新書で出ている小説のうしろに「第○刷」と書かれていますが、
第十刷なら10万部と考えていいのでしょうか?
(一刷 = 1万部)

出版社によって違うと聞いたこともありますが、
新潮社、集英社、文藝春秋など、小説の出版社として大手の場合での答えをお願いします。
(違いがあるのであれば、できるだけ具体的に)

ちなみに伊坂幸太郎や天童荒太、瀬尾まいこ、奥田英朗などが好きです。
この辺りの作家が、作品ごとに何万部売り上げたのか、具体的な数字が載っているサイトの紹介でもOKです。
自分の持っている本に「第○刷」と書かれているのと見比べて参考にします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>第十刷なら10万部と考えていいのでしょうか?


>(一刷 = 1万部)

そう考えてはだめです。

あれは、以下のようになってます。

最初に発行した本=初版、第一刷
重版1回目の本=第二刷
重版2回目の本=第三刷
(以下略)

で、最初に何冊刷るかは、本ごとに違います。

ベストセラー作家の本なら、初版でイキナリ200万部くらい刷ったりします(第一刷が200万部ある)

良く判らない三流作家の本なら、初版が500部しかなかったりします。

1回の重版で何冊を発行するかも、出版社の規模や、書いてる作家によりバラバラです。

最初の初版で5000冊しか発行せず、話題が話題を呼んで、2万冊重版してみたら、全然足りず、再重版で10万冊、なんて事もあるかも知れません。

いきなり大量に重版をかけても、返本の山が出来ると困るので、出版社が「小出し」にして、5千部の重版をかけて、売切れそうになったらまた5千部の重版をして、と言うのを何回も繰り返せば、あっという間に「第九刷」とか「第十刷」とかになっちゃいます。

このように、刷数と発行部数には、何の関係もありません。

刷数の意味は「何回目に重版した本か」くらいしかありません。

因みに「初版が出たあと、重版するついでに、内容を直したり、誤字脱字を直したりする」ので「刷数」が重要になるのは「初版本」だけです。

特に「出版した当時は問題視されて居なかったが、時代が進むとともに、不適切表現だとして、削られてしまった部分」があったりすると「削られる前の、作家が書いた原稿に最も近い本」は「初版本のみ」になったりします。

そういう事があるので「買うなら初版で」と拘る人が居ます。

古書市場でも、本によっては、初版本と重版本で値段の桁が1桁も2桁も違う事もあります。

作家が書いた原稿に最も近いのは「初版本」ですから、買うなら「第一刷」とだけ書かれた「初版本」を買いましょう。

しなくていい削除とか、蛇足な追加とかがあったりするから、重版本には余り価値はありません(但し「丸々1話分、エピソードが完全に入れ替わっている」とかだと、初版本と重版本の両方を買わないと駄目かも)

蛇足の蛇足ですが、初版本と最新重版本を「読み比べる」のも、色々と面白かったりします。意外と色々違ってたりするので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当に知りたかったのは、自分の好きな作家の本がどれぐらいの発行部なのか、なので質問を変えて投稿したいと思います。

お礼日時:2011/04/12 15:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の発行日 第1刷とか、第6刷とかの意味は?

本の巻末に

第1刷 ○年○月○日
第6刷 ○年○月○日

とかってよく書いてありますが、これはどういう意味ですか?
本の発売された日はどれなんでしょうか?

いつも気になっていたので教えてください。

Aベストアンサー

単に補足です。中身や後書き等が改定された場合は、
第2版第1刷、という形で表記されます。
文庫化や題名変更の場合は改めて第1版扱い、注釈付き。
表カバーだけ代わる場合価格改定でも、版や刷りは変わりません。

人気次第で初版刷り部数を大きく確保しておいたり、
書店置き場や返本未然対策として、昔より細かい増刷部数で
対応しているようなので、実際部数の比較には使えません。

Q初版と第一刷の違いを教えて下さい。

初版発行と第一刷発行の違いを教えて下さい。
同じ意味なのでしょうか?
古書販売で初版というと価値があるそうですが、第一刷発行も初版ということで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E7%89%88

『初版(しょはん)とは、出版された書物の最初の版。第一版ともいう。同一の版のうち最初に印刷されたものを初刷(しょずり、はつずり)、又は第一刷(だいいちずり)という。また、一般的には初版初刷のことを単に初版ということが多い。

初版が重版された場合、その本の奥付には「初版第○刷」「第1版第○刷」(○は重版回数)と表記される。増刷の際内容の変更や訂正があった場合は、「第○版」(○は改訂・訂正回数)と表記されるのが普通だが、角川書店などは内容の変更がなくても、増刷回数を基準に「第○版」(○は重版回数)と表記している。しばしば初刷を初版と誤解して用いられることがあるのは、こういう事例があるのが原因である。』

古書販売でも、初版にプレミアムがつくものばかりでもありません。高度経済成長期以降の本は、大量印刷され流通量も多くなってしまったため、特に初版だからプレミアムがつくということもなくなっています。プレミアムがつくのは、流通量が少なく、欲しい人が多いのに入手が困難だからなのですから。

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E7%89%88

『初版(しょはん)とは、出版された書物の最初の版。第一版ともいう。同一の版のうち最初に印刷されたものを初刷(しょずり、はつずり)、又は第一刷(だいいちずり)という。また、一般的には初版初刷のことを単に初版ということが多い。

初版が重版された場合、その本の奥付には「初版第○刷」「第1版第○刷」(○は重版回数)と表記される。増刷の際内容の変更や訂正があった場合は、「第○版」(○は改訂・訂...続きを読む

Q本の売上部数を知りたいのですが

ある出版物のトータルの売上部数を調べたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

いろいろと調べたのですが、それらしきサイトが見つかりませんでした。
せめてベストセラーになったものだけでもいいので、売上部数が閲覧できるサイトを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

出版社に勤務しています。

通常、出版社では“正確な売上部数”を外部者に漏らすことはありません。社内でも、本当に“正確な売上部数”を把握しているのは、わりと少数なんですよ。

また、“正確な発行部数(売上部数ではない)”のことを『実称(じっしょう)』と呼び、一般的に公表される部数のことを『公称(こうしょう)』と呼びます。この2つは、必ずしも“完全一致”しているとは限りません。また、発行部数と売上部数も当然ながら異なります。(完売により、まれに一致することも...)
【出版社によっては、売上部数にも実称と公称を使い分けている(設けている)ところもあります】

よくベストセラー本とかだとニュース等で『○○○(本名)、△△万部突破!』とかいうのがありますが、あれは公称です。

インターネット等では、お探しのサイトはたぶん見つからないと思いますので、発行・発売元の出版社に直接聞いた方がいいと思います。
その際、発行部数にしても売上部数にしても、実称はまず教えてくれないと思いますので、『だいたいの部数で構わないので...』と言いましょう。
ベストセラー本であれば、たぶんどちらかは教えてくれるかと思います。下記は一応参考のために...

■洋書売上ランキング
http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/FIPPJ/F/index.htm
■雑誌発行部数リスト
http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/FIPPJ/F/index.htm
■各種データ
http://www.hyou.net/menu/book.htm

出版社に勤務しています。

通常、出版社では“正確な売上部数”を外部者に漏らすことはありません。社内でも、本当に“正確な売上部数”を把握しているのは、わりと少数なんですよ。

また、“正確な発行部数(売上部数ではない)”のことを『実称(じっしょう)』と呼び、一般的に公表される部数のことを『公称(こうしょう)』と呼びます。この2つは、必ずしも“完全一致”しているとは限りません。また、発行部数と売上部数も当然ながら異なります。(完売により、まれに一致することも...)
【出版社によっては...続きを読む

Q第一刷、第二刷、の読み方を教えてください。

ダイイッサツ、ダイニサツ、と読めそうですが第一冊、第二冊、と間違えてしまいそうですよね。
もしダイイッサツと読むなら間違えにくい俗称か業界用語があるのではないかと思います。ご存知でしたらそちらもぜひ教えてください。

Aベストアンサー

いちずり、にずり、じゃなかったかな?

印刷=刷る(する)の意から。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q本の印税 印刷部数 など

本の印税 印刷部数 など



小説などの印税というのは、「売れた数」ではなく、「印刷した数」、作者に入ってくるのですよね?
200万部印刷して100万部売れた小説の場合、100万部分の印税ではなく、200万冊分の印税が入るのですよね?


また通常、100万部売れた小説というのは、どれくらい印刷されているのでしょうか。
一概には言えないと思いますが、「売上の1・5倍くらい」などと、目安を教えてください。
例えば、漫画の「ワンピース」は、初版が約300万部で1週間の売り上げが約200万部なので、
「印刷部数は売上の1・5倍~2倍くらいかな」と勝手に考えているのですが。


小説が映画やアニメになった場合、作者にお金は入らないのでしょうか。
「二次創作では作者に1円も入らない」と聞きますが、
映画化などで原作者にお金が入ることは稀なのでしょうか。
それとも、入らないことも入ることも同じくらいの頻度であることなのでしょうか。


3つ質問しましたが、「1つしか分からない」「自信が無い」などでも結構ですので、回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

1について
現在の主流は、印刷した部数による支払う計算です。
刷った本の数で支払われます。
一部の本、または自費出版などでは実売部数で支払われる契約もあります。
ただ、一般的とは言えません。

それと、一概に200万部といっても、一気に200万部刷るケースは、ほぼありません。(ワンピースや村上春樹など、例外だけにニュースになるぐらいですから)
普通の小説であれば、初版1万部前後。売れ行きを見つつ、重版していきます。
ここでポイントになるのが、重版の場合は、初版と同時期にお金が入って来ないということです。重版に対する印税として、初版とは別に入ってきます。
例えば、初版1万部の印税が入ってきた後、重版の3000部の印税が入ってきます。この間隔は、重版になってから2ヶ月~半年程度の開きがあります。
結果的にはいってくるからいいじゃん、と思うかもしれませんが、それで生計をたてている人には、なかなか切迫した問題だったりします。


2について
実売部数というのは、実は非常に計算が出しづらいものです。
今はコンピュータ化されているので、流通から出版社に情報は入っているようです。ただ、これが通常公開されることはありません。
オリコンが推定数字を出していますが、あれも正確だとは言い切れません。
ただ、上に書いた通り、基本的には出版社は重版をかさねることで、部数を増やしていきます。なので、在庫は限りなく少なくなるように刷ります。常に本屋さんに置いてもらえるワンピースなどでは、多めに刷っても問題ありませんが、その他の本の多くは、一定期間本屋さんに置かれたあとは、出版社に返本されます。この管理費(倉庫費など)が、出版社の財政を圧迫するため、1、1倍程度で刷るのがベストです。
(ただし、本屋さんに常に置いてもらえる本や、シリーズ本などは別になります)


3について
もちろん、お金は入ります。
ただ、大したお金ではない、ということはよく聞きます。
長期アニメ化などになれば、結構な額にはなると思いますが、レアケースです。
マンガであれば、キャラクターグッズなどでも入ります。
ただ全体としては、本が売れたほうがお金になるようです。
また、出版社と契約していない(または絶版などで切れている)場合、作者の一存で決めることも可能です。
極端な話、1000円で映画化をOKしてもいいわけです。
映画の業界も、大きなバッグがついていない限り、お金がないですから。制作費が一千万を切るような映画も多いです。

余談ですが、二次創作で1円も入らないものもあります。
ついこの間あったばかりの、コミケに代表される同人誌です。
あれも、キャラクターを使用しているので、二次創作にはあたりますが、もちろん作者には1円もいきません。
ほぼ黙認なので、それはそれとして、受け入れている作者の方の方が、多いとは思いますけどね。

1について
現在の主流は、印刷した部数による支払う計算です。
刷った本の数で支払われます。
一部の本、または自費出版などでは実売部数で支払われる契約もあります。
ただ、一般的とは言えません。

それと、一概に200万部といっても、一気に200万部刷るケースは、ほぼありません。(ワンピースや村上春樹など、例外だけにニュースになるぐらいですから)
普通の小説であれば、初版1万部前後。売れ行きを見つつ、重版していきます。
ここでポイントになるのが、重版の場合は、初版と同時期にお金が入っ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報