DCファン(12Vくらい)でダクトのように一方通行で風があるところならDCファンで発電ができそうなのではと思ったのですがそもそもDCファンで発電できるでしょうか?
手元にファンがないので確かめられないのでよろしく御願いします。
使うとすればいくつか用意しないと一つでは難しいかなと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

回転 pdf」に関するQ&A: PDF回転保存

A 回答 (3件)

基本的には出来ません。


通常DCファンに使用されるモーターは「ブラシレスモーター(BLM)」と呼ばれるものです。
このモーターは回転する方が永久磁石になっていて、コイルのほうが固定されています。
これを回転させるには複数のコイルに次々と電流を流して回転する磁界を作る必要が有ります。
その為、コイルに電流を流すための駆動回路が必要になります。
http://japan.renesas.com/media/products/mpumcu/h …

永久磁石を回転させればコイルのほうに交流電圧が発生しますが、
駆動回路のほうは交流電圧を直流に直すようには作られていません。

駆動回路を取り外してコイルから直接電圧を取り出せば発電は出来ます。
複数のファンをそのまま接続する場合はそれらすべての回転数と位相を合わせる必要があるので現実的では有りません。
一旦直流に変換してから並列にする必要が有ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。そうなんですね。
使おうとすれば一工夫必要ですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 23:37

原理的には不可能と思っていましたが、手元にあったCPUの冷却用のファンにテスタを繋いで、口で吹いてみたら・・・


電気が起きますねェ~!!。不思議ですねェ。
テスタで、0.03Vの電圧が出ています。
電圧は、ファンの回転数があるところで0.03Vを超えることはないようです。

恐らく駆動回路からの漏れと言うか、正規とは逆の電流が流れることにより、各素子の許容範囲内での漏れだと思います。

なので発電できるできないで言えば、「できる」となりそうですねェ!!。
ただ、まったく実用的ではありませんし、ひょっとしたら危険かも知れません。

発電できても、発電目的で使わない方がいいと思いますョ^^v。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうでしたか。羽がついているからそのまま使えたら便利だなと思ったんですがそうはいかないですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 23:32

〉DCファンで発電は出来る?



どのようなDCファンなのか分からないので明確な回答は出来ませんが、PCなどに使ってる小型放熱用ファンなら出来ません。
なぜなら、DCモーターといっても「ブラシレス」モーターで磁界になるエネルギーを外部から供給してもらって回転してるモーターだからです。
これが、模型用モーターで有名な「マブチモーター」のように、モーター内部に「永久磁石」が固定されていて、その磁界の中で回転子が回るモーターなら整流子に直流電力が生じるので発電出来ますが、ブラシモーターの最大の欠点である「電気火花」がブラシから発生するノイズ信号になるのでPC用ファンには絶対に使わないはずです。
そして、もう1つの欠点はブラシが磨耗するので寿命が短い事です。
この欠点は、ファンモーターには致命的欠点ですから、常識的にはDCブラシレス・モーターを使ってると考えられるので発電はしません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。モーターでも根本的に構造が違うんですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QACモータを水車の発電機として使うことは可能でしょうか?

DCモータに回転を伝達して,発電機として使用する
ことを検討していたのですが,ブラシの問題や価格の
問題からACモータを使った方がいいかもしれないと思ったのですが,ACモータは逆に発電機として使う事は可能なのでしょうか?可能ならば詳しいホームページなど教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

補足です。
私は小型モーターの世界しかおつきあいが無く、発電器には無縁なので、用語は回答2の方の方が正しいと思います。
で、回答1をわかりやすく修正します。

家庭用の誘導モーターで、発電器に使用できる物はありません。
たとえば扇風機や冷蔵庫のモーターなどは、原理的に発電できません。

電気子と界磁にコイルを使ったモーターならば、発電に使用できます。
ただし、電機子に電流を流すのにブラシが不可欠ですから、ブラシレスはムリです。
家庭用のACモーターで発電に使用できてブラシレスというのはも見た事がありません。

一番簡単なブラシレスは、電機子にコイルを使用しない物です。
ただ、その構造の誘導モーターでは発電は不可能です。
電気子が永久磁石になっている物なら発電できますが、そういう構造の家庭用モーターは見たことがありません。

他の方の回答にもありましたが、すなおに発電器を使用するのが得策かと思います。
小さい物では自転車用の、もっと大きな物では自動車用の発電器が手軽だと思います。

Q模型のモーターで発電できるか

発電機とモーターは同じコイルと磁石で出来ているそうですが、模型のモーターに風車を付けて回しても風力発電のようには繋いだ豆電球が点きません。なぜでしょうか?

Aベストアンサー

実際には電気が生じていますが、その場合豆電球が光る程の電力が得られるまでには回転数が足らないのです。
どのような風車を想定されているか判りませんが、台風程の風力が働けば点灯を確認出来るかも知れません。

因みに、模型用・玩具用モーターを用いた発電の実験キットは何種類か市販されています。
また、緊急時用の懐中電灯やラジオで手動発電の製品で安価な物は上記と同じモーターを使っている事が多いです。
これらはハンドルから幾つかのギアを介してモーターを高速回転させます。
自転車の古いタイプの発電器等は模型用・玩具用モーターよりも性能は低いですが、
自転車の大きなタイヤ(実際にはリム部分)が高速で回転し、
発電器のシャフト先の小さな接触部分が更に高速で回転しますので光量を得られるのです。

Q風力発電機を自作したいのですが

ペットボトルなどを利用した簡単な風力発電機を作りたいと思っています。
使用するモーターはミニ四駆などで使われる一般的なものです。

そこで質問なのですが、発電した電気を貯めるにはどうしたらいいのでしょうか。
使用するバッテリーや、それに繋げる方法を教えてくれるとうれしいです。

Aベストアンサー

はじめまして♪

わたしも中学生とかの頃にモーターで発電って、遊んだ事があります。

充電が難しいんですよねぇ。(YoY)

モータがー動くのに3Vとか4.5Vとかでしょうが、回して発電させた場合、電圧は一定せずつねにふらつきます。
このため、充電池の電圧より低い発電、極端な例は風邪が無くて回らない時、電池からの電気で、モーターが回って電気消費ですね。

このため、電気の流れが一方通行となるようにします。

具体的にはダイオードと言う部品で一方通行にします。

単純な原理としては、上記の状態で良いのですが、実際には電池に溜まった電圧より高いときだけ通電するスイッチが必要となり、この部分を回路で自動化するには充電量と同じ程度の回路内の消費電流が必要に成ったりするので、現実的には6Vのモーターで1.2Vのニッカド電池を充電するのが精一杯と言う所のようです。

効率の良い回路は部品を組み立てて作るのがほぼ難しく、大量生産されている小型機器を流用する事は可能でしょう。
簡単に言えば、小型のソーラー発電機、ケータイなどの充電に使う機器には回路の前半分が備わっています。
ケータイ側に電池充電をコントロールする回路(デジタル回路とコントロールソフトウエア)が組み込まれています。

壊す事を恐れなければ、ソーラー発電でケータイ充電を行う機器を改造し、ソーラーパネルと観賞しないようにダイオード等で電流の方向を制限して両方で発電出来るようにすれば、実用上利用可能に成るかと思います。

小型の充電池は小さいのに大きなエネルギーを扱うので、充電時のコントロールを無視すれば発火や爆発等で人命にもかかわります。

その意味では自動車バッテリー等の昔から存在する簡素な原理の充電池が良いのですが、鉛と硫酸という健康に影響が出る内容物を扱いますので注意を怠らないと言う意味では同じ様な扱いとも言えますね。(それでも、いきなり発火や爆発の可能性は低く、ガスの発生事故程度でしょう。ガスは刺激性が強く、有毒性ですので、多量に浴びたり吸い込まないようにしましょう。私も目がチカチカ、喉が痛く成った事は有ります。)

この、鉛蓄電池とも言われるバッテリーの場合、入手し易いのはバイクや車用で6V,12V,24Vでしょうから、モーターを直列にして規定電圧以上の発電を目指して、ダイオードで逆流防止するだけでも、一応は利用出来そうです。

費用対効果と言う事からは、多少疑問もあるのですが、工作と研究と言う部分では面白いと思います。

電気を貯めておく と言う事がとても難しいと言う良い経験に成るでしょう。

ニッカド電池やリチュームイオン電池、エネループやエボルタなどのニッケル水素電池には充電しようと考えない方が無難です。 ほんとに人命に関わる事故の可能性が高く成りますから、むしろ電池の特性を十分に考えない人には「絶対ダメ!!」と言いたい程です。
(まぁ、鉛バッテリーだって、間違えば病院行きとか家が丸焼け火災の可能性も否定出来ないので、あまりオススメはできませんけれどね。苦笑)

市販のプロペラとモーターと充電のキットがなぜ安く無いかは、多少ご理解戴けたら幸いです。

販売する場合は危険性が有れば訴訟問題に発展するので、とても慎重な設計と説明書の添付が必要に成りますものね。

危険が少ない範囲で、がんばってみてください♪

はじめまして♪

わたしも中学生とかの頃にモーターで発電って、遊んだ事があります。

充電が難しいんですよねぇ。(YoY)

モータがー動くのに3Vとか4.5Vとかでしょうが、回して発電させた場合、電圧は一定せずつねにふらつきます。
このため、充電池の電圧より低い発電、極端な例は風邪が無くて回らない時、電池からの電気で、モーターが回って電気消費ですね。

このため、電気の流れが一方通行となるようにします。

具体的にはダイオードと言う部品で一方通行にします。

単純な原理としては、上記の状態で...続きを読む

Q磁気を遮断するもの

10mmくらいの間隔を置いて磁石が固定されており、お互いに引っ張りあっているものの間に、何かの物質により磁力を遮断することは可能でしょうか。
その磁力を遮断する物質は何でしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出ないように封じ込めます。
ところが、今回は磁石が2個なので、引き合っている間に透磁率の高い物質を入れると、それぞれの磁気がこの磁石で付きやすい物質を引きますので、遮断できないと思います。

>お互いの磁力が作用しなくなりそれぞれの糸がたるみ、磁石が落ちる。といった構造にしたいのですが。
このような作用をさせたいとすると、遮蔽する考えでなくて反発させるのが良いと思います。
つまり、シート状で両面が極になっている磁石を使用します。
2個の磁石の間にN極にはN極が、S極にはS極が向くように入れます。
これで、2個の磁石は、同極に相対しますから反発されるので落ちると思います。

もし馬蹄形の磁石でしたら、少し複雑になりますが、このシート状の磁石を2枚使って、それぞれの足で逆な極性にすることになりますね。

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出な...続きを読む

QCPUファンは 電池でうごかせますか?

だいたいDCモータのようですので、V数を合わせたら
なんとか電池で動かせる物なのでしょうか?

ファンいろいろ
http://www.ko-soku.co.jp/sales/fan_menu_index.htm

Aベストアンサー

説明不足の#3です。

すいません、補足します。

自分が参考にしたのは下記サイトと同じものでした。
http://www.ainex.jp/img/large/ca-03p_s.jpg
xxxmac4様が貼られたリンク内のマニュアルダウンロードのPDFで、
図内の4ピンから3ピンへの変換ケーブルと同じだと思います。

4ピンが大きいコネクタで
赤:5V
黄:12V
黒:GND

3ピンの小さいコネクタは
黄:12V
黒:GND

この小さい3ピンコネクタに、ファンに付属しているコネクタがつながります。
写真の空き端子は、ファン回転数等を検出する信号線用です。
動作だけなら必要ないです。
ちなみに4ピンコネクタはパソコン電源につながります。

ファン側の線が何色かは実物見てないのでわかりませんが、
3ピンコネクタを接続した時に黄色につながるのが12Vで、黒につながるのがGNDになります。
赤線に黄色線を接続で気持ち悪いですが、
実際、ファン付属線の線色はメーカーによって違っていたりするのです。
写真見た感じ、(ファン側)赤線が12V、黒がGNDに見えますが、
現物をみてお確かめになって下さい。

説明不足の#3です。

すいません、補足します。

自分が参考にしたのは下記サイトと同じものでした。
http://www.ainex.jp/img/large/ca-03p_s.jpg
xxxmac4様が貼られたリンク内のマニュアルダウンロードのPDFで、
図内の4ピンから3ピンへの変換ケーブルと同じだと思います。

4ピンが大きいコネクタで
赤:5V
黄:12V
黒:GND

3ピンの小さいコネクタは
黄:12V
黒:GND

この小さい3ピンコネクタに、ファンに付属しているコネクタがつながります。
写真の空き端子は、ファン回転数等を検出す...続きを読む

Q発電機の電力と回転数、 起電力と電圧と電流、 について

1 発電機の回転数と電力の関係を知りたいと思います。
 調べて考えたところ、回転数に比例して電圧が上がり、結果電流も上がって、一回転の電力は回転速度の二乗に比例する、、ようですが、だとしたら時間当たり出力は3乗に比例する、ということでいいのでしょうか。

2 じつは、今だに起電力と電力と電圧と電流の統合的関係がわかっていません。
 (d磁束/時間)×巻き線=(比例)=電圧と思いますが、(d磁束/時間)が本来の概念として相当するのは電流なのか電圧なのか。
 起電力とは電圧だとしたら、負荷を並列に数を増やすと抵抗が減って、それに応じていくらでも電流を流せるはずという原理になってしまいそうです。
 発電機は他の仕事を電力に変換するはずなのに、電圧か電流の一方の式しか見付けられませんでした。
 仕事=抵抗×ストローク、に相当するものはどうなっているのでしょう。実際の事情でなく原理として知りたいです。

2 の方は暇なときでいいです。1の方は困るというより、わからないと危ういというか。

Aベストアンサー

1.
電力とは単位時間当たりに生み出すエネルギーのことを意味します。
(仕事率と同じ次元になります。単位も仕事率の単位W(ワット)を使用します)
時間当たりの量ですので、1回転当たりのエネルギー量と同じではありません。
回転数を上げると、1回転に要する時間は反比例して小さくなります。
つまり回転数を2倍にすると電力は4倍になりますが、1回転当たりに生み出すエネルギーはその半分、つまり2倍になります。

2.
起電力とは誘導される電圧をさします。
では負荷のインピーダンスを小さくすることでより大きな仕事を取り出せるかというとそれは違います。
負荷のインピーダンスを小さくし電流量を大きくすると、発電機内の磁界が大きくなり発電機をまわすのに必要なトルクが増大します。
同じ仕事率で発電機を回すと、(仕事率)=(トルク)×(回転数)ですので回転数が落ちてしまいます。その結果、起電力が落ちてしまいます。
出力電圧を一定にするためには与える仕事率をより大きくする必要があります。

Q普通モーターは、電磁石と永久磁石から作りますが、永久磁石同士で作った場

普通モーターは、電磁石と永久磁石から作りますが、永久磁石同士で作った場合、どれくらい回り続けるものなのでしょうか。
回りを磁気の通らないもので囲う前提で、回らないですかね。

Aベストアンサー

>永久磁石同士で作った場合、

前提からまちがってます。

>回りを磁気の通らないもので囲う前提で、

原理には意味ありません。

電動モーターに限らず、「引き寄せる」とか「反発する」力だけでは
「回転し続ける」動力にはできません。
(もしできたらノーベル賞をとれるかも)

重りがついたヒモを、手で持って振り回すのを想定します。
モノの位置によってひっぱる力の方向を変化させることによって回転が持続します。

電動モーターの一方が電磁石なのは、回転位置によって電流を制御し、
力の方向を変化させるためです。
永久磁石同士だと、変化させる事ができないので
回転力を得ることができません。

Q自宅前の小川からの電気を使うことは可能ですか?

こんにちは、質問させていただきます。

自宅の前に小さな川があって、その川が(急流でもなく沈滞してもなく)普通の速さで流れる川だったら、そこに小型の水車などを設置して発電し、その電気を家に引いてエアコン一台なんかを立派に使う…、なんてことは出来るでしょうか…?

大学初年度レベルの、基礎の電気回路と電磁理論をずっと昔に勉強しましたが、今現在にきちんと覚えているのは中学生レベルまでで、発電所や変電所の仕組みは、ネットを調べてもぼんやりとしか分かりません。
今回の質問で考えてしまうのは、部品や機器があれば出来そうだけども、そこで発生した起電力は(川の流れ方によって)不安定になるんじゃないかな…とか、電流の周波数を50もしくは60Hzに変換するのはどうするのかな…とか、電力会社から送られてくるような品質の電気(家のコンセントから得られる電気)は自宅近くでも作って使えるのだろうか…、といった疑問です。
とくに、発電時の起電力が水車で発生する程度で、送電線が自宅まで100mぐらいであるといった、小規模な発電・送電のとき、変電工程はどのようになるのだろう?と思います。

自家用水力発電機みたいなのがあったら、電気代節約になっていいな~…と、ふと思ったのですが、自分がやるのは法律的にまずそうな気がするのと(もしやれるなら電験とかの資格が要る気がします)、一人でやったら逆にお金がかかりそうなので実際やるわけではありません。でも、技術的に可能なのかどうか、気になって質問させていただきました。

ご回答よろしくお願いします。

こんにちは、質問させていただきます。

自宅の前に小さな川があって、その川が(急流でもなく沈滞してもなく)普通の速さで流れる川だったら、そこに小型の水車などを設置して発電し、その電気を家に引いてエアコン一台なんかを立派に使う…、なんてことは出来るでしょうか…?

大学初年度レベルの、基礎の電気回路と電磁理論をずっと昔に勉強しましたが、今現在にきちんと覚えているのは中学生レベルまでで、発電所や変電所の仕組みは、ネットを調べてもぼんやりとしか分かりません。
今回の質問で考えてしまうの...続きを読む

Aベストアンサー

できるか、できないかなら、「無理」。
理由:エアコンを動かすということから、400Wの発電とします。
落差が無いところに設置するための水車だと、直径40cm、長さ50cmで100Wくらいの発電量です。
ただし、100Wというのは、それなりに流れが速い場合の発電量で、それでも4つ必要。
もしくは、昔ながらの粉挽き用の水車が必要。(小型じゃないけど....)
 ※川の流れが遅いと、水車の回転もゆっくりなので、大きくなってしまいます。これは技術的にどうしようもありません。
ここの、写真2を参照。(設置場所:山梨県都留市の市役所そば。)
http://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2008/05/articles/0805-02-2/0805-02-2_article.html
もし、水路に50cmでいいから段差があれば、同じ大きさの水車で家庭1件分の電力は楽に発電できます。

ただ、実験ならとにかく、本格的に作る場合、洪水のことを考えないとなりません。
写真2~4の状態で洪水が来たらあふれてしまいます。つまり、堤防の改修が必要。
そうすると、水車発電機と堤防改修で、少なく見ても100万~300万かかります。
それだけお金をかけて、かつ、急流部で100W(居間用の蛍光灯1式くらい。)なので、
それでもやりたいですか?

>電力会社から送られてくるような品質の電気は自宅近くでも作って使えるのだろうか
電力会社管轄の水力発電所は、周波数を一定とするために、水車の回転速度を自動制御できるようになっています。
ただし、これは、上記写真の水車と違って高速回転する水車だからできるのであって、低速回転の場合、回転速度の調節ができないから、
発電→バッテリーに蓄電→インバータで交流にする
ということが必要になります。

できるか、できないかなら、「無理」。
理由:エアコンを動かすということから、400Wの発電とします。
落差が無いところに設置するための水車だと、直径40cm、長さ50cmで100Wくらいの発電量です。
ただし、100Wというのは、それなりに流れが速い場合の発電量で、それでも4つ必要。
もしくは、昔ながらの粉挽き用の水車が必要。(小型じゃないけど....)
 ※川の流れが遅いと、水車の回転もゆっくりなので、大きくなってしまいます。これは技術的にどうしようもありません。
ここの、写真2を参照...続きを読む

Q塩ビパイプの曲げ方

径40mmの塩ビパイプを、内径をなるべく減らさないように曲げたいのですか、何かよい方法はありませんか。

Aベストアンサー

曲げ半径がどれ位を予定されているのか分かりませんが、市販のエルボでは合わない半径を予定されているものと考えて書きます。

1~2本曲げる程度なら砂を入れる方法が適当かと思います。
他の回答者の仰る様なドライヤーか、バーナーならパイプを回しながら遠火で気長に加熱するのがコツです。
砂が入っている分加熱に時間がかかります。

もし数多く曲げる必要があるなら、内径にスル~ッと入るくらいのバネがあると楽なんですけどね、(専門店で扱っているようですが買ったことはないので案内できません)この方法が多いかと思います。

1~2本失敗してみればすぐ感がつかめるでしょう。

Qバッテリーの容量は高いほうがいいですか?

先日、バッテリーについて、電圧の低下でバッテリーが上がるということをお教え頂きました。

今回の疑問なのですが、バッテリーの容量です。
私の車(フィット)では34B17Lというサイズのバッテリーを搭載していますが、パワーアンプを乗せていて、もし買い換えるならばできるだけ大きい容量のものを、と思っています。そこで、34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

 それと同時に、車の発電量というのがありますが、バッテリーを大きくしすぎると、発電が間に合わない。。。などということがあるのでしょうか?


どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まっています。バッテリーの容量を増やしたからといって、車載機器に電流を供給できるわけでもありません。エンジン停止時やエンジンの回転が極めて遅くなった時(ダイナモの発電量が低下して供給電流が不足している状態)にバッテリーの電流が供給されるだけです。
パワーアンプを載せたからバッテリーの容量を増やしても役に立ちません。バッテリーの容量を増やしての効果は、エンジンの始動時や道路や踏み切り、交差点内でエンストした場合のセルモーターの回転持続時間や自力走行距離に長さ、および夜間エンジンをかけないで前照灯を点灯できる時間の長さを長く出来るだけです。

ですから、車載機器を沢山、載せたからと言ってバッテリーの容量を増やしても意味はありませんね。
その車のダイナモの発電能力(充電能力)やセルモーターの消費電流、停車中の電気の使用電流の予定などを目安にバッテリーの容量が決まってくるもので一定の範囲(上限と下限)に収まる範囲のものを使うことになります。

容量規格については、上記の理由で大幅な容量アップしても意味がありませんので、その車によって選択できる範囲での適合バッテリーから容量の大きめを選ぶしかないですね。(余り効果は期待できません。走行中のパワーアンプの電流はダイナモから供給される。バッテリーがなくなってきている場合、かえって容量の大きいバッテリーほどダイナモの負担になります。)

>34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。

「容量(Ah)と始動性能(CCA)の関係から決められた総合性能を示します。数字が大きいほど性能が大きい事になります。よく誤解されると思いますが、単純に
33アンペアアワーや38アンペアアワー・・・という訳ではありません。」との説明があります。
理屈的には1アンペアアワー=2アンペア×0.5時間などとなるかも知れませんがバッテリーが消耗してきた段階では内部抵抗が増え12Vの電圧が出なくなってきますので電流が数値計算通り取り出せるか疑問ですね。ただしアンペアアワーが大きいほど電流はとりだせます。
バッテリーは、エンジン始動時のセルモーターの回転、エンスト時の車の移動、エンジンを切ってのランプやラジオへの電流供給などに使われ、消耗します。駐車場でエンジンを停止した状態での前照灯や補助ランプを付けっぱなしにした時もバッテリーの電流が使われます。

http://www.1techicon.com/battery.html

車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。
もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。
走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報