ホンダアクティーM-HH4 660 3気筒 10年以上前の、4駆 アクティーストリートEX なのですが、LSDのステッカーが貼ってあります。この車、LSデフが入っているのでしょうか?前後共に、でしょうか? LSD入りとしたら、オイルは何が良いでしょうか?前デフ、ミションにテフロンのような摩擦低減オイル添加剤を混入することの良し悪しについてお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リアデフのみが LSDでしょう 


おそらく ビスカスカップリングLSD デフ内は パッケージングされたデフ内にシリコンOILが入っていて デフケース内は 純正デフオイルで十分です。
結構 車によって相性が有るので 純正デフオイルか 純正と同等の粘度のデフオイルを入れて見て下さい

添加剤は、入れても害が出そうにないですが 効果は?
オイルの設計と 添加剤成分が合うか合わないかが 解らないから

それよりも 高純度で添加剤もしっかり入ったオイルが良いですよ
デフオイルとしては SUNOCOが有名

フロントデフって かなりのスポーツタイプでないと 装備されません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。LSDはクラッチ板が入っているものと思い込んでましたが、色々あるのですね。では、摩擦軽減オイル添加剤によるクラッチ板滑りとかの心配はないわけですね。

お礼日時:2011/04/19 21:51

>ホンダアクティーM-HH4 660 3気筒 10年以上前の、4駆 アクティーストリートEX 



ストリートはLSDは標準ではないはずなので
前の持ち主が入れたのではないかと?

リア2輪をあげてみて
片輪を回してみて
LSD入りならば、片輪を前進方向に回しても
もう片方も前進方向に回ります

普通のデフならば、片輪を前進方向に回したら
もう片方は後進方向に回ります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速にありがとうございます。チェックしてみます。

お礼日時:2011/04/19 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

LSD」に関するQ&A: デフとLSDは違うのですか?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコン、シロッコファン分解洗浄

エアコン、シロッコファン分解洗浄

エアコンのシロッコファンに黒くて頑固な汚れが付着しています。
くうきれいという、エアコン洗浄スプレーをしても完全に除去はできませんでした。

シロッコファンを分解して洗浄してくれる業者さんを教えてください。
ダスキンはやってませんよね…。

Aベストアンサー

個人業者でもやる人もいれば出来ない人もいます、どこの会社がやってくれるかと訊かれれば
その作業は基本的にメーカーサービスの仕事という答えになります。

エアコンクリーニングといっても業者によって作業内容は大きくばらつきます、ダスキンでもこだわりをもって作業する人もいれば、いい加減な人もいます、その割に料金は大差ないです。特に見えにくい部分は手つかずの業者も少なくないようです、特にシロッコファンはエバポやモーターの移動が必要な上、アルミ製の結合部のネジが緩まない機種もあるために破損リスクも伴います。
そういう条件を考慮するとメーカーサービスが確実です。

Q250cc4気筒4ストと250cc2気筒4ストとの、走りの違いを教えてください。

今ホンダの250ccスパーダに乗っておりますが、そろそろ乗り換えを考えておりまして悩んでいます。このバイクが初めてのバイクなので250cc4スト4気筒に乗ったことがありません。よく4気筒は加速が悪いと聞きますが、2気筒と違うものなのですか?また逆に高回転側はよく回るのですか?体感的にも違うものですか?乗り換えは250cc4スト4気筒のネイキッドタイプで考えています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今現在カワサキのバリオス馬力規制前45馬力にのっています。VTRの初期型であれば彼女が乗っていますので乗ったことがあります。VTRのほうが町乗りであればエンジンをあまり回さずに加速できますので楽です。加速もアクセルを回せばよく走りますのでなんら問題ありません。スパーダあたりですとVTのなかではかなりパワーのある方だと思いますのでセカンドとしてかなり欲しいです。燃費もかなり良いみたいで・・・。上まで回した感じでは、低中回転時はいい加速をしますが高回転時はスムーズなものの頭打ち感があります。

 4st4気筒ですが、まず8千回転以下は4st50ccの原付にも負けるくらいの加速しかできません。しかし、1万回転以上になると急にパワーが出てきて排気音も8千回転以下とは全く異なる音になります。発進で50cc2st原付にも勝てますがやたら音がうるさいです。まわせばまわすほどパワーがもりもり出てきます。しかし、おともうるさいため(1万6千あたりはまるでF1のようですというか耳元を飛ぶ蚊のような高音です))疲れますし、パワーバンドを外れると加速がたるくなるため疲れます。

 いちおう、レッドは1万9千から(2万2千?あたりまでメーターはあります)ですが1速で引っ張ってもあまり加速しないため2速で1万6千回転あたりまで引っ張るといい加速をし3速に入れて時速100キロまで5秒くらいで到達します。

 2気筒と比べると低回転時のトルクが無いためまわさないと速く走れないということになります。よって、まわすので燃費も悪いです。よく言われることですが音の割りに進んでいないという状況です。最近の4st4気筒はずいぶん低速に振ってあるため低回転でも少しはトルクがあり燃費もよくて乗りやすいと思います。ただ、レッドの回転数が低くなったため思い切り引っ張ることができないのが残念です。(フル加速をするとすぐに振り切れる)

 低速が無い無いとよく言われますがうまいことクラッチ操作ができると、アイドリング回転数1500回転でつなぎながら発進しても全く問題ありません。逆に2気筒はすとんと低回転ではエンジンが止まってしまいます。4気筒はトルクは薄いですが回ろうとする粘りはあるようです。私は単気筒に乗りいつものクラッチ操作をすると良くエンストします。

 まあ、理想はちょっと昔の高回転高馬力型のVTZのエンジン(43馬力 1万2千あたり?)を積んでいるフルカウルツアラーもしくはCB400SBのようなハーフカウル付ですね。ホンダさんに是非作って欲しいです。

 乗換えでは新車ですと、ホンダのホーネットとカワサキのバリオス2しかないです。中古であればスズキのバンディット、ヤマハのジールがあります。

 ホーネットだけは前のタイヤが130?、後ろが180ですのでタイヤ代が後ろだけで3万円は要ります。3万円あれば他のバイクは前後バイアスタイヤであれば交換できてしまいます。(25000円~)ホーネット以外は大体前が110、後ろが140です。

 今現在カワサキのバリオス馬力規制前45馬力にのっています。VTRの初期型であれば彼女が乗っていますので乗ったことがあります。VTRのほうが町乗りであればエンジンをあまり回さずに加速できますので楽です。加速もアクセルを回せばよく走りますのでなんら問題ありません。スパーダあたりですとVTのなかではかなりパワーのある方だと思いますのでセカンドとしてかなり欲しいです。燃費もかなり良いみたいで・・・。上まで回した感じでは、低中回転時はいい加速をしますが高回転時はスムーズなものの頭...続きを読む

Q【エアコンクリーニング】ファン分解なしの高圧洗浄の効果

エアコンのクリーニングをエアコンのメーカーにお願いしようかと思ったのですがいくつか疑問が生じてきました。

そこでメーカーにいろいろ聞いたのですが、15000円(出張費込)で
ファンなどの分解なしの高圧洗浄だが、
シロッコファン、ドレン水受けは綺麗になるとのこと。
使い方によるが、2~3年は、これで大丈夫とのこと。

皆さんのご意見で、ファンの分解をしないと、ファンは綺麗にならないとのことだったので、メーカーの回答に少し不安になりました。

分解なしの高圧洗浄、、、いかがなものでしょうか。

町の電気屋さんは、18000円(出張費込)で、その場でファン分解、洗浄(持ち帰りなし)ができるようです。少し高いので尻ごみしています。

Aベストアンサー

私は以前、設備屋でしたその後メーカーのサービスをやっていたものですが、高圧洗浄でしたら十分きれいになります。
設備屋のときは分解をしてファンとドレンパンは洗浄液につけていましたが、時間がかかりコストがかかるばかりでした。メーカーのサービスでは高圧洗浄をやって分解をする必要がないことがわかりました。
取り外さずに洗浄を行うようになった当初は高圧洗浄ではなく、低圧洗浄でしたので、ファンは洗浄しなかったときがありましたが、現在では高圧洗浄でファンなども洗浄するので大丈夫です。
ただ分解せずに行うのですから基盤&モータなどに水がかかり故障の原因になることがありますがメーカーの仕事ですから大丈夫だと思います。
メーカ時代に量販店で洗浄してもらって故障をして修理によく行った経験はあります。

Q直列4気筒と並列4気筒の違いについて

お世話になります
表記の違いなのか?型式の違いなのか?教えて下さい。
直列4気筒と並列4気筒なのですが
自動車の記事を見ていると直列しか出て来ませんが
2輪の記事を見ていると並列と出てきます。

 どれだけ眺めて見ても構造は同じにしか思えません。
バイクの世界ではエンジンを進行方向に対して横置きに搭載するので
並列となるのだと思いますが如何でしょうか?
BMWだったかでで縦置き4気筒?のバイクがあったと思いますが
そのバイクの表記は直列だったのでしょうか?

 ならば、自動車もFFで横置きの場合は
並列という表記になるのでしょうか?(でもそんなクルマ見たことありません)
バイクよりも4輪の方がが幅広いお客さんがカタログ等を目にするので
『便宜上』直列に統一してあるのでしょうか?

御事情、御存知の方は御教え頂ければ幸いに存じます

Aベストアンサー

>クランク軸の末端からフライホイール→ギア?(ここが解らない)→ミッションとなるのでしょうか?

http://ameblo.jp/chibinanako/entry-11549323387.html
ここの写真を見ると、末端ではないですね。
左側1シリンダー、右側3シリンダーの所にギアがあってそこから取り出してます。

>出力の90°変換が必要だと思うのですが…

はい、そうなので、ホンダのGLシリーズなどは、4輪車と同じように
ドライブシャフトでの駆動をしています。
#車軸のところで90度変換が必要ですが。。

>どうしてもなかなか見つからなくて苦戦しています。

既に#4さんから回答がありますが、ホンダのGLシリーズなどでしょうか。

#4さんへ

>インラインの3気筒なんて作りようがないじゃないですか。

カワサキのマッハ(後のKH)シリーズやスズキのGTシリーズは、インラインだと思っていたのですが、
違うのでしょうか?
また、現在の軽自動車などは?

Q蓄熱暖房機のメンテナンスについて教えて下さい。 エアコンの分解洗浄は良く知られていますが、最近 良く

蓄熱暖房機のメンテナンスについて教えて下さい。
エアコンの分解洗浄は良く知られていますが、最近 良く設置されている蓄熱暖房機の分解洗浄は聞いた事がありません。
蓄熱暖房機の仕組みは深夜に貯めた熱をファンを使用して放出する というものなので蓄熱部やファンは汚れると考えられます。
暖房機には分解しないように記載がありますが、もし実際に分解し洗浄した事のある方がいらっしゃれば洗浄が必要なのか?分解の難易度等、意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

>エアコンの分解洗浄は…

その大きな理由の一つは、内部での結露を放置することによりカビが発生し、ひいては細菌が増殖し悪臭を室内に拡散させるからです。

空気中の塵埃は前面フィルターでほぼ防ぐことができ、分解洗浄までの理由にはなりません。

>蓄熱部やファンは汚れると考えられます…

内部で結露するわけではありませんからカビが生えることはなく、プロを呼んでの分解洗浄など必要ありません。

ファンにより塵埃が貯まるのは、F-F式ストーブやファンヒーターと同程度であり、大げさに考えなくて良いです。

QFFを4駆にするのとFRを4駆にするのはどちらがええのでしょうか?

こんにちは
GTRはFRを4駆にしたものですよね
それでエボ(7)とかインプはFFを4駆にしてますね
これはもともとの設計で何かどちらが4駆に
し易いボデイなのか教えてください

それともともと4駆だけの車種ってあるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

 う~む、大変よい御質問です。この御質問は、いずれ何方かが出されるのではないか?と想像しておりました。
 それでは、例によって(?)一つ一つ分析してみましょう。

1.動力性能上の優劣
 横置きFWDでは、本来回転軸が全て横向きに配置されています。ここでプロペラシャフトを追加して4WD化する為には・・・・
1)回転軸方向を90°曲げる為の歯車が最低1組必要。
 当然その分重くなり、伝達出力の幾ばくかを損失します。勿論、縦置きエンジンなら回転軸の向きを変えることは不要です。
2)プロペラシャフトが車体中心線を通しにくい。
 エンジン~トランスミッションの配置上、どぅしてもプロペラシャフトを車体センタに真っ直ぐ通せなくなります。
 これは、プロペラシャフトの不要な振動を発生させ、その振動対策でセンタベアリング(プロペラシャフトを途中で保持するベアリング)の数を増やし、プロペラシャフトの分割数を多くしなければならない場合もあります。ベアリングや途中のユニバーサルジョイントを増やさなければならないので、当然重量上不利です。
 これも勿論、縦置きなら車体センタをほぼストレートに通せます(スバルさんの4WDシステムのプロペラの通し方は、世界レベルで見ても見事です)。

2.運動性能上の優劣
 この話はもっと判り易いです。
1)縦置きでは、例えアウディやスバルの様にエンジンが前輪より前にブラ下がっている大胆な配置でも、実はトランスミッションが前輪より完全に後ろにあり、前後重量配分は結構マトモな値に収まります。横置きでは、前輪より後方に配置出来るのはせぃぜぃセンタ・トランスファまでで、前後重量配分を調整するのに一工夫必要です。
2)横置きではご存知の様にエンジンが左右どちらかに寄った配置となりますが、これは左右旋回性能の差を生み出します(意外に知られていない事実・・・・元々どんな乗用車も左右旋回性能の差がありますが、ワタシの経験では、やはり横置きエンジンの方が左右差がより大きく出る様です。この理由は、左右の重量配分、非対称なエンジンマウントによるエンジンルーム周りの車体剛性の左右差などが理由と考えられます)。

 斯様なワケで、4WD車のパワーユニットのレイアウトとしては、横置きエンジンは不利な点が目立ちます。
 それでは何故ランエボが横置きか?ですが、これは更に安い大衆・量販バージョンをタタキ台としたコストダウン作戦以外のナニモノでもないでしょう。この点は大変残念ですが、ランエボがスカイラインやRX-7の様なスポーツカーではなく、所詮は大衆車のチューニングカーに過ぎない事を無言で示しているワケです(例えばGT-Rに比べGTOはあまりにハンパな設計だった印象が強いですが、それもこの辺りの事情から来ていると考えられます。性能的には全く侮れないスーパーカー、しかもその上GT-Rよりモーレツに安い、とゆぅ夢の様なクルマだったんですが・・・・)

 以上、とゆぅのは理論的或いは見栄え的な話で、現実に目を向けますと横置きもそれほど捨てたモノでもありません。
 実際にはランエボは大変優秀なクルマで、例えば縦置きのインプレッサとの性能差など全く感じません。

 話をまとめますと「工学的には差があるが、その差は現代の技術では大変小さく、事実上は性能差とはならない」とゆぅのが結論ですね。

 ところで最後に、いつもの通り?余談です(毎度長くなっちゃってスミマセン A^-^;)

 人間の最も安全な移動速度は、歩く速度だと言われています。これ以上の速度では、急な回避運動が取りにくくなります。

 動物はどぅでしょう?桜井氏の馬の比喩は、恐らく車両運動性能を研究する者は知らん者がいないほど有名な話ですが・・・・例えば地上最速のチータは、ターゲットの急な方向転換に追従し、常に旋回のイン側から獲物を狙います。
 これは前足のケリを積極的に使っているから可能な運動です。前足は決して後足の補助ではありません。

 桜井氏は、まだオーテック・ジャパンにいらした頃仕事でお会いした事がありまして、その達観された発想と大変丁寧なお人柄に感銘を受けました。
 ここで桜井氏の説に異議を唱えよぅ、などとはユメユメ思っておりませんが・・・・2足歩行の人間と4足歩行の動物の運動能力の比較自体意味がない、とゆぅ点は確かです。
 つまり、4WDには4WDにとってのみ理想的な運動の制御方法があり、2WDには2WDにのみ適応する理想論が存在する、とゆぅ事です。4WDは、今となっては決して駆動力が足りなくなった為に2WDから進化したモノではありません。
 ワタシは、4WDが最終進化形で2WDが古い形態、言い方を変えるなら2WDと4WDは同じ技術的線上に存在する、とゆぅ事は決してないと考えています。

 う~む、大変よい御質問です。この御質問は、いずれ何方かが出されるのではないか?と想像しておりました。
 それでは、例によって(?)一つ一つ分析してみましょう。

1.動力性能上の優劣
 横置きFWDでは、本来回転軸が全て横向きに配置されています。ここでプロペラシャフトを追加して4WD化する為には・・・・
1)回転軸方向を90°曲げる為の歯車が最低1組必要。
 当然その分重くなり、伝達出力の幾ばくかを損失します。勿論、縦置きエンジンなら回転軸の向きを変えることは不要です。
2)...続きを読む

Qエアコンの分解掃除の限界

最近、エアコンの分解掃除をよく耳にします。それによると、ファンとアルミフィンの汚れを取り除くという事ですが、それだけで黒カビが少ないきれいな冷風になるのでしょうか。
エアコン本体から室外までのパイプ内の黒カビが、室内への冷風に混じって入ってくる事はないのでしょうか。

Aベストアンサー

エアコンと室外機をつないでいるパイプの中にはフロンガスなどの冷媒が行き来しているだけです。
冷房時には、室外機で冷やされたフロンガスが、室内機のフィンの部分で熱を吸収し、
そこにファンで室内の風を当てて冷風をだしますので、ファンとフィン等の
空気の通り道が綺麗ならば、カビの影響は少なくなります。

Q4気筒エンジンで1気筒死ぬとどうなるんですか?

4気筒エンジンで1気筒死ぬとどうなるんですか?
素朴な疑問なんですが4気筒エンジン(ま~何気筒でも構わないんですが・・・)で1気筒や複数気筒死ぬとどのような症状が出るんでしょうか?昔、よく分からないのにプラグのギャップ調整をした時に恐らく適正ギャップじゃなかったのでしょう、とてもエンジンがぎくしゃくした動きになりギャップを元に戻したらエンジンの動きも元に戻ったという経験がありました・・・やっぱり気筒が死ぬと似たような症状になるんでしょうか?またどんな車の素人でも気付くような症状ですか?

Aベストアンサー

その状態になったことが無いので想像ですが、
・死んだシリンダの爆発時のトルクが発生しないので、一定の周期で回転力が落ちる。=>振動発生。
・生ガスが触媒に流れて触媒が加熱し壊れる。(何らかの原因でアフターファイヤが発生するかも?)

Qエアコンの分解掃除は素人でも出来る?

この夏の酷暑も快適にしてくれたエアコンも冷房の季節が終わって暖房までつかの間の休息ですが 
今日、少し暑くなったので冷房で稼動させたところ、とってもカビ臭くて堪りません。
すぐ掃除に掛りましたが上手く奥の方まで掃除が出来ません。
OKWebで過去の回答を参考にさせて頂きましたが 結局、業者による分解掃除が一番いいようですね。
室内機の分解はパイプを外して壁から取り外さないと出来ない事なんでしょうか? 
掃除のいい方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

お返事遅れました。運動会いかがでしたか?

#8actionさんの回答、なるほどごもっともです。
自分の回答にあさはかさも感じました。
ただ言い逃れさせていただければ、設計と現場では多少の考え方の違いもあることもたしかです。
また、amanjackさんの「できる事はやってみたい」というDIY魂が私は嫌いではありませんので、微力ながら、私の経験からの回答を続けさせていただきます。

>真空ポンプは必要ないのでしょうか?

申し訳ないです。
これは冷媒によって異なります(室外機に表記があるはずです)。
R410の場合は不可欠です!(言い訳になりますが、私が現場に居た頃はまだあまり出回っていなかったもので、情報が欠落していた事おわびいたします。)
R22の場合、本来ならば必要ですが、1度くらいの移設ならばさほど問題ないと思われます(もちろん厳密に言えばガスは減っています)。再設置後「空調の効きが以前より悪い」などと感じた場合は、エアコンやさんに状況を説明してみてください。

>冷媒管のところに大きい目くらナットと少し小さい目くらナット…
小さいものは#8の回答にある「真空ポンプ」のポートのことでしょう。今回は上記理由によりあえて無視しています。

>外壁に沿わせてカバーがしてある
化粧カバーがしてある場合、配管テープは巻いていないでしょうし、ジョイント部なども見つけやすく、作業は楽になると思いますよ。

>フレアを傷つけた場合
大丈夫です。
フレアツール(という工具)があれば(一応)誰にでも出来ます。ただ、フレアを切り直す分、配管が短くなりますので、配管総交換になる可能性大です。

>シールドパッキンは何故使われない…
いやぁ、私は現場なもので。パッキンは劣化しやすいからですかね…。
真偽のほどは#8さんにお聞きになった方がよろしいかと…。

あと気になるのは配管の老朽化です。
設置状況にもよりますが2-3年以上使用しているものであれば、(曲げ伸ばしによる耐久性に疑問が残りますので)交換したほうが良いかと思います。
再設置後、ガス漏れがないか耳で確認すると良いかと思います。

お返事遅れました。運動会いかがでしたか?

#8actionさんの回答、なるほどごもっともです。
自分の回答にあさはかさも感じました。
ただ言い逃れさせていただければ、設計と現場では多少の考え方の違いもあることもたしかです。
また、amanjackさんの「できる事はやってみたい」というDIY魂が私は嫌いではありませんので、微力ながら、私の経験からの回答を続けさせていただきます。

>真空ポンプは必要ないのでしょうか?

申し訳ないです。
これは冷媒によって異なります(室外機に表記があるはず...続きを読む

Q4気筒と6気筒

近く、車を購入ようとしています。
欲しい車種に4気筒と6気筒のモデルがあるのですが、
4気筒と6気筒って何であんなにエンジン音が違うのでしょうか?

4気筒は、何ていうか重低音というか低い音なのに対し、6気筒は静かというかなんかサラサラした音に聞こえませんか?(聞こえる音は主観によるものなのでうまく表現できないですが。)

私の耳には4気筒は基本的にはどれも同じ音に聞こえ
るのですが(基本的にはです)、6気筒以上は
サラサラ系の音で、こちらも基本的にはみな同じに感じます。

気筒が多いほど静かというのは分かるのですが、
6気筒、8気筒は4気筒の音を小さくした感じにも
聞こえません。

この違い、何なのでしょうか?

どなたか私の言わんとしているニュアンスを把握できる方でお分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

一般的にエンジンは次の行程で燃焼しています。
1.ピストンが下に下がってガソリンと空気を吸い込む
2.ピストンが上に上がって圧縮する
3.点火プラグの火花でドーンと爆発してピストンが下がる
4.ピストンが上に上がって排気ガスを出す

全気筒で同時に同じ行程をさせるとすると
3.の時にドンを力が出て、1・2・4は力が無いという、ギクシャクしたエンジンになってしまいます。

そこで、各行程を気筒に割り振り、4気筒のエンジンでこの4行程を均等な間隔で行おうとすると、

2気筒はピストンが上(2・4)
2気筒はピストンが下(1・3) この繰り返しになります。
(720÷4=180)

6気筒だとどうでしょう
ピストンが2気筒のピストンが上に来ている時には(1気筒が2、残りが4)
2気筒はピストンが下がり途中
2気筒はピストンが上り途中 この繰り返しになります。
(720÷6=120)
ピストンの位置が2パターンしかないのと3パターンあるのでは後者の方が滑らかな回りとなります。

因みに8気筒の場合は
上=2 下がり途中=2 下=2 上がり途中=2となり4パターンなので、6気筒よりももっと滑らかになります。(6と8の違いは4と6ほどは大きく無いいはずです)
(720÷8=90)

一般的にエンジンは次の行程で燃焼しています。
1.ピストンが下に下がってガソリンと空気を吸い込む
2.ピストンが上に上がって圧縮する
3.点火プラグの火花でドーンと爆発してピストンが下がる
4.ピストンが上に上がって排気ガスを出す

全気筒で同時に同じ行程をさせるとすると
3.の時にドンを力が出て、1・2・4は力が無いという、ギクシャクしたエンジンになってしまいます。

そこで、各行程を気筒に割り振り、4気筒のエンジンでこの4行程を均等な間隔で行おうとすると、

2気筒は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報