出産前後の痔にはご注意!

複雑な幼少期を過ごされた男性の方にお尋ねさせてください。
実体験に基づく、ご自身の恋愛傾向や恋愛感を教えていただけないでしょうか。

子供時代に両親からの愛情を十分に得られなかった(虐待や暴力ではなく)ことで、大人になってからの恋愛関係において相手に何を求めるのか、どういう関係が心地良いと感じるのか。逆にどういった関係が苦痛になるのか、どういうタイプの人に惹かれるかなど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私の元旦那がそうでした。



私の元旦那は(離婚して 2年以上が経ちました) 年子の妹さんがいますが 3歳くらいの時に お母さんが浮気して両親が離婚、父親に引き取られ 祖母と叔母に育てられたそうです。

父親は再婚すると 先妻の子は 放置で 後妻との生活をしていたそうです。
後妻との間に 2人子供ができました。

その後も 先妻の子と 後妻の子で ごく近所で 別居でした。
先妻の子(元旦那と妹さん)は 祖母の家、父親と後妻、子供は ごく近所の家でした。

という環境で育った元旦那は「愛情を知らない」と言っていました。

でも、間違いなく 祖母、叔母 その他親戚には とても愛情を注がれたようでした。

でも、両親の愛情、特に母親の愛情は大きいもので 女性に対する「要求」が多かったです。

まずは主婦じゃなきゃいけない。
子供は 小さいうちは預けない、自分の思い通りに行かないと 怒りだす。
働かない、浪費、大変でした。
もちろん 束縛もすごかったです。

元旦那の恋愛において 相手に何を求めるのかは「揺るがない深い愛情」ですね。
絶対的な愛情、優しさ、です。
優しさは 我儘を言ったりして 確認するようです。
尻が軽そうな女性はダメみたいです。
惹かれるのは プライドが高い為 外見は こだわりがあるようです。(だからと言って絶世の美女と言うわけじゃないです。あくまで好みです。)

そんなこんなですが 私の今の彼は 幼少時代はわかりませんが(両親の愛情など) バツ2で 2回とも浮気され、浮気して離婚したようです。

やはり 元の旦那のように 「絶対的な愛情」を求めているようです。

何より裏切られることに 怯え、人を信用できず でも、絶対的な愛が欲しい、んです。

保身のために 浮気する、みたいなこともあるようです。

今 私は彼のお母さん兼 彼女、みたいですよ。

彼の「お世話」をしてるような時もあります。
例えば お風呂上がりに 髪に 美容液をつけてあげたり 服を着たまま 寝たら 脱がしたり…
風邪をひけば 薬を飲ませたり。
もちろん 自分でしっかり できる人ですから 社会的には 立派な人です。
でも 愛情として求めるのに 「お母さん」のような 彼女を求めるようです。
 
できるけど してもらうことで愛情を確認してるような気がします。

彼が安心できるなら、と 私は してます。

だからと言って 彼は 偉そうにしたリしないので私は できるんですが。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
hs-meet-uさんはきっと優しい雰囲気の方なんだろうと感じました。今の彼氏さんはhs-meet-uさんに偉そうにしたリしないところが愛おしいんでしょうね。

お礼日時:2011/03/15 01:25

私は大変なママっ子だったのですが


その母を小学時代になくしました。

自覚は無いのですが
女性には母親に甘えるように接するようです。

甘えん坊でMでもう子供が母親にべったりするように
甘えるようです。

女性にも「母親のような気持ちになるわ」
と良く言われます。

自覚はないんですけどねぇ…
    • good
    • 20
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですね。お母さんに甘えたい子供時代にそれができなかったさみしさを埋めてくれる女性が心地よいんですかね。女性側も素直に甘えられる方が楽だったり、受け入れやすかったりもするので、居心地が良いんでしょうね。

お礼日時:2011/03/15 01:40

浮気を繰り返すタイプの人にそういう過去を持つ方が多いそうです。



心の底から相手の愛情を信じることができず
どうせ裏切られるのだからその前にもう一人確保しよう。

でもその人も信じられないので、また違う人を...

という心理だそうです。


多少の浮気は許せるくらいの包容力がある女性なら
彼の信頼を大きく得られるかもしれませんね。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど。ゼロにならないように常に保険をかけてるみたいな感じですね。女性からすると、それはなかなかキツイものがありますね。

お礼日時:2011/03/11 02:56

どうも失礼します。



私は4歳の時、親を亡くし施設育ちです。

愛を知らないので恋愛というか人間を信用できません。
今、25歳ですが、恋愛未経験で恋愛関係は放棄していて諦めています。

愛って何…?
分かりません。

欠陥人間という奴です笑。

ただ恋愛も結婚もしている同輩、先輩もいるので人それぞれとしか言いようがありません。


ただ、私は聖母な女性に憧れている節は有ります。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。人それぞれその後の出逢いや環境等で変わりますよね。
なぜこのような質問をしたのかというと、これまで身近な男性(友人や仕事仲間だったり様々ですが)に幼少期の話、愛情に対する複雑な心境などを打ち明けられることがあったからです。
そういうときは、なるべくこちらからはいろいろ聞かずに、ただ相手の話す様子にまかせて聞いています。友人だと気を許して話しているんだろうと様子から分かるのですが、恋愛関係の相手の場合どの程度踏み込んでいいのか、どう答えれるのが相手にとって楽なのかと迷ってしまうんです。
聖母な女性というと、複雑な気持ちを黙って受け止めるような感じですかね。

お礼日時:2011/03/11 02:14

関係無いですね。


物心ついて物事を考えられる大人なら自分を客観視して何をどうすればよいかは理解できるはずです。

しかし、心が未熟なままで成長しようともしない人は、自分には非が無いと思い込み、
自分が不甲斐ない原因を外に押し付けようとします。そのひとつが親の愛情なわけです。
あなたは親からの十分な愛情を得られなかったとかなんとか言いますが、
十分とは何か、愛情とは何かという定義づけから物事を語れないものでしょうか?
ファジィ理論ではないのですからそこをきちっと話せないのならば話は通じません。
また、今でいうDVは愛情なのかどうかも聞きたいところです。

少なくとも昔行われていたのは父親の機嫌次第で女子供が平然と殴られる、
それを今ではDVと言いますが、当時はそれが愛の鞭であり、躾でもありました。


ちなみに、私は躾として殴られる、風呂に沈められるなんてことは何度も受けてます。
ただ、それが自分の恋愛観、結婚観とは一切つながっていません。
ただひとつあったのは父親の不倫を反面教師として育ったくらいのものですし、
大半のことは後天的に多読・乱読から得た知識を実践に通し、さらに考えたものです。

故に、幼少期に親から十分な愛情云々は一切無関係です。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/11 03:18

20代前半男性です。


幼少期に十分に愛情を得られなかったと感じています者です(客観的にはそうでないかもしれませんが、私自身、そのように感じています)

私の場合、親からあまり褒められたことがなく、いつも兄と比較されていました。なので、自分のことを褒めてくれる人には自然と心を開く傾向にあると思います。当然、好きになる可能性も高くなります。

また、私の場合だけかも知れませんが、親から十分な愛情を得られなかった人は、いわゆる独占欲が強い傾向にある気がします。正直、私はとても独占欲が強いほうだと思います。仮に彼女ができた場合、その人は唯一自分を受け入れてくれる人であるので、そのような存在が自分から離れていかないように束縛してしまうような気がします。

幼少期に愛情を得られなかった場合、その成長過程として、(1)親の愛情を引き付けるために、勉強やスポーツなどをとても頑張り、その結果いわゆる真面目で努力家な優等生に育っている、(2)親の愛情が得られないために自暴自棄となり、非行に走るなどの非優等生に育っている、の2パターンが多いような気がします。
私は前者のタイプです。

(1)のタイプの場合、今まで様々なコンプレックスと葛藤しながら一人で頑張ってきたので、そんな今までの自分を認めてくれ、また、「たまには力を抜いてもいいんだよ」というようなある種の包容力のある人に惹かれるような気がします。自分のダメな部分を受け入れてもらいたいのです。

長文・駄文で失礼しました。
    • good
    • 38
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なんだかとても納得してしまいました。幼少期の身の上話、その後の複雑な心境や葛藤を打ち明けてくれた男性の一人とすごく似てる部分が多くて。まさに(1)のタイプなんだろうなと思いました。
その人も冷静に自分をそんな感じで捉えていて、その反面ダメな部分というか脆さを見せたくないという頑な部分もあり、見ているこちらが辛くなるときがあります。きっと全部ひっくるめて受け入れてもらいたいという感じなんでしょうね。

お礼日時:2011/03/11 02:50

難しいですね。

それこそ、複雑な家庭環境で育った人であればその複雑さは文字通り十人十色です。だから、その恋愛観などはそれはもうその人の育った環境によっていくらでも変わると思います。

私は小学生から高校生くらいにかけての一番多感な時期によく父親から「お前は生ませるんじゃなかった」とか「俺の子とは到底思えない」などのデリカシーのない言葉をよく投げつけられました。後になって分かったことですが、父親自身があまり親の愛情を得られなかったのでそういう言葉を投げつけることに罪悪感はあまりなかったようです。
ですから、だいぶ色々と悩みましたね・笑。生まれてすいませんばかりに。
だけど、あるときたまたま父親の書斎のアルバムをたぐっていたら、私が生まれた時のアルバムが出てきたのです。ずいぶん気合が入ったアルバムでしてね。そこには、父親になった若い男の喜びが素直に表現されていました。それで、救われました。別に生まれた時から疎まれていたわけじゃあなかったってね。

ただ、自分の本質は女性不信だなってのは思いますね・笑。常に保険をかけますから。つまり、付き合っている女性がいても他にいざとなれば仲良くなれそうな女を用意しておくところはあります。自分ではそれはリスクヘッジだといっていますけどね。つまり、自分の全財産を株に投資したら株価が暴落したら破産するから、外貨預金にして置いておくものもあるのと同じです。
なぜそうなっちゃったかってのは、とても2000文字じゃ説明できるものではありません。ただ、自分が苦しいときや困っているときに助けてくれた同性の友人は何人もいたけど、助けてくれた女性は誰もいなかったのでアテにしていないだけの話です。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、たしかに2000文字じゃ説明できない複雑さがあるんだろうと思います。書ける範囲ででも、eroero1919様の実体験から感じたままを聞かせていただけて、ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/11 03:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Q両親が離婚して、父子家庭で育った男性について

よく両親が離婚して、母子家庭で育っている男性は、父親を知らないから、想像できなくて、色々恋愛で困ると聞いた事が有りますが、父子家庭で育った男性で、祖父母に育てられた場合はどういう感じになると実際言われますか?彼氏が、結婚したいとばっかり言うのに、こっちがその気に成ったら逃げたり、凄い年上女性が好きだったり、男尊女卑で、男がえらいと言ったり、うざくてしかた有りません。でもそれって父子家庭だからかな~と少し思いました。ちなみに彼は一人っ子です。父子家庭だと女性にどー言った物を抱きガちとか一般論で良いのですが有りますでしょうか?別に偏見とかでなく参考にしたいので、教えて下さい宜しくお願いします

Aベストアンサー

いえ、気を悪くなどしていません。
普段は「コテコテの関西弁」なので、いつもとは違う表現方法になると硬くなってしまうようで、加えて率直に発言してしまう為キツクなる傾向があるので気を付けなければ。。。と反省しているところです。
すみません。

私の昔の彼ですが、彼も一人っ子でした。
男尊女卑の発言は私が許さないのでしなかったのですが考え方はそうであったと思います。
「これは女がするもんや」的な考えです。
ですから「してもらうこと」が当たり前で何度言っても動きません。
私とは同い年でしたが前の彼女は年上です。
結婚は彼が積極的でしたけど私は考えられなかったので??
基本的には穏やかで対立を好まない人。
事なかれ主義まで言うと言い過ぎですが。そんな感じです。

表面が穏やかなので優しいと勘違いされてモテる人でしたが
よく優しさってコップの中の水に例えられるでしょ。
その人の心の器(コップ)が愛情(水)で満たされて
溢れた分しか周囲に分け与えられない。
コップに水を注ぐのは、父であったり祖母であったり友達であったり
様々な人から愛情という水を注いでもらうのですが
その水の多くを注ぐのは母親にしかできないために
その他の人から注がれても、溢れるほどにはならないのです。
心が満たされない、状況です。
溢れた水=愛情・優しさ・思いやり

昔の彼も冷たい人ではなかったし、一般的に女性が男性に求める
条件も十分クリアしていました。
でも別れちゃいましたね。
私の価値観で判断したことなので価値観が違えば結果も違ったと思います。

ご参考になれば幸いです。

いえ、気を悪くなどしていません。
普段は「コテコテの関西弁」なので、いつもとは違う表現方法になると硬くなってしまうようで、加えて率直に発言してしまう為キツクなる傾向があるので気を付けなければ。。。と反省しているところです。
すみません。

私の昔の彼ですが、彼も一人っ子でした。
男尊女卑の発言は私が許さないのでしなかったのですが考え方はそうであったと思います。
「これは女がするもんや」的な考えです。
ですから「してもらうこと」が当たり前で何度言っても動きません。
私とは同...続きを読む

Q親の愛情不足でしょうか。今からでも克服出来ますか

心が満たされないのは、親の愛情不足が原因なのでしょうか。
もしそれが原因なら、大人になった今からでも、考え方の矯正などで
克服できますでしょうか。

以前心が満たされない件で質問させていただきました、30代女性です。
そのときは色々とアドバイス頂きありがとうございました。

いま、それについては、アドバイスを元にした対策を検討する他、
欲しがる心を抑えるような考え方の書籍を読み
なるべく穏やかな気持ちで過ごせるよう努力をしています。
まだ、波はありますが。。。

それに関連し、自分という人間がどういうふうに育ってきたか知りたく、
婚約者等に相談したりネットで調べたりしておりました。

うすうすは感づいていたので、やっぱりそうかと思った部分もありますが、

●1歳くらいの物心付く前に両親が離婚、以来母一人で育ててきた
(腐れ縁でずるずると付き合っていたらしい、内縁の夫はいましたが13年前に病気で
なくなりました。私は好きでも嫌いでもありませんでした)

●私自身もひとりっこ

●母自身も貧乏家庭で4人きょうだいの末っ子、これまた勝気な母(私の祖母)を
反面教師にしてきたと本人談。
●性格は大雑把で勝気で要領がいい、筋は本人なりに通すが第三者の客観的意見は
取り入れる方ではない。

●私は真面目な性格なためか、母が何の気なし(であろうと思われる)に放つ言葉で
傷つく。母はもちろん、そんなことはすぐに忘れているようです。
私も、感情むき出しで怒ったり暴言を吐いたりしたくないのですが
母に対してだけは、出ます。

●母は食べ物の好き嫌いが多い方ですが、私はほとんどありません。
今までずっと食事を作ってくれるのは有難いですが、子供の頃からずっと
母は自分の嫌いな食材は食卓に出しません。これ、普通だと思っていたのですが
どうも最近知った情報ですと自分が嫌いでも子どもが好きなものなら
出すのが普通なんですか?

●人のやる事にいちいち口出しをする。
私としては3という答えを出すのに、1+2でも3×1でも、1.5×2でもいいと思うのですが
そのプロセスから割り込んできます。。。今でも。
具体的には、洗濯機の使い方とか掃除の頻度とか強いこだわりがあるようです。

食事づくりも、ガスコンロが脂でよごれるのを嫌うのですが
美味しいものが出来れば多少よごれても良いと思ってしまう私は、
たまに台所に立ってもいろいろ文句を言われるので台所に立つ気がしません。

●貧乏で育ってきたせいかモノに執着が強いです。使って古くなったり汚れたり
するのが当たり前と思うのですが。
私は、どちらかというと高級なものや新しいものを大事に使うのは気を使うので苦手なんです。

●交流があると言える友達はいないようです。

上記の環境で育ってきた母にタイマンで育てられた私は
昔も今も学校では自分の意見を持ちなさいと先生に言われ、
会社では上司に指示待ちでなく自分で考えて行動判断しろと言われます。

先生や上司に怒られることを極度に恐れます。

失敗を恐れます。(根本的に失敗してもいいんだという考えがない)
今いる会社の先輩は私と対照的に明るくなんでもポジティブな考えをお持ちなんですが
きっとそれは、間違ってもご両親に認めてもらえたのだろうと思います。
ご両親もとても仲良しな夫婦だそうです。

こうなってしまったのは、やはり母に認められず育ってきたからでしょうか。
私の性格もあるんでしょうか。

悩んでも親は交換できないし考え方を変えさせるのも難しいです。
本人はもちろん、私に愛情を注いできたと思って疑いません。
私はできれば距離を置いて生活したいのですが
母一人子一人という意識が強すぎるのか
私を離そうとしません。

人間関係には親子他人関係なく適切な距離があると思うのですが
わたしが距離を置きたがっていることに気が付かないのか

はたまた、彼女自身が60すぎで、体力にも自信がなくなってきて
また経済的にも心もとないから離したがらないのか。。。

しかし私もあと数年で人生の折り返し地点ですから、せめてこの先少しでも
明るくおおらかに過ごしたいのです。

「こうしなければならない」という強迫観念めいたものを捨て、失敗を恐れない。
母の言うトゲのある言葉を上手くかわして生きられれば少しはましだと思うのですが。

どうぞ、宜しくおねがいします。

心が満たされないのは、親の愛情不足が原因なのでしょうか。
もしそれが原因なら、大人になった今からでも、考え方の矯正などで
克服できますでしょうか。

以前心が満たされない件で質問させていただきました、30代女性です。
そのときは色々とアドバイス頂きありがとうございました。

いま、それについては、アドバイスを元にした対策を検討する他、
欲しがる心を抑えるような考え方の書籍を読み
なるべく穏やかな気持ちで過ごせるよう努力をしています。
まだ、波はありますが。。。

それに関連し、自分とい...続きを読む

Aベストアンサー

環境や経験したことによって影響を受ける事は、誰にでもある事だと思います。

しかし、外から来たものは外的な要因です。原因ではありません。

原因は常に自分の中にあります。

表面的な自分が行動・選択・思考した結果に訪れる現実と、内なる自分が体験や学びを必要として引き寄せる現実があります。外は常に、自分の為に協力をしています。

その中で、自分はどう感じ、どうしたいのかを把握して実践していきます。

トラウマは解消できます。過去から継続している感情を自分自身で終わらせることが出来れば、心は自由になります。


自分を救う一つの方法です。
1.まずはモチベーションを上げるために、楽しい事や喜びを感じる事を探して実行していきましょう。 行動でモチベーションを上げることが出来ない時には、自分の支えとなるものを探してモチベーションを上げる事を練習しましょう。他にも様々な選択肢があります。興味のある事に取り組むことが大事です。美味しいものを食べる、沢山睡眠を取る、休養する等でも大丈夫です。

2.心が満たされてきたら、自分に向き合い、自分を受け止め、受け入れる練習が必要だと思います。

3.次に心がすっきりとしてきたら、自分の生きる方向性を見つめ直した方が良いと思います。何も縛るものが無い時に、自分が何でもできるとしたら何をしたいのか。
それを自問し、答えが出たらそれを実現する為に少しずつでも行動を起こしましょう。

私が2で行っている方法です。感情に支配された時を思い出し、『なぜ○○の時に○○なのか。』と自問します。過去の映像・人物・感情が蘇ったらその当時の自分に対して「もう大丈夫だよ。終った事だからね。安心して良いよ。愛しているよ。大好きだよ。ありがとう。」という感じに自分なりの言葉で、自分が安心するように何度も声をかけます。登場人物が笑顔に変わったり、感情がすっきりとするかも知れません。私は初めの内上手くできませんでした。気長に行う必要があります。私はこの方法に近いやり方を10年以上前に友人から教わりました。当時は「すべてを愛するのです。全てに対して愛しているよ。ありがとう。と言えばいいのです。」 と聞きましたが、何の事だかさっぱり理解できませんでした。自分を癒すことが出来るようになったのは、ごく最近の話です。癒されようとすることを止めてから、自分自身で癒すことが出来るようになりました。

※ 出来るようになってきたら、根本原因を探るようにしましょう。

すぐに結果を出そうとしないことや、自分を裁かないことも大事です。裁かないコツは良い悪いと白黒とはっきりさせずに『まいっかー』と、どちらでもない領域に入れることで変わると思います。

何より大切なのは、諦めないことです。生きる事に意味があります。


ご参考までに。

環境や経験したことによって影響を受ける事は、誰にでもある事だと思います。

しかし、外から来たものは外的な要因です。原因ではありません。

原因は常に自分の中にあります。

表面的な自分が行動・選択・思考した結果に訪れる現実と、内なる自分が体験や学びを必要として引き寄せる現実があります。外は常に、自分の為に協力をしています。

その中で、自分はどう感じ、どうしたいのかを把握して実践していきます。

トラウマは解消できます。過去から継続している感情を自分自身で終わらせることが出来れば...続きを読む

Q片親に育てられた子供は両親そろっている子と「何か違う」の?子をもつもたない関係なく意見を聞きたい。

以前どなたかの質問の回答を読んでいたときに目に入ってきた文なのですが。死別は別とし離婚・未婚で片親に育てられた子供は幼稚園、小学校、、、などで他の子達(両親揃っている家庭で育った子達)とくらべ何が違うのでしょうか?
最近ではたとえ両親がいる家庭にいても家に帰らない子や親を殺す子、燃やす子、、沢山の事件で子供を持つ親は色々な情報に迷わされてしまう世の中です。「この子育てが1番正しい!」というのは無いと思います。接する時間が短くても子に愛情が無い親も居ません(虐待する人は論外ですが)大人の都合で親が1人・・・子供には何の責任もありません。何があっても守ってやりますが、「何か違う」という感覚は何、と思い質問しました。私自身シングルマザーです。きっとシングルM/Fの人の参考になると思います。こちらが良い気がしないご返答でも結構なのでお聞かせください。

Aベストアンサー

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるということが難しいようですね。働いているのでどうしても時間が足りず、叱りつけるだけのしつけ+おとなしくさせるために、おやつやおもちゃなどのモノで釣るなどの傾向があります。)

例えば、両親がそろっている子の家は夕方6時ごろ夕食としますよね。
それならばその家に遊びに来ている子供は普通は5時くらいには家に帰ります。
休みの日の朝は通常なら7~8時ごろ朝ごはんですよね。そうすると友達は早くとも10時くらいに遊びに来ますよね。
が、片親の子供たちは、人の家で夕飯が始まろうとも帰らないし、朝は9時前から遊びに来たり。
親がそれを止めようとせず、「私は仕事だから●●ちゃんの家にでも行って遊んでおいで」と相手の家の都合も考えず子供を外へ出してしまったり・・・。

他には、友達の家に遊びに行くと、友達の親に対して、自分のことばかり見て!!というような態度で接し、子供同士で遊ばずに友達の親にばかり話しかけてきたりと、いまいち子供同士で遊んでいられない感じでした。

最近体験したものを2つほどかきました。
で、本題なのですが、世の中にはこの子みたいな子ばかりではなく、ほんといいこもたくさんいます。
でもなぜか、一つでもその子供やその親に落ち度があるとすぐに「やっぱり片親だから」と言われてしまうのです。
似た事例で連れ子の場合もそうです。「あの子は釣れ子だし」「親が離婚しているし」とか言われてしまいます。
人間って不思議なもので、差別の対象を見つけて差別しないと気が済まないというか生きていけなというかコミュニケーションが取れないというか・・・。
差別なんてしてない!とお思いの方でも、どこかでなにかしらを差別しているんです。
片親の子供というのは格好の的になってしまいます、気の毒ですが・・・。

そしてそういうのを知った片親の方はどういう行動に出るかというと、そういうことを言われていると知っている親は、「子供にみじめな思いをさせたくない」や「不自由なんてさせてない」と周りに主張したいがために、必要以上にものを与えたり、甘やかしたり、子供同士でいざこざがあった場合、親がしゃしゃり出て「うちの子がいったい何をしたの!」と言わんばかりに必要以上にかばう・・。
もちろんそうでない方もいらっしゃいます。
なので、最初に書いた人それぞれ・・に戻ってしまうのですが。

いろいろ書きましたが、何が違うかというと、やはり周りからの印象でしょうね。勝手に周りから枠に入れられてしまい、決めつけられてしまうのだと思います。
残念なことですが、世間的信用も両親がそろっているところより低いと思います。

とても気に障ることをズケズケと書いて申し訳ございません。
正直な話、私も差別しなければ気が済まない一人の人間だと思っています。もちろんそういう気持を極力周りに知られないように努力してはいますが、敏感な子にはわかるかもしれませんね。

あ、そうだ。片親の子は敏感な感情の持ち主が多いですよ。
時々かわいそうだな・・と思うくらい気を使ってくれる子がいます。
そういう子を見ると気の毒だなと思います(ぬ;これも差別しているのかも)

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるという...続きを読む

Q浮気と幼児期の愛情不足の関係

閲覧ありがとうございます。

心理学に詳しい方がいましたら、是非教えて欲しい事があります。

うちの彼氏はどうやら浮気を繰り返してしまう人のようです。前の彼女の時も浮気はあったそうです。私と付き合っているときもありました。彼女の事は好きだしずっと一緒にいたいけど、自分に好意を持っている女の人が周りにいると、ふらふら~としてしまう。そんな感じです。

彼は大人数兄弟の長男です。幼児期、思うように母親に甘えられなかったと思います。
彼に限らず幼児期に愛情不足だった人は大きくなって浮気を繰り返してしまうのでしょうか?

噛み癖があり、私の体を噛んでくる事からもそう感じました。

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

愛情不足と決めることは難しいかもしれません。浮気については進化心理学(生殖能力に重きを置く)的な見方と社会構造論からの見方を双方ミックスして捉えないとならないようです。

性的欲求について男女を比べた場合、男性の方がより
-頻繁にセックスのことを考える(Laumann 1994)
-双方が好き合っていれば出会って間もなくセックスするのは間違いではない(Pyror 2005)
-複数の相手とセックスをのぞむ(Schmitt 2003, 2005)
などの調査結果が出ています。

欲求があっても、浮気という行動に移すかどうかは別問題です。
男性の関係外でのセックスの深層の動機は多数考えられます。
-関係を続ける上で、1人の人に全てをゆだねることへの不安感
-自己の権威を誇示したための欲
-体質的に生殖能力が高く、よって性欲も人一倍強い
などです。

大きな家族で育ったということは、彼の父親も精力的だったことでしょうから可能性的には3つ目のものが強いと思われますが、質問者様がご指摘されるように大きな家族であったため母親との肌の触れ合いが少なく、それを埋める形で女性を求めていることもあり得るかもしれません。
あるいは、先の方も言及しておられますが、浮気をすることによって得られるスリル感が脳内でホルモンを分泌させ、その感覚に味をしめて繰り返されている行動かもしれませんし。

本能的にあるいは動物的な感覚では、こういった男性は魅力的なのでどうしても惹かれてしまいますが、倫理社会では問題となりますし、女性も心穏やかにしていることは難しいですね。

愛情不足と決めることは難しいかもしれません。浮気については進化心理学(生殖能力に重きを置く)的な見方と社会構造論からの見方を双方ミックスして捉えないとならないようです。

性的欲求について男女を比べた場合、男性の方がより
-頻繁にセックスのことを考える(Laumann 1994)
-双方が好き合っていれば出会って間もなくセックスするのは間違いではない(Pyror 2005)
-複数の相手とセックスをのぞむ(Schmitt 2003, 2005)
などの調査結果が出ています。

欲求があっても、浮気という行動に移すかどうかは別...続きを読む

Q両親がいない人の性格と恋愛観。

両親がいない人の性格と恋愛観。

こんばんは。
・両親を小さい頃に亡くし、施設へ預けられ、その後伯母さんに育ててもらった。
・きょうだいは兄と姉で普通に仲は良い。
・今は30代前半で独身。
こういった境遇で過ごしてきた方の性格や恋愛観は両親がいる方と何か違ったり、偏ったりするのでしょうか?
おそらく両親からの愛情はほとんど受ける時期がなかったと思われます。
それでも周りの環境でフォローできるものでしょうか?
偏見などはありませんが、こういう境遇の人は両親がいる人と違いはあるのかな・・・と思いまして。
求めるものや固執するものは変わらないでしょうか。
特に恋愛観が知りたいです。

私が好きな人はこの境遇なのですが、普通に恋愛もし、ひねくれるどころか周りに優しく友人もおり、しっかりしていて、でもどこか放っておけないような雰囲気を感じます。

両親がいない人の特性というか、どういった傾向があるのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そこまでそっくりな状況でなければ友人にもいますしなんとなく・・・・

母親の思い出がな=母像が成立していない=どんな人を好きになるのかメドがつかない事が多いでしょう・・
甘える事もあまりできなかったのであれば、甘えん坊な人も少なくないと思います。
だけど甘え方がちゃんとわからずどう甘えればいいかとかどう愛情を与えていいのかわからない場合も考えられます。

いい部分でも、もし友達がいてすごくやさしい人なのであれば、すごく頼りになる強い人でもあると思えます。
親がいないから自分が強くなんなきゃいけないとおもったのであれば。

母親がいない人(思い出がない人)は恋愛でなかなか上手くいかないこともあると思います。
あばさんにどこまでしてもらったかはわからないので、はっきりとはいえないですが、愛のあげ方もらい方がいまいち理解できない子tも考えられますね。

しかし強く言えることは・・・・小さいときに大変な思いをしてる人はトラウマもあるし面倒なこともあるかもしれませんけど、人1倍頑張ったり、強かったりすることがあると思います。
人間はいたい思いをして強くたくましくなっていくものだと思います。

誰しも必ず、悪いところといいところがあるのでそこまでそこを気にしないことだと思います。
いいところを見て悪いところを一緒に改善できる中になればいいだけの話しです。

応援してます。 がんばってくださいね^^

そこまでそっくりな状況でなければ友人にもいますしなんとなく・・・・

母親の思い出がな=母像が成立していない=どんな人を好きになるのかメドがつかない事が多いでしょう・・
甘える事もあまりできなかったのであれば、甘えん坊な人も少なくないと思います。
だけど甘え方がちゃんとわからずどう甘えればいいかとかどう愛情を与えていいのかわからない場合も考えられます。

いい部分でも、もし友達がいてすごくやさしい人なのであれば、すごく頼りになる強い人でもあると思えます。
親がいないから自分が強く...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Qどのくらい連絡が来なければ「別れた」と考えてよいでしょうか。

人それぞれだと思いますので、みなさんの感覚を色々聞きたいなと思って質問しました。

今の状況は以下の通りです。こちらにもご意見頂けたら嬉しいです。
彼は別れたいのかなあと思っています。
・連絡が来なくなって1週間
・毎日マメに連絡していたわけではないが、メールも電話も3日以上無いのは今回がはじめて
・最後のメールは私からの返信

積極的に別れたいわけではないのですが、彼のことが好きすぎて
毎日彼のことを考えるのがだいぶ苦しくなってきたので、
彼からの連絡が無ければこのまま終わらせようかと思っています。

どのくらい連絡が無ければ「別れた」として次に進めばいいのかな、と
ふと疑問に思いました。

Aベストアンサー

NO.7です。

私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。
私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。

例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、
私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というのが理想と思っているように感じます(実際に聞いたことはありませんが…)

そんな二人がお互いの理想を押しつけるだけではうまくいくはずがないと思っています。

そんなに我慢してまで付き合う必要はあるのかと言われればないのかもしれませんが、私は彼が好きで必要なので別れるなんて考えられません。
だからがんばっています。

例えば、
・連絡が来ないとき、文句を言いたい気持ちを言い換えて「連絡してくれたらうれしいな」という言葉にしてメールや電話で伝える
・連絡してくれたときに、連絡してきて当然という態度ではなく、感謝の気持ちをもつ

…などなど、本当は文句を言いたかったり思いきりふてくされたりしたいところを我慢して、前向きな表現に変えるようにしています。

〉電話で別れを告げたところ、がちゃ切りされました

これは質問者様のことを好きなら相当ショックだったと思いますよ。
逆の立場で考えてください。
私も相手から電話で別れを告げられたら同じことしますよ。

〉でもその次の日、何事も無かったかのようにいつもよりやさしいメールが来て、仲直りしました。

ここから質問者様への思いを感じます。
相手の方も、自分の気持ちを分かってもらいたいのに分かってもらえず、それでも質問者様とは別れたくないと思っているのでしょう。
相手だっていっぱいいっぱいの感じがします。

それなのに…
〉あそこまで言わなければ、わかってもらえないのかと悲しくなりました。

私から言わせてもらえば、別れを告げた質問者様の方に問題があると思うのに、メールをしてくれるなんてとても優しい方と思います。
ここで本当に別れていたとしたら、それこそ今頃質問者様は激しく後悔していたと思いますよ。
そうさせなかったのは相手の優しさ・質問者様への思いです。

自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちを考えるということをがんばってほしいです。
疑う気持ちは痛いほど分かります。
でも、寂しいとか辛いとかそういうことばかり言っていたら、相手だって「自分とは一緒にいない方がいいのではないか」と思ってしまいますよ。

相手は十分質問者様のことが好きだと感じました。
だから、相手の気持ちをもう少し信じてあげてください。

NO.7です。

私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。
私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。

例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、
私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というの...続きを読む

Q男性は本気で好きな女性にはすぐ体を求めない?

女性です。(恋愛経験浅め)
男性の心理で実際にきいてみたいことがあります。

質問、「男性は本気で好意をもった女性には、すぐにセックスを求めない」とよくきくんですが、
これって実際どうなんですか?

好きならHしたいと思うのは自然なこと、
ただ、本当に好きな女性だから大切にしたい。(本気で好き=相手を思いやる気持ちがある)
とか、
すぐに求めるのは嫌われそう(それが目的と思われそう、ガツガツしてそう)だから…
つまり本当に好きだからこそ嫌われたくない、などの考えは確かに納得できます。

でも、

では逆に、互いに意識するようになって日は浅いけれど、もしくは正式に付き合う前に、抑えきれずにHになだれ込んでしまった(温度差はあったとしても、もちろん相手の女性の合意のもと)
というようなケースは、その相手の女性は男性にとって少なくとも「本当に好きな」相手ではない、
と理解したほうがいいということですか? 

例えば、男性がずっとその女性にずっと想いを寄せていたとしていて、
最近その女性と運よく近づけて……、さらに運よくいいムードになって…(強引な展開は大目にみてください)などといった場合でも、
それでも、チャンスに乗じてすぐ手を出してしまうような男性ならば、
その男性の「好意」は本物ではない。単なる遊びの延長、体目当てと思われてもしょうがない、
ということになるのでしょうか?(許してしまう女性への意見もあるでしょうが、今は置いといて)

男性と女性の気持ちにまだ温度差があるものの、男性が盛り上がってしまい、
女性が拒否しきれず、しかたなく(?)、という場合はとくに、
あまり相手の女性のことを考えていないかもしれないという点で、
確かに自己中心的で、その男性の想いには相手への思いやりがない=愛ではない
とスッパリ言ってしまえばそれまでですが、、それだけで割り切れるものなのか…

「本気」とは「愛」とはなんぞや、とか「好意」に本物、偽物があるのかと言い出すと、議論が違う方向にいきそうですが、そのあたりはおおらかに考えてくだされば…

なにはともあれ、実際に男性の意見、経験談、きいてみたいのです。
もちろん女性の方も、お願いします!!

女性です。(恋愛経験浅め)
男性の心理で実際にきいてみたいことがあります。

質問、「男性は本気で好意をもった女性には、すぐにセックスを求めない」とよくきくんですが、
これって実際どうなんですか?

好きならHしたいと思うのは自然なこと、
ただ、本当に好きな女性だから大切にしたい。(本気で好き=相手を思いやる気持ちがある)
とか、
すぐに求めるのは嫌われそう(それが目的と思われそう、ガツガツしてそう)だから…
つまり本当に好きだからこそ嫌われたくない、などの考えは確かに納得できます。...続きを読む

Aベストアンサー

30代後半既婚です。

まず、男は基本的にHをしたがり、体が目的です。好き嫌いは関係ありません。相手が素敵な女性ならなおさらです。
ただし、相手が大切に想う女性の場合、
”関係を壊したくない”、”大切にしたい”という理由で、すぐにはHを求めません。
なぜなら、早期にHを求めることは、関係を壊すリスク、と”体が目的で大切に思っていない”という誤解を招くリスクがあるからです。

バカな男はこのリスクに気がつかず、すぐHを求めます。

また、バカでない男も、相手が大切に想わない女性の場合であれば、”だめもと”でリスクを負って勝負(Hを求める)に出ます。

Hを求めるのは、
 バカな男+相手が大切
 バカな男+相手がどうでもいい
 賢い男+相手がどうでもいい
の場合です。なので、賢い男性かつ、大切に想われたい人と付き合いたいなら早期にHを求める男性は避けるのが正しい選択です。

賢い男性が女性を好きになると、Hをするためにその女性に尽くします。
⇒Hをするまでに尽くしてくれればその男性は賢い人、ということになります。

ご質問にありますが、賢い男性や、誠実な男性でも「過ち」はあります。
誠実な男性は、成り行きでHしてしまうと、つじつまあわせに尽くすようになります(根が誠実ですから)。過ちか作戦かの見極めは難しいかもしれません。

男の「好き」は「Hが好き」と聞いたほうがいいです。
(男性諸氏、暴露ご容赦)。

誠実か否かは、相手が好きか否かとは無関係な人間性の評価です。
ただし、「恋は盲目」なので、「恋」をすると評価を誤ることがあります。
正しい評価をしようとすると「恋」はできません。

「恋」は、評価を抜きにして相手に飛び込むことが醍醐味です。
損得ではなく、「好きになったもの勝ち」でしょう。

質問者様に良い出会いがありますように。

30代後半既婚です。

まず、男は基本的にHをしたがり、体が目的です。好き嫌いは関係ありません。相手が素敵な女性ならなおさらです。
ただし、相手が大切に想う女性の場合、
”関係を壊したくない”、”大切にしたい”という理由で、すぐにはHを求めません。
なぜなら、早期にHを求めることは、関係を壊すリスク、と”体が目的で大切に思っていない”という誤解を招くリスクがあるからです。

バカな男はこのリスクに気がつかず、すぐHを求めます。

また、バカでない男も、相手が大切に想わない女性の場合であれ...続きを読む

Q振った振られた後の男女の未練の違い

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を振り切って振ったのに、3年後彼女が結婚し、今になって忘れられないと悩んでいます。こんなケースがもう1人いました。

私も振られてしばらく中途半端な状況でしたが、それでも2週間前に完全に振られたので、もう前進するのみとなった途端、あんなに寄りを戻したいと思っていた彼が一気に遠のき、今は懐かしく思い出し、楽しいことを思い出すとにやりと笑えるくらいになりました。(これも未練なのかな?)

男性のほうが何年も前の恋愛を鮮明に記憶していて、女性のほうがもう忘れた・・・が多いきがします。

この一般的に言う男女の違いってなんなんでしょうか?
人にもよるとは思いますが・・・。

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を...続きを読む

Aベストアンサー

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年ごしの付き合いだった場合に多く見られます。

男は、複数の女性を愛する事ができますから、一度愛した女性への愛は消えきらなかったりするんだと思います。本気で愛したなら自分から嫌いになる事も無ければ、復縁もできる場合が殆どです。
他の方も言っておられますが、男は名前をつけて保存します。
そして最悪なのが、そのフォルダたちを比較します。1番の女性が現れない限り、そりゃあもう過去に未練タラタラです。
別れても独占欲はありますから、新しい彼と歩いていたら心が痛いでしょうね。

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング