『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ほとんど血統でいい馬(名馬)は決まるのでしょうか?
親がいい馬だと子供もいい馬って多いですよね
子供も良血統は高値で買われますよね

全てが全てではないと思うんですが疑問で
血統が悪かったり良血統ではない馬から生まれた馬は
名馬になれないのですか?


トレーニング次第で名馬になるのでしょうか?
やっぱり血統が物を言うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

競馬好きのおっちゃんです



当然、リーディングサイアーの上位ランキングにいる種牡馬から生まれた子供は成績を残している訳ですから「親がいい馬だと子供もいい馬って多い」というのも事実です。

「世紀の大種牡馬」と言われたノーザン・ダンサーは世界中にそのサイアーラインを延ばしました。
それは一時期「世界中にいる馬はノーザンダンサー系とそれ以外だ」と言われるくらい圧倒的勢力だったんです。

近年の日本で言えばサンデーサイレンス系ですか。
距離・馬場を問わず一流馬を次々と送り出したその遺伝力は物凄いものがありましたね。

ただし、必ずしも「血統が全て」という訳ではありません。

一番有名なのがオグリキャップでしょう。

父ダンシングキャップ
母ホワイトナルビー(母の父シルバーシャーク)

というお世辞にも「良血」とは言えない血統。実際元々は地方馬ですから。
それがG14勝ですからね。
しかも1600Mの安田記念・マイルCSから2500Mの有馬記念まで。
また、2着に敗れはしましたがジャパンCで当時の世界レコード(2400M)を出しています。

そんな「怪物」も種牡馬になってからは「鳴かず飛ばず」。
結局1頭もG1馬を出すことなくこの世を去りました。

>トレーニング次第で名馬になるのでしょうか?

基本、「突然変異」か「血統的裏付け」が無い場合は「トレーニングで名馬になる」というのは非常に厳しいでしょう。
特にトレーニングに関してある一定の方法が確立している現在の調教システムではなおさらです。

ただ、私の知る限り「トレーニングで名馬になった馬」が1頭います。
それは「ミホノブルボン」です。

父マグニテュード
母カツミエコー(母の父シャレー)

という明らかな「短距離血統」。実際3歳時(当時)には1600Mの「朝日杯3歳ステークス(G1)」を鼻差で勝っています。
それを故・戸山調教師が常識外れのハードトレーニングを課し、(当時、他厩舎や関係者から「普通なら潰れている」と言われていた)サイボーグのような「筋骨隆々」の馬体に仕上げ、そのまま皐月賞、ダービーに勝ち、菊花賞も「稀代のマーク屋」と言われたライス・シャワーに敗れはしたものの3着以下を引き離す2着になりました。

そのレース後、故障が発生して引退→種牡馬となるのですが、オグリキャップと同様(もっとひどい)結局活躍馬を出すことなく種牡馬を引退しました。

こう考えるとやっぱり「血統的背景」は競馬において大変重要なファクターといえるでしょう。
勿論、それが全てでは無い所に競馬の「奥深さ」「面白さ」があるのですけどね。
    • good
    • 0

まず、最初に言うと……



血統が良いから、子供が走る、のではありません。
子供が走るから、血統が良い、と言われるのです。

競走馬の売買のとき、血統で値段が決まることがあります。ただ、この血統というのは、あくまでも近親に活躍馬がいるかどうか、というようなところです。
ですので、20年前、30年前には「良血馬」と呼ばれていたであろう血統でも、現在は「ただの古くさい血統」と呼ばれてしまうことも少なくありません。
良血馬かどうか、というのは、あくまでも相対的なもの、時代と共に移り変わるものなのです。


それを端的に示しているのは、No.2さんが名前を挙げていらっしゃるサンデーサイレンスだと思います。
サンデーサイレンスは、1989年にアメリカの三冠レースを2勝するなどして、この年のアメリカ年度代表馬に選ばれた名馬です。そして、種牡馬として日本に輸入されると、子供たちが圧倒的な強さで大レースを勝ちまくり、種牡馬としての賞金獲得額では、毎年、2位に倍以上の差をつけてランキングトップを独走しました。
その子供たちも種牡馬として優秀で、孫世代からも数多くのG1ホースが出ています。

と、これだけ見ると、サンデーサイレンスはエリート中のエリートのように思われることでしょう。
しかし、サンデーサイレンスは、デビューする前、全く誰にも評価されませんでした。それは、サンデーサイレンス自身が体質が弱かったこともあるのですが、それと同じくらいに「血統が悪い」と言われていたためです。
何度、競り市に出しても売れ残り、最後は、他の馬と抱き合わせの形で調教師に売却した、というような逸話すら残っています。
そして、その評価というのは、デビューし、大活躍をした後も変わりませんでした。サンデーサイレンスの現役時代、同じ年齢にイージーゴアという馬がいたのですが、競争成績ではサンデーサイレンスが上回っていたものの、当時、アメリカで活躍馬を多く出した血統のイージーゴアの方が種牡馬としては上だろうと思われており、サンデーサイレンスは年度代表馬に選ばれたくらいなのに、種牡馬として種付けをしたい、という希望は殆どありませんでした。サンデーサイレンスは、マイナーな血統からマグレで出た大当たり、くらいの評価だったわけです。
それだけの名馬でありながら、日本の社台グループがサンデーサイレンスを購入できたのは、そういう事情があったためです。当時、「あんな血統の馬を買っても……」という評価も少なからずありました。


日本で種牡馬になって以降の活躍は上に記した通りです。
その結果、サンデーサイレンスの子供、というと、それだけである程度の良血馬という評価がされるようになりました。
つまり、サンデーサイレンスは、子供が活躍したことで、自身の血統に対する評価を正反対にひっくり返してしまったわけです。

こういった例は他にもあり、20世紀後半の血統を塗り替えた、と言われるノーザンダンサーも、当初はそれほど期待されていた馬ではなく、アメリカの二冠を取って種牡馬になった当初は、種付け料が1万ドルという金額でした。
しかし、そこから活躍馬が次々と誕生したことで一気に「ノーザンダンサーの子は走る」となって種付け料は急騰し、1985年には95万ドルにまでなりました。


このように、子供が活躍する、一族に活躍馬が多くいるのが「良血馬」なのです。




逆に、一族に活躍馬がそれほどいなくても、まぐれ当たりのような名馬が誕生することもあります。
No.2さんが仰っているオグリキャップやミホノブルボンなどもそうですし、最近で言えば、コスモバルクやメイショウサムソンなども、近親にこれと言った馬のいないマイナー血統の馬です。しかし、どちらも立派な活躍馬、名馬と呼ばれるような成績を残しました。
もしかしたら種牡馬として、名馬を次々に送り出して、「良血」に名を塗り替えるかも知れません。


最後に……

>トレーニング次第で名馬になるのでしょうか?

ですが、トレーニングをすれば、強くなる血統、というのも一つの良血かどうかの目安とも言えます。
トレーニングをすれば強くなるだろう、と思っていても、それができない身体の弱さ、というのが遺伝的に伝わってしまう場合があります。そうなれば、当然、活躍馬が出ないのでいまいちな血統、という評価になります。
また、天性の資質、というのもありますから、同じように鍛えても、早く走れる馬とそうでない馬というのが出てしまいます(人間でも、同じトレーニングをしても、人によって体力に差が出るのと同じです。かといって、体力が少ない人が無理矢理に倍も、3倍も練習をしたら、怪我をしてしまうことでしょう)
ですので、徹底的にトレーニングをしても怪我をしない、というのも一つの脂質であると思います。
    • good
    • 0

サラブレッド=Thoroughbredとは、『選りすぐった血』ということです。

イギリスの原産馬にアラブの馬を掛けたのが始まりだといわれており、全ての血統はたった3頭に行き着くそうです。ですから、元をたどれば皆同じ。生産者は、長距離得意の馬にスピード馬を掛けたらどうなるかとか、組合せを試行錯誤しながら、日々研究しているのです。良血というのは。最近ではシーザースターにウォッカの子供がそうでしょうが果たして走るかどうか、期待していますが。血統を論じる時は、母方を論じ、兄弟・姉妹も母方でいいますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q騎手の騎乗馬が決定する流れは

オーナー、調教師、騎手、複雑な絡みがあると思いますが、能力の高い馬に騎乗する事で良い成績が得られるとおもいます。どの様な流れで決定するのでしょうか。間に騎乗決定を取り持つ会社等が存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

 基本的に騎手を決めるのは出走馬の調教師です。馬主によっては騎手の選定に意見を言う人もいますが、それでも調教師の同意を得ずに騎手に依頼することはまずありません。
 武豊、安藤勝、岩田、福永クラスのフリー騎手には当然多くの厩舎から依頼が舞い込み、バッティングすることもあります。調教で忙しい騎手にそれをさばく時間はないので、彼らと親しい専門誌記者がエージェントとして仲介をし、場合によっては他の騎手を紹介します。
 実績のない騎手は自分で騎乗依頼を受けるし営業もかけます。
 厩舎に所属する騎手は所属先の調教師が依頼を受けます。

参考URL:http://baji.cocolog-nifty.com/okera/2006/07/post_eb21.html

Q中央競馬の騎手の東西の所属とは

http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2009/01/22/17.html?feature=related

こういうニュースがありました。
「フリー」というのは厩舎の所属しない騎手の事だろうと想像できるのですが、フリーで美浦所属から栗東所属に変わるというのは何が変わる事を言うのでしょうか。
競馬会に届け出をするのでしょうか。
またそれによってどういう扱われ方の違いがあって、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

地方競馬からの移籍の場合、安藤勝騎手、小牧騎手、岩田騎手のように初めから栗東フリー騎手のケースもあります。なので新人(地方からの移籍を含む)は必ず厩舎所属ではければいけないかと言えばそういう訳ではないでしょう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5050703.html?from=navi_ranking
今月あった過去の質問(ウチパクがフリーに? なぜ?)から回答を借りますと、アンミツさんは保証人と言う意味合いでの美浦所属だったと思います。記憶が曖昧なのですが、菊川調教師とは、安藤光騎手が笠松所属時代に中央遠征の際知り合ったと言うような記事を読んだことがあります。菊川調教師が騎手時代だったのか、騎乗依頼したことがあったのかは忘れましたが、どこかの厩舎に所属しなければいけなかったので、縁があった菊川厩舎に所属したのでしょう。

中央移籍後すぐにフリーデビューした上記3騎手は一定数以上の中央競馬勝利という実績を挙げた上での騎手免許試験でしたので、いわばJRAからのお墨付きを得ていたと思われます。ならばウチバクは何故厩舎所属だったか?ですが、これは当事者で無いと分かりません。美浦と栗東とで考え方に違いが有るのかもしれません。

フリー騎手の美浦所属か栗東所属かですが、日本騎手クラブ(騎手会)にほぼ全ての騎手が加入していますが、美浦と栗東(関東支部と関西支部)に分かれています。外部からはどんな活動してるか分から無い部分もありますが、ファンサービス等美浦と栗東でやってるみたいです。
健康診断とか書類の提出とか、そういうことでいちいち茨城の田舎まで出向くのもあほらしいですしね。

参考までに昨年デビュー(三浦騎手の同期)の大江原騎手も栗東所属から美浦所属に変更になっています。これはデビュー週の斜行でいきなり騎乗停止など踏んだり蹴ったりの1年目だったので心機一転、父親のいる美浦に所属変更したのでしょう。
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-163972.html

地方競馬からの移籍の場合、安藤勝騎手、小牧騎手、岩田騎手のように初めから栗東フリー騎手のケースもあります。なので新人(地方からの移籍を含む)は必ず厩舎所属ではければいけないかと言えばそういう訳ではないでしょう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5050703.html?from=navi_ranking
今月あった過去の質問(ウチパクがフリーに? なぜ?)から回答を借りますと、アンミツさんは保証人と言う意味合いでの美浦所属だったと思います。記憶が曖昧なのですが、菊川調教師とは、安藤光騎手が笠松所属時代に...続きを読む

Q武豊って何がすごいの?

 競馬はぜんぜん知らないのですが、武豊って何が他の騎手と違うすごさなんですか?
 

Aベストアンサー

一番人気や強い馬できっちり勝つところです。

昨日のテレビで知ったのなら、バブル期の名馬 オグリキャップのラストランの話が出ていたと思います。
オグリキャップが活躍したレースでは、武豊は乗っていません。彼がオグリキャップに乗ったのは、2レースだけなんです。
オグリキャップはこの時期、まったく勝てずに、有馬記念でも実力ではなくファン投票での出馬で、この有馬記念を最後に引退する予定でした。そして、メイン騎手の南井さんは、このレースでは他の馬に鞍替えを強いられます。
そこで勝たせた騎手です。
他にも、多くの名馬の背に乗って、名レースを勝っているから、すごいんです。
その意味だと、同じく名騎手だったお父さんに見ています。強い馬、人気のある馬に乗った時に強い。これ、当たり前のようでなかなかいないんですよね。
ただ、G1で1位で入ったのに妨害行為で降着処分になった唯一の騎手でもあります。このレース、始まった直後にすでに負けてたってことになります。図抜けて上手い騎手なんですが、運に劣るところがあります。

逆に、弱い馬に乗った時に強い騎手もいます。お父さんのライバルだった福永洋一という騎手は人気のない馬を勝たせるのが上手かった。競馬は賭け事ですから、万馬券など不人気馬を買って大勝ちしたい人には、こういう騎手が好きなわけです。

とりあえず、全盛期の武豊のすごさなら、ウィキの成績表を見るだけで十分じゃないかな。野球でいうイチローに通じるものがあります。海外でも日常的に乗って活躍した最初の騎手でもあります。その意味だと野茂かな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%B1%8A#.E6.9D.A5.E6.AD.B4

一番人気や強い馬できっちり勝つところです。

昨日のテレビで知ったのなら、バブル期の名馬 オグリキャップのラストランの話が出ていたと思います。
オグリキャップが活躍したレースでは、武豊は乗っていません。彼がオグリキャップに乗ったのは、2レースだけなんです。
オグリキャップはこの時期、まったく勝てずに、有馬記念でも実力ではなくファン投票での出馬で、この有馬記念を最後に引退する予定でした。そして、メイン騎手の南井さんは、このレースでは他の馬に鞍替えを強いられます。
そこで勝たせた騎...続きを読む


人気Q&Aランキング