのです

この例でいうなら、漸化式の考え方がヒントになっているのかもしれません
全部そうだというわけではありませんが、規則性の見つけ方は
結局これまで習ってきたいろんな数学の考え方がベースになるし
探すときには、無意識かもしれませんが、
これまでの経験でうまくできたような方法から探していく気がします

Q分子構造と物性の謎

 つねづね思っていたことです。いろいろあります。
 まず、アセトンとDMSO(ジメチルスルホキシド)は、片や低沸点、片や高沸点の溶剤です。分子構造は非常に似ており、炭素原子と硫黄原子の違いだけです。それだけで、そんなに劇的に分子間力に差が出るのでしょうか、自分の中で説明がつかないでいます。
 それから、アセトンと酢酸エチルの、水との混和性についてです。前者は水と自由に混ざり、後者は、若干水に溶けるようですが、分液・抽出に使われるように、水とは相分離します。違いは、メチル基とエトキシ基です。メチル基の方が低極性をもたらすように思うのですが、結果は逆です。これはどう説明できるのでしょうか。
 もう一つ、ピリジンとアニリンです。分子構造は、前者はベンゼンに非常に似ていて、後者は、N-Hの極性基をもっていますが、前者が水と自由に混ざり、後者は水と混ざりません。これも、どう説明できるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番簡単なピリジンとアニリンについてだけ答えます。
ピリジンのlone pairは平面内にあって、sp2です。
アニリンのlone pairは一見sp3ですが、ベンゼン環のπ軌道と相互作用しているため、窒素上の電子密度が下がります。
そのためピリジンはアニリン(3.6g/100g,20℃)より水と混ざりやすいです。

Qランダムに作られた数値 0~36 の規則性をみたいのですが

ランダムに作られた数値 0~36 の規則性をみたいのですが

エクセルで入力してあります 数値 文字がありまあす

C列に 順に数値
D列に 文字 S M G 

以上がランダムにあります

その規則性をみたいのですが エクセルの関数または
違うソフトで 可能でしょか?

Aベストアンサー

>1~12が S
>13~24が M
>25~36が G

「分布」の事ですかね?
であれば、
E1 ==COUNTIF(D:D,"=S")
E2 ==COUNTIF(D:D,"=M")
E3 ==COUNTIF(D:D,"=G")

で、どうでしょう

Q高分子材料の物性評価軸には何がありますか?

はじめまして。

貼っても必要なときには手ではがせる接着剤を作ろうとしてます。
そこで質問なのですが、ポリマー等樹脂に混ぜる前の物質(粉末や液体の高分子など)単体で、接着性の物性評価をしたいのです。

表面張力やぬれ性以外にも何かありますでしょうか?(できれば、具体的な数値など挙げていただければ幸いです)
また、粉末であった場合なのは溶媒に溶かしてから評価を行う必要があるのではないかと思うのですが、こういった場合はどんな溶媒を使うのが必要でしょうか?

全くの素人ですので、大変困っています。
言葉足らずで申し訳ありませんが、どなたか回答していただける方お願いいたします。
また、自分でも調べたいので、おすすめの書籍やサイトなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

少し古いが、入門としてこんな本はいかがかな、
新高分子文庫 粘着技術
ISBN:9784770200198 福沢敬司 高分子刊行会 1987/03出版
22cm 155p [A5 判] NDC分類:579.1
販売価:\1,890(税込) (本体価:\1,800)

新しい本もあるんですが、絶版、↓紀伊国屋さんにはない。図書館か大学を探すしかなさそう。
新高分子文庫 粘着剤の物性解析と応用実例
ISBN:9784770200983 加納義久(1961生) 高分子刊行会 2002/06出版 22cm 226p [A5 判]
販売価:\4,515(税込) (本体価:\4,300)
「ご注文いただけません。絶版のため入手不能です」

Q規則性

http://met.chu.jp/test/iq.htm
の設問7、10、12についてなのですが、色々チェックをずらして試したところ、
7の答はa
10の答はa
12の答はb
となっているようですが、規則性がよく分かりません。

これらの問題はいったいどのような規則性があるというのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

7,10,12の解答です。他の方とは別解にしてみました。


7)
 横方向に3マスをひと段として、上、中、下段と分けます。その時、上段、中段の白の数、黒の数の総和は4ずつとなる。
 下段でその規則を破らないのはaのみ


10)
 同様にして、各段に分けて考える。
 添付した図のように、上、中段ともに、「左のマスの上部」、「真ん中のマスの下部」をつなげて右のマスの図形としている。
 下段でその規則を破らないのはaのみ


12)
 同様に、各段に分けて考える。
 「マスの向き」に着目し、左、下、右をそれぞれ赤、青、緑で塗り分けた。
 各段の「マスの向き」の順序を一段目と統一すると、「?」のマスは下向きであることが予測される。
 ここで選択子がb,cに絞られる。
 さらに、並べ替えた後、黒の長方形の縦向きの規則(図の黄色の線に沿った規則)に着目すると、「?」のマスは、黒の長方形の面積が1で、左側にくると分かる。
よってbになる。
 あるいは面積が3の長方形が各色3個ずつになるように考えてもよい。
 もちろんそれらを同時に満たすと考えれば、選択子を見ずに、bと同じものを完璧に予測することが可能である。

コメント
7問目については私の回答は不完全です。なぜなら、白と、黒の数しか分からず、その配置がわからないからです。
他の方の解答のように、「白、黒、空白の3つに着目し、図形を重ねたとき、そこに現れなかったものを置く」という解答が模範的だと思います。
ちなみにこれは私には発想できませんでした(笑)。

7,10,12の解答です。他の方とは別解にしてみました。


7)
 横方向に3マスをひと段として、上、中、下段と分けます。その時、上段、中段の白の数、黒の数の総和は4ずつとなる。
 下段でその規則を破らないのはaのみ


10)
 同様にして、各段に分けて考える。
 添付した図のように、上、中段ともに、「左のマスの上部」、「真ん中のマスの下部」をつなげて右のマスの図形としている。
 下段でその規則を破らないのはaのみ


12)
 同様に、各段に分けて考える。
 「マスの向き」に着目...続きを読む

Q化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成について。

化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成についてなのですが、

この分野で社会的ニーズや就職が良いと思われる分野はどれでしょうか?また、伸びると思われるのはどれでしょうか?化学工学がプラント関連で実践的で企業でも求められるというのはよく耳にするのですが、他がいまいち良く分かりません。

どなたか、詳しい方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

機能性プラスチック関連の研究を行うためには、高分子合成・高分子工学が必ず必要になります。ご存知の通り機能性プラスチックは様々なところにたくさん使われてますので、需要がなくなるという事はまずありません。

一方有機化学は機能性プラスチックだけでなく、医農薬の分野でも必要とされる学問です。プラスチックの原料を作るために有機化学の力が必要とされる場面も多数ありますし、医薬品やその原料を探したり作ったりするのにも有機化学が必要です。就職が悪いなんてことはありませんし、需要もあります。

この中で選ぶとするなら、将来自分がやりたいと思うものを選ぶのが一番だと思います。もちろんどれを選んでも勉強は必須ですが。

Q文字列の規則性

次の文字列の規則性を教えてください。

BDBCADBCBCBCACACBCBDBDACBDACBD・・・

私にわかっていることは、文字がABCDの4種類であることくらいです。

さらに他の規則性が見つかりましたら、どんなものでもいいです。

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

奇数番目の文字はAかB
偶数番目の文字はCかD

Q非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化

大学の講義で、「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化をそれぞれ図に書き、各領域においてどんな状態にあるかを述べよ。」という課題が出されました。
詳しい方解答いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&f=false

この図と、ガラス転移温度と融点に付いての説明を組合わせると良いレポート
になると思います。

比容積の温度変化の測定は簡単です。昔ガラス細工をしてディラトメータを作り
測った事が有ります。結晶性樹脂に付いて、絵に描いた様に綺麗なデータが得られました。

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報