希望は少年犯罪の定義、犯罪の定義でもよいのでおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 刑法でいう犯罪とは、「構成要件に該当する、違法にして有責な行為」とされています。


 構成要件とは、種々の反社会的・反倫理的行為の中から、刑罰を科すにふさわしい行為を抽出し、刑法典に個々の犯罪として規定し、類型化されたものです。
 違法性とは、形式的には刑法に違反することで、実質的には、簡単にいうと刑法の根底を流れている倫理性に違反していることとされています。
 有責性とは、非難可能性があることとされています。
 これらの3点をすべて満たした場合、刑罰が科される事となります。
 ご質問では少年犯罪の定義ということですが、少年が犯した構成要件に該当する、違法にして有責な行為ということでいいと思います。
    • good
    • 0

 端的に言えば、犯罪とは「刑法(刑法典その他罰則規定を持つ法律)で禁止されている行為を行うこと」でしょう。

少年犯罪の定義は「少年法の適応を受ける20歳未満の者が犯罪を行うこと」です。ただ、これは法律学上の定義ですので、他の分野の学問からは別の定義が可能かもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報