英単語を覚えていたら著者と作者の単語がでてきました


まず日本語がわからないと話にならないですよね


教えてください<(_ _*)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すいません。

3番の続きです。

関連のURLの転記を失念しておりましたので、再投稿を致しました。
http://www.jasrac.or.jp/profile/copyright/person …
    • good
    • 0

下記のページに掲載されている様に、


「著作者人格権」という言葉もが法的に認められている、
という事情を鑑みますと、
抽象的な状態の儘での翻訳は難しいのでしょうから、
先の回答者の方々が既に説明して下さっている通りの判断を
私もが支持します。
    • good
    • 0

これは興味深いですね、普段何となく見過ごしているだけに。


(広辞苑より)
著者: 書物を著作した人。著作者。著述者。作者。
作者: (1)芸術作品の作り手。(2)歌舞伎狂言の脚本を書く人。(3)勅撰集などに歌が選ばれた歌人。

著者の説明で作者もありますね。ややこしいですが、ここはやはり「著」の意味に基づいて「著述:書物を書きあらわす」作業を行う人とするべきでしょう。

(3)なるほど、和歌は「書く」のではなく「作る」ものですね。(2)の定義により、脚本家/劇作家も「書く」のは過程であり劇を「作る」作業をしています。(1)の前提により、芸術作品一般が含まれます。

では、「作家」といったらどうでしょう。意味は詩歌・小説・絵画など、芸術作品の製作者。特に小説家。(区別が段々曖昧になってきました。これは置いておきましょうか。)

方向を変えて、[author]の和訳を。
(1)著者、作者;著述家、作家 具体的には、Playwright, dramatist, poet, novelist, composer, lyricist, songwriter, songwriter, biographerなど。writerより品格のある語なので自称すると偉そうに聞こえる。

No.1の方の挙げられたシェークスピアは劇作家(dramatist)、詩人(poet)ですから、広辞苑定義では確かに「作者」と呼ぶにふさわしい人物です。正確には彼の作品は「戯曲」ですから、著者より作者と呼ぶほうがふさわしい、のです。

では漫画作品はどうでしょう。彼らの作品は「書く」だけではなく「描く」ことが作品の大部分です。その要素があるならば、「作者」の方がよりふさわしいのかもしれませんが、目的が書物である以上「著者」ともいえます。確認してください、単行本の奥付を見ると「著者」になっています。

即ち、どんな作品であれ、作ったものが書物になる出版の段階で、「作者」も併せ、みな「著者」になるということですね。
    • good
    • 0

「著者」 は、ある著作物の本文・内容を書いた (執筆した) 人のこと (著作者)。


「作者」 は、著作物とは限らず、音楽やデザインなどの場合にも用いられる。また、原作があってそれをドラマ化した場合などを考えると、ドラマの脚本を書いた人はその脚本の著者であるが、そのドラマの元になったストーリーを書いた人は 「作者 (より正確にいえば 「原作者」)」 ということになる。

英語の author の場合は、「著者」 と訳しても 「作者」 と訳しても、どちらでもいい場合がほとんどのように思えます。普通はある書物を書いた人のことを意味しますから。
ただ、たとえばシェークスピアの劇のことを考えると、劇を見ていて 「この芝居の著者はシェクスピアだ」 とは普通は言わないと思います。その元になった書物そのものではなく、そこから派生したものですから、「この芝居の作者はシェイクスピアだ」 という言い方になろうかと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q菊池寛賞「無縁社会」は、どれほど困難なこと?

菊池寛賞「無縁社会」は、どれほど困難なこと?
「無縁死3万2千人」
哲学思想で、無縁社会を変えられるでしょうか?

Aベストアンサー

縁も社会も認識の問題なので、見方が変われば変わります。
それがたまたま思想による場合もあります。

Q古典の単語を覚える際に、漢字によって意味が変わる単語の漢字を覚えるのは勿論ですが、そうでない単語も漢

古典の単語を覚える際に、漢字によって意味が変わる単語の漢字を覚えるのは勿論ですが、そうでない単語も漢字で書くとどうなるか覚えた方がいいですか?大学入試を考慮したアドバイスお願いします。国語

Aベストアンサー

実は質問の意味がわかりにくいのです。どういう範囲のことをおっしゃっているのかが分かりません。とりあえず手元にある「旺文社古語辞典」(少し古いものです。最終版の発行が1992年)を基準に話をします。
 「きる」という単語(動詞)があります。「切る」「着る」「霧る」の三語が載っています。当ててある漢字が異なるとおり、それぞれ意味が異なっています。このレベルの違いは当然覚えるべきです。

 この「きる」をネット辞書の一つである「大辞泉」で見ると、次のようになっています。
○  き・る【切る/斬る/伐る/截る/剪る】
[動ラ五(四)] 1 つながっているものを断ったり、付いているものを離したりする。特に、刃物などでものを分け離す。「枝を―・る」「爪(つめ)を―・る」「二セン ...
○  きる【着る/著る】
[動カ上一][文][カ上一] 1 衣類などを身につける。からだ全体または上半身にまといつける。着用する。「着物をきる」「上着をきる」 2 物事を自分の身に引き受 ...
○  き・る【霧る】
 この辞書は、古語辞典より「国語辞典」であり、古語辞典部分は付け足しです。だから、【切る/斬る/伐る/截る/剪る】の部分は「国語辞典」として載せています。 古語を読むとき、このような漢字の書き分けが必要かと聞かれれば、私は「ノー」と答えます。古典でも漢字を使い分けている古文も存在します。出題者はそういう書き分けを知らなければ解けない問題は、出題しないだろうし、たとえ出題しても漢字の区別が必要な設問はほとんどないと思います。もしあったら註ををつけるはずです。漢文ならいざ知らず、「おもふ」に「思/想/憶/念/惟/」をあてて覚えることは余裕のある人以外は時間の無駄です。

実は質問の意味がわかりにくいのです。どういう範囲のことをおっしゃっているのかが分かりません。とりあえず手元にある「旺文社古語辞典」(少し古いものです。最終版の発行が1992年)を基準に話をします。
 「きる」という単語(動詞)があります。「切る」「着る」「霧る」の三語が載っています。当ててある漢字が異なるとおり、それぞれ意味が異なっています。このレベルの違いは当然覚えるべきです。

 この「きる」をネット辞書の一つである「大辞泉」で見ると、次のようになっています。
○  き・る...続きを読む

Q科学論文では、実際に書いた人が著者の筆頭になるのですか

科学の論文において、研究に係わった人が何人もいて著者が複数になるときは、
実際にその論文を書いた人の名前が、著者の筆頭になるのですか。
つまり、実際にワープロを叩いて文章を書いた人が著者の筆頭になるのですか。

Aベストアンサー

>実際にその論文を書いた人の名前が、著者の筆頭になるのですか

「筆頭著者=論文の内容に最も貢献した人物」というのが大原則です。deuevolさんのコメントのような状況は普通はないですが、内容が大変画期的とか、いろいろな政治的な理由がある場合、そういうこともありえます。

そういう理由でなく、「筆頭著者=論文の内容に最も貢献した人物」でない場合もあります。関係者が100人を越えるような原子物理学関係の論文です。誰が最も貢献したかが明らかでにできない場合はアルファベット順に並べるということを聞いたことがあります。論文の最初のページがタイトルと著者名だけという論文を見たことがありますが、「こんなのありか」というのが正直な感想です。100人全員が議論や考察をしたとは思えないのですが、じゃあ誰を「謝辞」に回すかとなるとまた論争の元なので公平のためにそうしているのでしょうが、あまり良いこととは思えません(全員が著者になれるのならば、共著論文に自分の名がはいっているものが人数倍にふくらみますから)。

また、必ずしも「執筆者=筆頭著者」ではありません。私個人がそのケースでした。私の修士論文の内容で教授が論文を書き、Journal誌に掲載されましたが私を筆頭著者にしてくれました。そのとき私はなぜJournal論文を書かなかったかというと、すでに卒業して就職してしまっていたからです。また、論文は英語が普通なので、論文の内容に最も貢献した人物が英語が苦手の場合もあるでしょう。したがって速報性を要求される内容の場合、英語が得意な者が代理で書く場合もあるでしょう。しかし、その場合も、「筆頭著者=論文の内容に最も貢献した人物」とすべきなのは言うまでもありません。

>実際にその論文を書いた人の名前が、著者の筆頭になるのですか

「筆頭著者=論文の内容に最も貢献した人物」というのが大原則です。deuevolさんのコメントのような状況は普通はないですが、内容が大変画期的とか、いろいろな政治的な理由がある場合、そういうこともありえます。

そういう理由でなく、「筆頭著者=論文の内容に最も貢献した人物」でない場合もあります。関係者が100人を越えるような原子物理学関係の論文です。誰が最も貢献したかが明らかでにできない場合はアルファベット順に並べるという...続きを読む

Q古文文法が覚えられません。古文単語は語呂暗記ですんなり覚えられたのですが・・・

古文文法が覚えられません。古文単語は語呂暗記ですんなり覚えられたのですが・・・

Aベストアンサー

私が思うに受験勉強は「自己分析」と「実践」の繰り返しです。

きちんとした「自己分析」をしない限り、実力はのびませんし、見当違いな勉強をすることが多いです。

今回の質問でも、質問者さんはきちんと自分で「自己分析」をしましたか?なぜ古文文法が覚えられないのか?反復が足らないのか?それとも体系だてて覚えていないのか?それとも・・・

勉強をすすめていく上で誰でも必ず疑問は生じます。その疑問を誰かに聞いて「解決した気になる」のは簡単です。でもそれでは本当の実力はつきません。「自己分析」を「自分」ですることが必ず必要なのです。

ここで質問するなと言っているのではありません。ただし質問するにしても、「自己分析」した結果、それでも疑問が残る点、他の人の意見がほしい点を、自分の「自己分析」の結果をきちんと明記した上で質問しなければ、効果は望めません。ただ漠然と「古文文法が覚えられない」とかくのではなくできるだけ具体的かつ明確に、わからないところをできるだけ絞って質問するのです。

私に言わせてみれば、「どこがわからないのかがわからない」というのは「自己分析」が不足しているにすぎません。

だれもあなたの現在の実力、志望校、得意不得意etcを詳しく知らないのです。あなたのことを一番理解しているのは「あなた」です。

少々説教がましくなりましたが、これは受験勉強をしていく上で必ず必要になってくることだと思います。「自分」で考え「自分」で答えをだすのが一番「自分」の力になるのです。

さて前置きが長くなりましたが、一応回答としてヒントを書いておきます。ヒントをもとに自分で試行錯誤してみてください。

古文文法といっても、ひとつひとつの内容が独立しているわけではありません。必ず何らかの関連性をもっているグループに分けられます。体系的理解がポイントです。

またすべての古文文法が文章を読む上で必要なわけではありません。読解で必ず必要となる文法、純粋に文法問題で問われる文法、そこまで覚える必要のない文法・・・一言に古文文法と言っても、実際の入試ではいろいろあります。それをいかにメリハリをつけて覚えるか、です。

ここに書いたことだけがポイントということはありません。まだまだ色々あると思います。大事なのは「自分」で考えてみることです。

厳しいことも書きましたが、実力をあげ、ひいては志望校に合格するためです。

がんばってくださいね。

私が思うに受験勉強は「自己分析」と「実践」の繰り返しです。

きちんとした「自己分析」をしない限り、実力はのびませんし、見当違いな勉強をすることが多いです。

今回の質問でも、質問者さんはきちんと自分で「自己分析」をしましたか?なぜ古文文法が覚えられないのか?反復が足らないのか?それとも体系だてて覚えていないのか?それとも・・・

勉強をすすめていく上で誰でも必ず疑問は生じます。その疑問を誰かに聞いて「解決した気になる」のは簡単です。でもそれでは本当の実力はつきません。「...続きを読む

Q著者の呼び方

一人称の語り手が語っている(つづっている)という形の小説は、
その小説の現実の著者と、語り手である虚構の著者とがいる、
ということになると思うのですが、
「現実の著者」「虚構の著者」を、
文学の専門用語で何と呼ぶのでしょうか。
ドイツ語で"realem Autor" "implizitem Autor"ですが、
どちらがどちらに相当するのか、よく分かりません。
それについても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

"realem Autor"は英語で"real author" 日本語で「現実の作者」
"implizitem Autor"は英語で"implied author" 日本語で「含意された作者」と一般的には訳されています。
もともとナラトロジー(物語論)の用語なので、「著者」ではなく「作者」です。

Q日本語の「なん」と「なに」の違いはなんでしょう?

日本語の「なん」と「なに」の違いはなんでしょう?
外国人に日本語を教えています。
「なん」と「なに」は英語で”What”。
だけど、どんな場合に「なん」を使い、どんな場合に「なに」になるのか、うまく説明できません。
よい説明、もしくは、サイト等をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 これは次ぎにくる音が(1)タ行、ダ行、ナ行、の三行ではじまれば「なん」、(2)その他では「なに」です。

 (1)何と言っていいか分からない、何でもいいよ、何年になりますかね。

 以上は「なん」とお読みになったと思います。

 (2)何か分からないことがありましたら、一体何サマと思ってるんだ。この漢字は何篇?、何もおかしいことは無い。

 以上は「なに」とお読みになったと思います。

 ただし what の内容ではなく、数字の答えを期待している時はすべて「なん」です。

 「ご利用は何階でしょうか」「ナニカイ」とは言わないし、「ちょっとこれ何枚あるか数えてみてちょうだい」も「ナニマイ」とは言わないと思います。

Q読書。実用書系の著者の方や医療の本の先生とダイレクトに連絡取れますか?^^;

ちょっと、私は今読んでる実用書系の本の著者の先生と、

ダイレクトにコンタクトを取りたいのですが、

良く、「軽い感じの本」には、巻末の「著者のご案内」みたいな部分に、

「著者の公式サイトやPCのメアド(事務所?)」とかの記載があったり、しますが、

それなら、コンタクトは可能ですか?

医療の本とかだと、偉い先生に直接聞きたい事もあるのですが・・・・

お願いします!!w

Aベストアンサー

著者にとっては嬉しいことでしょうね。
でも、誹謗中傷も多いので、なかなかコンタクトはできないでしょう。
まず、出版社に連絡して手紙を出してみるのはいかがでしょう。
簡単に著者とコンタクトするのは難しいでしょうね。

Q日本語の文章に英単語挿入

ネット上では よく日本語の文章の中に英単語をそのまま挿入することが増えましたね。
例えば 「ウインドーズ」も “Windows” と英語の綴りのまま書かれることの方が多いくらいです。

でも、ネットが普及する前に 完全に外来語化した単語まで 英語の綴りのまま書く人もおます。

例えば ↓の例です。

“結構笑えるのは今年、竹島東方沖で Helicopter の離着艦訓練をやっていた海自の護衛艦に対して韓国空軍は P3B 対潜哨戒機で海自の護衛艦であると確認した上で F15K 戦闘攻撃機 2 機を差し向けて「日帝海軍に Scramble をかけた(^_^)/」とはしゃいでいたことで、Scramble も何も、遙か遠くから「韓国空軍でごぜいますだ(^_^;)」を IFF 無線に応じながら飛んできたのですから『バカ』ですよね(笑)。”

↑の文章で、“IFF”みたいのは 略語ですので ごく普通ですが、 Helicopterとか Scrambleと言った
完全に 外来語化した単語まで 英語の綴りのまま書くのは レトリック上、どういう意味があるんでしょうか?

ネット上では よく日本語の文章の中に英単語をそのまま挿入することが増えましたね。
例えば 「ウインドーズ」も “Windows” と英語の綴りのまま書かれることの方が多いくらいです。

でも、ネットが普及する前に 完全に外来語化した単語まで 英語の綴りのまま書く人もおます。

例えば ↓の例です。

“結構笑えるのは今年、竹島東方沖で Helicopter の離着艦訓練をやっていた海自の護衛艦に対して韓国空軍は P3B 対潜哨戒機で海自の護衛艦であると確認した上で F15K 戦闘攻撃機 2 機を差し向けて「日帝海軍に Scra...続きを読む

Aベストアンサー

> レトリック上、どういう意味があるんでしょうか?

レトリック(修辞技法)上は、全く修辞として機能していないと思われます。

強いて言えば、「強調」の類いが考えられますが・・・。

たとえば「いかにもアメリカって感じ」と書くより、「いかにもU.S.A.って感じ」と書いた方が、読み手には「よりアメリカっぽさがあったのだろう」と感じさせる修辞効果が期待出来ます。

しかし、文意からは「Helicopter」や「Scramble」を特に強調する必要性が考えられません。
従い、ほぼ修辞性は皆無で、単に外来語を カタカナでは無く英語表記する、「書き手のクセ」でしょうね。

尚、そのクセなどが完成,確立されていれば、「文体」「作風」などと言われるものにもなり得ますが、日本語文の中に、必然性も無く、突然に英単語をブチ込むのは、むしろ読みにくくなるだけなので、「悪いクセ」と言って良いかと思います。

敢えて擁護するならば、漢字や平仮名の中に、英文字を入れることで「読みやすくなる」と考えている可能性はあるのですが、その機能は「カタカナ」で果たせますので・・。

Q本の著者にコンタクトを取るには???

最近あるサイトで
「感銘した本があれば、著者にコンタクトを取り、会いに行く」
という記事を見て(以下、参照)
私も著者に直接コンタクトを取って話がしたいなと思うようになりました。
しかし、どうも相手に迷惑がられるのではと思うと
踏ん切りがつきません。

http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/ho/008/


(1)本当にそんな気軽に著者が一般人に会ってくれるものでしょうか?

(2)著者の連絡先が判らない場合
著者とコンタクトをとる方法は出版社に教えてもらう以外に考えつかないのですが
そんなに気軽に教えてもらえるものでしょうか、、、、

(3)実際にコンタクトに成功した人がいればどの様にしたのか教えていただけないでしょうか?(プライベート?、仕事関係?)

その他、ご存知の事や、自身の経験があれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>一日にこのような問い合わせは何件もあるのが普通なのですか?

ありますよ。多いのは手紙ですが、
電話でもたまにあります。
住所教えてくれとクレームになることもありますし。
1日に何件あるかは計算したことないので
わかりませんが、私のいた部署では電話だと出版直後に反響が大きければ十数件くらいあったと思います。
もちろんない日も多かったです。ある時はかさなるので。
ただこれも編集部によっては慣れてなかったり
人によっては冷たくあしらうということも
あるので…。1回目うまくいかなかったら日をあけてまた挑戦してみてください。
しつこくならない程度に。
あと午前中の電話は人が編集部にいないので
やらないほうがいいです。

>まずはメール等で、無名な著者からコンタクトしてみようと思っています。

そうですね。ただメールよりは手紙、手紙よりは
電話のほうがいいですよ。
無名でも会ってもらえるか、返事をもらえるかは
その人の性格にもよりますので諦めないでくださいね。

困ってるんですという相談ぽい内容のほうが
返事をもらえる可能性は高いかと思います。
あとは単純に感動しましたが、いくつか質問があります
という形式でもいいかと。

根気よく頑張ってくださいね。

>一日にこのような問い合わせは何件もあるのが普通なのですか?

ありますよ。多いのは手紙ですが、
電話でもたまにあります。
住所教えてくれとクレームになることもありますし。
1日に何件あるかは計算したことないので
わかりませんが、私のいた部署では電話だと出版直後に反響が大きければ十数件くらいあったと思います。
もちろんない日も多かったです。ある時はかさなるので。
ただこれも編集部によっては慣れてなかったり
人によっては冷たくあしらうということも
あるので…。1回目うまくいかな...続きを読む

Q日本語の文章に英単語挿入

ネット上では よく日本語の文章の中に英単語をそのまま挿入することが増えましたね。
例えば 「ウインドーズ」も “Windows” と英語の綴りのまま書かれることの方が多いくらいです。

でも、ネットが普及する前に 完全に外来語化した単語まで 英語の綴りのまま書く人もおます。

例えば ↓の例です。


警察の Service を問題視しているのではなく (個人的には心暖まる「良い」地域貢献活動だと思っています)、下らないと言えば下らない質問だとは思うのですが(汗)……。

News 記事には「警官が交通規制をかける中、人々に見守られ、何十分 (京都の場合は 45 分) かけて無事に移動した」などと報じられているのですが、事前に警官が配置されているとは到底思えません。……勿論「見守る人々」もたまたまそこに居合わせて見入っていただけであって「見守るために以前からそこで待っていた」わけではない筈……。

まぁ、池から出て道路に到達するのに 5 分とか 10 分かかるのであれば、事前に「そろそろ移動しそうなので電話をしたら直ぐに来てくださいね」と頼んでおけば何処かに Patrol Car を配置 (近隣の Patrol を兼務) させて 5 分 10 分で交通規制要員の警官を急行させることが可能だろうとは思うのですが、そのようになっているし、鴨の親がその日は諦めて池に戻ることが何度あろうとも通行止め用の誘導棒や迂回指示板などを持った警官が根気よく周辺の Patrol を兼務する Patrol Car で近隣を周回しているのでしょうか?
_______________________________________________________

↑の文章で、Service, News, Patrol と 言った 完全に 日本語化した外来語まで 英語の綴りのまま書くのは レトリック上、どういう意味があるんでしょうか?

ネット上では よく日本語の文章の中に英単語をそのまま挿入することが増えましたね。
例えば 「ウインドーズ」も “Windows” と英語の綴りのまま書かれることの方が多いくらいです。

でも、ネットが普及する前に 完全に外来語化した単語まで 英語の綴りのまま書く人もおます。

例えば ↓の例です。


警察の Service を問題視しているのではなく (個人的には心暖まる「良い」地域貢献活動だと思っています)、下らないと言えば下らない質問だとは思うのですが(汗)……。

News 記事には「警官が交通規制をかける中、...続きを読む

Aベストアンサー

例に挙がっている文章では英語由来のカタカナ語は全部英単語に置き換えられていますね。日本で使われているカタカナ語は本来の使い方からすると間違っている場合も多々ありますが、そういう場合でも英単語にするんでしょうか?

いくつか例をあげましょう。
・太郎はーーをすることで自分をアッピールした。⇒このappealという言葉は自動詞ですから、決してこういう使い方をしない。
・上原投手はここでシュートを投げて、相手を三振に打ち取った。⇒シュートは和製英語で、shootという球種ない。
・伊達選手はこのゲームをキープした。⇒テニスのTV実況を見ていると解説者やアナウンサーがさかんにキープという言葉を使っていますが英語では決して使わない言葉ですね。英語ではキープではなくholdという言葉を使います。それから、リターン・エースという言葉も英語では聞いたことがないので、和製英語で、英語の実況を聴いていると、こういう場合winnersという言葉を使っています。
・日本人の好きで、よく使われる言葉にチャレンジという言葉あって、「交通安全にチャレンジしましょう」などと言っている人がいますが、日本人だったらなんとなく意味はわかりますが、そのまま英語に直したら、「交通安全に異議を唱える」という意味になってしまいます。こういう場合でも、この例に挙がっている人なら、challengeと書くのでしょうか?

例に挙がっている文章では英語由来のカタカナ語は全部英単語に置き換えられていますね。日本で使われているカタカナ語は本来の使い方からすると間違っている場合も多々ありますが、そういう場合でも英単語にするんでしょうか?

いくつか例をあげましょう。
・太郎はーーをすることで自分をアッピールした。⇒このappealという言葉は自動詞ですから、決してこういう使い方をしない。
・上原投手はここでシュートを投げて、相手を三振に打ち取った。⇒シュートは和製英語で、shootという球種ない。
・伊達選手はこの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報