ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

JRで600キロ以上に適用される往復割引についてです。
行きと帰りで経路がちがうと、往復割引にはなりません。
それは、新幹線と在来線でもおなじでしょうか?

 1)行き・ 東京(都区内)→'(新幹線)→西明石
  帰り・西明石(在来線)→新大阪→(新幹線)→東京都区内



 2)行き   町田→(横浜線)→新横浜→(新幹線)→広島
  帰り    広島→(新幹線)→小田原→(在来線)→横浜→(横浜線)→町田

は、往復割引になるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1) この場合は在来線と新幹線は同一線として扱われますので往復割引となります。



2) 新横浜-小田原間の経路が違いますので往復(割引)にはなりません。
  また新幹線経由、在来線経由の乗車券での選択乗車も出来ません。(選択乗車が出来るのは小田原以遠と新横浜・横浜間、小田原以遠と東神奈川以遠のみ)
 往復割引適用のためには横浜市内-広島市内の往復として町田-長津田間を別に購入します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2011/05/19 09:21

>行きと帰りで経路がちがうと、往復割引にはなりません。

それは、新幹線と在来線でもおなじでしょうか?
新幹線は在来線の「別線」という扱いですので、往復で別ルート(在来線と新幹線)を使っても問題なく往復割引が適用になります。
1)の場合は東京~西明石で往復割引適用。
2)の場合は新横浜と横浜は別駅ですから、町田~新横浜~広島だけが往復割引適用になり、それ以外の区間(帰りの小田原~横浜~新横浜)は片道乗車券が必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2011/05/19 09:20

両方とも往復割引の対象です。


理由は以下んぼとおり。

まず、基本的に、
東海道・山陽新幹線と東海道本線・山陽本線・鹿児島本線、
九州新幹線と鹿児島本線、東北新幹線と東北本線、
上越新幹線と東北本線、高崎線、上越線、信越本線は
同一の路線として考えます(新在同一視)。

よって、(1)に関しては、行きも帰りも同一路線と言うことになり往復割引の対象です。

ただ、東海道新幹線品川―小田原間には、東海道本線上にない新横浜駅があります。
このような場合、中間の駅を発、着、接続駅とする場合は別の路線として考えますので、
(2)において、小田原―新横浜が別路線扱いとなってしまいます。
ということでこのままでは往復割引になりません。
さらに別の規則が影響します。それは「選択乗車」です。
以下のURLの(28)に当たります。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 …
帰りのきっぷを「広島→(新幹線)→新横浜→(横浜線)→町田」とすることで、
同一経路の往復となり往復割引ができます。
さらに選択乗車できるために、上記乗車券で
<広島→(新幹線)→小田原→(在来線)→横浜→(横浜線)→町田>
という乗車が可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

横浜~新横浜間では、途中下車ができないんですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/14 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行きと帰りで行程が違う場合の往復について

行き:博多→長野(途中下車なし)
帰り:長野→名古屋(1泊)→新大阪(一旦途中下車)→博多
 もしくは 長野→名古屋→新大阪(1泊)→博多
※名古屋←→博多間は新幹線利用

というルートでの往復を検討しています。
長距離なので、帰りは途中下車して1泊したいと思っています。
新大阪に立ち寄って少し観光をしたいので、
 名古屋→新大阪、新大阪→博多
で新幹線用の特急券(?)が2枚になってしまうと思うのですが…

1.こういった場合でも往復切符として購入することは出来るでしょうか?
2.往復として購入できる場合、普通乗車券と特急券を別々に発行してもらうことになるのでしょうか?
(JRの駅窓口にて購入の予定です)
3.名古屋で1泊した場合は長野→名古屋での特急券の乗継割引は適用されないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.往復乗車券の可否
往復乗車券が成立するかどうかは、途中の経路が同一かどうかが問題であって、途中でどこで降りるか、また特急を使うかどうかは全く関係ありません。
質問の例では
往路:新幹線・名古屋・中央線・篠ノ井線(新幹線としなの乗継)
復路:篠ノ井線・中央線・名古屋・新幹線(しなのと新幹線)
で、往復とも同一経路ですから、往復乗車券として成立しますので、往復で買うと往復割引が適用されます。

2.乗車券と特急券は別々
もともと乗車券と特急券は同時に買わないといけない決まりではありません。乗車券だけ先に買って、後で特急券を買っても、その逆でも構いません。但し、特急券のみを買う時は乗車券の提示又は同時購入を求められた場合、これを拒否できません。(めったにそんなことは言われませんが)
但し、質問者様のケースでは乗継割引が適用されますが、乗継割引は乗車券を同時に買うか、乗車券を呈示する決まりになっていますから、特急券のみを後で買うつもりなら乗車券を呈示できるように準備する必要があります。
もっとも乗車券のみを予め買っても特にメリットがありませんから、乗車列車が決まってから、乗車券と特急券を同時に買えば問題ありません。

3.乗継割引の可否
乗継割引は新幹線停車駅(質問例では名古屋)で、新幹線→在来線は当日中に、在来線→新幹線は当日又は翌日に乗り継ぎ、両者の特急券を同時に購入すれば適用できる決まりです。(この時乗車券を同時購入するか呈示します)
質問例では、往路は、博多-名古屋と名古屋-長野を当日中に乗り継ぐので、問題なく乗継割引が適用されます。
復路も乗継割引の適用条件通りですが、残念ながらルールに弱い係員が存在するのも事実ですから、発券できない旨言われる可能性はあります。また、例えば午前中のしなのと翌日夕方の新幹線の乗継は、規程上の条件は充たしますが、本来の趣旨(規則には直接乗り継ぐとあり、これを文字通りに解釈しようとする場合があるそうです。)とは異なるとして、乗継割引は不可とする係員はいるかもしれません。
このような場合、規則をたてに粘るのも一法ですが、窓口を変えて頼んでみるといとも簡単に買える場合もあります。但し、2つ続けて拒否されたら、その地区では乗継割引に関する方針が同じということになりますので、普通に頼んでも買えないかも知れません。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/02_syo/07_setsu/04.html
(乗継急行券の発売)
第57条の2 旅客が、急行列車相互間に乗継ぎをする場合で、次の各号に該当するとき(以下「乗継条件」という。)は、第1号に規定する○印の1個の急行列車に対して割引の急行券を発売する。

(1) 次に掲げる急行列車相互間について、それぞれに定める乗継駅において直接乗継ぎをする場合(同一の急行列車を先乗列車及び後乗列車として直接乗継ぎをする場合を含む。)
急行列車
イ 新幹線の特別急行列車
○その他の各線区の急行列車
ただし、東京駅又は品川駅と門司駅以遠(小倉方面)との相互間を運転する急行列車にあつては、九州内の各駅相互間に限る。また、本四備讃線を経由する急行列車と坂出駅又は高松駅で四国内の急行列車を相互に乗継ぐ場合は、岡山駅を乗継駅とする急行列車に限る。なお、次の線区の急行列車は除く。
(イ)上越線越後湯沢・ガーラ湯沢間
(ロ)博多南線
(ハ)博多駅を乗継駅とする場合の博多・直方間(鹿児島本線・篠栗線・筑豊本線経由)

乗継駅
東海道本線(新幹線)各駅(東京駅及び品川駅を除く。)、山陽本線(新幹線)各駅、小倉駅、博多駅、八戸駅、越後湯沢駅、長岡駅、新潟駅、長野駅、大阪駅(新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る。)、又は坂出駅若しくは高松駅(いずれも岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る。)

(2) 乗継ぎをする後乗列車の急行券の有効期間の開始日(指定席特急券及び立席特急券にあつては、当該特別急行列車の乗車日。以下この条において同じ。)を先乗列車の急行券の有効期間の開始日の当日又は翌日とする場合。ただし、前号イの場合で、新幹線の特別急行列車を先乗列車とするときは、後乗列車の急行券の有効期間の開始日を先乗列車の特別急行券の有効期間の開始日とする場合に限る。
(3) 当該乗車船に必要な乗車券及び急行券を同時に購入し、又は当該乗車船に必要な乗車券を呈示して、先乗列車及び後乗列車の急行券を同時に購入し、これに相当の証明を受けた場合。

1.往復乗車券の可否
往復乗車券が成立するかどうかは、途中の経路が同一かどうかが問題であって、途中でどこで降りるか、また特急を使うかどうかは全く関係ありません。
質問の例では
往路:新幹線・名古屋・中央線・篠ノ井線(新幹線としなの乗継)
復路:篠ノ井線・中央線・名古屋・新幹線(しなのと新幹線)
で、往復とも同一経路ですから、往復乗車券として成立しますので、往復で買うと往復割引が適用されます。

2.乗車券と特急券は別々
もともと乗車券と特急券は同時に買わないといけない決まりで...続きを読む

QJR往復割引~新幹線と在来線 往復経路が異なる場合

JR往復割引乗車券の適用が可能かどうかお尋ねします。

行きは、浮間舟渡から東京
東京から新大阪までは、新幹線。

新大阪から三ノ宮まで、在来線。三ノ宮で途中下車します。

三ノ宮から姫路まで在来線で、往路終了です。

帰りは、姫路から東京まで新幹線、その後在来線で、浮間舟渡まで。

以上の場合、新大阪から姫路間が、在来線と新幹線で往復の経路(路線)が
違くなるのですが、往復割引乗車券で乗車問題ないかを知りたいです。

ちなみに、三ノ宮で途中下車する場合は、自動改札だと、切符が回収されて
しまいますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この区間の場合新幹線、在来線は同一線とみなすので往復になります。
乗車券の経由がどちらになっていても表示とは関係なく乗車出来ます。

JR西日本の自動改札機は途中下車の扱いが出来る物と出来ない物が有り三ノ宮は現在は出来るはずですが出来なくても回収はされず有人改札へお回りくださいのような表示になってきっぷは戻ってきます。


余談ですが実際に乗車する経路を言うと往復に出来ないなどと言うアホな係員がいますから単純に「姫路往復」と言うか自動券売機で買うかした方が良いかも知れません。

Q新幹線指定席の時間の前に自由席はOK?

タイトルどおりです。たとえば指定席13時に予約していて、7時の自由席に座るのはOKなのでしょうか?
ルール上OKなのかどうか?というのがひとつと、到着後、乗車時間前だから改札通るときに通れない、なんてことないでしょうか?

Aベストアンサー

問題無いかと思います。
改札を通る際に、どこの席に座っていたかなど分かるはずないし。乗車券と特急券さえあれば出れるはずですよ。

Q往復乗車券の乗車変更について

往復乗車券の乗変について教えてください。

往復乗車券から乗変できるのは、往復乗車券だけなのでしょうか?

片道2枚もしくは片道1枚に変更はできないのでしょうか?
たとえば、広島市内 ←→ 大阪市内 の往復乗車券を、
広島 → 北長瀬 と 北長瀬 → 大阪 いう2枚の乗車券
もしくは、広島市内 → 大阪市内 という1枚の乗車券

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

使用開始前として回答します。

往復乗車券から変更できるのは、片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のいずれかです。

これは旅客営業規則第248条第1項第1号に記載されています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/03.html#248
ここで言う「普通乗車券相互間」というのは、第18条第1号イに普通乗車券の種類として記載されている片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のどれからどれでも該当すると言うことですので、上記回答になります。
ただし、往復乗車券ならびに連続乗車券は、2券辺同時に差し出して変更を受ける必要があります。なお、乗車後の区間変更に関してはこの限りではありません。

第243条第1項には割引のある乗車券や回数券の変更ができない事が定めてありますが、第2項は往片・復片同時にさしだした場合は変更できると定めています。
このため、往復乗車券の場合、往復割引きの有無にかかわらず変更が可能です。

普通乗車券相互間の変更については、2003年10月の改訂で追加された項目ですが、窓口では未だに混乱が生じるようです。

(備考)
往復乗車券の往復2券片から変更できるのは、片道乗車券1枚となります。
なお、1回目の変更では手数料がかかりませんから、金額的には往復乗車券を行きと帰りの2枚の片道乗車券にするということは、
「往復乗車券を行きの片道に変更して過剰額返却」+「帰りの片道を新規購入」=「2枚の片道に変更できたように感じる」
となりますが、受け取った片方(往復からの変更分)は次の無手数料変更ができません。

(完全なる蛇足)
片道乗車券・往復乗車券で発売できるものは、連続乗車券としては発売できません。これは第26条第3号に定められています。(往復を片道ずつ2枚の片道乗車券でも発売できるのはご存じの通りです)

(参考URL)
旅客営業規則はJR各社共通ですが、JR西日本公式サイト内の規則(抜粋)へのリンクを張っておきました。pdfファイルなのでJR東日本のような条文ごとへのジャンプはできませんが、第69条の各号にカッコが表現されているなど、htmlでは表現しきれない部分も表現されていると言った点もあります。お好みに応じて東西を選んでみてください。

参考URL:http://www.jr-odekake.net/guide/stipulation/

使用開始前として回答します。

往復乗車券から変更できるのは、片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のいずれかです。

これは旅客営業規則第248条第1項第1号に記載されています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/03.html#248
ここで言う「普通乗車券相互間」というのは、第18条第1号イに普通乗車券の種類として記載されている片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のどれからどれでも該当すると言うことですので、上記回答になります。
ただし、往復乗車券ならびに連続乗車券は、...続きを読む

Q東京都区内での途中下車(東京を通過する乗車券所持)

例えば、京都~水戸(東京経由)の往復乗車券を持っているとします。
東海道新幹線を東京まで利用し、まず東京駅で途中下車します。
それ以降、東京都区内での途中下車はどのようなルール・範囲で可能になるのでしょうか?

(1)経路が重複しない一筆書きなら可能ですか?
   [例1]→東京→秋葉原→代々木→新宿→上野の順に、それぞれ途中下車。
(2)品川~東京間を1度目は新幹線で(品川→東京)、2度目は山手線(東京→品川)で通って、時計回りに山手線を使い上野まで行くことは可能ですか?
   [例2]→東京→品川→上野の順に、それぞれ途中下車。
(3)もしくは、東京都区内は、上記のような経路の重複に拘らず、自由に途中下車可能なのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #1です。
 補足を拝見いたしました。
 
 東京・品川で途中下車されたいとのことですね。
 そうしますと、東京⇒品川だけではなく、品川⇒東京も必要となります。
 と言いますのは、東海道新幹線で東京まで来た時点で、京都市内⇒水戸の乗車券は東京駅まで利用済みとなるからです。
 よって、東京から品川までの移動、及び品川から上野(東京)までの移動とも乗車券が必要になるということになります。なお、別途品川⇒東京の乗車券をお求めになった場合には、品川から山手線・京浜東北線で上野まで直接移動(新橋・秋葉原経由)することが可能です。

Q往復割引切符での違う駅での下車及び乗車について

仕事で東京都から香川県までJRにて行くことになり、またその途中の兵庫県にて途中下車することになりました。乗車券は往復割引切符(東京-丸亀)を購入しようかと思いましたが、一つ問題があります。それは、途中の下車駅と乗車駅が違うことです。詳細は、以下の日程です。

1 東京駅乗車-播州赤穂駅(ここで下車にて)
2 播州赤穂駅と天和駅の間にある訪問先にて打合せ
3 天和駅(ここで乗車)-丸亀駅下車
4 翌日夕方に丸亀駅乗車-東京駅下車

同日にて途中降車および乗車となりますが、往復割引切符にて播州赤穂駅にて降車し、天和駅にて乗車(播州赤穂駅と天和駅間は乗車しないことが前提)は可能でしょうか。

お知恵をお借りできればと思っております。

Aベストアンサー

ご質問を東京都区内-丸亀の往復割引乗車券を購入してのご利用と理解して回答します。
私自身は該当区間の特別な往復割引きっぷの存在を存じませんので、万一、都区内と丸亀間の往復に利用できる特別な割引きっぷなどをご利用の場合は、本回答に該当しませんことをご了解願います。

「東京都区内-丸亀の往復割引乗車券」とは、みどりの窓口などで「東京から丸亀までのきっぷを往復で」などとご注文いただいた時に出て来る、いわゆる普通のきっぷで、距離的な条件を満たすために往復で購入すると自動的に片道の1割引となるものです。

まず、ご質問に関しては全く問題ありません。

新幹線と在来の東海道・山陽線はどの区間をどちらで利用してもかまいません。ただし、新幹線ご利用区間は乗車券の他に新幹線特急券など料金券が必要です。(料金券とは特急券やグリーン券などの総称です)
また、新幹線または山陽本線経由となっている乗車券でも、選択乗車で赤穂線を利用することができます。
相生~岡山間は新幹線か山陽線(在来線)か赤穂線経由のどれか1つの乗車方法を選択することができるわけです。
【参考】:山陽本線と赤穂線の選択乗車→旅客営業規則第157条第1項第37号
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02_setsu/03.html
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02_setsu/09.html
赤穂線のご利用などで適用となる選択乗車については、知らない方も数多く、疑問に思われる場合もあるかもしれませんが、ご質問の場合は心配ありません。
選択乗車は乗車前などにいちいち駅員さんや車掌さんなどに申告する必要はありません。自由に選んで自由に乗って下さい。

選択乗車区間で区切られた複数の乗車券(例えば都区内→和気と和気→丸亀の乗車券の2枚を利用するような場合)で無ければ、選択した区間内での途中下車も自由にできますので、ご質問の場合は問題なく赤穂線内でも途中下車が可能です。

途中下車のあとの乗車については、途中下車駅から先(=終点側)の駅なら、都区内など券面に記載されている途中下車禁止区間の駅でなければ、どの駅でもかまいません。
ただし、乗車しなかった区間は乗車済みとして扱われますので、途中飛ばした区間をあとで利用することはできません。
従って、播州赤穂駅で降りて天和駅から乗車することができます。また、天和駅に入場した時点で播州赤穂-天和間は乗車したものと見なされます。
途中下車駅から駅を飛ばして乗車することは、ご質問の区間にかかわりなく、途中下車のできる普通乗車券なら片道乗車券でも往復乗車券でも可能な一般的な取扱ですので、ご心配なく。
ただし、JRで販売しているお得なきっぷなどをご利用の場合は、そのきっぷのきまりに従いますので、今回は関係ありませんが、今後のために覚えておかれるとよろしいかと思います。

往復乗車券の往路と復路は、それぞれ別個のものと考えてかまいません。
従って、復路利用の場合、往路の途中下車駅などは全く考える必要はありませんし、新幹線と在来線や選択乗車区間の往路利用区間にかかわりなく復路は復路として自由に選択可能です。
従って、例えば往路にご質問の2のような行程をとり、復路は岡山から新幹線で東京方面へ向かってもかまいません。

ご質問を東京都区内-丸亀の往復割引乗車券を購入してのご利用と理解して回答します。
私自身は該当区間の特別な往復割引きっぷの存在を存じませんので、万一、都区内と丸亀間の往復に利用できる特別な割引きっぷなどをご利用の場合は、本回答に該当しませんことをご了解願います。

「東京都区内-丸亀の往復割引乗車券」とは、みどりの窓口などで「東京から丸亀までのきっぷを往復で」などとご注文いただいた時に出て来る、いわゆる普通のきっぷで、距離的な条件を満たすために往復で購入すると自動的に片道の1...続きを読む


人気Q&Aランキング