見守り電球またはGPS端末が特価中!

防水系コーキング剤を購入しましたが、保存が利かないので使い切って下さいと説明されています。
先の尖った容器に入っている製品です。
一旦コーキングした後、出来の悪い部分を修正するのにまた必要になることがあります。
保存すると固化すると書いてありますが、何か良い保存方法がありましたら、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

準備する物



 1.冷媒配管3/8”の養生用キャップ
  (私は因幡電工製を使用、ノズルと同じ材質?)

 2.ビニールテープ

保存方法

 1.使用終了後先端でシリコーンが固まっていない事をガンで加圧し確認

 2.ノズル先端を綺麗に拭き取る。(後でテープを巻く為)

 3.準備した養生キャップを先端に押し付けガンで加圧しシリコーンで
  内部の空気を押し出す(キャップから少しシリコーンが出るぐらい)

 4.ガンの加圧を開放し、はみ出たシリコーンを拭き取る。

 5.ノズルとキャップにビニールテープを巻く

次回使用時の感想

  ビニールテープを剥がしキャップを取って見てもキャップ内のシリコーンが
 全く固まっていなくてそのまま使用出来る。

  めったに使わない色(何ヶ月も放置)でも先端でちょっと固まっているぐらいで
 固まった先端がきのこ状になっていて指で直ぐ取れる。

  先端が固まらないので長く使え、私はこれしか無いと思っています。
「コーキング剤の保存について教えてください」の回答画像9
    • good
    • 1

ステンレスビスでの画像追加です。

「コーキング剤の保存について教えてください」の回答画像8
    • good
    • 3

え~~~~



コニシボンドさんに1か月ほどまえにメール連絡しました。

「私達電気屋さんでは、「ステンレスのボルトやネジ」を使います。」って・・・


そしたら、早速大阪のコニシボンドの営業の方から電話ありまして、
大阪の建築やさんでも木片詰めたり、ビニルテープ詰めたりして苦労ます。との事で・・・
私たちの「ステンレスのボルトやネジ」について興味深く聞いてくださいました。

ノズル先端を切ったら丸い穴が開きますね。それよりやや大きい「ステンレス」の
10~20mm位ボルトやネジをねじ込むだけです。(ステンレスだよ!!)

さらに営業の方に「ノズルをステンレス製」の物を作って試験して欲しいと
お願いしてあります。


近いうちに連絡くるので教えてGOOで結果報告します。
    • good
    • 10

 自分もコーン状のキャップを取ってからラップでチューブの口をまいてキャップを閉めて保管しています。

キャップを閉める前に竹串でキャップに付着したコーキング剤を取り除いておくと詰まりが軽く済みます。また、固まったコーキング剤でキャップの口が小さくなったらカッターでキャップの先を切り落とすと出やすくなります。
 この方法で1年以上前のコーキング剤も使える状態です。
    • good
    • 5

#1さんが明確確実な回答を出されています。



先の部分を一旦外して
チューブの口にサランラップを2枚ほど重ねて被せます
そのまま無理やり先端部の三角をねじ込みます。

普通のビニールやナイロンやビニールテープとでは
比較にならないほど長時間の保管が出来ます

サランラップでなくてもプレラップでもOK
普通の家庭用のラップです。

どうやら密度が違うようです。

コーキングガンで使うコーキング剤の時もそのようにして保管します。

再度使うときは先の方は硬化していますので、釘などで押し出します。
ラップを外して先の三角を付ければ直ぐに使えます。
    • good
    • 3

先のとがったキャップを外して、中に穴を開けて使いますが、


中の穴を大きく開けないで、小さい方のカッターナイフで、少し切って使用します。

使った後は何もしないでほっておくと、キャップ側は固まりますので、それを取り除いて使用しています。
    • good
    • 0

自分はほぼ連日使うので、先端を簡単にテーピングしています。


先端の穴に向かってまず縦方向にビニールテープを貼って穴を塞ぎ、切らずにそのまま横方向へグルグル回す要領です。
少々固まってもノズルを一度外して、先端から細い物を突っ込んでやれば簡単に硬化した塊が取れますよ。
ノズル自体には固着しませんので綺麗に剥がれます。
クギでもコーキングガンの握り部内側に付いてるピンでも構いません。

年単位での保存だと厳しいですが、数週間~数ヶ月程度であれば問題ありません。
先端にテーパー状の細い物を詰めてからテーピングでも良いです。


長期で保存する場合はノズルを外して本体側の口に少しコーキングを塗ります。
そこにビニール等を覆い被せ、そのままノズルを装着して下さい。
これでほぼ密閉状態になるので長期保存も可能です。

もしこれでも硬化したら諦めて下さい。
ちょっとした部分で使う時って保存に困りますよね。
    • good
    • 1

先端の三角コーン状のところは使用する際にご自分でカットされたと思いますが、ここに少し大きめの木ネジを捩じ込みます。


こうしておいて暗所に保存して置くと、三角コーンの中に溜ったコーキング剤は固まりますが、チューブ内のコーキング剤は暫くの間は固まらずにいます。
必要になったとき、三角コーンの部分を取り外して、中で固まったコーキング剤をほじくり出して再度装着すればまた使う事が出来ます。

ただし、あまり長期間保存しておくとチューブの中のコーキング剤も固まってしまいます。保存場所の温度やどのくらいの量がチューブ内に残っているか、など諸条件で変るのだと思いますが、普通に倉庫内に保存しておいて大体半年~1年くらいはこの方法で固まらなかったと思います。

まぁ、次ぎ使おうと思って取り出した時に固まっていなかったらラッキー、くらいに思って仕舞っておいた方が良いでしょう。
    • good
    • 1

私、かんがえるに、あなたのあいていない、確実なビニールをかぶせて、胴のところで、絶縁のビニールテープを巻いておくのが良いのでは、とおもいました。



先っぽに、絶縁のビニールテープをぐるぐる巻いてもいいけど、うまく行くときといかないときがあります。

あとは、先っぽをはずして、ラップをかけて、ビニールテープで、巻いておくなどでしょう。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開封したシリコン系充填材の保存方法

シリコーンシーラントやバスコーク等のシリコン系充填材はとても有用ですが、いったん開封するとすぐに残りの全部まで固まってしまって使えなくなります。良い保存の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

冷凍庫に入れて下さい。さすがに口の周辺は硬化しますが、中は1年以上新品同様です。こんな保存方法では、以降きちんと硬化しないのではとのご意見も見受けますが、私はそうは思いません。

Q古いコーキングのはがし方

風呂場のリフォームをします。古いコーキングをはがして新たにコーキングしなおします。カッターでこすってみました。できなくはないのですが、手間がかかる割りにきれいに取りきれません。すばやくきれいにできる方法があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

どのような種類のコーキング材が使われているかによっても違いますが、
建材店などで主に売っているのは「シリコン」(変性ではありません)。油分が強いので、これが使用されていた場合には、
再度同じ材料でないと「ハガレ」てきます。
プライマーなんて下地処理剤はありますが、再度「シリコン」の使用がよいと思います。
同じ材料なら、多少はがし残しがあってもシールできるはずです。

古いコーキング材は、例えば壁とコーキング材の取合い部(両側)をカッターで分断するように刃を深く入れれば
引き剥がすように引っ張って取れるはずです。

素人がやるとこりゃまた失敗しやすい。テープで養生したり、ヘラで押さえると表面が波打ったり、
面白そうだけどけっこう面倒。
シリコンは硬化が比較的早いので、「ゆっくり」はできません。
ガンバロウ!

Qカートリッジ式シーリング材の開封後の保存の裏技

一般的なシーリング材は基本的に使い切りだと思っていますが、やはり開封後残れば保存したいと思うのが人情ですよね。
そこで、「こんな方法でしのいでいる」という裏技を教えてください。できれば再使用可能期限など感覚的にでも教えてもらえれば幸いです。

Aベストアンサー

よくやるのは、釘などを刺しておきます。ノズル部分は交換しないといけませんが、1週間ほどは固まらないで使用できます。
シリコンのシーリング材は湿気硬化ですので、空気中の水分に触れなければ固まりません。なので、サランラップで口を塞いでおくともっと良いかもしれませんね。
ただ、有効期限が製造後1年なので、使い切らなくても廃棄した方がいいですよ。単価も安いですからね。

Qシリコンシーラント(コーキング)の落としかたについて

お世話になります。

先程、キッチン周りをコーキングしていたのですが、1カ所失敗して
しまい、やり直そうと拭き取ったのですが、うまくふき取れません。
タイル面にぺったりした感じになってしまいまして、どのようにすれば
きれいにふき取れるのでしょうか?

あと、手にべったり付いてしまったのですが、それも洗っても洗っても
ベタベタして、手がコーティングされてしまった感じです。
落とし方を教えて下さい!
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

コーキングはやわらかい内はふき取りはうまくいきません。一度固まってからはみ出た部分をカッターなどで剥ぎ取るしかありません。再度マスキングをしてコーキングして下さい。あと手に付いたコーキングは固まるのを待って入浴中に手をふやかし亀の子たわし等でこすり落とす。追伸…指でコーキングもいいですがコーキング用ヘラで作業をすると手を汚さずに出来ますよ。

Qシリコンシーランドが手についた場合の対処方法

今日の昼頃に接着剤のシリコンシーラントを使い、手についたシリコーンを落とそうと手を洗いましたが、石鹸はもちろんのこと、台所用洗剤を使って何度洗ってもベトベトした感触が無くなりません(洗いすぎて手が若干荒れ気味)。工業用石鹸か何かで洗わないと即効では落ちないのでしょうか?その後、本を読んでいましたが、本にベトベトがつきそうで気持ち悪くなってやめました。本にベトベトしたものがついたかどうかも、今の自分の手のベトベトした感触が邪魔して分からない状態です。今自分の家にある清掃用品は、かんたんマイペット(成分:界面活性剤、泡調整剤)、ファブリーズ、台所用洗剤、石鹸などがあります。手のベトベトはおそらくそのうちなくなると思いますが、もし、本にそのベトベトがついていたら、本をめくるたびにそのベトベトした感触が手についてその度に手を入念に洗わないといけないのではと危惧しています。もし本が汚れていたら、かんたんマイペットなどをティッシュに含ませて本をふき取ろうと思っていますが、効果があるでしょうか?でなければ何かいいアイデアはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

業務でシリコーン樹脂は色々なものを使用しますが、機械装置へ付着した未硬化のシリコンシーラントを落とすものとして、使われる溶媒はトルエンです。
硬化したら溶剤はありません。理論的に無理です。

 手に付着した場合、あなたのお手持ちの溶剤では落とせません。まったくの未硬化ならトルエンで落とせなくもないでしょうが、以下の理由でする必要はありません。
 シリコーン樹脂はまったく人畜無害ですから、乾いたタオルでよくふき取っておくだけでよいです。表面から硬化(水がトリガー)しますから、残った薄いシリコーン樹脂は急速に硬化します。
 よって、それ以上何もしないほうが良い。

 有機溶剤や洗剤で皮脂をすべて取ってしまうのは良くありません。シリコーンが付着しているほうが良いくらい。

 いずれ新陳代謝で表皮と共に剥離してサヨナラ、バイバイです。

Qシリコンコーキングが接着しない素材

シリコンコーキングが簡単にはがせる素材を探しています。
例えばコーキングのノズル先端部分は固まったシリコンを取り除いて(簡単にはがして)再び充填に使えるとおもいます。
あのように固まったシリコンが簡単にはがれる素材は何なのか教えて下さい。
(言い方を変えるとシリコンがつかない・つきにくい素材ということです)
シリコンを接着剤としてではなく薄く延ばして素材として使いたいので
簡単にはがせる相手役(平面的なもの)を探しています。
具体的に100円ショップで買えるような商品で例えて頂けると助かります。

シリコンはシリコンシーラントやバスコーク等のホームセンターで買える物を使います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

明確な回答でなく、うろ覚えや想像が多いのですが...

セメダイン社の接着剤でスーパーX、スーパーX2 という商品があります、
これは「アクリル変成シリコーン樹脂65%」とあり、
硬化するとシリコンゴムのようになります。
接着できない素材として
ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアセタール
と明記されています。
即ち、シリコンコーキングも付かないのではないか、と推測します。

ポリエチレンはたしか食品を入れる「ポリ袋」として、
ポリプロピレンは弁当箱や箸などの食器、などに使われてると思います。
フッ素樹脂は、板材やシートを秋葉の店頭で少量購入できます。
板材は通販で見かけただけですが、シートは実際に購入したことがあり、
まだ手元に余ってます。感触では厚み0.3mmくらいかと思います。
必要でしたら、うろ覚えですが店舗紹介します。
あと、水道管をねじ込む時にネジ部に巻いてスキマを埋める白くて薄いテープを使うのですが、
アレもたしかテフロン何とかと書かれてたと思います。

ポリアセタールはたしか(うろ覚え)絶縁ワッシャに使われてるものもあります、
ポリプロピレンより柔らかい印象のアレがそうかな、という気が...

とりあえずテフロンシートに、古いですがコニシのシリコンコーキング剤を
載せてみました。
しばらく放置して固まった後、剥がせるかどうか書き込みます。

> ノズル先端部分の素材名が判れば良いのでしょうか・・・

ハッキリとはわかりませんが、子供の弁当箱や箸がポリプロピレンですが、
似た感じはします...

手元のシリコンコーキング剤はかなり古いものですが、
近頃のリサイクルブームで、フタにも材質のマークの表示があったりしませんかね?
それじゃ材質まではわからないのかな?

明確な回答でなく、うろ覚えや想像が多いのですが...

セメダイン社の接着剤でスーパーX、スーパーX2 という商品があります、
これは「アクリル変成シリコーン樹脂65%」とあり、
硬化するとシリコンゴムのようになります。
接着できない素材として
ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアセタール
と明記されています。
即ち、シリコンコーキングも付かないのではないか、と推測します。

ポリエチレンはたしか食品を入れる「ポリ袋」として、
ポリプロピレンは弁当箱や箸などの食器、など...続きを読む

Qシリコンコーキングをきれいにはがす方法は?

シリコンコーキングをきれいにはがす方法は?

柔らかなうちに行う方法・固まってから行う方法・を教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

削り取る以外には、存在しません。
はみ出したときは、やわらかいうちにシンナーで拭くことはできますが、固まり始めるとそれも無理。基本は、はみ出さないようにしっかりマスキングし、一発で決めることです。

Qお風呂のコーキングについての質問

意外にこういう質問は無いと思うので教えてください。

お風呂の目地のコーキングですが、
床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれるので自分でコーキングをし直そうと思っている初心者なのですが、壁と壁を繋いでいるコーキングは特に問題無さそうです。
 
シリコンコーキングは、上に塗装も乗らない、何もくっつかないという素材らしく、前のコーキングが残っているときちんとくっ付かないと、いろいろ調べたサイトで読みましたが、
例えば床面の方だけコーキングをやりかえて、縦の部分(壁と壁のつなぎ目)はそのまま残して再利用というのはできますか?

要は、昔のコーキングと新しいコーキングの接続面は、水が漏りませんか?という事です。

業者さんに依頼すると、壁と壁のコーキングも全部剥がして打ち替えとなりますか?
見た目よりも、漏れるか漏れないかという事を重視してお聞きしたいです。

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コーキングの仕組みや性質を理解すれば良いです。
コーキング材は、浴槽の場合、防黴剤配合のシリコーンのRTVゴムです。
タイルやガラスの酸化ケイ素素材には極めてよく接着します。他の金属などにもよく接着しますが、表面に凹凸が多い場合はプライマー処理が必要です。
>床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれる
 これは、黴によって組織が破壊され、しかも基材との接着が悪いことを意味しています。
 よって、この場合は、可能な限り古いコーキングは落とす必要があります。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 上塗りしようとする元の材料がボロボロでは、砂壁に塗るような物で意味がありません。
★コーキング剤自体は両方の基材にしっかり接着しているとともにコーキング剤自体が破断しないことが性能を発揮するための必要条件となります。
 ちょっと考えると分かるように、隙間が±1mm伸縮する場合、1mmのコーキングでは、0~2mmまで追随する事はできませんが、10mm幅のコーキングでしたら9mm~11mmの変化なら追随できます。また、厚みが少ないとより追随しやすくなりますね。
⇔■⇔
⇔■⇔  より ⇔■⇔のほうが・・
⇔■⇔

※可能な限りすべて取る必要がありますが、底にあたる部分が残るときはバックアップ材等で浮かします。
※必ずプライマーを塗ること
  必要ならバックアップ材を使用するか、テープで古いものと離す事
※防黴剤配合の物を使用すること

コーキングの仕組みや性質を理解すれば良いです。
コーキング材は、浴槽の場合、防黴剤配合のシリコーンのRTVゴムです。
タイルやガラスの酸化ケイ素素材には極めてよく接着します。他の金属などにもよく接着しますが、表面に凹凸が多い場合はプライマー処理が必要です。
>床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれる
 これは、黴によって組織が破壊され、しかも基材との接着が悪いことを意味しています。
 よって、この場合は、可能な限り古いコーキングは落とす必要があります。
  ̄ ̄ ̄...続きを読む

Qポリカ波板を綺麗に切断するには?

ポリカ波板を縦(波の山か谷部分)に綺麗に切断するにはどうすればいいのでしょうか?

カッターで何度か往復させるにしてもあれだけ長いと・・・・

Aベストアンサー

谷の部分をカッターで、ポリカの厚みの半分くらいを切るようなつもりで傷(筋)を付けます。その後、傷を付けたところを反対側へ折る、戻すを1~2回すれば切れます。

Qコーキングの施工

表題の通りです。
コーキングを隙間に上手に施したいのですが、コーキング・ガンから出した後どのように処置されていますか?

浅はかな私の知識では、唾を付けた指でなでて平面になるように処理する、位しか発想が浮かぶません。

広い面積では思うようにならないのです、
何か他に良いアイデアは有りませんでしょうか?

お教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

専門的に仕事しているものです。
仕上げに使うのは基本的にはへらで仕上げます。
隙間が小さい(3ミリ以下)であれば、指でもそれなりに奇麗に仕上がります。それ以上の隙間はへらの方が奇麗ですね。
皆さんがよく失敗するのは、マスキングテープをはがした際に、コーキング剤が一緒にめくれてしまうという事が多いようです。
ポイントとしてマスキングテープを貼る際に、へらを隙間に押し当て、壁面とヘラの接点を確認します。マスキングテープはその接点より2ミリ程度外側に貼るようにすると、マスキングをめくった時に、コーキング剤を引っ張らず、きれいな仕上がりになります。
唾を指につけるよりは、石鹸水を指につけた方がすべりがよくなりますよ。
また、コーキングのノズルカットは隙間より2ミリ程度大きくノズルをカットすると充填ムダなくいきます。
私なんかはパレットナイフを削り、それぞれの形・すきまで持っていますが、ホームセンターでもへらは売っているので、それでも良いですね。コーキング剤も色々な種類があるので、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング