今回のような地震が東京直下で起こった場合、避難場所をちゃんと確認しなければと

おもったのですが、地震が起きてすぐ外に出るべきなのか、それとも落ち着くまで家の中や

建物の中にいるべきなのか。。。

突然のことだと判断付くのかどうかも心配ですが

気になったので教えてください。
お手数ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

建物が崩壊するような強い地震のさなかで、外に飛び出すことは不可能です。


まず身近な場所で、落下物や家具などから身を守れれる所を探すことです。
少し落ち着いてから、身の回りをの安全を確認しながら広い広場を目指して避難するのが理想でしょう。

慌てて飛び出し、屋外の(ガラスや看板、あるいは瓦等)落下物でけがをすることはよくあることです。
残念ながら、ある程度落ち着くまでに建物が崩壊するような大きな地震では、外に飛び出しても無事な保証はありません。

常日頃、今いる場所の場合どのように身を守れるか。
揺れが落ち着いたら、どのような所に避難すべきかを考えて確認しておくのが一番です。
また、その際に身を守るような頭巾や代わりの座布団などを頭に乗せて移動するなども意識しておくと良いでしょうね。
    • good
    • 9

阪神大震災の教訓。



まずは、家具やテレビ、こんなものが。と思うものまで
横っ跳びに数m飛んできます。

屋内にいれば、そういうもので怪我しないように注意。
そして家具などの下敷きにならないように。
阪神では、それで逃げ遅れて、その後の火事で
たくさんの人が亡くなりました。

で、電気のブレーカーを落とす。
コンロなどのガスの元栓を閉める。
これをやらないと火災の原因になります。
(やっても意味がなかったという場合もあるでしょうけど)

で、すぐに屋外に飛び出すと、
東京だと近くのガラスなんかが落ちてきて、
それで大けがをする可能性がありますので、
まずは若干のタイムラグを見越して外に出るべきでしょう。

それと、家族でもしもの時に落ち合う場所などを決めておくべきですね。
勤務先、学校からその場所で集まれるように。
携帯などは、その時には使えないという前提で。
    • good
    • 2

これは難しい問題なんですよ


貴方の居る建物次第で変わってきます
マンションで新しい場合には、
地震の時には、家の中に居て、玄関などを開けて避難路を確保したら、広い所に居てください
机の下などに隠れることも大事ですが、天井が崩れてきたら躊躇なく部屋から出てください≪特に階数が低いとき≫
最上階あたりでしたらスプリングタイプの、マットレスを頭からかぶっているだけでもかなり違います
地震でマンションが倒壊したら、生きているのが軌跡ですから、
アパートなど低い建物ですと
1階は新しければ、ほとんど地震に関してはまず大丈夫ですから、避難路を、確保したらそのまま外に出ても、部屋の中で揺れが収まるのを待つのもかまいません最上階でしたら、避難路を確保したら、部屋の中に居た方が良いでしょう
火災に関しては、現在は、コンピューター使用になっていますので、自動でメーターが反応して、ガスを止めますので、揺れている間はガスコンロに近づかないでください、≪やけどの原因になり危険です≫
直下型でしたら、津波の心配は無いのですが、相模湾の最深部あたりで、大規模な地震が発生したら、場所によっては3メートル位は、覚悟しなければならないと思って下さい
0メートル地帯や、新橋あたりですと、津波より、津波によって運ばれてくる、船などが怖いですね、
とにかく、地震が発生したら、とにかく高い所に避難してくださいそして、津波が無いとわかった段階で、広域避難所に避難してください
日ごろから避難所を2,3決めていてまずは高い所、その後避難所と決めて居てください
概ね予想波高の2~3倍の所を頭に入れていてください、最低でも、海抜10メートルは欲しいですね、
    • good
    • 1

同じく東京在住です。

以下は防災に詳しい人(東京の方です)に聞いた話です

例外もありますが、東京都内の場合、一番怖いのは建物の倒壊よりもガラスが割れたり、設置物(看板など)が倒れてきたりすることです。
外部の安全が確認されるまでは、その場を動かず机やテーブルがあればその下にもぐっているのが一番安全だそうです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q揺れの大きい直下型地震が来たときに

揺れの大きい直下型地震が来たときに、倒壊の危険がある建物にいた場合はどうしたらいいのですか?
2階建ての木造アパートの2階部分に住んでいるのですが、地震が来た場合にどうしたらいのでしょうか?揺れが来た瞬間に外に出たほうがいいですか?それとも倒壊した時の備えを家の中でするのがいいのでしょうか?アパートの真ん中付近に住んでいます。
正しい行動について教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

何が正しい行動か・・・

ケースバイケースで難しいと思います。

結果的に家の中に居たから良かった場合もあるでしょうし、外に避難したから良かった場合も・・・

ただ(備えあれば憂いなし)

http://noah-shelter.com

こんな商品もあります。

参考URL:http://noah-shelter.com

Q地震が来たらまずどうすればいいのでしょうか?

地震が来たときに、まず、なにをどうすればいいのでしょうか?
そのときが来たとき、私はどうすればいいのでしょう?
私はマンションの最上階に住んでいるのですが、どうすればいいのでしょうか?エレベーターはありますが、地震のときって使用停止になるんですよね??
外に出たら窓ガラスが割れたりして危険なんですよね??
そしたら、とりあえず地震がおさまるまでは、家の中でじっとしていればいいのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

マンションの最上階の自宅に居る時に地震が来たらって事ですね。
先ず他の方も書いていますが、とても大事な事なので
あえて私も書かせて頂きます。
大地震が来たら動く事は出来ません。
ですので「地震かな」と思った瞬間の行動を
常々考えて欲しいです。
そしてそれらの行動は家の中の何処に居るかで変わります。

先ず台所で火を使っている時でしたら、地震と感じた
瞬間になるべく火を消して、そこから離れましょう。
最近のガスメーターには地震を感知すると自動的に
ガスの供給をストップする機能が付いているので
火を消すのは余裕が有ったらで良いです。
それよりも地震に寄って加熱された器具などが
飛んでくる事の方が怖いので、台所から離れる事を
優先的に考えて下さい。

そして向かう先は玄関です。玄関とトイレは家を建てる構造上
周りを柱で囲うので、他の部屋より丈夫なのです。
ですので玄関に向かって下さい。ですが、崩れなくても
地震に寄ってドアのフレームが歪んでドアが開かなくなる事も
有るので、余裕が有ったらドアは開けて欲しいです。
だからトイレに居る時はそのままトイレで揺れが収まるのを
待つのですが、やはりドアは開けて下さい。

そして他の部屋に居る時に地震を感じて、玄関までたどり付けない
ようでしたら、机の下など上からの落下物をガード出来る所に
隠れて下さい。大地震では、転倒物による圧死も多いのです。

そして就寝中。寝ている時は逃げている余裕は有りません。
布団に潜って下さい。出来れば枕で頭をガード出来れば尚良いです。

取りあえず質問が地震が収まるまでのご質問だったので
地震時の避難だけ書かせて頂きました。
最後にご質問には有りませんでしたが、一つだけアドバイス
させて下さい。
それは「寝室の家具の固定」です。
日中起きている時間でしたら何かしらの行動は起こせますが
寝ている時には無理です。そして就寝中の圧死は大地震時には
とても多く有ります。
全ての部屋の家具の固定は大変ですので、初めの一歩として
寝室の家具の固定を即、進めて欲しいです。

マンションの最上階の自宅に居る時に地震が来たらって事ですね。
先ず他の方も書いていますが、とても大事な事なので
あえて私も書かせて頂きます。
大地震が来たら動く事は出来ません。
ですので「地震かな」と思った瞬間の行動を
常々考えて欲しいです。
そしてそれらの行動は家の中の何処に居るかで変わります。

先ず台所で火を使っている時でしたら、地震と感じた
瞬間になるべく火を消して、そこから離れましょう。
最近のガスメーターには地震を感知すると自動的に
ガスの供給をストップする機...続きを読む

Q地震のとき、家の中で安全な場所はどこ?

タイトルの通りです。
アパートの3階に住んでいますが、先日震度5の地震がきました。
被害はまったくなかったのですが、
こういうとき、どこに飛び込むのがひとまず安心なのか考えました。
テーブルの下といっても、うちはちゃぶ台しかないし、二人暮しで二人は入らないし。
トイレかお風呂場が安全なような気がしているのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

構造上もっとも安全に空間を確保できるのは、お風呂場かトイレになります。
これは場所は狭くても柱が多くて壁も多く、そして窓が少ない(小さい)からです。そのために簡単にはつぶれたりしません。
しかし閉じ込められる危険性もあるので、そのために携帯電話などは持って避難してください。
どちらの場所も水は確保できます。まあでも配管が壊れてしまえば、水は出なくなってしまいますが。

Q旦那の転勤。単身赴任でいいと思いますか。

現在、もうすぐ3歳になる子がいます。来年、3年の幼稚園に行く予定です。現在関西に住み、家は持ち家です。近くに両親はおらず頼れる近親者はおりません。
転勤族ではないのですが、10月に東京へ転勤になるようです。
今言われているのは3年間という期間です。(流動的だとは思います。)
今住んでいる所は結婚する際に色々調べて環境がよく、親も子にもいい場所だと思い家を購入しました。
「いい環境」、幼稚園も始まる、私と子を東京には連れて行きたくない等等の理由で、単身赴任で行くつもりだと言われました。

私は内向的で環境に慣れるのは時間がかかります。こちらにも友達がたくさんできました。子もとても楽しく過ごしています。確かにこちらにずっと住んでいたいという気持ちは強いです。
が、父親・旦那がいない生活が不安です。子にとってどういう影響があるのだろう、と考えてしまいます。やはり家族は一緒に・・・という気持ちもあります。
子がまだ小さい時に、旦那様が単身赴任をされた方、反対に、ついていかれた方から意見を聞かせていただきたいのです。

Aベストアンサー

偏見に満ちた意見かもしれませんが、参考にしてください。

イタリア在の主婦&母親です。
イタリアには転勤というものがほとんど存在しません。大企業というものがほとんど存在せず、中小の地元企業が中心の社会だからです。

ほとんどの人々が生まれてから学業を終えるまで一カ所で過ごします。大学でさえ地元を選びます。この歳まで一つの町から全く出た事もなく、外の街での生活の経験もないと、どうなるか....

環境が変わるという事に異常な程、恐怖を示します。ですから就職先は地元で探す事になります。結婚相手も同じ町の人を探します。
大都市ならば、または隣の県になら仕事のオッファーがあっても、引っ越すなんて、親が庇護できない場所での生活なんて、考えられません。ですから、ニートとなる道を選びます。(35-6歳の70-80%が親元にいます。)
イタリアにおける若者の失業率は高く、社会問題になっていますが、もし、他の年に移り住む事さえ受け入れれば、ほとんどの失業者は職に就ける、という調査結果さえあります。


環境の変化というのは年齢が低い程、柔軟に受け入れる事が出来ます。小さいうちに環境の変化に慣れる、という経験をしていると大人になってからもその時、その時の環境に臨機応変に対応する術を身につけているので転勤、引っ越しに対する恐怖がありません。

大きな被害を与える雹や洪水からは我が子は守っていかなくてはなりません。でも温室の花はいつまでも世話をして貰わなければすぐに枯れます。

整った環境、という温室は必要なくとも、せっかく十分に与えられる太陽、土、水(つまり、両親)という成長に必要なエレメントを、わざわざもぎ取る必要はないのではないでしょうか。


私自身は転勤族家庭で育ちました。
海外での生活も「住めば都」の感覚でおります。

偏見に満ちた意見かもしれませんが、参考にしてください。

イタリア在の主婦&母親です。
イタリアには転勤というものがほとんど存在しません。大企業というものがほとんど存在せず、中小の地元企業が中心の社会だからです。

ほとんどの人々が生まれてから学業を終えるまで一カ所で過ごします。大学でさえ地元を選びます。この歳まで一つの町から全く出た事もなく、外の街での生活の経験もないと、どうなるか....

環境が変わるという事に異常な程、恐怖を示します。ですから就職先は地元で探す事になりま...続きを読む

Q地震の際 木造2階の建物で1階と2階どっちが安全か

一般的な木造2階建て建物について質問します。こうした建物が何らかの損傷を受けるような規模の地震に遭遇した場合、1階に居る場合と2階に居る場合のどちらが、より安全なのでしょうか? 地震の際、とにかく建物の外に出る方が安全とすれば、外階段などを使わずに出ることができる、1階に居た方が出やすいとも思います。しかし2階部分の重量が掛かっている1階の柱や壁などが、2階より先に傾いたり損傷を受ける確率が高いのであれば、1階に居ても外に通じる戸口などが損傷を受ければ外への避難は出来なくなってしまうことも考えられます。 時々TVで放映される木造建物の耐震実験などによる科学的なデータに基づく、この事項についての学説があるのでしょうか? ご回答頂きたくよろしくお願いします。 木造2階立て木造の建物といっても、いろいろな条件などがあろうかと思いますか、ごく一般的な普通の建物に関してで結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐えてくれればいいのですが、古い家屋はほぼ全部といっていいくらい潰れました。
まだ起きている時間ならば咄嗟に逃げたりテーブルの下へ潜り込んだりすることも可能かもしれません。しかし、寝ている深夜早朝に被災した場合飛び出す余裕はありません。

また、救出作業では、2階は比較的原型を留めていたことと瓦を剥がせばすぐ部屋に侵入できたので素早く救出することできました。一方、1階は高さ1mくらいまで圧縮された上に2階部分の床が作業の手を阻みました。
大変残念なことですが、長田区近辺では倒壊した家屋の下でまだ生存していただろう人が火に飲まれて亡くなりました。

津知町や清水町など戦後から残っていた古い家屋で、足の悪い年寄は1階で寝ていた為、多くの方が圧死しています。可能な限り2階で寝るほうが安全でしょう。

余談ですが、家じゅうがガラスや食器の破片だらけになりますから、ベッドの近くにスニーカーを用意しておきましょう。
切り傷、釘の踏み抜きなど、日ごろだったら大怪我の部類ですが、非常時にはその程度は怪我の内に入りません。治療は重症患者が優先されますから、避難生活の間、ずっとつらい思いをすることになりますよ。

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐え...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報