グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

半年以上前のことですが、夫の遠い親戚の方が癌で亡くなりました。
生前は2~3度お会いし(といっても挨拶をかわした程度)ですが、亡くなったかたのご両親が、本人が若くして亡くなったため「たくさんの方にきていただきたい」と希望され、私もお通夜に行くことになりました。

お通夜で「顔を見ていってください」と言われたのですが、私にははじめての経験でした。
それ以来、かなり精神的にまいってしまいました。
夜眠る時やふとした瞬間に亡くなった方のお顔を思い出してしまい、重苦しい気分になってしまいます。
今も思い出す回数は減りましたが、ずっと続いています・・・

前置きが長くなりましたが、これから先お通夜やお葬式に呼ばれることもあるかとおもいます。
「顔を見ていってください」と遺族の方に言われたら、遠慮させていただいてもいいものなんでしょうか?
もちろん失礼なことだとはわかっているのですが・・・
生前はおつきあいもほとんどなかったのにこんなに長く苦しむことになるなら、正直言って見なければよかったとおもっています。
遠いとはいえ、夫にとっては親戚なので気をわるくする可能性もあり、相談できずにずっと悩んでいました。

お通夜やお葬式で亡くなったかたのお顔を見ることを遠慮させていただくのはいかがなものでしょうか?
やはり非常識なことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



難しい事ですよね・・・。

非常識かどうか解りません。
身内の方によっては「どうして拒むのだろう?」と
不審に思われる方も中にはおられるかもしれませんね。
私個人的には構わないと思うのですが・・・。

もしも『顔を見てやってください』と言われたら『申し訳無いのですが見ると余計に悲しくなるので・・・』と言うのはどうでしょうか。
ただ『遠慮します』と言うと悪く思う方もおられるでしょうし、「そうしたいけど、できない」と言う事を解ってもらえれば非常識にはならないと思うんです。

それに親族の方は「断られた。なんて非常識な」とまで考えが回らない気がします。
その時は悲しみにくれているでしょうし。

ただどうして、苦しいのでしょう。〈責めてるんじゃないですよ。)
『まだ若いのに』や自分に置き換えてしまっているのでしょうか。
『人の死』を見る事で絶望的な気持ちになってしまうのでしょうか。
その事を旦那様には話したほうが良いと思いますよ。
今も辛い思いされてるんでしょう?
話す事で少しは楽になれるかもしれませんよ。

亡くなった方のお顔を見ることは悲しみ以上に、
喪失感というか言い表せない気持ちがするのかもしれませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

orenzi-pekoさん、こんばんは。
答えにくい質問に回答していただき、ありがとうございます。

>『申し訳無いのですが見ると余計に悲しくなるので・・・』

とてもいい回答をいただきました。
今度またおなじような状況であれば、使わせていただきますね。

>ただどうして、苦しいのでしょう

たとえばお皿を洗っている時、お風呂に入っている時やベッドの中で、もう忘れたいのにお顔を思い出してしまうのです。
初めてお顔を見たときの、思わず自分の顔を手で覆ってしまいたくなるような驚きと戸惑い、ただ涙だけが自然と流れ落ちた、当時のなんともいえない気持ちも一緒に蘇ってくるのです。

さらに、忘れたいのになかなか忘れられないことが、いったいいつまで続くのか・・・という思い。

こんな不謹慎なことを考えてしまう私の、亡くなった方への罪悪感。

そして私の心を亡くなった方に見透かされているのでは・・・という恐怖。

お顔を思い出すたびにこのような重苦しい気分になってしまうんです。

>その事を旦那様には話したほうが良いと思いますよ

そうですね。
一度話し合ってみようと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/25 21:46

 質問者の方はお若いかたですね。


 初めて亡くなって方の顔を見ることで、存命中とは余りにも違いすぎると、大きなショックですね。
 お若い内は、精神的なダメージでしょうが葬儀も回数を重ねると慣れが入り、そんなに深刻になる事も無くなります。
 葬儀に出ることで、慣れもでてきます。
 慣れる事で、心も成長します。
 深刻にならなくても、誰でも一度や二度は経験します。
 通る道です。
 

この回答への補足

こちらの補足をお借りします。

>回答してくださった皆様

今回質問させていただき、有益な回答をいただくことができました。
ポイントは直接回答くださったorenzi-peko様と新たな視点を教えてくださったnew2様に差し上げたいと思います。
ポイント差し上げられなかった皆様、申し訳ありません。
またよろしくお願いいたします。

心のこもった回答、どうもありがとうございました。

補足日時:2003/08/26 15:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

totorokunさん、こんにちは。
答えにくい質問に回答していただき、ありがとうございます。

>お若い内は、精神的なダメージでしょうが葬儀も回数を重ねると慣れが入り、そんなに深刻になる事も無くなります

経験者の方からのアドバイス、参考になります。
#4の回答者様も慣れると書かれてますが、だんだんと慣れるものなのでしょうか。
今の私にはまだよくわかりません・・・
ただ、そうおっしゃっていただけると、気分的に楽になりますね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/26 14:59

>お通夜で「顔を見ていってください・・



滅多な事で遺族は通夜の弔問者に声を掛けません。
しかし、遺族は故人とその弔問者の関係(親密度)が
分かりません。
遺族から見れば「最後に故人の顔を見たい」と
望んでいるであろうと言う思いから出す言葉です。

その逆が遺族が言い出さないのに弔問者のほうから
それを切り出すのはタブーとされています。
寝顔を見てもらっていい場合とそうでない場合が
あるからです。時には見てもらいたくない状態の
ときもありますから・・。

>お通夜やお葬式で亡くなったかたのお顔を見ることを遠慮させていただくのはいかがなものでしょうか?
やはり非常識なことでしょうか?

#4さんのおっしゃるように
「故人との別れが辛くなる」の言葉で
で切り抜けられます。


>夜眠る時やふとした瞬間に亡くなった方のお顔を思い出してしまい、重苦しい気分になってしまいます。

この重苦しい気分って何でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kiyottiさん、こんにちは。
答えにくい質問に回答していただき、ありがとうございます。

>遺族から見れば「最後に故人の顔を見たい」と
>望んでいるであろうと言う思いから出す言葉です

きっといい意味で声をかけてくださったんだと思います。
大変悲しんでおられたので、私も何も言えずにお顔を見させていただいたんです。

>#4さんのおっしゃるように
>「故人との別れが辛くなる」の言葉で
>で切り抜けられます。

そう書いていただけて、安心しました。

>この重苦しい気分って何でしょうね

#1さんのお礼にも書かせていただいたきましたので、よろしければご覧下さい。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/26 14:49

本家6代目、42歳の男です。



初めての経験、その気持ち分かります。
今では空気みたいなものですがね。
それだけ経験豊富になっちゃんたんでしょうね。(笑)

>お通夜やお葬式で亡くなったかたのお顔を見ることを遠慮させていただくのはいかがなものでしょうか?
やはり非常識なことでしょうか?<

遺族側の希望があれば、縁の濃い薄いに関わらず、お顔を見るのがベターでしょうね。
でもね、どうしても遠慮したい時は、#1の方が言われているように、『申し訳無いのですが見ると余計に悲しくなるので・・・』は、角が立たない言い方ですね。

血が濃い場合は、確かに失礼と感じますが、そうでもない場合は、分かってくれると思いますがね。

この回答への補足

ごめんなさい。
お礼は遅くなるかもしれませんが、かならず書きますのでしばらくお待ちくださいね。

補足日時:2003/08/25 22:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

dreamplazaさん、こんにちは。
答えにくい質問に回答していただき、ありがとうございます。

亡くなった方の顔を初めて見たときは動揺されるかたがかなりいらっしゃるようですね。
自分だけではないと思うと少し気が楽になりました。

>でもね、どうしても遠慮したい時は、#1の方が言われているように、『申し訳無いのですが見ると余計に悲しくなるので・・・』は、角が立たない言い方ですね

このような場合の言い方というものは大変気を使うものですね。

>血が濃い場合は、確かに失礼と感じますが、そうでもない場合は、分かってくれると思いますがね

暖かいお言葉、ありがとうございます。
dreamplazaさんにそう言っていただけて安心しました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/26 14:35

 まず、まえもって、その親戚の方は決して悪意があったというわけではなく、むしろ善意として行ったということをご了解ください。



 たしかに遺体を目の当たりにするということはあまり気味のいいこととは言い難いです。しかし、通夜・告別式に出席するということは「最後の挨拶」を言いに来たというもので、遺体と対面するということは、その最後の別れを言いたいために参列してきた人に対する最大の敬意(つまり直接別れの挨拶をする機会を与える)ということです。もちろん、相手は死んでいますので、別れの挨拶は聞こえないのですが、むしろ相手を通じて自分の気持ちに対する別れの挨拶をするためにも、遺体と対面するというのはとても大切な儀式というものです。
 そうお考えになって、通夜・告別式に参列されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

new2さん、こんばんは。
答えにくい質問に回答していただき、ありがとうございます。

>その親戚の方は決して悪意があったというわけではなく、むしろ善意として行った

はい。
遠慮させていただければそうしたかった、という気持ちはありますが、悪意があったとはまったく思っていません。

>直接別れの挨拶をする機会を与える

簡潔に説明していただき、大変よくわかりました。
自分の近しい間柄であれば、そのように考えられるかもしれないな、と思いました。
ただ今回のように、ほとんど交流が無く生前のお顔さえもはっきり思い出せないような間柄であれば、やはりお顔を見るのは遠慮させていただくかもしれません。
もっと年齢も経験も重ねていけば、私自身の考えも変わってくるかもしれませんが・・・

しかし、大変ためになることを教えていただきました。
決して忘れません。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/25 22:37

私も叔父が亡くなった時、はじめて人間の死というものをまのあたりにし、死に顔を見るだけでなく火葬場でお骨を拾ったショックから数カ月寝込んだ経験があります。


しかし、生きていくうえで人間の死というものは避けられないできごとです。この先、遠い親戚のみならず自分の親や最愛の人を見送らなくてはならない時も
やがてはやってくるのです。やみくもに拒絶反応を示すのではなく、親戚の方の死をきっかけとして一度ら自分なりに死あるいは生について考えてみられてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mammothさん、こんばんは。
答えにくい質問に回答していただき、ありがとうございます。

mammothさんもおなじような経験をされているのですね。

>やみくもに拒絶反応を示すのではなく、親戚の方の死をきっかけとして一度ら自分なりに死あるいは生について考えてみられてはどうでしょう

心の準備も無く人の世の無常を身近に体感してしまい、最初は戸惑いました。
しかし、今のこの重苦しい気持ちは、#1のかたのお礼にも書かせていただきましたが、死に対する拒絶ではない気がします・・・

ただ、混乱して自分の気持ちがわからなくなる時があるので、今一度死や生についてあらためて考えてみようと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/25 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q故人の顔見せのないお葬式はありますか? 先日、友人が亡くなりました。前日まで普通に会っていたので気持

故人の顔見せのないお葬式はありますか? 先日、友人が亡くなりました。前日まで普通に会っていたので気持ちの整理がまだついていっていない状態です。死因もまったく知らされずご遺族の方々もその話題には一切触れずお葬式も小さな部屋にご遺族がいらっしゃり、私たちは外の椅子でお経をきいてご焼香のときに部屋に入る、といった形でした。最後に顔を一目みたいとおもったのですが、棺の顔がみえるようにしている所?も完全に締め切りあっという間に出棺されていきました。 それが少し不自然だなと思ってしまい質問しました。顔見せがなかったのはなにか損傷があって見せられる状態ではないから見せなかったのでしょうか…?それとも顔見せがないお葬式も普通にあるのでしょうか?それにしても死因もなにも聞かされないというのは少し不自然ではないでしょうか、、どう思いますか?

Aベストアンサー

参列者がお顔を拝見できる葬儀ばかりではありませんよ。
親族のみのところも多く、自分が参列した葬儀でも半々ぐらいだと思います。

突然のご逝去のようですから、家族も気持ちの整理がつかないままだったでしょうし、死因が病気にしても何にしても、本人や家族にとって不本意な結末であったことは想像できます。
質問者様もお辛いことでしょう。
お悔やみ申し上げます。

Q通夜に出席不可の「親しくない」のレベルは?

特に誰か亡くなったわけではありません。仮の話です。

通夜のマナーには「親しい人、近親者のみ。例外として、葬儀の日に別の用事があって出席できない場合はOK」とあります。

その「親しい人」の基準て、どんなもんでしょうね?
例えば、

1・友達のいない自分にとっては一番親しいけど、友達の多い相手にとって自分は親友ではないであろう場合は?
2・学生時代は親しかったけど20年以上会ってない、年賀状やりとりすらしてない人は?
3・親しいとは言えないけど、一方的に思い入れの強い師匠のような存在の人は?
4・離婚してから10年以上会ってない、特に確執もない元配偶者は?
5・職場では親しいけど、プライベートでは一切会わない人は?

すべて、喧嘩別れなどの確執はないとしたら。

究極のことを言えば自分の主観で判断すればいいと思いますし、よほど心の狭い遺族じゃなければ「親しくないのに来ないでください」などとは言わないと思います。
親しいつもりで通夜に駆けつけたら完全アウェーだった!という場合でも「すみません、葬儀の日はどうしても抜けられない仕事が入っているので」と言い訳すればマナー違反にはならないでしょう。

なので、明確な基準を聞きたいというより、この質問を読んだ方々の個人的な感覚値を知りたいという感じです。

自分が亡くなって、幽霊として(笑)通夜を見てたとしたら、上に書いた1~5のどれはOK、どれはNG
ですか?
あるいは、遺族だとしたら?

私はどちらの立場だとしても、全部OKです。
自分や家族を弔ってもらうのにマナー云々をうるさく言う方が・・・と思うので。
故人の悪口を言ったり酒を飲んで暴れたり他の人に迷惑をかけるなどしない限り気にしません。
葬儀の服装も喪服じゃなくてもいいのではとすら思っています。

ただ、通夜ぶるまいの最後までいた人が故人と全く親しくない、顔見知り程度の人・・・とかだったら、確かにちょっと引きますね(笑)
でもそんなの遺族にはわからないですからね。
「親しかったんです」と言われればそれまでですよね。

特に誰か亡くなったわけではありません。仮の話です。

通夜のマナーには「親しい人、近親者のみ。例外として、葬儀の日に別の用事があって出席できない場合はOK」とあります。

その「親しい人」の基準て、どんなもんでしょうね?
例えば、

1・友達のいない自分にとっては一番親しいけど、友達の多い相手にとって自分は親友ではないであろう場合は?
2・学生時代は親しかったけど20年以上会ってない、年賀状やりとりすらしてない人は?
3・親しいとは言えないけど、一方的に思い入れの強い師匠のような存在の...続きを読む

Aベストアンサー

結婚式とか、法事など招待制のものは当事者が親しい、来て欲しいと思う人たちに囲まれて行います。
しかし通夜、葬儀は見送る側の一方的な気持ちで参列して良いと思います。(書き方は極端ですが)
最後の別れですから、訃報を聞いたら知らせた方がいいと思う人には遺族に確認もせずに知らせることも普通です。昔の同級生から顔も思い出せないクラスメイトの連絡を受けたこともあります。

マナーには「親しい人、近親者のみ。例外として、葬儀の日に別の用事があって出席できない場合はOK」とあったようですが、一般的には義理も多く存在します。
パート先の滅多に顔を合わせない上司の親が亡くなったから参列とか、顔も知らないけど町内の○○さんが亡くなったから役員として参列など。
そう考えると1~5すべてOKだと思います。

自分が参列者の立場だとしても2、4は訃報が入る可能性が限りなく低いので結果的には出ないでしょうが、何か思うところがあって参列しても不思議ではないと思います。1.3.5なら多分参列しますね。
遺族の立場だったら、1~5すべて受け入れます。2.3.4なんてどこから知ったかわからないけどわざわざ来てくれて…と思います。

ただ、一つ気になるのは
>葬儀の服装も喪服じゃなくてもいいのではとすら思っています
これかな。

通夜なら喪服でなくても気になりません。直前に知って駆けつけてくれたようならまったくの普段着でも良いと思います。
しかし、葬儀(通夜の翌日の告別式)はそれなりの服装でなければ行くべきではないと思います。「式」なんですから。みんなが忙しい中、キチンと礼装をしてきます。葬儀に間に合うような人なら礼装も整える時間だってあるはず。ここは襟を正して最後の見送りをするべきだと私は考えます。

結婚式とか、法事など招待制のものは当事者が親しい、来て欲しいと思う人たちに囲まれて行います。
しかし通夜、葬儀は見送る側の一方的な気持ちで参列して良いと思います。(書き方は極端ですが)
最後の別れですから、訃報を聞いたら知らせた方がいいと思う人には遺族に確認もせずに知らせることも普通です。昔の同級生から顔も思い出せないクラスメイトの連絡を受けたこともあります。

マナーには「親しい人、近親者のみ。例外として、葬儀の日に別の用事があって出席できない場合はOK」とあったようですが、...続きを読む

Q職場の同僚というだけでお通夜やお葬式前に顔を見に行く事って・・・。

私ではなく、母と姉の事ですが、姉の同僚が亡くなりました。最初はお通夜とお葬式に参加すると言っていたのですが、ほかの同僚がお顔を見にいったと聞いたとたん、私達も行くといい始めました。お通夜が今日の夕刻からなのですが、早く行くというのです。姉は1年前に退職し、現在は離れたところにすんでいるのですが、お見舞いは2年間の闘病期間に2度ほどほかの同僚と行ったと聞いています。それに母は、保険の外交員をやっており、亡くなった方が仕事をしている頃、保険に入ってもらい、少し顔見知り程度です。私が思うに、ガンで闘病した後に亡くなったのであれば、多分やせてしまったりしていると思いますし、親御さんが本当にあってあげてほしいと思うような公認の相手なら、事前にそう連絡が入ると思うのです。ですから、「そんな事をしては、何だか興味本位で見に行くと思われたらどうするの?それに御通夜の前で忙しいでしょうし、親の気持ちを考えたら、亡くなった途端、まるで親友だったかのようになれなれしくふるまうのはひど過ぎるから、お通夜とお葬式に参加したらどうか」といいましたら、「お前は冷血人間だ」といわれてしまいました。でも、昔、私の友人がなくなった時、その日の深夜に「会いにきてやってください」と連絡が来ましたし、お葬式では、お父様が途中で見ないでくれ、とみんなの前で棺おけの蓋を閉めてしまったのを見た事があるのです。それに、私がもし死んでしまったら、元気な頃の自分の姿をみんなの心にのこしてほしいと思います。自分の子供にも、顔や姿が変わってしまっていたら、見せないでくれと主人にも頼んであるくらいです。それに、いいお顔なら、お葬式のときに、親御さんが皆さんにお別れをさせてくれると思いますし・・・。
私の考えは冷たいでしょうか?最後のお別れは、顔を見なくてはいけないものでしょうか・・・。とても悲しい気持ちです。

私ではなく、母と姉の事ですが、姉の同僚が亡くなりました。最初はお通夜とお葬式に参加すると言っていたのですが、ほかの同僚がお顔を見にいったと聞いたとたん、私達も行くといい始めました。お通夜が今日の夕刻からなのですが、早く行くというのです。姉は1年前に退職し、現在は離れたところにすんでいるのですが、お見舞いは2年間の闘病期間に2度ほどほかの同僚と行ったと聞いています。それに母は、保険の外交員をやっており、亡くなった方が仕事をしている頃、保険に入ってもらい、少し顔見知り程度です。私...続きを読む

Aベストアンサー

私も同意見です。
deka-carさん同様、自分自身が死んでしまったら、やはり同じ事を思うと思います。
ただ、10人集まったら10通りの意見があるので、お母様やお姉様のように、見に行くと言う考えの方もいらっしゃるのだと思います。
問題は先方の方です。先方の方が、みなさんに見ていただきたいと思うか、あるいは、deka-carさんのように考えるか・・。お顔を見に行ったというのでしたら、見せて頂いたのだと思いますが、先方の方がどう考えるかですよね。難しい問題ですね。deka-carさんが過去に行かれたお葬式のお父様のように、「見ないでくれ」と皆さんが言えるとも限らないし。。。
回答にならなくてスミマセン。
個人的な意見だったらdeka-carさんと同じです

Q通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日

通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?教えて下さい!

Aベストアンサー

> 通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?
「通常」はないです。決まっていません。

> 普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?
普通は、「葬儀の日の前夜」が「通夜式」です。
普通は、「通夜式」の日について、亡くなった日を基準に考えることはしません。

亡くなった日を基準に「通夜式」の日から決めてしまうと、「通夜式」の日と「葬儀」の日の間に、日にちが開いてしまうことが起こり得るからです。

私の勤務先の方のお母さまが亡くなられた時は、亡くなった日から7日後に「通夜式」があり、その翌日が「葬儀」でした。
火葬場の都合ではなく、お寺さまの都合だったので、「通夜式」の際には、既に荼毘に付されていました。

Q葬式行った時に遺族に 「どうぞ最後に顔を見てあげてください。」って言われて死体を見させられた

葬式行った時に遺族に

「どうぞ最後に顔を見てあげてください。」

って言われて死体を見させられた時ってなんて言えば正解なの?

我慢して汚い死体を見て、嘘でも「綺麗ですね。」とか言わなあかんのか?

死体とか綺麗なわけないじゃん、気持ち悪いし。そもそも見たくないわ。

「いえ、死体とか汚いもん見たくもないので結構です」と断れたらすごくラクなんだけど、断るのも角が立つ。

汚い死体を見ないでスルーするにはどういう言い回しが良いと思う?

Aベストアンサー

みたくないのであれば「辛くなるので、ご遠慮させていただきます。」などと断っても構わないと思いますよ。
そうも断れないと思えば、ご遺体を見ないで目を閉じて手を合わせれば良いかと思います。

また、個人的には特に何か言葉を思いつかないようなときは、
「安らかなお顔をされてますね。」などと言うことが多いと思います。

Qお通夜に伺う時間は・・・?

お通夜が18:00から、と案内がありました。
仕事の都合で、どうしてもその時間にはいかれないのですが、何時間くらいなら遅れて伺っても失礼にあたらないのでしょうか? ちなみに今回の場合、1時間半くらい遅れてしまうのですが、そんな時間になってしまうなら、行かない方がかえってよいのだろうか、と悩んでいます。
明日のお通夜なのですみませんが、至急教えていただきたくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 お通夜ですが、一般的な規模の式でしたら短くて30分くらいで終わってしまいます。
 参列者の人数が多い場合でも焼香壷を増やして対応しますので。

 もちろん導師によっては一時間ほどお経をあげられることもあります。

 弔問者が300人以上になるならば一時間ほどはかかることもありますが。

 お通夜が終わったあとの弔問はよくあることです。
今回のお通夜が6時からであれば、仕事を終えられてから駆けつけるかたは間に合わないとうこともあるでしょう。
 ただ時間にも限度があります。会館によって異なりますが24時間出入り自由なところもあれば、10時をすぎれば鍵をしめてしまうところもあります。
 自宅や集会所であれば時間はまちまちですが、用心のために施錠はするかと思います。
一時間半ほど遅れるのであれば遅くとも8時くらいにはということですので、まだ親族が通夜ぶるまいを召し上がってる時間ですので大丈夫です。

 そのときは受付も終了していますが、記帳はいつでもできるようになっています。

 お通夜終了後も弔問者があること、お通夜のお供養をお渡しすること、焼香の炭が消えている時間ならば代わりにお線香をあげていただくことなどは、たいがいの業者は喪家に説明しています。

 お通夜ですが、一般的な規模の式でしたら短くて30分くらいで終わってしまいます。
 参列者の人数が多い場合でも焼香壷を増やして対応しますので。

 もちろん導師によっては一時間ほどお経をあげられることもあります。

 弔問者が300人以上になるならば一時間ほどはかかることもありますが。

 お通夜が終わったあとの弔問はよくあることです。
今回のお通夜が6時からであれば、仕事を終えられてから駆けつけるかたは間に合わないとうこともあるでしょう。
 ただ時間にも限度があります。...続きを読む

Q亡くなった人の死に顔について

亡くなられた方の死に顔って皆違うものなのでしょうか?
穏やかな顔つきで亡くなられている人、苦しんでるような顔つきの人など色々いるそうですが、私自身が葬儀で見る限り、皆眠っているような人ばかりでした。(5,6人ほどしか見てません)

たくさんの死を看取ってきた知り合いの看護婦さんの話では、ものすごい形相で亡くなる人が多いそうです。「人は生きたようにしか死ねない」とその看護婦さんが言いますが実際に死んだ時に顔に現れるものなのでしょうか?

因みに昨年死んだ私の父の場合、生前より見たこともないきれいな顔つきで亡くなっていました。(いつも馬鹿面な顔つきで寝ていたのに・・・)

Aベストアンサー

私も職業柄亡くなった人に接する機会があったので一言いいですか。

本当に、人それぞれです。「人は生きたようにしか死ねない」そのとうり!と思います。今まで面会が全然居なかった人に、死ぬ直前になると面会の人が多くなったり、財産とかでもめていたりすると必死に頑張っている患者さんの顔が寂しそうに見えたりもします。もちろん病気によっては、黄疸が出て黄色い顔になっていたりやせすぎて生前とは違う顔になったりしますが、それよりも何か打ちから出てくる雰囲気のようなものがありますよね。

安らかにきれいな顔で亡くなられたお父さんはさぞ生きているときの行いが良かったものと思いますよ。私もそうなりたいです・・・。(今はいいけども。笑)

Q【至急】友人死去。通夜、告別式両方出席?その場合の香典は?

30代の男性です。
学生時代からの友人が亡くなりました。
1年に一度くらい会う程度の付き合いで、少々お世話になりました。
告別式は、通常、どの程度の間柄が参列するのでしょうか?
通夜、告別式と参列した場合、お香典は2度お渡しするのでしょうか?
また1万円ほどを包もうと思っていますが、適当ですか?
ご回答をいただければ幸です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>告別式は、通常、どの程度の間柄が…

通夜や葬儀は法事と違って、お参りするのにに制限はありません。
風の便りに聞いただけで誰でもがお参りに来ます。
ただ、葬儀・告別式の場合、小さな会場ですと親族・親戚、会社関係など近い人以外は、会場の外からのお参りになります。
会場入り口に焼香台がおかれ、立ったまま焼香します。
大きな会場でしたら、いすや座布団があるところまで入ってかまいません。

>通夜、告別式と参列した場合、お香典は2度お渡し…

香典は 1度でけっこうです。両方行くなら通夜にお出しします。
また、その程度のご関係なら、通夜か葬儀どちらかだけのお参りでよいでしょう。

>1万円ほどを包もうと思っていますが、適当ですか…

冠婚葬祭は、地域性や個々人の考え方、経済力に左右される部分が多々あり、これが正解というものはありません。
あくまでも参考意見ですが、私ならその関係では 5千円しか包みません。

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング