企業における無限責任と有限責任についてお尋ねします。

・「無限責任」と「有限責任」の違いとは何ですか。

・「無限責任社員」と「有限責任社員」の意味を教えてください。

具体的に説明していただけると助かります。

政治・経済にお詳しい方、何卒よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

責任」に関するQ&A: 防災道路と自己責任

A 回答 (2件)

無限責任=会社と一蓮托生、出資分だけでなく、会社の債務を全て負う


有限責任=出資した分だけの責任、例えば1000万出資して、会社が倒産し、多大な債務があっても出資金の1000万を放棄すれば、会社の債務を負う事は無い。

法的には合資会社の無限責任社員と合名会社の社員(無限責任を有する)が規定されている。

株式会社は有限責任社員。

ちなみに社員は出資者のことで、従業員のことではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました!
助かります(*^^*)

お礼日時:2011/04/14 22:39

会社形態は次のものがあります。


株式会社 一番ノーマルな形態
有限会社 今は新しく作れません
合資会社 代表者だけに代表権と無限責任がある。他の人は有限責任
合名会社 合名会社は出資者全員に代表権と無限責任がある
相互会社 保険業務だけ

無限責任とは会社が倒産したら、債務全額を個人的に支払う責任があります。
有限会社でも金融機関から融資を受ける際には代表取締役個人が保証人になったりします。
しかし、融資だけが債務ではありません。
例えば東電です。福島第一の事故は兆の桁の損害でしょう。しかし、会長や社長は個人の財産を投げ出して補償金にあてないでしょう。東電が合資会社や合名会社であったら無限責任者は財産全てを出さなければならないのです。東電ほどの会社でなくても何億という損害を出してしまうことがあります。無限責任者は個人の財産全てを出さなければならないのです。株式会社でしたら株主は持ち株分取られるだけです。つまり貴方が東電の株主で1000株持っていたとすると今年の2月末頃は1株2200円くらいでしたが今は500円くらいです。ですので170万円しか損していないのです。無限責任者だったらうん兆円です。無限責任は恐ろしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました!
助かります(*^^*)

お礼日時:2011/04/14 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

責任」に関するQ&A: 「防火責任者」とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式会社が倒産した場合、代表取締役社長の責任について

お世話になります。

株式会社が倒産した場合、
代表取締役社長は、どのような責任を問われますでしょうか?また、以降、何らかの制約に縛られますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

株式会社は商法上の「有限責任会社」に分類されます。
有限責任とは、要するに「持っている株式以上の負債は負わない」ということです。
会社がいくら借金を負っていようが関係ありません。だから「有限責任」です。
別に「無限責任会社」もありまして、こちらの場合は社長が負債を全額負う必要があります(この場合、会社が倒産したら自分も破産と言うことになるでしょう)。
もちろん、社会的には経営責任を追求されるでしょうが、「持っている株式がタダの紙切れになって終わり」。それ以上の責任はありません。もちろん、役員はクビになります。ちなみに、最近の「民事再生」の適用が受けられれば、役員は続投で負債を大幅に減額してもらえますが、これは倒産(会社更生法適用、または本当に破産)とはちょっと違うでしょうね。

もっとも、それほど大きな会社でない場合、自宅を工場の担保に入れていたり、会社の借金の連帯保証人に社長がなっていたりする場合があり、この場合会社が倒産したら自分も自動的に破産(さらにホームレスへ・・・)、と言うことになります。

また、会社のお金を着服していたりするケースがあり、そういう場合は役員報酬などの変換を求められる場合もあるでしょうが、あくまで例外です(最近、例外のほうが多いと言う話もありますが)。

株式会社は商法上の「有限責任会社」に分類されます。
有限責任とは、要するに「持っている株式以上の負債は負わない」ということです。
会社がいくら借金を負っていようが関係ありません。だから「有限責任」です。
別に「無限責任会社」もありまして、こちらの場合は社長が負債を全額負う必要があります(この場合、会社が倒産したら自分も破産と言うことになるでしょう)。
もちろん、社会的には経営責任を追求されるでしょうが、「持っている株式がタダの紙切れになって終わり」。それ以上の責任はありま...続きを読む

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報