アメリカンフットボールのパスについて質問です。

バンチ体型が来たときに、テッペンの前に一人置くのがその体型に対するポジショニングと聞きました。

なぜ一人置くのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

TEがいるBunchなのか単騎のWRがいるのかや、4-3or3-4,OVERorUNDER,M/MorZONE等、D#の守り方によって全く違います。


また、コーチの考え方にも色々ありますので決まりはありません。

仮に、O#が単騎WRのBunch、D#が4-3 Shade Cover2だとします。
この場合、私の考えだと、BunchサイドのDEもしくはOLBをBuchのてっぺん(以下#2WR)にポジショニングさせます。
DEを当てさせる場合は、#2WRの少し外目にポジショニングさせ、プレイ開始と同時にQBめがけて鋭角にラッシュさせます。この時、DEが開いていてOTの前には誰もいなくなってしまうので、OLBとMLBをBunchサイドのインサイドランをケアさせます。オープンプレーはDE,CB,SSが対応します。
OLBを#2WRの前につける場合は、3人のLBをBunchサイドにスライドさせてインサイドランはMLBと逆サイドのOLBが対応します。オープンプレーはOLB,CB,SSが対応します。

あなたの質問は、パスカバーについてなので、どちらの場合もFSを通常よりも真ん中に位置すると良いでしょう。ただ、単騎のWRのサイドのCBは広範囲を守ることになるので少し厳しいです。
私がチームのHCだったら、Bunchの場合単騎サイドのCBは切り離してM/Mにするか、Cover3 SKYorCloudにオーディブルをかけます。



長文&駄文お許しください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QアメフトのQBの遠投は?

 アメフトのQBの人たちは、最大遠投でどのぐらい投げられることが出来るのでしょうか?教えて下さい。また、公式戦での、100ヤードパスは過去にあったのですか?重ねて、お願いします。

Aベストアンサー

そのようなものは、やはり本家NFLへ行きましょう。

NFLのヘッドページ:http://www.nfl.com/
その中のRecord & Fact Book:http://www.nfl.com/randf/index.html

参考URLはその中のIndividual Records - Passing
ほぼ中央にある「Longest Pass Completion (All TDs except as noted)」が
その記録だと思います。
タッチダウンパスは除外しているようなので、最長は99ヤードですが、
本当は100ヤードを越すのだと思います。

最近では去年で、Kansas City ChiefsのQB Trent Green選手のパスですね 。
http://www.nfl.com/gamecenter/recap/NFL_20021222_SD@KC

参考URL:http://www.nfl.com/randf/indiv_passing.html

Qアメリカンフットボールの反則に関する質問です。

アメリカンフットボールの反則に関する質問です。
自陣のエンドゾーンの直前で味方のプレーヤーが一旦確保したボールをファンブルしました。
そのままだとボールがエンドゾーンを通過してフィールドの外に出て,こちらのセーフティになりそうだったので,リカバーしようと転がるボールを追ったのですが,敵のプレーヤーに意図的にブロックされてリカバーを阻まれ,近くに他の味方のプレーヤーがいなかったため,ボールはそのままエンドゾーンを通過してフィールドの外に出ました。
この場合,敵のプレーヤーの意図的なブロックは「スポーツマンらしくない行為」の反則にはならないのでしょうか?(敵チームはその次のプレーにおける攻撃権の確保を狙い,敢えてタッチダウンを避けました)
もっとも相手の「スポーツマンらしくない行為」の反則が認められてもこちらのセーフティとなり,次のプレー開始のこちらのキックが通常より5ヤード(?)前となるとは思うのですが。
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

最近、あまりフットボールをみていないので、ルールに対する記憶が曖昧なのですが、参考になればと思います。

ファンブルした時点でボールはフリーになるため、誰がボールを取りに行ってもいい状態になります。
このときのブロックは許されるはずです。
ただし、ボールに向かう選手に対して、後ろからブロックにいくのはイリーガル・ブロックをとられると思います。

通常、ファンブルした場合、ボール確保をすることを選手は訓練されているので、当然、ボールに複数の選手が飛び込んでいく状態になるので、ボールの近くでの接触については審判も判断ができないため、過度な行為(殴る蹴るの類)でなければフラッグは出ないでしょう。出るとすればボールから離れたところでのブロックに対してフラッグが出ると思います。

この場合の合法的なブロックは、簡単に言うとボールとブロックしたい選手の間にブロッカーがいれば合法的なブロックになるのですが、ファンブルの場合、ボール付近ではよほどのことがない限り難しいでしょう。できるとすれば、ボールと相手選手の間に自分が入って、自分はボールを触らないでボールに対して通せんぼするような感じになるかと思います。

アンスポーツマン・ライフ・コンダクトについては、笛が鳴った後のブロックでなければほぼ間違えなく出ないはずです。チョップ・ブロックなどが行われた場合にはアンスポーツマン・ライフ・コンダクトを宣告した審判もみたことがありますが、これは通常スクリメージでカップを作っている最中に起きるプレイで、ファンブル後のプレイでは起きづらいと思います。(まぁ、ファンブルに気づかないことも往々にしてありますが・・・)

仮に、プレイ後のアンスポーツマン・ライフ・コンダクトであれば、点を取られた側の35ヤード地点からのキックオフになるはずです。(セイフティーの場合には20ヤードからのキックオフで、反則による15ヤードの罰退が適用されるため35ヤードから)

(ファンブル前の時点での守備側が)あえてタッチダウンを避けるという点については、あまり考えられないと思います。仮に残り時間が少ない場合でも追加点(6点)の方が魅力的なはずです。攻撃側が残り時間をつぶすため、あえてセイフティーを与えるというのは戦略上考えられます。実際にNFLの試合でも何度か見たことがあります。

最近、あまりフットボールをみていないので、ルールに対する記憶が曖昧なのですが、参考になればと思います。

ファンブルした時点でボールはフリーになるため、誰がボールを取りに行ってもいい状態になります。
このときのブロックは許されるはずです。
ただし、ボールに向かう選手に対して、後ろからブロックにいくのはイリーガル・ブロックをとられると思います。

通常、ファンブルした場合、ボール確保をすることを選手は訓練されているので、当然、ボールに複数の選手が飛び込んでいく状態になるので、ボー...続きを読む

QアメフトのQBについて

アメフトでQBをやっているのですが、パス練習で
OFE:QB1人、WR1人
D#:CB1人、LB1人
の人数で、LBが壁なしでブリッツに来るという、
『ラインが崩れた場合を想定してのパス練習』
をしています。

WRは5ヤードインなど簡単なルートで、CBはマンツーです。

スタート後、まず後ろに3歩ドロップバックをし、そこまでは良いのですが、その後、ラッシュから逃げ切れません。

1.WRが居た方向に逃げると、逆方向へのパスになってしまう
→肩の力を要す。

2.WRが進む方向に逃げると、パスはしやすくなるが、回転が安定しない
→焦ってしまう。

といった欠点が出てきます。

しかも、投げれたとしても、それは
『ラインがいない=目の前には誰もおらず快適な状態でのパス』
です。

ラッシュから逃げてパスをする
ラッシュ対策
は、どうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 その練習ではとにかく、LBのブリッツを交わすことが
目的です。最初の動きでブリッツを交わしたら、1歩だけ
前進します。そうすれば、タックルし損ねた LB が方向を
転換して戻ってくるまで十分な時間が取れます。

 そのあいだに QB は動きを止め、しっかりとした体勢で
パスを投げればいいのです。LB から逃げ続けるのではなく、
一瞬だけタックルを交わし、その後のホンの1秒弱を使って
しっかりパスを投げる練習だと考えてください。

 タックルを交わした後に前に出られるか出られないかで、
パッサーとしての価値は変わってきます。NFL レベルでさえ、
この1歩前進ができず、簡単にサックされる QB は多いのです。

> 『ラインがいない=目の前には誰もおらず快適な状態でのパス』です。

 QB の役目は、ヒットされるまで恐れることなくパスを投げる
ことです。ブラインドサイドからのヒットはラインを信じて無視
します( ヒットされてもボールを離さないでいることは大事ですが )。

 あとは正面からパスラッシュしてくるラインを避けようとしては
いけません。パスを投げた後にヒットされたなら、ラフィング・ザ・
パッサーですから、むしろ儲けものです。なのでパスラッシュを
恐れることなく、せいぜいDLによるパスディフェンドに気をつけて
リリースポイントを高くしましょう。

 その練習ではとにかく、LBのブリッツを交わすことが
目的です。最初の動きでブリッツを交わしたら、1歩だけ
前進します。そうすれば、タックルし損ねた LB が方向を
転換して戻ってくるまで十分な時間が取れます。

 そのあいだに QB は動きを止め、しっかりとした体勢で
パスを投げればいいのです。LB から逃げ続けるのではなく、
一瞬だけタックルを交わし、その後のホンの1秒弱を使って
しっかりパスを投げる練習だと考えてください。

 タックルを交わした後に前に出られるか出られな...続きを読む

Qアメリカンフットボールの他にカナダのカナディアンフットボール、オースト

アメリカンフットボールの他にカナダのカナディアンフットボール、オーストラリアのオージーフットボールがありますがルールは全く違うものなんですか?あとアメリカンフットボールはワールドカップやってるらしいのですが他のフットボールはやってますかね。

Aベストアンサー

オージィーは全然別のルールなので、
CFLの方の違いを、

1:プレイ人数
AFLは11人ですが、12人

2:ダウン数
AFLは4に対し3

以上の点が大きく違うところだと聴いた記憶があります。
フィールドも若干CFLの方が大きいとも?

以上ウォーレンムーンがCFL経験者だと言われた時に使われた相違点です。

Qアメフト、QBのこの行為の解釈

以前、教えていただいた中にこのような記述がありました。
「なおスパイクは、QB がボールを持った瞬間に行なう必要があります。QB がステップバックした後では、インテンショナル・グラウンディング( レシーバーのいないところにパスを投げる反則 )を取られてしまいます。」
球技の反則は、ゲームを楽しむ上で何か不都合があるから取り決められたと解しています。これにかんして、QBがステップバックしてからのスパイクはどのような不都合があるのでしょうか?なぜ反則なのかがわかりません。

Aベストアンサー

 その記述を書いた本人です(笑)。

 インテンショナル・グラウンディングを反則に取る理由は、
サック逃れを禁止するためです。

 つまり、ステップバックした QB がタックルされそうに
なったとき、そこでサックされれば数ヤードの損になります。
ここでもしインテンショナル・グラウンディングがなかった
ら、サックされそうになった時点でわざと失敗パスを投げて
しまえば、ヤードを損しません。これでは攻撃側がリスクな
しになってしまいますので、反則で規制しているわけです。

 いっぽう、No.1 さんの説明どおり、以前はスパイクも反則
を取られていました。ですが、フットボールにおいてとても
重要なダウンをひとつ犠牲にしてまで時計を止めるのは認め
ようということで、スパイクが認められるようになりました。
その代わり、ズルができないようすぐにスパイクすることが
求められています。

 そうしないと相手守備の動きを見てから、スパイクするか
プレーするかを選択するという、ズルい攻撃方法が生まれて
しまいますからね。反則の適用はときにナンセンスになりが
ちですが( 野球における二段モーション禁止適用厳格化など )、
当初の目的を達成するには、どうしてもステップ後のスパイ
クを反則に取る必要があるわけです。

 その記述を書いた本人です(笑)。

 インテンショナル・グラウンディングを反則に取る理由は、
サック逃れを禁止するためです。

 つまり、ステップバックした QB がタックルされそうに
なったとき、そこでサックされれば数ヤードの損になります。
ここでもしインテンショナル・グラウンディングがなかった
ら、サックされそうになった時点でわざと失敗パスを投げて
しまえば、ヤードを損しません。これでは攻撃側がリスクな
しになってしまいますので、反則で規制しているわけです。

 いっ...続きを読む

Qアメリカンフットボール ラフプレイ

アメフトの強烈なタックル見て思ったんですが、ルール上相手を潰すなら何やってもいいスポーツなんですか?

決してアメフトが理解できないと言っているわけではありません。
ただ、プレーヤーも人間だから、タックルにぶちきれることもありそうですし、プロスポーツだからそれなりに選手の寿命が縮むようなことはタブーになったりしそうなんですが、そのへんどうなんでしょうか?

自分だったら100キロ以上ある巨体にぶつかられたら背骨くだけちゃうと思うんですけど、プレイヤーはどうやって身を守ってるんでしょうか?不意打ちのように後ろからタックルされたら、変なふうに倒れて複雑骨折したり首の骨おったりしそうです。

Aベストアンサー

後ろからのブロック(クリッピング)はスクリメージライン付近10×6ヤードのクリッピングゾーン以外では明確に禁止されています。
タックルもボール保持者以外には禁止されていますから、そもそも、「不意打ちのようなのタックル」というプレー自体があり得ません。ボールを持っていればいつタックルされてもよいように構えています。

怪我に通ずる危険のあるプレーはルールでは明確に禁止されています(フェイスマスクを掴む等)、少なくとも、ルールは厳密です。

アメフトの防具はプレー中の怪我防止に向けて進化しています。ヘルメットの内張にしても20年くらい前とは全く違っています。ただ、関節部分に関しては運動能力の基本的な部分なので動作を制約するような防具は使いにくい状況にあります、この部分が衝撃反応樹脂(一定以上の衝撃を受けたときだけ硬化する)などで防護できればもっとよいのですがね。

Q【アメフトのルール】

【アメフトのルール】

QBがRBにハンドオフするふり(PA)をして、相手のLBが騙されてRBにタックルしてしまった場合は、何らかの反則を取られますか?

Aベストアンサー

 #1です。適用される反則についてはちょっと自信がないのですが、
程度が軽ければディフェンシブ・ホールディング、程度がひどい場合は
アンネセサリー・ラフネスになるものと思われます。

 ただ、「 ああ、ダマされちゃったねえ 」というタックルであれば、
おそらくお咎めなしでしょう。オフェンスとしては反則を誘うために
フェイクを入れているわけではなく、フェイクしているRBにタックル
してくれたら、むしろしてやったりですからね。

 なお、イリーガルコンタクトはおそらくないでしょう。なぜなら、
腕を使ってオフェンスの選手をどけることは認められているからです。

Qアメリカンフットボール

ハドルがとけ攻撃直前にQBが暗号のコールを行い攻撃パターンを変更することがありますが、どのようなコールを行っているのか具体的な例で教えて頂ける方、ご回答をお待ちしております。
※いつか倶楽部チームをつくりたいオヤジからの悩みでした。

Aベストアンサー

NFLだとクラウドノイズが大きくて声だと指示が通らないことがあるので
特にワイドレシーバーだと距離があるので聞こえない

例えばヘルメットの上角2本みたいな指のゼスチャーとか
指4本立てるとかそういう
動作でコールしていることが多いです

そんなにパターンはないのでしょう

Qアメフト 身長が関係ないポジション

自分は身長173cmぐらいで小さいんですがアメフトをやりたいです。

NFLを見ていると身長が高い選手が多いのはライン、QB、TE、逆に低いのはRBが多いイメージですが身長が低くても問題ないポジションってRB以外でもありますか?

Aベストアンサー

足が速いならWRもありえない話ではない。
WLBとかだったら、ブリッツは面白いし、多少相手が大きくても横に走っている相手なら止められる。
体重があるなら、タックル、ガードも有りだけど、これはぜんぜん面白くない。
あとは、どういう(オフェンシブ)なプレーをするチームかによってはHB(RBかもしれないけど)もそれなりに面白い。

Qアメリカンフットボールの監督がつけてる無線?

アメリカンフットボールの監督かコーチが、無線なのか、ヘッドフォンとマイクを装備し何か指示?をしているような映像を見たことがあります。

あれって、誰と何を話してるんですか?選手と?

選手のヘルメットの中に無線機が入ってて指示をしているのかなって思ったのですが、スポーツにそんな機械を使うなんて。。と思っちゃいます。

そういえば、バレーボール日本女子の監督もイヤホンしてたな。。。

詳しい方、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NFLではフィールドプレーヤーのうち一人は無線を使えます(NCAAは不明)。通常はQBが付けていますが、これは、ヘッドコーチではなく、オフェンスコーディネーターとやりとりするための無線です。

監督(ヘッドコーチ)が付けているのは通常はスポッターとやりとりするヘッドセットです。スポッターというのは、スタンド最上段でフォーメーションを確認して相手の穴や見方のウィークポイントを報告する役目で、以前は、盗聴防止のためにスポッターとの通信は有線でしたが、最近はデジタル化で盗聴しにくくなっているので無線になっているかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報