当方、宮城県在住です。
今回3.11地震で保険会社に査定してもらった所、一部損の判定が出ました。
目に見える破損箇所は

基礎クラック(縦に20cm位)→1箇所
電気温水器と建物基礎の繋ぎ目のクラック(20cm位)→2箇所
室内のクロスひび割れ→10数箇所

地震保険の保障範囲内でも破損箇所はごらんのように少なく一部損にはかからないと思っていたのですが、見事?一部損になりました。
この程度の軽微な破損で一部損は普通なのでしょうか?それとも軽微な破損ではないのでしょうか?

また7日の余震と見られる地震でクロスの割れ等が何箇所か増えましたが、これも見てもらった方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基礎クラック(縦に20cm位)→1箇所。

。。鉄筋がさびないように補修をしておきましょう。
電気温水器と建物基礎の繋ぎ目のクラック(20cm位)→2箇所。。。構造上問題はないもともと別構造
室内のクロスひび割れ→10数箇。。。見栄えが悪いので修繕をしておきましょう。

半壊行かないものでも損壊が認められれば一部損壊です。
ことに基礎は補修が耐久面で必要です。
軽度の損壊というのは窓ガラスが数枚割れたというような事例のようです。

ただし、一部損壊は地震保険の最大5%しか支払われません。
最大であるので火災保険が2000万はいっていても最大地震保険が1000万、そのうちの5%が50万円ですので後は損傷の割合によって今回は最大の費用はでないと思われます。

確か余震については規定があったと思いますし、現に損壊があったものしか判定しないのでひどければ保険会社に相談したほうがいと思います。今回は余震で全壊した家もあったくらいですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kei1966さん
詳しくありがとうございます。
基礎クラックについて書き損じたのですが、近づかない位のヘアークラックですので基礎のコンクリは見えておりませんが、場所が場所だけに早めに修繕しようと思います。

クロスなどは余震がある程度収まってからにしてみようと思います。いつになるかわかりませんが・・・
また余震については仰るとおり、保険会社に確認してみます。

お礼日時:2011/04/13 11:24

今回の地震で、私も一部損の判定です。


調査員に聞いたところ、対象総数がありすぎて協会で決めたことがあるそうです。
該当する破損箇所が床面積の3%以上20%未満となれば、一部損扱いですが、
今回は、5%とした「見舞金」扱いで出すんだそうです。

その5%が100万円として、実質20万円の修理費なら儲けものですが、100万円から足が出てもその補てんは自分持ちになります。泣くか笑うかは・・・ね。
なので、今回は業者見積りや工事報告書の提出もいらないそうです。

保険の対象は、構造体のみです。壁クロスというと下地の石膏ボードにも起因しますが、
柱軸組工法の木造では出ないかもしれません。2×4とした枠組み壁工法は保険対象だということです。

損保協会発行のパンフを調査員からもらったんですが、そこにいろいろ書いてありました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地震保険について

23区内ウォーターフロントに在住です。
分譲マンションンの地震保険に入ろうかと考えているのですが、
地震保険ではどのような範囲が保障されるのか、火災保険では保障されないのはどのようなケースか、おすすめの保険(ランキングなど)がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ずいぶんおかしな回答もありますが・・

地震保険は特約ではなく地震保険普通保険約款に基づく
独立した保険ですので、地震保険特約という言葉は使いません。

ただ、地震保険は募集経費を節約するためとか、火災保険の付保金額の
50%を上限とするため、火災保険とセットでの加入となります。

分譲マンションの場合には、建物に関しては個々の部屋の損害ではなく
マンション1棟単位で損害を査定し、1棟で3%以上の損害があれば
一定の基準で支払われます。

したがって、まず管理組合が地震保険に加入していないと躯体部分の
建物損害は出ません。

一方自分の部屋は全く損害がなくても、マンションの建物損害が3%
以上あれば、一部損として加入金額の5%が出たりするのです。

なお、家財は別途ご自身の家財の火災保険にセットで加入しておれば
たとえば、10%以上の損害があれば一部損として加入金額の5%が
出ます。

なお地震保険はどこの保険会社も地震保険に関する法律で全社と政府の
共同運営ですので、全く同じ内容、同じ保険料です。

Q家庭保険,地震保険等について

父が亡くなったため一軒家を相続いたしました。
しかし、いろいろな事情により2,3年は空家にしようと思っております。
かといって,家の中には物が非常に多いので,人に貸すことはできません。
このような状態の空家に、家庭保険や地震保険をかけたほうがいいのでしょうか?

皆さんの意見をいただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1 保険をかけるべきか否かについて
  保険をかけるか否かは、あなたがその家や家の中にある動産にどれほど の思い入れがあるかでしょう。
  地震や火災(類焼含む)で、その家屋及び動産が失われた場合にあなた がどれほどの経済的・心理的打撃を受けるかが判断の基準ではないでしょ うか。
  保険とは、それが失われた場合に補償するシステムですから、掛けるか 掛けないかはあなたのその物件に対する価値観如何です。
2 その家を貸す方法
  文面からはどれほどの物があるかはわかりませんが、大切な物を貸倉庫 に移し、その家を賃貸することで経済的にも(相続税等)助かるでしょう し、人が住むことによって家屋の傷みも防ぐことができます。
  借家の需要の高い地域であれば、不動産業者も喜んで引き受けてくれま すよ。

以上、如何でしょうか?

Q地震保険に加入しようと思ってますが火災保険とセットでしょうか?

地震保険に加入しようと思ってますが火災保険とセットでしょうか?
おすすめの保険会社ありますか?

Aベストアンサー

時間が過ぎてしまいお役に立つか分かりませんが…


「地震保険」は火災保険とセットでの加入となります。
他の方も仰っている通り、保険料と補償内容は各社同じになります。
保険金額は火災保険の50%が限度となりますが、
火災保険金額は各社で多少差がありますので、
その分地震保険金額の上限も変わります。

また、支払い基準も特約によって違っており、
場合によっては満額が支払われない(保険料過払い)ことがあるので
価額協定特約(再調達価額を協定する特約)をオススメします。


東京海上日動の「超保険」など、特約によって100%の補償を可能にしている
損保会社もいくつかあるようです。特約の名称は各社違います。
保険料も単純に50%時の保険料を2倍するより安くなるようです。
AIUでは地震による火災を、火災保険金額の100%補償する特約があります。
(地震による火災は火災保険では一切補償されません)


また「地震保険」とは別の保険商品で「地震費用保険」というものがあります。
住宅ではなく生活再建を補償する保険で
扱っているのは現在日本震災パートナーズの一社のみです。
こちらは火災保険とセットにする必要がなく、「地震保険」と同時に加入できます。
保険金支払いも「地震保険」とは別に行われるため、
組み合わせることでの減額の心配はありません。

保険金額上限が住宅の時価によらず世帯人数で決まったり
支払い基準を地方自治体発行の罹災証明のみにしていたりと
「地震保険」とは大きく違う保険ですので、一度ご確認ください。

こちらも住宅再建に充分な額とは言えませんので、
使うとすれば「地震保険」との組み合わせをオススメします。
実際に大地震に遭った場合どの程度の金額が必要になるのかをよく考え
その金額にあったもの(または組み合わせ)を選ぶのが良いと思います。

時間が過ぎてしまいお役に立つか分かりませんが…


「地震保険」は火災保険とセットでの加入となります。
他の方も仰っている通り、保険料と補償内容は各社同じになります。
保険金額は火災保険の50%が限度となりますが、
火災保険金額は各社で多少差がありますので、
その分地震保険金額の上限も変わります。

また、支払い基準も特約によって違っており、
場合によっては満額が支払われない(保険料過払い)ことがあるので
価額協定特約(再調達価額を協定する特約)をオススメします。


東京海上日動の「超保険」...続きを読む

Q火災保険の一部保険って・・・

 火災保険の満期が近づきました。担当の方から「ご存じではない方が多いのですが、お宅の保険は一部保険になってます。2億の評価に対して1億しか掛けていません。保険会社の評価額に合わせて保険を掛けた方がいいですよ。」と勧められました。
 恥ずかしながら、親からの受け継ぎで支払ってましたので、万一の場合、掛けた保険額より25%も少なくしか払ってもらえないと聞いて驚いています。それも築30年にもなろうかという建物ですので、今建てたらこのくらいはいるだろうと言われても納得しがたい所です。
 評価額はどこで出しても同じだと言われるのですが、保険料もどこでも同じですか?
 また、評価額より高く保険料を払っていると超過分は支払われなく、保険料も返さないというのも、どうして?と思うのですが・・・

Aベストアンサー

>時価というのは保険やさんで出されるのですね?
そうです。
火災保険での時価額は、不動産取引のとは違って、人が住んでいる限り50%以上の償却を行いません。
まず、柱や壁、屋根の材料で1m2あたりの新価基準があって、これに床面積をかけて新価額を算出したり、新築時の価格がわかっていれば、それに係数をかけて新価額を算出します。
これに、建物の構造別に設定されている経年減価率をかけて時価額を算出します。

新価額や時価額の算出については、保険会社によって色んな方法やノウハウがあって、同じ建物で数社に見積もらせても、まず同じ結果にはなりません。
なるべく多くの保険会社で見積もってもらうほうが無難です。

Q地震保険

火災保険と地震保険に入ろうと思います。全く知らないので教えてください。マンションで22坪、岡山在住です。安くておすすめなところを教えてください。COOPがいいとすすめられましたがほかにいいところがあれば教えてください。また、COOPの地震保険は火災保険に入らないと加入できないのですが、どこもそうですか?地震の保障を増やそうと思ったら火災の保障もふやさないといけないのですが、どこもそうですか?

Aベストアンサー

地震保険は火災保険とセットでの加入となります。
地震保険は火災保険の金額の50%まで加入出来ます。
火災保険1000万円なら地震は500万円までです。

どこもそのような仕組みとなっています。

Q地震保険・家財保険は必要でしょうか

もうすぐ新築マンションに引っ越します。

すむのは大人一人。
キッチンはIHです。
耐震等級3のマンションです。

この場合でも地震保険や家財保険に入っておいたほうがよいでしょうか・・・

Aベストアンサー

業者してます。

賃貸なのか購入なのか分かりませんが、入ることをお奨めします。

日本には「失火法(通称)」という法律がありますので、他の住戸からの延焼については原則として自分で保険に入っていなければ、例え出火元の住人が保険に入っていてもその保険からは1円も出ず、延焼の責任も一切無く、被害受けた方の全部自腹です。自分に何の落ちもないのにです。私の勤め先でも実際にその様なケースがあります。火災の出火元の住人は火災保険に入っていたので、自分たちの金銭的な損害は殆どありませんでしたが、延焼先の住人は我々の薦めにも拘わらず保険に加入しなかったので損害は全て自腹になり途方に暮れていましたよ。

ですから加入しておいた方がいいと思いますが。

追加 地震保険はどちらでも構わないと思います。

Q良い地震保険は?

公庫のオプションの地震保険を検討中です。
公庫の地震保険より割安でお勧めの地震保険があれが教えて下さい!

Aベストアンサー

地震保険は、火災保険とセットになっています。正確にいうと本来セットになっているものを希望によってはずすことができる様になっているだけです。ですから、加入時に確認の印をおして単独の火災保険にしているのです。

現在、各保険会社では独自の火災保険を販売しています。その中には最高70%まで保障してくれるものもありますが保険料は高くなります。

ただ、公庫の特別火災保険は、他の保険に加入する事が原則としてできません。ですから、他に格安の地震保険はなかったと思いますし、あったとしても加入することはできません。

Q賃貸住宅の火災保険+地震保険について

はじめまして、東京都の賃貸住宅に友人とルームシェアをして住んでいます。
今まで、不動産会社から、案内のあった保険会社の保険に加入していたのですが、今回、前回よりも金額が上がっているような気がしたので、今回は、自分で保険会社を探そうかと思って、こちらで質問させていただくことにしました。

不動産会社から案内のあった保険は、2年間で29000円(地震保険付)でした。

私の住んでいる賃貸住宅は、その保険会社の申込書をみると…

専有面積:35.9m2
木工不燃材料造建物(契約書は木造モルタルでした)

<特約条項>
修理費用、借家人賠責、個人賠責、長期一括、長期払込(地震用)

<金額内訳>
            保険金額・支払限度額/保険料
家財の保険金額       3,647千円/11,850円
(料率)        基本(1.27)/適用(3.25)
地震保険金額         1,165千円/7,860円
(料率)            なし/適用(6.75)
賠償責任支払限度額
借家人  10,000千円/7,900円
個人   10,000千円/1,390円


上記になります。

長文ですみません…詳しい方、どうぞご指導くださいませ。
よろしくお願い致します。

はじめまして、東京都の賃貸住宅に友人とルームシェアをして住んでいます。
今まで、不動産会社から、案内のあった保険会社の保険に加入していたのですが、今回、前回よりも金額が上がっているような気がしたので、今回は、自分で保険会社を探そうかと思って、こちらで質問させていただくことにしました。

不動産会社から案内のあった保険は、2年間で29000円(地震保険付)でした。

私の住んでいる賃貸住宅は、その保険会社の申込書をみると…

専有面積:35.9m2
木工不燃材料造建物(契約書は...続きを読む

Aベストアンサー

このような質問をされるということは、不動産会社が扱う保険でなくても、他の保険会社のものでも良いということですよね? また、地震保険は入らなくてはならないのでしょうか?

地震保険に加入することによって、制限を受けてしまっていることと思います。そのために、火災保険だけを加入した場合と比べると、保険料が高くなってしまうのです。しかも、東京ということで保険料は全国で最も高いタイプを適用されてしまいます。

借家人賠償特約と個人賠償特約はこのくらいで十分です。家財の保険金額が十分すぎる程あると思いますので、これを下げれば、保険料も少しは安くなると思います。「地震保険金額」というのはどのようなケースに出されるのかは確認してみて下さい。(私は地震保険は扱っていないので詳しくわかりません)
地震保険は加入する必要がなければ、もっと安いタイプでこれ以上の保証を受けることができますが・・・。結局、地震があってもこれだけの保険金額がでても嬉しいのか?というのは疑問です。

地震が起こりそうな所がどうかはわかりませんが、同じ都道府県でも場所によっては地震に強いという場所もあります。そういった場合は、地震保険はやめられてはいかがでしょうか?

あと、修理費用特約も確認しておいて下さい。

他に注意する点としては、同居人のことです。友人ですと、家財は契約者本人の物しかきかないと思います。同じく、同居人の家財にも保険をかけたいということでしたら、もう一つ保険に加入することをしなければなりません。また、どちらかが早く引っ越すという可能性があるのなら、残る人の方を契約者にした方がいいです。名義変更や権利譲渡が簡単にはできないかもしれません。(保険会社によってはできるのもあると思います)

このような質問をされるということは、不動産会社が扱う保険でなくても、他の保険会社のものでも良いということですよね? また、地震保険は入らなくてはならないのでしょうか?

地震保険に加入することによって、制限を受けてしまっていることと思います。そのために、火災保険だけを加入した場合と比べると、保険料が高くなってしまうのです。しかも、東京ということで保険料は全国で最も高いタイプを適用されてしまいます。

借家人賠償特約と個人賠償特約はこのくらいで十分です。家財の保険金額が十分...続きを読む

Qマンションの共用部分の地震保険について・・・

現在、管理組合で共用部分の地震保険の加入を検討中です。よく解らないのですが、個人の占有部分の地震保険は自由化で各社サービスはバラバラで、共用部分の地震保険は、どの会社サービスは同じと聞きました。・・・・故に現在加入している共用部分の火災保険の会社に入るしかないのですか?共用部分も火災保険と地震保険は同じ会社にしないと駄目なんですか?

Aベストアンサー

>個人の占有部分の地震保険は自由化で各社サービスはバラバラで、共用部分の地震保険は、どの会社サービスは同じと聞きました。

専有部分も共用部分も地震保険である限り、「地震保険に関する法律」に基づいて、各社サービスは同じになります。

共用部分に地震保険を付けるのであれば、現在共用部分に付けられている火災保険に追加で付帯するかたちになりますので、同じ保険会社での加入となります。地震保険だけ別の保険会社というわけにはいきません。

Q大地震から、命を守るために!!地震に強い家教えて下さい!

僕は、来年東京に進学するんですが、東京大地震が起こるのでは?と騒がれていてとても不安です!もうすぐ、住む家をさがさないといけないので、地震に強いアパート(マンション)の選び方教えて下さい。あと、地震から身を守る情報もお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは 昭和53年の宮城県沖地震の被害で、昭和56年に建築基準法改正され、それ以降に建てられた物件であれば、原則としてある程度の強さが確保されています。阪神大震災で倒壊した建物の多くが、56年以前のものだったそうです。アパートだろうがなんだろうが、建築時に役所の確認が行われていますので、建築年が一つのポイントとなります。

できれば重いコンクリート製よりも、建築年が新しい木造のアパートの方が軽くて(今は重い瓦はあまり使いませんね)地震には強いようです。その2階の階段そばに入居できれば、まず一安心だと思います(でも階段そばはうるさいかも)。

次には、その土地の地盤の強度です。地名に水関係の名がついているところ(例 川、河、窪、久保、谷、池、沼、その他)には、今は無かったり地下に埋められていたりしても、昔、河や池などがあり地盤が弱いことがあります。近所に、河(蓋をされ遊歩道になっていることもあります)や池などがないかを確かめてください。また付近の一番低い場所には、川があった可能性があります。まあ木造の軽いアパートならあまり影響はないでしょうが、コンクリート製の思いマンションなどは注意が必要です。付近の土台や壁にヒビが入っていると傾いている事になるので、見ておくといいでしょう。

さらに下の方もおっしゃっていますが、結局は「運」が大きいと思います。家具や電気製品の転倒防止や窓の飛散防止などありますが(大家さんがOKしてくれるかどうか?)、電車乗車中は?外出先では?といいだしたらキリがありませんね。以下のページ(東京都都市計画局、第5回地域危険度測定調査結果)のリンクをよく見て、比較的安全そうな場所のよさそうな物件を見つけたら、あとはなるようになるしかないと思います。

参考URL:http://www.toshikei.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_5/home.htm

こんにちは 昭和53年の宮城県沖地震の被害で、昭和56年に建築基準法改正され、それ以降に建てられた物件であれば、原則としてある程度の強さが確保されています。阪神大震災で倒壊した建物の多くが、56年以前のものだったそうです。アパートだろうがなんだろうが、建築時に役所の確認が行われていますので、建築年が一つのポイントとなります。

できれば重いコンクリート製よりも、建築年が新しい木造のアパートの方が軽くて(今は重い瓦はあまり使いませんね)地震には強いようです。その2階の階段そばに入...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報