今、セラピストを目指しカウンセリング(心理学)の民間セミナーを受講しているの者です。今は子育てと勉強を両立しているので、10年後ぐらいにセラピストになれればと思っています。
私の目指しているのは、お母さんと子供中心のカウンセリングです。
調べてみると、カウンセラーでも大学で心理学を学び、国家試験を受けてなれる物と、民間のセミナーのプログラムを終了してなれる可能性がある物とがあるようなのですがよくわかりません。(素人質問でごめんなさい・・・)
私は、大学を出ていないのですが、セラピストとしてカウンセリングルームを持つことはできるのでしょうか?
セラピストになる資格や条件など、詳しく教えてください。
また、良い通信教育があればそれも是非教えて下さい。(セミナーを終了してから、通信教育で勉強をしたいので。)
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は、大学で心理学を専攻していた者です。



セラピスト、特に児童心理・家族心理ということになるでしょうか。

実は、カウンセラーの国家資格はありません。
極端な話、誰でもいつでもカウンセラーとして開業しても法的に何の問題もありません。

しかし、そういう事態を憂いて、心理関係の16学会が合同で作った資格が「臨床心理士」と呼ばれるものです。
また、民間のカウンセラーの方々が作った協会が独自に講習を行ない、その協会の認定証を出しているところもあります。

現在、民間のセミナーを受けておられると言うことですが、どのくらいのレベルのものか分かりませんので、いくつかの筋を示しますと、

1.臨床心理士(http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/contents.html
 これは、指定の大学院を出て実務経験何年・・・で受験資格が得られるというもので、厳しい反面キッチリと理論と技法は身につきます。
 個人的にはこれをお勧めしたいです。大学は佛教大の通信教育部(http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/)などを経て指定大学院のスクーリングを受け、受験する、ということになるでしょうか。
 「臨床心理士になるためには」という本が毎年発売されていますので、大きな本屋か図書館の心理のコーナーでさらっと読んでみてください。

2.各カウンセラー協会の資格
 各協会によってかなり差はありますが、理論と技法を講義と実務研修で培い、認定を受けると言うものです。
 集中講座だったり、週1だったりしますが、若干受講料が高いかも。その代わり臨床心理士より速く認定が取れるかも。

3.大学の臨床心理学課程に入学し、卒業後先輩カウンセラーのもとで研鑚する。
 入学試験という厄介なものがあります。これも通信制の大学をネットで探して、HPでそういう専攻があるかどうかを確かめればいいと思います。

こんなところでしょうか。
他の方のレスも待ちたいと思います。

通信教育については、私はあまり詳しくないのでコメントを避けますが、もしCS放送やケーブルテレビなどで「放送大学」が受講できるようでしたら、放送大学もちゃんとした大学ですので、そのなかの「臨床心理学」「カウンセリング」(講座名が違ったらごめんなさい)のテキストを買って(通販してますし、大きい本屋なら置いてます)、テレビで受講すればいいと思います。
(放送大学HP http://www.u-air.ac.jp/hp/
参考になれば幸いです。

参考URL:http://webclub.kcom.ne.jp/ma/jsccp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
早速、いろいろと資料を請求してみました。自分の出来ることからどんどんチャレンジしていこうと思います。丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/19 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学部卒でない社会人が臨床心理士を目指すには

臨床心理士指定大学院(第1種)を目指している社会人(30代・派遣社員)です。
と言っても、教授陣の専門分野、立地、学費等から志望校を検討している段階なのですが、
この件について色々と聞ける知り合いがおらず、困っています。

総合的に「やっぱりここで学びたいな」と思った大学院の出願要件を見たところ、
「心理学関連単位を32単位取得していること」とあり、
時間的にも金銭的にも学部編入は難しいため、ここは泣く泣く諦めようかと思いました。
しかし調べるうちに、例え要綱には謳われていなくても、やはり心理学部卒業レベルを
求める大学院がほとんどなのでは、という気がしてきました。

ちなみに学士号(文学)、修士号(教育学)は社会に出る前に取得したのですが、
その中で心理学に関連するものは「教育心理」「心理学」の計6単位しかありません。

30代なので時間的なことも気になるところですが、
生涯謙虚に学び続ける覚悟が必須の仕事だと思っているので、
やはり現時点でも道を急がず、心理学部に編入し
しっかりと学ぶべきなのでしょうか。

だとしたら、金銭的事情もあるので通信制(放送大学等)の方がいいなあと思っています。

色々と書いてしまいましたが、
臨床心理士指定大学院を目指すにあたり
(1)心理学部卒でない場合、出願要件にはなくても心理学部関連の単位を取得するべきか
(2)放送大学をはじめとした通信制大学の評判(実際に学んだという方の口コミ)
を教えていただれれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします!

臨床心理士指定大学院(第1種)を目指している社会人(30代・派遣社員)です。
と言っても、教授陣の専門分野、立地、学費等から志望校を検討している段階なのですが、
この件について色々と聞ける知り合いがおらず、困っています。

総合的に「やっぱりここで学びたいな」と思った大学院の出願要件を見たところ、
「心理学関連単位を32単位取得していること」とあり、
時間的にも金銭的にも学部編入は難しいため、ここは泣く泣く諦めようかと思いました。
しかし調べるうちに、例え要綱には謳われていなくても、...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

>やはり心理学部卒業レベルを求める大学院がほとんどなのでは、という気がしてきました。
入れるかどうかは別として、全般的な基礎がないと言う事実としてのデメリットは否めません。
大学院ですから、基礎の基礎からの話しを教えてくれると考えてしまうと厳しいと思います。


心理は、大学としては放送大学で学びましたが、安いと言うことと
講師の多様さと、学び方のアプローチとして面白いと思いました。

講師によっては、映像やその他の積極的な利用をされ
分かりやすい時もあり、録画が可能ですからいつでも学べるのと
理解を深くするために繰り返し見ることができると言うメリットがあります。

BSやネット配信でやってるので、実際に見てみるのもいいと思います。

まずは、単位取得を目指すのでしたら科目履修生制度があり
今は科目群履修認証制度もあり、全体として学ぶと考えれば面白いと思います。
今までの大学の単位を持って、新たな学士の取得も可能ですね。

スクーリングも、全国ですから受けやすいと思います。

他の通信制大学は、知りませんから何とも言えません。

大学で学ぶのは、基礎ですが基礎がなければ大学院で考える為の素材が無いと言うことです。
院に入れるかどうかではなく、研究できるかという意味で基礎知識はなんらの形で必要だと思います。

臨床心理士の免許取得でしたら、それでいけると思います。
現場に出ることや、就職を考えるのでしたらもっと学ぶことは沢山出てきますけどね。

資格取得、頑張ってみて下さい。

こんばんは。

>やはり心理学部卒業レベルを求める大学院がほとんどなのでは、という気がしてきました。
入れるかどうかは別として、全般的な基礎がないと言う事実としてのデメリットは否めません。
大学院ですから、基礎の基礎からの話しを教えてくれると考えてしまうと厳しいと思います。


心理は、大学としては放送大学で学びましたが、安いと言うことと
講師の多様さと、学び方のアプローチとして面白いと思いました。

講師によっては、映像やその他の積極的な利用をされ
分かりやすい時もあり、録画が可能...続きを読む

Q教師免許を持っている学校の先生って心理学も学んでいるんですか? 先生が「こっちも少しは心理学の勉強し

教師免許を持っている学校の先生って心理学も学んでいるんですか?
先生が「こっちも少しは心理学の勉強したから」とおっしゃっていたので気になって。
誰か分かる方は教えてください!

Aベストアンサー

教員免許を取るために必要な科目のうちに、「幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程」という分類があり、これに該当する大学での科目名として「教育心理学」等のものがあります。これを履修しないと、教員免許が取れません。
教育心理学の科目を履修したことで、「少しは心理学の勉強」をした、と言うのは、嘘ではないですね。まあ、せいぜい2~6単位(2単位=1回90分の講義×15回分)の範囲でしょうが。
さらに、免許に必要な必修科目以外にも、大学の教養科目あるいは専門科目で(自分の専攻課程の必修とは別に)心理学関係の授業を選択した、ということもできますよ。

Qユング心理学とトランスパーソナル心理学

ユング心理学とトランスパーソナル心理学に大変興味を持ちました。初歩から学びたいのですがおすすめの本があったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下URLの本から入ることをお奨めします。

(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-256343-6
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-149465-1
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床家としての視点があること です。

加えて河合隼雄氏には著書が多くありますが、深層心理学の入門書として「無意識の構造」は必読です。少し前の著書ですが、古典的名著といえるのではないでしょうか。

あとは私の個人的な思い入れですが(笑)、いろいろと読み進んできたら、
水島恵一著「人間性心理学体系」のシリーズは機会があったらぜひ読んでください。トランスパーソナル心理学・ユングの心理学のみについての本ではありませんが、もちろん詳しく述べている個所はあります。
理論的側面もさることながら、心理療法の実際と、迫力がよくわかります。
専門書なのでちょっと買うのは大変と思いますが、もしかしたら図書館にあるかもしれません。

以下URLの本から入ることをお奨めします。

(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-256343-6
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-149465-1
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床...続きを読む

Q犯罪心理学と人格(性格)心理学

心理学は大きく分けて
・発達心理学
・社会心理学
・臨床心理学
・認知心理学
の4つだそうですが、
犯罪心理学と人格(性格) 心理学はどこに含まれますか?
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

>心理学は大きく分けて
>・発達心理学
>・社会心理学
>・臨床心理学
>・認知心理学
>の4つだそうですが、

私もこの情報の出所が気になります。
あまりにザックリし過ぎていますが,まったく無根拠とも思えません。
ひとつ思い当たるのは,(社)日本心理学会の専門区分でしょうか。

第1部門(知覚,生理,思考,学習)
第2部門(発達,教育)
第3部門(臨床,人格,犯罪,矯正)
第4部門(社会,産業,文化)
第5部門(方法,原理,歴史,一般)

日本心理学会の会員は自分の専門に応じて
いずれかの部門に登録することになります
(3つまで重複登録可だったはず)。
このうち純理論的な第5部門を除く第1~第4部門を
それぞれ認知,発達,臨床,社会で代表させているのかもしれません。
それにしてもちょっと乱暴ですが。

で,この区分を見ていただければわかるとおり,
犯罪心理学と人格心理学は
臨床心理学や矯正心理学と同じ第3部門に属します。
第3部門に共通する特徴があるとすれば,
人間の個別性を重視する分野ということでしょうか。
逆に言うと,心理学の他の分野は人類一般,
あるいは人類を含む動物一般に共通する法則を探求しているわけです。

犯罪心理学の専門家の学会として日本犯罪心理学会がありますが,
この学会の前身が矯正心理研究会であったこともあり,
会員は今も司法・矯正分野の実務家の比率が高いことを知っておいてください。

司法・矯正分野の実務家というのは
警察職員,家庭裁判所調査官,法務技官,保護観察官等の公務員です。
生理心理学の需要が多い警察を除けば,
○○心理学専攻でなければならないというようなきまりはなく,
教育心理学だとか社会心理学だとかのゼミから進む人も少なくありません。

半端な知識で最初から選択肢を狭めてしまうのはもったいない。
○○心理学を専門的に学びたいなんていうのは
大学に入ってひと通りの心理学を広く浅く学んでから決めても遅くはありません。
そのためにはレベルが高くスタッフの多い大学に進学することをお勧めします。
大学選びについては他のQ&Aを参考にしてください。

>心理学は大きく分けて
>・発達心理学
>・社会心理学
>・臨床心理学
>・認知心理学
>の4つだそうですが、

私もこの情報の出所が気になります。
あまりにザックリし過ぎていますが,まったく無根拠とも思えません。
ひとつ思い当たるのは,(社)日本心理学会の専門区分でしょうか。

第1部門(知覚,生理,思考,学習)
第2部門(発達,教育)
第3部門(臨床,人格,犯罪,矯正)
第4部門(社会,産業,文化)
第5部門(方法,原理,歴史,一般)

日本心理学会の会員は自分の専門に応じて
いずれ...続きを読む

Q臨床心理面接学と臨床心理査定学について

こんにちは!
今、臨床心理学の参考書を読んでいたのですが、「臨床心理面接学」「臨床心理査定学」についてどういった学問領域なのか分かりません。
検索しても出てきません。
できれば、私は臨床心理学初心者なので分かりやすく説明していただけたらうれしく思います。
また、どういった参考書ならこの領域について分かりやすいとかありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類できます。質問紙法、作業検査法、投影法です。
 質問紙法では、MMPIやYG検査、EPPS、CPIなど標準化された質問紙検査について学びます。私の場合は、ここで簡単に、質問紙の妥当性や信頼性の意味、相関や分散、標準偏差の意味なども教えています。
 作業検査法では、代表的なのは、内田クレペリン検査ですよね。
 投影法は、ロールシャッハや、バウムテスト、PFスタディーなどでしょうか。

関連書籍をURLに掲載しておきます。

参考URL:http://www.seishinshobo.co.jp/rinshou.html

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報