プロが教えるわが家の防犯対策術!

いつもお世話になっております。

早速ですが、産業におけるプロコン(プロセスコンピュータ)と
ビジコン(ビジネスコンピュータ)について概要・用途・使用例等を教えてください。


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

懐かしい言葉ですね。



大きく二点の違いがあります。

(1)インターフェイス
プロコンは機械-機械系と言って、制御対象の機器と直接の入出力をします。
それに対してビジコンは人間-機械系といって人間から入力をもらい人間に対して出力をします。
プロコンは、DDC:Direct Digital Contolの場合はデジタル信号を出力しますし、SCC:Simulated Computer Controlの場合は、AD変換で入力し、DA変換で電圧などのアナログ信号を出力します。
ビジコンの場合は、相手が人間ですから、情報はキーボードやマウスから入力され、出力は古典的な紙のプリント、CRT/液晶 ディスプレイへの画像表示、映像表示などが中心になります。

(2)即時性
機械-機械系のプロコンでは高い即時応答性が求められます。
たとえば、原子力発電所の核燃料制御棒の制御において、「反応が1秒のこともあるが、たまに30秒のこともある」というのは許されません。設計の段階から各種の処理待ち時間(ターンアラウンドタイム)を50ミリ秒とか300ミリ秒など、具体的に基準を定めて、基準以内の時間で反応できることを保証します。
一方の、人間-機械系では、基本的にデータの入力=>妥当性チェック=>データベースに蓄積=>データベースのデータに対する加工・分析処理、という流れになりますので、データ入力では「快適な処理速度」を維持するなどというアバウトな要件となり、後続処理に関しては処理時間の基準自体が無いことも多く、Best Effort(最善の努力)をすればよいと考えられています。

プロコンは製鉄所の圧延機制御、電力系統制御、列車制御、自動倉庫制御などから発展してきましたが、現在ではフライ・バイ・ワイヤと呼ばれる航空機の実時間制御から一般大衆の自動車にもドライブ・バイ・ワイヤというかたちで浸透してきました。
子供たちのビデオゲームはどちらかと言えばプロコン的な実時間処理ですが、インターフェイスが人間機械系なので、人間相手の映像・音声出力という意味で、プロコン+ビジコンのハイブリッドですね。
今後、コンピュータを生活の色々な領域に活用してゆくためには、プロコン的な設計思想が大変重要になって行くと思います。

ビジコンの世界は、IBM、Oracle, MicroSoftなどアメリカ企業に寡占されていますが、プロコンの世界では、日立、東芝、三菱の重電三社をはじめとして、横川電機からデンソーまで、日本発祥の世界企業が業界をリードしている分野です。

この回答への補足

早速のご回答有難う御座います。

プロコンは機械-機械系、ビジコンは人間-機械系ということですが、
プロコンとビジコンの関係は
例えば薬品製造システムの処理として考えたときに

(1)これから製造する薬品の量や割合を入力する(ビジコン)
(2)設定された値を元に計算やシステムの制御を行う(プロコン)

という認識で合っていますか?


ビジコンが設定入力画面、プロコンが実際に機器を動かす制御プログラムというイメージなのですが。。。

補足日時:2011/03/10 23:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q”へげ傷”とは?

金属の精製やコンクリート学会とかのレポートの中に『へげ傷』という記述がありました。
この”へげ”というのは一体どのような傷(疵)をいうのでしょうか?
他に『パイプ傷』や『レンガ傷』など、不良品となる傷の名前が載っていました。
どれがどのような傷なのか、分かる方は教えてください。
ホームページや文献でも構いません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

鋼材は溶けたはがねをインゴット(厚さ300mmくらい、長さ数m)に鋳造し、それを再加熱して圧延します。
鋳造時に溶鋼の中に含まれていた不純物が表面近くに残ることがあります。ほとんどは再加熱時に表面をさびさせる(スケールという)ことで除去されますが、残ってしまうと圧延されて薄くなっていくときに表面に傷として残ります。ちょうどかさぶたのような感じです。
ある程度薄い鉄板ですとそこから穴があきますし、当然冷蔵庫や自動車向けにそのようなものがある鉄板は出荷できません。
型鋼などでも同様で強度低下の原因になります。

JISE1101(レール)、JISZ2300(非破壊検査用語)に本用語がかかれています。

似たような傷としてかみこみ傷があります。これは圧延中にはがれたスケールがロールと母材との間にかみこんでしまい傷になることがあります。

レンガ傷は鋳造時にインゴットを作る周りを耐火物(レンガ)で保護していますがこれがかみこまれてしまう場合と、加熱炉(1300度くらい)にインゴットを入れて加熱する際に炉内部の耐火煉瓦によってインゴットが傷つくケースのふたつがあります。
この場合も圧延が進み薄くなるとそこから切れてしまいます。

そのほか傷ではありませんが、鋳造の冷却時に巣が入るとか、加熱炉の内部で土台(スキッド)に乗っていた部分と中に浮いていた部分で温度差が生じ、鋼材の硬度のムラになったりします。

パイプ傷はインゴットの内部空洞が圧延後も残ってしまったもの(部分的に二枚板状態)をいいます。


鉄鋼協会の鉄鋼便覧(丸善発行)(たぶん3巻)に解説があります。大学か大きな図書館であれば置いてあります。

またJISG0202(鉄鋼試験用語)も参照ください。(WEBで見られます)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=61597

用語番号3149がパイプ傷です。

参考URL:http://www.meiden.co.jp/binran/pages/frame6/index_0.html

鋼材は溶けたはがねをインゴット(厚さ300mmくらい、長さ数m)に鋳造し、それを再加熱して圧延します。
鋳造時に溶鋼の中に含まれていた不純物が表面近くに残ることがあります。ほとんどは再加熱時に表面をさびさせる(スケールという)ことで除去されますが、残ってしまうと圧延されて薄くなっていくときに表面に傷として残ります。ちょうどかさぶたのような感じです。
ある程度薄い鉄板ですとそこから穴があきますし、当然冷蔵庫や自動車向けにそのようなものがある鉄板は出荷できません。
型鋼などで...続きを読む

Q監視カメラなどをITVって呼ぶけど何の略?

監視カメラなどをITVって呼ぶけど何の略でしょうか?
わかる方教えてください

Aベストアンサー

industrial television の略称です。
工業用テレビジョン、または産業用テレビジョンと言う訳になります。

近年、街角で使われて居て本来の使われ方とは違った使い方をしていますが、工場のシステム監視や落石等の危険を関しする時に使用されているものとして名称が付けられています。

QExcel 選択も削除も出来ない画像

 教えて下さい。

 メールに添付されていたExcelのファイルなのですが、張り付けられている画像を削除しようと思ったのですが、画像が選択が出来ないのです。

 [編集]-[ジャンプ]を開いて、「セル選択」ボタンをクリック、「オブジェクト」で選択しようと思ったのですが、「セル選択」の画面の「オブジェクト」の項目がグレーになっていて、ラジオボタンが選択できないようになっているのです。

 「オブジェクトが存在しない・・・そんなはずは・・・」と訳が分からない状態です。

 この「選択できない画像」の正体は何なのか。これはどのように設定し、どのように解除するのか。ご存知の方がおられましたら、御教授下さい。

Aベストアンサー

こんばんはっ。
お困りのようですね。
たぶん、「共有」が原因だと思います。

共有解除できますか?

ツール→ブックの共有→複数ユーザーによる同時編集を行う
にチェック入っていませんか?もし入っていたら、解除してください。(offにして下さい。)
もしだめであれば、他の方法も考えますので、補足してください。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「すべてのコンピュータ」に表示されません

複数のWindows系OSでTCP/IPによるLANを構築しています。メインサーバは設置していません。

新設したWinXP(SP2)をLANに参加させたところ、WinMeの「すべてのコンピュータ」にXPが表示されません。\\コンピュータ名or\\IPアドレスでコンピュータを検索するとXPパソコンはヒットし、共有フォルダにもアクセスできます。
「すべてのコンピュータ」に表示させるにはどうすればよいのでしょうか。ちなみに、Win95の「ネットワークコンピュータ」画面にはXPは表示されます。またXPからMeもみえています。

Aベストアンサー

次の手順で設定してください。ハード的な故障がない限り期待する結果が得られるはずです。

<<予備知識編>>
Windowsネットワークは、クライアント/サーバー接続の主従関係とは違って、ピアツーピア接続という対等な接続関係を持ちます。
次に、他のマシンをブラウズすることと、接続することを別々のプロトコルで行います。
これが、事態を複雑にしている最大の原因です。
(マイネットワークをクリックして相手マシンの共有フォルダにアクセスしているのは、巧妙に手続きを隠蔽しているわけです。)
しかも、このWindowsネットワークは、ピアツーピアでありながら、マスターとスレーブの関係をユーザ不在で自動的に行っています。
そこで、このマスターブラウザの役割を成すマシンを固定化すると、Windowsネットワークが安定します。

<<実践編>>
まず、次の順番にマシンを立ち上げ、マスターブラウザを固定化する。(実際にどれがマスターなったかは気にしない。調べる方法はありますが、通常は分からない)
1.WinXP
(完全に立ち上がってから)
2.Win95
(完全に立ち上がってから)
3.WinMe(ブラウズ不調なのでこれを再設定する)
※約30分間放置してください。
(3台の全てにそれぞれが表示されていれば、軽症)
多分、WinMeだけ表示されていないかも知れませんね。

そこで、WinMeを次のように設定してください。
(※WinXP,Win95の2台は切らずにそのまま放置しておいてください)
1.「マイネットワーク」アイコンを右クリックします。
2.「優先的に接続するネットワーク(L):」
  を「Windows ログオン」にします。
3.「現在のネットワークコンポーネント(N):」
  から「Windowsネットワーククライアント」
  を選択し、[削除]→[OK]し、再起動してください。
4.再起動後、上の3.で削除した「Windowsネットワーククライアント」を追加してください。
※再起動後、WinMeの「マイネットワーク」に他の2台が見えるはずです。

次の手順で設定してください。ハード的な故障がない限り期待する結果が得られるはずです。

<<予備知識編>>
Windowsネットワークは、クライアント/サーバー接続の主従関係とは違って、ピアツーピア接続という対等な接続関係を持ちます。
次に、他のマシンをブラウズすることと、接続することを別々のプロトコルで行います。
これが、事態を複雑にしている最大の原因です。
(マイネットワークをクリックして相手マシンの共有フォルダにアクセスしているのは、巧妙に手続きを隠蔽しているわけです。)
しか...続きを読む

Q統計学的に信頼できるサンプル数って?

統計の「と」の字も理解していない者ですが、
よく「統計学的に信頼できるサンプル数」っていいますよね。

あれって「この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる」という決まりがあるものなのでしょうか?
また、その標本数はどのように算定され、どのような評価基準をもって客観的に信頼できると判断できるのでしょうか?
たとえば、99人の専門家が信頼できると言い、1人がまだこの数では信頼できないと言った場合は信頼できるサンプル数と言えるのでしょうか?

わかりやすく教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

> この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる・・・
 調べたいどの集団でも、ある一定数以上なら信頼できるというような決まりはありません。
 何かサンプルを集め、それをなんかの傾向があるかどうかという仮説を検証するために統計学的検定を行って、仮設が否定されるかされないかを調べる中で、どの検定方法を使うかで、最低限必要なサンプル数というのはあります。また、集めたサンプルを何か基準とすべき別のサンプルと比べる検定して、基準のサンプルと統計上差を出すに必要なサンプル数は、比べる検定手法により計算できるものもあります。
 最低限必要なサンプル数ということでは、例えば、ある集団から、ある条件で抽出したサンプルと、条件付けをしないで抽出したサンプル(比べるための基準となるサンプル)を比較するときに、そのサンプルの分布が正規分布(正規分布解説:身長を5cmきざみでグループ分けし、低いグループから順に並べたときに、日本人男子の身長なら170cm前後のグループの人数が最も多く、それよりも高い人のグループと低い人のグループの人数は、170cmのグループから離れるほど人数が減ってくるような集団の分布様式)でない分布形態で、しかし分布の形は双方とも同じような場合「Wilcoxon符号順位検定」という検定手法で検定することができますが、この検定手法は、サンプルデータに同じ値を含まずに最低6つのサンプル数が必要になります。それ以下では、いくらデータに差があるように見えても検定で差を検出できません。
 また、統計上差を出すのに必要なサンプル数の例では、A国とB国のそれぞれの成人男子の身長サンプルがともに正規分布、または正規分布と仮定した場合に「t検定」という検定手法で検定することができますが、このときにはその分布を差がないのにあると間違える確率と、差があるのにないと間違える確率の許容値を自分で決めた上で、そのサンプルの分布の値のばらつき具合から、計算して求めることができます。ただし、その計算は、現実に集めたそれぞれのサンプル間で生じた平均値の差や分布のばらつき具合(分散値)、どのくらいの程度で判定を間違える可能性がどこまで許されるかなどの条件から、サンプル間で差があると認められるために必要なサンプル数ですから、まったく同じデータを集めた場合でない限り、計算上算出された(差を出すために)必要なサンプル数だけサンプルデータを集めれば、差があると判定されます(すなわち、サンプルを無制限に集めることができれば、だいたい差が出るという判定となる)。よって、集めるサンプルの種類により、計算上出された(差を出すために)必要なサンプル数が現実的に妥当なものか、そうでないのかを、最終的には人間が判断することになります。

 具体的に例示してみましょう。
 ある集団からランダムに集めたデータが15,12,18,12,22,13,21,12,17,15,19、もう一方のデータが22,21,25,24,24,18,18,26,21,27,25としましょう。一見すると後者のほうが値が大きく、前者と差があるように見えます。そこで、差を検定するために、t検定を行います。結果として計算上差があり、前者と後者は計算上差がないのにあると間違えて判断する可能性の許容値(有意確率)何%の確率で差があるといえます。常識的に考えても、これだけのサンプル数で差があると計算されたのだから、差があると判断しても差し支えないだろうと判断できます。
 ちなみにこの場合の差が出るための必要サンプル数は、有意確率5%、検出力0.8とした場合に5.7299、つまりそれぞれの集団で6つ以上サンプルを集めれば、差を出せるのです。一方、サンプルが、15,12,18,12,21,20,21,25,24,19の集団と、22,21125,24,24,15,12,18,12,22の集団ではどうでしょう。有意確率5%で差があるとはいえない結果になります。この場合に、このサンプルの分布様式で拾い出して差を出すために必要なサンプル数は551.33となり、552個もサンプルを抽出しないと差が出ないことになります。この計算上の必要サンプル数がこのくらい調査しないといけないものならば、必要サンプル数以上のサンプルを集めて調べなければなりませんし、これだけの数を集める必要がない、もしくは集めることが困難な場合は差があるとはいえないという判断をすることになるかと思います。

 一方、支持率調査や視聴率調査などの場合、比べるべき基準の対象がありません。その場合は、サンプル数が少ないレベルで予備調査を行い、さらにもう少しサンプル数を増やして予備調査を行いを何回か繰り返し、それぞれの調査でサンプルの分布形やその他検討するべき指数を計算し、これ以上集計をとってもデータのばらつきや変化が許容範囲(小数点何桁レベルの誤差)に納まるようなサンプル数を算出していると考えます。テレビ視聴率調査は関東では300件のサンプル数程度と聞いていますが、調査会社ではサンプルのとり方がなるべく関東在住の家庭構成と年齢層、性別などの割合が同じになるように、また、サンプルをとる地域の人口分布が同じ割合になるようにサンプル抽出条件を整えた上で、ランダムに抽出しているため、数千万人いる関東の本当の視聴率を割合反映して出しているそうです。これはすでに必要サンプル数の割り出し方がノウハウとして知られていますが、未知の調査項目では必要サンプル数を導き出すためには試行錯誤で適切と判断できる数をひたすら調査するしかないかと思います。

> どのような評価基準をもって客観的に信頼できると判断・・・
 例えば、工場で作られるネジの直径などは、まったくばらつきなくぴったり想定した直径のネジを作ることはきわめて困難です。多少の大きさのばらつきが生じてしまいます。1mm違っても規格外品となります。工場では企画外品をなるべく出さないように、統計を取って、ネジの直径のばらつき具合を調べ、製造工程をチェックして、不良品の出る確率を下げようとします。しかし、製品をすべて調べるわけにはいきません。そこで、調べるのに最低限必要なサンプル数を調査と計算を重ねてチェックしていきます。
 一方、農場で生産されたネギの直径は、1mmくらいの差ならほぼ同じロットとして扱われます。また、農産物は年や品種の違いにより生育に差が出やすく、そもそも規格はネジに比べて相当ばらつき具合の許容範囲が広くなっています。ネジに対してネギのような検査を行っていたのでは信頼性が損なわれます。
 そもそも、統計学的検定は客観的判断基準の一指針ではあっても絶対的な評価になりません。あくまでも最終的に判断するのは人間であって、それも、サンプルの質や検証する精度によって、必要サンプルは変わるのです。

 あと、お礼の欄にあった専門家:統計学者とありましたが、統計学者が指摘できるのはあくまでもそのサンプルに対して適切な検定を使って正しい計算を行ったかだけで、たとえ適切な検定手法で導き出された結果であっても、それが妥当か否か判断することは難しいと思います。そのサンプルが、何を示し、何を解き明かし、何に利用されるかで信頼度は変化するからです。
 ただ、経験則上指標的なものはあります。正規分布を示すサンプルなら、20~30のサンプル数があれば検定上差し支えない(それ以下でも問題ない場合もある)とか、正規分布でないサンプルは最低6~8のサンプル数が必要とか、厳密さを要求される調査であれば50くらいのサンプル数が必要であろうとかです。でも、あくまでも指標です。

> この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる・・・
 調べたいどの集団でも、ある一定数以上なら信頼できるというような決まりはありません。
 何かサンプルを集め、それをなんかの傾向があるかどうかという仮説を検証するために統計学的検定を行って、仮設が否定されるかされないかを調べる中で、どの検定方法を使うかで、最低限必要なサンプル数というのはあります。また、集めたサンプルを何か基準とすべき別のサンプルと比べる検定して、基準のサンプルと統計上差を出すに必要な...続きを読む

Q社内PCにてネットワークの見れないPCがある

どうも。 お付き合いできる方が居られれば、知恵をお貸しください。
社内PCでネットワークが見れないPCが何台かあります。
しかも、そのPCごとに内容は違いAのPCはBが見れない…しかし、逆からは見れるとか。
CのPCは、Dが見れない…Cも見れないとか。
セキュリティソフトのファイヤーウォールは切ったり、Win内のファイヤーウォールは切ってもダメです。
で、中には『PCを検索』でIPで探して見ると共有が見れたりするPCもあります。
更には、Adminだとダメでもうひとつアカウント作ってそれでやると見れるとか…(・д・;)
もはや、意味が分かりません。
OSが違えば(XP→98:98→2000)また違う設定が要るんでしょうが、XP→XPでも見れないやつがあるのが解せません。
ちなみに、PINGは飛びます。
ネット、メールも出来ます。
が、特定のPCが見れないんです。
何か原因が考えられるのであれば、是非知恵をお貸しください。
長文、申し訳ありませんでした。

Aベストアンサー

これは、マスタブラウザになるべきマシンが固定していない環境で起こる現象です。
下のURLのNo.2net_lander(私)の回答を参考にしてください。
環境は、少し異なると思いますので、適宜読み替えてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1127123

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

QEXCEL VBAマクロ作成で、他のEXCELからデータを取り込みたい

メインプログラム(EXCEL VBA)より、
他のフォルダーにあるEXCELの項目の内容を取り込みたいです。
たとえば他のフォルダーのEXCELのRange("A2:A3").ValueをメインプログラムのRange("C2:C3").Valueにセットしたい時です。

・コマンドボタン押したら、どこのEXCELから取り込むかのポップアップ(?)は、表示はできてます。
・作業者が選んだパスとブックもMsgBoxで表示できてるので、もらう相手の場所も取得できてます。

・となると次はOPEN,INPUTですか?
テキストデータの取り込みですと、Inputでそのバッファを定義してるのですが、なんか違うような。。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Cells(2, 2).Value ' 相手シートの B2 の値を自分自身の A1 に書き込む

readBook.Close False ' 相手ブックを閉じる
Set readSheet = Nothing
Set readBook = Nothing

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Ce...続きを読む


人気Q&Aランキング