torrentで動画などをダウンロードした人が逮捕されているみたいですが
警察がいきなり家に来て逮捕されるのでしょうか?
それともプロバイダーから警告が来るのでしょうか?
もしくは著作権をもっている会社から訴えられるのでしょうか?
自分が調べた限り、プロバイダーから警告がくるみたいで
いきなり警察がきたりしないみたいなのですが
誰かわかるかた教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

警察が逮捕するには確実に証拠が必要ですからかなり手間がかかります。



だからP2Pに限らず、著作権侵害の場合は一般的には著作権者もしくは顧問弁護士を通じて「警告」が行われます。(著作権を主張してもそれが「当事者」であることが証明できなければ削除等に応じる必要がないため通常は顧問弁護士がきちんと証拠を押さえて当事者の代理人として警告してきます)

またプロバイダから「著作権侵害の疑い」として連絡が来るケースもあると思います。

それでコトが済んでしまう場合がありますが、悪質だったり「見せしめ」としていきなり警察に証拠を差し出して逮捕してもらうケースもあると思いますよ。

この場合は著作権者がというよりも警察主導でP2P摘発のために著作権者やプロバイダに協力を要請していることが多いと思います。
    • good
    • 0

ビビってるならヤメなさいよ



ブロバイダーが前もって「今から警察がいくよ♪」なんて警告なんかしたら警察がHDDを押収したときに証拠が見つからなくなっちゃうじゃないの。
    • good
    • 1

逮捕の場合はいきなりです。

プロバイダーからの警告は別物です。プロバイダーからの警告を無視していたからといって逮捕される物でもありません。警察も全ての違反者を検挙することはあまりの多さに不可能ですのでターゲットをピックアップして狙い撃ちします。その選考基準は警察でないとわかりません。まあ交通違反のような物で運的な要素も多分にあるでしょう。

また現状ダウンロードでは逮捕されません。普通のBitTorrentクライアントであるならばダウンロードと同時にアップロードします。このアップロードが刑罰法規に触れますので逮捕容疑となります。よって何らかの手法でアップロード機能だけブロックしダウンロードのみするいわゆるDOMと呼ばれる狡猾な輩もいます。

まだ日本では形のない著作権を泥棒することについて罪の意識が希薄な人間が多くいます。この道徳観念が定着するまでは定期的効果的に検挙して広報していくしかないのかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロバイダから警告が来ました。

プロバイダより書面で警告が来ました。
家はマンションで、他の住居と回線を共有しているようです。

その書面の内容として、
・他の部屋の居住者から、インターネットの接続が不安定だと苦情があった
・調査により、お宅の部屋から大量の通信が行われている可能性があることが分かった
・心当たりがない場合でも、ウィルス感染により意図しない接続が発生しているケースもある
・調査が誤りでない事を確認するためにも、「直接お家へ伺い、宅内のインターネット接続機器の配線状況や、機器のMACアドレスを確認させてもらう」

このように記載されてました。(端折ってますが、内容はこの通りです)


実家で家族と暮らしているのですが、実は心当たりがあります。。
実は大量のAVを毎日ダウンロードしてました。(もちろん適法に購入したものです。)
一日10GBまで、とアダルトサイトで決まっていたので、毎日10GBずつダウンロードしました。
一ヶ月で約300GBダウンロードした事になります。。

そこで教えて頂きたいのですが、この調査というのはどこまで調べられてしまうのでしょうか?
正直、恥ずかしくてAVをダウンロードしていたなんて言いたくありません。
家族もいるので余計に恥ずかしいです。
とりあえず履歴は消しました。

アホみたいな悩みですみません。
でも本当に困ってます。
詳しい方、宜しくお願いします!

プロバイダより書面で警告が来ました。
家はマンションで、他の住居と回線を共有しているようです。

その書面の内容として、
・他の部屋の居住者から、インターネットの接続が不安定だと苦情があった
・調査により、お宅の部屋から大量の通信が行われている可能性があることが分かった
・心当たりがない場合でも、ウィルス感染により意図しない接続が発生しているケースもある
・調査が誤りでない事を確認するためにも、「直接お家へ伺い、宅内のインターネット接続機器の配線状況や、機器のMACアドレスを確認さ...続きを読む

Aベストアンサー

プロバイダの会員規約を見てください。
そこに規定があって、それに違反しているのならば制裁を受ける事になります。
ただし訪問調査は裁判所の命令がない限りは断る事が出来ます。

どこに接続しているかはISP側で把握している可能性もあります。
(技術的には十分可能な事なので)
ただし、それを公開する事は通信の秘密の保護の観点からも正当性を欠きます。

調査を断った場合はプロバイダの接続権を失うかも知れません。
強制退会というヤツです。
ただこれも、合理的理由がない場合は逆に訴える事が出来ます。

常識的に考えて10GB/日は相当なデータ量に違いないのですが、ここは常識ではなく規約です。
規約に抵触しているかどうか、それが全てです。

Q違法ダウンロードがバレる仕組みは?

思ったんですが、違法ダウンロードがバレる仕組みってどうなっているんですか?
例えば、ニコニコ動画、YouTube、FC2動画、torrentに違法アップロードされている動画、音楽、ゲーム等をダウンロードした場合どうやってダウンロードしたのがわかるのか?
各動画サイトやtorrentサイトで運営が常に監視しているんですか?
ダウンロードした瞬間にIPアドレスがわかってそれをプロバイダに連絡して警告やメーカー、著作権のある者に伝えるんですか?
あ、メーカーや著作権のある者が監視しているのか?
この辺がわからないんです。
そもそもダウンロード禁止法の前に違法アップロードの方が疎かになっていませんか?
根本的なところを直さなければ無くならないと思うですが。
毎日新しい違法アップロードが行われてます。(削除されてもまたアップロードされている)
この法律機能しているんですか?

Aベストアンサー

 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。

 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。

 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったというものだったら、確かに摘発されて当然でしょうが、そういう集団犯罪行為が証明されない限りは逮捕も処罰も出来ないだろうと思います。

 まして、誰もが録画しているテレビ番組の内容が投稿されて、それをダウンロードしたから著作権違反で逮捕なんてやったら、逮捕された側はテレビを録画したら合法なのに、YouTubeからダウンロードしたら違法なのかと、逆に裁判にかける可能性が大きいですし、事実上は取り締まれないのだろうと思います。

 改正著作権法をもう一度読み直してはいかがでしょうか。(以下リンク参照。)

参考URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/12/news106.html

 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。

 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。

 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったという...続きを読む

QP2P利用で逮捕されるまでの流れについて

プロバイダーから手紙が来た、送信量が30GBを超えた警告の件で!
1度は許してもらって、2回目の警告で利用停止になりました。再開するには、プロバイダーに電話して、書面に記入したら再開するとのことでした。

プロバイダーから警察に通報されて逮捕ってあるんですか?電話した後、色々調べられて警察に通報されるのではないかと思って、電話できない状態です。
最近、P2P利用で逮捕されている人が多いらしいですが、逮捕までの流れが全然わかりません。どうやって逮捕してるんですか?やはり、プロバイダーが規制をかけて、特定してから警察に通報してるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。

あと、私のおかれている状況の打開策は、プロバイダーを変更するのが一番なんでしょうか?
教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、おこまりですね。

さてご質問の件ですが、
>プロバイダーから警察に通報されて逮捕ってあるんですか?
逆ですね、警察からプロバイダに連絡が入り、あなたの情報が警察に送られて、
警察が、捜査令状を持って、あなたの自宅のドアをたたくという手順になります。

この時にはあなたがやっていること等の状況がすべて把握されていて、あなたを逮捕することで、最後の証拠を固めるのが目的となります。

京都府警が中心となって、P2Pのネット上のノードの分析などを行っていることが知られています。また、定点的に、ウイルスなどを流している悪質なノードを摘発などもしています。

>プロバイダーから手紙が来た、送信量が30GBを超えた警告の件で!
要するに、不公平を是正しようというのが目的です。NTTのフレッツ光などでは、一つの回線を32分割して共用しています。その中で一人でもP2Pのユーザーがいると、他の31の家庭の帯域に影響が出て、場合によっては繋がらないなどの影響が出てしまいます。そのために、P2Pを制限しています。

これを機にあなたも、足を洗われてはいかがでしょう?

こんばんは、おこまりですね。

さてご質問の件ですが、
>プロバイダーから警察に通報されて逮捕ってあるんですか?
逆ですね、警察からプロバイダに連絡が入り、あなたの情報が警察に送られて、
警察が、捜査令状を持って、あなたの自宅のドアをたたくという手順になります。

この時にはあなたがやっていること等の状況がすべて把握されていて、あなたを逮捕することで、最後の証拠を固めるのが目的となります。

京都府警が中心となって、P2Pのネット上のノードの分析などを行っていることが知られています。ま...続きを読む

Q警察によるファイル共有摘発の違法性

素朴な疑問です。

昨今、警察による不正ファイル共有ソフトへの取締りが相次いでいますが、警察によるファイル共有ソフトへの通信傍受は違法ではないのですか?

通信傍受に関しては有線電気通信法によって禁止されているはずですよね。警察とて例外ではなく、正当な理由と捜査目的以外での傍受は違法であるはずです。

プロバイダから「通信料が多く、不正ファイル共有を行っている疑いが強い」、また一般人から「web上での発言よりファイル共有ユーザーである可能性が濃厚」などという「通報」があれば、必要最小限の相手に対して傍受を行うのは合法であると思います。

しかし昨今警察が行っているのは明らかに「通報もないのにweb上の殆どのユーザーについて通信を監視し、ファイル共有ソフトの起動をチェックする」という無差別な傍受行為です。pingすらも場合によっては不正アクセス扱い名わけですから、警察以外が行えば不正アクセスにも当てはまりますね。警察はwebの殆ど全てについてファイル共有ソフトの起動を監視できるソフトを利用しているそうですね。

昔はファイル共有の逮捕者はプロバイダからの通報で成り立っていると思われていたため問題視されていませんでしたが、昨今の警察の無差別傍受は意味が異なります。

警察がどんなに「我々は通信内容を不必要に閲覧していない」と主張したところで、一般人からすれば「自分の通信内容が警察に補足され、監視されているかもしれない、笑われているかもしれない」という「疑念」だけで重大な人権侵害となります。警察機関以外がやれば即犯罪行為ですが、正当な理由があるとも思えません。

やっていることは、全ての民家に対して監視カメラを設置しているのと同じ無差別傍受であり、とても合法とは思えません。

何かの根拠法があるのでしょうか?

素朴な疑問です。

昨今、警察による不正ファイル共有ソフトへの取締りが相次いでいますが、警察によるファイル共有ソフトへの通信傍受は違法ではないのですか?

通信傍受に関しては有線電気通信法によって禁止されているはずですよね。警察とて例外ではなく、正当な理由と捜査目的以外での傍受は違法であるはずです。

プロバイダから「通信料が多く、不正ファイル共有を行っている疑いが強い」、また一般人から「web上での発言よりファイル共有ユーザーである可能性が濃厚」などという「通報」があれば、必要最...続きを読む

Aベストアンサー

「P2P観測システム」とやらがどのような仕組みなのかわかりませんが、ネットエージェント社が開発した巡回システムと同様だとすると、これは傍受ではありません。
傍受とは他人間の通信を覗き見る事だという定義によれば、ですが。94nioge458さんが何をもって「傍受」としているのか解らないので一般論です。


それぞれのP2Pネットワークのクライアント機能を用いてそれぞれのネットワークに接続して各コンピュータから直接に所有ファイルの情報やIPアドレスを受け取っているだけ。

著作権としても、アップロードをしていなければ違法ではありません。将来的にダウンロードが違法になったとしても、ダウンロードしない仕様であれば違法ではありません。


根拠法があるというより、違法とする根拠がないように見えますが。

Qμtorrentのアンインストール方法

友達が遊びに来て入れられてしまった
μtorrentのアンインストールをしたいのですが、
うまくできません。
プログラムの追加と削除ではできなかったので、
ProgramFilesのものを削除しました。
それで、起動しなくなっているか確かめようとデスクトップに
あったμtorrentのファイル?みたいなのをクリックすると起動
してしまいます。どこかにまだ残っているのでしょうか?
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どぞ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126907126

QTorrentを違法に利用してしまった

身から出た錆なのですが、どうか助言をお願い致します。

BitCometと言うTorrentのクライアントを利用し、
著作権のある漫画を3点ほどダウンロードしてしまいました。
また、そのファイルを友人(1人)にもコピーしてしまいました。

その行為が違法であることや、ウイルスなどの危険性が高いことを知り、
今とても後悔しています。

ウイルスバスターの検索では脅威は発見されませんでしたが、
セキュリティソフトも100%ではないと聞きますし、不安でたまりません。

BitCometはアンインストールしました。
私のパソコンはリカバリーしようと思いますが、
友人にも勧めたほうが良いでしょうか?
また、何か他にできる対策はないでしょうか?

Aベストアンサー

Torrentに接続したら必ずしもウイルスに感染する、というわけではないので
友人には警告したら、後は自己責任とモラルに任せるしかないですね。
あなたも意図的に使用、複製したわけではなさそうですし。
人のPCの再インストールまでは強要できませんから。

リカバリーまですれば心配はないでしょう。
対策というか今後の予防策ですが、
次からは疑わしいソフトやアプリはむやみに導入しないことですかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報