「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

現在親と一緒に住んでいますが、家の敷地内には番地が2つあります。住民登録しているのは実際に家が建っている方の番地です。私と子供だけ、庭の方の番地に変えたいんですが、家のない所に住民票は移せるんでしょうか?普通に引越しをしたのと同じような、簡単な手続きでできるんでしょうか?教えてください。

A 回答 (2件)

最近、転居の為住民票を移しました。


市町村で違うかもしれませんが、私の転居先の市(関東近県)では、『その転居先に家があるか確かめます』と行ってしばらくおまちくださいと車で確認に行ってしまいました。
もちろん、私達の家はちゃんと建っておりますので焦る事はありませんでしたが大変びっくりしましたね~。
だって新築ですからちゃんと役所に建築申請とかいろいろ提出したりしてますからね。そのことを伝えるとやはり役所ですね。『建築課と住民課は違いますから』と言われました。
一体、我が家を何人の役所の方が見に来たのか聞きたいくらいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お役所仕事なのに、そういうことは早いんですね~。見に来られるとどうしようもないので、何か別の方法を考えることにします。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/20 11:20

住民基本台帳法施行令


(昭和四十二年九月十一日政令第二百九十二号)
届出に基づく住民票の記載等)
第十一条  市町村長は、法の規定による届出があつたときは、当該届出の内容が事実であるかどうかを審査して、第七条から前条までの規定による住民票の記載、消除又は記載の修正(以下「記載等」という。)を行なわなければならない。

法律では以上の様に定められています、要するに其の自治体が「当該届出の内容が事実であるかどうかを審査」するかどうかの程度です、地方の自治体(小人口)では地域に状態を知り尽くしている担当者もいます、又大都市では届出件数も確認に時間が必要です。
実際は届出者の内容を信用するかどうかの問題だと思います。
運が良ければ審査なしで受理してくれると思います。
尚、本籍地は日本国内であれば何処でも本籍地を届出することが出来ます。
例 東京都千代田区一丁目一番地(皇居)でも可能です。
  但し実在の地番でなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり法律で定められてることなんですね。確認に来るかどうかは運次第かもしれないのなら、イチかバチか届け出てみるのもアリかも・・。面倒なことにならないように、いい方法を考えてみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/08/20 11:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家を新築しました。住民票移転や登記について教えて下さい

家を新築し、もうすぐ完成予定です。 おそらく今月中には引渡しがあると思いますが、まだ引渡前なのに、業者から住民票を移転するように言われました。何か登記をする上で 住民票移転が必要だということを言われましたが、それって正しいのでしょうか? まだそこに住めないのに住民票を移転するのっておかしくないですか? 
それから登記に関してですが、法務局に登記をすると その時点で住んでいなくてもいろいろな税金(固定資産税とか都市計画税等)がかかるのでしょうか?
一応業者との契約では引渡日をもって所有者を区分し、租税公課等は日割り計算となっていますが、税金の納税通知は そういう契約を考慮してくれるのでしょうか? なんかはじめての経験で、よく法律等を知らないので業者に言われたまま行動していますが、ちょっと不安になり 質問させていただきました。 よろしくアドバイス願います。

Aベストアンサー

まず、家を建てると、(抵当権設定等についてはここでは書きません)所有権保存の登記をします。そうすると、不動産を取得したということで、不動産取得税(都道府県税)が課税されます。

本件での、「住民票を移転する」という部分ですが、これは所有権保存の登記をする際、所有者の氏名・住所が登記簿に記載される者が記載されます。その住所は、当然登記申請する際の住所になります。
理屈でいうなら、あなたが現在お住まいの住所で登記をして、その後、その物件に引っ越しをしてから、改めて所有者の表示を変えるという手順を踏むのが本来の方法です。
しかし、この方法だと、あなた自身に(手続等の)負担がかかるために、運用としてなされることが多いようです。特に、金融機関で融資を受ける際に、居住用物件であるかどうかを、この住所で判断することもあるからです。
いささか、法律的に望ましくないとは思っていますので、私がお勧めするという趣旨ではありません。また、市区町村の住民登録事務の窓口で、望ましくないという旨の説明を受けることもあるかもしれません。

また、税金についてですが、登記をすると、不動産の取得税が課税されます。都道府県から、納入通知書が送付されてきます。
それとは別に、1月1日現在の所有者に対して、固定資産税が課税されます。これについては、日割り計算をするのが慣例です。
課税されるのはあくまでも1月1日現在の所有者ですから、納入通知の際、(納付書には)1月1日現在の所有者にのみ請求されます。その固定資産税を、業者とあなたとで精算することになるわけです。日割額の支払時期や方法については、業者と打ち合わせてください。

末筆ながら、新築おめでとうございます。

まず、家を建てると、(抵当権設定等についてはここでは書きません)所有権保存の登記をします。そうすると、不動産を取得したということで、不動産取得税(都道府県税)が課税されます。

本件での、「住民票を移転する」という部分ですが、これは所有権保存の登記をする際、所有者の氏名・住所が登記簿に記載される者が記載されます。その住所は、当然登記申請する際の住所になります。
理屈でいうなら、あなたが現在お住まいの住所で登記をして、その後、その物件に引っ越しをしてから、改めて所有者の表示...続きを読む


人気Q&Aランキング