当方、宮城県在住です。
今回3.11地震で保険会社に査定してもらった所、一部損の判定が出ました。
目に見える破損箇所は

基礎クラック(縦に20cm位)→1箇所
電気温水器と建物基礎の繋ぎ目のクラック(20cm位)→2箇所
室内のクロスひび割れ→10数箇所

地震保険の保障範囲内でも破損箇所はごらんのように少なく一部損にはかからないと思っていたのですが、見事?一部損になりました。
この程度の軽微な破損で一部損は普通なのでしょうか?それとも軽微な破損ではないのでしょうか?

また7日の余震と見られる地震でクロスの割れ等が何箇所か増えましたが、これも見てもらった方がいいのでしょうか?

A 回答 (2件)

基礎クラック(縦に20cm位)→1箇所。

。。鉄筋がさびないように補修をしておきましょう。
電気温水器と建物基礎の繋ぎ目のクラック(20cm位)→2箇所。。。構造上問題はないもともと別構造
室内のクロスひび割れ→10数箇。。。見栄えが悪いので修繕をしておきましょう。

半壊行かないものでも損壊が認められれば一部損壊です。
ことに基礎は補修が耐久面で必要です。
軽度の損壊というのは窓ガラスが数枚割れたというような事例のようです。

ただし、一部損壊は地震保険の最大5%しか支払われません。
最大であるので火災保険が2000万はいっていても最大地震保険が1000万、そのうちの5%が50万円ですので後は損傷の割合によって今回は最大の費用はでないと思われます。

確か余震については規定があったと思いますし、現に損壊があったものしか判定しないのでひどければ保険会社に相談したほうがいと思います。今回は余震で全壊した家もあったくらいですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kei1966さん
詳しくありがとうございます。
基礎クラックについて書き損じたのですが、近づかない位のヘアークラックですので基礎のコンクリは見えておりませんが、場所が場所だけに早めに修繕しようと思います。

クロスなどは余震がある程度収まってからにしてみようと思います。いつになるかわかりませんが・・・
また余震については仰るとおり、保険会社に確認してみます。

お礼日時:2011/04/13 11:24

今回の地震で、私も一部損の判定です。


調査員に聞いたところ、対象総数がありすぎて協会で決めたことがあるそうです。
該当する破損箇所が床面積の3%以上20%未満となれば、一部損扱いですが、
今回は、5%とした「見舞金」扱いで出すんだそうです。

その5%が100万円として、実質20万円の修理費なら儲けものですが、100万円から足が出てもその補てんは自分持ちになります。泣くか笑うかは・・・ね。
なので、今回は業者見積りや工事報告書の提出もいらないそうです。

保険の対象は、構造体のみです。壁クロスというと下地の石膏ボードにも起因しますが、
柱軸組工法の木造では出ないかもしれません。2×4とした枠組み壁工法は保険対象だということです。

損保協会発行のパンフを調査員からもらったんですが、そこにいろいろ書いてありました。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 家の基礎のヒビ割れ、埋めたほうがいいですか?

 家の基礎のヒビ割れ、埋めたほうがいいですか?

 築5年の家に住んでるのですが、コンクリートの基礎の部分に(写真のような)ヒビ割れが縦方向に走っているのを見つけました。たいしたことは無いと思うのですが、ヒビから雨が入ったりしたら、具合悪いでしょうか。家にシリコンシーラントがあるので、埋めてみようかなって思っているのですが、意味ないですかね? アドバイスお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

  写真で見る限り、基礎のコンクリートではなくその上に塗りつけてある
  モルタル刷毛引きの部分のヒビワレに見えますけど・・・。

  ドライバーの先などの堅い物でヒビの周辺とヒビの無い部分を軽く
  叩いて音を比べてみて下さい。ヒビの周りがポコポコと変な音がする
  ようならモルタルがコンクリートから浮いてしまっているので、ハンマー
  などで軽めに叩いて取れる部分を取り除いてから水洗いや接着増強剤の
  塗布などの下処理をしてからモルタル(補修用が扱いやすい)を塗り直し
  たほうが良いと思います。
  音に異常がなければ放っておいても問題ないとおもいますが。

  既存のモルタルを剥した時に基礎のコンクリート部分にも亀裂があるよう
  だったら、ハウスメーカーなり工務店なりに連絡して一度見てもらった方
  がいいでしょうね。

Q震災による内壁の亀裂について

今回の震災で、当初1階のリビングと廊下の内壁に亀裂が入り、その後余震のたびに2階にまで被害が及んできました、亀裂は石膏ボードが割れて、クロスが破けている状態です、修理をする費用もままならないので、このままでいようと思いますが、安全かどうかが心配です、またこの程度の被害では罹災証明は降りないのでしょうか、その他の被害としては、玄関回りのタイルが破損しました、家の外側については被害はありませんでした、よい知恵があれば教えてください。

Aベストアンサー

現在地震保険の鑑定の仕事をしている建築士ですが、地震保険の鑑定では基本的には内部のクロスの破れなどは無視します。2×4の場合は部屋の四隅の痛みを考慮します。
その他の鉄骨でも木造でも外から見て家の傾きや外壁や基礎のひび割れが全体の何%になるか、外の建具の何%に不具合があるかで査定します。

仮にお宅の場合は外部に被害が無いようですから、被災の程度は0で全く保険金はもらえません。

そのようなお宅もたくさん見てきましたが、室内にひび割れ一つが出来て家がガタガタになってしまって、余震が来たら壊れるのではないかと心配されている人がほとんどですが、全く心配がありません。

基礎に大きなひび割れや、建具が動かなくなるほど傾いたお家もたくさんありますが、それが無ければ全く心配はありません。

玄関のタイルも構造には全く関係がありませんので被災の判定では無視します。

クロスが少し破けた程度では震災前の強度を100%とすれば、震災後の強度は98%以上はあると思って安心してください。

応急危険度判定士ですが、罹災証明の基準は別ではありますが、目に見えて家が傾く程度でないと、とてももらえません。

現在地震保険の鑑定の仕事をしている建築士ですが、地震保険の鑑定では基本的には内部のクロスの破れなどは無視します。2×4の場合は部屋の四隅の痛みを考慮します。
その他の鉄骨でも木造でも外から見て家の傾きや外壁や基礎のひび割れが全体の何%になるか、外の建具の何%に不具合があるかで査定します。

仮にお宅の場合は外部に被害が無いようですから、被災の程度は0で全く保険金はもらえません。

そのようなお宅もたくさん見てきましたが、室内にひび割れ一つが出来て家がガタガタになってしまって、余震...続きを読む

Q保険金の入金はいつころ?

台風の影響でエアコンが壊れ、家財保険から保険金がおりる…ということで、申請中です。
保険金が入金されたらエアコンを購入するつもりなんですが、大体いつころ入金されるものなのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら教えてください。
朝晩寒くなってきたので、早めに買い替えたいのですが…。
ちなみに保険会社は、合併した東京○動火災です。

Aベストアンサー

基本的には見積書と損害を受けた場所の写真とで判定するのが一般的です。ただその判断を下す人が、今は慢性的に不足状態ですので、その支払いが遅れることも考えられます。

また写真等では判断のしにくいものや大きな損害の場合、鑑定人が直接現場へ見に行く場合もあります。火事などの場合はそういったケースがほとんどです。

今回は前者の判断になるとは思われますが、諸事情より支払いが遅れることも考えられます。

Q犬走りにヒビが

築1年の家に住んでいますが、半年ほど前に犬走りに0.5mm位のクラックが基礎との付け根から犬走りの先端まで入ってるのに気がつきました。 HMに連絡したところ「この程度は問題ない」と言い割れ目にセメントか何かを塗っていきました。 半年たってその割れ目のセメントが取れてきたのでまた連絡して塗り直してもらおうと考えていますが、 本当にこの程度なら問題ないのでしょうか? いろいろと家の不具合が多く見つかったのでイマイチHMが信用できなくて・・・

Aベストアンサー

■まず基本的にご理解いただきたいのは、犬走りはたとえコンクリートがつながっているように見えても基礎とは一体になっておらず「家周囲の土の上にコンクリートを敷いただけ」なのです。ヒビが犬走りだけのものでしたら、問題は全くありません。今の段階で補修の必要もありません。数年様子を見たほうがよいです。割れ目から草が生えてこないようにだけはしてください。

■家の基礎を造った時に、周囲の土を掘っていますから家の周りの土はやわらかくなっています。そのため部分的に沈下して犬走りにはヒビができます。

■それをふせぐには、犬走りを造る時にお金をかけて鉄筋を入れたり、基礎の施工時に掘り返したより深くコンクリートを敷くか、なのですがいずれもただの犬走りにはお金がかなりかかるため、オプションで注文しない限りはそのようなことはしません。

■よって、場合によってはヒビが入ります。でもそれはただの犬走りのヒビであって家の構造には全く関係ありません。今後もっとヒビは増えてくるかもしれませんから、ある程度数年放っておいて、おちついたところで塗りなおす、のが最も良い方法です。

■「じゃあHMの保証などはどうなるの?」とお思いでしょう。よく契約書や保証書をご覧ください。HMや工務店では犬走りは家本体とは別ものであること、上記のような原因でヒビはよく生じること、なので保証書には基礎に関しての部分近くに「犬走りなど家周囲のコンクリートのヒビは含まれない」というような内容が書かれていませんか?

■セメントを塗りにきてくれただけでも良心的というものです。全く問題はありません。もちろん、基礎本体にクラックが増えてくれば問題です。

■犬走りのヒビは地盤沈下や基礎工事の不具合の指標、というようなことを言う素人がいますが、これはさも本当のようなウソです。

■まず基本的にご理解いただきたいのは、犬走りはたとえコンクリートがつながっているように見えても基礎とは一体になっておらず「家周囲の土の上にコンクリートを敷いただけ」なのです。ヒビが犬走りだけのものでしたら、問題は全くありません。今の段階で補修の必要もありません。数年様子を見たほうがよいです。割れ目から草が生えてこないようにだけはしてください。

■家の基礎を造った時に、周囲の土を掘っていますから家の周りの土はやわらかくなっています。そのため部分的に沈下して犬走りにはヒビがで...続きを読む

Qベランダ下の部屋は雨漏りしますか?

よろしくお願いします。

家を新築予定で、建築申請の許可が下りるのを待っている段階です。
いろいろと家のことを調べていましたら、「ルーフバルコニーの下に居室があると雨漏りしやすい」というようなものを見つけました。

我が家は3階建てで、3階バルコニーの下が和室になっています。
ちなみに3階のバルコニー(ベランダ?)の広さは91×364です。(平面図しか無いので数値が間違っているかも知れません)
バルコニー上には予算の関係上、屋根をつける予定はありません。

広いバルコニーでもないので、雨漏りはあまり心配しなくても大丈夫なのでしょうか?
また、少しでも雨漏りの可能性がある場合、どのような対策をしたら良いのでしょうか?

今から間取りの変更は難しいと思うので、かなり不安です・・・。

Aベストアンサー

通常の設計では、
バルコニーの下に防水層(屋根)が確保されていますので、
早々簡単に雨は漏りません。

ただし、
屋根の上にデッキを造るような話ですから、
設計や工事に問題があれば、
雨が漏りますし、
どうしても雨漏れの原因箇所が隠れてしまうケースが多いので、
通常人が上にのらない屋根に比べると、
雨漏れの可能性が高くなります。

どうしても不安だという場合は、
矩計図(かなばかりず)という断面図で説明してもらうように、
設計者に注文してください。

そのような指摘があれば、
現場側も慎重に施工するでしょうし、
万が一雨漏れした場合でも、
問題解決がしやすいと思います。

どなたでも住宅を建てられる場合は、
知らないことやわからないことで不安になられると思います。
初めての経験でわからないのは当然ですし、
何も恥ずかしいことではありませんので、
是非、設計者に説明していただけるようにお話されることをお勧めします。


良いお住まいになるとよいですね。
ご参考下さい。

Q壁のひび割れについて教えてください。

壁にひびが入りました。
不動産屋に原因と改修の要否・費用について確認する予定ですが、
建築の知識がないため、不動産屋から問題ないと言いくるめられそうで不安です。

事前に少しでも知識を付けたうえで、不動産屋に問い合わせたいので、
もし原因等が分かる方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

よろしくお願いいたします。

<参考情報>
築3年の在来工法で、2階廊下窓の片側の上下に亀裂が入っています。
(写真右の赤色のマーキング箇所に亀裂が入っています。
 写真左に亀裂を拡大した写真を張り付けています。)
 写真:http://blog.goo.ne.jp/jjjj2095

年末大掃除のときに亀裂はなく、年明け(2015年)に気づきました。
その間に大きな地震は発生していません。

 

Aベストアンサー

1)積雪は如何ですか?
 この年末、年初は、日本列島大雪の地方が多かったようです。
 
 そちらの地方の積雪状況、屋根の雪の状態は、通年に比べ、如何でしょうか?

 恐らく、原因は異なると思いますが、余り降雪量の多くない地域で
 予想外の大雪が、屋根に溜まっている場合、可能性が無い事もありません。

 雪の重さで、梁がたわんでいると、発生する可能性が無い事もないか、と
 思います。

 確認方法は、問題の箇所のアルミサッシを開けて見れば解ります。

 簡単に開くようであれば、大丈夫です。

2)考えられる理由
 一般的には、竣工後1年以内位で、クロスの切れ、割れ、等が発生する可能性が
 あります。

 その発生箇所は、クロスの継ぎ目、サッシ両サイドの上下(ちょうど今回の事例に近い)
 ドアの両サイド上部、等です。

 原因は、クロスの収縮、下地ボードの動き(挙動)、下地ボードのジョイント部
 処理に何らかの欠陥が有った、等、多岐に渡ります。
 (しかし、発生箇所はある程度共通しています。)

 建物もある意味生き物なので、木材の乾燥収縮、温度差、急激な暖房、その他で
 微妙に動きます。
 そのひずみが生じやすいのが、サッシ廻り等であるとも言えます。

 今回の場合、築3年と経過年数が比較的経過していますが、事例が無い事も
 無い、と思います。
 
 少なくとも、写真で拝見する限りは、下地ボードに割れが入っているように
 思いますし、その箇所はボードジョイントの箇所で、割れているようにも
 見えます。

 ボードジョイントを潰すためのパテが、寒冷紗等の必要な補強が不十分で
 ボードの動きに付いてこれなかったのかも知れません。

 いずれにしても、クロスをはがせば、解ると思います。

 対策としては、クロスをはがし、亀裂部分を補強して、再度クロスを張り替える、と
 いう事になると思いますが、その辺りは、業者と相談するしか無い、と思います。

 絶対再発は防止したい、と言う事であれば、サッシの両サイドに「縦目地」を
 入れる手法も無い事はありません。

 いずれにしても、業者にご相談ください。

3)その他
 時間が或る程度経過しているので、微妙ですが、「当然、無償で」とアプローチ
 してみる価値は、あると思います。

 原因が、先に記したように、良くある事例であれば、当然、発生することが
 予測できるので、十分な対策を取ることが、必要だったでしょう?と言う
 理屈です。

 頑張ってください。

1)積雪は如何ですか?
 この年末、年初は、日本列島大雪の地方が多かったようです。
 
 そちらの地方の積雪状況、屋根の雪の状態は、通年に比べ、如何でしょうか?

 恐らく、原因は異なると思いますが、余り降雪量の多くない地域で
 予想外の大雪が、屋根に溜まっている場合、可能性が無い事もありません。

 雪の重さで、梁がたわんでいると、発生する可能性が無い事もないか、と
 思います。

 確認方法は、問題の箇所のアルミサッシを開けて見れば解ります。

 簡単に開くようであれば、大丈夫です。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報