マンガでよめる痔のこと・薬のこと

さきほど、実家の母と地震の話をしていたときのこと、うちの母が「昨日、地震が起こる前に、いつもは見ることのないような飛行機雲を太くしたような一本の雲が見えて、不思議に思っていた。」というのです。
いわゆる、地震雲といわれるものが確かに、あるそうなのですが、それは竜巻のような形をしているらしく、一直線に伸びるような形ではないらしいですが。

そんな話をした後、今から1時間ほど前でしょうか、何気に空を見上げたら、東西に、一直線に伸びる巨大な雲が確かに現れていて、びっくりしたんです。(今は消えています)。飛行機雲とは明らかに違います。

地震と大気(雲)の関連性って気象学上、何かあるのでしょうか?

スピリチュアルな観点からでも何かご存知の方がいたらご意見お寄せ下さい。

お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

地震雲は、地震毎に違うそうなので、いろいろな形があるそうです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/地震雲

詳しいことは知りませんが、被災日の2日前の9日から
沖で地震が頻発して発生しているので、
地震雲がでていてもおかしくないと思います。

お母様が、いままで、見たこともない雲のようなので、
ひょっとすると地震雲 かもしれないですね?
もし違っていても、家族では、地震雲っみたぞーっていうことにしたらどうでしょう。

数年前ですが震度6の震源から50kmくらい離れていますが、うちの近所で地震雲を親がみたことがあります。(うちの近所7km付近まで過去の1万年前の断層はのびています。)

3月9日の震源リスト
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/daily_map/jap …

3月10日の震源リスト
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/daily_map/jap …

3月11日の震源リスト: 地震発生日 午後
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/daily_map/jap …


霊感的っていうと、
数年前、北海道沖の千島沖の地震をあてましたよ。
家族に、あの辺で地震が発生するって地図でみせた場所で、よく月あたりにきました。
ほかには、数年前 新潟の方角でとてもいやな予感がしていた数日後に、新潟の最初の巨大地震がありました。(そのときは、3ヶ月くらい前から変な感じがあったのですけどね)
そういう超人的な感覚は、別に信じてくれなくてもいいですけど・・・

ハトとか地磁気がわかるっていうし、動物に近いのかな?
    • good
    • 0

>スピリチュアルな観点



オカルト系の説明でもいいなら、ケムトレイルですかね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%A0% …
    • good
    • 1

雲ができる、つまり水蒸気が液体や固体の粒になるためには、


単に、冷えるだけではダメな時があります。

振動を加えるとか、核になる粒子がばらまかれるとか、
何かきっかけが必要なんです。

飛行機雲は、飛行機が通ることで、空気が圧縮されるなどのきっかけがあって発生しています。


地震雲というのは、岩盤が圧縮されることで電磁波が出たり(圧電効果)、
なにやらイオンが放出されることで、雲ができる。
これを根拠にしている説が多いですね。


さて、今回の地震の場合、三陸沖のプレートがずれたことによって起きました。
ということは、地震雲は東の空に発生すると考えるのが妥当ですね。
また、プレート境界は南北に延びているので、
東西に一直線とあるので、あれ?って感じてしまいます。。。。
説明できる根拠が見つからないんですよ。


飛行機雲は、気象条件によっては、いつもと違うようにみえることがあります。
きれいな一直線ではなくて、横に広がったモコモコな感じだったり。

いままで地震雲の報告はあっても、こういうのの誤認だったってのあるそうですよ。
    • good
    • 0

>何かあるのでしょうか?



一応、以下のような説が唱えられています。

「「大地震の前に普通の雲とは異なった特徴的な雲が現れた」というような話は、
古くから世界各地で多数報告されており、21世紀になった現代に
おいても同様である。このような報告をもとに、「地震雲」をさまざまな方法で
活用した地震予知研究も行われてきた。

地震の発生前には、断層周辺に大きな圧力がかかり、その圧力によってさまざまな
現象が起こると考えられている。岩石の中には圧力を加えると電磁波を発生させる
ものがあり、大きな規模で圧力がかかると大きな電磁波と磁場が発生すると考えられている。
また、圧力によって地中の磁性体が変性・変形して磁場を変えたり、
岩盤の破壊や圧力変性による地電流の異常が磁場を変えたりすることも
要因として考えられている。

電磁波の放射によって、地上にも磁場変化や電磁波放射が及ぶ。
高エネルギーの電磁波は気体分子をイオン化させる(霧箱参照)ため、
大気中に増加したイオンが水蒸気の凝結核となって雲の成長を促進し、
地震雲が作られるとされている。また、磁場の変化の場合、
強い磁場の中に反磁性体の雲粒や凝結核があるとそれが浮上することが知られており、
このようなメカニズムで地震雲が作られるとされている」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%9C%87% …
より引用。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいま空を見たら横長の雲があるんですがこれって地震雲ってやつですか?

いま空を見たら横長の雲があるんですがこれって地震雲ってやつですか?

Aベストアンサー

地震雲と言われる物に関しては、科学的に確立された定義がありません。
一部で言われて居る岩盤が割れる際に発生する電磁波説がありますが、四方八方に拡散する電磁波でこの様な雲を形成する
事は有りませんし、雲を形成すると為れば相当なパワーが必用ですので地上の電子機器に必ず影響が出ています。
従って写真の雲は単に飛行機雲が風で流されてきたのか、上空での風の流れによって偶然形成された巻き雲の一種なのかも
知れませんし。


人気Q&Aランキング