水は、1気圧での沸騰温度は100℃です。圧力が下がると、沸騰温度は下がります。例えば、富士山の標高では88℃くらいです。逆に、気圧が高まると、沸騰温度は上がります。例えば、圧力鍋では110℃くらいです。

●そこで質問 70気圧くらいであれば、水の沸騰温度は何℃くらいですか?

値でも構いませんし、グラフのURLでも構いません。多少の誤差や定義は正確性は不要で、小学校レベルでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こういうのはやはり「理科年表(丸善)」でしょうね。


大抵の図書館においてあります。
一冊持っていると便利です。

「水の蒸気圧」の項を引いて下さい。
「水の飽和蒸気圧が外部圧力を超えると沸騰が起こる」のですから沸点と外部圧力の関係は分かります。
温度が270Kから646Kまでの範囲が2K刻みで表になっています。
・0℃=273Kで換算して下さい。
・647.3K以上では気体と液体の区別がなくなってしまいます。したがって液体から気体への移り変わりに伴って起こる現象である「沸騰」は存在しなくなります。(この時の蒸気圧は220気圧です。)

表を見ると559Kで蒸気圧がほぼ70気圧になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

559K=70気圧で確認してみます。

お礼日時:2011/04/18 10:18

人様のですが、圧力の数値を入れただけで答えが出てきます。


圧力換算は自分でお願いします。

http://www.tlv.com/ja/steam_table/steam_table.php
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/18 10:17

水 状態図 - Google 検索 (

http://www.google.co.jp/search?q=%E6%B0%B4+%E7%8 … )
で探せばいくらでも・・・・・(高校の化学の教科書にも載っている)
 たとえば固体-物質 ( http://www.monominami.jp/kotai.html )

 約550度ケルビンくらいかな・・・このあたりだと亜臨界に近い。

超臨界水及び亜臨界水処理による木質資源の高速糖化 — 農林水産研究情報総合案内 ( http://www.affrc.go.jp/ja/agropedia/seika/data_f … )
亜臨界水・超臨界水を用いたバイオマスの資源化技術が実用化へ / アジア・バイオマスエネルギー協力推進オフィス Asia Biomass Office ( http://www.asiabiomass.jp/topics/1101_01.html )

★対数目盛りなので軸の値を読み違えないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/18 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減圧に伴う、水の沸点変化の計算式?

ご教授お願いいたします。

真空チャンバー内にて液体(水)をある容器に充填する、という状況下にて、水の沸騰が起こることを予想しています。
しかし何torr、何度で沸騰してしまうかが分かりません。
どなたか計算式をご存知無いでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

減圧下での沸点を知りたいのであれば、実験書の最後の方に減圧下沸点換算表というものがありませんか??それを見れば、一発ですが・・・

手元にないのならば、検索してみたところフリーソフトで計算してくれるのがありましたので活用ください。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se156980.html

Q水の沸点について

水の沸点は100度と聞きましたが、
鍋にいれた水が泡立ってきたら沸騰と考えていいのでしょうか?
その時点で100度なのでしょうか?

そもそも沸騰で100度になると、100度以上は温度があがらないのでしょうか?


また、圧力鍋は100度以上可能と聞きましたが、
具体的には何度までいくのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

1013hPaというのは標準大気圧です。
ということは、多少の増減はありますよね。

富士山頂では80℃くらいで沸騰します。
なぜなら大気圧が低いから!

それと水は温度の上昇に比例して膨張します。
ただし、100℃までです。

100℃を超えると水の一部分が水蒸気に変わります。
水から水蒸気になると、体積は1600倍になります。

これが密閉された容器内であると、内部気圧は上昇します。

ここには、色々な要因が絡みますので、完全に比例して気圧が上がるわけではありません。

中途半端な回答になっちゃいましたね。
すいません。

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q真空中で水はいったい・・・・

 ものすごく初歩的な質問かも知れませんが教えてください。
真空チャンバーの中に水の入った開放容器を置いて真空引きをすると
容器内の水はいったいどうなるのでしょうか?
水は凍るのですか? 蒸発するのですか?
水の状態となぜその状態になるか教えてください。

Aベストアンサー

簡単に言うと,水の沸点に気圧と温度が大きく関係しています
通常,義務教育で習う沸点100℃は,自分たちが生活している
大気圧での状態です
さて真空チャンバー内の開始時の水分量や温度にもよりますが
仮に30℃としておきましょうか
真空引きを始めると気圧が降下していきます
そして0.004MPaに達したときに沸点を迎え蒸発を開始します
この蒸発時に気化熱を奪われるため,水の温度も降下していきます
更に真空引きを続けると圧力降下により沸点も降下し蒸発を続けます
真空引きのポンプの能力が非常に高性能で絶対真空に近いものに
なると沸点は0℃近くまで下がります
さらに真空引きを続けます
この状態で気化に追いつけない液体は凍結し固体へと変化をします

ちなみに私は自動車部品の真空乾燥装置の設計をしていました
ではでは

Q気圧と飽和水蒸気量の関係

気圧が下がると、水の沸点が下がる事は状態線図からわかるのですが、飽和水蒸気量はどうなるのでしょうか? また、気圧と沸点や飽和水蒸気量に関する計算式がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

1番さんと2番さんの意見が違いますね。

まず、気圧と沸点や飽和水蒸気量に関する計算式について書きます。
いろんな式があるでしょうが、簡単で、世界中で使われているFAO(国連食料農業機構)の式を書くと:

気圧:
P = 101.3*((293-0.0065z)/293)^5.26
Pは大気圧(kPa)、zは標高(m)

飽和水蒸気圧:
e0(T) = 0.611 exp(17.27T/(T+237.3))
e0(T)は飽和水蒸気圧(kPa)、Tは気温(℃)

沸点は、P = e0(T)になるところです。
だから、標高と水の沸点温度の関係は、下の式を満たすzとTの組み合わせになります:
101.3*((293-0.0065z)/293)^5.26 = 0.611 exp(17.27T/(T+237.3))

標高zが0mなら、沸点Tはほぼ100℃。zが3000mでTが90℃になります。上記のFAOの式はある程度正確で、灌漑用水計画や水資源管理分野において世界的に使われている式です。

飽和水蒸気量については、イマイチ自信は無いんですが、おそらく2番さんが正しいんではないかと思います。
蒸気のFAOの式でも、飽和水蒸気圧は温度のみの関数として表されているし、下のような飽和水蒸気圧曲線も温度のみの関数ですから。
飽和水蒸気圧が温度のみの関数ということは飽和水蒸気量が温度のみの関数ということでしょう。
http://www.senior.aichi-edu.ac.jp/mtahira/Jikken/sat_vapor_pressure.jpg

ということで、答えは、気圧が下がると沸点は下がるけれども、飽和水蒸気量は気圧には直接関係ない、ということでしょう。
ただし、標高が上がれば気圧が下がると同時に気温も下がるので(標準で1km上がれば6.5℃下がります)、飽和水蒸気量も下がるということはあるでしょう。ただしこれはあくまで気温が下がったからだと思います。

1番さんと2番さんの意見が違いますね。

まず、気圧と沸点や飽和水蒸気量に関する計算式について書きます。
いろんな式があるでしょうが、簡単で、世界中で使われているFAO(国連食料農業機構)の式を書くと:

気圧:
P = 101.3*((293-0.0065z)/293)^5.26
Pは大気圧(kPa)、zは標高(m)

飽和水蒸気圧:
e0(T) = 0.611 exp(17.27T/(T+237.3))
e0(T)は飽和水蒸気圧(kPa)、Tは気温(℃)

沸点は、P = e0(T)になるところです。
だから、標高と水の沸点温度の関係は、下の式を満たすzとTの組...続きを読む

Q熱交換の基礎式を教えてください。

熱交換器における基礎式を教えてください。
蒸気と水での熱交換を行う際に、入口温度と出口温度の関係、
それに流速等も計算のデータとして必要なんだと思うんですが、
どういう計算で熱量、流速を決めればいいのか熱力学の知識がないので
分かりません。
いろんな書籍を買って勉強していますが、難しくて分かりません。
それに独学ですので、聞ける人がいなくて困っています。
どなたか、簡単に熱交換の基礎式などを教えてください。

Aベストアンサー

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2種類有る。
 L:伝熱面厚み
 kav:伝熱面の熱伝導率の異種温度の平均、熱伝面内外で温度が異なり、温度によって変化する熱伝導率を平均して用いる。
 hは、流体の種類や流れる速さ(主な指標はレイノルズ数)によって変化します。
 hsは、どの程度見積もるか、、、設備が新品ならZeroとしても良いのですが、使い込むとだんだん増加します。
 更には、Aも円管で厚みが有る場合は、内外を平均したり、Δtも入り口と出口の各温度差を対数平均するとか、色々工夫すべきところがあります。

>冷却管はステンレス製(SUS304)です。
 →熱伝導度の値が必要です。
>冷却管の中の水の温度は入口が32℃で出口が37℃です。>流量は200t/Hr程度流れております。
 →冷却水が受け取る熱量は、200t/Hr×水の比熱×(37-32)になります。この熱量が被冷却流体から奪われる熱量です。=Q
>冷却管の外径はφ34で長さが4mのものが60本
>冷却管の外径での総面積は25.6m2あります。
 →冷却管の壁厚みの数値が計算に必要です。
 伝熱面積も外側と内側を平均するか、小さい値の内側の面積を用いるべきです。

 まあしかし、現場的な検討としては#1の方もおっしゃっているように、各種条件で運転した時のU値を算出しておけば、能力を推し測る事が出来ると思います。
 更には、熱交換機を設備改造せずに能力余裕を持たせるには、冷却水の温度を下げるか、流量を増やすか、くらいしか無いのではないでしょうか。

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2...続きを読む

Q韓国語、中国語で大数(万、億、兆・・・)の京(けい)は?

韓国語、中国語の大数(万、億、兆・・・)を考えて思ったのですが、
日本でもそんなに使いませんが、
兆より大きい単位は京(けい)で、
その次は垓(がい)ですが、
これは韓国語、中国語(北京語)でも同じですか?
それぞれ京は、
gyeong(ハングルが表示できませんので)、jing1(ピンイン)で
いいのでしょうか?また、
日本で一京は10の16乗ですが、
これも同じでしょうか?
回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

また補足しないといけませんね。
要するに、日本も同じです。定義上の問題と日常生活の問題の違いです。
統計や科学的な分野でのちゃんとした数字は、ちゃんとした位取りをします。

それに対して、「億万長者」が適当かはわかりませんが、そういう言葉や庶民の数に対する感覚については、歴史的経緯や文化背景があるというお話です。
中には、「兆」の使い方のように、きちんとした単位であっても、一部に混乱がある、地域によって違いがあるということです。
英語でも「billion」の例がありますが、この話も、No.3 の参照サイトに書かれている通りです。
混乱については、「メートル法」の表のあとの段落に書かれている通りです。

まとめますと、きちんとした基準はあるが、混乱はあるというところですので、ものが「1兆個」あると言うか、「一万億個」と言うかは、人と場合によるでしょう。
頭に浮かべるイメージとしては、言葉として「万億」が定着していることにより、「1兆」と言うよりも「1万億」と言った方がわかりやすいことはあるのではないかと思います。ニュース報道などでも、万億はよく使われています。
3兆円と言うよりは、3万億円の方が、把握しやすいような気もしますね。
さらに3京円と言ってもぴんと来ないけれど、3億億円と言われると、まだましかなぁ。(笑)

また補足しないといけませんね。
要するに、日本も同じです。定義上の問題と日常生活の問題の違いです。
統計や科学的な分野でのちゃんとした数字は、ちゃんとした位取りをします。

それに対して、「億万長者」が適当かはわかりませんが、そういう言葉や庶民の数に対する感覚については、歴史的経緯や文化背景があるというお話です。
中には、「兆」の使い方のように、きちんとした単位であっても、一部に混乱がある、地域によって違いがあるということです。
英語でも「billion」の例がありますが、この話...続きを読む

Q沸点が上がる理由

普通の水より塩水の方が沸点が高いのは何故ですか?
あと、身近なもので塩以外に沸点が上がる物質はありますか?
初歩的な質問なのですが、よろしくお願いします!(汗)

Aベストアンサー

沸点上昇は「不揮発性物質」なら何でも起きます。
 水の沸点は100℃と言いますが、同様に…水の水蒸気圧が1013hPaになると沸騰するとも言います。
 水に不揮発性の物質が溶けている場合、不揮発性物質は蒸発できないので蒸気圧がその分下がります。本来の1013hPaにするためには100℃を越えてしまうわけです。

Q自然対数Ln(x)からxを求める方法について

エクセル2007を使用し、あるグラフの近似曲線(対数近似)を描き、y=0.394Ln(x)+0.88という式を得ました。
y=2.041の時のxの値を求めたいのですが,
自然対数Ln(x)からxを求める方法があるでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

式を変形すると、
x=e^((y-0.88)/0.3)になります。エクセルで
+exp((2.041-0.88)/0.3)
で計算できると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング