アスベストについて詳しい方、教えてください。
私の勤務してる建物は築40~60年と古く、吹き付けアスベストはないのですが、内装工事や耐震工事、空調工事が度々行われます。その時、取り壊し工事でなくてもかなりアスベストは飛散するのでしょうか?
マスクなどつけて事務仕事をしたいのですが、かなり目立つマスクみたいで…。
何か自分で出来る対策はありませんか?
同じ建物内にいると、どうしても吸っている気がして不安です。

A 回答 (3件)

リンク先は今回の件と直接関係ありませんが、内容的には参考になると思われます。



「推奨する防じんマスクは、 厚生労働省の国家検定試験に合格した区分2以上のもの(RS2・RS3または、DS2・DS3と表記されています)ですが、手に入りにくい場合は、N95の防じん用マスクをお選びください。」

アスベストがあるかどうか分からない状況なら、DS2やN95の簡易マスクが現実的です。

http://www.aemk.or.jp/attention.html

環境測定については、一般には専門機関が下のような機器を使って行います。いろいろな分析方法がありますが、出張費を含めると1点でも数万円以上でしょう。
http://koumuten.livedoor.biz/archives/50480924.h …
    • good
    • 0

社団法人日本石綿協会認定 アスベスト診断士です。



アスベストの使用は、平成18年のアスベスト含有0.1%超え含有建材製造禁止まで影響を受けます。
材料レベル1 吹き付け石綿等 材料レベル2 保温材・断熱材等 材料レベル3 その他の建材成形板など

つまり木造建築から鉄筋コンクリートの建築物まで全ての建物に使われています。平成20年を超えて建築された
建物には使われていないと思われます。

質問の内装工事中は築年数からすれば、含有を疑われて良いと思います。

問題は、作業レベルがどうなっているかですね。含有率が低く飛散しにくい天井材吸音板でも湿潤させて手ばらしを
しなければ5%含有の吹き付けロックウールと何ら変わらない危険な状態になります。

アスベスト調査診断時に使う(レベル3)対応マスクは確かにごついですよね。しかし、命には換えられません。

同じ建物内という事ですが、状況が見えないのではっきりと云えません。空気中濃度調査をおすすめします。

参考URL:http://www.k-ada.org
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。

実際はまだ工事は行われていませんが、今後工事の可能性がありそうなので、質問させてもらいました。
状況としては、仕事をする部屋を改修工事することはないかと思いますが、建物の外側を耐震工事したり、仕事をする部屋の隣で内装工事する可能性があります。そうなると例えば窓やドアを通しアスベストが入っては来ますよね?

マスクですがDS2の使い捨てマスクを見つけたのですが、このくらいの状況なら割と効果はありますか?他に自分で出来る事はありますか?

濃度検査は自分で簡単に出来るのでしょうか?
すみませんが宜しくお願いします。

お礼日時:2011/04/17 17:16

建物の構造にもよって可能性は大きく変わります



鉄筋コンクリートであればそれほど大量のアスベストを使用した可能性は低いです

ご存知のようにアスベストは安価で耐熱に優れており 当時の
鉄骨構造建築物の耐火被覆として 多く使用されてきました

見た目には現状でも使用されているロックウールと殆んど変らないので
一見で判断することはできません(青石綿は除く)

その他 設備配管類や内装材等にも一部使用されてきましたが
製品として安定している状態で有れば特には問題は有りません
ただし これ等も解体などの時には飛散させない様に策を講じる必要があります

自分で出来る策としてはやはりマスク位しか有りませんが 衣服にも付着するので
結局自宅で 吸引する可能性は否定できません

勤務先で使用健在を きちっと調査してもらう等根本的な対策が第一ではないかと

まぁ私たちの年代は否応なく大量に吸引している訳ですが今の処大丈夫です・・・

因みに かのスティーブマックイーンも趣味のレースの耐火マスクにアスベストが使用
されていた等が一因として 中皮腫を発症といわれています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング