水道水をタンクに入れて保管しておこうかと思うのですが、消費期限はどれくらいなのでしょうか。
腐っていない目安や判別の方法などがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 水道水をタンクに入れて保管しておこうかと思うのですが、消費期限はどれくらいなのでしょうか。


・生水での飲水可または不可の基準は、消毒成分(残留塩素)が、どの程度、残っているか?
により、変わります。

水道法により、蛇口において1Lあたり0.1mg(0.1ppm)以上の残留塩素が検出されれば、生水として飲水可能です。
ポリタンクなどに汲んだ水道水は、出来るだけ空気を抜いて、完全にフタをし、直射日光に当たらない冷暗所に保存すれば、数ヶ月は保存できます。

詳しくは下記URLの「Q.1」をご覧ください。
http://www.pref.mie.lg.jp/SUISHITU/HP/sec_3_2.htm

> 腐っていない目安や判別の方法などがあれば教えてください。
・残留塩素が0.1ppm以上残っていれば細菌類は繁殖できず、水は腐りません。
検査薬として、観賞魚用の塩素試薬が安価でオススメです。
ポリタンクなどに保存した水道水の残留塩素が0.1ppm以上あれば、生水での飲水が可能です。
なお、0.1ppm以下ならば、煮沸すれば飲水可能です。

塩素試薬は、観賞魚店で購入出来ます。
私も、早速、購入し飲料水の準備しました。
http://www.guppy-en.com/edit-data/html/list09/12 …
    • good
    • 2

東京都水道局では常温で3日間を推奨していますが、


http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h23/p …
私は3月11日の大地震直後に汲んだ水道水を未だに飲料水として使っています。
もう1ヶ月以上前の水ですね。
たまたま未使用の70リットル入りポリ容器が6個あったので、万一の時の為にと汲み置きをしました。
その後浄水場からの放射能検出の報道があったので、それを使い始めました。
水中ポンプで圧を加え浄水器を通します。
煮炊きにはそのまま、飲料には念のため煮沸しています。(生で飲んでも大丈夫でした)
ミネラルウォーターより美味です。(気のせいかも知れません)
空になったポリ容器には順次注水し再度保管します。(ヨウ素131の半減期8日を期待)

20年前に購入しそのままにしてあった発電機を試してみたらちゃんと動きました。
停電時はそれを使う予定です。
水中ポンプも地震前に購入してあったものです。
地階に10トンの受水槽があるので地震断水時にそこから汲み揚げようと思っていました。

ここまで大げさにやってるのは私くらいかも・・・
「水道水の消費期限は?」の回答画像3
    • good
    • 4

タンクの状態によります。



菌っていうのはねずみ算式に増えていくものなので、
完全に滅菌した状態で密封すれば1年以上持ちますし、
ちょっとでも汚染された状態なら1週間で腐ります。

もともと入ってる塩素により3日間は菌の増殖がほとんどないので
3日間は確実に大丈夫です。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道水の中の塩素が体内で食塩に?

gooの回答でちょっと疑問なものがあったので私の質問と一緒に書くので教えて下さい。
◎水道水に含まれる塩素は体内で食塩に変わるので無害だと言うのは本当?
◎水道水を沸騰させても塩素は蒸発しなく、熱で少しは分解されるそうですが沸騰させるのは無意味?
◎蛇口に取り付けるフィルターで塩素を完全に取り除けるものはあるの?
水道水を沸騰させて自然に冷めるのを待って飲むと酸化してしまうのでそのまま水道水を飲んだほうが体にはいいの?

Aベストアンサー

良く読むと,これって私の発言(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=806694)に対する疑問なのですね。質問者の方からは再質問がなく一応納得されたようですが,確かに理由に関しては説明がありませんでしたね。

> 水道水に含まれる塩素は体内で食塩に変わるので無害だと言うのは本当?

まず,水道水に含まれている塩素は「無機塩素」と「有機塩素」とに大別されます。両者で性質は全く異なりますので,一緒くたに議論している回答者の方々は,残念ながらそれだけで不正解です。

さて,無機塩素は主として「次亜塩素酸ナトリウム」であり,これが消毒薬として実際に水道局で添加されている薬品です。ミルトンやハイターなどの有効成分と同じです。有機塩素は No.4 の方が仰っているとおり「クロロホルム」で「トリハロメタン」とも呼ばれます。水道水中の次亜塩素酸ナトリウムの濃度は通常は 1 ppm 以下,クロロホルムに至っては ppb オーダーです。

体内で食塩に変わるのは前者の次亜塩素酸ナトリウムです。次亜塩素酸ナトリウムの化学式は「NaClO」で,食塩(NaCl)に酸素原子が一つ加わった構造です。このため,次亜塩素酸は酸素原子を非常に放出しやすく,近傍の有機物を直ちに酸化させ自身は単なる食塩になろうとします(この反応が実際の消毒や漂白などで使われています)。胃の中には多量の有機物がありますので,1 ppm 程度の次亜塩素酸ナトリウム水溶液であればほぼ瞬時に還元され食塩になります。酸化された有機物の側も,その程度の酸化であれば大気下直射日光下などでも起こりますので,特に問題にするようなレベルではありません。よって,水道水中の次亜塩素酸ナトリウムは完全に無害であると言い切れます。

一方,後者のクロロホルムは体内で簡単には分解されず,肝機能障害を起こしたり発ガン性を示すことが知られています。しかし生物学的な毒性指数である「半致死量」という観点から見れば,水道水に含有している量では全く無害であり,No.4 の方が気にされているような体内への蓄積による慢性毒性もほとんどなかったと記憶しております。

> 水道水を沸騰させても塩素は蒸発しなく、熱で少しは分解されるそうですが沸騰させるのは無意味?

いえ,かなり有効です。次亜塩素酸ナトリウムは沸騰によって熱分解します。なお,沸騰した直後にすべて熱分解するのではなく,徐々に減っていきます。ですから長時間沸騰させることが重要です(以前の質問には「1分間で」という条件があり,1分間で十分かどうかは私には分かりません)。なお,次亜塩素酸ナトリウムは無機塩ですので蒸発はしません。特にナトリウムイオンはほぼ100%残ります。次にクロロホルムについて,こちらは蒸発する物質ですので,水道水を沸騰させることによって取り除くことが出来ます(こちらは長い沸騰時間は不必要です)。

> 蛇口に取り付けるフィルターで塩素を完全に取り除けるものはあるの?

次亜塩素酸ナトリウムはイオン交換フィルター,クロロホルムは活性炭フィルターで除去されます。該当するフィルターがなければ通過してしまいます。どの程度完全に取り除けるか(つまり除去率)はフィルターの性能と取り換え頻度に依存しますが,恐らく有効数字3桁で除去率100%を達成することは大して難しいことではないと思います。なお中空糸フィルターは赤水などのゴミ用フィルターであり,これだけでは,どちらの塩素化合物も通過してしまいます。

> 水道水を沸騰させて自然に冷めるのを待って飲むと酸化してしまうのでそのまま水道水を飲んだほうが体にはいいの?

水(H2O)を酸化させてできる物質は過酸化水素(H2O2)です。このような酸化反応は自然には発生しませんので,仰っていることの前提自体が間違っております。結論を言えば,冷えても水は水のまま変化ありません。

次に体への影響について。日本の水道水は世界的に見ても非常に優秀であり,安心して飲むことができます。日本の水道水が原因で体調を崩すことは,まず考えられません。ただ,美味しいか不味いかという嗜好の問題はあると思いますので,美味しく頂きたいなら沸騰させてから使う,などと心がければ良いでしょう。なお「プラセボ効果」といって,毒だと思い込んでいると,それだけで本当に体調を崩すこともあります。あまり,浄水器メーカーの過激な宣伝文句に踊らされないようご注意下さい(痛烈な現状批判は悪徳商法の常套句ですよね)。

私自身は,高性能な浄水器など不要だと考えておりますが,実は中空糸フィルターだけは評価しております。先に書きましたとおり,これだけでは塩素化合物を一切除去できず,水の味は大して変わらないのですが,中空糸フィルターには細菌をカットするという能力もあります。よって次亜塩素酸ナトリウムで殺しきれなかった細菌を遮断する保険になりますね。

良く読むと,これって私の発言(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=806694)に対する疑問なのですね。質問者の方からは再質問がなく一応納得されたようですが,確かに理由に関しては説明がありませんでしたね。

> 水道水に含まれる塩素は体内で食塩に変わるので無害だと言うのは本当?

まず,水道水に含まれている塩素は「無機塩素」と「有機塩素」とに大別されます。両者で性質は全く異なりますので,一緒くたに議論している回答者の方々は,残念ながらそれだけで不正解です。

さて,無機塩素...続きを読む

Qマンションの貯水タンクはどれくらいの量が貯水されているのでしょうか?

都内のマンションに住んでいます。20階立てのマンションなのですが貯水タンクは、どれくらいの量を貯水しているのでしょうか?
簡単にいえば、何世帯に、そしてどれくらいの日数もつのかを教えてください。回答の方、おねがいします。

Aベストアンサー

マンション管理会社の社員です。
マンションによって給水方法が違いますので、一般的な例を紹介します。

古いマンションに多い高置水槽方式ですと、受水槽では全世帯の1日あたり予想使用量の1/2~1/4程度、高置水槽には、最大給水量の30分分の水を溜めておくのが一般的とされています。一日の使用料ですが、簡易的な算出量では、

世帯数×4人×250リットル

で、算出されます。

通常であれば、受水槽には1日使用量の半分、高置水槽には1/10程度になっています。
受水槽を使わない直結増圧方式であれば別ですが、加圧ユニットを使う方式でも、大差ないと思われます。

ですから、全世帯が使う事を前提とすれば、半日分以下という事になりますね。

Q水道水の中の塩素の働きについて

水道水の塩素は、殺菌作用が主な目的だと思いますが、具体的にはどのような反応がおきているのでしょうか?

水道水の中の0.1ppm以上の塩素濃度と言うのは、水に溶けていない?塩素濃度の事なのでしょうか?

Aベストアンサー

GWも明け、会社においてある教科書を見ることができました。

> 今の疑問はその塩素の溶け方のことです

塩素ガスを純粋な水に溶かすと、以下のような加水分解反応を起こし、
次亜塩素酸(HOCl)を生じます。

Cl2 + H2O ←→ HOCl + H+ + Cl-

次亜塩素酸は部分的に解離して、次亜塩素酸イオンを生じます。

HOCl ←→ H+ + OCl-

これらの四種類の塩素種(Cl2, HOCl, Cl-, OCl-)が平衡状態で
存在する。

水道水中を考えると、金属イオンやアンモニアイオンと反応して、
更に複雑な平衡状態を取ります。


> よく水道水の塩素濃度というような言い方を聞く

話題次第ですが、水道水を対象にするのであれば、殺菌のために必要な
最小限の注入量と、水をまずくする要因となる塩素臭やトリハロメタンの
生成のあたりの話題でしょうから、「塩素濃度」と言いつつも(良く
分からずに?)「有効塩素濃度」のことをいうのでしょうね。

Qタンクの容量について(消防法)

有機溶剤を貯蔵するタンクで、消防法の検査が義務付けられるのは何リットル以上からでしょうか?
例えば、次のような容器は消防法の検査(水圧検査等)は必要でしょうか?
 容量:27L
 使用液体:第3石油類
 使用方法:密閉し、液体を加圧する(貯液槽ではない)
板厚は4mm以上あります。この容量程度では消防法の検査は必要ない、とも聞いたんですが、本当でしょうか?
また、容量に関して規定されているのは、何という法律の第何条でしょうか? 消防法を見たのですが、よくわかりませんでした。

Aベストアンサー

消防法ではなく、危険物の規制に関する政令です。別表に記載されている以下の数量については、各消防本部で「少量危険物に関する条例」を制定していますので消防本部に聞いてください。

Q水道水を沸騰させたら塩素など有害物質が取り除かられますか?

水道水にある塩素を浄水器で取り除くことは一般てきですが、それかわりに単に水道水を沸騰させることによる塩素など有害物質も取り除かられますか?また、浄水器で取った水ですが、そのまま飲めるかそれともさらに沸騰させる必要がありますか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

NO5です。

ちょっと勘違いされてるようなので、補足を。

水道水の安全規格は、蛇口から出る水を基準にしています。

アパート、マンションなど、上部に貯水タンクのある施設は、たしか半年に一回だったと思いますが、蛇口水の水質検査を行って、残留塩素濃度が低い(基準を満たしていない)場合は改善を求められます主に塩素を追加する装置を付けて対応する場合が多いようです。

一軒家の場合はこれは水質検査の義務はありません。
水道配管は枝状ではなく弱網目状に作られる場合がほとんどです。
水質検査は、上水施設よりもっとも遠い所で判断されます。

他にも団地など上水施設より高い所にある住宅群の場合は、そこの場所に配水タンクを設けそこまでポンプで水を送り上げます。
この配水タンクでも定期的に水質検査が行われています。

地下水を自家用飲用水としている所は水質検査が求められます。
これはほぼ、任意に近いのですが、昨今地下水汚染の心配もあり、まめにされる方が多いようですね。

以上、とにかく、水質というのは、浄水池ではなく、家庭等の蛇口レベルで判断されているということです。

NO5です。

ちょっと勘違いされてるようなので、補足を。

水道水の安全規格は、蛇口から出る水を基準にしています。

アパート、マンションなど、上部に貯水タンクのある施設は、たしか半年に一回だったと思いますが、蛇口水の水質検査を行って、残留塩素濃度が低い(基準を満たしていない)場合は改善を求められます主に塩素を追加する装置を付けて対応する場合が多いようです。

一軒家の場合はこれは水質検査の義務はありません。
水道配管は枝状ではなく弱網目状に作られる場合がほとんどです。
水...続きを読む

QABS樹脂が何故か、保管中にべたべたしてしまいました。これをとる方法?

防災用の手巻き式ラジオライトですが、そのまま保管していましたが、開けてみますとベタベタが出ています。
プラスチックの保護カバーの中に入っていました。本体とカバーを写真に撮りました。
多分この組み合わせが原因と思われます。
このヌルヌルというかベタベタを拭い去る方法を教ええて下さい。

Aベストアンサー

加水分解という 樹脂の劣化とおもわれます

http://namakenews.com/archives/4023.html
べたつきをとるには こちらをご参考にしてください

Q水道水に含まれる塩素の殺菌力について

 水道水には、殺菌のため塩素が含まれていることはよく知られていますが、この塩素の殺菌力はどの程度のものでしょうか。

 塩素自体の殺菌力はかなり強いと聞いていますが、例えば、傷口を水道水で洗えばオキシフル等で消毒しなくても充分な程度に殺菌力があるとか、野菜などを水道水で洗えばあらかたの雑菌は除去できるとか、具体的に知りたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩素自体の殺菌力は強いものですが、蛇口から出る水に含まれる塩素の量では瞬間的に殺菌できる程の強さはありません。でも数分付けていればある程度の効果はあると思います。また、最近では対塩素性の菌が現れていますので、そういった菌には塩素は効果ありません。

Q飲料水用ポリタンク

震災を機に、備えを再確認中です

前々から飲料水用ポリタンク 16リットルタイプ4個を備えていますが、十分?足りない?でしょうか?

夫婦と小学生の子供の三人家族です

断水で給水車からの水を入れたり、計画断水時に貯めておいたりする場合を想定しています

Aベストアンサー

足りなくて困ることはあっても、余って困ることは無いでしょう

どんな事態になるか全てを想定することはできません

置き場所の許す限り、余分に備えていてもいいと思います

Q水道水の塩素 海水や入浴剤の塩素

水道水に含まれている塩素は害があると聞いたんですが、海水や入浴剤に含まれている塩素は無害ですか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 水道水に使われている「塩素」は
「有効塩素」と言って「毒」があります。

 だから水道水に含まれている
有効塩素(HOClや、OCl-)には、殺菌効果があるのです。

 もちろん、金魚や人体にも良いものではありません。しかし、殺菌作用で雑菌などを殺してくれる有益性を優先して、あえて、水道水には、有効塩素を加えているのです。

 簡単に言うと、
有効塩素の含まれていない「水」というのは、バイ菌だらけです。

 一方、入浴剤や、海水に含まれてている塩素(Cl-)は、
有効塩素ではないし、また、反応性もありませんので、無害です。

Q非常食の保管方法

私は社会福祉関係の施設で勤務し、業務の1つとして防災を担当しています。
その際に、上司から「週末の会議までに、非常食の保管方法」について調べる様に言われました。
現在は施設の共用部の1部屋に保管していますが、消防法等の類に抵触しないか疑問になった事がきっかけでした。
私自身でも調べておりますが、皆様の知恵も拝借したいと思います。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

消防法等については、避難経路においてあるや非常口、防火扉などの邪魔にならなければ大丈夫だと思いますよ。
また、ガソリンなどの危険物でなければ大丈夫ですね

ただ、法律論は別として、施設の場所によって保管場所に工夫が必要だと思います。

まず、出来れば1箇所ではなく、幾つかの場所に分散されることが危機管理では有効になります。
また、海岸や川が近ければ、津波や洪水のリスクからハザードマップなどで確認して、安全な高い階にも保管をされた方がいいと思いますよ

また、建物の中だけでなく、建物の外の物置などに備蓄することで、建物に被害が出たときにはこちらが有効になります。

このようにリスク分散することが、災害時に有効になりますが、それだけ備蓄量が増えて負担も増えますので、例えば一年ごとに場所を変えて保管場所を増やすなどされると、入れ替える際にも助かるのではないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング