病原微生物がもつ病原性ということの意味は何ですか。

また、ウイルスが「ろ過性病原体」といわれる理由は何でしょうか。

A 回答 (1件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有します。



 病原性というのは、感染した生物に「病気」を起こす性質のことです。
 全ての微生物が病原性を持つのかというとそうではなく、むしろ病原性を持たない微生物の方がおそらく遙かに多いです。
 また病原微生物でも全ての生物に対して病原性を持っているのかというと、これもそうではなく、特定の生物以外には病原性を持たない微生物も多いです。
 例えば牛ウイルス性下痢ウイルスは、牛と豚と羊に感染するが、豚と羊には病原性を持たない、等々です。

 濾過性病原体、というのは別に現在そう呼ばれているわけではありません。
 ウイルスの存在が知られていなかった昔、細菌を除去することができる目の細かいフィルターを通しても病原性を失わない謎の病原体がある、ということが知られた時期にそのように呼ばれたわけです。

 病原体の存在を証明するには、病気を起こした動物の病変部位の乳剤を作製し、それを他の健康な動物に接種して「同じ病気」が再現されるかどうかを調べます。これは現在でも使われる手法です。
 細菌を除去できる目の細かさのフィルター(およそ0.4μmのフィルターでウイルスを除くほとんどの病原体を除去できます)に乳剤を通すと、病原体が細菌の場合はその乳剤を接種された動物は病気を起こしません。
 ところがまだ細菌までの微生物しか知られていなかった時代に、そのフィルターを通した乳剤を接種しても病気が再現される現象が確認されました。
 それはつまり、細菌より遙かに小さな病原体が存在することを意味します。
 その頃はウイルスの存在を人類は知らなかったので、その病原体を「濾過性病原体」と呼んだわけです。

 ですから現在は特にその呼称が用いられているわけではありません。ウイルスも除去することができるフィルターもありますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございました。

今月、看護学校に入学し、微生物学の教科書の
「近代微生物学のいしずえ」という目次で
ろ過性病原体という言葉が出てきました。

>ですから現在は特にその呼称が用いられているわけではありません。
ウイルスも除去することができるフィルターもありますし。

現在は用いられていないんですね。

とてもわかりやすく勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/21 00:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青かびvs耐性菌

人類のペニシリン使用によつて、耐性菌が増殖することになりました。しばしば、人類vs耐性菌といふ構図で議論がなされますが、青かびは、どのやうに耐性菌の対策をしてゐるのですか。

Aベストアンサー

こんばんは。

メチシリンがどうとかよく分かりません。
ジメジメ湿気の中でウロウロする青かび。扇風機や窓からの風を通しておけば住みつきません。
住みつかれたらさっさと振り落して消毒(エタノール)すること。
青かびも偽物も泳がせておいても甘く見ていると人によりやられます。
青かび vs 耐性菌。偽物 vs NTT。どんな理論上の不可能?と突っ込んでいただきたかったですね。
ご丁寧に出てきたようなので逃がしてはダメです。青かびも追い詰められれば消されます。
青かび対策の研究が進められているかと思いますが偽物対策も進められていると思います。
僕は個人情報を扱う部署に居ました。見てはいけないような内容に慣れるまで時間がかかりました。
どこまで詳細に抽出されるのでしょう?どんなソフトが使われているのでしょう?
無暗に個人情報を見れば罰則。偽物が目を付けられれば「実に面白い」となるのでしょうけど。

Q病原微生物の危険度分類基準

今手元に下水から分離したカビがあります。このカビは環境汚染物質を分解する性質があるようなのですが、どうもこのカビの仲間には病原性のものがあるらしく、釣ってきた株が病原性なのか否か白黒つけたいのです。場合によっては滅菌して廃棄しなければならないと思っています。そこでこの菌株がどれくらいの危険度なのかを確認するために感染研やCDC等のHPで『病原微生物の危険度分類基準』を探したのですが、概論的な話はあっても、肝心の『具体的に何と言う菌株が危険度幾つに分類されているか』の表が全く見つかりません。私の探し方が悪いのでしょうか?それとも、悪意のある者の目に留まる危険を回避するために敢えて載せていないのでしょうか?

Aベストアンサー

ではこっちはどうでしょう。今度は英語で検索してみまして、
http://www.biosafety.be/RA/Class/ClassINT.htmlにあったリンクが切れてて探し直したのがこれです。

参考URL:http://www4.od.nih.gov/oba/rac/guidelines_02/APPENDIX_B.htm

Q耐性菌が体の中にできたら何が起こるのですか?

現在、心臓の病気(軽い心室中隔欠損症)のため感染性心内膜炎にかからないように抗生剤のパセトシン250mg4錠を服用することがあります。
服用するタイミングは口の中を切ったり、歯科治療のときだけです。

で、かかりつけのお医者さんに「こんな簡単にパセトシンを飲んだら耐性菌はできないのですか?」と聞いたら
「耐性菌はできます。でももっと強い抗生剤があるので大丈夫です」と言われました。
そのときは「大丈夫なんだ」と納得して帰ったのですが、ふと疑問に思いました。

1.もし耐性菌が体の中にできたとしてどのような症状が出るのでしょうか?

2.耐性菌ができたと自覚できるのですか?

3.耐性菌は他人に移りますか?

4.心臓は1年に1回の検査しかしないのですが、そのときに耐性菌ができたかの検査ってしたほうがいいのでしょうか?

5.耐性菌ができないようにするということは不可能なのでしょうか?

お手数ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1順番が違います。
・歯科治療などで血の中に細菌入る→抗生剤飲んでるから発症せず死滅する
というのが今の流れですが
・耐性菌できる→発症する
となると症状が出ます。耐性菌が出ると、発症するリスクがあがると言うことです
自分の体の免疫で倒せる子ともありますし、有名なMRSAなどは無症状で保菌している人がかなりいます
自分が弱ったりしたときにそういう普段から持っている菌が悪さをして発症することもありますし

2自覚、というのはないと思います。ただ、クスリを飲んでいるのに熱が出たりした場合、その菌が耐性菌である可能性は高いです。これは耐性菌だから熱が出る、というより単純に細菌感染したから熱が出たというケースと同じです。

3移るものもありますし、そうでないものもあります。MRSAは接触感染します。

4それは医師が判断しますが、症状が無ければ普通しないと思います。

5無理です。できたら新規抗生剤の研究をしなくて良いですし、ノーベル賞どころでは済まない大発明です。

耐性菌、という響きにかなり敏感になられているようですが、あなたの場合
「心内膜炎になる危険」の方が「耐性菌を作って自分や周りを危険に晒す危険」の方が圧倒的に大きい
からこそそういった処方がされています。普通の人でしたら症状もなく抗生剤を飲んだり、逆に
熱が下がったからと言って途中で飲むのをやめたりすることは公衆衛生を学んだ事のある人間からすれば
悪であり、一種のバイオテロじゃないかと思うくらいです。しかし抗生剤の使い方を医師が神経質に
気にするのも人々の命を危険にさらさないためであり、あなたの場合は(飲むことによるデメリットがゼロじゃないとしても)
飲んだ方がメリットが大きいからこそ処方されています。

1順番が違います。
・歯科治療などで血の中に細菌入る→抗生剤飲んでるから発症せず死滅する
というのが今の流れですが
・耐性菌できる→発症する
となると症状が出ます。耐性菌が出ると、発症するリスクがあがると言うことです
自分の体の免疫で倒せる子ともありますし、有名なMRSAなどは無症状で保菌している人がかなりいます
自分が弱ったりしたときにそういう普段から持っている菌が悪さをして発症することもありますし

2自覚、というのはないと思います。ただ、クスリを飲んでいるのに熱が出たりした...続きを読む

Q全ての白血球は病原体などと戦うのでしょうか?

全ての白血球は病原体などと戦うのでしょうか?

新世紀ビジュアル大辞典で白血球を調べると

「アメーバ運動を行い、血管外にも出て、体内にはいってきた病原体や異物を取り込んで細胞内消化をするものもある」

という一文がありました。

最後の「するものもある」というのは、
(1)「全ての白血球が病原体と戦うわけではないが、戦うものもある」

という意味なのか、

(2)「全ての白血球は病原体と戦い、中には血管外に出て戦うものもある」

という意味なのかで悩んでいます。

分る方よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

(2)の解釈が正解です。全ての白血球は病原体と戦います。ただ、機能が分化しているので、病原体を直接食べてしまうのもいれば、抗体というたんぱく質を作るだけのものもいるし、主要な仕事は他の白血球の機能の調節というようなものもいます。

Q結核の耐性菌の検査方法は?

結核の菌が耐性菌かどうかはどうやって判別するのでしょうか?
血液検査でしょうか、それとも、塗沫で出た菌を培養するなどして検査するのでしょうか?
耐性菌に感染していた場合、感染してすぐに行った血液検査や塗沫検査で検出できるのでしょうか?
また、耐性菌に感染していても発見できずに通常の結核菌と間違われることはあるでしょうか?

Aベストアンサー

抗酸菌の分離培養を行い、出てきたものの感受性検査を行うので、
結果が出るのには数週間かかります。
耐性菌かどうかわかるのは感受性検査の結果が出たときです。

Q病原体と宿主との関係

病原体が宿主に感染するとき、一般的に病原体は、宿主を殺さずに生かしていた方が有利だということを聞きました。
それは病原体が、例えばヒトの体内でしか生きられない場合で特に言える事で、宿主を殺してしまうとその宿主に感染していた病原体は死んでしまうしかありません。結果、高病原性をもつ病原体は淘汰を受けて長期的に繁栄することができない。
とまあ、ここまではいいのですが、反対に宿主にとっても病原体を徹底的に排除しない方が有利だということらしいのですが、これが良く分かりません
これって一体どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

溶血性連鎖球菌やヘルペスウイルス、場合によってはBCGもそれにあたるかも知れません。

病原性の比較的低い状態のものを保持することにより、強毒株のものが繁殖しにくくなり、また、免疫を維持できることがあります。

正常細菌層も抗生物質を使用することにより病原性の高いものを繁殖させやすくすることもあります。

キャリアーというと悪い状態ですが、多くの人や動物、宿主が健康状態で保持している微生物はそのものが生物学的バリアーとして皮膚や粘膜、外部から内部への侵入を堤防として守っていることを言いたいのでしょう。

腸管内は生物の内部のように見えますが、外部であり、粘膜面の内側、微生物フリーの方が本当の内部です。鼻腔も外耳も同様です。

Q抗生物質の投与で一度出来てしまった耐性菌は永遠に無くならない?

抗生物質を使うと耐性菌ができてしまってその抗生物質は効かなくなりますよね。
ちなみに私の場合、ルリッド錠(マクロライド系抗生物質)だったのですが
これで出来た耐性菌は私の中で一生存在するでしょうか?
それとも何年かすると、この耐性菌は消えて、またマクロライド系抗生物質が私にも
効くようになるのでしょうか?

「他の種類の抗生物質を使えば解決する」ということは知っていますので
 《一度出来た耐性菌は永遠に住み続けるのかどうか》という本題についてのみ
ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

抗生物質は免疫vs病原体の戦いにおける、免疫側の援軍のようなものです。
ですから「免疫」を抜きに、抗生物質の投与で一度出来てしまった耐性菌は
永遠に無くならないか と考えるのは、まず意味ないですね。

病原体側の勝利に終われば、個体の死(結局は病原体も死)ですし、
免疫側の勝利なら、病原体は通常数日でいなくなります。

Q狂牛病の病原体を発見した学者は誰ですか

狂牛病の病原体とされる蛋白質を発見した学者とは誰ですか。また、その方についての、生年月日などの情報を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

スタンリー・B・プルシナー (Stanley B. Prusiner)
1942/5/28
ウィキペディアなどを参考に。

Q抗生物質が効かないという耐性菌について教えて!

こんにちは。

抗生物質が効かない「耐性菌」がいるという話を聞きました。
ちょっと心配になったのですが、どういう菌なのでしょうか。
何か対策はあるのでしょうか。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

医学生です。

>どういう菌なのでしょうか。
ゴキブリみたいなものだと考えればいい。
ゴキブリはホウ酸団子やゴキジェットで死にますがホウ酸団子でばっかり対処している家だとそのうちゴキブリの世代交代中に突然変異が起きてホウ酸団子を食っても平気なやつが生まれます。
そいつはホウ酸団子を使っても死なないので家の中で繁殖し今までホウ酸団子を使っていたのが全く効果がなくなってしまいます。

そうするとゴキブリに対してホウ酸団子はもう駆逐手段としては使えなくなるわけです。

ゴキブリを細菌、ホウ酸団子を抗菌薬に置き換えると体内で全く同じ説明になります。

その後ゴキジェットを使うようになったその家庭で今度は同じようにゴキジェットに耐性をもつゴキブリが生まれます。
そうなると大変です。元々ホウ酸団子の耐性に加え、更にゴキジェットが効かなくなるので相当しぶといモンスターが誕生します(新聞紙で叩くしかありません)。
これと同様の手順で複数の薬剤に耐性を持つ多剤耐性菌です。


>何か対策はあるのでしょうか。
面倒くさがらずにホウ酸団子とゴキジェットを両方使う事です。
世代交代で生じる突然変異といえどいきなり2つ以上の抗菌薬に対する耐性を持つ割合は単剤耐性が出現するよりも割合は低くなります。
仮にホウ酸団子に耐性が出てもゴキジェットのほうで死ぬ、逆も然りです。

医学生です。

>どういう菌なのでしょうか。
ゴキブリみたいなものだと考えればいい。
ゴキブリはホウ酸団子やゴキジェットで死にますがホウ酸団子でばっかり対処している家だとそのうちゴキブリの世代交代中に突然変異が起きてホウ酸団子を食っても平気なやつが生まれます。
そいつはホウ酸団子を使っても死なないので家の中で繁殖し今までホウ酸団子を使っていたのが全く効果がなくなってしまいます。

そうするとゴキブリに対してホウ酸団子はもう駆逐手段としては使えなくなるわけです。

ゴキブリを細菌、ホ...続きを読む

Q高校の生物基礎 腎臓の働きについて質問です 腎臓でろ過された原尿量とろ過される前の血しょう量は等しい

高校の生物基礎
腎臓の働きについて質問です
腎臓でろ過された原尿量とろ過される前の血しょう量は等しいのですか?ろ過されたあとなら原尿の方が少ない気がするのですが…
よく分かりません。どなたか回答お願いします

Aベストアンサー

血しょう量(血しょう+血球+タンパク質)
原尿(血しょう)
量としては、血しょう>>血球+タンパク質なので
血球+タンパク質は無視して、血しょう=原尿と考えます。


人気Q&Aランキング