素人の単純な疑問です。
深い意味はありませんので、皆様の思うまま気軽に答えて下さい。
(科学的に答えたい方もそれなりに。)

絶滅危惧種は何故保護しなければならないのですか?

地球環境は日々変化しています。
人間による外的作用が一番の原因でしょうが、それが無くても変化が有る事は変わりません。

環境の変化に伴って生きられる生物も変わって行くのは自然だと考えますが、何故サポートしてまで現種を残すのでしょうか?
必要性はどこに有るのでしょうか?

実は深く考えている訳ではないので(何となく思っただけ)、簡単に回答して頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>絶滅危惧種は何故保護しなければならないのですか?<


そうなんだよね、>環境の変化に伴って生きられる生物も変わって行くのは自然です。<
そのとうりです。
だから、人間が将来絶滅しても、地球には、何の影響もないんですよ。
むしろ、いないほうが、いいのかも。

私たちは、人間だから生きるために環境に変わってほしくないのだと思う。

>何故サポートしてまで原種を残すのでしょうか?<
これも人間のためだろうね。
人間に有用な動物、植物、医薬品を遺伝子組み換えで作ろうとするとき、
まず細胞の分化全能性をかんがえなければいけないでしょう。
分化全能性(全分化能,英語ではtotipotency)は,個体を構成するさまざまな種類の細胞のどれにも分化することができる潜在能力である。動物でも植物でも,すべての細胞の起源となる受精卵は,明らかに分化全能性をもっている。次の受精卵につながる生殖系列の細胞も,分化全能性を保持しているとみなされる。問題はそれ以外の体細胞の分化能力である。
植物においては,体細胞が分化しても,必ずしも分化全能性は失われない。
動物の場合は,1個の体細胞から個体を再生する,というような荒技は基本的に不可能である。一般には,初期発生の間に個々の動物細胞の分化能力は次第に限定され,分化全能性は失われるとされている。

以上のことから、植物について考えると。
野生種(Wild species)
栽培種が改良される前の、野生のときのままのもの。また、全く改良されていない植物のことを言う。改良種(交配種)に比べると、花や果実が貧弱だったり、花の色がくすんでいたり、花付きがまばらあるいは一時期しか咲かないなど、改良種に比べて劣る部分が多いが、丈が低く、野趣に富んでいることから、原種を愛好する人もいる。国外の草花でも、原種やそれに近いものは山野草として流通する例もある。チューリップの原種は、花は小さいが、花弁が非常に長いもの、葉に模様があるなどのものがあり、また、シクラメンの原種は鉢物になっている園芸種に比べて丈夫で、香りのあるものもある。バラの原種は、四季咲き性こそないが、花も立派で豊か芳香を持つものがかなりある。また、一般に栽培種より様々な悪条件に耐える性質が強く、そのため、これをあらためて品種改良の素材とする、あるいは交配親とするなどの例もある。一般に、品種改良は、その過程で特定の性質のものだけを選び出すため、原種の持つ遺伝子の多様性を著しく失う傾向がある。そのため、新しい性質を求める場合には原種から探すのが効果的な場合も多い。

らしいから、原種が必要なんだって。
聖書でもノアの箱舟に乗るのは、人間だけでないから、人間は生きるためには、昔から、
他の生き物が必要だと考えていたんだろうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼大変遅くなってしまいました。
申し訳ありません。

丁寧な説明をして頂き感謝します。
お陰様で良く理解出来ました。
納得です。

結局は人間の為なんだけれど‥全ての動植物、延いては地球の為に繋がる‥当たり前と言えば当たり前の感覚なのかも知れません。

地球で人類が滅びてしまっても、それはそれでいいじゃないか、自然に任せよう‥なんて訳にはいかない訳ですね。
て言うか‥ここまで発展してしまったら後には引けないですよねぇ、人類としては。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/29 16:16

>>絶滅危惧種は何故保護しなければならないのですか?


別に保護しないといけないと決まっているわけではありません。
保護すべきと考える人、保護したいと考える人、保護することで利益が得られる人、様々な人たちの思惑の結果、実際に活動する人たちが保護しているわけです。
ただ、どのような種であっても、学術的には重大なデータとなる可能性がありますし、大衆の環境保護教育的な意味合いもありますね。


>>生態系がかわることは悪いことか

はい。人間も生物である以上、現代の生態系に適応していますので、生態系が大きく変われば巡り巡って地球環境が激変し、人間社会に多大な被害がでる可能性があります。
また、野生の自然は非常に生産性が高く、うかつに開発するよりも経済効果は何倍もすぐれているという試算もされています。
さらには優れた遺伝子資源はバイオ系の技術においても重要と考えられています。

まあ、身もふたもない言い方をすれば、生態系の維持や環境保護は利益があり、なおかつ、おろそかにすると多大な被害が出る可能性がある、ということです。
身近な例で言えば、今ミツバチの保護が急募とされています。
というのも、今世界中でミツバチが巣に帰ってこない奇病が流行っており、農業に重大な影響を与えています。欧米などの大規模な農業では、花を受粉させるのは飼育されたミツバチに依存しており、ミツバチに異常があると、農産物の生産量に被害が出るのですね。日本だと感じないでしょうけど、海外の農業では結構深刻な問題になっております。
こんな時、その病気に影響を受けない種類のミツバチが野生に存在し、農業に利用できれば問題を解決できますよね。
それそのものミツバチはいなくても、その遺伝子を研究すれば病気に抵抗性がある農業用ミツバチを開発できるかもしれない。
そういう意味で野生の遺伝子的多様性は大きな資源なのです。経済的な意味でも、学術的な意味でも。
卑近な言い方をすれば、貴方が毎日ご飯をお腹いっぱい食べられる社会の維持に役立ちます。



まとめますと、
環境の維持は人間社会の維持に重要であり、絶滅危惧種の保護はその一環、というところですね。
とある漫画で、「死にたくなければ環境保護しようぜ」というフレーズが出ていましたが、まあ、極論するとそういうことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなり申し訳ありませんでした。

う~ん、やはり詰まる所は人類の存亡ですか‥それしか無いですよね、人類が考える事は。

今頭の中を「資源」「利益」「遺伝子」等の言葉が渦巻いています。

蜜蜂の話はTVのドキュメンタリー番組で見ました。
蜜蜂が消えている為植物の受粉がされず、農作物が出来ないと‥。

これを見ると、確かに保護の必要性、重要性が実感出来ますね。

でも、ここでちょっと疑問が。
人間に有益な動植物の保護は納得出来ます。
ならば今、保護指定されている動植物は人間にとって有益な物ばかりだと言う事でしょうか?
保護するには何らかの理由がやはり有るからですよね。

有るトーク番組で「地球の為には人類は滅びた方が良い」と仰有っていた学者さんがいました。
この言葉にも頷けますけど‥現実問題‥存亡に賭けますよねぇ。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/29 16:42

生命の進化とは、いかなる“強い種”の創出でもなく、地球に降り注ぐ日光が輻射によって再び宇宙に還って行くプロセスに於ける、生態系としての多様化=地球上の熱容量(物質循環量と速度)の増大だと言えます。



地球上の生態系の本質は、日光によって励起された化合物の合成(光合成=植物)と分解(消化=動物)の連鎖反応です。
植物が成長(合成)するためには、二酸化炭素と水、窒素などの、化合反応の材料が必要であり、動物抜きの分解(紫外線による分解や大気中の酸素による酸化)より、動物による能動的摂食と生化学反応的酸化による、高速の分解の方が、有効なのです。

生物は、エントロピー増大に抵抗して、成長したり、増殖したりして、エントロピー減少しているように見えます。
しかしそれは、生物にしても、社会的な要素にしても、「開放系」だからです。
生物は、自分のエントロピー増大を新陳代謝するために、環境のエントロピーの低い物(食物、燃料)のエントロピーを増大させて放出(排便、廃棄)する事で、環境も含むトータルな閉鎖系におけるエントロピー増大を加速しています。

それでも、生態系全体の進化は、エントロピー減少だと言えますが、それも太陽の核融合というエントロピー増大の一環である、「日射>光合成>摂食>消化>酸化>輻射」という一時的な地上の熱滞留としての、開放系ゆえのもので、結果的にはエントロピー増大を加速するものです。
先にあるのは太陽光=植物による光合成であり、動物はその有機物の分解を加速して植物の光合成の原料にする(物質循環の加速)ための寄生的な存在に過ぎないのです。

そこにおいて、単独の種で“強い”ということに本質的な意味はなく、多様化による恒常性と適応力のバランスこそが肝心なのです。
恐竜は、太古の環境に適応して巨大化・強力化しましたが、環境の変化に適応できず絶滅しました。
環境の変化への適応力は、しばしば特定の環境に適応した特殊化に相反し、環境変動に適応して生じる“次世代の主役”は、前の時代の主役に追われて隅っこに追いやられていた原始的種から生まれる場合が多いのです。
バクテリアに追われて熱水域に生き延びた好熱菌がつくった核をつくり、多細胞生物となったように、あるいはカンブリア紀の大爆発において殻もトゲもないピカイアが逃げるために脊索をつくって、内骨格生物となったように、恐竜と哺乳類も同様、人類発祥の地・アフリカから寒冷地に追いやられた白人も同様。
全く新しい進化は、特定の能力を競い合って惰性的進化をしている“強者の群れ”の中では起き得ないのです。
生態系の多様性を奪うことは、そうした可能性を奪うことなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼大変遅くなりました。
申し訳ありません。

私には少々難しくて‥何度も何度も読み返させて頂きました。

最後の数行で少し理解出来た様な気がします。

生物の進化・発展の為には、(ストレスとなる)多種多様の外的エネルギーの影響が必要不可欠‥と言う事でしょうか?。

そうであるなら、確かに保護の必要性&重要性は納得出来ます。

そこまで考えが至りませんでした。
勉強になりました。

丁寧に説明して下さり感謝致します。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/29 16:55

生態系が変わってしまします。


例えばツキノワグマ、結構農作被害が大きくて見つけたらすぐ猟友会とか出てきて
射殺とかってなるけど、ツキノワグマの主食は主に木の実とかで、ヒグマなどと違って
狩猟は基本しないけど山の死肉も掃除してくれるし、
それがいなくなったら山は動物の死骸だらけ
南アルプスだってシカの食害が酷いけど、日本オオカミが存在していればちゃんと
バランスとれていたでしょう 天敵いませんから

この回答への補足

生態系が変わる事は悪い事ですか?
長い時間の中では、生態系が変わる事も自然だと考えられませんか?

補足日時:2011/04/19 10:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなり申し訳ありません。

生態系‥ですね‥
TVでもこの事に付いては良く報道されていますが、結局は生態系を崩す事は人間が生きづらい世界に繋がる‥って事ですよね。

人間も滅びるならそれも又良し‥なんて言ってられませんかかねぇ‥やはり現実問題として‥ですよねぇ。
(私は白け過ぎているのかも。)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 02:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶滅危惧種の採集について

こんにちは。よろしくお願いします。
つい先日,メダカは絶滅危惧種に指定されている事を知りました。そこで、メダカについてインターネットで調べていたら絶滅危惧種は採集が禁止されていると書いているページもありました。そこで、
1.絶滅危惧種など法的にわかりやすく説明したホームページを教えてください。
2.絶滅危惧種は全国的に採集禁止なのですか?また採集が禁止されているとすると、どのランクに指定されると採集禁止になるのでしょうか?
3.日本希少野生動植物種という言葉も聞きましたが,これは絶滅危惧種とは違うのですか?

知識として、私は,天然記念物は採集したらいけないというくらいの知識しかないのですが,その他の法律と採集禁止や捕獲禁止についてもできましたら教えてください。

Aベストアンサー

1 http://www.env.go.jp/nature/yasei/hozonho/index.html

http://www.biodic.go.jp/rdb/rdb_f.html

2 絶滅危惧種は一般にレッドリストに記載されているものをさしますが、レッドリストには、環境省版、地方自治体版などがあります。それぞれ守備範囲が異なりますので、あなたがお住まいの地域の地方自治体、環境省それぞれのレッドリストを見るべきでしょう。メダカについては環境省版でランクされておりますし、どこの自治体でも大概は入ってますので、それほどどこに住んでいるかということには扱いに違いがないとおもいます。

3 「絶滅危惧種」の中から「国内希少野生動植物種(日本にあらず)」が指定されるとご理解ください。

4 野生生物の採集の可否については各自治体の条例により規制される方向になってきております。各県の担当部局にお問い合わせになるか、条例等を検索するのが良いかとおもいます。

淡水魚であれば、内水面漁業での縛りが多々ありますので、厳密には採集が違法となることは多いとおもわれます。つかまるかどうかはともかくとして。

最後ですが、保護を必要とするような希少な動物を取るかとらないかというのは法律以前に良識の問題だとおもいます。

1 http://www.env.go.jp/nature/yasei/hozonho/index.html

http://www.biodic.go.jp/rdb/rdb_f.html

2 絶滅危惧種は一般にレッドリストに記載されているものをさしますが、レッドリストには、環境省版、地方自治体版などがあります。それぞれ守備範囲が異なりますので、あなたがお住まいの地域の地方自治体、環境省それぞれのレッドリストを見るべきでしょう。メダカについては環境省版でランクされておりますし、どこの自治体でも大概は入ってますので、それほどどこに住んでいるかということには扱いに...続きを読む

Q絶滅危惧種の生物を護る為にできること

年間、約40000種もの生物が絶滅し、哺乳類の約20%、両生類の約30%(その他の種の詳しい数値はわかりません...)が絶滅危惧種にあるという話を聞きました。
人間のせいでこのような状況になってしまったのなら人間の手で阻止していかなければならないと思います。

人間が他の生物を護っていく為に、具体的にできることは何があるのかと考えています。
環境を護る、団体に入って活動をする、等でしょうか。

実際に勉強している方や活動している方のご意見を頂けると有り難いです。

どこにカテゴライズされるのかわからなかった為、生物学とさせて頂いております。

Aベストアンサー

絶滅には色んな理由があります。
ヒトが原因のこともありますし、その他動物、気候の変化もあるでしょう。
どれも自然なことです。
ヒトは自然の一部です。
ヒトによって絶滅することは自然なことなのです。
ヒトは自然の一部ではなく、自然の管理者だと思っている人・団体があります。
僕はそれはおこがましいと思います。

絶滅した結果、ヒトが困るのであれば全力で守る必要があるでしょう。
そうでないのであれば、それは決して人類全体の義務・責任ではありません。
個人が趣味の範囲、研究の一環でやればいいことです。

さて、では絶滅危惧種を保存するにはどうすればよいか。
一番良いのは、生態学等の研究者になることかと思います。
研究所に保護して、いつまでも見守ることが出来るでしょう。
遺伝子での保管をしている機関もあるかもしれません。
種の保存は、進化の過程を明らかにする上で非常に有用です。
胡散臭い環境保護団体はやめた方が良いと思います。
彼らの行動には全く意味がありませんから。

Q微生物・プランクトンの絶滅危惧種

お世話になります。
世界では、絶滅危惧種をリストアップして保護環境を整える動きがありますね。
肉眼で簡単に確認できるほ乳類・鳥類・は虫類などは手厚く保護される動きがありますが、目に見えにくい微生物・プランクトンでも絶滅危惧種というのはあるのでしょうか?
私的には当然あるだろうと思うのですが、具体的にリストアップして保護対策が取られているのでしょうか?

Aベストアンサー

日本のイセマミズクラゲは絶滅したプランクトンの可能性があります。
また一般に海洋のプランクトンについては絶滅危惧種を設定するための分布情報がないので設定不可能だと某学会で講演を聞きました。

Q絶滅危惧種を守ろうとする理由

生態系が壊れる、という理由なら、
細々とフェイドアウトして言っているのだから、
そんなに心配ないような気がします。

絶滅させたくない、という「思い」だけですか?

素人の思い付きの質問なので、分かりやすくお願いできれば嬉しいです。

Aベストアンサー

「人間そのものが最大の環境汚染源だ」と言う学者もいるほど、私たちの活動によって環境(生態系)を乱し、絶滅に追い込んでいる種は少なからずあると思います。また、それが遠因になって私たちにも影響が跳ね返ってきている面もあります(食物連鎖も含めて)。

たとえば農薬です。代表的なのにネオニコチノイド系農薬(神経毒を有します)があり、これは害虫駆除のために作物の栽培に撒布するのですが、狙った特定の害虫だけに効くのではなく、一部の例外を除けばどの昆虫もやられます。ミツバチもそうで、以前にもニュースになりましたが、あるとき突然ミツバチが大量に死に絶え(ミツバチの行動半径は4kmもあり、毎日のように吸蜜のために巣箱から広範囲に往復するので影響を受けやすい)、養蜂家たちは困り果てたことがありました(今でもあります)。また地中の細菌や微生物も死に絶え、土は荒廃し、作物が育ちにくくなるんです。
ネオニコチノイド系農薬を撒布した地域ではミツバチだけではなく多くの昆虫が絶滅し、それを捕食する鳥たちも姿を消し、海岸付近では魚がいなくなって不漁になります。最後は人間も困ることになるんです。

ごくありのままの自然淘汰によって絶滅危惧種が出るのは自然の摂理でよいのですが、人間の活動で生態系(環境)を乱し、それで絶滅しそうな種が出るのなら、手を差し伸べるのが英知をもった人間の責務(贖罪も兼ねて)であるように思うんです。人間の活動で生態系を乱して絶滅危惧種が次々に出てくると、長い目でみたときに人間にも絶滅の危機が来ると思われます。

身近にいる昆虫たちが姿を消しているのに気づけば、それは警告であり、逆説的に言えば健全な生態系(環境)を知るバロメータになります。世界的に見て、最近の男性の精子の数は50年前の半分に落ち込んでおり(とくに日本の男性の精子の数はフィンランド人の2/3しかありません)、子孫を維持するのにギリギリの処に来ています。精子数の半減の原因は環境ホルモンが影響しており、環境に悪影響を及ぼす化学物質のせいです。昆虫などが絶滅して行く様子を見ていると、人間もやばいと分かるんですよ。少し話が先走ってしまいましたが。

「人間そのものが最大の環境汚染源だ」と言う学者もいるほど、私たちの活動によって環境(生態系)を乱し、絶滅に追い込んでいる種は少なからずあると思います。また、それが遠因になって私たちにも影響が跳ね返ってきている面もあります(食物連鎖も含めて)。

たとえば農薬です。代表的なのにネオニコチノイド系農薬(神経毒を有します)があり、これは害虫駆除のために作物の栽培に撒布するのですが、狙った特定の害虫だけに効くのではなく、一部の例外を除けばどの昆虫もやられます。ミツバチもそうで、以前...続きを読む

Q普段から動物愛護を訴えかける日本人が絶滅危惧種に指

普段から動物愛護を訴えかける日本人が絶滅危惧種に指定されているウナギを平気で食べるのはなぜですか?

今日は土用の丑の日だ!今日はウナギだ!って・・・あれだけ散々、テレビでウナギが絶滅危惧種に指定されたと報道されてなお食べる日本人に動物愛護精神があるとは思えないんですが・・・日本人は動物愛護を謳うより動物残虐性の方が強いので、もう動物愛護とか本音はぜんぜん思ってないように見えます。

Aベストアンサー

絶滅危惧種に指定されたら駄目なの?

そうじゃないでしょ
絶滅危惧種にしない様にしなければならない方が先じゃね?

外来種が入ってきて固有種が減り「ヤバイ!」て騒ぐ
…騒ぐだけなんだよね
テレビで視聴率をとる為の話題で終わり

ペットだって同じ
「こんなに捨て猫が居ます」で終わり
“だったら、どうすれば良いのか?”まで辿り着けない

大量だから乱獲d=(^o^)=b…んで減ってきたら大慌て
鰻だけでなく他にも絶滅危惧種としてヤバイ生き物は沢山いるよ
まあ、禁止になっても食べられるヤツは居るんだろうね

Q絶滅危惧種の保護で

数が少なくなった種を増やす時何時も疑問に思っていた事があります。
それは必然的に近親の間で子孫を作る事になります。
将来生物学的に問題は出て来ないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

瓜坊の父と娘で。

仮に父Aaと娘Aaだとして。
二人の子供は。

AA、Aa、Aa、aaになったとし。

aaは可哀想に子孫を残せず死んだ。が、AAは親より優秀だったりして。この遺伝子(のある染色体)の異常が原因で死ぬのは1/4であり生き残るのは3/4、つまり0.75となる。
また別の染色体でもリスクがあるとすれば0.75となり、両方でセーフで助かる確率は掛け算だから2乗。
仮に8本の染色体でリスクがあるとすると8乗。
カメラ付携帯のクソ電卓で、0.75××=××=××=約0.1。
8本の染色体にリスクがあれば十匹に一匹生き残る感じかな(^^;)テキトーです。

もしそいつがAaでなく全てAAだったら……なんてね。

AAもAaも遺伝子的に絶滅しないものとすればAAが増えます。
つまりAAかaaかの博打をするです。破産したら終わり。

こういう解説は個人に聞いたことがない私の即興オリジナルだけど。専門家が考えて一般の話題になっていていいはずだと思うがこの否定も肯定も私は聞いたことがない。何やってんのかね日本の知識人専門家らは啓蒙として。

瓜坊の父と娘で。

仮に父Aaと娘Aaだとして。
二人の子供は。

AA、Aa、Aa、aaになったとし。

aaは可哀想に子孫を残せず死んだ。が、AAは親より優秀だったりして。この遺伝子(のある染色体)の異常が原因で死ぬのは1/4であり生き残るのは3/4、つまり0.75となる。
また別の染色体でもリスクがあるとすれば0.75となり、両方でセーフで助かる確率は掛け算だから2乗。
仮に8本の染色体でリスクがあるとすると8乗。
カメラ付携帯のクソ電卓で、0.75××=××=××=約0...続きを読む

Q蜂の駆除(準絶滅危惧種?)

自宅の出入り口に繋がる公道に 覆いかぶさるように立つ樹に
ハート型の蜂の巣が出来ていました。
通園に使われる道路なので 駆除しようかと考えているのですが

薄いレモン色の小さめな蜂で 
あまり見たことがないので ネットで調べると
"準絶滅危惧種”の ”ヨウロウヒラクチハバチ”でした。

準絶滅危惧種って 駆除しても問題ないんですか?
どこかに連絡するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

Q>準絶滅危惧種って 駆除しても問題ないんですか?
 →問題ないです。種が少ないというだけのことです。天然記念物ではないので取って構いませんし、連絡の必要も有りません。攻撃性は低いと思いますが、木などを食い荒らす害虫には違い有りません。

たとえばメダカやオオクワガタ等のほうが遥かに絶滅危惧度が高い訳ですが、これとて皆さん捕まえます。

【引用】<レッドリスト>(上位ほど絶滅危惧度が高い)
1.絶滅危惧I類(CR+EN) - 絶滅の危機に瀕している種
   絶滅危惧IA類(Critically Endangered, CR) - ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
   絶滅危惧IB類(Endangered, EN) - IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
2.絶滅危惧II類(Vulnerable, VU) - 絶滅の危険が増大している種
3.準絶滅危惧(Near Threatened, NT) - 存続基盤が脆弱な種

Q動物の種の絶滅について

人間による環境破壊以外の原因でも、動物の種の絶滅と
いうのは自然界ではよく起こっているのものなのでしょうか?
起こっているとしたらどのような原因で起こるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生態系は自然環境に合わせて変化しますので火山活動、地震、気候の変動などで環境が大きく変わると新しい環境に適応できなかった種は絶滅する可能性は高いです。
恐竜などが分かりやすいですね。
また、外部環境からより繁殖力が強い種が現れると同じニッチの種が滅ぼされることがあります。これは人為的な原因が多いですが、自然でも起こりうることです。

Q絶滅危惧種・・?

今、課題で絶滅危惧種の絵を描こうと思います。それについてですが
   「ジャワショウビン」 という鳥の資料を見つけました。ところがこれが曲者で
いくら探しても、「ジャワショウビン」が絶滅危惧種なのかそれとも固有種なのかがよくわかりません。
図書館に行って本を見てもあまり載っていなくて、困っています。

どなたかわかる方は教えてください。よろしくおねがいします。

「ジャワショウビン」は青の羽と黒の羽をもつの鳥です。

Aベストアンサー

下記のサイトによると
その鳥はバリ島やジャワ島に生息する固有種であり、絶滅危惧種にもなっているとのことですよ。
良い課題ですね。
頑張ってください。

http://www.kcchoophoto.com/BaliBirds/javanKF.html
http://www.antaranews.com/en/news/1280011541/234-indonesian-bird-species-endangered

Qなぜ種の絶滅を防ぐのですか?

(1)絶滅させたくないという人間のエゴですか?
(2)生態系がおかしくなるからですか?
(3)人間によっての影響なくても、絶滅しそうな動物はいないのでしょうか?
(4)人間によっての乱獲、環境破壊があまり原因がなく、自然に減っている生物は種を残す力がないのに、助けるのはなぜですか?

Aベストアンサー

1はい
2はい
3いるでしょう
4役立つからです

色々な考え方の人がいると思いますが、私が思うに科学者は別に好きで動物を保護しているわけではありません。
動物を保護すると人間の役に立つから保護しているのです。
生態系が狂えば人間が住みにくくなりますので、なるべく生態系が狂わないよう今いる生物をそのまま保とうとします。
また、人間は未だにどんな生物も作り出すことはできませんので、特定の生物しか作り出せない物質が欲しければその生物(あるいはその生物のDNA)を使うしかありません。
今後どんな物質が必要になるか、そしてどんな生物がどんな物質を作るかは分かりませんので、なるべく多くの生物を、必要な時に使える量は確保しておく必要があります。

全ては人間サマの為に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報